<バランス投資顧問の3つのコース案内>

株式情報 「海と風」

先物情報「日経先物&FX 桃太郎」

先物情報「日経225先物と釣り人」

twitter

有料会員のご登録

無料情報

バックナンバー

ご案内

2021/04/20(火) 15:33

バランス投資顧問からのご案内

メルマガ登録

メルマガ登録
祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから
お申し込みはこちらから

このページのトップへ

大引け概況

2021/04/20(火) 15:27

■日経平均      29,100.38(-584.99)

■東証1部出来高    10.87億株

■東証1部売買代金   2.38兆円

■日経平均先物    29,140(-550)

■TOPIX        1,926.25(-30.31)

■騰落        上昇240/下落1,899

■マザーズ指数    1,244.79(-12.37)

■日経JQ       3,942.97(-14.15)

■ドル円       108.24


■釣り人(原)
前引けにおいて既に大幅下落となっていたため、日銀の買いが後場から入るかどうか?私は気にしていたのですが今の時間ではまだわかりません。結果的には切り返すことなく低迷したままで終わりました。
NYダウ夜間も終日堅調。ドル円も瞬間円高に振れましたが、それほどでもありませんでした。どうも日本株固有の売りが出ていると想像せざるを得ないところです。それではイブニング見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.30%

2021/04/20(火) 14:01

上海総合指数 3,488.15 前日比 +10.60 +0.30%

このページのトップへ

前引け概況

2021/04/20(火) 11:49

■日経平均      29,150.71(-534.66)

■東証1部出来高    5.25億株

■東証1部売買代金   1.12兆円

■日経平均先物    29,120(-570)

■TOPIX        1,932.20(-24.36)

■騰落        上昇489/下落1,599

■マザーズ指数    1,247.66(-9.50)

■日経JQ       3,953.53(-3.59)

■ドル円       108.20


■釣り人(原)
29500円を割り込み、ストンと安寄りしたわけですが、そこからの下げ幅がこれまた深かったです。
NYダウ夜間の堅調(+83)や、ドル円が落ち着いていることなどから押したら買おうという売買を入れましたが、反発の兆しがなく前引けとなっています。それでは後場を見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は-0.30%

2021/04/20(火) 10:29

上海総合指数 3,467.15 前日比 -10.40 -0.30%

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2021/04/20(火) 10:09

おはようございます。

米国市場は特に問題はないが。
日経平均先物が少し弱いイメージであった。
まして今週は重要変化日をむかえる・・・。
また、彼から「用心しようと思っている」とメールがあった。何か嫌な臭いでも察したようだ。
コロナ禍に変化はないが・・・・。
ともかく個別銘柄で強いトレンドが出来ている銘柄や、値上がりが期待できそうな材料など何らかの理由がない銘柄は大幅に見直しておきたいと。
何か理由があっての判断だろう。
投資するにあたりアクセルを踏んだり、緩めたりすることは重要だろう。
ともかく焦らずいこう。
ただ米国市場は特に問題はない。


本日の先物レンジ
変化日頃からゆっくり変化することが望ましいだろう。
焦る必要はない。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測 

2021/04/20(火) 08:43

日経先物

NYダウ

おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は 29350 前日比340円安のところです。

NYダウ 123ドル安
それほど大きな下げではありません。3日続伸に対する利益確定売り、テスラ車の事故やビットコインの下落となり、売っておこうかというところでしょう。

ナスダック 137ポイント安

ドル円 108.11
米10年債1.60と金利が上昇したにもかかわらず、円高が進行。このあたりがちょっと理解しづらい値動きとなっております。

そのあたりが嫌気されてか日経平均先物は少し深い下げから始まります。NY高の時はほとんど上がることができずちょっと安いとストンと下がる。
上への変化を期待していたのですが、そうはなりませんでした。仕切り直しとなります。

このページのトップへ

本日の予定

2021/04/20(火) 07:47

■国内(20日)

2月第3次産業活動指数(13:30)
20年国債入札

《決算発表》

マクアケ、ゲンキードラ

■海外(20日)

米アップルの新製品発表会

《米決算発表》
ネットフリックス、プロクター・アンド・ギャンブル、トラベラーズ、アボット・ラボラトリーズ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップ・モリス、ロッキード・マーチン

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

ご案内

2021/04/19(月) 15:29

バランス投資顧問からのご案内

メルマガ登録

メルマガ登録
祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから
お申し込みはこちらから

このページのトップへ

大引け概況

2021/04/19(月) 15:29

■日経平均      29,685.37(+2.00)

■東証1部出来高    9.18億株

■東証1部売買代金   2.06兆円

■日経平均先物    29,690(-40)

■TOPIX        1,956.56(-4.31)

■騰落        上昇1,000/下落1,094

■マザーズ指数    1,257.16(+6.69)

■日経JQ       3,957.12(+2.59)

■ドル円       108.52
 
■釣り人(原)
久しぶりに週明けの月曜日は先週末よりも安く始まりました。NYダウ夜間が100ドルほど安かったのはもちろんなんですが...
その後200円を超える急落。その安値からは300円戻す。戻した後はまた150円ほど下落。そして終値は朝の寄り付き値とあまり変わらなく日足では十字足。この十字足というのは4月に入り、7回ほど出ています。二日に一回は十字足になるということ。なかなか厄介であります。

それではイブニングを見ていきます。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+1.31%

2021/04/19(月) 14:01

上海総合指数 3,471.40 前日比 +44.78 +1.31%

このページのトップへ

前引け概況

2021/04/19(月) 11:39

■日経平均      29,748.10(+64.73)

■東証1部出来高    4.30億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    29,740(+10)

■TOPIX        1,962.38(+1.51)

■騰落        上昇1,207/下落853

■マザーズ指数    1,260.36(+9.89)

■日経JQ       3,961.66(+7.13)

■ドル円       108.61
 
■釣り人(原)
先週の月曜日と同じように大きな失速があるのかと、危ぶまれた下押し場面がありましたが、切り返して終わっています。
後場はさらに堅調になることを期待します。

このページのトップへ

上海総合指数の現在の気配は+0.03%

2021/04/19(月) 10:26

上海総合指数 3,427.55 前日比 +0.93 +0.03%

このページのトップへ

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2021/04/19(月) 10:21



おはようございます。

米国市場はややお祭りムード!
上値追いにより投資家はポジティブにマーケットを見ている。
それはそれで。お金の流れに変化はないと思っていることが一番大切ではなかろうか。
そこで東京市場であるが、もう少しボックス圏での動きを想定している。
ただ個別銘柄はますます賑わうことになるだろうから個別銘柄で楽しみたまえ。

そこで今朝はわが社の若手から日本株でここから数年に1度は相場になる銘柄である
○○××が久しぶりに面白そうだと。
赤字から急改善し黒字転換。赤字の間も配当は継続。
ゲームソフト会社であるが、こちら北米ではゲーム業界では知られているようだ。
若手はまた久しぶり相場になりそうな予感がしてきたと。
潤沢な案件が継続しており独自技術から楽しみだと。
直近高値である387円は単なる通過点になるだろうと。
数年に1度の相場になるとビックリする位上昇するだけに投資妙味大だと。


本日の先物レンジ
多少乱高下はあるだろう。
ただボックスでのやりとりとなるはず。
ともかく個別銘柄勝負!
強い動きが発生しているものには果敢に攻めたまえ。

このページのトップへ

3月の貿易収支、貿易黒字6637億円。

2021/04/19(月) 09:03

財務省が19日発表した3月の貿易収支は6637億円の黒字となった。
貿易黒字は2ヵ月連続。

このページのトップへ

釣り人(原) 本日の相場予測 

2021/04/19(月) 08:37

日経先物

NYダウ

おはようございます。今週もよろしくお願いいたします。
昨日の展望で、信託銀行の売りが続いていることをお話ししました。このことは、債券(国債)と株式保有の比率の問題であってご存知のように米国金利が今現在少し低下して安定しようとしています。日本の債券もそれにならって気持ち金利低下、つまり国債価格の上昇となり余分に多くなった株式保有比率を削らなくても済むようになる。このことを感じるものです。
さて、本日少し日経平均先物はまた高寄りしそうです。先週の月曜日みたいな失速が起きないことを期待して市場をみます。


日経平均先物の現在の気配は 29780 前日比50円高 のところです。

ドル円 108.68 わずかですが円高。

NYダウ夜間 -94ドルと少し軟調。

それではよい一週間にしましょう。

このページのトップへ

今週の予定

2021/04/19(月) 07:58

■19(月)
【国内】
3月貿易収支(8:50)
3月首都圏マンション販売(13:00)

《決算発表》
いちご、ライフフーズ、東天紅

【海外】
上海国際自動車ショー(~4/28)

《米決算発表》
IBM、コカ・コーラ

■20(火)
【国内】
2月第3次産業活動指数(13:30)
20年国債入札

《決算発表》
マクアケ、ゲンキードラ

【海外】
米アップルの新製品発表会

《米決算発表》
ネットフリックス、プロクター・アンド・ギャンブル、トラベラーズ、アボット・ラボラトリーズ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップ・モリス、ロッキード・マーチン

■21(水)
【国内】
《決算発表》
ジャフコG

【海外】
《米決算発表》
ハリバートン、ベライゾン・コミュニケーション

■22(木)
【国内】
《決算発表》
日電産、中外薬、オービック、ディスコ、OBC、KOA、ナガセ、エレマテック、エイトレッド、KIMOTO

【海外】
ECB定例理事会(ラガルド総裁記者会見)
米3月中古住宅販売(23:00)
気候変動サミット(オンライン、~4/23)

《米決算発表》
インテル、AT&T、DRホートン

■23(金)
【国内】
3月全国消費者物価指数(8:30)

《決算発表》
エムスリー、キヤノンMJ、東製鉄、菱鉛筆、岩井コスモ、蝶理、サーティワン、ジェコス、高度紙、アルビス、アクシーズ、高純度化、モバファク

【海外】
3月新築住宅販売(23:00)

《米決算発表》
アメリカン・エキスプレス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)

このページのトップへ

週間展望 釣り人 原

2021/04/18(日) 19:12

先週末のNYダウは +164ドル 3日続伸 ナスダック +13ポイント続伸 ドル円 108.76 円高気味ではありますが、それほどという感じ・・

東証1部のチャートをいつものように目を通しましたが、上がる株と下がる株 2極化ではあります。先週に続き地銀株や電鉄株の下落は残念なところ・コロナがどうという事より、年金の売りがまだ続いているという事、今年に入り毎週売り越しです。13週連続です。この売りが止まれば市場の景色は変わるわけですが・・毎月月末は安い・・これもそう遠くない日に止まるのではないかと期待しています。「何とか信託」とかが大株主にある銘柄が売られやすく推移したという事です。

この動きを嫌気して、買い方は新興市場の少し値の張る銘柄に物色の矛先を向けています。そのあたりも見ていきます。後海外投資家は大方の予想通り4月の後半から買い越しか?

まずは日経平均(先物)ですが、少し前に毎週月曜日の寄り付きは先週末より高く始まると伝えました。今回もNYダウの上昇を受けてそうなりそうです。余談ですが4月12日13日のちょい下落は、単なる抑え込みでNYダウは上昇に転じるであろう見方を伝え、そのようになったのですが、日経平均が連動しません・・買いで向かう先物はすぐに失速し大苦戦の週でした。先週の月曜日記憶にあるのは先物のお客さんとは思いますが、日中足で先週末比160円高で寄り付き引けは190円安・・つまり高寄り後350円も下振れしました。ですから明日高寄りしたからと言って、強気で行くべきかどうか?迷うとこであります。

ここで解説している内容を振り返ってみましょう、ひと月で見れば月末安が繰り返され、翌週から反発気味となる。週で見れば週末より月曜日が高く始まれば売りに抑えられる・・・ここに年金の売買手法が垣間見れます。

そういうわけで個別株は1部株は中小型・マザーズやジャスダックへ向かう買いの資金へ便乗していく。

日経平均(先物)は3月ほどの変動は少なくいなりそうですが、少しこまめにポイントを稼いでいく。こんな感じでしょうか?

展望は先物と株式 共有でお願いします。

今週もバランス投資顧問の各ページ どうぞご覧ください。

このページのトップへ