日経平均先物と釣り人と桃太郎(タイトル)
日経平均先物と釣り人と桃太郎のTOPへ

2017/08

◆ 大引け概況

2017/08/31(木) 15:28
 
■日経平均      19,646.24(+139.70)

■東証1部出来高    17.70億株

■東証1部売買代金   2.28兆円

■日経平均先物    19,690(+170)

■TOPIX        1,617.41(+9.76)

■騰落        上昇1,198/下落723

■マザーズ指数    1,100.80(+4.73)

■日経JQ       3,447.28(+33.57)

■ドル円       110.55
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は30日の米国株高や、1ドル=110円台半ばと円安に振れた為替相場を好感した買いが先行。輸出関連銘柄などを中心に買いが広がりました。
 後場も安定した円相場が支援材料となり、先物買いを交え上げ幅を拡大。その後上値では利益を確定する動きも見られ、引けにかけて伸び悩む展開となりましたが、終日高値圏での推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、銀行業、鉄鋼、卸売業でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、倉庫運輸関連、水産・農林業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。
 
■桃太郎
後場は持ち合いとなり推移。明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.79ドル +0.07%と小幅高となった


◆ ご案内

2017/08/31(木) 14:26
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/31(木) 14:02
 
■日経平均      19,655.11(+148.57)

■日経平均先物    19,660(+140)

■TOPIX先物      1,618.50(+9.50)

■騰落        上昇1,158/下落729

■日経JQ       3,443.71(+30.00)

■マザーズ指数    1,098.61(+2.54)

■ドル円       110.47

■NYダウ夜間先物  +10

■上海総合指数後場の寄り付き 3,342.66 前日比-20.96 -0.62%

■指数大型      現値1,466.20  前日比+11.99

■指数中型      現値1,955.28  前日比+8.82



◆ お昼のバスケット取引

2017/08/31(木) 12:39
 
ランチバスケットは9件、191.18億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/31(木) 11:43
 
■日経平均      19,642.76(+136.22)

■東証1部出来高    7.80億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    19,640(+120)

■TOPIX        1,616.78(+9.13)

■騰落        上昇1,194/下落684

■マザーズ指数    1,099.16(+3.09)

■日経JQ       3,441.13(+27.42)

■ドル円       110.51
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。発表された経済指標が良好な結果となり上昇した米国市場や、前日よりも更に円安に振れた為替相場を好感し、買いが先行。輸出関連銘柄や「資源価格が当面安定しそう」だと報道があった鉄鋼株などを中心に、幅広い銘柄に買いが集まりました。その後も堅調に推移し午前の取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、銀行業、鉄鋼、ガラス土石製品でした。一方、値下がり上位は、海運業、石油石炭製品、空運業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。
 
■桃太郎
前場は買戻しから続伸となった。後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.79ドル +0.07%と小幅高となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.06%

2017/08/31(木) 10:26
 
上海総合指数 3,361.46 前日比 -2.17 -0.06%


◆ 中国8月製造業PMI 51. 7

2017/08/31(木) 10:12
 
中国8月製造業PMIは51.7
市場予想の51.3を上回る。


◆ 10時の概況

2017/08/31(木) 10:01
 
■日経平均      19,621.84(+115.30)

■日経平均先物    19,620(+100)

■TOPIX先物      1,616.00(+7.00)

■騰落        上昇1,155/下落690

■日経JQ       3,435.29(+21.58)

■マザーズ指数    1,099.49(+3.42)

■ドル円       110.40

■NYダウ夜間先物  +16

■指数大型      現値1,463.20  前日比+8.99

■指数中型      現値1,954.25  前日比+7.79

■指数小型      現値3,156.80  前日比+7.83


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/31(木) 09:54
 
おはようございます。
日経平均は明らかに現状為替に救われた!日銀短観の対外為替レート108.31円が目先のキーとなったのは明確。
ただ日本経済を考えると日経平均は確かに上昇しているが、アベノミクスの効果は未だに予想を下回っている。
アベノミクスの効果が明確に現れるには、このままならば日経平均が30000円に向かうような勢いがないとポテンシャルは変わらない。
そうなると、現状日本からのニュースを見ていると、北朝鮮に対する地政学的リスクばかり耳に届くようでは明るい日本経済はまだまだ先!
ならばここまでの金融政策を見直すなり新しい活路を見いだす時が来たのではなかろうか。
また、我々の来月からの相場予想は本日行われるミーティングでまた皆様に報告したい。
ともかくここはデリバティブ組の買い戻しが優勢となることだろう。
また強い銘柄に理由はあるし、現段階で空売りが入っているような銘柄はますますの上値余地があるだろう。
そこで気になる銘柄では..

~以下会員ページ~


◆ 7月の鉱工業生産は前月比0.8%低下

2017/08/31(木) 08:58
 
経済産業省が31日に発表した7月の鉱工業生産指数の速報値は前月比0.8%低下の101.5だった。
低下は2ヵ月ぶり。


◆ 外資系の注文動向

2017/08/31(木) 08:42
 
31日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「米国系証券、欧州系証券ともに買い越し。5社ベースで売り600万株、買い610万株、差し引き10万株の買い越し。金額(5社ベース)は売り越し。売りセクターに商社・食品・機械など。買いセクターにその他金融・サービス・精密・陸運など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/31(木) 08:16
 
■国内(31日)
7月鉱工業生産(8:50)
7月住宅着工件数(14:00)
2年国債入札

《決算発表》
パーク24、菱洋エレク

■海外(31日)
中国8月製造業PMI(10:00)
中国8月非製造業PMI(10:00)
ユーロ圏7月失業率(18:00)
米7月個人所得・個人支出(21:30)
米8月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
米7月中古住宅販売仮契約(23:00)

《米決算発表》
ダラー・ゼネラル

休場:マレーシア(~9/1)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/31(木) 08:14
 
■NYダウ
 21,892.43 +27.06
■ナスダック
 6,368.31 +66.42
■CME225(円建て)
 19,565 +45(大証比)
■ドイツDAX
 12,002.47 +56.59
■上海総合指数
 3,363.63 -1.60
■ドル円
 110.3

 30日のNY市場は上昇。朝方は北朝鮮情勢への警戒感から安く始まりましたが、発表された経済指標が市場予想を上回る結果となり、これまでに下げていたハイテク株や金融株を中心に買いが広がり上昇に転じました。またトランプ大統領はミズーリ州で税制改革に取り組む意向を表明しましたが、具体的な政策について発表はなく、相場への影響は限定的となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や医薬品・バイオテクノロジーが上昇。一方で電気通信サービスや公益事業が下落。
 ADRの日本株はファーストリテ<9983>、オリンパス<7733>が小安い他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、SUBARU<7270>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、日東電<6988>など対東証比較(1ドル110.24円換算)で全般堅調でした。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/31(木) 08:13
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19575円 +69円
NYCFD 21891ドル -1ドル
ドルインデックス 92.87
VIX 11.22
原油 45.76ドル

NYは、ダウ27ドル高、堅調な経済指標を好感30日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は27.06ドル高の21892.43、ナスダックは66.42ポイント高の6368.31で取引を終了した。朝方は北朝鮮情勢への警戒感から小動き。9月ADP雇用統計や4-6月期GDP改定値が予想を上振れたほか、ハイテク株が選好され上昇した。トランプ大統領による税制改革を巡る演説では、具体的な政策についての発表はなく、引けにかけて伸び悩む展開となった。

日経ですが、昨日はリスク回避の動きが緩み買戻しからじり高となった。
本日は、為替安定から買戻しが入るか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.34円 176ドルから179ドル

 19419円から19750円


◆ 各国債券利回り

2017/08/31(木) 07:41
 
2017/8/31  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.131% (前日比+0.002%)     1.326% (前日比+0.010%)
英国     1.030% (前日比+0.030%)     0.175% (前日比+0.010%)
ドイツ     0.359% (前日比+0.017%)     -0.722% (前日比-0.003%)
ポルトガル 2.860% (前日比+0.010%)     0.023% (前日比+0.004%)
イタリア    2.078% (前日比+0.012%)     -0.153% (前日比-0.003%)
ギリシャ   5.539% (前日比+0.008%)       -
スペイン    1.580% (前日比+0.018%)     -0.343% (前日比-0.002%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/30(水) 15:26
 
■日経平均      19,506.54(+143.99)

■東証1部出来高    17.05億株

■東証1部売買代金   2.22兆円

■日経平均先物    19,520(+140)

■TOPIX        1,607.65(+9.89)

■騰落        上昇1,357/下落540

■マザーズ指数    1,096.07(+2.76)

■日経JQ       3,413.71(+8.76)

■ドル円       109.82
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は北朝鮮情勢について楽観的な見方が広がり上昇した米国市場や、円安に振れた為替相場などが支援材料となり買い戻しが先行。その後は高値圏でもみ合いとなりました。
 後場は前引け値とほぼ変わらずのスタート。その後こう着感を強めましたが、14時頃から先物買いを交えて上げ幅を拡大。幅広い銘柄に買いが集まり、1万9500円台を上回る水準で推移し本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、倉庫運輸関連、水産・農林業。一方、値下がりしたのは、鉱業、石油石炭製品、非鉄金属のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■桃太郎
外出中の為コメントはございません。


◆ ご案内

2017/08/30(水) 14:40
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/30(水) 14:02
 
■日経平均      19,499.16(+136.61)

■日経平均先物    19,490(+110)

■TOPIX先物      1,608.00(+9.50)

■騰落        上昇1,281/下落616

■日経JQ       3,409.49(+4.54)

■マザーズ指数    1,095.88(+2.57)

■ドル円       109.76

■NYダウ夜間先物  +23

■上海総合指数後場の寄り付き 3,365.12 前日比-0.11 +0.00%

■指数大型      現値1,454.49  前日比+9.91

■指数中型      現値1,946.52  前日比+10.91

■指数小型      現値3,144.34  前日比+12.22


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/30(水) 12:49
 
ランチバスケットは39件、650.67億円。
差し引き20億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/30(水) 11:48
 
■日経平均      19,468.73(+106.18)

■東証1部出来高    6.89億株

■東証1部売買代金   0.86兆円

■日経平均先物    19,470(+90)

■TOPIX        1,604.32(+6.56)

■騰落        上昇1,049/下落824

■マザーズ指数    1,091.31(-2.00)

■日経JQ       3,404.65(-0.30)

■ドル円       109.77
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。北朝鮮情勢について「軍事衝突にまで至らない」との見方が広がり、上昇した米国市場の流れを受け買い戻しが先行。1ドル=109円台後半と円安に振れた為替相場も支援材料となりました。しかし依然として地政学リスクへの警戒感が残ることから、そのまま買い進む動きとはならず高値圏での小動きとなりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、医薬品、証券商品先物、倉庫運輸関連でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、金属製品、非鉄金属となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
外出中の為コメントはございません。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.10%

2017/08/30(水) 10:26
 
上海総合指数 3,361.82 前日比 -3.41 -0.10%


◆ 10時の概況

2017/08/30(水) 10:01
 
■日経平均      19,489.94(+127.39)

■日経平均先物    19,490(+110)

■TOPIX先物      1,606.50(+8.00)

■騰落        上昇1,271/下落593

■日経JQ       3,407.20(+2.25)

■マザーズ指数    1,095.05(+1.74)

■ドル円       109.79

■NYダウ夜間先物  +15

■指数大型      現値1,453.67  前日比+9.09

■指数中型      現値1,944.15  前日比+8.54

■指数小型      現値3,139.20  前日比+7.08


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/30(水) 09:03
 
おはようございます。
結果的に東京市場で肝心な為替!
皆様にはお伝えしていたように、日銀短観からの対外為替レート対ドル108.31円を割って終わらなかったことから為替は109円台に。
テクニカルやファンダメンタルからは踏みとどまった形となった。
ただまだまだ油断はできない。目先的に反発しただけかもしれないからだ。
しかし、東京市場を見ていると強い銘柄は強い。
以前お伝えしたメイコー(JQ:6787)、鈴木(東1:6785)は順調に上昇している。
ここで非常に気になるのがMipox(JQ:5381)
買収効果を始め、好採算の光ファイバー用の研磨剤が回復基調となり、業績寄与が予想され株価は現状高い位置にいるがこの株価にいる理由はありそうだ。


本日の先物レンジ
〇〇~○○円
としておくが。
19500円を超えてきたとき売り方はどうするかが注目だ。


◆ 外資系の注文動向

2017/08/30(水) 08:27
 
30日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「米国系証券、欧州系証券ともに売り越しの会社が目立ち、5社ベースで売り800万株、買い670万株、差し引き130万株の売り越し。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに商社・化学など。
買いセクターにサービス・その他製品・精密など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/30(水) 08:19
 
■国内(30日)
7月商業動態統計(8:50)

■海外(30日)
メイ英首相が来日、日英首脳会談の予定(~9/1)
米4-6月期GDP改定値(21:30)
7月個人所得7月個人支出

《米決算発表》
アナログ・デバイセズ、ブラウン・フォーマン

休場:トルコ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/30(水) 08:16
 
■NYダウ
 21,865.37 +56.97
■ナスダック
 6,301.89 +18.87
■CME225(円建て)
 19,470 +90(大証比)
■ドイツDAX
 11,945.88 -177.59
■上海総合指数
 3,365.23 +2.57
■ドル円
 109.57

 29日のNY市場は上昇。北朝鮮が29日朝にミサイルを発射したことからトランプ大統領が声明を公表。軍事解決も辞さないとの姿勢を示したことから、緊張感が高まりリスク回避の売りが先行しました。しかしその後北朝鮮情勢について、軍事衝突にまで至らないとの見方が広がり、押し目買いなどが相場を支えました。
 セクター別では、資本財や食品・生活必需品小売が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや銀行が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>、日東電<6988>など対東証比較(1ドル109.65円換算)で全般堅調でした。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/29(火) 16:07
 
昨日の日経平均は小反落。
東京市場の朝の出来事を聞いて原稿を書き直したが。
北朝鮮の行動を見ていると我々もいい加減あの挑発的行動を許しておくわけにはいかない。
ただ今回の挑発的行動が世界的なリスクオフとなるかはまだ断定できない。
ただ意外とマーケットでの為替、株は素直に動く可能性がありここは無理せずに好業績銘柄の押し目買い。
しかし、忘れてはならないのが対外為替レート対ドル108.30を割れたドル安が進んだ時だ。


本日の先物レンジ
どこまでリスクオフになるかだ?
19140~19460円


◆ 大引け概況

2017/08/29(火) 15:26
 
■日経平均      19,362.55(-87.35)

■東証1部出来高    13.87億株

■東証1部売買代金   1.81兆円

■日経平均先物    19,380(-50)

■TOPIX        1,597.76(-2.36)

■騰落        上昇881/下落989

■マザーズ指数    1,093.31(-6.17)

■日経JQ       3,404.95(+8.19)

■ドル円       108.85
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は北朝鮮のミサイル発射や、それらを背景とした円高進行を嫌気した売りが先行。下げた場面では押し目買いなども入りましたが、地政学リスクが意識され安値圏での推移となりました。
 後場に入っても運用リスクを回避する売りが続きましたが、日銀によるETF買い期待を支えに徐々に下げ幅を縮小。しかし新たな手掛かり材料に乏しいうえ、北朝鮮問題への警戒感から全体に様子見気分の強い動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、保険業、証券商品先物でした。一方、値上がり上位は、建設業、サービス業、医薬品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■桃太郎
後場は下支えかとは思いますが、引けにかけて下げ幅縮小となった。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.93ドル -0.14%と小幅安となった。


◆ ご案内

2017/08/29(火) 14:26
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/29(火) 14:02
 
■日経平均      19,340.30(-109.60)

■日経平均先物    19,330(-100)

■TOPIX先物      1,596.50(-2.00)

■騰落        上昇792/下落1,088

■日経JQ       3,401.60(+4.84)

■マザーズ指数    1,091.98(-7.50)

■ドル円       108.79

■NYダウ夜間先物  -106

■上海総合指数後場の寄り付き 3,365.02 前日比+2.37 +0.07%

■指数大型      現値1,443.20  前日比-4.59

■指数中型      現値1,934.23  前日比-3.70

■指数小型      現値3,128.84  前日比+1.72


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/29(火) 12:41
 
ランチバスケットは13件、138.52億円。
差し引き30億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/29(火) 11:47
 
■日経平均      19,330.95(-118.95)

■東証1部出来高    7.48億株

■東証1部売買代金   0.91兆円

■日経平均先物    19,320(-110)

■TOPIX        1,595.79(-4.33)

■騰落        上昇687/下落1,178

■マザーズ指数    1,088.32(-11.16)

■日経JQ       3,392.65(-4.11)

■ドル円       108.79
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。北朝鮮が29日朝にミサイルを発射。これを受け為替相場が円高に振れ、運用リスクを回避する売りが先行しました。防衛関連銘柄の物色が目立ち、その後の円高一服から押し目買いなども入りましたが、戻りは鈍く安値圏での推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、保険業、証券商品先物でした。一方、値上がり上位は、鉄鋼、水産・農林業、建設業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■桃太郎
前場は、北朝鮮リスクから大きく下落で始まり、現物200MAあたりでの推移となりました。
下支えから下値も限定的に推移とは思います。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.58ドル -0.33%と下落した。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.02%

2017/08/29(火) 10:27
 
上海総合指数 3,362.06 前日比 -0.59 -0.02%



◆ 10時の概況

2017/08/29(火) 10:01
 
■日経平均      19,357.65(-92.25)

■日経平均先物    19,350(-80)

■TOPIX先物      1,595.50(-3.00)

■騰落        上昇561/下落1,285

■日経JQ       3,388.89(-7.87)

■マザーズ指数    1,087.80(-11.68)

■ドル円       108.87

■NYダウ夜間先物  -92

■指数大型      現値1,443.74  前日比-4.05

■指数中型      現値1,932.60  前日比-5.33

■指数小型      現値3,119.14  前日比-7.98


◆ 8/29 ブログ更新しました

2017/08/29(火) 08:56
 
「日経225先物&FX 桃太郎」ブログ更新しました!
どんどん充実させていく予定ですので、今後ともよろしくお願いします!

先物ブログバナー


◆ 外資系の注文動向

2017/08/29(火) 08:29
 
29日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「米国系証券は売り越し、欧州系証券は売り買い均衡の会社が目立ち5社ベースで売り800万株、買い660万株、差し引き140万株の売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
売りセクターに自動車・銀行・機械・保険・その他金融など。
買いセクターに商社・薬品・精密・鉱業・小売など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/29(火) 08:28
 


おはようございます。

日経CFD 19168円 -282円
NYCFD 21703ドル -105ドル

NYは、ダウ5ドル安、米南部のハリケーン被害を受けて様子見ムード28日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は5.27ドル安の21808.40、ナスダックは17.37ポイント高の6283.02で取引を終了した。ハリケーン「ハービー」がもたらした大洪水が経済に与えた影響を見極めたいとの思惑から、S&P500指数やダウは寄付き後に下落に転じた。被災地であるテキサス州ヒューストン付近に集中する石油精製施設が操業を停止し、原油相場が下落する一方で、ハイテク株や医薬品セクターの大型買収を好感した買いが入り、小動きとなった。

日経ですが、昨日は、下値も限定的の持ち合いとなった。
本日は、北朝鮮リスクからリスク回避の円買いで、108円台後半となっていることから
ギャップダウンから始まります。本日は、安値持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、108.82円 175ドルから179ドル

 19043円から19478円


◆ 本日の予定

2017/08/29(火) 08:15
 
■国内(29日)
7月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
7月失業率(8:30)
7月家計調査(8:30)

■海外(29日)
米6月S&Pコアロジック/ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米8月CB消費者信頼感指数(23:00)
米7年国債入札

《米決算発表》
ベストバイ、H&Rブロック

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/29(火) 08:12
 
■NYダウ
 21,808.40 -5.27
■ナスダック
 6,283.02 +17.37
■CME225(円建て)
 19,465 +35(大証比)
■ドイツDAX
 12,123.47 -44.47
■上海総合指数
 3,362.65 +31.13
■ドル円
 108.53

 28日のNY市場はまちまち。寄り付きは高く始まりましたが、その後は南部テキサス州に大きな被害をもたらしたハリケーン・ハービーが、経済や企業業績に与える影響を見極めようと売買を手控える動きが広がりました。なおハリケーンの影響でテキサス州沿岸部の製油所が稼働できず、原油在庫が増加するとの見方から原油相場は大幅安となりました。
 セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で保険や各種金融が下落。
 ADRの日本株は京セラ<6971>、日東電<6988>、SUBARU<7270>が小じっかりな他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>など対東証比較(1ドル108.88円換算)で全般小安い展開となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/08/29(火) 08:03
 
2017/8/29  6時38分現在

         10年債                      2年債
米国     2.157% (前日比-0.009%)     1.325% (前日比-0.006%)
英国     1.053% (前日比+0.000%)     0.180% (前日比+0.000%)
ドイツ     0.376% (前日比-0.004%)     -0.744% (前日比-0.014%)
ポルトガル 2.861% (前日比-0.009%)     0.048% (前日比-0.037%)
イタリア    2.082% (前日比-0.019%)     -0.147% (前日比-0.001%)
ギリシャ   5.541% (前日比+0.000%)       -
スペイン    1.601% (前日比-0.008%)     -0.338% (前日比-0.011%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 北朝鮮のミサイル発射報道

2017/08/29(火) 07:56
 
北朝鮮、ミサイル発射 日本上空通過し襟裳岬東に落下

菅義偉官房長官は29日朝、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて緊急に記者会見した。ミサイルは5時58分ごろに発射され、6時6分ごろ北海道襟裳岬上空を通過したと発表した。6時12分ごろ、襟裳岬の東1180キロメートルの太平洋上に落下した。現時点では航空機や船舶などの被害は確認されていない。(7:02)


※北朝鮮のミサイル発射報道を受け、日経CFDは現在19180-267と急落しています。


◆ 大引け概況

2017/08/28(月) 15:27
 
■日経平均      19,449.90(-2.71)

■東証1部出来高    13.44億株

■東証1部売買代金   1.74兆円

■日経平均先物    19,430(-20)

■TOPIX        1,600.12(+3.13)

■騰落        上昇1,184/下落713

■マザーズ指数    1,099.48(+10.83)

■日経JQ       3,396.76(+17.67)

■ドル円       109.18
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場はジャクソンホール会合が無風通過したことから高く始まりましたが、徐々に円高傾向にある為替相場を嫌気した売りが広がり、小幅安で推移しました。
 後場は前引け値から上昇してスタート。一部の材料の出た銘柄への個別物色は旺盛なものの、全体では売り買いが交錯し方向感に欠ける動きとなりました。なお本日はロンドン市場が休場の為海外投資家の参加が少なく、次第に様子見ムードに傾き本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、医薬品、繊維製品でした。一方、値下がり上位は、保険業、銀行業、鉱業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、小幅持ち合いとなり推移。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、178.18ドル +0.51%と切り返した。


◆ ご案内

2017/08/28(月) 14:27
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/28(月) 14:01
 
■日経平均      19,445.34(-7.27)

■日経平均先物    19,430(-20)

■TOPIX先物      1,600.00(+3.00)

■騰落        上昇1,107/下落781

■日経JQ       3,393.01(+13.92)

■マザーズ指数    1,094.59(+5.94)

■ドル円       109.13

■NYダウ夜間先物  -20

■上海総合指数現値  3,362.74 前日比+31.21 +0.94%

■指数大型      現値1,447.63  前日比+1.83

■指数中型      現値1,937.37  前日比+3.80

■指数小型      現値3,123.53  前日比+9.40


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/28(月) 12:33
 
ランチバスケットは36件、354.95億円。
差し引き110億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/28(月) 11:47
 
■日経平均      19,430.65(-21.96)

■東証1部出来高    6.55億株

■東証1部売買代金   0.81兆円

■日経平均先物    19,420(-30)

■TOPIX        1,596.09(-0.90)

■騰落        上昇886/下落984

■マザーズ指数    1,091.94(+3.29)

■日経JQ       3,389.58(+10.49)

■ドル円       109.13
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。朝方はジャクソンホール会合が無風通過したことから買い戻しが先行。買い一巡後は前週末よりも円高傾向にある為替相場を嫌気し下げに転じました。本日はロンドン市場が休場のため海外投資家が売買を見送っているとの見方もあり、その後も目立った動きのないまま午前の取引を終えました。
 
 業種別では、値上がり上位は、その他製品、ゴム製品、パルプ・紙。一方、値下がり上位は、鉱業、保険業、石油石炭製品となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後は上値重く推移、小幅下落での推移。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、178.05ドル +0.43%と切り返しとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.14%

2017/08/28(月) 10:26
 
上海総合指数 3,336.13 前日比 +4.61 +0.14%


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/28(月) 10:22
 
おはようございます。
日経平均は先週まで6週連続安となった。
ジャクソンホール会合はマーケットには無風!ただ量的緩和縮小の地ならしとなり10月くらいにはまた何らかの言及がありそうだ。
そうなるとここからの日経平均であるが、為替をしっかりマークすること。
日銀短観からの対外為替レートは108.31。これを下回るドル安になると日経平均は黄色信号となりかねない。
ただここでの日本企業の決算を見ると決して悪い決算ではなく、現状はトレンドから弱含みも考えられるがマーケットがある程度落ち着けば好業績銘柄は何事もなく株価回復の道筋となるだろう。
ここは絶対に焦らないことだ。
そしてこの環境下ならば個別銘柄!材料株相場となるだろう。


本日の先物レンジ
〇〇~〇〇円
売り方のポジションを考えると19500円を超える先物は困るはずだ。


◆ 10時の概況

2017/08/28(月) 10:01
 
■日経平均      19,441.02(-11.59)

■日経平均先物    19,420(-30)

■TOPIX先物      1,597.00(+0.00)

■騰落        上昇1,020/下落831

■日経JQ       3,390.61(+11.52)

■マザーズ指数    1,096.54(+7.89)

■ドル円       109.16

■NYダウ夜間先物  -18

■指数大型      現値1,445.71  前日比-0.09

■指数中型      現値1,933.48  前日比-0.09

■指数小型      現値3,119.04  前日比+4.91


◆ 8/28 ブログ更新しました!!

2017/08/28(月) 09:46
 
「日経225先物&FX 桃太郎」ブログ更新しました!
どんどん充実させていく予定ですので、今後ともよろしくお願いします~♪

先物ブログバナー


◆ 外資系の注文動向

2017/08/28(月) 08:44
 
28日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「米国系証券、欧州系証券とも売り越しの会社が目立ち5社ベースで売り750万株、買い610万株、差し引き140万株の売り越し。売り越しは2営業連続。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに機械・陸運・自動車・化学・電機など。
買いセクターに通信・化学・薬品・精密など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/28(月) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19464円 +12円
NYCFD 21822ドル +9ドル
ドルインデックス 92.37
VIX 11.28
原油 47.86ドル

朝の為替状況も先週末、ドル安となり109円台前半での推移で、現在も推移。
変化出なく、北朝鮮ミサイル発射の影響は、現在、見られません。
本日も持ち合いなのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.30円 177ドルから179ドル

 19346円から19564円
原油 47.86ドル

朝の為替状況も先週末、ドル安となり109円台前半での推移で、現在も推移。
変化出なく、北朝鮮ミサイル発射の影響は、現在、見られません。
本日も持ち合いなのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.30円 177ドルから179ドル

 19346円から19564円


◆ 今週の予定

2017/08/28(月) 08:16
 
■28(月)
【国内】
8月月例経済報告

《決算発表》
DyDo、ACCESS

【海外】
米2年国債入札
米5年国債入札
米8月ダラス連銀製造業活動(23:30)
環太平洋経済連携協定(TPP)首席交渉官会合(~30日 シドニー)

休場:英、フィリピン

■29(火)
【国内】
7月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
7月失業率(8:30)
7月家計調査(8:30)

【海外】
米6月S&Pコアロジック/ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米8月CB消費者信頼感指数(23:00)
米7年国債入札

《米決算発表》
ベストバイ、H&Rブロック

■30(水)
【国内】
7月商業動態統計(8:50)

【海外】
メイ英首相が来日、日英首脳会談の予定(~9/1)
米8月ADP雇用統計(21:15)
米4-6月期GDP改定値(21:30)
7月個人所得
7月個人支出

《米決算発表》
アナログ・デバイセズ、ブラウン・フォーマン

休場:トルコ

■31(木)
【国内】
7月鉱工業生産(8:50)
7月住宅着工件数(14:00)
2年国債入札

《決算発表》
パーク24、菱洋エレク

【海外】
中国8月製造業PMI(10:00)
中国8月非製造業PMI(10:00)
ユーロ圏7月失業率(18:00)
米7月個人所得・個人支出(21:30)
米8月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
米7月中古住宅販売仮契約(23:00)
米韓合同軍事演習終了

《米決算発表》
ダラー・ゼネラル

休場:マレーシア(~9/1)

■9/1(金)
【国内】
4-6月期法人企業統計(8:50)
8月消費動向調査(14:00)
民進党代表選挙投開票

《決算発表》
伊藤園、ロックフィール、ハイレックス

【海外】
財新中国8月製造業PMI(10:45)
米8月雇用統計(21:30)
米8月ISM製造業景況指数(23:00)
米7月建設支出(23:00)
米8月新車販売台数

休場:トルコ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/28(月) 08:14
 
■NYダウ
 21,813.67 +30.27
■ナスダック
 6,265.64 -5.69
■CME225(円建て)
 19,450 ±0(大証比)
■ドイツDAX
 12,167.94 -12.89
■上海総合指数
 3,331.52 +60.01
■ドル円
 109.28

 25日のNY市場はまちまち。これまでに辞職の噂があったコーン米国家経済会議(NEC)委員長が、政権に留まる意向を示したとして買いが先行。また注目されたジャクソンホール会合では、イエレンFRB議長は金融引き締めの道筋について言及せず、取引材料に欠けるとの見方から商いは低調となり、その後上値の重い展開となりました。
 セクター別では、運輸や電気通信サービスが上昇する一方で半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが下落。
ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、三井住友<8316>、キヤノン<7751>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル109.36円換算)で全般小じっかりでした。


◆ 各国債券利回り

2017/08/28(月) 07:53
 
2017/8/28  7時00分現在

         10年債                      2年債
米国     2.166% (前日比-0.028%)     1.332% (前日比+0.002%)
英国     1.053% (前日比+0.000%)     0.180% (前日比-0.008%)
ドイツ     0.380% (前日比+0.004%)     -0.730% (前日比+0.009%)
ポルトガル 2.870% (前日比+0.003%)     0.085% (前日比+0.031%)
イタリア    2.101% (前日比-0.011%)     -0.146% (前日比+0.008%)
ギリシャ   5.541% (前日比-0.009%)       -
スペイン    1.609% (前日比+0.011%)     -0.327% (前日比+0.018%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 展開

2017/08/27(日) 16:28
 
先週末の米国市場は、連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長 が、ジャクソンホール会合の講演で金融政策に言及せず、高配当銘柄が相場を押し上げた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁も講演で、金融政策に言及しなかったことも下支えやハリケーンで、原油相場もしっかりなので、下支えとなった。

■ 一時ドル高が進みましたが、講演後はドル安となった。7週連続ドル安となっている。ユーロが対ドルで約2年ぶり高値水準をつけた。

主な予定 中国製造業PMI、米ISM景況指数に雇用時計
28日(月) 独仏西伊首脳会談(パリ) 英国市場はサマー・バンク・ホリデー祝日で休場 29日(火) 日本雇用統計(7月) 米消費者信頼感指数(8月) 米S&Pケースシラー住宅価格指数(6月)30日(水) 米ADP雇用者数(8月) 米GDP改定値(第2四半期)パウエルFRB理事、講演 メイ英首相、来日(1日まで)31日(木) 中国製造業PMI(8月) 独雇用統計(8月)ユーロ圏消費者物価指数(8月) 米個人所得支出(7月) 米中古住宅販売制約指数(8月) 米新規失業保険申請件数(26日までの週)1日(金) 中国財新製造業PMI(8月) 米雇用統計(8月) 米自動車販売(8月) 米ISM製造業景況指数(8月)

先週の日経平均ですが、北朝鮮問題や米国市場の振れなどもあり下値を試す動きとなりましたが、限定的に推移した。為替推移もリスク回避の動きがあるものの高値も限定的に推移したのも指数の下支えとなった。
新聞紙上を見ると、米国資産縮小に備えるべきなど弱気のコメントが多い、外人動向も4週連続売り越しなどで推移している。
ドル換算ベースを見てもポイントの178ドル割れでの推移が続いているので、リバランスの売りがあるように感じます。
個人的には、為替推移を見ているとそれほど弱気には感じられず。久しぶりのロングを多く持っています。
指数に関してもロング持となり、5/19の安値を切る段階なって考えようかと思います。
先週末は、イエレンさんの講演後は残念な動きとなってしまいました。
今週は、依然、上値が重いのか見ていきます。
株式は、個別株であり、先週は、新たに3銘柄紹介して、ほぼ順調に推移してるかと思われます。今週もよろしくお願いします。



◆ 大引け概況

2017/08/25(金) 15:30
 
■日経平均      19,452.61(+98.84)

■東証1部出来高    13.43億株

■東証1部売買代金   1.71兆円

■日経平均      19,452.61(+98.84)

■東証1部出来高    13.43億株

■東証1部売買代金   1.71兆円

■日経平均先物    19,450(+130)

■TOPIX        1,596.99(+4.79)

■騰落        上昇1,172/下落711

■マザーズ指数    1,088.65(+3.15)

■日経JQ       3,379.09(+14.34)

■ドル円       109.61
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は円安に振れた為替相場を好感した買いが先行。輸出関連銘柄やこれまでに下げていた銘柄を中心に買いが広がり、堅調な推移となりました。
 後場は先物買いを交え上げ幅を拡大してスタート。しかしそのまま買い進む動きとはならず、前場同様にジャクソンホール会合での欧米中銀トップの講演内容を見極めたいとの思惑や、週末のポジション調整などから高値圏でのもみ合いの動きとなりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、繊維製品、輸送用機器でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、食料品、建設業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、少し切り返しでの推移となった。
来週の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.45ドル +0.04%と小幅切り返し。


◆ ご案内

2017/08/25(金) 14:29
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/25(金) 14:01
 
■日経平均      19,458.22(+104.45)

■日経平均先物    19,440(+120)

■TOPIX先物      1,598.00(+6.50)

■騰落        上昇1,152/下落721

■日経JQ       3,378.09(+13.34)

■マザーズ指数    1,088.49(+2.99)

■ドル円       109.59

■NYダウ夜間先物  +20

■上海総合指数後場の寄り付き 3,089.50 前日比+8.97 +0.29%

■指数大型      現値1,447.27  前日比+6.09

■指数中型      現値1,933.90  前日比+5.55

■指数小型      現値3,112.83  前日比+7.56


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/25(金) 12:37
 
ランチバスケットは27件、263.89億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/25(金) 11:47
 
■日経平均      19,440.36(+86.59)

■東証1部出来高    6.52億株

■東証1部売買代金   0.79兆円

■日経平均先物    19,430(+110)

■TOPIX        1,597.78(+5.58)

■騰落        上昇1,167/下落691

■マザーズ指数    1,089.33(+3.83)

■日経JQ       3,374.35(+9.60)

■ドル円       109.67

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は1ドル=109円台半ばと円安に振れた為替相場を好感した買いが先行。輸出関連銘柄や、これまでに下げていた銘柄を中心に買いが広がりました。その後はジャクソンホール会合でのFRBのイエレン議長や欧州中央銀行のドラギ総裁の講演内容を見極めたいとの思惑や、本日は北朝鮮の記念日「先軍節」(故金正日総書記が軍事優先の指導を開始した記念日)にあたることから地政学リスクが意識されましたが、高値圏で推移し午前の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、輸送用機器、海運業でした。一方、値下がり上位は、食料品、水産・農林業、建設業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、上値重く推移した。
為替リンク度薄く、戻りも緩慢である。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.28ドル -0.06%と続落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.00%

2017/08/25(金) 10:26
 
上海総合指数 3,271.46 前日比 -0.05 +0.00%




◆ ブログ更新しました

2017/08/25(金) 10:16
 
「ミニ日経225先物&FX 桃太郎」ブログ更新しました!
どんどん充実させていく予定ですので、今後とも「よろしくお願いします~♪

先物ブログバナー


◆ 10時の概況

2017/08/25(金) 10:01
 
■日経平均      19,428.81(+75.04)

■日経平均先物    19,420(+100)

■TOPIX先物      1,597.00(+5.50)

■騰落        上昇1,207/下落631

■日経JQ       3,379.30(+14.55)

■マザーズ指数    1,091.88(+6.38)

■ドル円       109.73

■NYダウ夜間先物  +14

■指数大型      現値1,446.64  前日比+5.46

■指数中型      現値1,933.01  前日比+4.66

■指数小型      現値3,112.06  前日比+6.79


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/25(金) 09:09
 
おはようございます。
外部要因に振り回される東京市場!
来月の米国FOMCまで重要イベントが相次ぐことを考えると、東京市場はますます相場の雰囲気に巻き込まれにくい中小型株や材料株への個別銘柄物色!
即ち、テーマ的な銘柄や好業績銘柄の上値追いはまだまだ不変ではなかろか。


本日の先物レンジ
〇〇~○○円
どうせもみ合い。
しかしもう少し東京市場も気合いいれて欲しいものだ。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/25(金) 08:19
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19424円 +70円
NYCFD 21806ドル +22ドル
ドルインデックス 93.30
VIX 12.23
原油 47.74ドル

NYは、ダウ28ドル安、食品小売業界に売りが広がる24日の米国株式相場は下落。ダウ平均は28.69ドル安の21783.40、ナスダックは7.08ポイント安の6271.33で取引を終了した。主要小売決算が好感され、買いが先行。ライアン下院議長が税制改革法案の年内通過や債務上限引き上げに自信を示したものの、明日開催される金融・経済シンポジウムでのイエレン議長らの講演内容を見極めたいとの思惑から様子見姿勢が広がった。しかしながら、アマゾン(AMZN)による食料品スーパーのホールフーズ(WFM)の買収完了見通しを受け、小売各社に売りが広がり、引けにかけて下落した。

日経ですが、昨日もリスク回避の動きから引けにかけて下落した。
本日もリスク回避の動きが残るものの為替の下支えから戻るのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.55円 176ドルから178ドル

 19280円から19499円


◆ 外資系の注文動向

2017/08/25(金) 08:15
 
25日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り800万株、買い320万株で、差し引き480万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
売りセクターに、電機、食品、機械、通信、銀行など。
買いセクターに、化学、不動産、機械、電機、薬品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/25(金) 08:13
 
■国内(25日)
7月消費者物価指数(8:30)
8月東京消費者物価指数(8:30)

《決算発表》
H.I.S.

■海外(25日)
独8月Ifo景況感指数(17:00)
米7月耐久財受注(21:30)
米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール会合でドラギECB総裁、イエレンFRB議長が講演

休場:インド

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/25(金) 08:10
 
■NYダウ
 21,783.40 -28.69
■ナスダック
 6,271.33 -7.08
■CME225(円建て)
 19,405 +85(大証比)
■ドイツDAX
 12,180.83 +6.53
■上海総合指数
 3,271.51 -16.19
■ドル円
 109.55

 24日のNY市場は下落。上昇してスタートしたものの、米政権運営に対する先行き不透明感の高まりが重しとなり、徐々に売り優勢に。また米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール会議でFRBのイエレン議長や欧州中央銀行のドラギ総裁の講演を控えており、その内容を見極めたいとの思惑から積極的な売買を手控える動きも見られ、方向感の定まらない相場となりました。
 セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーや耐久消費財・アパレルが上昇する一方で食品・生活必需品小売や食品・飲料・タバコが下落。
 ADRの日本株はファーストリテ<9983>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、キヤノン<7751>、デンソー<6902>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル109.56円換算)で全般小じっかりでした。


◆ 各国債券利回り

2017/08/25(金) 07:49
 
2017/8/25  6時54分現在

         10年債                      2年債
米国     2.194% (前日比+0.028%)     1.330% (前日比+0.025%)
英国     1.053% (前日比-0.006%)     0.188% (前日比-0.014%)
ドイツ     0.376% (前日比-0.001%)     -0.739% (前日比-0.009%)
ポルトガル 2.867% (前日比+0.050%)     0.054% (前日比-0.006%)
イタリア    2.112% (前日比-0.008%)     -0.154% (前日比-0.005%)
ギリシャ   5.550% (前日比-0.013%)       -
スペイン    1.598% (前日比+0.026%)     -0.345% (前日比-0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/24(木) 15:26
 
■日経平均      19,353.77(-80.87)

■東証1部出来高    14.42億株

■東証1部売買代金   1.74兆円

■日経平均先物    19,320(-100)

■TOPIX        1,592.20(-7.85)

■騰落        上昇878/下落1,006

■マザーズ指数    1,085.50(+0.56)

■日経JQ       3,364.75(+11.67)

■ドル円       109.13
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米政権運営の先行き不透明感の高まりを背景とした米国株安の流れから売りが先行。その後は円安進行や日銀のETF買い期待などから下げ幅を縮小しましたが、売り優勢の流れは変わらず安値圏での推移となりました。
 後場は主力株の売りに押され下げ幅を広げる展開に。また日銀のETF買いは見送られたとの見方や、本日から開催される米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール会議を前に積極的な売買を見送る姿勢が強まりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、証券商品先物、空運業でした。一方、値上がり上位は、鉱業、非鉄金属、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、上値重く推移した。
為替リンク度は薄い。明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.39ドル -0.11%と下落となった。


◆ ご案内

2017/08/24(木) 14:32
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/24(木) 14:02
 
■日経平均      19,376.82(-57.82)

■日経平均先物    19,350(-70)

■TOPIX先物      1,593.50(-7.00)

■騰落        上昇936/下落938

■日経JQ       3,362.35(+9.27)

■マザーズ指数    1,087.76(+2.82)

■ドル円       109.17

■NYダウ夜間先物  -3

■上海総合指数後場の寄り付き 3,287.11 前日比-0.59 -0.02%

■指数大型      現値1,443.49  前日比-6.24

■指数中型      現値1,930.90  前日比-7.08

■指数小型      現値3,106.75  前日比+3.13


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/24(木) 12:50
 
ランチバスケットは17件、305.28億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/24(木) 11:45
 
■日経平均      19,408.80(-25.84)

■東証1部出来高    6.57億株

■東証1部売買代金   0.77兆円

■日経平均先物    19,390(-30)

■TOPIX        1,598.86(-1.19)

■騰落        上昇1,160/下落712

■マザーズ指数    1,085.24(+0.30)

■日経JQ       3,360.20(+7.12)

■ドル円       109.19
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。米政権運営の先行き不透明感の高まりを背景とした米国株安の流れを受け、売りが先行。なかでも鋼材価格について報道があった鉄鋼株の下落が目立ちました。その後は円安進行や日銀のETF買い期待などから徐々に下げ幅を縮小しましたが、プラスに転じるまでに至らず午前の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、証券商品先物、海運業でした。一方、値上がり上位は、鉱業、化学、不動産業となりました。
 あ
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
コメントは後ほど致します。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/24(木) 10:32
 
おはようございます。
残念ながら日経平均は現状、トレンドは下向きに変更はなし。
また為替がもし対ドル108.30円を切るようだとマーケット環境的には悲観論が出てくるだろう。
ただ、ここでかなり弱気な発言が出ているようだが、東京市場も米国市場と同じで強い銘柄は強い。米国市場だって弱い銘柄は沢山あります。
ともかく基本的に投資家ならば強い銘柄は買って
ここは極端に投資を傾けず、先ずは焦らず「分散投資」。
後はともかく強いテーマ的な銘柄、好業績銘柄を追い掛けての投資戦術で良いのではなかろうか。
東京市場!頑張れ。
日銀が頭を抱えるような下落はまだ早いだろう。せめてデフレ脱却の雰囲気くらい国民に味合わせてあげないと。


本日の先物レンジ
〇〇円~〇〇円
焦る必要ない。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.01%

2017/08/24(木) 10:28
 
上海総合指数 3,287.96 前日比 +0.26 +0.01%


◆ 10時の概況

2017/08/24(木) 10:01
 
■日経平均      19,398.78(-35.86)

■日経平均先物    19,380(-40)

■TOPIX先物      1,597.50(-3.00)

■騰落        上昇1,099/下落749

■日経JQ       3,354.24(+1.16)

■マザーズ指数    1,076.23(-8.71)

■ドル円       109.20

■NYダウ夜間先物  -14

■指数大型      現値1,447.32  前日比-2.41

■指数中型      現値1,936.68  前日比-1.30

■指数小型      現値3,110.46  前日比+6.84


◆ ドル建て 日経225

2017/08/24(木) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19329円 -105円
NYCFD 21796ドル -26ドル
ドルインデックス、93.15
VIX 12.25
原油 48.36ドル

NYは、ダウ87ドル安、トランプ大統領の発言を嫌気23日の米国株式相場は下落。ダウ平均は87.80ドル安の21812.09、ナスダックは19.07ポイント安の6278.41で取引を終了した。トランプ大統領がメキシコ国境の壁建設に関する予算確保ができなければ、政府機関の閉鎖も辞さないと言及し、政権運営への懸念から売りが先行。北米自由貿易協定(NAFTA)破棄の可能性を示唆したことも嫌気され、終日軟調推移となった。しかし、週末に開催される金融・経済シンポジウムの講演内容を見極めたいとの思惑から下値は限られた

日経ですが、昨日は、高寄り後はリスク回避の動きから引けにかけて下落となった。
本日も海外動向や北朝鮮問題からドル円もリスク回避で買われ108円台となっていることで上値の重い展開となりそうである。

想定レンジ、為替、108.90円 176ドルから179ドル

 19166円から19493円


◆ 外資系の注文動向

2017/08/24(木) 08:19
 
24日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り610万株、買い670万株で、差し引き60万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、機械、自動車、通信、薬品、電機など。
買いセクターに、電機、小売、サービス、精密、保険、機械、薬品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/24(木) 08:15
 
■国内(24日)
予定はありません。

■海外(24日)
英4-6月期GDP改定値(17:30)
米7月中古住宅販売件数(23:00)
米8月カンザスシティ連銀製造業活動(8/25 0:00)
米5年インフレ連動国債入札
米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール会合(~8/26)

《米決算発表》
ホーメル・フーズ、ティファニー、パターソン、JMスマッカー、オートデスク、ブロード・コム

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/24(木) 08:12
 
■NYダウ
 21,812.09 -87.80
■ナスダック
 6,278.41 -19.07
■CME225(円建て)
 19,345 -75(大証比)
■ドイツDAX
 12,174.30 -55.04
■上海総合指数
 3,287.70 -2.52
■ドル円
 108.85

 23日のNY市場は下落。トランプ大統領のメキシコ国境沿いの壁建設に強い意欲を示す発言から、政権運営を懸念した売りが先行。これらの発言から債務上限問題についても不透明感が強まり、また発表された経済指標(米7月新築住宅販売件数)が市場予想を下回る結果となるなど、投資家心理の悪化から終日軟調な推移となりました。
 セクター別では、不動産やエネルギーが上昇する一方で運輸やメディアが下落。
 ADRの日本株は日東電<6988>、富士通<6702>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>など対東証比較(1ドル108.99円換算)で全般小安い。


◆ 各国債券利回り

2017/08/24(木) 08:08
 
2017/8/24  7時23分現在

         10年債                      2年債
米国     2.166% (前日比-0.047%)     1.305% (前日比-0.017%)
英国     1.059% (前日比-0.028%)     0.202% (前日比-0.015%)
ドイツ     0.377% (前日比-0.023%)     -0.730% (前日比-0.010%)
ポルトガル 2.817% (前日比+0.040%)     0.060% (前日比-0.001%)
イタリア    2.120% (前日比+0.018%)     -0.149% (前日比+0.015%)
ギリシャ   5.563% (前日比-0.005%)       -
スペイン    1.572% (前日比+0.000%)     -0.339% (前日比-0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/23(水) 15:27
 
■日経平均      19,434.64(+50.80)

■東証1部出来高    14.53億株

■東証1部売買代金   1.9兆円

■日経平均先物    19,420(+80)

■TOPIX        1,600.05(+3.93)

■騰落        上昇1,044/下落842

■マザーズ指数    1,084.94(+5.74)

■日経JQ       3,353.08(+10.19)

■ドル円       109.47
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は前日の米国株高や円高一服を好感した買い優勢。しかし勢いが続かず戻り売りなどにより伸び悩み、徐々に上げ幅を縮小しました。
 後場は昼休み時間帯に複数の海外メディアが「トランプ大統領のメキシコ国境との壁建設に前向きな発言」を報じたことから、為替相場が円高へ振れ、トランプ大統領の政権運営を懸念した売りが広がりました。その後の戻りは限定的となり、前引け値から下げた水準での推移が続き、本日の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、繊維製品、石油石炭製品、パルプ・紙でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、海運業、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。

■桃太郎
後場は、持ち合いから上値が重く推移した。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.59ドル +0.12%と切り返しとなった。


◆ ご案内

2017/08/23(水) 14:24
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/23(水) 14:01
 
■日経平均      19,439.69(+55.85)

■日経平均先物    19,420(+80)

■TOPIX先物      1,600.00(+6.00)

■騰落        上昇1,114/下落767

■日経JQ       3,353.23(+10.34)

■マザーズ指数    1,085.75(+6.55)

■ドル円       109.48

■NYダウ夜間先物  -25

■上海総合指数後場の寄り付き 3,283.98 前日比-6.25 -0.19%

■指数大型      現値1,450.21  前日比+4.67

■指数中型      現値1,939.48  前日比+4.88

■指数小型      現値3,104.77  前日比+8.17


◆ 前引け概況

2017/08/23(水) 11:45
 
■日経平均      19,473.17(+89.33)

■東証1部出来高    7.05億株

■東証1部売買代金   0.88兆円

■日経平均先物    19,450(+110)

■TOPIX        1,603.24(+7.12)

■騰落        上昇1,250/下落627

■マザーズ指数    1,090.71(+11.51)

■日経JQ       3,358.79(+15.90)

■ドル円       109.62
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。22日の米国株高や円高一服が好感され買いが先行。前日まで5日続落していたことから、幅広い銘柄に買い戻しの動きが広がりました。その後は勢いが続かず伸び悩みとなり、徐々に上げ幅を縮小しましたが、プラス圏で推移し午前の取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、繊維製品、石油石炭製品、情報・通信業でした。一方、値下がり上位は、海運業、鉄鋼、銀行業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸ました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後は上値が重く推移。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.55ドル +0.10%と178ドル割れの推移が続いている。


◆ ブログも充実さていきますよ~!

2017/08/23(水) 10:33
 
おかげさまで、ブログランキング50位にランクインできました!!
ブログも充実させていく予定ですので、今後とも「ミニ日経225先物&FX 桃太郎」よろしくお願いします~♪

先物ブログバナー


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.20%

2017/08/23(水) 10:26
 
上海総合指数 3,283.80 前日比 -6.43 -0.20%


◆ 10時の概況

2017/08/23(水) 10:01
 
■日経平均      19,508.81(+124.97)

■日経平均先物    19,490(+150)

■TOPIX先物      1,605.50(+11.50)

■騰落        上昇1,476/下落394

■日経JQ       3,358.08(+15.19)

■マザーズ指数    1,088.82(+9.62)

■ドル円       109.69

■NYダウ夜間先物  -20

■指数大型      現値1,455.72  前日比+10.18

■指数中型      現値1,945.50  前日比+10.90

■指数小型      現値3,114.52  前日比+17.92


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/23(水) 09:17
 
おはようございます。
日経平均はとりあえずテクニカルポイントからの反発となりそうだ。
その点に関しては意外と素直なマーケットではないかと感じている。
ただ現状のトレンドはまだまだ下を向いており、チャートからだと日経平均20000円を越えてこないとトレンド転換とは言えない。
しかし、個別銘柄をみると好業績銘柄には完璧に押し目買いに押し目なしで上値追いを展開する銘柄が少なくない。
ともかくここは焦らず好業績銘柄と材料株、また新高値更新しているような銘柄を追いかけることが素直な投資戦術なのだろう。


本日の先物レンジ
19420~19590円
買い戻しが終われば落ち着くだろう。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/23(水) 08:47
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19529円 +146円
NYCFD 21905ドル +6ドル
ドルインデックス 93.50
VIX 11.35
原油 47.71ドル

NYは、ダウ196ドル高、税制改革への期待が高まる22日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は196.14ドル高の21899.89、ナスダックは84.35ポイント高の6297.48で取引を終了した。米政権に対する先行き不透明感や北朝鮮情勢の緊迫化による株価下落が一服し、値ごろ感から買いが広がった。税制改革に関する協議で大幅な進展が見られたとの報道が好感されたほか、ハイテク株が選好され、終日堅調推移となった。

日経ですが、昨日は、リス回避の動きが残り上値が重く推移した。
本日は、ドル高傾向から109円台中盤、買戻しが入るか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.69円 176ドルから179ドル

 19305円から19634円


◆ 外資系の注文動向

2017/08/23(水) 08:26
 
23日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り650万株、買い630万株で、差し引き20万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、機械、通信、銀行、不動産、小売など。
買いセクターに、建設、化学、その他金融、機械、精密、小売、不動産、電機など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/23(水) 08:12
 
■国内(23日)
予定はありません。

■海外(23日)
米7月新築住宅販売件数(23:00)

《米決算発表》
ロウズ・カンパニーズ、ヒューレット・パッカード、PVH

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/23(水) 08:09
 
■NYダウ
 21,899.89 +196.14
■ナスダック
 6,297.48 +84.35
■CME225(円建て)
 19,480 +140(大証比)
■ドイツDAX
 12,229.34 +163.35
■上海総合指数
 3,290.23 +3.32
■ドル円
 109.7

 22日のNY市場は上昇。トランプ大統領の政権運営に対する先行き不透明感などから、これまでに下げが続いていたハイテク株など幅広い銘柄に買いが広がりました。また米政治ニュースサイトのポリティコが法人減税を含む税制改革に関する協議で、大きな前進があったと報じたことも相場を押し上げ、終日堅調な推移となりました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器やソフトウェア・サービスが上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や不動産が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、三菱商<8058>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル109.58円換算)で全般堅調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/08/23(水) 08:08
 
2017/8/23  7時05分現在

         10年債                      2年債
米国     2.213% (前日比+0.031%)     1.322% (前日比+0.020%)
英国     1.087% (前日比+0.017%)     0.217% (前日比-0.004%)
ドイツ     0.400% (前日比+0.000%)     -0.720% (前日比-0.003%)
ポルトガル 2.777% (前日比+0.030%)     0.061% (前日比+0.006%)
イタリア    2.102% (前日比+0.069%)     -0.164% (前日比+0.020%)
ギリシャ   5.568% (前日比-0.052%)       -
スペイン    1.572% (前日比+0.025%)     -0.336% (前日比+0.026%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/22(火) 15:35
 
■日経平均      19,383.84(-9.29)

■東証1部出来高    13.14億株

■東証1部売買代金   1.71兆円

■日経平均先物    19,340(-20)

■TOPIX        1,596.12(+0.93)

■騰落        上昇966/下落919

■マザーズ指数    1,079.20(+4.15)

■日経JQ       3,342.89(+11.34)

■ドル円       109.19
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は直近4日続落の反動などから上昇する場面も見られましたが、北朝鮮問題への警戒感などから売り買いの交錯する展開となりました。
 後場は前引け値から小幅に上昇してスタート。円弱含みが支えとなりましたが、外部環境への懸念は根強く、持ち高を整理する動きが広がり軟調な推移となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、電気機器でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、倉庫運輸関連、陸運業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■桃太郎
後場も上値が重く持ち合いとなった。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.38ドル -0.06%と続落となった。


◆ ご案内

2017/08/22(火) 14:24
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/22(火) 14:01
 
■日経平均      19,384.30(-8.83)

■日経平均先物    19,370(+10)

■TOPIX先物      1,596.00(+3.50)

■騰落        上昇1,022/下落862

■日経JQ       3,342.66(+11.11)

■マザーズ指数    1,079.20(+4.15)

■ドル円       109.27

■NYダウ夜間先物  +59

■上海総合指数後場の寄り付き 3,292.18 前日比+5.27 +0.16%

■指数大型      現値1,446.20  前日比+0.71

■指数中型      現値1,934.70  前日比+2.44

■指数小型      現値3,097.83  前日比+6.29


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/22(火) 12:40
 
ランチバスケットは24件、600.17億円。
差し引き110億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/22(火) 11:51
 
■日経平均      19,406.61(+13.48)

■東証1部出来高    6.44億株

■東証1部売買代金   0.8兆円

■日経平均先物    19,390(+30)

■TOPIX        1,597.02(+1.83)

■騰落        上昇1,023/下落856

■マザーズ指数    1,079.49(+4.44)

■日経JQ       3,341.80(+10.25)

■ドル円       109.23

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は小幅に下落してスタート。円弱含みや直近4日続落の反動もあって、まもなくプラスへ転じましたが、北朝鮮などを巡る地政学的リスクや、米国の金融政策の先行きを見極めたいとの思惑から、売り買いの交錯する展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、倉庫運輸関連、水産・農林業、食料品でした。一方、値上がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、その他製品となりました。

 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■桃太郎
前場は、小幅持ち合いとなった。
為替推移の下支えもあり下値は限定的。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.59ドル +0.07%と小幅切り返し。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.02%

2017/08/22(火) 10:26
 
上海総合指数 3,287.61 前日比 +0.70 +0.02%


◆ 10時の概況

2017/08/22(火) 10:01
 
■日経平均      19,385.24(-7.89)

■日経平均先物    19,360(±0)

■TOPIX先物      1,595.50(+3.00)

■騰落        上昇908/下落918

■日経JQ       3,340.56(+9.01)

■マザーズ指数    1,081.20(+6.15)

■ドル円       109.18

■NYダウ夜間先物  +57

■指数大型      現値1,445.85  前日比+0.36

■指数中型      現値1,933.68  前日比+1.42

■指数小型      現値3,093.45  前日比+1.91


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/22(火) 09:03
 
おはようございます。
日経平均はテクニカルで買い辛い展開。
残念ながら流れに逆らうよりは調整局面と考えた方が無難ではなかろうか。
どこまで下がりますか?とよく聞かれるが、そんな質問された時はテクニカルで語るしかない。
現状は昨日もお伝えしたが、日経平均のトレンドラインからならば19270、19025円が目先のテクニカルポイント。
ここで止まるのか?それとも更に下値追いとなるのか?
騰落レシオからだともう少し弱含みな時間軸がありそうだが。
ともかく焦らず反発好機を狙う。安値で買おうとするな!
好業績銘柄の押し目買い!
後は個別銘柄で強い銘柄は買い、弱い銘柄は売りのイメージでマーケットに参加してみたらどうだろうか。


本日の先物レンジ
売り方とすれば買い戻すタイミングではない。
売り方ならばここは更に下値を狙う仕掛けのタイミングだと思われる。

19260~19430円
終値でこのレンジを抜けるならば変化日は近い。

今週はキーとなりそうだ。


◆ 外資系の注文動向

2017/08/22(火) 08:16
 
22日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り400万株、買い620万株で、差し引き220万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、薬品、銀行、小売、陸運、銀行、不動産、自動車など。
買いセクターに、建設、機械、精密、情報通信、薬品、空運など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/22(火) 08:15
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19379円 -14円
NYCFD 21721ドル +17ドル
ドルインデックス、93.12
VIX 13.19
原油 47.60ドル

NYは、ダウ平均は29.24ドル高の21703.75、ナスダックは3.40ポイント安の6213.13で取引を終了した。主要経済指標の発表に乏しい中、トランプ政権の先行き不透明感が高まっているほか、米韓の合同軍事演習が開始されたことで北朝鮮情勢を巡る地政学リスクが懸念され、寄付き後から下落した。その後は、週末に開催される金融・経済シンポジウムの講演内容を見極めたいとの思惑から買い戻しも広がり、小動きとなった。

日経ですが、昨日もリスク回避の動きが残り上値重く推移した。
本日もリスク回避の動きがみられるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.01円 176ドルから179ドル
 
 19185円から19512円
 


◆ 本日の予定

2017/08/22(火) 08:13
 
■国内(22日)
《決算発表》
R-INV、R-JHR

■海外(22日)
独8月ZEW景況感指数(18:00)
米6月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)

《米決算発表》
セールスフォース・ドットコム、ダラー・ツリー、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、メドトロニック、インテュイット

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/22(火) 08:11
 
■NYダウ
 21,703.75 +29.24
■ナスダック
 6,213.13 -3.40
■CME225(円建て)
 19,320 -40(大証比)
■ドイツDAX
 12,065.99 -99.20
■上海総合指数
 3,286.91 +18.18
■ドル円
 109.01

 21日のNY市場はまちまち。トランプ政権の先行き不透明感や米韓の合同軍事演習が開始されたことで、北朝鮮リスクが意識され売りが先行。その後買い戻しの動きも見られましたが、24日からのジャクソンホール会合を控え、講演内容を見極めたいとの思惑から積極的な売買が見送る姿勢が強まり、狭いレンジでの推移となりました。
 セクター別では、不動産や電気通信サービスが上昇する一方で耐久消費財・アパレルや半導体・半導体製造装置が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、SUBARU<7270>、日鉄住金<5401>、富士通<6702>が小じっかり。一方、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、ファーストリテ<9983>が小安いなど、対東証比較(1ドル108.95円換算)で高安まちまちでした。


◆ 各国債券利回り

2017/08/22(火) 07:45
 
2017/8/22  7時18分現在

         10年債                      2年債
米国     2.182% (前日比-0.012%)     1.301% (前日比-0.004%)
英国     1.070% (前日比-0.020%)     0.221% (前日比-0.013%)
ドイツ     0.400% (前日比-0.014%)     -0.717% (前日比-0.014%)
ポルトガル 2.747% (前日比-0.027%)     0.055% (前日比+0.018%)
イタリア    2.033% (前日比+0.000%)     -0.184% (前日比+0.023%)
ギリシャ   5.620% (前日比-0.015%)       -
スペイン    1.547% (前日比-0.014%)     -0.362% (前日比-0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/21(月) 15:30
 
■日経平均      19,393.13(-77.28)

■東証1部出来高    14.06億株

■東証1部売買代金   1.75兆円

■日経平均先物    19,360(-80)

■TOPIX        1,595.19(-2.17)

■騰落        上昇1,038/下落852

■マザーズ指数    1,075.05(-9.75)

■日経JQ       3,331.55(-2.96)

■ドル円       109.30
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は円高一服が好感され買い優勢でスタート。しかし北朝鮮リスクが意識されると下げに転じ、安値圏での推移となりました。
 後場は日銀のETF買い期待を支えに下げ幅を縮小して始まり、下げた場面では個別物色の動きも見られましたが、全体に買い進める動きは鈍く引き続き軟調な動きとなりました。

 業種別では、値上がり上位は、電気・ガス業、金属製品、鉱業。一方、値下がり上位は、証券商品先物、銀行業、ゴム製品となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後場は、持ち合いでの推移となった。明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.47ドル -0.34%となった。


◆ ご案内

2017/08/21(月) 14:43
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/21(月) 14:01
 
■日経平均      19,390.88(-79.53)

■日経平均先物    19,370(-70)

■TOPIX先物      1,593.50(-2.50)

■騰落        上昇1,029/下落865

■日経JQ       3,331.78(-2.73)

■マザーズ指数    1,074.49(-10.31)

■ドル円       109.23

■NYダウ夜間先物  +22

■上海総合指数後場の寄り付き 3,277.04 前日比+8.31 +0.25%

■指数大型      現値1,445.02  前日比-4.70

■指数中型      現値1,931.90  前日比+0.21

■指数小型      現値3,090.44  前日比+5.29


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/21(月) 12:38
 
ランチバスケットは23件、291.67億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/21(月) 11:50
 
■日経平均      19,384.64(-85.77)

■東証1部出来高    7.38億株

■東証1部売買代金   0.86兆円

■日経平均先物    19,380(-60)

■TOPIX        1,593.69(-3.67)

■騰落        上昇938/下落940

■マザーズ指数    1,077.33(-7.47)

■日経JQ       3,331.46(-3.05)

■ドル円       109.21
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は前週末の大幅下落を受け、自律反発狙いの買いが先行。円高一服も支援材料となりましたが、まもなく下げに転じました。その後は本日から米韓の合同軍事演習が始まることから、北朝鮮リスクが意識され、先物売りを交えて下げ幅を拡大。軟調な推移となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、ゴム製品、証券商品先物、銀行業でした。一方、値上がり上位は、海運業、鉱業、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後は下落となった。
為替推移はリスク回避の動きは見られませんが、指数は不安定な動きとなった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、178ドル割れとなり外人の売りも感じられます。
177.47ドル -0.34%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.18%

2017/08/21(月) 10:26
 
上海総合指数 3,274.58 前日比 +5.86 +0.18%


◆ 10時の概況

2017/08/21(月) 10:01
 
■日経平均      19,436.77(-33.64)

■日経平均先物    19,420(-20)

■TOPIX先物      1,596.00(+0.00)

■騰落        上昇1,155/下落709

■日経JQ       3,335.34(+0.83)

■マザーズ指数    1,083.55(-1.25)

■ドル円       109.32

■NYダウ夜間先物  +19

■指数大型      現値1,447.28  前日比-2.44

■指数中型      現値1,934.52  前日比+2.83

■指数小型      現値3,093.73  前日比+8.58


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/21(月) 09:25
 
おはようございます。
先週の日経平均はまた弱含み。これで5週続落となった。
北朝鮮が地理的に近いことから地政学的リスクがいつまで・・・・
困った話であるが、今朝は短期的な視点から日経平均の値動きを「フィボナッチ」からお伝えしておくが、短期的にここから半値押しが19270円、61.8%押しは19025円前後となる。
この付近に下落した場合、終値でのブレイクポイントとなるだろう。
今朝も多くを語る必要ないだろうがともかく決して無理しないことだ。



本日の先物レンジ
19360~19590円
トランプ氏の「白人至上主義」発言。
これをマーケットはどうみるか?
焦らずいこう。


◆ 外資系の注文動向

2017/08/21(月) 08:20
 
21日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り970万株、買い840万株で、差し引き130万株の売り越し。売り越しは6営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、通信、小売、情報通信、石油、証券、銀行、鉄鋼など。
買いセクターに、精密、情報通信、食品、機械、自動車、通信、建設、鉱業、サービスなど」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/08/21(月) 08:18
 
■21(月)
【国内】
6月全産業活動指数(13:30)
7月日本製半導体製造装置BBレシオ

【海外】
タイ4-6月期GDP(11:30)
米7月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)

休場:フィリピン

■22(火)
【国内】
20年国債入札

《決算発表》
R-INV、R-JHR

【海外】
独8月ZEW景況感指数(18:00)
米6月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)

《米決算発表》
セールスフォース・ドットコム、ダラー・ツリー、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、メドトロニック、インテュイット

■23(水)
【海外】
米7月新築住宅販売件数(23:00)

《米決算発表》
ロウズ・カンパニーズ、ヒューレット・パッカード、PVH

■24(木)
【海外】
英4-6月期GDP改定値(17:30)
米7月中古住宅販売件数(23:00)
米8月カンザスシティ連銀製造業活動(8/25 00:00)
米5年インフレ連動国債入札
米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール会合(~8/26)

《米決算発表》
ホーメル・フーズ、ティファニー、パターソン、JMスマッカー、オートデスク、ブロード・コム、

■25(金)
【国内】
7月消費者物価指数(8:30)
8月東京消費者物価指数(8:30)
7月企業向けサービス価格指数(8:50)
米カンザスシティ連銀主催のジャクソンホール会合でドラギECB総裁、イエレンFRB議長が講演

《決算発表》
H.I.S.

【海外】
独8月Ifo景況感指数(17:00)
米7月耐久財受注(21:30)

休場:インド

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/21(月) 08:15
 
■NYダウ
 21,674.51 -76.22
■ナスダック
 6,216.53 -5.39
■CME225(円建て)
 19,445 +5(大証比)
■ドイツDAX
 12,165.19 -38.27
■上海総合指数
 3,268.72 +0.29
■ドル円
 109.34

 18日のNY市場は下落。前週のトランプ大統領の発言から大統領助言組織が2つ解散に至ったことや、発言そのものに対する批判が続き、米政権運営への不透明感から売り優勢となりました。またトランプ大統領の側近で極右とされるスティーブ・バノン主席戦略官の解任を好感し、下げ幅を縮小する場面も見られましたが、長続きせず軟調な推移となりました。
 セクター別では、公益事業や家庭用品・パーソナル用品が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや食品・生活必需品小売が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、HOYA<7741>、オムロン<6645>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>、ルネサス<6723>が小安いなど、対東証比較(1ドル109.18円換算)で高安まちまちでした。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/21(月) 08:07
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19544円 +74円
NYCFD 21739ドル +64ドル
ドルインデックス 93.50
VIX 14.26
原油 48.77ドル

朝の為替状況は、109円台中盤。先週末あたりでの推移。
本日は、リスク回避が緩み買戻しが入るのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.41円 177ドルから180ドル

 19365円から19693円


◆ 各国債券利回り

2017/08/21(月) 08:01
 
2017/8/21  7時18分現在

         10年債                      2年債
米国     2.194% (前日比+0.009%)     1.305% (前日比+0.010%)
英国     1.090% (前日比+0.003%)     0.234% (前日比+0.015%)
ドイツ     0.414% (前日比-0.012%)     -0.703% (前日比+0.000%)
ポルトガル 2.774% (前日比-0.001%)     0.037% (前日比-0.009%)
イタリア    2.033% (前日比+0.004%)     -0.207% (前日比-0.002%)
ギリシャ   5.635% (前日比+0.010%)       -
スペイン    1.561% (前日比+0.122%)     -0.359% (前日比-0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/08/20(日) 14:40
 
先週末の米国市場は、ダウ平均は続落。前日の流れを引継いで序盤は売りが先行し、ダウ平均は一時100ドル超まで下落する場面も見られた。トランプ政権の経済運営への不透明感が高まっていることや、きょうもスポーツ関連が相場を圧迫している。ただ、トランプ政権のバノン首席戦略官の辞任が伝わり急速に買戻しが入った。

■ 資産縮小に向けて利益確定の動きと個人的にはイメージしてます。
9月に向けては、上げ下げが激しくなるであろうと考えてます。

IMM通貨先物8月15日主要国通貨
円 77492枚の売り越し 18321枚の売り越し減
ユーロ 79267枚の買い越し 14418枚の買い越し減
ポンド 31860枚の売り越し 6700枚の売り越し増

■ ミセスワタナベさんの動きも今年は、円安傾向にならず投げも加速していたのでしょう。ヴェリタスにも8/11の動きも通常ならドル買いが多いのがふつうであったが、ドル安の残高が増えたとの不思議であるとでてました。

■ 週末は、個人的に予想通りとなって、ドル円も切り返しの動きとなった。

主な予定 ジャクソンホール会議、25日にイエレン議長の講演
21日(月)OPEC・OPEC非加盟の主要産油国、合同専門委員会会合 22日(火) 独ZEW景況感指数(8月)トランプ大統領、アリゾナ州で集会 23日(水) 独・ユーロ圏製造業PMI速報値(8月) 米新築住宅販売件数(7月)ドラギECB総裁、講演 ダラス連銀総裁、講演 24日(木) 米中古住宅販売件数(7月) 米新規失業保険申請件数(19日までの週)カンザスシティー連銀、ジャクソンホールで年次シンポジウム(26日まで)25日(金) 日本消費者物価指数(7月) 独Ifo景況感指数(8月) 米耐久財受注(7月)イエレンFRB議長、ドラギECB総裁、ジャクソンホールでの年次シンポジウムで講演

先週の日経平均ですが、前半は切り返す場面もありましたが、上値が重く、テロなどのリスク回避の動きから週末は、5/18の安値付近まで下落となった。

以下会員ページ


◆ 大引け概況

2017/08/18(金) 15:22
 
■日経平均      19,470.41(-232.22)

■東証1部出来高    16.71億株

■東証1部売買代金   2.12兆円

■日経平均先物    19,440(-240)

■TOPIX        1,597.36(-17.46)

■騰落        上昇279/下落1,672

■マザーズ指数    1,084.80(-12.59)

■日経JQ       3,334.51(-6.34)

■ドル円       109.36
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は米国の政治不安や、スペインでのテロ事件などの外部環境への懸念の高まりから売りが先行。円高進行も嫌気され輸出関連銘柄を中心に売りが広がりました。
 後場は日銀のETF買い期待を支えに下げ幅を縮小してスタート。しかし週末の持ち高調整などの売りに押され、徐々に下げ幅を拡大。軟調な推移となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、保険業、証券商品先物。一方、値上がりしたのは、海運業、食料品のみとなりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は、週末もあり前場の範囲内での持ち合いとなった。
来週の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、178.08ドル -0.74%と178ドルはキープ。
日経VI 17.28と+15.35%上昇。


◆ ご案内

2017/08/18(金) 14:37
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/18(金) 14:02
 
■日経平均      19,445.35(-257.28)

■日経平均先物    19,420(-260)

■TOPIX先物      1,594.00(-19.50)

■騰落        上昇215/下落1,729

■日経JQ       3,330.66(-10.19)

■マザーズ指数    1,082.97(-14.42)

■ドル円       109.31

■NYダウ夜間先物  +8

■上海総合指数後場の寄り付き 3,262.01 前日比-6.42 -0.20%

■指数大型      現値1,447.51  前日比-18.23

■指数中型      現値1,928.19  前日比-24.28

■指数小型      現値3,080.68  前日比-37.97


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/18(金) 12:36
 
ランチバスケットは38件、239.48億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/18(金) 11:44
 
■日経平均      19,501.53(-201.10)

■東証1部出来高    8.50億株

■東証1部売買代金   1.03兆円

■日経平均先物    19,480(-200)

■TOPIX        1,598.23(-16.59)

■騰落        上昇223/下落1,723

■マザーズ指数    1,085.16(-12.23)

■日経JQ       3,333.04(-7.81)

■ドル円       109.42
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方はトランプ大統領の政権運営への先行き不安や、スペインでのテロ事件を背景とした米国株安の流れを受け売りが先行。円高へ振れた為替相場も嫌気され、輸出関連銘柄を中心に売りが広がりました。その後日銀のETF買い期待を支えに下げ渋り、また個別物色の動きも見られましたが、戻りは限定的となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、証券商品先物、鉄鋼。一方、値上がりしたのは、海運業のみとなりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は、下値も限定的の持ち合いとなった。

ドル換算ベースは、178.23ドル -0.66%と下落。
178ドルを切ってくるのか見ていきます。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.46%

2017/08/18(金) 10:26
 
上海総合指数 3,253.24 前日比 -15.19 -0.46%


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/18(金) 10:07
 
おはようございます。
外部要因に弱い日本市場。
トレンドからだとここは手だし無用の位置。
米国株安、為替はドル安、バルセロナでのテロ行為。
残念ながら短期的には日経平均も19250円付近までの下落もありそうだ。
また中期的には18500円付近までの下落も頭の片隅に入れておかねばならないだろう。
値ごろ感で絶対に買わないこと。
ともかくここは焦らず好業績の押し目買いを念頭にタイミングを計ろう。
いくら好業績銘柄でもタイミングを間違えれば地獄のナンピン買いが始まる。
そうならない為にもここは絶対に安値で買おうとしないことだ。


本日の先物レンジ
〇〇~〇〇円
先週水曜日にお伝えしたはずだ。
最悪を考えリスク回避するならばと。
押したらまた買えば良いと。


◆ 10時の概況

2017/08/18(金) 10:01
 
■日経平均      19,517.59(-185.04)

■日経平均先物    19,500(-180)

■TOPIX先物      1,598.50(-15.00)

■騰落        上昇224/下落1,701

■日経JQ       3,331.63(-9.22)

■マザーズ指数    1,092.30(-5.09)

■ドル円       109.43

■NYダウ夜間先物  +17

■指数大型      現値1,450.94  前日比-14.80

■指数中型      現値1,932.19  前日比-20.28

■指数小型      現値3,091.91  前日比-26.74


◆ 外資系の注文動向

2017/08/18(金) 08:20
 
18日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り660万株、買い950万株で、差し引き290万株の買い越し。買い越しは5営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、石油、機械、銀行、建設など。
買いセクターに、精密、情報通信、小売、通信、食品、機械、自動車、自動車部品、REITなど」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/18(金) 08:16
 
■国内(18日)
《決算発表》
あいHD

■海外(18日)
米8月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)

《米決算発表》
ディア、フットロッカー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/08/18(金) 08:15
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19499円 -203円
NYCFD 21745ドル -5ドル
ドルインデックス 93.69
VIX 15.55
原油 47.10ドル

NYは、ダウ274ドル安、トランプ政権への先行き懸念が再燃17日の米国株式相場は下落。ダウ平均は274.14ドル安の21750.73、ナスダックは123.19ポイント安の6221.91で取引を終了した。トランプ大統領が2つの大統領助言組織を解散させたことで、重要政策の実現が難航するとの見方が広がり、売りが先行。ネットワーク機器メーカーのシスコ・システムズ(CSCO)の軟調決算をきっかけにハイテク株が売られたほか、バルセロナで発生したテロ事件を受けて投資家心理が悪化し、終日軟調推移となった。

昨日は、下値も限定的の持ち合いでの推移となった。
本日は、米国市場の下落からリスク回避の動きとなり、円が買われ推移。
先日の安値付近からとなります。リスク回避の動きが強まるのか見ていきます。

 想定レンジ、為替、109.49円 177ドルから180ドル

 19379円から19708円


◆ おはようございます

2017/08/18(金) 08:14
 
■NYダウ
 21,750.73 -274.14
■ナスダック
 6,221.91 -123.19
■CME225(円建て)
 19,480 -200(大証比)
■ドイツDAX
 12,203.46 -60.40
■上海総合指数
 3,268.43 +21.98
■ドル円
 109.41

 17日のNY市場は下落。前日にトランプ大統領の発言から大統領助言組織が2つ解散に至ったことや、コーン国家経済会議委員長の辞職の噂などから政権運営への不透明感が強まり売り優勢の展開に。またスペインでテロ事件発生との報道が伝わると、下げ幅を急速に広げ軟調な推移となりました。
 セクター別では全面安となり、特に運輸や半導体・半導体製造装置の下落が目立ちました。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、HOYA<7741>、ANA<9202>が小じっかりな他は、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル109.49円換算)で全般軟調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/08/18(金) 07:39
 
2017/8/18  7時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.185% (前日比-0.037%)     1.296% (前日比-0.031%)
英国     1.087% (前日比-0.018%)     0.219% (前日比-0.012%)
ドイツ     0.426% (前日比-0.019%)     -0.703% (前日比+0.006%)
ポルトガル 2.775% (前日比-0.057%)     0.046% (前日比-0.012%)
イタリア    2.029% (前日比-0.018%)     -0.205% (前日比+0.003%)
ギリシャ   5.625% (前日比+0.020%)       -
スペイン    1.439% (前日比-0.025%)     -0.353% (前日比-0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/17(木) 15:27
 
■日経平均      19,702.63(-26.65)

■東証1部出来高    14.36億株

■東証1部売買代金   1.8兆円

■日経平均先物    19,680(-50)

■TOPIX        1,614.82(-1.18)

■騰落        上昇1,098/下落802

■マザーズ指数    1,097.39(+8.42)

■日経JQ       3,340.85(+24.05)

■ドル円       109.87
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は米国長期金利の低下を背景とした円高を嫌気し、売り優勢となりました。下げた場面では好業績銘柄に押し目買いが入りましたが、戻りは限定的となりました。
 後場は小幅に上昇してスタート。しかし週明けに米韓合同軍事演習が控えており、依然として北朝鮮情勢を巡る警戒感は根強く、また新たな手掛かり材料にも乏しい為方向感に欠ける相場となりました。
 
 業種別では、値下がり上位は、鉱業、食料品、保険業。一方、値上がり上位は、海運業、石油石炭製品、鉄鋼となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、動きが出ませんでした。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、179.41ドル +0.61%と切り返した。
日経VIは、15.03 -2.08%でした。


◆ ご案内

2017/08/17(木) 14:38
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/17(木) 14:02
 
■日経平均      19,721.68(-7.60)

■日経平均先物    19,700(-30)

■TOPIX先物      1,616.50(+1.00)

■騰落        上昇1,188/下落710

■日経JQ       3,336.07(+19.27)

■マザーズ指数    1,098.02(+9.05)

■ドル円       109.87

■NYダウ夜間先物  -3

■上海総合指数後場の寄り付き 3,259.19 前日比+12.74 +0.39%

■指数大型      現値1,467.37  前日比-1.07

■指数中型      現値1,955.55  前日比+3.10

■指数小型      現値3,122.55  前日比+13.44


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/17(木) 12:34
 
ランチバスケットは13件、380.98億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/08/17(木) 11:50
 
■日経平均      19,713.62(-15.66)

■東証1部出来高    7.26億株

■東証1部売買代金   0.88兆円

■日経平均先物    19,690(-40)

■TOPIX        1,615.91(-0.09)

■騰落        上昇1,128/下落746

■マザーズ指数    1,095.73(+6.76)

■日経JQ       3,332.80(+16.00)

■ドル円       109.84
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。米長期金利の低下から1ドル=109円後半と円高に振れたことを嫌気し、主力輸出株や金融株を中心に売り優勢でスタート。その後下げた場面では好業績銘柄に押し目買いが入り下げ渋りましたが、戻りは鈍く軟調な推移となりました。

 業種別では、値下がり上位は、鉱業、保険業、食料品。一方、値上がり上位は、海運業、鉄鋼、石油石炭製品となり、値下がり数と値上がり数が同じでした。
 。
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は相変わらず、為替リンクなく、下値もポイントの660円でした。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、179.43ドル +0.64%と切り返しとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.23%

2017/08/17(木) 10:26
 
上海総合指数 3,253.85 前日比 +7.40 +0.23%


◆ 10時の概況

2017/08/17(木) 10:02
 
■日経平均      19,701.72(-27.56)

■日経平均先物    19,690(-40)

■TOPIX先物      1,614.00(-1.50)

■騰落        上昇1,073/下落778

■日経JQ       3,328.96(+12.16)

■マザーズ指数    1,094.26(+5.29)

■ドル円       109.86

■NYダウ夜間先物  -6

■指数大型      現値1,465.70  前日比-2.74

■指数中型      現値1,952.18  前日比-0.27

■指数小型      現値3,117.02  前日比+7.91


◆ 桃太郎さんのFX売買をブログに掲載中!!

2017/08/17(木) 10:00
 
桃太郎さんのFX売買をブログに掲載しております。
8/15の+113pipisという利益をどのようにして得ることができたのかご覧ください!!

先物ブログバナー

ブログランキングに参加中!応援よろしくお願い致します!


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/17(木) 09:17
 
おはようございます。
日経平均はもみ合いをみせているが今回の下げを邪魔したのがGDP速報値。
地政学的リスクなどを考えたらもう少し素直に下がっていれば投資家に買い易い場面の提供となったことだろう。
ただ東京市場は好決算銘柄には素直に反応している。
また材料株にも資金が向かい易い環境下であることは間違いない。
そこで非常に気になる記事を見つけたのが「地震大国」である日本ならではの課題で、老朽化、テロなどに備え東京都は水道網を増強すると。
確かに日本の現実を考えると地下に埋められた、水道、ガス管などの補強や取り替えは重要だ。
その観点などから..

~以下会員ページ~


◆ 7月の貿易収支、黒字4188億円 黒字は2ヵ月連続

2017/08/17(木) 08:55
 
財務省が17日発表した7月の貿易収支は4188億円の黒字となった。
黒字は2ヵ月連続。


◆ 各国債権利回り

2017/08/17(木) 08:29
 
2017/8/17  7時06分現在

         10年債                      2年債
米国     2.222% (前日比-0.051%)     1.326% (前日比-0.020%)
英国     1.105% (前日比+0.021%)     0.231% (前日比+0.006%)
ドイツ     0.445% (前日比+0.012%)     -0.709% (前日比-0.003%)
ポルトガル 2.832% (前日比-0.008%)     0.058% (前日比-0.008%)
イタリア    2.047% (前日比-0.001%)     -0.208% (前日比-0.004%)
ギリシャ   5.605% (前日比+0.037%)       -
スペイン    1.464% (前日比-0.009%)     -0.347% (前日比-0.014%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 外資系の注文動向

2017/08/17(木) 08:25
 
17日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り690万株、買い700万株で、差し引き10万株の買い越し。買い越しは4営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、石油、ゴム、不動産、建設、通信、陸運、機械、証券など。
買いセクターに、精密、電機、情報通信、輸送用機器、小売、化学、薬品、保険など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/17(木) 08:22
 
■国内(17日)
7月貿易統計(8:50)
5年国債入札

《決算発表》
日本リート、Jエクセレント

■海外(17日)
米8月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米7月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米7月CB景気先行総合指数(23:00)

《米決算発表》
ウォルマート・ストアーズ、アプライド・マテリアルズ、ギャップ

休場:インドネシア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/17(木) 08:20
 
■NYダウ
 22,024.87 +25.88
■ナスダック
 6,345.11 +12.10
■CME225(円建て)
 19,710 -20(大証比)
■ドイツDAX
 12,263.86 +86.82
■上海総合指数
 3,246.45 -4.81
■ドル円
 110.14

 16日のNY市場は上昇。北朝鮮情勢を巡る警戒感が和らいだことから買いが先行。しかし前日まで上昇が続いていたこともあり上値は限定的となり、狭い値幅でのもみ合いとなりました。米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では、インフレ率が目標の2%を下回る状態が予想よりも長期化する可能性があるとの認識が示され、早急な利上げとならないのではとの思惑が広がりました。
 セクター別では、素材や小売が上昇する一方でエネルギーや銀行が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、京セラ<6971>、日鉄住金<5401>が小じっかり。半面、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>が小安いなど、対東証比較(1ドル110.16円換算)で高安まちまちでした。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/17(木) 08:17
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19710円 -20円
NYCFD 22014ドル -11ドル
ドルインデックス 93.46
VIX 11.74
原油 46.81ドル

NYは、ダウ25ドル高、政権運営への不透明感が重し16日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は25.88ドル高の22024.87、ナスダックは12.10ポイント高の6345.11で取引を終了した。北朝鮮情勢に対する懸念後退で欧州株が全面高となり、米国株にも買いが先行。FOMC議事録では、大半の当局者が次回会合でのバランスシート縮小開始を支持した一方で、インフレ率が予想よりも長く停滞するとの認識を示し、発表後の相場はもみ合う展開となった。バージニア州で発生した白人至上主義者らと反対派による衝突を巡るトランプ大統領の発言を受け、大統領助言組織からメンバーである主要企業トップの脱退が相次ぎ、同組織の解散に至ったことが嫌気され、政権運営への不透明感が相場の重しとなった。

日経ですが、昨日は材料不足から持ち合いとなった。
本日は、FOMC議事録後、「次回会合でのバランスシート縮小開始を支持した一方で、インフレ率が予想よりも長く停滞するとの認識を示した。」ことで、ドル安となり110円台前半となったことで、為替分安く始まりますが、持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.09円 177ドルから180ドル

 19485円から19816円


◆ 大引け概況

2017/08/16(水) 15:26
 
■日経平均      19,729.28(-24.03)

■東証1部出来高    14.35億株

■東証1部売買代金   1.87兆円

■日経平均先物    19,730(-10)

■TOPIX        1,616.00(-0.21)

■騰落        上昇1,034/下落874

■マザーズ指数    1,088.97(+21.31)

■日経JQ       3,316.80(+16.69)

■ドル円       110.64
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は前日までに上昇していた銘柄を中心に利益確定売りが続き、売り優勢となりました。その後下げた場面では円安に振れた為替相場を支えに押し目買いが入り、売り買いの交錯する展開となりました。
 後場は前日終値近辺での小動き。北朝鮮情勢を巡る警戒感は和らいだものの、先行き不安は根強く、全体に様子見ムードが強い相場となりました。
 
 業種別では、値下がり上位は、その他金融業、建設業、ゴム製品。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、水産・農林業、空運業となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場も小動きとなりトレンドレスでした。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、178.32ドル -0.34%でした。 
日経VI 15.30


◆ ご案内

2017/08/16(水) 14:36
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/16(水) 14:01
 
■日経平均      19,754.07(+0.76)

■日経平均先物    19,740(±0)

■TOPIX先物      1,617.50(+1.50)

■騰落        上昇1,151/下落738

■日経JQ       3,315.12(+15.01)

■マザーズ指数    1,086.98(+19.32)

■ドル円       110.67

■NYダウ夜間先物  -12

■上海総合指数後場の寄り付き 3,245.53 前日比-5.73 -0.18%

■指数大型      現値1,470.11  前日比+1.11

■指数中型      現値1,954.42  前日比+1.61

■指数小型      現値3,114.24  前日比+9.32


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/16(水) 12:34
 
ランチバスケットは34件、333.98億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/16(水) 11:47
 
■日経平均      19,756.77(+3.46)

■東証1部出来高    7.01億株

■東証1部売買代金   0.88兆円

■日経平均先物    19,740(±0)

■TOPIX        1,617.54(+1.33)

■騰落        上昇1,116/下落750

■マザーズ指数    1,082.94(+15.28)

■日経JQ       3,313.42(+13.31)

■ドル円       110.66

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。寄付きから利益確定売りなどに押され徐々に下げ幅を拡大。その後円相場が昨日よりも円安水準であることを支えに下げ渋りましたが、北朝鮮問題への警戒感もあり、積極的に買い進むまで至らず安値圏での小動きが続き、引け間際に再度プラス圏へ浮上し午前の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、水産・農林業、陸運業でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、建設業、小売業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、小幅推移となり動き出ずとなりました。後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、178.43ドル -0.29%と下落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.10%

2017/08/16(水) 10:26
 
上海総合指数 3,247.85 前日比 -3.41 -0.10%


◆ 桃太郎さんのFX売買をチャートで解説しています。

2017/08/16(水) 10:13
 
桃太郎さんのFX売買(ショート)のチャートをブログに掲載しております。

先物ブログバナー

ブログランキングに参加中!応援よろしくお願い致します!


◆ 10時の概況

2017/08/16(水) 10:03
 
■日経平均      19,746.89(-6.42)

■日経平均先物    19,730(-10)

■TOPIX先物      1,617.00(+1.00)

■騰落        上昇1,046/下落797

■日経JQ       3,310.28(+10.17)

■マザーズ指数    1,079.07(+11.41)

■ドル円       110.77

■NYダウ夜間先物  -17

■指数大型      現値1,470.23  前日比+1.23

■指数中型      現値1,953.24  前日比+0.43

■指数小型      現値3,112.05  前日比+7.13


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/16(水) 09:38
 
おはようございます。
昨日の日経平均は米朝関係の緊迫がやや緩和・・・
いつまで続く地政学的リスク。
この環境下続く限り株式投資は止めるべきなのか?
結論的には、好業績銘柄の押し目買いか、上値追いしている銘柄に素直に乗る。
この2パターン!
即ち、個別銘柄物色中心の展開となるだろう。


本日の先物レンジ
為替を見ると日経平均は強弱感対立となるだろう。
寄り付き値からの上下70円前後。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/16(水) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19740円 -14円
NYCFD 21982ドル -17ドル
ドルインデックス、93.81
VIX 12.04
原油 47.70ドル

NYは、ダウ5ドル高、小売決算嫌気し売りが広がる15日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は5.28ドル高の21998.99、ナスダックは7.22ポイント安の6333.01で取引を終了した。北朝鮮がグアム沖へのミサイル発射を見送るとの報道を受けて、投資家心理の改善から買いが先行。7月輸入物価指数が予想に一致したほか、堅調な7月小売売上高や8月NAHB住宅市場指数も好感された。一方で、主要小売決算が嫌気されたほか、高値警戒感による利益確定の動きも広がり、売り買いが交錯する展開となった。

日経ですが、昨日はリスク回避が緩み、買戻しから大幅高となった。
本日も為替安定から買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.56円 177ドルから180ドル

 19569円から19900円


◆ 外資系の注文動向

2017/08/16(水) 08:21
 
16日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り970万株、買い1320万株で、差し引き350万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(5社ベース)は売り越し。
売りセクターに、銀行、卸売、電機、自動車、薬品など。
買いセクターに、電機、鉄鋼、精密、情報通信、食品、サービスなど」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/16(水) 08:13
 
■国内(16日)
7月訪日外客数(16:00)

■海外(16日)
ユーロ圏4-6月期GDP速報値(18:00)
米7月住宅着工件数(21:30)
米7月建設許可件数(21:30)
7月25・26日開催のFOMC議事録
NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の初会合(~8/20 ワシントン)

《米決算発表》
ターゲット、シスコシステムズ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ 各国債券利回り

2017/08/16(水) 08:13
 
2017/8/16  6時46分現在

         10年債                      2年債
米国     2.273% (前日比+0.054%)     1.347% (前日比+0.028%)
英国     1.084% (前日比+0.013%)     0.225% (前日比+0.010%)
ドイツ     0.433% (前日比+0.027%)     -0.706% (前日比+0.012%)
ポルトガル 2.840% (前日比+0.028%)     0.066% (前日比-0.002%)
イタリア    2.048% (前日比+0.026%)     -0.204% (前日比+0.002%)
ギリシャ   5.568% (前日比+0.046%)       -
スペイン    1.473% (前日比+0.035%)     -0.333% (前日比+0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ おはようございます

2017/08/16(水) 08:10
 
■NYダウ
 21,998.99 +5.28
■ナスダック
 6,333.01 -7.22
■CME225(円建て)
 19,720 -20(大証比)
■ドイツDAX
 12,177.04 +11.92
■上海総合指数
 3,251.26 +13.90
■ドル円
 110.6

 15日のNY市場はまちまち。北朝鮮がグアム近海へのミサイル発射をしばらく見送るとの報道を受け、投資家心理が改善。また発表された経済指標も好感され買い優勢となりました。ただ最高値圏とあって利益確定売りが出やすく、上値の重さが目立つ相場となりました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や食品・飲料・タバコが上昇する一方で小売や耐久消費財・アパレルが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、日鉄住金<5401>、京セラ<6971>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>が小安いなど、対東証比較(1ドル110.58円換算)で高安まちまちでした。


◆ 大引け概況

2017/08/15(火) 15:25
 
■日経平均      19,753.31(+216.21)

■東証1部出来高    16.50億株

■東証1部売買代金   2.23兆円

■日経平均先物    19,740(+210)

■TOPIX        1,616.21(+17.15)

■騰落        上昇1,537/下落393

■マザーズ指数    1,067.66(+0.31)

■日経JQ       3,300.11(+14.50)

■ドル円       110.36
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は、北朝鮮情勢への警戒が和らいだことを背景とした米国株高の流れから買いが先行。円高一服も好感され、先物買いを交え上昇しました。
 後場は前引け値近辺でのもみ合いの動き。為替相場が前場より更に円安へ振れましたが、上値では利益確定売りが出て上げ幅をやや縮小。その後も新規の手掛かり材料が乏しいことからこう着感を強め、目立った動きのない相場となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、化学、精密機器。一方、値下がりしたのは、石油石炭製品、鉱業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■桃太郎
後場は、持ち合いから引けにかけては、利益確定の動きもありましたが、為替の下支えもあり終始しっかりでした。明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、178.92ドル +0.34%でした。
日経VIは、低下の15.41でした。


◆ ご案内

2017/08/15(火) 14:31
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ ドル円 日足

2017/08/15(火) 14:16
 


日経平均は先週から大きな下落に見まわれました。
そのような中でも桃太郎さんの先読みでしっかりと利益が積み重なっています。
FXの8/10 +868pips 8円以上の値幅を取ったことになります。これはずっと古い時から桃太郎さんは円高が続くということでポジションを持っていたということです。
8/9 +1004pipsも同じです。10円幅を為替で取るというのは凄い値幅なんですよ!そして円高になるということで、先物を売りで入って今利益を出しています。決済していない含み益もまだ大きなのがあります。じっくりと取り組みは桃太郎さんの「日経先物&FX 桃太郎」は凄く勉強になりますよ。

ドル円 日足


◆ 14時の概況

2017/08/15(火) 14:01
 
■日経平均      19,793.17(+256.07)

■日経平均先物    19,770(+240)

■TOPIX先物      1,619.00(+20.50)

■騰落        上昇1,635/下落303

■日経JQ       3,297.35(+11.74)

■マザーズ指数    1,066.74(-0.61)

■ドル円       110.26

■NYダウ夜間先物  +49

■上海総合指数後場の寄り付き 3,258.29 前日比+20.93 +0.65%

■指数大型      現値1,472.47  前日比+19.77

■指数中型      現値1,955.54  前日比+22.49

■指数小型      現値3,108.00  前日比+32.38


◆ 2017年7月首都圏マンション発売戸数、3.3%増 3ヵ月ぶりの増加

2017/08/15(火) 13:20
 
不動産経済研究所(東京・新宿)が15日発表した2017年7月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比3.3%増の3,426戸だった。3ヵ月ぶりの増加。
契約戸数は2,465戸で、月間契約率は8.6ポイントアップの71.9%だった。17年8月の発売戸数は2,500戸前後の見通し。


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/15(火) 12:34
 
ランチバスケットは18件、211.37億円。
差し引き50億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/15(火) 11:49
 
■日経平均      19,789.13(+252.03)

■東証1部出来高    8.46億株

■東証1部売買代金   1.1兆円

■日経平均先物    19,780(+250)

■TOPIX        1,619.13(+20.07)

■騰落        上昇1,605/下落326

■マザーズ指数    1,065.41(-1.94)

■日経JQ       3,294.75(+9.14)

■ドル円       110.19
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米国市場の流れを受けハイテク株・金融株を中心に買い優勢でスタート。また北朝鮮情勢への警戒が和らいだことから円高進行が一服。その後も先物買いを交えて上げ幅を拡大し、堅調な推移となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、保険業、銀行業、証券商品先物。一方、値下がりしたのは、石油石炭製品、鉱業のみとなりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
前場は、切り返しから続伸。高値圏の持ち合いとなった。
為替の下支えもありそうです。後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、179.60ドル +0.75%と切り返しとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.07%

2017/08/15(火) 10:27
 
上海総合指数 3,235.23 前日比 -2.13 -0.07%


◆ 10時の概況

2017/08/15(火) 10:01
 
■日経平均      19,784.37(+247.27)

■日経平均先物    19,780(+250)

■TOPIX先物      1,618.50(+20.00)

■騰落        上昇1,712/下落233

■日経JQ       3,293.89(+8.28)

■マザーズ指数    1,067.99(+0.64)

■ドル円       110.17

■NYダウ夜間先物  +53

■指数大型      現値1,471.04  前日比+18.34

■指数中型      現値1,954.55  前日比+21.50

■指数小型      現値3,108.41  前日比+32.79


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/15(火) 09:33
 
おはようございます。
昨日の日経平均は4営業日続落!
東京市場は地政学的リスクと米国経済指標が嫌気され雰囲気は悪い環境下であった。
昨日は朝方発表されたGDP速報値に救われ下げ渋った。
しかし、日経平均のテクニカルは現状日足ベースからだと買いサインとは言えない。
早くこの環境が収まらないと戻り売りのテクニカルとなっている。
即ち、現段階からだと下げの始まりにも見える。
ただまだまだ週足、月足ベースからは調整中と考えれば逆にここでの下落は好業績銘柄の買い場になる可能性も高い。

また為替であるが、ここでのドル安を皆さんはどう考えるかだ!
これは私、個人的な意見であるが地政学的リスクなどを考えたらここで「円」は買えるのか?
まだまだ地政学的リスクに関して準備不足の日本!撃たれてからでは遅いし、米国を頼るばかりでもダメだ。
そう考えると本来ならば「円安」になってもと思うが。
どこかで気が付く投資家が出てくればと思うが。

本日の先物レンジ
〇〇円~〇〇円
焦らずいこう。


◆ 外資系の注文動向

2017/08/15(火) 08:28
 
15日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り870万株、買い980万株で、差し引き110万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)は売り越し。
売りセクターに、卸売、機械、電機、精密、自動車、サービス、通信、薬品、その他製品など。
買いセクターに、電機、銀行、薬品、繊維、機械、精密、保険、サービスなど」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/15(火) 08:27
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19617円 +82円
NYCFD 21998ドル +5ドル
ドルインデックス、93.45
VIX 12.33
原油 47.53ドル

NYは、ダウ135ドル高、北朝鮮情勢の緊張緩和を好感14日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は135.39ドル高の21993.71、ナスダックは83.68ポイント高の6340.23で取引を終了した。先週末に複数の政府高官が、緊迫化する北朝鮮情勢への非軍事的解決を示唆したことで地政学リスクへの警戒感がやや後退し、買いが先行。投資家心理が改善したほか、長期金利の上昇も好感され、終日堅調推移となった。

日経ですが、昨日も買い支えから、すっきり感なく安値持ち合いとなった。5/18日の安値は切らなかった。
本日は、ドル円もリバンド傾向から指数も買戻しが入るか見ていきます。

想定レンジ、為替109.73円 177ドルから180ドル

 19422円から19751円


◆ 本日の予定

2017/08/15(火) 08:16
 
■国内(15日)
7月首都圏新規マンション発売(13:00)

《決算発表》
ドンキホーテH、日本ビルF、MidCity、フロンティアRE

■海外(15日)
ドイツ4-6月期GDP(15:00)
米7月輸出入物価(21:30)
米8月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米7月小売売上高(21:30)
米8月NAHB住宅市場指数(23:00)
米6月企業在庫(23:00)

《米決算発表》
ホーム・デポ、TJX、アドバンス・オート・パーツ、コーチ、アジレント・テクノロジー

休場:韓国、インド、イタリア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/15(火) 08:13
 
■NYダウ
 21,993.71 +135.39
■ナスダック
 6,340.23 +83.68
■CME225(円建て)
 19,600 +15(大証比)
■ドイツDAX
 12,165.12 +151.06
■上海総合指数
 3,237.36 +28.82
■ドル円
 109.75

 14日のNY市場は上昇。外交による解決を目指すと複数の米政府高官から発言が相次いだことから、北朝鮮情勢に対する懸念が後退。ハイテク株を中心に買い戻しの動きとなり、ナスダック総合株価指数は大幅続伸しました。また長期金利の上昇も好感され、終日堅調推移となりました。
 セクター別ではエネルギーを除いて全面高、特に半導体・半導体製造装置や銀行の上昇が目立ちました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、日鉄住金<5401>、京セラ<6971>、富士フイルム<4901>など、対東証比較(1ドル109.62円換算)で全般小じっかり。


◆ 各国債券利回り

2017/08/15(火) 08:08
 
2017/8/15  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     2.219% (前日比+0.030%)     1.318% (前日比+0.024%)
英国     1.071% (前日比+0.009%)     0.215% (前日比+0.007%)
ドイツ     0.406% (前日比+0.024%)     -0.718% (前日比-0.003%)
ポルトガル 2.812% (前日比-0.041%)     0.068% (前日比+0.007%)
イタリア    2.022% (前日比-0.009%)     -0.206% (前日比-0.019%)
ギリシャ   5.522% (前日比-0.029%)       -
スペイン    1.438% (前日比-0.020%)     -0.341% (前日比-0.037%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/14(月) 15:31
 
■日経平均      19,537.10(-192.64)

■東証1部出来高    19.59億株

■東証1部売買代金   2.57兆円

■日経平均先物    19,530(-180)

■TOPIX        1,599.06(-18.19)

■騰落        上昇342/下落1,629

■マザーズ指数    1,067.35(-10.84)

■日経JQ       3,285.61(-20.93)

■ドル円       109.62

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は、円高・ドル安が嫌気され、売りが先行。一時下げ幅は200円を超える場面も見られました。
 後場は、円高一服や日銀のETF買い期待からやや下げ渋り、一時この日の高値となる1万9598円41銭まで戻したものの北朝鮮リスクが引き続き重しとなり、上値の重い展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、金属製品、精密機器。一方、値上がりしたのは、石油石炭製品、倉庫運輸関連、パルプ・紙のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、時間軸の調整となり持ち合いとなった。明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、178.31ドル -0.59%と続落となった。
日経VIは、18.65 +14.70%と上昇した。


◆ ご案内

2017/08/14(月) 14:41
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/14(月) 14:02
 
■日経平均      19,539.14(-190.60)

■日経平均先物    19,530(-180)

■TOPIX先物      1,600.50(-17.50)

■騰落        上昇357/下落1,611

■日経JQ       3,285.98(-20.56)

■マザーズ指数    1,070.54(-7.65)

■ドル円       109.55

■NYダウ夜間先物  +81

■上海総合指数後場の寄り付き 3,224.77 前日比+16.23 +0.51%

■指数大型      現値1,454.09  前日比-15.88

■指数中型      現値1,935.21  前日比-16.74

■指数小型      現値3,079.89  前日比-36.74


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/14(月) 12:39
 
ランチバスケットは36件、452.40億円。
差し引き30億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/14(月) 11:48
 
■日経平均      19,564.98(-164.76)

■東証1部出来高    10.09億株

■東証1部売買代金   1.27兆円

■日経平均先物    19,530(-180)

■TOPIX        1,603.95(-13.30)

■騰落        上昇354/下落1,615

■マザーズ指数    1,065.24(-12.95)

■日経JQ       3,274.68(-31.86)

■ドル円       109.39

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は、米朝関係への懸念が続き、円高・ドル安が嫌気され、売りが先行。一時1万9486円48銭まで下げる場面も見られました。その後、円高一服や日銀のETF買い期待から下げ渋ったものの引き続き地政学リスクへの警戒感が意識されており、戻りは限定的となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、金属製品でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、倉庫運輸関連、パルプ・紙となりました。
  
 TOPIX、マザーズ指数も続落しました。
 
■桃太郎
前場は、寄り後は、小幅推移となった。下げた割には上値は重く推移。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、178.97ドル -0.28%と続落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.08%

2017/08/14(月) 10:27
 
上海総合指数 3,206.04 前日比 -2.50 -0.08%


◆ 10時5分の概況

2017/08/14(月) 10:05
 
■日経平均      19,561.65(-168.09)

■日経平均先物    19,550(-160)

■TOPIX先物      1,602.50(-15.50)

■騰落        上昇257/下落1,719

■日経JQ       3,268.69(-37.85)

■マザーズ指数    1,059.55(-18.64)

■ドル円       109.41

■NYダウ夜間先物  +90

■指数大型      現値1,456.80  前日比-13.17

■指数中型      現値1,936.56  前日比-15.39

■指数小型      現値3,079.73  前日比-36.90


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/14(月) 09:31
 
おはようございます。

友人達で東京市場に関わるマーケット関係者からは、夏休みの空いた時間に戦争は起きますか?と私に質問してきた!
この質問を私にしてどうする?って感じであるが、北朝鮮の挑発にトランプ氏だからこそ起こる不安。
現状は普通に考えるならば「戦争は起こらない」。
しかし、北朝鮮がもし今、報道されているグアムなどになんらかのミサイル発射実験をしたら制裁は起こるだろう。
また北朝鮮も米国と戦って勝てる筈がないことだって分かっている筈だ。
挑発だけならばと・・・・抵抗、威嚇に見える。
しかしマーケットは地政学的リスクとの観点から投資家はもしもの時に備え動き辛い。
またテクニカル的には反発してもと?日銀が買ってくるなどの理由から押し目買いからの反発も期待したいが我々が皆様にお伝えできることは、こんな場面の時こそ焦ったらダメだ。
ここは冷静に。
安値で買おうとするな!


本日の先物レンジ
○○円~○○円
焦るな!トレンド回復を待つしかない。


◆ 4-6月期実質GDP(速報値)年率4.0%増

2017/08/14(月) 09:14
 
内閣府が14日発表した2017年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比1.0%増、年率換算では4.0%増だった。プラスは6四半期連続。


◆ 外資系の注文動向

2017/08/14(月) 08:51
 
 14日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1750万株、買い1810万株で、差し引き60万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、不動産、自動車、電機、証券、機械、通信、精密など。
 買いセクターに、薬品、サービス、商社、機械、保険、化学、電機、建設、繊維、電力、ガスなど」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/08/14(月) 08:28
 
■14(月)
【国内】
4-6月期GDP(8:50)

《決算発表》
ラクス、ヨコレイ、光通信、沢井製薬、稲畑産、日工営、オープンハウス、アミューズ、富士フイルム、出光興産、サイバダイン、日本プラR、福島工業、ワタミ

【海外】
中国7月鉱工業生産(11:00)
中国7月小売売上高(11:00)
中国7月都市部固定資産投資(11:00)
インド7月消費者物価指数(21:00)

《米決算発表》
シスコ

休場:タイ

■15(火)
【国内】
7月首都圏新規マンション発売(13:00)

《決算発表》
ドンキホーテH、日本ビルF、MidCity、フロンティアRE

【海外】
ドイツ4-6月期GDP(15:00)
米7月輸出入物価(21:30)
米8月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米7月小売売上高(21:30)
米8月NAHB住宅市場指数(23:00)
米6月企業在庫(23:00)

《米決算発表》
ホーム・デポ、TJX、アドバンス・オート・パーツ、コーチ、アジレント・テクノロジー

休場:韓国、インド、イタリア

■16(水)
【国内】
7月訪日外国人客数(16:00)

【海外】
ユーロ圏4-6月期GDP速報値(18:00)
米7月住宅着工件数(21:30)
米7月建設許可件数(21:30)
7月25・26日開催のFOMC議事録
NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の初会合(~8/20 ワシントン)

《米決算発表》
ターゲット、シスコシステムズ

■17(木)
【国内】
7月貿易統計(8:50)
5年国債入札

《決算発表》
日本リート、Jエクセレント

【海外】
米8月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米7月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米7月CB景気先行総合指数(23:00)
日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2 ワシントン)

《米決算発表》
ウォルマート・ストアーズ、アプライド・マテリアルズ、ギャップ

休場:インドネシア

■18(金)
【国内】
《決算発表》
あいHD

【海外】
米8月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)

《米決算発表》ディア、フットロッカー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます。

2017/08/14(月) 08:24
 
■NYダウ
 21,858.32 +14.31
■ナスダック
 6,256.56 +39.69
■CME225(円建て)
 19,395 -315(大証比)
■ドイツDAX
 12,014.06 -0.24
■上海総合指数
 3,208.54 -53.21
■ドル円
 109.19

 11日のNY市場は上昇。朝方は、前日に200ドル強下げた後とあって、アップルなどハイテク株を中心に買いが先行。ただ、トランプ大統領が北朝鮮に対する強硬姿勢を改めて示したことで地政学リスクへの警戒感は根強く、上値の重い展開となりました。。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や小売が上昇する一方で銀行やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、デンソー<6902>、ブリヂストン<5108>、花王<4452>、SUBARU<7270>など、対東証比較(1ドル109.19円換算)で全般軟調となりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/14(月) 08:13
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19460円 -265円
NYCFD 21907ドル +49ドル
ドルインデックス 93.09
VIX 15.51
原油 48.86ドル

朝の為替状況は、109円台前半での小動き。
イブニングよりは、高く寄りそうです。買い支えから戻すことができるか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.19円 176ドルから179ドル

 19217円から19545円

 


◆ 各国債券利回り

2017/08/14(月) 08:02
 
2017/8/14  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     2.189% (前日比-0.009%)     1.294% (前日比-0.031%)
英国     1.062% (前日比-0.020%)     0.208% (前日比-0.013%)
ドイツ     0.382% (前日比-0.033%)     -0.715% (前日比-0.022%)
ポルトガル 2.853% (前日比-0.015%)     0.061% (前日比+0.018%)
イタリア    2.031% (前日比-0.004%)     -0.187% (前日比+0.031%)
ギリシャ   5.551% (前日比+0.036%)       -
スペイン    1.458% (前日比+0.000%)     -0.304% (前日比+0.022%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 展開

2017/08/13(日) 14:39
 
先週末の米国市場は、ダウ平均は小反発。北朝鮮問題の緊迫化で前日のダウ平均は200ドルを超える下げとなったが、序盤は朝方発表になった米消費者物価(CPI)が予想を下回ったことで利上げ期待が後退し買戻しも入っていた。ダウ平均も一時67ドル高まで上昇したが、北朝鮮問題も燻る中、上値では利益確定売り出て伸び悩んでいる。北朝鮮問題に関して、きょうもトランプ大統領から挑発的なメッセージが出ていたが、市場は軍事行動が起きると見ている向きは少ない。ただ、テールリスクとしては意識されており警戒感を高めている。

■ VIXは、17.51から13台に低下。米国紫綬は一旦、落ち着いてきたイメージとなった。米国は9月にも保有資産の縮小を決めそれに向かっての益出しを図ってたイメージと感じる。先週は、ドルの上値は重くなった。

IMM通貨先物8月8日主要国通貨
円 95813枚の売り越し 16383枚の売り越し減
ユーロ 93685枚の買い越し 11048枚の買い越し増
ポンド 25160枚の売り越し 4292枚の売り越し減

■ 先週末の推移を見ても個人的な感想は、まだ、ドル高期待が強くドル円も高値は限定的で、指摘したポイントの108.80円付近は、すぐにリバンドした。

主な予定。日本GDP速報にFOMC議事録、米小売売上高
14日(月)NZ小売売上高(第2四半期) 日本GDP速報値(第2四半期) 中国小売売上高(7月) 中国鉱工業生産(7月)15日(火) 独GDP速報値(第2四半期) 英小売物価指数(7月) 英消費者物価指数(7月) 英生産者物価指数(7月) 米小売売上高(7月) 米NY連銀製造業景況指数(8月)16日(水) 米住宅着工件数(7月) 米住宅建設許可件数(7月) 米週間原油在庫統計 米FOMC議事録(7月25-26日分)17日(木)
NZ生産者物価指数(第2四半期) 日本通関ベース貿易収支(7月) 豪雇用統計(7月)
ECB議事録 米鉱工業生産(7月) 米景気先行指数(7月) 米新規失業保険申請件数(12日までの週)ダラス連銀総裁、講演 18日(金) 米ミシガン大学消費者信頼感指数 速報 ダラス連銀総裁、講演

先週の日経ですが、SQにかけて、北朝鮮リスクから20000円台を割り込む展開となった。為替リンク度もない状態も続いてますので、ドル換算ベースは、高値持ち合いが続いてます。先週末の終値、179.39ドルであり、イブニングでは、177ドル後半とはなった。先日安値も177ドル台後半からのリバンドであり、休場の時であり同じイメージとなっている。
目先は、買い支えもあり、ドル円も目先、良い水準となってることから指数は、
リバンドしてもとイメージしてます。

以下、会員ページ。


◆ 桃太郎

2017/08/11(金) 17:57
 
2回目も高値、108.90円

訂正して、5万ドル、108.95円でしました。

様子見します。


◆ 桃太郎

2017/08/11(金) 07:42
 
おはようございます。

朝早くすみません。

■ 117.86円(20万)・112.85(5万)ドルショート持ち。

117.86円分 109.18円で 5万ドル 決済しました。

+868pips

108.88円は、そのままにしてます。

現在、109.11円での推移。

昨晩は、指数は、+86円


◆ 桃太郎

2017/08/10(木) 23:06
 
095円 2枚・630円 3枚新規売り持ち。

630円分、485円で 決済指値入れときます。

お疲れさまでした。

先物は、売りで取れが、よく言われてます。



◆ 大引け概況

2017/08/10(木) 15:29
 
■日経平均      19,729.74(-8.97)

■東証1部出来高    19.64億株

■東証1部売買代金   2.53兆円

■日経平均先物    19,710(-20)

■TOPIX        1,617.25(-0.65)

■騰落        上昇975/下落935

■マザーズ指数    1,078.19(-11.81)

■日経JQ       3,306.54(-18.06)

■ドル円       109.99
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は前日に大幅安となった反動で自律反発狙いの買いが先行。しかし北朝鮮情勢への警戒感や連休前の持ち高調整の売りなどから徐々に上げ幅を縮小し、引け間際にはマイナスへ転じました。
 後場は下げ幅を拡大してスタート。円相場は1ドル=110円近辺での小動きが続き、日経平均もまた安値圏での小動きとなりました。前場同様にポジション調整の動きや様子見姿勢が強まり、目立った動きのないまま本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、証券商品先物、銀行業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、非鉄金属、倉庫運輸関連となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後場は、本日の安値圏での持ち合いとなった。
連休となりますので、動きは出ませんでした。
今週もお疲れさまでした。

ドル換算ベースは、179.33ドル -0.06%と続落となった。


◆ ご案内

2017/08/10(木) 14:26
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/10(木) 14:01
 
■日経平均      19,716.50(-22.21)

■日経平均先物    19,700(-30)

■TOPIX先物      1,615.50(-2.00)

■騰落        上昇789/下落1,117

■日経JQ       3,303.01(-21.59)

■マザーズ指数    1,078.42(-11.58)

■ドル円       110.02

■NYダウ夜間先物  -34

■上海総合指数後場の寄り付き 3,238.31 前日比-37.26 -1.14%

■指数大型      現値1,469.29  前日比-2.61

■指数中型      現値1,948.91  前日比-1.76

■指数小型      現値3,109.40  前日比-3.04


◆ 日・6月第三次産業活動指数:前月比横ばい

2017/08/10(木) 13:33
 
10日発表された6月の第三次産業活動指数は前月比0.0%の横ばいの104.9だった。


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/10(木) 12:36
 
ランチバスケットは20件、724.29億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/10(木) 11:44
 
■日経平均      19,736.72(-1.99)

■東証1部出来高    9.90億株

■東証1部売買代金   1.23兆円

■日経平均先物    19,710(-20)

■TOPIX        1,615.86(-2.04)

■騰落        上昇826/下落1,050

■マザーズ指数    1,081.12(-8.88)

■日経JQ       3,312.70(-11.90)

■ドル円       110.00

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は前日に大幅安となった反動で自律反発狙いの買いが入り小幅高でスタート。好業績銘柄を中心とした個別物色が続くものの、北朝鮮情勢への警戒感やお盆休み前とあって持ち高調整の売りも出やすく、徐々に上げ幅を縮小し午前の取引を終えました。また寄り付き前に発表された6月機械受注や、7月国内企業物価指数に対する反応は限定的となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、銀行業、建設業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、非鉄金属、化学となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後ほどコメント致します。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.18%

2017/08/10(木) 10:26
 
上海総合指数 3,269.73 前日比 -5.84 -0.18%


◆ 日経平均先物・オプション8月限SQ推定値

2017/08/10(木) 10:07
 
日経平均先物・オプション8月限SQ(特別清算指数)の市場推定値は1万9825円92銭。


◆ 10時の概況

2017/08/10(木) 10:01
 
■日経平均      19,765.87(+27.16)

■日経平均先物    19,730(±0)

■TOPIX先物      1,617.00(-0.50)

■騰落        上昇1,071/下落814

■日経JQ       3,317.34(-7.26)

■マザーズ指数    1,089.41(-0.59)

■ドル円       110.12

■NYダウ夜間先物  -7

■指数大型      現値1,472.18  前日比+0.28

■指数中型      現値1,952.92  前日比+2.25

■指数小型      現値3,121.15  前日比+8.71


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/10(木) 09:12
 
おはようございます。
しかし昨日の東京市場は北朝鮮リスク!をまともに影響受けてしまったようだ。
そして米国株もと言うマーケット関係者も多くなりそうだ。現状、米国株と日本株を一緒に考える投資家は少し疑問が残るし、理由がないからこじつけているように思われてならない。
ハッキリ言って!今の日本株と米国株とではレベルが違い過ぎる。
我々は米国株と伴に長年生活していると言っても過言ではあるまい。その観点から日本株を見るとまだまだ・・・・・
確かに立派な企業は多いし、魅力ある企業もあるがマーケット規模が。
ともかく日経平均は昨日の地政学的リスクから発生してしまったトレンド悪をどんな形で巻き返すかが焦点となりそうだ。
本日も東京市場は3連休前とあって閑散、様子見相場となりそうだが、ともかくここは好業績銘柄の押し目買い好機を待ってみよう。

しかし、日本も北朝鮮からの圧力に負けず頑張ってもらいたい。
またトランプ氏はやる時はやりそうな奴だから今後どんなドラマが待っているか分からないが。
ここは極端な話、経済的な観点から北朝鮮への輸出入完全禁止くらいしてお仕置きするべきだ。


本日の先物レンジ
19680~19870円
焦らずいこう。


◆ 日・7月国内企業物価指数:前年比2.6%上昇 前月比0.3%上昇

2017/08/10(木) 09:05
 
08:50発表の7月の国内企業物価指数は98.8で、前月比は0.3%上昇。前年同月比で2.6%上昇した。市場予想の中心は前年比で2.3%上昇だった。


◆ 6月機械受注:前月比1.9%減

2017/08/10(木) 09:00
 
内閣府が10日発表した6月機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比1.9%減の7900億円だった。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/10(木) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19790円 +51円
NYCFD 22036ドル -13ドル
ドルインデックス、93.50
VIX 11.11
原油 49.60ドル

NYは、ダウ36ドル安、北朝鮮情勢の緊迫で投資家心理が悪化9日の米国株式相場は下落。ダウ平均は36.64ドル安の22048.70、ナスダックは18.13ポイント安の6352.33で取引を終了した。北朝鮮情勢を巡る地政学リスクへの警戒感からアジア・欧州株が概ね全面安となり、米国株にも売りが先行。複数の主要企業の決算内容も嫌気され、終日軟調推移となった。

昨日は、リスク回避の動きもあり下落した。
本日も為替推移には大きな変化なく、戻ることができるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.96円 178ドルから181ドル

 19572円から19902円


◆ 外資系の注文動向

2017/08/10(木) 08:18
 
10日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1210万株、買い1160万株で、差し引き50万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
売りセクターに、自動車、薬品、銀行、保険、電機、精密、金属、機械、卸売など。
買いセクターに、サービス、石油、電機、銀行など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/10(木) 08:15
 
■国内(10日)
6月機械受注(8:50)
7月国内企業物価指数(8:50)
7月都心オフィス空室率(11:00)
6月第三次産業活動指数(13:30)
オプションSQ

《決算発表》
洋ゴム、洋エンジ、ユニチャーム、日道路、サカタインクス、浜ゴム、阪和興、シークス、東映、三機工、大気社、LINK&M、パーソルHD、ナフコ、ネクソン、特種東海、北越紀州、アカツキ、関電化、エア・ウォーター、DNC、ケネディクス、そーせい、大平金、ノーリツ、リクルートHD、フジキカイ、ソディック、日本郵政、やまびこ、平田機工、井関農、TPR、日電子、かんぽ、ゆうちょ、タチエス、ナカニシ、Vテクノロジー、東京精、メディキット、シチズン、エイベックス、ニプロ、モスフード、青山商、ヤオコー、大垣銀、宮崎銀、アイフル、トモニHD、セイノーHD、JR九州、上組、アサツーDK、アサヒインテック、K&Oエナジー、トリドールHD、リケン、VTHD、Jトラスト、TKC、LIFULL、Dガレージ、コスモエネHD、マブチ、SOMPOHD、鴻池運輸、カドカワ

■海外(10日)
NZ準備銀行金融政策決定会合
米7月生産者物価(21:30)
米7月財政収支(8/11 3:00)
米30年国債入札

《米決算発表》
メーシーズ、コールズ、ニューズ・コーポレーション、ノードストローム、エヌビディア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/10(木) 08:12
 
■NYダウ
 22,048.70 -36.64
■ナスダック
 6,352.33 -18.13
■CME225(円建て)
 19,755 +25(大証比)
■ドイツDAX
 12,154.00 -138.05
■上海総合指数
 3,275.57 -6.30
■ドル円
 109.96

 9日のNY市場は下落しました。北朝鮮情勢を巡る地政学リスクの高まりから投資家心理が悪化し、売り先行。決算内容が嫌気されたウォルト・ディズニーなど複数の主要企業の下落も相場を押し下げ、軟調な推移となりました。なお北朝鮮と米国の軍事衝突に対する警戒感から防衛関連株が堅調。安全資産とされる金、円などが買われました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で小売や公益事業が下落。
 ADRの日本株は資生堂<4911>、ルネサス<6723>、三井住友<8316>、ブリヂストン<5108>が堅調。半面、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>が冴えないなど、対東証比較(1ドル109.98円換算)で高安まちまちでした。


◆ 各国債券利回り

2017/08/10(木) 07:54
 
2017/8/10  7時10分現在

         10年債                      2年債
米国     2.248% (前日比-0.014%)     1.339% (前日比-0.012%)
英国     1.109% (前日比-0.048%)     0.221% (前日比-0.015%)
ドイツ     0.428% (前日比-0.046%)     -0.684% (前日比-0.021%)
ポルトガル 2.842% (前日比-0.020%)     0.045% (前日比+0.004%)
イタリア    2.013% (前日比+0.008%)     -0.228% (前日比-0.006%)
ギリシャ   5.509% (前日比+0.059%)       -
スペイン    1.430% (前日比-0.024%)     -0.320% (前日比-0.021%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/09(水) 15:33
 
■日経平均      19,738.71(-257.30)

■東証1部出来高    20.66億株

■東証1部売買代金   2.69兆円

■日経平均先物    19,730(-250)

■TOPIX        1,617.90(-17.42)

■騰落        上昇287/下落1,657

■マザーズ指数    1,090.00(-27.72)

■日経JQ       3,324.60(-20.50)

■ドル円       110.02
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりから売り先行。これまでに上昇していた銘柄を中心に利益を確定する動きが広がり、安値圏での推移となりました。
 後場は下げ幅をやや縮小してスタート。しかし下げの流れは変わらず、一時は下げ幅が300円を超える場面も見られました。日銀のETF買い期待を支えに下げ渋りましたが、お盆休み前とあって買い戻しの動きは鈍く、その後も軟調な動きが続き本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、金属製品、化学、倉庫運輸関連。一方、値上がりしたのは、石油石炭製品、非鉄金属、鉄鋼のみとなりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は、ポイントの600円台中盤まで売られましたが、戻りは小さかったです。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、179.47ドル -0.76%と続落となった。


◆ ご案内

2017/08/09(水) 14:27
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/09(水) 14:01
 
■日経平均      19,729.72(-266.29)

■日経平均先物    19,710(-270)

■TOPIX先物      1,615.50(-20.50)

■騰落        上昇244/下落1,730

■日経JQ       3,321.54(-23.56)

■マザーズ指数    1,089.29(-28.43)

■ドル円       109.95

■NYダウ夜間先物  -49

■上海総合指数後場の寄り付き 3,275.42 前日比-6.46 -0.20%

■指数大型      現値1,470.38  前日比-16.71

■指数中型      現値1,949.55  前日比-23.56

■指数小型      現値3,109.99  前日比-36.71


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/09(水) 12:37
 
ランチバスケットは34件、251.89億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/09(水) 11:50
 
■日経平均      19,739.88(-256.13)

■東証1部出来高    10.52億株

■東証1部売買代金   1.33兆円

■日経平均先物    19,730(-250)

■TOPIX        1,614.73(-20.59)

■騰落        上昇203/下落1,783

■マザーズ指数    1,086.68(-31.04)

■日経JQ       3,320.10(-25.00)

■ドル円       109.89
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。寄り付きから下落してスタート。昨日米メディアが「北朝鮮が核弾頭の小型化に成功した」と報じ、地政学リスクが高まったことから幅広い銘柄が売られました。一時は下げ幅が300円に迫る場面も見られましたが、お盆休みを控え押し目買いは限定的となり、相場全体が軟調な動きとなりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、倉庫運輸関連、金属製品、化学。一方、値上がりしたのは、非鉄金属のみとなりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は、リスク回避の動きから久しぶりに300円下げた。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、179.58ドル -0.67%と3日続落となった


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.12%

2017/08/09(水) 10:26
 
上海総合指数 3,277.81 前日比 -4.06 -0.12%


◆ 10時の概況

2017/08/09(水) 10:01
 
■日経平均      19,737.57(-258.44)

■日経平均先物    19,720(-260)

■TOPIX先物      1,611.50(-24.50)

■騰落        上昇160/下落1,817

■日経JQ       3,319.05(-26.05)

■マザーズ指数    1,082.71(-35.01)

■ドル円       109.91

■NYダウ夜間先物  -69

■指数大型      現値1,469.17  前日比-17.92

■指数中型      現値1,946.36  前日比-26.75

■指数小型      現値3,105.29  前日比-41.41


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/09(水) 09:12
 
おはようございます。
決算発表ラッシュの東京市場!ここまでの決算を見ると、車載、リチウムイオン電池、半導体、自動化向けの製品を扱う企業が業績好調のようだ。
ただ少し気になるのが日経平均のトレンド!もみ合いに見えながら上値が切り下がって来ており、万が一この閑散相場の中2ヵ月間のもみ合いを下回るようなら注意が必要だ。
そうなると日経平均の調整は余儀なく起こるだろうが、その時は好業績銘柄の押し目買いに徹していきたい。

結論とするならば。
リスク回避するならば今日、明日!
押したらまた買えば良い。

話は変わり、我々の決算がいよいよ近付いてきた。米国株は利益確定にまわる。


本日の先物レンジ
19820~20020円
焦らずいこう。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/09(水) 08:32
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19935円 -61円
NYCFD 22052ドル -34ドル
ドルインデックス、93.54
VIX10.96
原油 49.08ドル

NYは、ダウ33ドル安、地政学リスクへの警戒感広がる8日の米国株式相場は下落。ダウ平均は33.08ドル安の22085.34、ナスダックは13.31ポイント安の6370.46で取引を終了した。小幅下落して寄り付いたものの、主要小売決算が好感されたほか、ハイテク大手を中心に上昇する展開となった。しかし、トランプ大統領が核交渉を拒否した北朝鮮に対して厳しい姿勢を示したことから地政学リスクへの警戒感が高まり、引けにかけて再び下落に転じた。

日経ですが、ボックス相場が続き下値は限定的に推移。
決算動向も下支えとなっている。本日は、リスク回避の動きから円が買われているが下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.08円 180ドルから182ドル

 19805円から20025円


◆ 外資系の注文動向

2017/08/09(水) 08:29
 
9日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1020万株、買い1890万株で、差し引き870万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、食品、薬品、銀行、精密、鉄鋼、輸送用機器、卸売など。
買いセクターに、機械、食品、薬品、建設、電機、不動産など」(外資系証券)という。


◆ 各国債券利回り

2017/08/09(水) 08:22
 
2017/8/9  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.262% (前日比+0.009%)     1.351% (前日比-0.000%)
英国     1.157% (前日比+0.018%)     0.236% (前日比+0.019%)
ドイツ     0.474% (前日比+0.015%)     -0.663% (前日比+0.017%)
ポルトガル 2.862% (前日比-0.001%)     0.041% (前日比-0.025%)
イタリア    2.005% (前日比+0.011%)     -0.222% (前日比-0.003%)
ギリシャ   5.450% (前日比+0.000%)       -
スペイン    1.454% (前日比-0.005%)     -0.299% (前日比-0.004%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 本日の予定

2017/08/09(水) 08:20
 
■国内(9日)
7月マネーストック(8:50)

《決算発表》
日揮、雪印メグ、クラレ、大王紙、千代建、ぴあ、JXTG、紙パル商、カメイ、新日建、森永乳、DIC、BML、バンドー、鶴見製、フジテック、山善、三谷商、近鉄GHD、ショーボンド、長谷工、熊谷組、NIPPO、太平電、DeNA、マクドナルド、日清食HD、マツモトキヨシ、チムニー、すかい、帝繊維、スシローGHD、じげん、大日精、電通、日本新薬、日医工、関西ペ、エスケー化研、リゾートトラス、トレンド、日本ハウズ、エンJPN、資生堂、高砂香、上村工業、ブリヂストン、太平洋セメ、新日電工、三井金、DOWA、アマダHD、渋谷工、平和、WSCOPE、サンケン電、アルバック、JDI、ミツバ、三菱食品、メニコン、凸版印、大日印、ミズノ、岩谷産、クレセゾン、ソニーFH、T&DHD、住友不、センコーGHD、共立メンテ、ニチイ学館、サンドラッグ、アルペン、高松G、鉄建建設、飯田GHD、テイカ、ペプチド、ジーテクト、東京TYFG、パイロット、藤森工、第一生命、 加藤産業、空港ビル、COOK、森永菓、Jマテリアル、MS&AD

■海外(9日)
中国7月消費者物価(10:30)
中国7月生産者物価(10:30)
米6月卸売売上高(23:00)
米6月卸売在庫(23:00)
米10年国債入札

休場:シンガポール、南ア

《米決算発表》
21世紀フォックス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/09(水) 08:19
 
■NYダウ
 22,085.34 -33.08
■ナスダック
 6,370.46 -13.31
■CME225(円建て)
 19,935 -45(大証比)
■ドイツDAX
 12,292.05 +34.88
■上海総合指数
 3,281.87 +2.42
■ドル円
 110.14

 8日のNY市場は下落。米メディアが「北朝鮮が核弾頭の小型化に成功した」と報じ、これを受けトランプ大統領が北朝鮮に警告を発したことで地政学的リスクが意識され投資家心理が悪化。これまで上昇していた銘柄を中心に利益を確定する動きが続きました。
 セクター別では、メディアやテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で商業・専門サービスや素材が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>など、対東証比較(1ドル110.33円換算)で全般軟調でした。


◆ 大引け概況

2017/08/08(火) 15:32
 
■日経平均      19,996.01(-59.88)

■東証1部出来高    16.52億株

■東証1部売買代金   2.12兆円

■日経平均先物    19,980(-60)

■TOPIX        1,635.32(-3.95)

■騰落        上昇866/下落1,023

■マザーズ指数    1,117.72(+7.83)

■日経JQ       3,345.10(+8.34)

■ドル円       110.60
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は買い優勢でスタートしましたが、これまでに上昇していた銘柄に利益確定売りが出て徐々に下げ幅を拡大。ソフトバンクG(東1:9984)など株価指数への影響が大きい銘柄の下げが重しとなり、引け間際には2万円を割り込む場面も見られました。
 後場は前引け値を挟んでの小動き。お盆休みを控え、また新規の手掛かり材料に乏しいことから、目立った動きのない相場となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、精密機器、建設業、医薬品でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、鉄鋼、鉱業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場も安値での持ち合いとなり相変わらず動きが出ません。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、180.85ドル -0.17%と続落となった。


◆ ご案内

2017/08/08(火) 14:21
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/08(火) 14:01
 
■日経平均      19,994.64(-61.25)

■日経平均先物    19,980(-60)

■TOPIX先物      1,635.00(-3.50)

■騰落        上昇726/下落1,153

■日経JQ       3,342.70(+5.94)

■マザーズ指数    1,117.15(+7.26)

■ドル円       110.60

■NYダウ夜間先物  -20

■上海総合指数後場の寄り付き 3,272.19 前日比-7.27 -0.22%

■指数大型      現値1,486.81  前日比-3.97

■指数中型      現値1,973.44  前日比-5.14

■指数小型      現値3,143.55  前日比-6.18


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/08(火) 13:00
 
ランチバスケットは9件、89.61億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/08(火) 11:47
 
■日経平均      19,992.17(-63.72)

■東証1部出来高    8.04億株

■東証1部売買代金   1.02兆円

■日経平均先物    19,980(-60)

■TOPIX        1,633.85(-5.42)

■騰落        上昇648/下落1,244

■マザーズ指数    1,111.55(+1.66)

■日経JQ       3,342.76(+6.00)

■ドル円       110.65
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。朝方は前日の米国株高の流れを受け買い優勢でスタート。しかしそのまま買い進む動きとはならず、利益確定売りに押される展開となりました。鉄鋼株や資源株の上昇が相場を支える一方で、ソフトバンクG(東1:9984)など株価指数への影響が大きい銘柄の下げが重しとなり徐々に下げ幅を拡大。2万円を割り込み午前の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、精密機器、海運業、保険業でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、鉄鋼、鉱業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、20000円を挟む小動き。
後場は、トレンドが出るのか見ていきます。

ドル換算ベースは、180.74ドル -0.25%と続落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.07%

2017/08/08(火) 10:27
 
上海総合指数 3,277.19 前日比 -2.27 -0.07%


◆ 10時の概況

2017/08/08(火) 10:01
 
■日経平均      20,041.74(-14.15)

■日経平均先物    20,030(+10)

■TOPIX先物      1,637.00(-1.50)

■騰落        上昇834/下落1,006

■日経JQ       3,344.90(+8.14)

■マザーズ指数    1,118.40(+8.51)

■ドル円       110.76

■NYダウ夜間先物  -14

■指数大型      現値1,489.80  前日比-0.98

■指数中型      現値1,976.55  前日比-2.03

■指数小型      現値3,148.84  前日比-0.89


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/08(火) 09:06
 
おはようございます。
東京市場であるが、決算ラッシュもあり、ここは素直に好決算銘柄とトレンドが上を向いている銘柄に資金シフトされているのが分かる。
新興市場も銘柄によっての二極化!
特にマザーズは今週末、来週月曜日に決算が集中しており果敢に攻める環境ではなさそうだ。
しかし今回のやや軟調地合いはマザーズ指数先物による短期的なリスクヘッジがもたつきの要因であり、普通の決算で通り過ぎれば巻き戻しが起こる可能性は十分ありえる。
ただ東証2部銘柄に関しては相変わらず強含みが継続しており、決算内容が良かった銘柄にはまだまだ十分上値追いが期待できそうだ。
その観点から東証2部でもトレンドが上を向いていて、素直に好決算銘柄はしっかり買ってBUY&HOLDしておくのが懸命に見える。
そこでうちの若手が決算を分析し3月にも紹介しあの時も割安株と紹介したが、ここでの決算は増収増益、増配決算を発表した..

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/08/08(火) 08:25
 
8日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り600万株、買い590万株で、差し引き10万株の売り越し。売り越しは5営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、自動車、精密、不動産、建設、薬品、サービス、機械、卸売、その他金融など。
買いセクターに、薬品、石油、ガラス、食品、不動産、情報通信、自動車、電機、小売など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/08(火) 08:16
 
■国内(8日)
6月国際収支(8:50)
7月景気ウォッチャー調査
30年国債入札

《決算発表》
日清紡HD、大林組、IIJ、清水建、前田建、東鉄工、大塚HD、Tナカヤマ、石油資源、安藤ハザマ、大和ハウス、永谷園HD、クラボウ、三星ベ、タクマ、日精機、稲畑産、東京海上、三住建設、戸田建、前田道、ダイダン、日比谷、ミクシィ、UT GROUP、明治HD、ファンコミ、SUMCO、KLab、マクロミル、昭電工、クレハ、日ペイントH、ラウンドワン、昭和シェル、住友ゴム、住阪セメ、丸一管、 三菱マ、住友鉱、ニッパツ、DMG森精、SMC、ハーモニック、荏原、ダイフク、東芝テック、日信号、横河電、新電元、九州FG、ヤマハ発、ノジマ、ゼンショーHD、オリンパス、フジシール、タカラトミー、三愛石、 加賀電、ケーズHD、十八銀、イオンFS、テーオーシー、福山運、近鉄エクス、静岡ガス、KNTCT、セコム、富士ソフト、ダイキン、東急建設、奥村組、青木あす、ライト工、ゲオHD、カネカ、セントラルSP、星光PMC、アイダ、ツバキナカシマ、河西工、スクリン、サンフロンティア、東急、シップHD、富士製薬、IHI、プレス工、スターツ

■海外(8日)
中国7月貿易収支
米3年国債入札

《米決算発表》
プライスライン・グループ、ラルフローレン、ウォルト・ディズニー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/08(火) 08:13
 
■NYダウ
 22,118.42 +25.61
■ナスダック
 6,383.77 +32.21
■CME225(円建て)
 20,050 +10(大証比)
■ドイツDAX
 12,257.17 -40.55
■上海総合指数
 3,279.46 +17.38
■ドル円
 110.76

 7日のNY市場は上昇。4~6月期決算が良好であることや先週末の米雇用統計を好感し買い先行。ハイテク株を中心に緩やかに上昇しましたが、連日高値圏で推移していることから一旦利益を確定する動きが広がり、上値の重い展開となりました。ダウ平均は9日連続で過去最高値を更新。またS&P500指数も最高値を更新しました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方でエネルギーやメディアが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、キヤノン<7751>が堅調。半面、トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、ファナック<6954>が小安いなど、対東証比較(1ドル110.77円換算)で高安まちまちでした。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/08(火) 08:11
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20049円 -7円
NYCFD 22107ドル -12ドル
ドルインデックス、93.42
VIX 9.93
原油 49.28ドル

NYは、ダウ平均は25.61ドル高の22118.42、ナスダックは32.21ポイント高の6383.77で取引を終了した。先週の良好な企業決算や雇用統計を好感して買いが先行したものの、ダウが連日最高値を更新する中で朝方は利益確定の動きが広がったほか、主要経済指標の発表に乏しく上値の重い展開となった。しかし、セントルイス連銀総裁が政策金利の現行維持を支持したほか、ミネアポリス連銀総裁がバランスシート縮小は金融市場の混乱なく完了するとの見通しを示したことが好感され、ハイテク株を中心に緩やかに上昇した。S&P500指数とダウは最高値を更新した。
10日連続高となった。

日経ですが、昨日は20000円台前半での小幅推移となった。
下値は、限定的のトレンドレス。本日もあまり変化なく小幅推移となりそうである。

想定レンジ、為替、110.75円 180ドルから182ドル

 19935円から20156円


◆ 各国債券利回り

2017/08/08(火) 07:58
 
2017/8/8  7時15分現在

         10年債                      2年債
米国     2.262% (前日比+0.041%)     1.351% (前日比+0.012%)
英国     1.176% (前日比+0.027%)     0.251% (前日比+0.028%)
ドイツ     0.468% (前日比+0.015%)     -0.686% (前日比-0.003%)
ポルトガル 2.867% (前日比+0.008%)     0.082% (前日比-0.043%)
イタリア    2.022% (前日比+0.034%)     -0.211% (前日比+0.020%)
ギリシャ   5.462% (前日比-0.055%)       -
スペイン    1.483% (前日比+0.031%)     -0.316% (前日比+0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/07(月) 15:25
 
■日経平均      20,055.89(+103.56)

■東証1部出来高    15.05億株

■東証1部売買代金   2.03兆円

■日経平均先物    20,040(+90)

■TOPIX        1,639.27(+7.82)

■騰落        上昇1,397/下落514

■マザーズ指数    1,109.89(-7.91)

■日経JQ       3,336.76(+16.16)

■ドル円       110.73
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は米7月雇用統計を背景にした米国株高から買い先行。米長期金利の上昇から金融株、円安進行により輸出関連銘柄を中心に買いが広がり、高値圏での推移となりました。
 後場は前引け値とほぼ変わらずのスタート。引き続き好業績銘柄への買いは旺盛なものの、利益確定売りが出やすい水準とあって上値の重さが目立ち、後場の値幅はわずか25円ほどの鈍い動きとなりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、建設業、繊維製品、輸送用機器でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、ゴム製品、海運業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は、このところ動きが出ません。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.17ドル -0.05%となった。


◆ ご案内

2017/08/07(月) 14:26
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/07(月) 14:01
 
■日経平均      20,064.66(+112.33)

■日経平均先物    20,050(+100)

■TOPIX先物      1,639.50(+7.00)

■騰落        上昇1,368/下落549

■日経JQ       3,335.20(+14.60)

■マザーズ指数    1,113.56(-4.24)

■ドル円       110.70

■NYダウ夜間先物  +33

■上海総合指数後場の寄り付き 3,256.52 前日比-5.56 -0.17%

■指数大型      現値1,491.31  前日比+8.73

■指数中型      現値1,979.82  前日比+6.55

■指数小型      現値3,147.66  前日比+19.96


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/07(月) 12:35
 
ランチバスケットは33件、287.47億円。
差し引き50億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/07(月) 11:47
 
■日経平均      20,078.12(+125.79)

■東証1部出来高    7.56億株

■東証1部売買代金   0.97兆円

■日経平均先物    20,050(+100)

■TOPIX        1,641.21(+9.76)

■騰落        上昇1,441/下落455

■マザーズ指数    1,116.40(-1.40)

■日経JQ       3,334.25(+13.65)

■ドル円       110.72

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価反発しました。朝方は、堅調な米7月雇用統計を背景にした米国株高や1ドル=110円台後半への円安・ドル高を好感し、買いが先行。その後は、円安進行による外部環境の好転期待から自動車株に買いが入り、上げ幅を拡大。また、米長期金利の上昇を好感した金融株への買いも相場の下支えとなり、高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、輸送用機器、電気・ガス業、証券商品先物。一方、値下がりしたのは、水産・農林業、石油石炭製品のみとなりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎
前場は、小動きの持ち合いが続いてます。
後場は変化出るか見ていきます。
ドル換算ベースは、181.30ドル +0.02%と持ち合いとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.14%

2017/08/07(月) 10:28
 
上海総合指数 3,257.67 前日比 -4.41 -0.14%


◆ 10時の概況

2017/08/07(月) 10:02
 
■日経平均      20,051.62(+99.29)

■日経平均先物    20,030(+80)

■TOPIX先物      1,639.00(+6.50)

■騰落        上昇1,333/下落543

■日経JQ       3,333.18(+12.58)

■マザーズ指数    1,121.26(+3.46)

■ドル円       110.76

■NYダウ夜間先物  +32

■指数大型      現値1,490.90  前日比+8.32

■指数中型      現値1,978.40  前日比+5.13

■指数小型      現値3,140.59  前日比+12.89


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/07(月) 09:34
 
おはようございます。

今週はキーとなりそうな新興市場!特にマザーズ指数がテクニカル的にもどこまで回復できるのか?ここは注目しなければならない1週間となりそうだ。
ただマーケット全体は個別銘柄物色の流れは継続しているように思われます。
ましてこの時期は決算シーズンもあり素直に決算を好感しているものもある。
それと近年この時期は材料株相場へと資金が集中する傾向があるので個別銘柄で楽しんでもらいたい。
また久しぶりに商社株が賑わっているのが気になる中、
配当性向は25%で今後東京5輪やインフラ関連の建材、樹脂、繊維、電子部品など扱う商社の

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/08/07(月) 08:25
 
 7日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り340万株、買い470万株で、差し引き130万株の買い越し。買い越しは4営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、化学、陸運、電機、サービス、薬品など。
 買いセクターに、建設、石油、サービス、不動産、薬品、精密など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/07(月) 08:24
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20080 +127円
NYCFD 22081ドル -12ドル
VIX10.03
ドルインデックス、93.48
原油 49.58ドル

朝の為替状況も110円台後半となってます。
下値も限定的の高値持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.81円 180ドルから182ドル

 19945円から20167円


◆ 今週の予定

2017/08/07(月) 08:20
 
■7(月)
【国内】
6月景気動向指数(14:00)

《決算発表》
デンカ、鹿島、LIXILビ、東洋紡、東レ、住友ベ、LIXILG、パイオラックス、リンテック、バローHD、大成建、伊藤米久、不二製油、古河機、日東工器、能美防、ホシザキ、マルハニチロ、五洋建、高砂熱、サントリーBF、Jオイル、ユーグレナ、プレサンス、ザ・パック、あすか薬、東和薬品、洋インキHD、楽天、日製鋼、東邦鉛、ユニプレス、三浦工、SANKYO、大和冷、ワコム、エレコム、パイオニア、山一電、ホトニクス、太陽誘電、めぶきFG、西日本FH、日信工業、第一興商、島津製、大建工、日写印、大分銀、愛知銀、東建物、京阪HD、名鉄、日新、ジャストシステ、日機装、レーザーテク、ユー・エス・エス、ニチアス、新東工、ユニバーサル、アニコムHD、ソフトバンクG

【海外】
米6月消費者信用残高(8/8 4:00)
ASEANプラス3外相会議、東アジアサミット外相会議、ASEAN地域フォーラム
(マニラ)

《米決算発表》
タイソン・フーズ、CBS、マリオット・インターナショナル、マイケル・コース・ホールディングス

休場:カナダ

■8(火)
【国内】
6月国際収支(8:50)
7月景気ウォッチャー調査
30年国債入札

《決算発表》
日清紡HD、大林組、IIJ、清水建、前田建、東鉄工、大塚HD、Tナカヤマ、石油資源、安藤ハザマ、大和ハウス、永谷園HD、クラボウ、三星ベ、タクマ、日精機、稲畑産、東京海上、三住建設、戸田建、前田道、ダイダン、日比谷、ミクシィ、UT GROUP、明治HD、ファンコミ、SUMCO、KLab、マクロミル、昭電工、クレハ、日ペイントH、ラウンドワン、昭和シェル、住友ゴム、住阪セメ、丸一管、 三菱マ、住友鉱、ニッパツ、DMG森精、SMC、ハーモニック、荏原、ダイフク、東芝テック、日信号、横河電、新電元、九州FG、ヤマハ発、ノジマ、ゼンショーHD、オリンパス、フジシール、タカラトミー、三愛石、 加賀電、ケーズHD、十八銀、イオンFS、テーオーシー、福山運、近鉄エクス、静岡ガス、KNTCT、セコム、富士ソフト、ダイキン、東急建設、奥村組、青木あす、ライト工、ゲオHD、カネカ、セントラルSP、星光PMC、アイダ、ツバキナカシマ、河西工、スクリン、サンフロンティア、東急、シップHD、富士製薬、IHI、プレス工、スターツ

【海外】
中国7月貿易収支
米3年国債入札

《米決算発表》
プライスライン・グループ、ラルフローレン、ウォルト・ディズニー

■9(水)
【国内】
7月マネーストック(8:50)
ジャパンディスプレイが経営方針説明会

《決算発表》
日揮、雪印メグ、クラレ、大王紙、千代建、ぴあ、JXTG、紙パル商、カメイ、新日建、森永乳、DIC、BML、バンドー、鶴見製、フジテック、山善、三谷商、近鉄GHD、ショーボンド、長谷工、熊谷組、NIPPO、太平電、DeNA、マクドナルド、日清食HD、マツモトキヨシ、チムニー、すかいらーく、帝繊維、スシローGHD、じげん、大日精、電通、日本新薬、日医工、関西ペ、エスケー化研、リゾートトラス、トレンド、日本ハウズ、エンJPN、資生堂、高砂香、上村工業、ブリヂストン、太平洋セメ、新日電工、三井金、DOWA、アマダHD、渋谷工、平和、WSCOPE、サンケン電、アルバック、JDI、ミツバ、三菱食品、メニコン、凸版印、大日印、ミズノ、岩谷産、クレセゾン、ソニーFH、T&DHD、住友不、センコーGHD、共立メンテ、ニチイ学館、サンドラッグ、アルペン、高松G、鉄建建設、飯田GHD、テイカ、ペプチド、ジーテクト、東京TYFG、パイロット、藤森工、第一生命、 加藤産業、空港ビル、COOK、森永菓、Jマテリアル、MS&AD

【海外】
中国7月消費者物価(10:30)
中国7月生産者物価(10:30)
米6月卸売売上高(23:00)
米6月卸売在庫(23:00)
米10年国債入札

休場:シンガポール、南ア

《米決算発表》
21世紀フォックス

■10(木)
【国内】
6月機械受注(8:50)
7月国内企業物価指数(8:50)
7月都心オフィス空室率(11:00)
6月第三次産業活動指数(13:30)
オプションSQ
東芝、17年3月期の有価証券報告書の提出期限

《決算発表》
洋ゴム、洋エンジ、ユニチャーム、日道路、サカタインクス、浜ゴム、阪和興、シークス、東映、三機工、大気社、LINK&M、パーソルHD、ナフコ、ネクソン、特種東海、北越紀州、アカツキ、関電化、エア・ウォーター、DNC、ケネディクス、そーせい、大平金、ノーリツ、リクルートHD、フジキカイ、ソディック、日本郵政、やまびこ、平田機工、井関農、TPR、日電子、かんぽ、ゆうちょ、タチエス、ナカニシ、Vテクノロジー、東京精、メディキット、シチズン、エイベックス、ニプロ、モスフード、青山商、ヤオコー、大垣銀、宮崎銀、アイフル、トモニHD、セイノーHD、JR九州、上組、アサツーDK、アサヒインテック、K&Oエナジー、トリドールHD、リケン、VTHD、Jトラスト、TKC、LIFULL、Dガレージ、コスモエネHD、マブチ、SOMPOHD、鴻池運輸、カドカワ

【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
米7月生産者物価(21:30)
米7月財政収支(8/11 3:00)
米30年国債入札

《米決算発表》
メーシーズ、コールズ、ニューズ・コーポレーション、ノードストローム、エヌビディア

■11(金)
【国内】
山の日

【海外】
米7月消費者物価(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/07(月) 08:16
 
■NYダウ
 22,092.81 +66.71
■ナスダック
 6,351.56 +11.22
■CME225(円建て)
 20,025 +75(大証比)
■ドイツDAX
 12,297.72 +143.00
■上海総合指数
 3,262.08 -10.85
■ドル円
 110.78

 4日のNY市場は上昇。取引時間前に発表された米7月雇用統計では、非農業部門雇用者数が20万9千人増と予想を上振れたほか、失業率も前月比ほぼ横ばいの低水準となったことを受け、買いが先行。また、貿易赤字の縮小や長期金利の上昇も相場の下支えとなりました。ただ、週末を控えて目先の利益を確定する目的の売りも出やすく上値の重い展開となりました。
 セクター別では、銀行や自動車・自動車部品が上昇する一方でメディアや食品・生活必需品小売が下落しました。
 ADRの日本株は三菱UFJ<8306>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>が小安い他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、京セラ<6971>、三井住友<8316>、日東電<6988>、ルネサス<6723>など、対東証比較(1ドル110.69円換算)で全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/08/07(月) 07:46
 
2017/8/7  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     2.262% (前日比+0.041%)     1.351% (前日比+0.012%)
英国     1.176% (前日比+0.027%)     0.251% (前日比+0.028%)
ドイツ     0.468% (前日比+0.015%)     -0.686% (前日比-0.003%)
ポルトガル 2.867% (前日比+0.008%)     0.082% (前日比-0.043%)
イタリア    2.022% (前日比+0.034%)     -0.211% (前日比+0.020%)
ギリシャ   5.462% (前日比-0.055%)       -
スペイン    1.483% (前日比+0.031%)     -0.316% (前日比+0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 展開

2017/08/06(日) 17:46
 
先週末の米国市場は、9日連続高の高値更新となった。
2万2000ドル台を維持している。この日発表になった米雇用統計が予想を上回る強い内容となったことで寄り付きから買いが先行した。ただ、ダウ平均は上げ幅を伸ばすことはできずに前日付近まで伸び悩む場面も見られたが、底堅い動きを維持し高値更新が続いている。
きょうの強い米雇用統計を受けて市場は、9月のバランスシート縮小期待を更に高め、若干ではあるが年内の利上げ期待も高まっている。それを嫌気して金利に敏感な公益や一般消費財などの売りが上値を抑えている一方で、米国債利回りが上昇していることから銀行株が堅調に推移。

■、平均時給2.5%と低めであったが、ドル高進行となった。ユーロドル下落の反動もあるイメージである。インフレ率の伸びは低くなり追加利上げは遠のきそうである。
米国相場は、利上げが遠のく面、安心感での上昇局面なのかもしれない。夏休みに入りどうなるかである。

IMM通貨先物8月1日主要国通貨
円 112196枚の売り越し 9293枚の売り越し減
ユーロ 82637枚の買い越し 8205枚の買い越し減
ポンド 29452枚の売り越し 3255枚の売り越し増

主な予定 
7日(月)セントルイス連銀総裁、講演 ミネアポリス連銀総裁、講演 OPEC加盟国・非加盟国専門会合 8日(火) 日本国際収支(6月) 中国貿易統計(7月)9日(水 中国消費者物価指数(7月) 中国生産者物価指数(7月)10日(木)NZ中銀政策金利 米生産者物価指数(7月 米新規失業保険申請件数(5日までの週)NY連銀総裁、記者会見
OPEC月報 11日(金) 東京市場は山の日祝日で休場 米消費者物価指数(7月)ダラス連銀総裁、講演ミネアポリス連銀総裁、講演

■ 米国要人発言なでの為替推移は変化はありそうである。

日経ですが、先週も業績の下支えや買い支えもあり、20000円を挟む動きとなった。
ドル安進行でも19900円を切ることなく推移した。
ドル換算ベースも高値持ち合いが続いている。

今週は、週末オプション系のSQもありますが、先月SQ値、20155円まで上昇することがあれば、再び下値も安定なのかもしれない。
ドル円の先週末の伸びも111円あたりまでと安値は重そうにイメージしてますので、今週の米国要人発言でタカ派のコメントに反応しない限り、111円台中盤当たりであろう。
指数は、ボラの低い展開は続きそうであり、何かの悪材料が出ない限り20000円を挟む動きなのかもしれません。
株式は、外人も夏休みに入るので、材料株中心と感じます。このところは、9月併合銘柄の有配株が次から次に物色対象となってます。

今週も見ていきますのでよろしくお願いします。



◆ 大引け概況

2017/08/04(金) 15:30
 
■日経平均      19,952.33(-76.93)

■東証1部出来高    15.15億株

■東証1部売買代金   2.15兆円

■日経平均先物    19,950(-60)

■TOPIX        1,631.45(-2.37)

■騰落        上昇1,107/下落775

■マザーズ指数    1,117.80(+7.55)

■日経JQ       3,320.60(+5.72)

■ドル円       110.10
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は円高進行を嫌気した売り優勢。好業績の個別銘柄物色が続くなか2万円を割り込んだ水準での軟調な推移となりました。
 後場は前引け値から下げ幅を縮小してスタート。日銀のETF買い期待を支えに下げ渋りましたが、米雇用統計の発表を控えていることから、前場以上に様子見ムードの強い相場となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、水産・農林業、パルプ・紙、ガラス土石製品でした。一方、値上がり上位は、精密機器、空運業、小売業となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場は、持ち合いが続いた。
今晩の米国雇用統計後の動きを見ていきます。

ドル換算ベースは、181.26ドル +0.17%でした。  


◆ ご案内

2017/08/04(金) 14:39
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/04(金) 14:01
 
■日経平均      19,970.29(-58.97)

■日経平均先物    19,950(-60)

■TOPIX先物      1,632.50(+0.00)

■騰落        上昇1,003/下落867

■日経JQ       3,320.40(+5.52)

■マザーズ指数    1,115.00(+4.75)

■ドル円       110.09

■NYダウ夜間先物  +27

■上海総合指数後場の寄り付き 3,281.09 前日比+8.16 +0.25%

■指数大型      現値1,483.58  前日比-3.79

■指数中型      現値1,974.28  前日比+1.24

■指数小型      現値3,126.01  前日比+8.97


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/04(金) 12:35
 
ランチバスケットは29件、444.21億円。
差し引き60億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/04(金) 11:45
 
■日経平均      19,956.58(-72.68)

■東証1部出来高    7.10億株

■東証1部売買代金   1兆円

■日経平均先物    19,950(-60)

■TOPIX        1,630.29(-3.53)

■騰落        上昇880/下落963

■マザーズ指数    1,117.98(+7.73)

■日経JQ       3,324.68(+9.80)

■ドル円       110.10
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は円相場が1ドル=109円台後半と円高に振れたことから売り先行、2万円を割り込む水準での推移となりました。前日の米国市場でハイテク株が下落したことを受け、国内市場でもハイテク関連株が下落。その後は決算を手掛かりとした個別物色が続きましたが、今晩の米雇用統計の発表を前に積極的な売買を見送る姿勢が強まり午前の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、海運業、不動産業でした。一方、値上がり上位は、精密機器、サービス業、ゴム製品となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、下値も限定的の持ち合い。
後場は動きが出るのか見ていきます。

ドル換算ベースは、181.22ドル +0.20%と切り返しとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.11%

2017/08/04(金) 10:26
 
上海総合指数 3,269.32 前日比 -3.61 -0.11%


◆ 10時の概況

2017/08/04(金) 10:01
 
■日経平均      19,969.89(-59.37)

■日経平均先物    19,960(-50)

■TOPIX先物      1,630.00(-2.50)

■騰落        上昇818/下落1,025

■日経JQ       3,321.20(+6.32)

■マザーズ指数    1,112.65(+2.40)

■ドル円       110.03

■NYダウ夜間先物  +6

■指数大型      現値1,482.83  前日比-4.54

■指数中型      現値1,970.17  前日比-2.87

■指数小型      現値3,119.70  前日比+2.66


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/04(金) 09:49
 
おはようございます。
東京市場のヤル気のなさに少し失望!
マーケットは夏休みに入ったような状態。
残念な展開となってしまうのか新興市場?このまま下落が続いてしまうのか?
マザーズ指数もマザーズ指数先物にヘッジ売りが入っているようで、マザーズ銘柄は来週9、10、14日に決算が集中しておりそこまでのヘッジがマーケットを揺るがしているようだ。
ただ短期的なリスクヘッジならば決算が出揃えば巻き戻しが発生し、調整終了となるのかもしれない。
しかし、皆様には先週末から買いサインとお伝えしてから現状は厳しい現実となり・・・・・
新興市場だけでなく、決算発表が終わりマーケット環境が整うのを待とう。


本日の先物レンジ
19880~20030円
為替が気になるだろうが、対ドル108円を割れるような現実が訪れない限り好業績の押し目買いスタンス。


◆ 外資系の注文動向

2017/08/04(金) 08:40
 
4日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り760万株、買い820万株で、差し引き60万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(5社ベース)は売り越し。
売りセクターに、銀行、証券、鉄鋼、紙パ、その他製品、精密、薬品、電機、機械など。
買いセクターに、機械、サービス、建設、石油、薬品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/04(金) 08:19
 
■国内(4日)
6月毎月勤労統計調査(9:00)
17年4-6月期の運用実績を公表(GPIF)

《決算発表》
西松建、ミツウロコ、GHD、MCJ、日水、日鉄鉱、ミツコシイセタン、グローリー、シンフォニア、サンゲツ、ゼビオHD、セブン銀行、東センチュリー、住友倉、伊藤忠、バイタルKSK、タキロンシーアイ、月島機、ユアサ商、岩手銀、四国銀、レオパレス21、JAM、ニッコンHD、スズケン、国際帝石、コムシスHD、協エクシオ、日本粉、六甲バタ、博報堂DY、日清オイリオ、エディオン、アルフレッサHD、アリアケ、ケンコーマヨ、ダイワボHD、ウインパートナ、ジョイ本田、サンマルクHD、アイスタイル、日産化、日曹達、KHネオケム、アース製薬、ニッタ、板硝子、リンナイ、東芝機、日特エンシ、ユニオンツール、サトーHD、ブラザー、ミネベアミツミ、堀場製、シスメックス、オプテックスG、日セラミ、日本CMK、双葉電、全国保証いすゞ、トヨタ、曙ブレーキ、ケーヒン、ジャムコ、Uアローズ、コロワイド、タムロン、バンナムHD、アシックス、天馬、AOKIHD、丸井G、ふくおか、南都銀、百五銀、伊予銀、百十四、山口FG、興銀リース、ジャックス、菱地所、リログループ、山陽電、NTT、DTS、福井コンピ、日伝、ノリタケ、TOKAIHD、パーカライ、ゼリア新薬、りらいあ、オカモト、市光工、十六銀、北洋銀行、大阪ソーダ、OBARA-G、亀田菓、フルキャストHD、アクシアル、スクエニHD

■海外(4日)
米7月雇用統計(21:30)
米6月貿易収支(21:30)

《米決算発表》
バークシャー・ハサウェイ、シグナ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/04(金) 08:16
 
■NYダウ
 22,026.10 +9.86
■ナスダック
 6,340.34 -22.31
■CME225(円建て)
 19,955 -55(大証比)
■ドイツDAX
 12,154.72 -26.76
■上海総合指数
 3,272.93 -12.13
■ドル円
 109.94

 3日のNY市場はまちまち。引き続き決算を好感した買いが入り、ダウ平均は小幅ながら8日続伸し最高値を更新。しかし前日に2万2000ドルを突破したことから、高値警戒感や利益確定売りなどが出てもみ合う展開となりました。一方でS&P500とナスダック総合指数は小幅に下落。
 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が「モラー特別検察官がワシントンで大陪審を選定した」と報じ、トランプ政権とロシアとの関係を巡る疑惑の行方が懸念されました。
 セクター別では、運輸や資本財が上昇する一方でエネルギーや食品・生活必需品小売が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、ファーストリテ<9983>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル110円換算)で全般小安い展開となりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/04(金) 08:14
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19960円 -70円
NYCFD 22022ドル -5ドル
ドルインデックス 92.75
VIX 10.44
原油48.97ドル

NYは、ダウ9ドル高、高値警戒感や原油安を嫌気3日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は9.86ドル高の22026.10、ナスダックは22.30ポイント安の6340.34で取引を終了した。朝方は、ダウ平均が5営業日連続で過去最高値を更新し22000ドルを突破したことで、高値警戒感から揉み合う展開となった。7月ISM非製造業景況指数が予想を下振れたほか、原油相場が下落し、S&P500指数とナスダック総合指数に売りが広がったものの、明日の雇用統計結果を見極めたいとの思惑から下値は限られた。

日経ですが、昨日は、買い支えが入り、20000円をキープした。
本日もコメント通りにドル安進行から20000円割れからスタートしますが、買い支えから下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ 為替、109.92円 180ドルから182ドル

 19785円から20005円


◆ 各国債券利回り

2017/08/04(金) 07:50
 
2017/8/4  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.221% (前日比-0.050%)     1.339% (前日比-0.020%)
英国     1.149% (前日比-0.087%)     0.223% (前日比-0.061%)
ドイツ     0.453% (前日比-0.033%)     -0.683% (前日比+0.008%)
ポルトガル 2.859% (前日比-0.005%)     0.125% (前日比-0.002%)
イタリア    1.988% (前日比-0.027%)     -0.231% (前日比-0.004%)
ギリシャ   5.517% (前日比+0.036%)       -
スペイン    1.452% (前日比-0.006%)     -0.321% (前日比+0.015%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/03(木) 15:19
 
■日経平均      20,029.26(-50.78)

■東証1部出来高    16.80億株

■東証1部売買代金   2.24兆円

■日経平均先物    20,010(-60)

■TOPIX        1,633.82(-0.56)

■騰落        上昇986/下落896

■マザーズ指数    1,110.25(-15.65)

■日経JQ       3,314.88(-11.41)

■ドル円       110.72
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落。前場は小幅に下落してスタート。その後売りが強まり、一時は2万円を割り込む場面もみられました。また安倍晋三改造内閣は材料視されず、決算を手掛かりとした個別物色が続きました。
 後場は日銀のETF買い期待を支えに下げ幅を縮小。しかし買い気は続かず、4日に多くの国内企業の決算発表や米雇用統計の公表を控えていることから、徐々にこう着感の強い値動きとなりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、卸売業、パルプ・紙でした。一方、値下がり上位は、輸送用機器、その他製品、電気機器となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■桃太郎
後場も動き出ずの持ち合いとなった。明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、180.95ドル -0.18%と下落となった。


◆ ご案内

2017/08/03(木) 14:38
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/03(木) 14:01
 
■日経平均      20,022.64(-57.40)

■日経平均先物    20,000(-70)

■TOPIX先物      1,631.50(-3.50)

■騰落        上昇741/下落1,149

■日経JQ       3,312.91(-13.38)

■マザーズ指数    1,111.42(-14.48)

■ドル円       110.67

■NYダウ夜間先物  -18

■上海総合指数後場の寄り付き 3,277.88 前日比-7.18 -0.22%

■指数大型      現値1,485.70  前日比-3.47

■指数中型      現値1,969.47  前日比-1.78

■指数小型      現値3,109.77  前日比-5.31


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/03(木) 12:48
 
ランチバスケットは13件、259.05億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/03(木) 11:44
 
■日経平均      20,004.00(-76.04)

■東証1部出来高    8.16億株

■東証1部売買代金   1.05兆円

■日経平均先物    19,980(+90)

■TOPIX        1,629.27(-5.11)

■騰落        上昇619/下落1,252

■マザーズ指数    1,108.09(-17.81)

■日経JQ       3,311.47(-14.82)

■ドル円       110.60
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落。寄り付きから売り先行。小安い水準での推移が続き、徐々に利益を確定する動きなどに押される展開となり、一時は2万円を割り込む場面もみられました。安倍晋三改造内閣は現段階では材料視されず、引き続き決算を手掛かりとした個別物色となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、その他製品、輸送用機器でした。一方、値上がり上位は、空運業、パルプ・紙、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■桃太郎
前場は為替推移が凪状態ですが、リンク度が薄い点や上値の重さもあり利益確定の動き。後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、180.78ドル -0.27%と下落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.15%

2017/08/03(木) 10:26
 
上海総合指数 3,279.99 前日比 -5.07 -0.15%


◆ 10時の概況

2017/08/03(木) 10:01
 
■日経平均      20,064.21(-15.83)

■日経平均先物    20,050(-20)

■TOPIX先物      1,634.00(-1.00)

■騰落        上昇847/下落974

■日経JQ       3,321.96(-4.33)

■マザーズ指数    1,117.85(-8.05)

■ドル円       110.79

■NYダウ夜間先物  -13

■指数大型      現値1,488.19  前日比-0.98

■指数中型      現値1,973.68  前日比+2.43

■指数小型      現値3,113.85  前日比-1.23


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/03(木) 09:01
 
おはようございます。
日経平均は相変わらずもみ合いを見せているが、中身をみると少し雰囲気が変わってきたように思われる。
決算ラッシュとなり好業績銘柄には素直に買いが入っているものもある。
また肝心要の為替であるが、我々の時間軸からだとややドル安の雰囲気漂うが意外と簡単にはドル安にならないと予想している。また我々の分析からだと最近はドル安を懸念する声も聞こえてきたことから、そんな時こそ確率と統計からだとドル安には・・・・・ましてこれは少し前にお伝えしたが、今回のややドル安傾向はポジションによるドル安に過ぎないと思っている。
また原油高も想定通りにジワジワと進んでおり、総合するとまたドル高基調に回復するのではなかろうか。

さて東京市場であるが、新興市場も昨日は良い銘柄には見直し買いが入り..

~以下会員ページ~


◆ ドル建て 日経225

2017/08/03(木) 08:31
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20045円 -35円
NYCFD 22011ドル -5ドル
ドルインデックス、92.92
VIX 10.28
原油 49.52ドル

NYは、ダウ平均は最高値を更新し2万2000ドル台に乗せている。きょうは前日引け後に発表になったアップルの決算が好調だったことからアップル株が大幅高となっておりダウ平均を押し上げた。

日経ですが、昨日は、小幅20000円台での持ち合いとなった。
本日もユーロ高からドル安であるが、持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.78円 180ドルから182ドル

 19940円から20161円


◆ 外資系の注文動向

2017/08/03(木) 08:20
 
3日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り550万株、買い750万株で、差し引き200万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)は売り越し。
売りセクターに、サービス、電機、機械、自動車、化学、食品、紙パ、陸運、銀行など。
買いセクターに、薬品、商社、機械、電機、化学、建設、石油、その他製品、サービスなど」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/03(木) 08:17
 
■国内(3日)
10年物価連動国債入札

《決算発表》
沖縄銀、旭化成、ADEKA、トピー、住友商、琉球銀、日立キャピ三井物、日本紙、ヨネックス、三菱Uリース、日管財、昭和産、カルビー、サッポロHD、アサヒ、キリンHD、グンゼ、日東紡、グリー、日触媒、応化工、ダイセル、ツムラ、テルモ、ヘリオス、CTC、ライオン、長谷川香、ディスコ、三井海洋、クボタ、JUKI、DACHD、ホシデン、アズビル、日ケミコン、日タングス、近畿車、コンコルディア、極東開、スズキ、ワークマン、ニコン、エフピコ、Gウイン千葉銀、紀陽銀行、三井不、NTT都市、西武HD、阪急阪神、TBSHD、NTTデータ、西尾レント、トーカイ、船総研HD、ベネッセHD、テレ東HD、ASB機械、セガサミーHD、レック、長瀬産、武蔵精密、ユニゾHD、SUBARU、西鉄

■海外(3日)
英国金融政策発表
米6月製造業受注(23:00)
米7月ISM非製造業景況指数(23:00)

《米決算発表》
ケロッグ、シマンテック、ノーブル・エナジー、チェサピーク・エナジー、エトナ、デューク・エナジー、モンスター・ビバレッジ、バイアコム、アライアント・エナジー、マイクロチップ・テクノロジー、モトローラ・ソリューションズ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/03(木) 08:13
 
■NYダウ
 22,016.24 +52.32
■ナスダック
 6,362.65 -0.29
■CME225(円建て)
 20,060 -10(大証比)
■ドイツDAX
 12,181.48 -69.81
■上海総合指数
 3,285.06 -7.58
■ドル円
 110.72

 2日のNY株式相場は上昇。良好な決算を発表したアップルが大幅に上昇し相場の上げをけん引しました。ダウ平均はアップルなどのハイテク株の上昇に後押しされ0.24%高と7日続伸。史上初の22000ドル乗せを達成しました。その後は高値圏とあって利益確定売りや、大台に乗せたことの達成感などから上値を追う動きは限られました。
 S&P業種別・騰落率のセクター別では、テクノロジーや公益、資本財が上昇する一方で、通信、不動産、エネルギーが下落。
 ADRの日本株はソニー(東1:6758)やLINE(東1:3938)が約2%下落。三菱UFJ(東1:8306)や野村HD(東1:8604)など金融関連の売りも目立ちました。一方、オリックス(東1:8591)やホンダ(東1:7267)などが上昇しました。


◆ 各国債券利回り

2017/08/03(木) 07:50
 
2017/8/3  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.271% (前日比+0.018%)     1.359% (前日比+0.018%)
英国     1.236% (前日比+0.023%)     0.284% (前日比+0.016%)
ドイツ     0.486% (前日比-0.005%)     -0.691% (前日比+0.004%)
ポルトガル 2.864% (前日比+0.025%)     0.127% (前日比+0.018%)
イタリア    2.015% (前日比-0.004%)     -0.227% (前日比-0.014%)
ギリシャ   5.481% (前日比+0.050%)       -
スペイン    1.458% (前日比+0.020%)     -0.336% (前日比-0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/02(水) 15:31
 
■日経平均      20,080.04(+94.25)

■東証1部出来高    17.18億株

■東証1部売買代金   2.45兆円

■日経平均先物    20,070(+90)

■TOPIX        1,634.38(+5.88)

■騰落        上昇1,172/下落719

■マザーズ指数    1,125.90(+17.03)

■日経JQ       3,326.29(+24.43)

■ドル円       110.81
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は決算を手掛かりとした個別物色に加え、米国株高の流れを受けハイテク株や金融株、電子部品株など幅広く買いが集まり、2万円を超える水準での推移となりました。
 後場は円相場が1ドル=110円台後半と前場より円安に振れたことから、先物買いを交え上げ幅を拡大。高値圏では利益確定売りが出て2万100円を挟みもみ合いとなりましたが、全体としては堅調に推移し本日の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気機器、鉄鋼、その他製品でした。一方、値下がり上位は、パルプ・紙、不動産業、水産・農林業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場も持ち合いとなり推移。明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.28ドル +0.02%と4日続伸となった。


◆ ご案内

2017/08/02(水) 14:29
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/02(水) 14:01
 
■日経平均      20,100.74(+114.95)

■日経平均先物    20,090(+110)

■TOPIX先物      1,636.00(+6.00)

■騰落        上昇1,247/下落643

■日経JQ       3,322.37(+20.51)

■マザーズ指数    1,126.59(+17.72)

■ドル円       110.84

■NYダウ夜間先物  +38

■上海総合指数後場の寄り付き 3,294.98 前日比+2.34 +0.07%

■指数大型      現値1,490.31  前日比+7.52

■指数中型      現値1,974.79  前日比+6.19

■指数小型      現値3,118.85  前日比+24.29


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/02(水) 12:36
 
ランチバスケットは34件、396.43億円。
差し引き50億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/02(水) 11:47
 
■日経平均      20,068.66(+82.87)

■東証1部出来高    8.27億株

■東証1部売買代金   1.16兆円

■日経平均先物    20,060(+80)

■TOPIX        1,633.08(+4.58)

■騰落        上昇1,041/下落848

■マザーズ指数    1,124.38(+15.51)

■日経JQ       3,314.60(+12.74)

■ドル円       110.56
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸。1日の米国株高を受け買い優勢でスタート。寄り付き直後に2万100円台を突破する場面も見られ、その後は利益確定売りや円相場への警戒感から上げ幅を縮めましたが、2万円を超える水準での推移となりました。本日も決算を手掛かりとした個別物色が続き、また前日の米国市場でのハイテク・金融株高を受け、国内市場でもハイテク株や金融株などが堅調な推移となりました。
 
 業種別では、値下がり上位は、水産・農林業、鉱業、建設業。一方、値上がり上位は、鉄鋼、電気機器、その他金融業となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後上値重く、小幅推移となった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.52ドル +0.21%と4日続伸となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.13%

2017/08/02(水) 10:26
 
上海総合指数 3,288.52 前日比 -4.12 -0.13%


◆ 10時の概況

2017/08/02(水) 10:02
 
■日経平均      20,028.45(+42.66)

■日経平均先物    20,030(+50)

■TOPIX先物      1,630.00(+0.00)

■騰落        上昇868/下落968

■日経JQ       3,314.32(+12.46)

■マザーズ指数    1,123.70(+14.83)

■ドル円       110.41

■NYダウ夜間先物  +32

■指数大型      現値1,485.84  前日比+3.05

■指数中型      現値1,966.24  前日比-2.36

■指数小型      現値3,097.36  前日比+2.80


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/02(水) 09:06
 
おはようございます。
先週末、新興市場買い発令を出したがマザーズ指数のチャートが滑落。
山を登り始めたら足を滑らしたようなチャート!
滑落により怪我の治療が必要な時間軸となるのか?軽傷ならまた登り始められるが。
結果的に少し残念なテクニカルとなってしまっている。
このまま滑落が続くようだと皆様に買い発令を出したが謝らなくてはならない。
リスク管理からならばここは少し不安が。
まして昨日のマザーズ指数に関しては、トランプ相場が始まって以来の出来高が出来ての急落であったからだ。
その反面、決算発表からの好業績銘柄、バリュー株への資金シフトが見てとれた。


本日の先物レンジ
19970~20180円
マーケットを見極めて好業績銘柄を狙う形か。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/02(水) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20065円 +79円
NYCFD 21991ドル +27ドル
ドルインデックス、93.03
VIX 10.09
原油 48.79ドル

NYは、ダウ72ドル高、好調な主要決算が株価押し上げ1日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は72.80ドル高の21963.92、ナスダックは14.81ポイント高の6362.94で取引を終了した。アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。複数の主要企業決算が好感されたほか、インフレ指標の一つである個人消費支出(PCE)の伸びが鈍化したことで、追加利上げ観測が後退し、終日堅調推移となった。しかし、高値警戒感もあり上値は限られた。

日経ですが、昨日も下値は限定的の持ち合い。
為替推移は、110円前半での推移ですが、本日は、海外動向高から高くなるのでしょうか。見ていきます。

想定レンジ、為替、110.36 179ドルから182ドル

 19757円から20085円


◆ 外資系の注文動向

2017/08/02(水) 08:19
 
2日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1410万株、買い1550万株で、差し引き140万株の買い越し。買い越しは5営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、その他金融、電機、銀行、証券、食品、非鉄、薬品、サービス、精密、繊維など。
買いセクターに、薬品、サービス、電機、情報通信、その他製品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/08/02(水) 08:14
 
■国内(2日)
7月マネタリーベース(8:50)
7月消費動向調査(14:00)

《決算発表》
カカクコム、エーザイ、小野薬、大正薬HD、王子HD、レンゴー、三井化学、エネクス、プリマハム、三菱ガス、日油、丸紅、三菱商、芙蓉リース、ホクト、山崎パン、丸大食、夢真HD、あらた、キッコーマン、JT、トーカロ、コロプラ、住精化、JCU、UACJ、古河電、オイレス工、山洋電、日光電、メガチップス、イリソ電子、カシオ、ニチコン、日立造、JIA、マツダ、セイコーHD、新生銀、山梨銀、福井銀、広島銀、中国銀、アプラスF、京急、富士急、ANA、イビデン、淀川鋼、ダイヘン、スカパーJ、東海カ、フジミインコ、NTN、名銀

■海外(2日)
ASEAN閣僚会議(~8/8マニラ)
米7月ADP雇用統計(21:15)

《米決算発表》
テスラ・モーターズ、AIG、ナイソース、バルカン・マテリアルズ、ヒューマナ、モルソン・クアーズ、タイム・ワーナー、レイノルズ・アメリカン、メットライフ、アメリカン・ウォーター・ワークス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/02(水) 08:12
 
■NYダウ
 21,963.92 +72.80
■ナスダック
 6,362.94 +14.82
■CME225(円建て)
 20,005 +25.00(大証比)
■ドイツDAX
 12,251.29 +133.04
■上海総合指数
 3,292.64  +19.61
■ドル円
 110.37

 1日のNY市場は上昇。多くの主要企業の決算が良好な結果となり買い先行。ハイテク株や金融株など幅広い銘柄に買いが集まり、主要3指数がそろって上昇し、ダウ平均は5日連続で最高値を更新しました。また米連邦準備理事会(FRB)が利上げ判断で重視する個人消費支出(PCE)の伸びが4ヶ月連続で鈍化。追加利上げ観測が後退し追い風となりました。
 セクター別では、銀行や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で自動車・自動車部品や食品・飲料・タバコが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル110.36円換算)で全般しっかりでした。


◆ 各国債券利回り

2017/08/02(水) 08:06
 
2017/8/2  7時08分現在

         10年債                      2年債
米国     2.253% (前日比-0.041%)     1.341% (前日比-0.008%)
英国     1.213% (前日比-0.017%)     0.268% (前日比-0.001%)
ドイツ     0.491% (前日比-0.052%)     -0.695% (前日比-0.015%)
ポルトガル 2.839% (前日比-0.042%)     0.109% (前日比-0.014%)
イタリア    2.019% (前日比-0.075%)     -0.213% (前日比-0.013%)
ギリシャ   5.431% (前日比+0.033%)       -
スペイン    1.438% (前日比-0.062%)     -0.331% (前日比-0.016%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/08/01(火) 15:30
 
■日経平均      19,985.79(+60.61)

■東証1部出来高    19.44億株

■東証1部売買代金   2.6兆円

■日経平均先物    19,980(+40)

■TOPIX        1,628.50(+9.89)

■騰落        上昇1,112/下落813

■マザーズ指数    1,108.87(-45.65)

■日経JQ       3,301.86(-38.26)

■ドル円       110.26
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は円高基調にある為替相場を嫌気し小幅に下落してスタート。その後まもなく個別物色を支えに切り返しの動きとなり、一時は2万円に迫る場面もみられましたが、引け間際に上げ幅を縮小しました。
 後場は前場終値から上昇。引き続き好業績銘柄に買いが入りながらも、円高水準の為替相場を警戒しこう着感の強い値動きとなりました。また今週は米国雇用統計の発表や内閣改造など重要イベントを控えていることから、積極的な売買を手控える動きも見られました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、銀行業、陸運業でした。一方、値下がり上位は、電気機器、非鉄金属、ガラス土石製品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
後場も相変わらず、下値の限定的な小幅持ち合いとなった。
明日も見ていきます。  

ドル換算ベースは、181.25ドル +0.52%と続伸となった。  


◆ ご案内

2017/08/01(火) 14:28
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/08/01(火) 14:01
 
■日経平均      19,981.39(+56.21)

■日経平均先物    19,960(+20)

■TOPIX先物      1,627.00(+7.50)

■騰落        上昇950/下落965

■日経JQ       3,308.31(-31.81)

■マザーズ指数    1,113.45(-41.07)

■ドル円       110.20

■NYダウ夜間先物  +91

■上海総合指数後場の寄り付き 3,287.31 前日比+14.28 +0.44%

■指数大型      現値1,481.60  前日比+8.82

■指数中型      現値1,965.25  前日比+10.87

■指数小型      現値3,087.46  前日比-10.28


◆ お昼のバスケット取引

2017/08/01(火) 12:38
 
ランチバスケットは16件、237.77億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/08/01(火) 11:50
 
■日経平均      19,959.41(+34.23)

■東証1部出来高    9.85億株

■東証1部売買代金   1.3兆円

■日経平均先物    19,950(+10)

■TOPIX        1,625.08(+6.47)

■騰落        上昇949/下落949

■マザーズ指数    1,112.23(-42.29)

■日経JQ       3,309.82(-30.30)

■ドル円       110.07

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発。朝方は円高進行を嫌気した売り優勢。前日の米国市場で主力ハイテク株に売りが強まったことから、国内でもハイテク株の売りが出ましたが、その後決算を手掛かりとした個別物色を支えに上昇。先物買いを交え徐々に上げ幅を拡大し、一時は2万円に迫る動きとなりました。一方、これまで人気化していた材料株は売りに押され、マザーズ指数は大幅下落となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、陸運業、保険業でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、電気機器となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
前場は、持ち合いとなり為替リンク度は薄く、下値も限定的である。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、続伸の181.34ドル +0.56%となった。  


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.04%

2017/08/01(火) 10:26
 
上海総合指数 3,274.37 前日比 +1.34 +0.04%


◆ 10時の概況

2017/08/01(火) 10:01
 
■日経平均      19,949.63(+24.45)

■日経平均先物    19,940(±0)

■TOPIX先物      1,623.50(+4.00)

■騰落        上昇1,094/下落796

■日経JQ       3,323.94(-16.18)

■マザーズ指数    1,135.64(-18.88)

■ドル円       110.25

■NYダウ夜間先物  +41

■指数大型      現値1,477.08  前日比+4.30

■指数中型      現値1,962.48  前日比+8.10

■指数小型      現値3,097.15  前日比-0.59


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/08/01(火) 09:10
 
おはようございます。
皆様には我々が感じたことをお伝えしていたが、本日の日経新聞にも7割の上場企業が増益と!
決算だけでなく株価を見ていると、今年に入り化学株の上昇が目立つ!
このセクターは自動車への特殊樹脂、半導体の材料、ここに来てはリチウムイオン電池の部材などが好感されているが、恐らくこのセクターはそこそこ好決算を生み出してきそうだ。

さて、我々の時間軸からなら8月から秋までは新興市場と予想し先週末に皆様には買い発令のサイン点灯をお伝えしたが、新興市場第2幕の上昇を期待し、また8号目辺りで休憩したいと皆様にお伝え出来ることを期待したい。
そして今は5号目辺りを出発したばかり。今月末に一段上に株価が向かっていることを期待している。


本日の先物レンジ
19830~20020円
悲観するような材料は見当たらないが。


◆ 外資系の注文動向

2017/08/01(火) 08:25
 
8月1日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1000万株、買い750万株で、差し引き250万株の売り越し。売り越しは4営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、食品、不動産、サービス、情報通信、電機、薬品、銀行など。
買いセクターに、電機、薬品、小売、化学など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/08/01(火) 08:20
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19935円 +9円
NYCFD 21916ドル +25ドル
ドルインデックス、92.95
VIX 10.26
原油 50.17ドル

NYは、ダウ60ドル高、ハイテク株には売りが広がる31日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は60.81ドル高の21891.12、ナスダックは26.55ポイント安の6348.12で取引を終了した。大半の主要企業決算が好調であることから投資家心理が改善し、買いが先行。一方で、ハイテク株が売られたほか、原油相場の下落に伴い、上げ幅を縮小した。今週発表される主要決算や雇用統計結果を見極めたいとの思惑から下値は限られた。

日経ですが、昨日も下値は限定的の持ち合い。決算動向が下支え。
本日もユーロ高からドル安となり、110円台前半であるが、持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.37円 179ドルから181ドル

 19756円から19976円


◆ 本日の予定

2017/08/01(火) 08:16
 
■国内(1日)
7月自動車販売台数(14:00)
東芝(6502)が東証1部から2部に指定替え
10年国債入札

《決算発表》
帝人、東ソー、科研薬、中国塗、ニチレイ、三菱ケミHD、いなげや、東邦銀、相鉄HD、京王、寿スピリッツ、アウトソシング、ティーガイア、住友化、宇部興、参天薬、みらかHD、キッセイ薬、大塚商、ノエビアHD、JFEHD、FCM、住友電、長府製、日精工、イーグル、GSユアサ、ソニー、ローム、NOK、ホンダ、日ユニシス、デサント、東邦HD、群馬銀、武蔵銀、中京銀、KDDI、カゴメ、東京エネシス、東急不HD、EPS、サンリオ、三菱UFJ、コカコーラBJI、タカラスタン、旭硝子、ヤマハ

■海外(1日)
中国財新7月製造業PMI(10:45)
豪州準備銀行理事会
ユーロ圏4-6月期GDP(18:00)
米6月個人所得(21:30)
米6月個人支出(21:30)
米7月ISM製造業景況指数(23:00)
米6月建設支出(23:00)

《米決算発表》
ファイザー、スプリント、アップル、エマソン・エレクトリック、ゼロックス、アンダーアーマー、CMEグループ、インサイト、モザイク、カミンズ、エコラボ、デボン・エナジー

休場:スイス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/08/01(火) 08:13
 
■NYダウ
 21,891.12 +60.81
■ナスダック
 6,348.12 -26.55
■CME225(円建て)
 19,925 -15.00(大証比)
■ドイツDAX
 12,118.25 -44.45
■上海総合指数
 3,273.03 +19.79
■ドル円
 110.30

 31日のNY市場はまちまち。多くの主要企業の決算で良好な結果が続き、投資家心理が改善され買い先行となりました。ダウ平均は最高値を更新する一方で、主力ハイテク株に再び売りが強まりナスダック総合指数は続落となりました。
 セクター別では、食品・生活必需品小売やメディアが上昇する一方で素材や小売が下落。
 ADRの日本株は日東電<6988>、三井住友<8316>、キヤノン<7751>、オリックス<8591>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、任天堂<7974>が軟調など対東証比較(1ドル110.25円換算)で高安まちまちでした。


◆ 各国債券利回り

2017/08/01(火) 07:53
 
2017/8/1  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.294% (前日比+0.005%)     1.349% (前日比+0.002%)
英国     1.230% (前日比+0.012%)     0.269% (前日比+0.012%)
ドイツ     0.543% (前日比+0.001%)     -0.680% (前日比-0.003%)
ポルトガル 2.881% (前日比-0.045%)     0.123% (前日比-0.016%)
イタリア    2.094% (前日比-0.028%)     -0.200% (前日比+0.006%)
ギリシャ   5.398% (前日比+0.022%)       -
スペイン    1.500% (前日比-0.025%)     -0.315% (前日比-0.033%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず