七夕キャンペーン
<バランス投資顧問の三つのコース案内>

株式情報 「海と風」

先物情報「日経先物&FX 桃太郎」

先物情報「日経225先物と釣り人」

twitter日経225先物と釣り人
「ツイッター」は株と先物の情報がたくさん書かれています。
ご覧になってください!!

有料会員のご登録

無料情報

バックナンバー

14時の概況

2019/06/25(火) 14:01

■日経平均      21,126.77(-159.22)

■日経平均先物    21,050(-180)

■TOPIX先物      1,535.50(-7.50)

■騰落        上昇718/下落1,322

■日経JQ       3,387.07(-3.64)

■マザーズ指数    883.50(-9.89)

■ドル円       106.80

■NYダウ夜間先物  -51

■上海総合指数後場の寄り付き 2,952.14 前日比-56.01 -1.86%

■指数大型      現値1,430.88  前日比-7.60

■指数中型      現値1,809.76  前日比-6.24

■指数小型      現値2,855.62  前日比-13.97

このページのトップへ

前引け概況

2019/06/25(火) 11:42

■日経平均      21,241.28(-44.71)

■東証1部出来高    4.87億株

■東証1部売買代金   0.8兆円

■日経平均先物    21,150(-80)

■TOPIX        1,548.32(+0.58)

■騰落        上昇1,184/下落857

■マザーズ指数    886.36(-7.03)

■日経JQ       3,395.19(+4.48)

■ドル円       107.12
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。週末にG20を控え様子見ムードが強まるなか、朝方は前日終値近辺でもみ合う展開に。円がやや強含むと下げに転じ、中国株の軟調推移を受け下げ幅を広げる場面がありましたが、下値を探る動きは限られました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、パルプ・紙、鉄鋼、非鉄金属でした。一方、値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、証券商品先物となりました。

 TOPIX、ジャスダックは続伸、マザーズ指数は反落しました。

■釣り人(原)
G20が終わるまで各国首脳の大きな発言は出ないかもしれません。
日経平均の動きをテクニカル的に見ますと、先物で解説しますが6月21日の寄り付き高値21450円、この寄り付きは危険だと会員さんにお伝えしました。利益確定売りがしばらく出るであろうということ。
その時の高値が決定的だとは思っていません。ただ、高値を付けてのまだ3日目だということ、つまり、NYダウの上昇や上海の上昇があったとしても利益確定売りを出そうという動きが上値を抑えるだろう。この期間の中にあります。
どの場面から日経平均が切り返すのか想像しながら売買を入れていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は-0.11%

2019/06/25(火) 10:25

上海総合指数 3,004.91 前日比 -3.24 -0.11%

このページのトップへ

10時の概況

2019/06/25(火) 10:00

■日経平均      21,293.27(+7.28)

■日経平均先物    21,240(+10)

■TOPIX先物      1,550.00(+7.00)

■騰落        上昇1,565/下落483

■日経JQ       3,397.95(+7.24)

■マザーズ指数    891.68(-1.71)

■ドル円       107.30

■NYダウ夜間先物  +69

■指数大型      現値1,442.41  前日比+3.93

■指数中型      現値1,827.50  前日比+11.50

■指数小型      現値2,888.08  前日比+18.49

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2019/06/25(火) 09:09

おはようございます。

昨日の東京市場も小動きだったようだが、米国市場もおとなしかった。
ともかく我々の投資戦略に変更なし。まだまだ弱気になる必要はないと判断している。
さて、最近5G事業に関する質問を多く受けることから。
我が社の若手が5G事業で日本企業分析する中から。
日本も20年3月期から本格的に基地局やデータ機器の導入がスタートする。
そして、我々が身近に感じることができるのはスマホ、タブレットなどのようなものだ。これらの設計で5Gはともかく電力消費が大きくモジュールを使って省電力設計やメイン基板の高密度、小型化が必要となることからある意味規格が大きく変わる。
規格が変わる5G事業に伴い企業は「先手必勝」は必要不可欠。
先に先に行かねば!進歩はない。
その観点からもそうであるが、何はともあれ5G向けの試作品製造が肝心要であり、顧客への需要を開拓するにも基板設計などの試作品を製造をスタートしている....

~以下会員ページ~

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2019/06/25(火) 08:37

日経平均先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は21180、前日比50円安のところです。

ドル円 107.33
米国10年債の利回り低下により少し円が優勢となっています。
ただ、前日と比べほとんど動きはありません。

NYダウ 8ドル高
小動きに終始しました。

ナスダック 26ポイント安
利益確定売りが出た値動きとなりました。

日中で今日からETFが相互上場。中国ではこれまで日本の投信やETFがなかったわけですが、相互上場で中国人投資家も元建てで日本株を買えるようになります。
市場に対してどのようなインパクトとなるのか見ていくことになります。

日経平均先物は小動きと予想しております。売買ポイントが出たと思えば買いでも売りでも入っていきます。
よろしくお願いします。

このページのトップへ

毎年恒例☆七夕キャンペーン開催中!

2019/06/25(火) 08:15

☆☆☆ 7月8日(月)の日経平均株価の寄り付き値を当てよう! ☆☆☆

無料でバランス投資顧問の解説がご覧頂けるチャンスです♪
7月8日(月)の寄り付き値に近い方から5名様に1ヵ月間、上下70円幅まで予想された方には10日間の弊社有料ページの無料購読をプレゼント!
現会員様だけでなく、無料ページを購読していただいている読者様もご参加頂けますのでぜひご応募ください。

■釣り人(原)
毎年恒例の「七夕祭り」開催しています!
今週で締め切りです。ぎりぎりで申し込まれて結構ですが、忘れてしまいそうな方は早めの申し込みお願いします。

■応募期間
 2019年6月20日~2019年6月30日

■七夕キャンペーンのご参加はこちらから
※詳細もこちらからご確認ください。

このページのトップへ

本日の予定

2019/06/25(火) 08:09

■国内(25日)
日銀金融政策決定会合議事要旨(6/19~6/20開催分)
5月企業サービス価格指数(8:50)
20年国債入札

《決算発表》
ピックルス、スギHD、高島屋、タキヒヨー

■海外(25日)
米4月FHFA住宅価格指数(22:00)
米4月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米5月新築住宅販売(23:00)
米6月消費者信頼感指数(23:00)
米国の対中関税第4弾に関する公聴会終了

《米決算発表》
レナー、フェデックス、マイクロン・テクノロジ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

大引け概況

2019/06/24(月) 15:27

■日経平均      21,285.99(+27.35)

■東証1部出来高    8.30億株

■東証1部売買代金   1.41兆円

■日経平均先物    21,230(+40)

■TOPIX        1,547.74(+1.84)

■騰落        上昇1,066/下落966

■マザーズ指数    894.21(+3.37)

■日経JQ       3,391.40(+4.15)

■ドル円       107.45
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は買いが優勢となりました。前週末の米株安やイラン情勢への警戒感が重しとなり朝方は小幅安で推移。時間外取引の米株価指数先物のプラス推移などを支えに上げに転じる場面がありましたが、週末にG20を控え様子見姿勢が強く目立つ動きは見られませんでした。
 後場は買い物がちにスタートしましたが、上値を追う動きは限られもみ合いに。大引けにかけても小幅な推移にとどまりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、繊維製品、石油石炭製品、海運業でした。一方、値下がり上位は、不動産業、陸運業、鉱業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■釣り人(原)
小動きのなかでも実益をとる事が出来ました。
会員さんへイブニングの連絡をします。

このページのトップへ

14時の概況

2019/06/24(月) 14:00

■日経平均      21,289.43(+30.79)

■日経平均先物    21,210(+20)

■TOPIX先物      1,544.00(+4.50)

■騰落        上昇1,096/下落946

■日経JQ       3,389.03(+1.78)

■マザーズ指数    891.50(+0.66)

■ドル円       107.42

■NYダウ夜間先物  +31

■上海総合指数後場の寄り付き 2,999.01 前日比-2.97 -0.10%

■指数大型      現値1,438.88  前日比+2.06

■指数中型      現値1,816.48  前日比+2.58

■指数小型      現値2,870.00  前日比+4.74

このページのトップへ

前引け概況

2019/06/24(月) 11:38

■日経平均      21,278.55(+19.91)

■東証1部出来高    4.16億株

■東証1部売買代金   0.7兆円

■日経平均先物    21,210(+20)

■TOPIX        1,546.24(+0.34)

■騰落        上昇1,008/下落1,034

■マザーズ指数    889.71(-1.13)

■日経JQ       3,388.34(+1.09)

■ドル円       107.36
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。米中貿易摩擦の激化を背景に前週末の米国株が下落したことに加え、イラン情勢への警戒感が重しとなり朝方は小幅安で推移。時間外取引の米株価指数先物のプラス推移などを支えに上げに転じる場面がありましたが、週末にG20を控え様子見姿勢も強く、目立つ動きは見られませんでした。

 業種別では、値下がり上位は、不動産業、陸運業、その他製品。一方、値上がり上位は、繊維製品、石油石炭製品、ゴム製品となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。

 TOPIX、ジャスダックは反発。マザーズ指数は続落しました。

■釣り人(原)
どの指数も小動きです。大型の東証1部は値下がり銘柄と値上がり銘柄が同じくらい。新興市場もそうです。様子見といった午前中となっています。
もう少し下振れがあれば後場から買いによい場面だという感覚を持っていましたが、小動きながらもプラスに転換しています。後場を見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.08%

2019/06/24(月) 10:26

上海総合指数 3,004.29 前日比 +2.31 +0.08%

このページのトップへ

10時の概況

2019/06/24(月) 10:01

■日経平均      21210.64 -48.00

■日経平均先物    21,150(-40)

■TOPIX先物      1,539.50(+0.00)

■騰落        上昇970/下落1,043

■日経JQ       3,388.63(+1.38)

■マザーズ指数    892.07(+1.23)

■ドル円       107.36

■NYダウ夜間先物  +4

■指数大型      現値1,434.60  前日比-2.22

■指数中型      現値1,810.63  前日比-3.27

■指数小型      現値2,862.13  前日比-3.13

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2019/06/24(月) 08:58

おはようございます。

今週からいよいよ!トランプ大統領も来年の選挙に向けたアピールがスタート。
26日から月1程度にテレビ討論会が始まる。
さぁトランプ氏のアピールタイムはどのようなものとなるか?
彼は何を訴え有権者からの支持を獲得するのか?
楽しみでならない。
また週末はG20が開催され、世界各国の代表人達はこの席で何を発言するのか楽しみでならない。
そして開催国であり議長国の日本!は何を世界に発信するのか。
選挙はある、消費増税実行、経済対策、米中貿易問題、イランの地政学的リスク、拉致問題などと内容は盛り沢山だろう。
そしてG20の最後に安倍首相は何を語るのか?楽しみでならない。
先週末、多少東京市場も弱含みしたようだが我々は特に気にしていない。
イランの地政学的リスク。
軍事攻撃でもあったら更に安く買えることを考えるとドキドキしてならない。
投資家の皆様!少し弱気になりすぎですよ。
特に東京市場の投資家さん。
また高くなってきたら買いたくなるんでしょうね。



本日の先物レンジ
この時間軸!売りの時間軸とは思えない。
今週も買っていこう。
夏らしくなり暑い、暑いと言い始めた時に変化があるかもな。
ただ変化がある前に一回大きく上昇しないと(笑)

このページのトップへ

毎年恒例☆七夕キャンペーン開催中!

2019/06/24(月) 08:49

☆☆☆ 7月8日(月)の日経平均株価の寄り付き値を当てよう! ☆☆☆

無料でバランス投資顧問の解説がご覧頂けるチャンスです♪
7月8日(月)の寄り付き値に近い方から5名様に1ヵ月間、上下70円幅まで予想された方には10日間の弊社有料ページの無料購読をプレゼント!
現会員様だけでなく、無料ページを購読していただいている読者様もご参加頂けますのでぜひご応募ください。

■釣り人(原)
毎年恒例の「七夕祭り」開催しています!
今週で締め切りです。ぎりぎりで申し込まれて結構ですが、忘れてしまいそうな方は早めの申し込みお願いします。

■応募期間
 2019年6月20日~2019年6月30日

■七夕キャンペーンのご参加はこちらから
※詳細もこちらからご確認ください。

このページのトップへ

毎年恒例☆七夕キャンペーン開催中!

2019/06/24(月) 08:49

☆☆☆ 7月8日(月)の日経平均株価の寄り付き値を当てよう! ☆☆☆

無料でバランス投資顧問の解説がご覧頂けるチャンスです♪
7月8日(月)の寄り付き値に近い方から5名様に1ヵ月間、上下70円幅まで予想された方には10日間の弊社有料ページの無料購読をプレゼント!
現会員様だけでなく、無料ページを購読していただいている読者様もご参加頂けますのでぜひご応募ください。

■釣り人(原)
毎年恒例の「七夕祭り」開催しています!
今週で締め切りです。ぎりぎりで申し込まれて結構ですが、忘れてしまいそうな方は早めの申し込みお願いします。

■応募期間
 2019年6月20日~2019年6月30日

■七夕キャンペーンのご参加はこちらから
※詳細もこちらからご確認ください。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2019/06/24(月) 08:40

日経平均先物

NYダウ

おはようございます。今週もよろしくお願い致します。
日経平均先物の現在の気配は21150、前日比40円安のところです。
NYダウ夜間 -22ドルと少し軟調。

ドル円 107.33
動きはありません。

お伝えしました通り、前場売られ後場更に安いところがあれば一度買いで入ることを考えています。

このページのトップへ

今週の予定

2019/06/24(月) 08:13

■6/24(月)
【国内】
《決算発表》
あさひ、オプトエレクト、壱番屋、しまむら、パルコ

【海外】
独6月Ifo景況感指数(17:00)
米5月シカゴ連銀活動指数(21:30)

■25(火)
【国内】
日銀金融政策決定会合議事要旨(6/19~6/20開催分)
5月企業サービス価格指数(8:50)
20年国債入札

《決算発表》
ピックルス、スギHD、高島屋、タキヒヨー

【海外】
米4月FHFA住宅価格指数(22:00)
米4月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米5月新築住宅販売(23:00)
米6月消費者信頼感指数(23:00)
米国の対中関税第4弾に関する公聴会終了

《米決算発表》
レナー、フェデックス、マイクロン・テクノロジ

■26(水)
【国内】
《決算発表》
瑞光、ヒマラヤ、オークワ

【海外】
米5月耐久財受注(21:30)

《米決算発表》
IHSマークイット、ゼネラル・ミルズ

■27(木)
【国内】
5月商業動態統計(8:50)
2年国債入札

《決算発表》
ハローズ、銚子丸、ハイデ日高、NaITO、平和堂

【海外】
米1-3月期GDP確報値(21:30)
米5月NAR仮契約住宅販売指数(23:00)

《米決算発表》
ナイキ、アクセンチュア、コーンアグラ・ブランズ、マコーミック

■28(金)
【国内】
G20大阪サミット開催(~6/29)
日銀金融政策決定会合の主な意見(6/19~20開催分)
5月有効求人倍率(8:30)
5月完全失業率(8:30)
6月都区部消費者物価指数(8:30)
5月鉱工業生産指数(8:50)
5月住宅着工統計(14:00)

《決算発表》
夢の街、アダストリア、トシンG、スターマイカHD、Jフロント、WNIウェザー、ストライク、フロイント、ナガイレーベ、ケーヨー、ジャステック

【海外】
米5月個人消費支出・個人所得(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

週間展望 釣り人 原

2019/06/23(日) 14:41

週末のNYダウは-34ドル前日高値を抜く場面がありましたが戻り売りに抑えられました。ナスダック -19ポイント ドル円 107.33 3日連続円高の後小動き。日経CME 21175 -15

いよいよ週末は大阪でのG20首脳会議 上げ材料となるかそうではないのか?探っていく週となります。

先週をを振り返りますと基本・日経平均(先物)の動きには強気でした。ただ週末の寄り付きを見てはこれはテクニカル的に過熱した寄り付きであり・高寄り後・反落するであろう~と伝えその現象となりました。

さて・・日経平均(先物)の安値は6月3日か4日となるであろう・・弊社の三空リストはそのことを伝えていますと解説し日経平均の週足チャートで下げ止まりとなる。これも当てています。その安値から3週間足らずで日経平均先物は1220円幅も上昇しました。 私は日経平均が安定・上昇へ向かえば個別株の上昇が(かなり売り込まれた場所でしたので)はっきり見えてくるであろうと期待していました。ところが2兆円を超える信用残と15%近い評価損が個別株の上値に重くのしかかる動きが多くの銘柄に見えました・・残念であります。

上記は株の値動きに関してですが先物は今週も攻めていきます。

前場安寄りし更に
     ~会員ページ~
        

今週もよろしくお願いします。

このページのトップへ