七夕キャンペーン
<バランス投資顧問の3つのコース案内>

株式情報 「海と風」

先物情報「日経先物&FX 桃太郎」

先物情報「日経225先物と釣り人」

twitter日経225先物と釣り人

有料会員のご登録

無料情報

バックナンバー

大引け概況

2020/07/10(金) 15:34

■日経平均      22,290.81(-238.48)

■東証1部出来高    13.37億株

■東証1部売買代金   2.45兆円

■日経平均先物    22,290(-190)

■TOPIX        1,535.20(-22.04)

■騰落        上昇193/下落1,935

■マザーズ指数    1,003.60(+4.90)

■日経JQ       3,405.47(-21.48)

■ドル円       106.88

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。
 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、証券商品先物、不動産業でした。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発、ジャスダックは続落しました。

■釣り人(原)
日経平均先物はもみ合い離れかと思われる月曜日の動きが発生しました。22260円で寄り付き、終値22650円。先週末比370円高で始まりましたが、その後なんのことなくまた抑え込まれました。
上海の大幅上昇があったのですが、今日はともかくあまり反応はしませんでした。本日は、指数連動型ETFを運用する国内投信の分配金作りで、4千億規模の売りが予想されていました。個別株の動きを見ると、その売りが出たのだと考えられます。

今晩のNY市場を見ていきます。そして週末に週刊展望を書きます。
お疲れ様でした。

このページのトップへ

上海総合指数後場の寄り付き 3,412.03

2020/07/10(金) 14:01

上海総合指数後場の寄り付き 3,412.03 前日比-38.56 -1.12%

このページのトップへ

前引け概況

2020/07/10(金) 11:43

■日経平均      22,476.74(-52.55)

■東証1部出来高    6.05億株

■東証1部売買代金   1.16兆円

■日経平均先物    22,440(-40)

■TOPIX        1,547.37(-9.87)

■騰落        上昇462/下落1,629

■マザーズ指数    1,016.04(+17.34)

■日経JQ       3,425.17(-1.78)

■ドル円       107.07

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、証券商品先物、不動産業。一方、値上がりしたのは、電気機器、情報・通信業、のみとなりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発、ジャスダックは続落しました。

■釣り人(原)
NYダウの大幅下落に対して日経平均先物は40円安。上海の九日ぶりの下落に対してもほどんど動きがありません。そして本日ETFの分配金を作るための換金売りが出るであろうと予想されていますが、今のところ上値は抑えていますが、指数はそれほどの動きではありません。

寄り付きの22450を挟んで、上下80円ほどの動き。この小動きに後場は変化が起きるかどうか?を見ていきます。

このページのトップへ

バランス投資顧問からのお知らせ

2020/07/10(金) 11:05

先日、夏祭り「七夕キャンペーン」の当選者の方皆さんへ、当選内容をご連絡しています。

通知が届かれた方は、おめでとうございます。「当たっているのはずなのに通知が来ていない…」という読者の方がいらっしゃいましたら、お手数ですが弊社お問い合わせページより、ご連絡をよろしくお願いします。

お問い合わせページはこちらから。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は-0.92%

2020/07/10(金) 10:26

上海総合指数 3,418.93 前日比 -31.66 -0.92%

このページのトップへ

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2020/07/10(金) 09:55


おはようございます。

米国市場もコロナの感染者数は多少気にしているようだが。
マーケット関係者が騒ぐ割には・・・・・。経済活動が鈍化するとか色々言われているし、実際問題として老舗企業が廃業に追い込まれたりと寂しさは感じますが、今を生きる我々!そして未来を養う若者にとって時代の変化の中の一頁に過ぎないのかもしれない。
私もこれまで多くの経験をし、その数は数えきれません。
事実として何かが起こる度に株価は大きく変動し投資家の頭を悩ませる。
マーケットとは。
時には喜び、そして幸福を与えます。しかし時には悲しみや不快を与え!結果としてお金が増えた、減ったを語り合う。
不思議な世界であります。

私もこれまで世界中を飛び回りました!そして1つの夢であったウォール街にもたどり着くことができました。
ただ今はフィラデルフィア。
夢の地を逃げ去るようにここにいますが。
様子を見て必ずウォール街に帰ります。
そしてまた大好きなブロードウェイでショーを観に行きたいと夢をみている。

少し話はズレたが最近のマーケットもこれまでと同じだ!
もみ合いの果ては下落なのか?それとも上昇なのか?普通に業績だけみれば下落なのかもしれない。
されど多くの意見がここから日経平均が、25000円とか30000円の声が聞こえてこない。ならば今は行き場を失ったキャッシュが何かを切っ掛けに株式市場に帰ってきたら皆様が想像する以上に株価は跳ね上がる。
米国市場の最近上がっている時価総額が馬鹿デカイ企業ですら簡単に3割も上がる時代。株価が上げる理由なんていつも不思議な唱えばかりだ(笑)

コロナに勝つマーケット!
皆さんも見たくないですか?
見たいならマーケット関係者は事実を伝えることも大切ですが。
夢を与えるならば口を揃えて株を買おうと一致団結してみたらどうだろうか。
意外と「上がるから買う、買うから上がる」になれば簡単に上がるもの。
まぁその逆も言えるが。
マイナス発言は止めようではないか。


日経平均先物レンジ
強い心を持ちながらマーケットと向き合い。
コロナ対マーケット
コロナ対投資家
気持ちの持ちようで世界は変わる。

このページのトップへ

7月限オプションSQ概算値は2万2601円81銭。

2020/07/10(金) 09:24

7月限SQ概算値は2万2601円81銭(概算値)でした。

このページのトップへ

日・6月国内企業物価指数:前年比1.6%下落

2020/07/10(金) 09:01

6月の国内企業物価指数は99.6で、前年同月比で1.6%下落、前月比で0.6%の下落だった。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測

2020/07/10(金) 08:36

日経先物

NYダウ

おはようございます。週末です。頑張っていきましょう。
日経平均先物の現在の気配は22390 前日比90円安のところです。

ドル円 107.20 気持ち円高。

NYダウ 361ドル安 
感染者の増加で、ボーイングや金融株が下落しています。しかし6月中旬からのボックスの中の動きで、下抜けしているわけではありません。

ナスダック 55ポイント高
ハイテク株が堅調に推移したようです。

月曜日は大幅高で始まったのですが、結局中値近辺に押し戻されています。最終日、どんな動きとなるのか?見ていきます。

日経平均に寄与度の高い、ファーストリテ(東1:9983)が3-5月期の期間において初の赤字となっています。
後、市場で噂されている指数連動型ETFを運用する国内投資は、分配金の捻出のため、本日幾分かの売りが出ると予想されているとのことです。

それでは解説していきます。

このページのトップへ

本日の予定

2020/07/10(金) 08:06

■国内(10日)
オプションSQ
6月企業物価指数(8:50)

《決算発表》
安川電、コスモス薬品、良品計画、アスクル、ライフコーポ、JINSHD、OSG、技研製、ローツェ、ニッケ、USENNEXT、プレナス、リテールPT、CSP、リンガハット、オンワードHD、ダイト、コシダカHD、丸善CHI、柿安本店、カネ美食品、トランザクショ、アレンザHD、キリン堂HD、明光ネット、ヤマザワ、イワキ、タキヒヨー、カンセキ、フィルカンパニ、プラズマ、イージェイHD、ワッツ、ブロッコリー、日本エンタ、システムインテ、トライステージ、jGroup、メディ工房

■海外(10日)
米6月生産者物価指数(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ