桃太郎(松田)が語る先物とFXの世界!イブニングにおいても解説が続きます!
<バランス投資顧問の三つのコース案内>

株式情報 「海と風」

先物情報「日経先物&FX 桃太郎」

先物情報「日経225先物と釣り人」

ブログも是非ご覧ください!
twitter 先物ブログバナー

無料情報

バックナンバー

大引け

2020/11/30(月) 15:36

日経平均株価
26,433.62(-211.09 -0.79%)

TOPIX
1,754.92(-1.77%)

マザーズ指数
1,232.40(+1.77%)

東証1部売買代金
2兆7837億円(1,419百万株)

日経VI 22.46(+4.08%)

ラージ 26460円 -170円
VWAP  26608円

■ 丁度1か月で4000円上昇から一服と出来過ぎ。
Aiも一方通行もほどがあればかと。

このページのトップへ

市況

2020/11/30(月) 14:07

指数は利益確定
TOPIX 26470P -0.64%
マザーズ 1230.91P +1.64%

■ 月末安が効いてるイメージ利益先行。
本日ポイント 26656円 26000円前半の調整となるのかどうか。

為替推移 103.81
ドル換算 254.77ドル -0.60%

このページのトップへ

ご案内

2020/11/30(月) 14:01

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+1.08%

2020/11/30(月) 14:00

上海総合指数 3,445.19 前日比 +36.88 +1.08%

このページのトップへ

前引け

2020/11/30(月) 11:43

日経平均株価
26,666.91(+22.20 +0.08%)

TOPIX
1,778.37(-0.46%)

マザーズ指数
1,219.58(+0.71%)

東証1部売買代金
1兆2025億円(584百万株)

日経VI 22.10(+2.41%)

ラージ 26620円 -10円
ドル換算 256.21ドル -0.04%

■ 寄り後は当然の益確定。
TOPIX -0.46%ぎりぎり後場買い支えが入るのか見ていく段階。月末動向もありそうです。月末安アノマリーもどうなのか。結果論はわからず。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.29%

2020/11/30(月) 10:25

上海総合指数 3,418.16 前日比 +9.86 +0.29%

このページのトップへ

市況

2020/11/30(月) 10:06

指数は、5日続伸とならず現在は高寄りから利益先行。TOPIX 1774.03P -0.72%
マザーズ 1211.98P +0.08%

■ 高寄り後失速。本日ポイント 26714円
時間軸でも乖離を埋める形難儀。

為替推移 103.87
ドル換算 256.18

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2020/11/30(月) 09:11



おはようございます。

今年も残り少なくなってきた!しかし2020年は新しい時代の到来となった。
米国株だけでなく日本株もコロナ禍の中、頑張っているのが分かる。
最近は特に皆様にはお伝えしておくが、意外と外国人投資家から日本株の評価が高い。

さて、日本はコロナ禍であっても超高齢化社会には変わりはない。
そうなると…

~以下会員ページ~


本日の先物レンジ
想定以上にマーケットには資金が来ている。
調整は浅いかもしれない。

このページのトップへ

10月の鉱工業生産は前月比3.8%の上昇。

2020/11/30(月) 08:54

経済産業省が30日に発表した10月の鉱工業生産指数の速報値は前月比3.8%上昇の95.0でした。
上昇は5カ月連続。

このページのトップへ

展開

2020/11/30(月) 08:32

先週末も上昇 5日上昇となりそう。米国寄り後もじり高となった。
調整待ち。

上値目処 880・980・27050

下値目処 730・680・610

9MA 26162円
ラージVWAP 26719円

このページのトップへ

ドル建て 日経225

2020/11/30(月) 08:16



おはようございます。

日経CME円建て 26825円 +195円
ダウCME先 29952ドル +42ドル
ドルインデックス 91.76

原油 44.85 +0.02%
金先 1787.80 -1.25%
VIX 20.84 -1.93%
米10年債 0.844 -4.46%

NY上昇。ダウ平均は37.90ドル高の29910.37ドル、ナスダックは111.45ポイント高の12205.85ポイントで取引を終了した。トランプ大統領が来週にも新型コロナウイルスワクチン供給が可能となる可能性に言及したため期待感に寄り付きから上昇した。感謝祭当日の小売り各社オンライン売り上げが過去最高規模を記録し消費への懸念が後退、政局不透明感の後退も手伝った。史上最高値付近では利益確定売りも続き一時下落に転じるも終日堅調に推移。ナスダック総合指数は史上最高値を更新して終了した。

日経ですが週末も上昇から26000円台中盤
本日は、リスクオンから高値更新で寄ります。
買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ 為替 104.05円 256ドルから260ドル

 26636円から27053円

このページのトップへ

ツイッターのご案内

2020/11/30(月) 08:11

新たに桃太郎(松田)、風の丸山がツイッターを始めました!
ツイッターをご利用の皆様、ぜひフォローしてご覧ください。

■桃太郎(松田)のツイッターはこちら

■風の丸山のツイッターはこちら

■バランス投資顧問のツイッターはこちら

このページのトップへ

各国債券利回り一覧

2020/11/30(月) 08:05

2020/11/30  7時23分現在

         10年債                      2年債
米国     0.837% (前日比-0.044%)     0.152% (前日比-0.006%)
英国     0.284% (前日比+0.003%)     -0.043% (前日比-0.003%)
ドイツ     -0.588% (前日比+0.000%)     -0.755% (前日比+0.001%)
ポルトガル 0.013% (前日比+0.004%)     -0.686% (前日比+0.001%)
イタリア    0.594% (前日比-0.007%)     -0.417% (前日比-0.005%)
ギリシャ   0.652% (前日比-0.018%)       -
スペイン    0.058% (前日比+0.007%)     -0.593% (前日比-0.001%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず

このページのトップへ

今週の予定

2020/11/30(月) 07:56

■30(月)
【国内】
10月鉱工業生産(8:50)
10月商業動態統計(8:50)
10月住宅着工統計(14:00)

《決算発表》
トリケミカル、ラクーンHD、東和フード、はてな、ゼネパッカー

【海外】
中国11月製造業PMI(10:00)
米10月NAR仮契約住宅販売指数(12/1 0:00)
OPEC定例総会

■1(火)
【国内】
10月失業率(8:30)
10月有効求人倍率(8:30)
7-9月期法人企業統計(8:50)
11月新車販売台数(14:00)
11月軽自動車新車販売台数(14:00)

《決算発表》
伊藤園、ロックフィール、ダイサン

【海外】
中国11月財新製造業PMI(10:45)
米11月ISM製造業景気指数(12/2 0:00)
非加盟国を含めたOPECプラス会合

《米決算発表》
セールスフォース・ドットコム

■2(水)
【国内】
11月マネタリーベース(8:50)

《決算発表》
ウチダエスコ、ザッパラス、ナガノ東

【海外】
米11月ADP全米雇用リポート(22:15)
ベージュブック

■3(木)
【国内】
30年国債入札

《決算発表》
アインHD、内田洋、オリバー、アルチザ、不二電機、ピープル

【海外】
米11月ISM非製造業指数(12/4 0:00)

《米決算発表》
ダラーゼネラル

■4(金)
【国内】
《決算発表》
カナモト、ファーマフーズ、日駐、ポールHD、アイル、モロゾフ、エイチーム、ティーライフ、キタック、トミタ電機

【海外】
米11月雇用統計(22:30)
米10月貿易収支(22:30)
米10月製造業受注(12/5 0:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

展開 桃太郎(11/29)

2020/11/29(日) 20:46

週末の米国市場上昇。ダウ平均は37.90ドル高の29910.37ドル、ナスダックは111.45ポイント高の12205.85ポイントで取引を終了した。トランプ大統領が来週にも新型コロナウイルスワクチン供給が可能となる可能性に言及したため期待感に寄り付きから上昇した。感謝祭当日の小売り各社オンライン売り上げが過去最高規模を記録し消費への懸念が後退、政局不透明感の後退も手伝った。史上最高値付近では利益確定売りも続き一時下落に転じるも終日堅調に推移。ナスダック総合指数は史上最高値を更新して終了した。

■ 3指数週足も高値圏。ダウ・ナス 高値更新である。
後1日で月足も多分陽線であろう。政権交代の期待感や財政出動、12月 ワクチン接種やFOMCの長期緩和。バイデンさんの財務長官のイエレンさんにほぼ決まりハト派の流れ継続も大きいのか。個人的にはワクチン接種でピークもあるかとは思っている。

■ 今週の為替推移もドル安。先週も104円台中盤まで、ドルインデックスも91台も出てきた。ドル円も円高圧力もあり今週は104円前後の推移か。

■ 先週も大きく指数は続伸。今月は大きな陽線となるであろう。。月曜日も5日続伸から始まり、月末にかけて今年安、調整気味は敗れる形となった。周りを見てもバブル時代とは異なり株式指数のみが高い何ともな展開。11月3週も海外勢は現物・先物合算では3週間合計で2.7兆円買い越す一方、個人など国内勢は売り続く。
今後も柔軟も必要なのか決めていきたい。

株式は、従来通り先を見据えた成長株を主に考え見ていきます。目先は目先も入れながらとします。今週も材料株ではアサヒ衛陶(5341)は良く伸びました。

このページのトップへ