<バランス投資顧問の3つのコース案内>

株式情報 「海と風」

先物情報「日経先物&FX 桃太郎」

先物情報「日経225先物と釣り人」

twitter日経225先物と釣り人

有料会員のご登録

無料情報

バックナンバー

大引け概況

2020/02/21(金) 15:31

■日経平均      23,386.74(-92.41)

■東証1部出来高    11.55億株

■東証1部売買代金   2.09兆円

■日経平均先物    23,290(-220)

■TOPIX        1,674.00(-0.48)

■騰落        上昇946/下落1,094

■マザーズ指数    828.46(+5.16)

■日経JQ       3,728.47(+15.69)

■ドル円       111.96

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、水産・農林業、サービス業でした。一方、値上がり上位は、保険業、情報・通信業、石油石炭製品となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■釣り人(原)
安値引けとなってしまいました。間近高値と安値の中値近辺。もっと言えば11月の始めからこの辺りの値段が中値となっています。三連休後、上へ向かうのか?下へ向かうのか?
2月も残り四日間。想像しながら売買を入れていくこととなります。
お疲れ様でした。

このページのトップへ

上海総合指数後場の寄り付き 3,048.15

2020/02/21(金) 14:02

上海総合指数後場の寄り付き 3,048.15 前日比+17.99 +0.59%

このページのトップへ

前引け概況

2020/02/21(金) 11:45

■日経平均      23,413.81(-65.34)

■東証1部出来高    5.67億株

■東証1部売買代金   1兆円

■日経平均先物    23,380(-130)

■TOPIX        1,675.41(+0.93)

■騰落        上昇986/下落1,048

■マザーズ指数    826.04(+2.74)

■日経JQ       3,725.48(+12.70)

■ドル円       111.95
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、精密機器、サービス業でした。一方、値上がり上位は、保険業、石油石炭製品、情報・通信業となりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■釣り人(原)
現在のNYダウ夜間 -115ドルと軟調。しかしながら日経平均先物は、ドル円の動きに追従する前場でありました。円が安くなれば買いが入るというプログラムが作動しているということです。

三連休を控えた後場、どのような動きになるのか?見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は-0.26%

2020/02/21(金) 10:26

上海総合指数 3,022.25 前日比 -7.90 -0.26%

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2020/02/21(金) 10:09

おはようございます。

東京市場も新型コロナウィルスに怯えず頑張ろう!
いつも私は応援しているぞ。
さて米国市場も新型コロナウィルスに関する話題は挙がるが、我々の周りは日本のマーケット関係者ほど不思議と騒いではいない。
確かにこの感染拡大による経済への影響ならびに貿易動向リスクはあるだろうが、我々の投資家仲間の間ではマーケットに携わっていれば、ブラックマンデーやリーマンショックなどをこれまで経験したことにより【 マーケットではこのような不安材料はいつでも起こる。そしてその時は不安視されるが気が付くと・・・・・・  】
そんな楽観的なイメージが強いようで、我々の投資家仲間の間では不思議とそんな感覚を伝えてきては、最後に下がるなら買いたいと声を漏らす。
結論から言うと、何故か?不思議と友人、知人の日本のマーケット関係者だけが超弱気!
面白いものだ。
日本の投資家仲間の言っていることも理解できる。

   ただ告知しておく。
 ボスはまた昨日社員に告げた!
色々な話題は出たが今朝はその内容を簡単に。
マーケット関係者の多くが弱気になった時!マーケットはこれまで大きく下がるのか?
その確率と統計からなら下がる確率は低い。
また2020年、今年は年初からマーケットに対して良い話はなかなか聞こえてこない。
そして結果的に1、2月は最悪を想定する話題ばかりだが・・・・・・米国市場を見ろ!下がった現実があるのか。
結果を見て見ると2020年に入って日経平均だって大きく下がっているか?
答えは「NO」だ。
個別銘柄は下がったと言うだろう。それは何故か?それは簡単だ。この便りを読まれているような皆さんが弱気に考えてリスク管理しただけ。
これも理解した上で。
現段階で我々の結論としては、マーケットに対して弱気にならない理由として。
「そもそも根底に世界的な国々の代表する指数(日本ならば日経平均)株式市場を今は絶対に下げられない」。
これは世界同時の「国策」と判断している。
そして我々としては近い将来マーケットに春が来ると予想している。


本日の先物レンジ
弱気になるな!
新型コロナウィルスが怖いのは分かるが。
気が付いたら株価は下がっていない。
気持ちで負けるな。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2020/02/21(金) 08:32

日経先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は23510 前日比変わらずのところ。

ドル円 112.03
昨晩もNYは軟調の中で円安への動きが続きました。

NYダウ 128ドル安
かなり売られた場面もありましたが、なんとか中盤以降に切り返し、微々たる下落で終わっています。

現在のNYダウ夜間 -85ドルと少し下振れしています。

ナスダック 66ポイント安

さて、3連休を控えています。連休明けは安いことが多いですが、どんな展開になるのか?
本日の相場を見ていきます。

このページのトップへ

本日の予定

2020/02/21(金) 08:12

■国内(21日)
1月全国消費者物価指数(8:30)

■海外(21日)
米1月中古住宅販売(2/22 0:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ