日経平均先物と釣り人と桃太郎(タイトル)
日経平均先物と釣り人と桃太郎のTOPへ

2017/06

◆ 桃太郎

2017/06/30(金) 22:15
 
個人所得(5月)21:30
結果 0.4%
予想 0.3% 前回 0.3%(0.4%から修正)(前月比)

個人支出(5月)21:30
結果 0.1%
予想 0.1% 前回 0.4%(前月比)

一連の米経済指標の発表後にドル円は112.20近辺へと上昇。米10年債利回りが発表前の2.26%台から発表後には2.28%台へと上昇していることに反応。

ドル円、112.38円 5万ドルショート指値入れときます。持越し。

NY次第となります。

130円売り指値もできれば、ロスカットなしで、持越しします。

お疲れさまでした。


◆ 桃太郎

2017/06/30(金) 20:27
 
米国タイムとなって、ユーロ調整や米国金利上昇からドル高。
ドルインデックス、8571台に上昇。

ラージ、ポイントの20070円が高値。
原油 45.28ドル持ち合い。

ナス100先物 +22P

米5月個人所得・個人支出(21:30)
米6月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)

本日は、米5月個人所得・個人支出語、また連絡します。
現在は、昨日の反転なので様子見。


◆ 大引け概況

2017/06/30(金) 15:33
 
■日経平均      20,033.43(-186.87)

■東証1部出来高    19.68億株

■東証1部売買代金   2.6兆円

■日経平均先物    19,990(-220)

■TOPIX        1,611.90(-12.17)

■騰落        上昇490/下落1,409

■マザーズ指数    1,181.74(-3.63)

■日経JQ       3,251.67(-0.69)

■ドル円       111.98
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米国市場の下落を受け大幅安。下げ幅が200円を超え2万円の大台を下回る場面も見られましたが、下値では押し目買いや日銀のETF買い期待などから下げ渋り、マイナス圏での推移が続きました。
 後場は取引開始後2万円を挟んでの小動き。売買が交錯するなか欧州米国株安や月末要因、2日に投開票する東京都議選の影響を危惧する声もあり、持ち高調整の売りが上値を抑える展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他製品、水産・農林業、食料品。一方、値上がりしたのは、鉱業、鉄鋼、保険業のみとなりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数も反落しました。
 
■桃太郎
後場は、安値持ち合いから小動きの展開となった。
現物は、20000円台維持となった。

ドル換算ベースは、178.86ドル -0.75%でした。


◆ ご案内

2017/06/30(金) 14:34
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/30(金) 14:01
 
■日経平均      19,981.19(-239.11)

■日経平均先物    19,970(-240)

■TOPIX先物      1,608.50(-15.00)

■騰落        上昇448/下落1,454

■日経JQ       3,244.04(-8.32)

■マザーズ指数    1,176.45(-8.92)

■ドル円       111.90

■NYダウ夜間先物  +36

■上海総合指数後場の寄り付き 3,182.83 前日比-5.23 -0.16%

■指数大型      現値1,465.16  前日比-14.26

■指数中型      現値1,947.42  前日比-18.84

■指数小型      現値3,046.36  前日比-17.55


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/30(金) 12:44
 
ランチバスケットは46件、402.74億円。
差し引き40億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/30(金) 11:46
 
■日経平均      20,000.88(-219.42)

■東証1部出来高    9.48億株

■東証1部売買代金   1.25兆円

■日経平均先物    19,980(-230)

■TOPIX        1,609.78(-14.29)

■騰落        上昇357/下落1,536

■マザーズ指数    1,173.22(-12.15)

■日経JQ       3,236.86(-15.50)

■ドル円       111.75
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。29日の米国市場の下落を受け大幅安でスタート、下げ幅が200円を超え2万円の大台を下回る場面も見られ売り優勢となりました。月末の持ち高調整の売りも続くなか日銀のETF買いへの期待から下げ渋り、安値圏で推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他製品、食料品、水産・農林業でした。一方、値上がり上位は、鉱業、鉄鋼、銀行業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数も反落しました。
 
■桃太郎
前場は、安寄り後、下値は限定的の持ち合いとなった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、178.88ドル -0.74%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.35%

2017/06/30(金) 10:26
 
上海総合指数 3,176.95 前日比 -11.11 -0.35%


◆ 中国6月製造業PMI 51.7

2017/06/30(金) 10:07
 
中国6月製造業PMIは51.7
市場予想の51.1を上回る。


◆ 10時の概況

2017/06/30(金) 10:01
 
■日経平均      19,971.72(-248.58)

■日経平均先物    19,950(-260)

■TOPIX先物      1,606.00(-17.50)

■騰落        上昇191/下落1,721

■日経JQ       3,235.46(-16.90)

■マザーズ指数    1,173.22(-12.15)

■ドル円       111.99

■NYダウ夜間先物  +37

■指数大型      現値1,465.11  前日比-14.31

■指数中型      現値1,941.98  前日比-24.28

■指数小型      現値3,030.22  前日比-33.69


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/30(金) 09:23
 
おはようございます。
米国株は年初からマーケットのけん引役を遂げていた「FANG株」を中心としたハイテク株に売りが。
FANGに関しては投資家も何らかの売る理由が欲しがっていた!のは間違いない。
それが残念ながら重なり調整局面となっている。
ただハイテク株に関してはマーケット全体からすると業種別では割安となりつつあるため、我々は週明け以降少し買ってみようかと作戦を練っている最中である。
さて、東京市場は本日で6月の取引も終わるが皆様の投資成績はどうだっただろうか?
マーケット全般に相場も悪くなかっただろうからそこそこの成績を納めることができたのではなかろうか。
今月最後に○×××(○○:××○○)を紹介しておくが。
Yahooと協働したり、多くの地銀と提携し投信などを販売するところを考えると今後面白そうな銘柄となりそうだ。


本日の先物レンジ
19940~20080円


◆ 釣り人

2017/06/30(金) 08:44
 
日経平均先物の現在の気配は19960
前日比250円安のところです。

ドル円111.97
昨晩113円に迫るところまでありましたが、そこが上髭となり少し円高気味です。

ニューヨークダウ167ドル安。
一昨晩の上げが戻り売りの場面だったというのが見てとれます。
日足で三段下げに入っています。
ナスダックは90ポイント安。
ザラバ安値は6月の安値を割り込んでおります。
海外市場が安くなるのはある程度は許容範囲、ただ円安トレンドと公的資金の買いつけが行われ、日本株はそうなってもあまり下がらないであろうというのが私の見方です。

ただ週足チャートがどうやら陰線で終わる可能性が出てきました。
今週の始めは20080円、終値がどうなるのかを見ながらザラバの解説をしていきます。
ETFの買い付けが行われる可能性が高くなります。その辺りを見まして随時連絡していきます。
週末です、よろしくお願い致します。

※大きく下落したことにより桃太郎の先物のポジションは良好になりつつあります。
さて私の朝イチの書き込みは本日で終了致します。
長い間ありがとうございました。
釣り人は釣り人で「日経225先物と釣り人」を頑張ります。
どうぞよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/30(金) 08:23
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19996円 -224円

NYは、ダウ167ドル安、ハイテクセクターに売りが広がるNYダウ       ナスダック終値:21287.03 終値:6144.35前日比:-167.58 前日比:-90.06始値:21487.38 始値:6215.49高値:21487.38 高値:6216.6029日の米国株式相場は下落。ダウ平均は167.58ドル安の21287.03、ナスダックは90.06ポイント安の6144.35で取引を終了した。朝方は、米連邦準備制度理事会(FRB)によるストレステスト(健全性審査)で大手銀行すべてが合格したことで金融株を中心に上昇したものの、ハイテク株の売りが上げ幅を打ち消し、軟調推移となった。1-3月期GDP確定値が予想を上回ったものの、相場への影響は限られた。

日経ですが、昨日も小幅推移の持ち合いとなりボックスの高値付近となった。
本日は、円売りとなり、112円前後の持ち合いとなっている。
海外動向はリスク回避の動きとなり下落となっているが、日経は安寄り後も下値は限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、112.00円 175ドルから179ドル

 19600円から20048円


◆ 外資系の注文動向

2017/06/30(金) 08:21
 
30日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1290万株、買い1090万株で、差し引き200万株の売り越し。売り越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
売りセクターに、電機、精密、食品、薬品、通信、自動車、小売など。
買いセクターに、機械、サービス、銀行、情報通信、その他製品、不動産、陸運、精密など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/30(金) 08:17
 
■国内(30日)
5月消費者物価指数(8:30)
5月失業率・有効求人倍率(8:30)
5月家計調査(8:30)
5月鉱工業生産(8:50)

《決算発表》
ダイセキソリュ、トライステージ、ソーバル、きょくとう、アダストリア、トシンG、DCM、テクノアルファ、スター・マイカ、クラウディア、パイプドH、WNIウェザー、USEN、アクトコール、マルマエ、ジンズメイト、スギHD、タカキュー、UCS、ケーヨー、ダイセキ、アルテック

■海外(30日)
中国6月製造業PMI(10:00)
中国6月非製造業PMI(10:00)
米5月個人所得・個人支出(21:30)
米6月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)

《米決算発表》
マイクロン・テクノロジー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/30(金) 08:13
 
■NYダウ
 21,287.03 -167.58
■ナスダック
 6,144.35 -90.06
■CME225(円建て)
 19,975 -235(大証比)
■ドイツDAX
 12,416.19 -231.08
■上海総合指数
 3,188.06 +14.86
■ドル円
 111.96

 29日のNY市場は下落。FRBのストレス・テストに合格し株主還元策を発表した金融株を中心に上昇したものの、相場上昇を牽引してきたハイテク株への利益確定売りが上げ幅を打ち消し軟調推移となりました。1~3月期GDP確定値が予想を上回る結果でしたが、相場への影響は限定的となりました。
 セクター別では、銀行や自動車・自動車部品が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>など、対東証比較(1ドル112.13円換算)で全般軟調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/30(金) 08:13
 
2017/6/30  7時現在

         10年債                      2年債
米国     2.267% (前日比+0.039%)     1.369% (前日比+0.016%)
英国     1.250% (前日比+0.096%)     0.360% (前日比+0.066%)
ドイツ     0.452% (前日比+0.084%)     -0.564% (前日比+0.016%)
ポルトガル 3.034% (前日比+0.053%)     0.171% (前日比-0.024%)
イタリア    2.152% (前日比+0.120%)     -0.119% (前日比+0.041%)
ギリシャ   5.434% (前日比-0.063%)       -
スペイン    1.533% (前日比+0.104%)     -0.254% (前日比+0.012%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/06/29(木) 22:37
 
米国寄りは、まちまち。ナスは、-0.41% ナス100は、-0.76%なので、日経指数は上値は限定的かと思います。

ドル円は、上昇。計45万ショート持ち。
113.35円で逆指値のロング、15万ドルは入れました。

指数は、280円ロスカットで持越します。

一応、新規に買い指値で、3枚 075円は入れときます。

お疲れさまでした。


◆ 桃太郎

2017/06/29(木) 16:56
 
ユーロ高止まりません。1.1425ドル
ドルインデックス 95.75

ただ、米湖金利下落となってますので、ドル円は、112.49と一応本日安値。
困ったもんです。方の崩れの113.10円あたりになったら考えます。

指数は、下値も高値も限定的と感じます。

ただ、ロスカットは、280円とします。113円超えれば付きそうなので、・・・


◆ 桃太郎

2017/06/29(木) 16:36
 
ご迷惑でした。

欧州タイムとなって、ポンドル高からユーロも刺激。

ユーロ円、ほぼ高値のロスカット、-50pips

本日のイブニングは昨晩同様な現在はイメージ。


◆ 大引け概況

2017/06/29(木) 15:32
 
■日経平均      20,220.30(+89.89)

■東証1部出来高    19.50億株

■東証1部売買代金   2.44兆円

■日経平均先物    20,210(+70)

■TOPIX        1,624.07(+9.70)

■騰落        上昇1,513/下落398

■マザーズ指数    1,185.37(+18.86)

■日経JQ       3,252.36(+14.24)

■ドル円       112.27
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発。前場は寄り付き直後に年初来高値を上回る上昇、その後利益確定売りなどにより上げ幅を縮小する場面も見られましたが、やや円安に振れた為替相場を支えに切り返す動きとなりました。
 後場は取引開始後から売り買いが交錯する方向感の定まらない値動きに。本日は株主総会集中日でしたが目立った動きは見られませんでした。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、その他製品、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、繊維製品、食料品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数も反発しました。
 
■桃太郎
後場も小動きで底堅く推移。明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、180.22ドル +0.41%となった。


◆ ご案内

2017/06/29(木) 14:39
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/29(木) 14:04
 
■日経平均      20,212.93(+82.52)

■日経平均先物    20,200(+60)

■TOPIX先物      1,623.00(+6.50)

■騰落        上昇1,414/下落463

■日経JQ       3,252.03(+13.91)

■マザーズ指数    1,187.51(+21.00)

■ドル円       112.22

■NYダウ夜間先物  +37

■上海総合指数後場の寄り付き 3,184.06 前日比+10.86 +0.34%

■指数大型      現値1,479.29  前日比+7.86

■指数中型      現値1,964.09  前日比+9.58

■指数小型      現値3,059.23  前日比+23.26


◆ バランス投資顧問からのお知らせ

2017/06/29(木) 13:05
 
釣り人です。いつも弊社のページご覧いただきありがとうございます。現在、梅雨の真っ最中ですが、七夕が近づいています。
めっきり田舎での夏まつりが減ったと感じておりますが、弊社でささやかな夏祭りを行っております。7月7日の終わり値を当てるというハードルがありますが、今の日経平均は膠着相場ですから申し込めば当たる確率が高いかもしれません。
明日朝8:00で締め切りです。まだの方は今申し込みください、「夜に~」と言っていると忘れてしまいますよ!

▼七夕祭りのお申込みはコチラ▼
七夕キャンペーン


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/29(木) 12:35
 
ランチバスケットは21件、483.83億円。
差し引き30億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/29(木) 11:45
 
■日経平均      20,238.85(+108.44)

■東証1部出来高    9.87億株

■東証1部売買代金   1.23兆円

■日経平均先物    20,230(+90)

■TOPIX        1,624.47(+10.10)

■騰落        上昇1,390/下落485

■マザーズ指数    1,176.16(+9.65)

■日経JQ       3,243.85(+5.73)

■ドル円       112.25
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。寄り付き直後に20日に付けた年初来高値を上回り買い優勢でスタート、その後利益確定売りに押され上げ幅を縮小しましたが切り返す動きとなりました。下げた場面では年金など買い遅れていた機関投資家が下値を支えているとの見方もあり、また為替相場が1ドル=112円台前半とやや円安に振れていることも買い安心感となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、証券商品先物、銀行業でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、食料品、鉱業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数も反発しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後小幅推移の持ち合いとなった。
日本時間でもユーロ高から買戻し優先となってるイメージ。ボックス内の動きとなった。後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、180.33ドル +0.48%と切り返しとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.06%

2017/06/29(木) 10:26
 
上海総合指数 3,174.98 前日比 +1.78 +0.06%


◆ 10時の概況

2017/06/29(木) 10:01
 
■日経平均      20,215.03(+84.62)

■日経平均先物    20,200(+60)

■TOPIX先物      1,621.50(+5.00)

■騰落        上昇1,394/下落459

■日経JQ       3,246.37(+8.25)

■マザーズ指数    1,176.20(+9.69)

■ドル円       112.26

■NYダウ夜間先物  +34

■指数大型      現値1,478.82  前日比+7.39

■指数中型      現値1,961.57  前日比+7.06

■指数小型      現値3,049.69  前日比+13.72


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/29(木) 09:26
 
おはようございます。
日経平均はもみ合いの時間軸。これはここ最近言い続けているが基本スタンスとして我々は現状弱気ではない。
日経平均は20800円に向かう過程でのもみ合い。
また20800円が高値ではなくその時の為替が110円を割り込んでいなければ、為替分がプラスされ現状の対ドル112円のラインからだと日経平均は20950円であることを今朝は皆様にお伝えしておきたい。
また新興市場については先週末にお伝えしたように暫く小休止。
第2幕半の小休止であって我々としてはここでの調整は最高のトレンド形成だと思っている。
そしてまだまだ始まったばかりの東証2部株相場!きっと訪れ投資家は気が付くだろう。
そして材料株やテーマ株はますます良好な相場展開が続くだろう。

そこで今朝、ここで面白そうだと聞いた東証2部株からは○○×△(○○:××○○)だ。
伊藤忠丸紅から社長が就任したことにより、今迄の経営を一新するだろう。
日本は建設株の業績は順調に推移しており同社も建設、自動車などの産業用ネジなとは増産による製造コスト削減が寄与してくるはずだ。


本日の先物レンジ
20160~20370円


◆ 釣り人

2017/06/29(木) 08:44
 
日経平均先物の現在の気配は20240
前日比100円高のところです。

ドル円112.32
昨晩はさほど動きがなかったのですが対ユーロに関しては円安が進んでいます。

ニューヨークダウ143ドル高、大幅高となりました。
これは予測が外れています。
ナスダックも87ポイント高の大幅反発。

さて日経平均先物は6月20日の高値20290円を上抜く動きとなるのか?注目される1日となります。
昨晩のイブニングはあまりにも動きが小さく薄利での撤退となっております。
本日は押し目があれば「買い」で入りたいと考えています。ちょっと高寄りですから寄り付きは静観。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/29(木) 08:31
 
29日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り470万株、買い1120万株で、差し引き650万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、ゴム、食品、不動産、電力、情報通信など。
買いセクターに、自動車、銀行、不動産、保険、電機、化学など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/29(木) 08:25
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20276円 +146円

NYは、ダウ平均は143.95ドル高の21454.61、ナスダックは87.79ポイント高の6234.41で取引を終了した。 昨日のドラギ欧州中銀総裁の発言や主要経済指標を受けた長期金利の上昇が続いており、金融セクターを中心に買いが先行。ハイテク株にも買い戻しが広がり終日堅調推移となった。

日経ですが、昨日も下値は限定的の持ち合いとなった。
本日は、リスクオンから米国高から戻り高値更新するのか見ていきます。

想定レンジ、為替、112.35円 178ドルから181ドル

 19998円から20335円


◆ 本日の予定

2017/06/29(木) 08:17
 
■国内(29日)
株主総会集中日
5月商業動態統計(8:50)

《決算発表》
夢の街、ハローズ、銚子丸、シーズメン、クスリのアオキ、ストライク、ナガイレーベ、スター精、セキチュー

■海外(29日)
米1-3月期GDP 確定値(21:30)

《米決算発表》
ナイキ、マコーミック

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/29(木) 08:11
 
■NYダウ
 21,454.61 +143.95
■ナスダック
 6,234.41 +87.79
■CME225(円建て)
 20,210 +70(大証比)
■ドイツDAX
 12,647.27 -23.75
■上海総合指数
 3,173.20 -18.00
■ドル円
 112.34
 
 28日のNY市場は上昇。昨日のドラギ欧州中銀総裁の発言を受け金融緩和政策の早期縮小観測が後退、主要経済指標を受けた長期金利の上昇が続き金融、テクノロジー株をはじめ幅広いセクターが上昇しました。大きく下げていたハイテク株にも買い戻しが入り終日堅調推移となりました。
 セクター別では、銀行や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で公益事業や家庭用品・パーソナル用品が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル112.29円換算)で全般堅調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/29(木) 08:11
 
2017/6/29  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.228% (前日比+0.023%)     1.353% (前日比-0.016%)
英国     1.154% (前日比+0.064%)     0.294% (前日比+0.027%)
ドイツ     0.368% (前日比-0.002%)     -0.580% (前日比-0.021%)
ポルトガル 2.981% (前日比-0.089%)     0.195% (前日比-0.029%)
イタリア    2.032% (前日比-0.028%)     -0.160% (前日比-0.041%)
ギリシャ   5.497% (前日比+0.010%)       -
スペイン    1.429% (前日比-0.066%)     -0.266% (前日比-0.022%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/06/28(水) 22:49
 
英中銀総裁、ある程度の刺激策の解除が必要となる公算

今度は、ポンド急上昇。

ドル円一時、112.25円

後、2日粘れるか・・・


◆ 桃太郎

2017/06/28(水) 22:21
 
■ ECB政策当局者に近い複数の関係者によると、前日のECBフォーラムでのドラギ総裁の発言は、ユーロ圏経済の力強さと金融面での支援が引き続き必要なことのバランスをとることを意図したものであるという。ECB報道官はコメントを差し控えている。

 ユーロドルは報道を受けて一時1.1292レベル、ユーロ円は126.49レベルまで急落する場面があった。

朝のコメント通りなイメージ。

DAXは、持ち直してきています。ナス100先物も +20P

040円切れるかどうかです。明日朝起きて20000円を切ってるとショックなので、

170円分の 2枚は、19985円で決済指値に変更します。
ロスカットなしで、出来なければ、270円 2枚 170円 5枚 持越しします。

お疲れさまでした。


◆ 桃太郎

2017/06/28(水) 17:21
 
軽い、ポイントの070円あたりで推移なら、

米国タイムでは、決済指値を下げていきます。

025円分は、一回取り消し、今度は、040円を付ければ、割れるとイメージしてます。

また、連絡します。


◆ 桃太郎

2017/06/28(水) 17:15
 
055円分、070円に訂正して決済。

+46円



◆ 大引け概況

2017/06/28(水) 15:26
 
■日経平均      20,130.41(-94.68)

■東証1部出来高    19.20億株

■東証1部売買代金   2.42兆円

■日経平均先物    20,140(-10)

■TOPIX        1,614.37(-4.65)

■騰落        上昇503/下落1,383

■マザーズ指数    1,166.51(-31.20)

■日経JQ       3,238.12(-35.10)

■ドル円       112.22
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は前日の米国株安を嫌気した売り先行。その後円相場の下落を支えに幅広く買いが入り下げ幅を縮小しましたが、6月・12月期決算企業の配当権利落ち(約30円ほど)の影響もあり下げに転じました。
 後場は前場終値近辺での小動き。積極的に売り込む動きにはならないものの、日銀によるETF買い観測も見られず、全体に手掛かり材料に乏しい中で売りが優勢となりました。
 
 業種別では、値下がり上位は、その他製品、ゴム製品、電気機器。一方、値上がり上位は、銀行業、鉄鋼、鉱業となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
後場も持ち合いとなり推移。
ボラの低い展開となった。明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、179.48ドル -0.78%と続落となった。


◆ 桃太郎

2017/06/28(水) 14:55
 
ドル換算ベースの180ドル割れもあり、持越しします。

■ 270円 2枚 185円 2枚 170円 5枚売り持ち。

NYCFD +22ドル 原油 44ドル台と持ち直し。
ドルインデックス 96.29台 ユーロドル 1.136ドルとしっかり。

ナス100先物は、5660P 昨日より -11P

米国タイムは、連絡します。


◆ ご案内

2017/06/28(水) 14:36
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/28(水) 14:02
 
■日経平均      20,161.27(-63.82)

■日経平均先物    20,160(+10)

■TOPIX先物      1,617.00(+3.50)

■騰落        上昇582/下落1,265

■日経JQ       3,243.74(-29.48)

■マザーズ指数    1,167.07(-30.64)

■ドル円       112.14

■NYダウ夜間先物  +23

■上海総合指数後場の寄り付き 3,192.80 前日比+1.60 +0.05%

■指数大型      現値1,474.29  前日比+2.62

■指数中型      現値1,957.31  前日比-8.12

■指数小型      現値3,043.21  前日比-22.14


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/28(水) 12:33
 
ランチバスケットは23件、244.39億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/28(水) 11:45
 
■日経平均      20,166.21(-58.88)

■東証1部出来高    9.85億株

■東証1部売買代金   1.16兆円

■日経平均先物    20,120(-30)

■TOPIX        1,618.40(-0.62)

■騰落        上昇660/下落1,171

■マザーズ指数    1,178.69(-19.02)

■日経JQ       3,253.55(-19.67)

■ドル円       112.05
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落。朝方から前日の米国株安を嫌気した売りが先行しました。その後は円相場の下落が支えになり主力輸出株に、また欧米長期金利の上昇を受け金融株に買いが入り徐々に下げ幅を縮小。本日は12月期銘柄の権利落ち日で日経平均を下押しする一因となりましたが、一方で配当の再投資に伴う買い期待などが支えとなるなど売り買いの拮抗する展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、銀行業、鉱業でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、電気機器、食料品となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
前場はボックスの範囲内での持ち合いとなって小幅推移。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、179.92ドル -0.54%と続落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.24%

2017/06/28(水) 10:26
 
上海総合指数 3,183.63 前日比 -7.57 -0.24%


◆ バランス投資顧問からのお知らせ

2017/06/28(水) 10:15
 
5月からお伝えしておりました「日経225先物と釣り人」有料会員ページ開設の運びとなりました。
申込も現在から受け付けます。新規開設ページですので7月いっぱいは1万円ぽっきりの値段となります。
8月からは21,000円となります。
なかなか動かない先物市場ではありますが、なんとか利確を目指して道案内が出来るように頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

会員になりますと書き込みと同時のメール送信により私の売買・考え方を知ることが出来ます。どうぞよろしくお願い致します。

お申込はこちら!「日経225先物と釣り人」


◆ 10時の概況

2017/06/28(水) 10:02
 
■日経平均      20,193.03(-32.06)

■日経平均先物    20,180(+30)

■TOPIX先物      1,620.00(+6.50)

■騰落        上昇810/下落1,008

■日経JQ       3,258.01(-15.21)

■マザーズ指数    1,185.51(-12.20)

■ドル円       112.13

■NYダウ夜間先物  +37

■指数大型      現値1,474.58  前日比+2.91

■指数中型      現値1,963.43  前日比-2.00

■指数小型      現値3,058.31  前日比-7.04


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/28(水) 09:22
 
おはようございます。
日経平均はここからどうなるのか?為替がややドル高となり少なからず恩恵あるのか?
マーケット関係者から私のところに米国株はどうなのか?とここで質問が来ているが。
我々の見解としては多少調整場面もあるだろうが今のところ特に・・・・・まして東京市場と較べられても困る。
確かに世界で通用する企業も沢山あるがマーケット規模や現状の株価位置を比較しても米国市場と較べても困るのが本音。
ただ東京市場の場合少なからず為替がドル高ならぬ円安に向かえば恩恵はある筈だ!極端に弱気になることもないだろうし仮に大きく下がるならば買い場がくるだろう。
また基本スタンスとしては日経平均20800円前後までは買える現状で、為替がここから円安に向かえば対ドル比1円で日経平均230円前後押し上げるだろう。
新興市場も調整しながら次なるステージを窺いそうであるし、東証2部相場もまだまだ始まったばかり。
出遅れ感ある銘柄を狙ってみたらどうだろうか。きっと水準訂正から相場になる銘柄は予想以上の株価形成となるだろう。


本日の先物レンジ
20070~20260円
極端に弱気になる必要はないと思っている。


◆ 釣り人

2017/06/28(水) 08:42
 
日経平均先物の現在の気配は20140
前日比10円安のところです。

ドル円112.20
間近安値を更新しています、円安のトレンドです。

ニューヨークダウ98ドル安。
日足を見る限りは二段下げに入ってきたかという感覚を持ちます。幅は小さいですが。

ナスダック100ポイント安。
これは大きな下げです。半値戻しを達成していたのですがそれを否定するような動き、どうやら少し軟調に推移しそうだなという感覚を持ちます。
米国株が少しくらい軟調になったとしても日本株の下げはそれ程でもないだろう、「売り線」が出るまではそのように考えております。
為替が円安の方向に向かい、そして年金の買いや日銀のETFの買い付けが入るからです。

最近信用の買残についてあまり書きませんが、大きく動かないのです。
現在2兆4500億、3兆円になれば少し危険だと思いますがそうではありません。
売り残は1兆円、安定感があります。
本日発表の最低取引の残高においてもおそらく動きがあまりないでしょう。
そんな感じですが日経平均の下振れが大きければ先物は「買い」という判断で本日も向かうと思います。
それではよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/28(水) 08:20
 
28日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り790万株、買い1210万株で、差し引き420万株の買い越し。買い越しは6営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、小売、自動車、不動産、機械、商社、サービス、食品、その他製品など。
買いセクターに、精密、保険、鉄鋼、サービス、銀行、不動産、ゴムなど」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/28(水) 08:11
 
■国内(28日)
6月中小企業景況判断(14:00)

《決算発表》
Jフロント、ミルボン、ニトリHD

■海外(28日)
米5月中古住宅販売仮契約(23:00)
米7年国債入札

《米決算発表》
モンサント

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/06/28(水) 08:08
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20156円 -69円

NYは、ダウ平均は98.89ドル安の21310.66、ナスダックは100.53ポイント安の6146.62で取引を終了した。欧州中銀のドラギ総裁が欧州のデフレ圧力はリフレに変わったとの見解を示したほか、米6月消費者信頼感指数、地区連銀製造業指数、住宅価格指数が軒並み予想を上回ったことで長期金利が上昇、株式市場では売りが先行した。日中小幅上昇に転じる場面もあったが、共和党上院がオバマケア代替法案の採決を独立記念日(7月4日)以降に持ち越すことを明らかにすると、下げ幅を拡大する展開となった。

日経ですが、昨日も下値は限定的の高値持ち合いとなりボラの低い展開となった。
本日もユーロ高からドル円も112円台前半となり指数の下支えから上値は重いと思うが下値も限定的の持ち合いとなりそうである。先物の仕掛け的な売買が入らないと仮定してますが。

想定レンジ、為替、112.21円 178ドルから181ドル

 19971円から20308円


◆ おはようございます

2017/06/28(水) 08:08
 
■NYダウ
 21,310.66 -98.89
■ナスダック
 6,146.62 -100.53
■CME225(円建て)
 20,145 -5(大証比)
■ドイツDAX
 12,671.02 -99.81
■上海総合指数
 3,191.20 +5.75
■ドル円
 112.24

 27日のNY市場は下落しました。欧州中銀のドラギ総裁が金融緩和策の縮小に前向きな姿勢を示したとして、欧州主要国の株式市場では売りが先行、米国株にも売りが及びました。小幅上昇に転じる場面もありましたが、米共和党上院が医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の採決を独立記念日(7月4日)以降に先送りすると発表すると下げ幅を拡大する展開となりました。
 セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが下落。
 ADRの日本株は三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>がしっかり。一方でトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>が小安いなど、対東証比較(1ドル112.32円換算)で高安まちまちでした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/28(水) 07:41
 
2017/6/28  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.205% (前日比+0.068%)     1.369% (前日比+0.037%)
英国     1.090% (前日比+0.079%)     0.267% (前日比+0.034%)
ドイツ     0.370% (前日比+0.125%)     -0.559% (前日比+0.061%)
ポルトガル 3.070% (前日比+0.139%)     0.224% (前日比+0.096%)
イタリア    2.060% (前日比+0.161%)     -0.119% (前日比+0.065%)
ギリシャ   5.487% (前日比+0.069%)       -
スペイン    1.495% (前日比+0.118%)     -0.244% (前日比+0.041%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/06/27(火) 21:31
 
ユーロ高が止まりません。

ユーロドルも 1.117から1.127ドル台・・・
ドルインデックスもなんと、96.81台

この状態だと日経指数も上値も下値も限定的。

今月は、入るポイントは間違ってないですが、決済指値が、連続でタラレバとなってます。・・・

NY次第なので、、
170円分だけ、ロスカット230円とします。

お疲れさまでした。


◆ 桃太郎

2017/06/27(火) 20:46
 
なんだかね。・・・いい加減、ユーロ高止まって欲しい。

ドルインデックス、96.85

ユーロ円、126円前半と1.50円上昇。

ナス100先物、昨日引け値より26P下落なので、22:30までは様子見するつもり。
また、連絡します。

■海外(27日)
米4月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米6月CB消費者信頼感指数(23:00)
米6月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米5年国債入札


◆ 大引け概況

2017/06/27(火) 15:24
 
■日経平均      20,225.09(+71.74)

■東証1部出来高    15.73億株

■東証1部売買代金   2.14兆円

■日経平均先物    20,150(+30)

■TOPIX        1,619.02(+6.81)

■騰落        上昇1,215/下落654

■マザーズ指数    1,197.71(-4.69)

■日経JQ       3,273.22(+13.65)

■ドル円       111.70
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は為替が円安に振れたことを好感した買い先行。本日は6月・12月期決算企業の権利付き最終売買日とあって権利取り狙いの買いも入り、一時は20日に付けた年初来高値の2万230円を上回る場面も見られました。
 後場は前場終値から上昇するも買い進む動きは鈍く、こう着感の強い値動きとなりました。高値圏でのもみ合いが続き、目立った動きがないまま本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、石油石炭製品、ゴム製品でした。一方、値下がり上位は、サービス業、陸運業、空運業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は、持ち合いでの推移で動きませんでした。
引けにかけては利益確定の動きも見られました。相変わらず為替推移にはリンク薄です。

ドル換算ベースは、180.90ドル -0.10%と下落となった。


◆ ご案内

2017/06/27(火) 14:34
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/27(火) 14:01
 
■日経平均      20,219.26(+65.91)

■日経平均先物    20,180(+60)

■TOPIX先物      1,616.00(+5.50)

■騰落        上昇1,170/下落703

■日経JQ       3,272.15(+12.58)

■マザーズ指数    1,195.92(-6.48)

■ドル円       111.78

■NYダウ夜間先物  +11

■上海総合指数後場の寄り付き 3,182.24 前日比-3.20 -0.10%

■指数大型      現値1,472.02  前日比+7.44

■指数中型      現値1,964.98  前日比+5.62

■指数小型      現値3,062.52  前日比+10.20


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/27(火) 12:35
 
ランチバスケットは18件、323.40億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/06/27(火) 11:45
 
■日経平均      20,213.62(+60.27)

■東証1部出来高    7.75億株

■東証1部売買代金   1.03兆円

■日経平均先物    20,180(+60)

■TOPIX        1,618.93(+6.72)

■騰落        上昇1,134/下落709

■マザーズ指数    1,197.43(-4.97)

■日経JQ       3,271.78(+12.21)

■ドル円       111.91
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は26日の米国・欧州株高や為替が1ドル=111円台後半と円安に振れたことを好感、輸出関連銘柄を中心に買いが先行しました。また本日は6月・12月期決算企業の権利付き最終売買日で権利取り狙いの買いも入り、年初来高値圏で推移しました。その後は利益確定が出て伸び悩み、午前の取り引きを終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、鉱業、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、サービス業、空運業、その他製品となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後、為替の下支えがあるものの小動きとなった。
後場も動きが出るのか見ていきます。

ドル換算ベースは、180.66ドル -0.23%と下落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.06%

2017/06/27(火) 10:26
 
上海総合指数 3,183.42 前日比 -2.02 -0.06%


◆ バランス投資顧問からのお知らせ

2017/06/27(火) 10:26
 
代表の釣り人です。いつも弊社のページご覧いただきありがとうございます。現在、梅雨の真っ最中ですが、七夕が近づいています。
めっきり田舎での夏まつりが減ったと感じておりますが、弊社でささやかな夏祭りを行っております。7月7日の終わり値を当てるというハードルがありますが、今の膠着相場においては、申し込めば当たる確率が高いかもしれません。
よろしければ面倒くさがらずにお申込みよろしくお願い致します。

▼七夕祭りのお申込みはコチラ▼
七夕キャンペーン


◆ 10時の概況

2017/06/27(火) 10:02
 
■日経平均      20,212.37(+59.02)

■日経平均先物    20,170(+50)

■TOPIX先物      1,615.50(+5.00)

■騰落        上昇1,067/下落768

■日経JQ       3,266.42(+6.85)

■マザーズ指数    1,195.47(-6.93)

■ドル円       111.96

■NYダウ夜間先物  +8

■指数大型      現値1,470.48  前日比+5.90

■指数中型      現値1,964.17  前日比+4.81

■指数小型      現値3,058.24  前日比+5.92


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/27(火) 09:13
 
おはようございます。
日経平均はもみ合いをみせているが我々にはゆっくり日経平均20000円の下値固めをしているように見える。
なかなか上値追いがと・・・・思うかもしれないが。
ここは時間軸からならいつもう一段上値追いしてもおかしくない。しかし日経平均はスローで構わない。
我々が皆様にお伝えしたいのは個別銘柄物色。
テーマ株、材料株と今年は1度火が点けばマーケットは想定を超える値幅が発生する。
そして大きい流れの1つに東京市場であるが「5G関連」は捨てがたい。これは今後自動運転が世の常になる時代が到来するために必要不可欠であることは言うまでもなく今後もテーマ株としては現実味あるテーマであろう。

さて、今朝はもう1つ。
先週、MSCIが中国株を新興国株に選出した。これにより中国株のイメージ、また存在が今後世界にようやく発信されることになるが。
そこで恩恵ある企業となると、実際にアジア株を対象に投資している企業に恩恵はある。
その観点から○○×××○○○(○×:◎×○○)が挙げられ、最近は密かに物言う株主としても注目されてきた。
また同社はトヨタ自動車や三井住友銀行などと2015年から「未来創生ファンド」を立ち上げ、自動運転の為の通信ソリューションを設立。面白そうな銘柄の1つである。


本日の先物レンジ
20110~20310円
日経平均はゆっくりで構わない。
個別銘柄物色旺盛だろう。


◆ 釣り人

2017/06/27(火) 08:45
 
日経平均先物の現在の気配は20200
前日比80円高のところです。

ドル円111.89
円安トレンドの動きが発生しています。
このことに関しては6月の上旬からドル高円安に向かうだろうとチャート掲載をしておりました。私がチャート掲載する時はちゃんと見てください。

ニューヨークダウ3日続落の後の一昨日の下ヒゲ、戻りを試すだろうと考えておりましたが、高いところがありましたが結局14ドル高だけ。
ナスダックに至っては高寄り後の下落で18ポイント安。
微妙な安定感の中にある世界の株式市場、「七の年は毎年下落が起こる」という経験則がありますがまだ高値は付けていないだろうと考えております。
危険が迫れば当然その時はそのようにお伝えします。

昨日は藤井四段の29連勝、株や先物も連勝でありたいと願うのは当たり前です。せめて3連勝、できれば5連勝を目指して頑張りましょう!
あと日経の方でどうやらTOPIXを対象にした大口買いが時間外取り引きで最近行われていますが、公的年金の買いではなかろうか?と憶測されています。相場の下支えとなっております。

それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/27(火) 08:20
 
27日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り860万株、買い810万株で、差し引き50万株の売り越し。売り越しは5営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、化学、銀行、不動産、自動車、小売、陸運、食品、その他製品、保険など。
買いセクターに、保険、電機、サービス、建設、情報通信、食品、小売など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/27(火) 08:17
 
■国内(27日)
2年国債入札

《決算発表》
パレモ、ピックルス、ハピネス&D、ライトオン、ヒマラヤ、ハイデ日高、さが美

■海外(27日)
米4月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米6月CB消費者信頼感指数(23:00)
米6月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米5年国債入札

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/27(火) 08:15
 
■NYダウ
 21,409.55 +14.79
■ナスダック
 6,247.15 -18.10
■CME225(円建て)
 20,185 +65(大証比)
■ドイツDAX
 12,770.83 +37.42
■上海総合指数
 3,185.44 +27.57
■ドル円
 111.87

 26日のNY市場はまちまちでした。米5月耐久財受注・速報値は前月比-1.1%と市場予想以上の落ち込みとなり長期金利が低下。継続的な配当が期待される通信関連株や公益事業に買いが集まり相場を支える一方で、アップルなど大型ハイテク株が下落し相場の重荷となりました。その他にはイスラム圏の一部の国からの入国を制限する大統領令の差し止め処分を条件付きで解除すると米最高裁が発表。移民関連の動きを巡る不透明感が意識されましたが、相場の反応は限定的でした。
 セクター別では、食品・生活必需品小売や自動車・自動車部品が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>が小安い他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>、HOYA<7741>など、対東証比較(1ドル111.85円換算)で全般堅調でした。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/27(火) 08:12
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20248円 +94円

NYは、ダウ平均は14.79ドル高の21409.55、ナスダックは18.10ポイント安の6247.15で取引を終了した。5月耐久財受注が予想以上の落ち込みとなり長期金利が低下。朝方、一時的に連銀の金融正常化プロセスのペースが鈍化するとの見方で買われる場面もあったが、その後は通信や公益関連などディフェンシブ銘柄が選好され上値の重い展開となった。イタリアの銀行救済を受けて金融セクターも概ね底堅い動きとなった

日経ですが、昨日も底堅く推移。高値持ち合いとなった。
本日は、米国金利低下となってますが、円は売られ先日安値を越えて111円台後半から為替分上昇で始まりそうである。買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.88円 179ドルから182ドル

 20026円から20362円


◆ 各国債券利回り

2017/06/27(火) 07:56
 
2017/6/27  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.137% (前日比-0.005%)     1.332% (前日比-0.008%)
英国     1.011% (前日比-0.020%)     0.233% (前日比-0.003%)
ドイツ     0.245% (前日比-0.010%)     -0.620% (前日比+0.004%)
ポルトガル 2.931% (前日比+0.007%)     0.128% (前日比+0.030%)
イタリア    1.899% (前日比-0.017%)     -0.184% (前日比-0.005%)
ギリシャ   5.418% (前日比-0.004%)       -
スペイン    1.377% (前日比-0.004%)     -0.285% (前日比-0.001%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/26(月) 15:26
 
■日経平均      20,153.35(+20.68)

■東証1部出来高    13.95億株

■東証1部売買代金   1.75兆円

■日経平均先物    20,120(+40)

■TOPIX        1,612.21(+0.87)

■騰落        上昇1,104/下落775

■マザーズ指数    1,202.40(+26.80)

■日経JQ       3,259.57(+16.60)

■ドル円       111.35
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は前週末比60円程度高い2万200円近辺まで上昇する場面がありましたが、買い一巡後は伸び悩み商状に。権利取りの買いが相場を支えるとの見方もありましたが影響は限定的となり、為替も111円台前半でこう着するなど手掛かり材料に欠け、小口の売り買いが交錯する方向感の定まらない値動きとなりました。
 後場は前場終値近辺での小動き。来週発表の米重要指標、株主総会シーズンに加え、7月2日に都議会議員選挙の投開票が予定されており、これらの結果を見極めたいとの思惑から、積極的な売買は見送られ本日の取り引きを終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、その他製品、食料品でした。一方、値下がり上位は、証券商品先物、保険業、海運業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場は動きが出ませんでした。明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.07ドル +0.10%である。


◆ ご案内

2017/06/26(月) 14:32
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/26(月) 14:01
 
■日経平均      20,157.03(+24.36)

■日経平均先物    20,120(+40)

■TOPIX先物      1,611.00(+3.00)

■騰落        上昇1,198/下落665

■日経JQ       3,259.82(+16.85)

■マザーズ指数    1,196.93(+21.33)

■ドル円       111.30

■NYダウ夜間先物  +12

■上海総合指数後場の寄り付き 3,178.15 前日比+20.27 +0.64%

■指数大型      現値1,465.20  前日比-0.14

■指数中型      現値1,961.16  前日比+3.64

■指数小型      現値3,054.90  前日比+18.23


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/26(月) 12:33
 
ランチバスケットは28件、254.15億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/06/26(月) 11:43
 
■日経平均      20,157.42(+24.75)

■東証1部出来高    6.89億株

■東証1部売買代金   0.84兆円

■日経平均先物    20,120(+40)

■TOPIX        1,613.17(+1.83)

■騰落        上昇1,235/下落625

■マザーズ指数    1,194.00(+18.40)

■日経JQ       3,258.58(+15.61)

■ドル円       111.29
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は週初で海外投資家の注文が少ないこともあり方向感に乏しい形でスタート。円相場が円安に振れると先物買いを交えてジリ高となりましたが、買い一巡後は伸び悩みました。27日に6月・12月期決算企業の権利付き最終売買日を迎える為、権利取りの買いが相場を支えるとの見方もありましたが影響は限定的となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、その他製品、非鉄金属でした。一方、値下がり上位は、保険業、証券商品先物、空運業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、小幅高、持ち合いとなった。
後場は、動きが出るのか見ていきます。

ドル換算ベースは、181.11ドル +0.12%である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.03%

2017/06/26(月) 10:28
 
上海総合指数 3,157.00 前日比 -0.87 -0.03%


◆ 10時の概況

2017/06/26(月) 10:01
 
■日経平均      20,171.73(+39.06)

■日経平均先物    20,130(+50)

■TOPIX先物      1,611.00(+3.00)

■騰落        上昇1,239/下落579

■日経JQ       3,253.83(+10.86)

■マザーズ指数    1,190.71(+15.11)

■ドル円       111.29

■NYダウ夜間先物  -5

■指数大型      現値1,465.77  前日比+0.43

■指数中型      現値1,960.79  前日比+3.27

■指数小型      現値3,050.65  前日比+13.98


◆ 釣り人

2017/06/26(月) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は20070
前日比10円安のところです。

ドル円111.22
ほとんど動きがないというところであります。

ニューヨークダウについては週間展望で書いております。

先週は日経平均で180円ほどの上昇の週となりました。
2週間連続月曜日よりも金曜日の方が高いという週となっておりますが、今週のスタートと週末は陽線となるのかどうか見ていきます。
材料不足の感はありますが先物は動く場所をなんとか捉えたいと考えますし、個別株は先週はバイオ株から低位の銘柄への物色が入ったわけですが、今週はどんな銘柄が動くのか?早めにキャッチしお伝えしていくこととなります。
それでは6月最後の週です。
良い成果としたいものです。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/26(月) 08:24
 
26日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り600万株、買い420万株で、差し引き180万株の売り越し。売り越しは4営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。売りセクターに、薬品、自動車、不動産、化学、電機、小売、その他製品など。買いセクターに、REIT、通信、サービス、情報通信、その他製品、不動産、電機、機械、商社など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/06/26(月) 08:20
 
■26(月)
【国内】
6月15・16日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」
5月企業向けサービス価格指数(8:50)

《決算発表》
あさひ、日本オラクル、瑞光、NaITO、壱番屋、オークワ、しまむら、高島屋、パルコ、タキヒヨー

【海外】
米5月耐久財受注(21:30)
米5月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米5月ダラス連銀製造業活動指数(23:30)
米2年国債入札
独6月Ifo景況感指数(17:00)

休場:シンガポール、マレーシア、インド・トルコ(~6/27)、インドネシア(~6/30)

■27(火)
【国内】
2年国債入札

《決算発表》
パレモ、ピックルス、ハピネス&D、ライトオン、ヒマラヤ、ハイデ日高、さが美

【海外】
米4月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米6月CB消費者信頼感指数(23:00)
米6月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米5年国債入札

■28(水)
【国内】
6月中小企業景況判断(14:00)

《決算発表》
Jフロント、ミルボン、ニトリHD

【海外】
米5月中古住宅販売仮契約(23:00)
米7年国債入札

《米決算発表》
モンサント

■29(木)
【国内】
株主総会集中日
5月商業動態統計(8:50)

《決算発表》
夢の街、ハローズ、銚子丸、シーズメン、クスリのアオキ、ストライク、ナガイレーベ、スター精、セキチュー

【海外】
米1-3月期GDP 確定値(21:30)

《米決算発表》
ナイキ、マコーミック

■30(金)
【国内】
5月消費者物価指数(8:30)
5月失業率・有効求人倍率(8:30)
5月家計調査(8:30)
5月鉱工業生産(8:50)

《決算発表》
ダイセキソリュ、トライステージ、ソーバル、きょくとう、アダストリア、トシンG、DCM、テクノアルファ、スター・マイカ、クラウディア、パイプドH、WNIウェザー、USEN、アクトコール、マルマエ、ジンズメイト、スギHD、タカキュー、UCS、ケーヨー、ダイセキ、アルテック

【海外】
中国6月製造業PMI(10:00)
中国6月非製造業PMI(10:00)
米5月個人所得・個人支出(21:30)
米6月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)

《米決算発表》
マイクロン・テクノロジー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/06/26(月) 08:19
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20098円 -35円

現在、為替推移もボラの低い展開となり、111円台前半での持ち合い。
本日も持ち合いなのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111・22円 179ドルから182ドル

 19908円から20242円


◆ おはようございます

2017/06/26(月) 08:12
 
■NYダウ
 21,394.76 -2.53
■ナスダック
 6,265.25 +28.56
■CME225(円建て)
 20,095 +15(大証比)
■ドイツDAX
 12,733.41 -60.59
■上海総合指数
 3,157.87 +10.42
■ドル円
 111.22

 23日のNY市場はまちまち。寄り付きは小幅に下落、その後原油価格の続伸を好感した買いが入りエネルギー株が上昇。テクノロジーや資本財株も堅調に推移し相場を支えました。ダウ平均はわずかながら4日続落した一方で、S&P500は4日ぶりに小幅反発となりました。
 セクター別では、ソフトウェア・サービスや耐久消費財・アパレルが上昇する一方で食品・生活必需品小売や各種金融が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>が上昇する一方で、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>が小安いなど、対東証比較(1ドル111.28円換算)で高安まちまちでした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/26(月) 08:11
 
2017/6/26  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.142% (前日比-0.005%)     1.340% (前日比+0.000%)
英国     1.031% (前日比+0.016%)     0.236% (前日比+0.031%)
ドイツ     0.255% (前日比+0.003%)     -0.624% (前日比+0.004%)
ポルトガル 2.924% (前日比-0.032%)     0.098% (前日比+0.033%)
イタリア    1.916% (前日比+0.009%)     -0.179% (前日比+0.023%)
ギリシャ   5.422% (前日比-0.148%)       -
スペイン    1.381% (前日比-0.005%)     -0.284% (前日比-0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/06/25(日) 17:52
 
先週末米国市場は、原油相場も買い戻しが入っており、この日発表になった米住宅指標も予想を上回ったことから、株式市場は底堅い動きを見せている。為替市場でドル安が優勢だったこともサポート。調整売りが強まっていたIT・ハイテク株も下げ一服感を示していたことも相場を下支えしたようだ。ナスダックは、ラッセル2000の組み換えもあり先週はリバランスの売り買いとなっている。買戻し優勢であったバイオ株は売られた。
■ リスク回避の動きは見られず、VIXは低下となった。イタリア2銀行破綻のニュースは限定的なのか為替も指数も反応してない。

IMM通貨先物6月20日主要国通貨
円 49959枚の売り越し 594枚の売り越し減
ユーロ 44852枚の買い越し 34201枚の買い越し減
ポンド 37604枚の売り越し 1837枚の売り越し減

主な予定;イエレン議長などの要人発言、日本消費者物価に米GDP確報
26日(月)日銀議事録(15、16日分) 独Ifo景況感指数(6月) 米耐久財受注(5月)27日(火) 米消費者信頼感指数(6月)イエレンFRB議長、講演(ロンドン)
ミネアポリス連銀総裁、講演 サンフランシスコ連銀総裁、講演 フィラデルフィア連銀総裁、講演 夏季ダボス会議(中国、29日まで28日(水) 米中古住宅販売成約指数(5月)サンフランシスコ連銀総裁、講演29日(木) 米GDP確報値(第1四半期) 米新規失業保険申請件数(24日までの週)セントルイス連銀総裁、講演 30日(金) 日本雇用統計(5月) 日本消費者物価指数(5月) 中国製造業PMI(6月) 米個人所得支出(6月)セントルイス連銀総裁、講演 2日(日)東京都議会議員選挙、投開票

日経ですが、先週は、上値が重いと感じましたが、20000円を維持する展開となった。週末も何でと思うほど為替の動きがない中、ETF買いで、20000円維持となった。
先週は、為替のボラが低く当然、指数もボラが低い展開となった。
上がる前からポイントとして指摘していた。20040円・20130・20290円内のボックスと現在は推移している。日経レバ(1570)も15930円が重いとイメージしていたが、抜けると約、500円高の16410円まで続伸した。
ドル換算ベースは、先週は、180ドル前半を維持。180ドルから182ドルの範囲となり
高値ボックスである。

以下、会員ページ

上半期が終わり、紹介銘柄の成績

DLE(3686)657円紹介 高値878円 発会ストップ高。
ラクオリア(4579)441円紹介 高値1468円
カネミツ(7208)1002円紹介 高値1510円
フュートレック(2468)1000円紹介 高値 1436円
マイネット(3928)2132円紹介 高値 5090円
アバール(6918)1459円紹介 高根294円
DACHD(6534)1224円紹介 高値 1710円
KHネオコム(4189)1385円紹介 高値 2185円
岩崎電(6924)184円紹介 高値 189円 ロスカットになってますが、これからかもしれません。街灯・ミネベア系。
アンジェス(4563)263円紹介 高値 844円 釣り人さんに紹介したのが254円
ラック(3857)1416円紹介 ロスカット
JIGSAW(3914)6530円紹介 ロスカット。
TOKYOBASE(3415)2849円紹介 高値 4965円
関門海(3372)316円紹介 高値 478円
ADプラズマ(6668)1676円紹介 高値 1992円


◆ 週間展望 釣り人

2017/06/24(土) 11:42
 
週末のNYダウは2ドル安・ナスダック28ポイント高 真近高値と安値の半値戻しを更新 ドル円111.26ほとんど動きなし CME225・20095+15

日経平均先物・・動きません・・
日経だけではありません、日本の10年国債も7日間動きません、これは1994年以来とのことそして為替も動きません。
「上げは株で取れ!下げは先物の売りで取れ!」と伝えている釣り人はこの大所の動きなしに対して何を伝えるべきなのか?

動きがあって相場である!至極当たり前 「ま・・そんな時もあるさ・・」は個人の特権 債券先物の運用担当者は証券会社や銀行に沢山います。閑古鳥です。更に日経平均先物の担当者も多いですし株の自己売買部門はその何倍もいます。私が証券会社で先物の自己売買にいた時は先物4人・株の自己売買は50人近くいました。扱うロットは株はワンショット億は当たり前 先物のワンショットもそれなりでした・・今はどうだか知りませんが(証券会社により会社の方針は大きく違います、どこも似たようなものではありません。)

話を戻して・このような大きな金額で動く市場(為替・先物・国債)の動きが極めて乏しく日経平均が動かないので当然大型株の動きもいつもより小さくなっています。そのためまずは小型株と言いますか低位の商いのできる材料株の上げ下げに売買が集中しています。これはしばらく続きそうです。株のページ「海と風」にぎわっています。

土曜日の日経1面日銀の株買いが大きく解説されています、特段目新しいことはありません。17兆円ほどまで保有が進み保有額では3位とのこと。1位はGPIS(年金)2位は米ブラックロック このブラックロック世界での運用資金ほぼ500兆円日本では日銀より少しだけ多い17兆6000億すぐ日銀が上回りそうです。ブラックロックのホームページを見ればインデックス運用で相場には基本的には中立で今のところそれほど気にする存在ではありません・・今のところです。

7月2日は都議選 どうなるんでしょうか?相場は動くのでしょうか?そして銘柄は?思いを書いていきましょう~(海と風)
後巨大ネット起業について解説されていましたがこれは気になる記事でした。グーグルやフェイスブックなどでメールのやり取りがタダでできるわけですがこの対価が金銭ではなく膨大な個人情報として蓄積されているということこれこそが「黄金の木」であるということ・・

さて釣り人は先物のページ「日経225先物と釣り人」も書き込んでいます。三段下げで買いを入れたり逆に上げで売りを入れたりの逆張り戦略で向かうのですが上げ潮下げ潮の流れどころか波さえ小さく少し閉口しています・・・動きが出るのを渇愛しています。日中値幅4日連続100円割れ・9か月ぶりのことです。

株は動きます・先物は動きを希望します。

来週もバランス投資顧問のページどうぞご覧ください。

※桃さんの先物のページでの釣り人の週間展望は今回を持って終了です。長い間ご覧いただきありがとうございました。桃太郎と釣り人完全独立で「先物の世界」戦っていきます。どうぞ両ページ共よろしくお願いします。


◆ 大引け概況

2017/06/23(金) 15:32
 
■日経平均      20,132.67(+22.16)

■東証1部出来高    15.32億株

■東証1部売買代金   2.01兆円

■日経平均先物    20,080(+10)

■TOPIX        1,611.34(+0.96)

■騰落        上昇853/下落1,005

■マザーズ指数    1,175.60(-34.36)

■日経JQ       3,242.97(-20.78)

■ドル円       111.25

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は円安を好感した買いでスタートしましたが、前日の米国株安や長期金利低下が重荷となり下げに転じました。その後は日経平均が年初来高値圏にある為利益確定売りがでやすく、小高い水準でのもみ合いが続きました。
 後場は主力株を中心に買いが先行し再びプラス圏へ。前日比20円程高い2万100円台前半での小動きが続きました。日米の金融政策決定会合を通過、更に週末要因もあり積極的な売買は見送られ、本日の取り引きを終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、その他金融業、ガラス土石製品でした。一方、値下がり上位は、海運業、水産・農林業、食料品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は持ち合いでの推移。本日は終始小動きとなった。
来週は動きが出るか見ていきます。

ドル換算ベースは、180.90ドル -0.17%となった。


◆ ご案内

2017/06/23(金) 14:33
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/23(金) 14:02
 
■日経平均      20,122.21(+11.70)

■日経平均先物    20,080(+10)

■TOPIX先物      1,608.50(+1.00)

■騰落        上昇793/下落1,088

■日経JQ       3,237.55(-26.20)

■マザーズ指数    1,165.82(-44.14)

■ドル円       111.32

■NYダウ夜間先物  +19

■上海総合指数後場の寄り付き 3,124.52 前日比-22.94 -0.73%

■指数大型      現値1,464.97  前日比+1.74

■指数中型      現値1,956.37  前日比-0.83

■指数小型      現値3,031.73  前日比-13.38


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/23(金) 12:35
 
ランチバスケットは33件、152.91億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/06/23(金) 11:50
 
■日経平均      20,107.76(-2.75)

■東証1部出来高    7.37億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    20,090(+20)

■TOPIX        1,608.98(-1.40)

■騰落        上昇865/下落982

■マザーズ指数    1,200.96(-9.00)

■日経JQ       3,258.40(-5.35)

■ドル円       111.33
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落。朝方は1ドル=111円台前半とわずかに円安に振れたことを支えに買い先行。しかし前日の米国株安や長期金利低下が重荷となり下落に転じました。日経平均が年初来高値圏にある為利益確定売りがでやすく、小高い水準でもみ合いが続く展開となりました。相場全体を方向付ける材料に乏しく、材料が出た銘柄の売買が中心となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、水産・農林業、海運業、食料品でした。一方、値上がり上位は、ガラス土石製品、その他製品、その他金融業となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は持ち合いとなり推移。材料不足もあり小動きとなった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、180.62ドル -0.32%と下落となった。


◆ 10時の概況

2017/06/23(金) 10:01
 
■日経平均      20,120.82(+10.31)

■日経平均先物    20,100(+30)

■TOPIX先物      1,610.00(+2.50)

■騰落        上昇896/下落907

■日経JQ       3,260.70(-3.05)

■マザーズ指数    1,201.11(-8.85)

■ドル円       111.41

■NYダウ夜間先物  +23

■指数大型      現値1,463.69  前日比+0.46

■指数中型      現値1,956.00  前日比-1.20

■指数小型      現値3,041.59  前日比-3.52


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/23(金) 09:09
 
おはようございます。
今朝は緊急告知とまでは言わないが・・・・・
新興市場の小休止を皆様にお伝えしたい。
ただ決して第2幕は終わりではない。
登山家に例えて新興市場の第2幕の幕上げをお伝えしたが、山を登るにあたり一気に駆け上がれば身体に悪い。
高い山を登れば登るほど必ず途中で休息なり休憩をとる。
それが訪れたように思われる。
しかしマーケットは面白いものでここからは。
そこで皆様だけに。
緊急告知はここからだ。
新興市場が小休止の間「東証2部」の相場が始まるだろう。
割安放置株の宝庫。
そこで今朝は...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/06/23(金) 08:39
 
日経平均先物の現在の気配は20120
前日比50円高のところです。

ドル円111.24
それほどの円安というわけではありませんが、小動き・安定という感じでしょうか。

ニューヨークダウ12ドル安、小さいながらも高値から3日続落。
ナスダックは2ポイント高。
毎朝日経平均に対する思いを「今日は安寄りしますが上がるでしょう」とか「高く寄りますが下落の可能性に注意しましょう」とか色々書いていましたが、最近全くの小動きで波の大きさを判断することが難しい日々となっています。
本日安寄りすれば戻すでしょうとお伝えしたいところだったのですが、何のことなく高寄りしそうです。
そういう状況ではありますが上げ下げを当てるのが相場。
週末です、頑張っていきます。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/23(金) 08:18
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20153円 +42円

NYは、ダウ平均は12.74ドル安の21397.29、ナスダックは2.73ポイント高の6236.69で取引を終了した。朝方は前日終値を挟んで小動きとなったものの、共和党上院のオバマケア代替法案の詳細が明らかになると、ヘルスケアセクターを中心に上昇。原油価格が反発したことや、ハイテク大手決算も好感されたが、引けにかけて上げ幅を縮小し、ダウ平均は下落に転じた。

日経ですが、昨日も下値は限定的の小幅安となった。
本日も持ち合いとなるか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.27円 179ドルから182ドル

 19917円から20251円


◆ 外資系の注文動向

2017/06/23(金) 08:17
 
23日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1000万株、買い550万株で、差し引き450万株の売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
売りセクターに、機械、陸運、不動産、電機、保険、食品、情報通信など。
買いセクターに、電機、通信、サービス、薬品、化学、不動産、ガラス、石油など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/23(金) 08:12
 
■国内(23日)
東京都議会議員選挙告示(7/2投開票)

《決算発表》
サツドラHD

■海外(23日)
米5月新築住宅販売件数(23:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/23(金) 08:10
 
■NYダウ
 21,397.29 -12.74
■ナスダック
 6,236.69 +2.73
■CME225(円建て)
 20,100 +30(大証比)
■ドイツDAX
 12,794.00 +19.74
■上海総合指数
 3,147.45 -8.76
■ドル円
 111.29

 22日のNY市場はまちまちでした。朝方は前日終値を挟んで小動き。共和党上院による医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の詳細が明らかになると、ヘルスケア株を中心に上昇し小幅高で推移しました。ハイテク大手決算も好感されましたが、原油相場に対する警戒感が根強く、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となりました。
 セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で食品・生活必需品小売や保険が下落。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>が小じっかり。半面、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ルネサス<6723>、日鉄住金<5401>が冴えないなど、対東証比較(1ドル111.31円換算)で高安まちまちでした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/23(金) 08:05
 
2017/6/23  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.148% (前日比-0.016%)     1.340% (前日比-0.008%)
英国     1.015% (前日比-0.017%)     0.205% (前日比-0.002%)
ドイツ     0.252% (前日比-0.013%)     -0.628% (前日比+0.004%)
ポルトガル 2.956% (前日比+0.035%)     0.065% (前日比-0.021%)
イタリア    1.907% (前日比+0.000%)     -0.202% (前日比-0.001%)
ギリシャ   5.570% (前日比+0.002%)       -
スペイン    1.386% (前日比+0.016%)     -0.279% (前日比+0.014%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/22(木) 15:21
 
■日経平均      20,110.51(-28.28)

■東証1部出来高    15.50億株

■東証1部売買代金   2.07兆円

■日経平均先物    20,070(-40)

■TOPIX        1,610.38(-1.18)

■騰落        上昇992/下落876

■マザーズ指数    1,209.96(+15.57)

■日経JQ       3,263.75(+8.74)

■ドル円       111.03

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落。前場は前日終値を挟み45円程の値幅で小動き。原油関連株の下げが目立つ一方で、前日の米国市場の流れを受けハイテク株がしっかりとした値動きをみせるなど売り買いの拮抗する展開となりました。
 後場は買い先行でスタート。為替が再び1ドル111円台に乗せたことを背景に、上げ幅を50円ほどまで拡大する場面が見られたものの、買い気は続かず徐々に下げ幅を縮め本日の取り引きを終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、鉱業、電気・ガス業でした。一方、値上がり上位は、ゴム製品、医薬品、鉄鋼となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、イブニングの高値まで戻る場面もありましたが、持ち合いとなり推移。
相変わらず為替推移にはリンク薄である。明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.20ドル +0.09%と切り返しとなった。


◆ ご案内

2017/06/22(木) 14:37
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/22(木) 14:01
 
■日経平均      20,137.85(-0.94)

■日経平均先物    20,100(-10)

■TOPIX先物      1,609.00(-1.00)

■騰落        上昇1,057/下落797

■日経JQ       3,264.56(+9.55)

■マザーズ指数    1,204.44(+10.05)

■ドル円       111.10

■NYダウ夜間先物  +6

■上海総合指数後場の寄り付き 3,180.60 前日比+24.39 +0.77%

■指数大型      現値1,464.79  前日比-0.74

■指数中型      現値1,957.17  前日比-0.47

■指数小型      現値3,046.00  前日比+8.03


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/22(木) 12:40
 
ランチバスケットは18件、591.16億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/22(木) 11:49
 
■日経平均      20,118.25(-20.54)

■東証1部出来高    7.43億株

■東証1部売買代金   0.97兆円

■日経平均先物    20,070(-40)

■TOPIX        1,611.14(-0.42)

■騰落        上昇984/下落845

■マザーズ指数    1,206.95(+12.56)

■日経JQ       3,264.02(+9.01)

■ドル円       110.97
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落。小反発してスタートしましたがすぐに下げに転じ、その後は前日終値を挟み45円程の値幅で小動きとなりました。前日の米国市場の流れを受けハイテク株がしっかりとした値動きをみせる一方で、原油先物相場の下落から石油関連株が軟調な推移になるなど売り買いの拮抗する展開となりました。

 業種別では、値下がり上位は、保険業、鉱業、パルプ・紙。一方、値上がり上位は、ゴム製品、その他製品、医薬品となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は安値持ち合いとなったが、為替推移には相変わらずリンク薄である。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.30ドル +0.14%と切り返しとなった。

■釣り人
為替がじりじりと円高に進み日経平均は元気がありませんが、さほど大きく下振れすることなく踏みとどまっているという感じです。
さて本日より毎年恒例の「七夕祭り」の申込を受け付けます。
弊社の3ページのトップページにパンダの絵がついている大きなバナーをクリックしてください。
毎年何百人もの方々に申し込んで頂いております。
当てるのは簡単ではありませんが参加して頂けると嬉しいです。
バランス投資顧問の夏祭り、よろしくお願い致します。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.13%

2017/06/22(木) 10:26
 
上海総合指数 3,152.24 前日比 -3.97 -0.13%


◆ 10時の概況

2017/06/22(木) 10:01
 
■日経平均      20,120.16(-18.63)

■日経平均先物    20,070(-40)

■TOPIX先物      1,609.50(-0.50)

■騰落        上昇981/下落805

■日経JQ       3,262.06(+7.05)

■マザーズ指数    1,206.07(+11.68)

■ドル円       111.14

■NYダウ夜間先物  -7

■指数大型      現値1,464.75  前日比-0.78

■指数中型      現値1,957.39  前日比-0.25

■指数小型      現値3,043.70  前日比+5.73


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/22(木) 09:09
 
おはようございます。
ともかく我々としては日経平均は下がり難い。
上がる可能性は目先2○×○○円前後!そこまでゆっくり上昇する可能性は高い。
そして日経平均が2○×○○円付近に時間軸からいつ到達するかでその後の株価は大きく左右されるだろう。
さて新興市場第2幕は予定通り順調に山を登っている。
そして、新興市場だけでなくここからは東証2部辺りにも資金の矛先は向かうと思われる。
実際東証2部株にはまだまだ割安株が多く、気が付かれるまでに・・・・しかし株価が上昇してくると水準訂正が始まり、想定を超える上昇がはじまるだろう。
そこで東証2部株で割安放置株としては...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/06/22(木) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は20110
前日比変わらずです。

ドル円111.26
この為替の動きに対して、専門家の見方が色々と解説がされるわけですが明確な方向感が見出せない内容ではあります。
私の見方は以前お伝えした通りもみ合った後上への変化ではなかろうか、ドル高円安であります。

ニューヨークダウ57ドル安で2日続落。
ナスダックは45ポイント反発。
両指数とも特別な感覚を持つには至りません。

今日も日経平均はふらふらした動きというのが想定されます。
小潮の状態が続きます。

それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/22(木) 08:24
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20103円 -36円

NYは、ダウ平均は57.11ドル安の21410.03、ナスダックは45.92ポイント高の6233.95で取引を終了した。一部ソフトウェア企業の決算や中国電子商取引大手の強気の見通しが好感され、ハイテクセクターには買いが広がったものの、原油価格の低下が引き続き嫌気され、上値の重い展開となった。

日経ですが、昨日は、下値も限定的の一服となった。
本日も為替推移は変動幅なく、20000円台を固めるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.29円 179ドルから182ドル

 19920円から20254円


◆ 外資系の注文動向

2017/06/22(木) 08:19
 
22日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り950万株、買い750万株で、差し引き200万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、銀行、不動産、輸送用機器、化学、電気機器、医薬品、REITなど。
買いセクターに、小売、電気機器、輸送用機器、機械、不動産、石油石炭など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/22(木) 08:15
 
■国内(22日)
《決算発表》
オプトエレクト

■海外(22日)
NZ準備銀行金融政策決定会合
EU首脳会議(~6/23)
ECB拡大理事会
米4月FHFA住宅価格指数(22:00)
米5月CB景気先行総合指数(23:00)

《米決算発表》
アクセンチュア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/22(木) 08:12
 
■NYダウ
 21,410.03 -57.11
■ナスダック
 6,233.95 +45.92
■CME225(円建て)
 20,100 -10(大証比)
■ドイツDAX
 12,774.26 -40.53
■上海総合指数
 3,156.21 +16.20
■ドル円
 111.36

 21日のNY市場はまちまちでした。一部ソフトウェア企業の決算や中国電子商取引大手の強気の見通しが好感され、ハイテク株には買いが広がったものの、原油価格の続落が嫌気され、エネルギーや素材株に売りが出て上値の重い展開となりました。全体に相場全体を方向付けるような材料に乏しく、材料が出た銘柄の売買が中心となりました。 
 セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやソフトウェア・サービスが上昇する一方でエネルギーや電気通信サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、任天堂<7974>、花王<4452>、三菱UFJ<8306>が軟調。半面、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、LINE<3938>がしっかりなど、対東証比較(1ドル111.38円換算)で高安まちまちでした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/22(木) 08:06
 
2017/6/22  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.163% (前日比+0.007%)     1.348% (前日比+0.004%)
英国     1.032% (前日比+0.037%)     0.207% (前日比+0.076%)
ドイツ     0.265% (前日比+0.003%)     -0.632% (前日比+0.018%)
ポルトガル 2.921% (前日比+0.047%)     0.086% (前日比+0.064%)
イタリア    1.907% (前日比-0.002%)     -0.201% (前日比+0.000%)
ギリシャ   5.568% (前日比-0.004%)       -
スペイン    1.370% (前日比-0.015%)     -0.293% (前日比+0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/21(水) 15:26
 
■日経平均      20,138.79(-91.62)

■東証1部出来高    16.34億株

■東証1部売買代金   2.26兆円

■日経平均先物    20,110(-90)

■TOPIX        1,611.56(-5.69)

■騰落        上昇589/下落1,330

■マザーズ指数    1,194.39(+27.09)

■日経JQ       3,255.01(+1.28)

■ドル円       111.23

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米国株安、原油安や円安一服などを受け、輸出関連銘柄を中心に売り先行。また日経平均が20日までの直近3営業日続伸で年初来高値を更新していることから、一旦利益確定売りの流れが優勢となりました。
 後場は昼休みの時間帯に円相場が強含み、日経平均先物が弱含んだ流れを受け、前場安値を下回る水準での小動き。マイナス圏での推移が続きましたが、下げた場面では押し目買いや海外投資家の買いが入ったとの見方もあり下値は限られました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、証券商品先物、鉱業、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、空運業、ガラス土石製品、陸運業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場は持ち合いとなり推移。下値も限定的となった。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.04ドル -0.14%と下落したがしっかりである。


◆ ご案内

2017/06/21(水) 14:35
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/21(水) 14:01
 
■日経平均      20,151.17(-79.24)

■日経平均先物    20,110(-90)

■TOPIX先物      1,611.00(-4.00)

■騰落        上昇702/下落1,158

■日経JQ       3,254.34(+0.61)

■マザーズ指数    1,194.06(+26.76)

■ドル円       111.28

■NYダウ夜間先物  +11

■上海総合指数後場の寄り付き 3,144.27 前日比+4.26 +0.14%

■指数大型      現値1,466.10  前日比-4.84

■指数中型      現値1,959.06  前日比-4.82

■指数小型      現値3,045.73  前日比-3.37


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/21(水) 12:33
 
ランチバスケットは37件、385.01億円。
差し引き70億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/21(水) 11:48
 
■日経平均      20,183.90(-46.51)

■東証1部出来高    8.13億株

■東証1部売買代金   1.11兆円

■日経平均先物    20,130(-70)

■TOPIX        1,615.20(-2.05)

■騰落        上昇1,001/下落837

■マザーズ指数    1,196.42(+29.12)

■日経JQ       3,254.14(+0.41)

■ドル円       111.26

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。20日の米国株安、原油安や円安一服などが重しとなり朝方から売り先行。輸出関連銘柄を中心に売られ、日経平均が20日までの直近3営業日続伸で年初来高値を更新していることから、一旦利益確定売りの流れとなりました。
しかし下げた場面では海外投資家の買いが入ったとの見方もあり、下値は限られました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、証券商品先物、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、空運業、ガラス土石製品、陸運業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場はリスク回避の動きがあるものの下値は限定的に推移。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.36ドル +0.03%と3日続伸となっている。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.29%

2017/06/21(水) 10:26
 
上海総合指数 3,148.99 前日比 +8.98 +0.29%


◆ 10時の概況

2017/06/21(水) 10:02
 
■日経平均      20,199.33(-31.08)

■日経平均先物    20,170(-30)

■TOPIX先物      1,613.50(-1.50)

■騰落        上昇853/下落973

■日経JQ       3,252.47(-1.26)

■マザーズ指数    1,184.29(+16.99)

■ドル円       111.40

■NYダウ夜間先物  +3

■指数大型      現値1,468.46  前日比-2.48

■指数中型      現値1,961.47  前日比-2.41

■指数小型      現値3,051.94  前日比+2.84


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/21(水) 09:05
 
おはようございます。
日経平均は年初来高値を更新した。
これで日経平均が20000円をキープ出来るかがポイントとなるが。
現状の日経平均のトレンドは上向き!目先はどこで2×○○×円に到達してくるかが焦点。
ここは依然として個別銘柄物色!
新興市場は3号目を超え今月中か来月半ばには5号目に到達するだろう。
またテーマ株や材料株はますます人気化し1度火が点けば想定を超える上昇が発生する。ただ下落も同じだけ早いだけに押し目買いと言う表現を使うのは不適切だろう。
株価が下げ止まり反発し始めてからの参加が望ましく。
こんな話をここでする必要はないだろう。
ともかくここは我々としては銘柄選択が大切ではなかろうか。

本日の先物レンジ
○××○○~○×××○円
もみ合いで良い。
個別銘柄物色に尽きる。


◆ 釣り人

2017/06/21(水) 08:43
 
おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は20130
前日比70円安のところ。

ドル円111.27
昨日の円安の値から見ますと50銭ほどの円高近辺。
 
ニューヨークダウ61ドル安。
ナスダック50ポイント安、これでは安寄りで致し方ありません。
ただ日銀のETF買いが果たしてこの高い位置からちょい安で入ってくるかどうか?そこが日経平均の焦点となります。
少し過熱しましたので私は良い調整だろうという感じで思います。
余り安くなりますと先物は「買い」で入ります。
個別株においては値の安い銘柄、昨日も色々と動きました。
7/2の都議選に絡んで土壌汚染や再開発、電線地中化とか動いております。
人気がつきそうな銘柄をスタッフ一同探していきます、どうぞご覧ください。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/21(水) 08:26
 
21日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1160万株、買い830万株で、差し引き330万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。売りセクターに、機械、化学、不動産、建設、情報通信、証券、精密など。買いセクターに、電機、建設、不動産、サービス、その他製品、陸運、石油、精密など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/21(水) 08:12
 
■国内(21日)
4月26・27日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
4月全産業活動指数(13:30)
5月訪日外客数(16:00)

■海外(21日)
米5月中古住宅販売件数(23:00)

《米決算発表》
フェデックス、オラクル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/21(水) 08:09
 
■NYダウ
 21,467.14 -61.85
■ナスダック
 6,188.03 -50.98
■CME225(円建て)
 20,125 +20,170(大証比)
■ドイツDAX
 12,814.79 -74.16
■上海総合指数
 3,140.01 -4.36
■ドル円
 111.39

 20日のNY市場は下落しました。原油先物相場が約7ヶ月ぶりの水準まで下落していることが嫌気され、エネルギー株を中心に売り先行。ダウ平均が過去最高値を更新した後とあって利益確定売りに押される展開となりました。ライアン下院議長が税制改革は年内に完了するとの考えを示し、共和党のオバマケア代替法案が来週にも上院で採決される見通しが報じられたものの、影響は限定的となりました。
 セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーや公益事業が上昇する一方でメディアや運輸が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、日鉄住金<5401>、オムロン<6645>、三井住友<8316>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル111.44円換算)で全般小安い。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/21(水) 08:09
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20172円 -58円

NYは、ダウ平均は61.85ドル安の21467.14、ナスダックは50.98ポイント安の6188.03で取引を終了した。供給過剰への懸念などから原油価格が1月の高値から20%を超す下落となっていることが嫌気され、エネルギーセクターを中心に売りが先行。ライアン下院議長が税制改革は年内に完了するとの考えを示したほか、共和党のオバマケア代替法案が来週にも上院で採決される見通しが報じらたものの、相場を押し上げるには至らなかった。

日経ですが、昨日は戻り高値更新となった。
本日は、米国安や原油の大幅下落から多少リスク回避の動きが見られるもののドル円は、111円台中盤と動きがでず、しっかりとなってることから下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.35円 179ドルから182ドル

 19945円から20283円


◆ 各国債券利回り

2017/06/21(水) 07:50
 
2017/6/21  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.157% (前日比-0.031%)     1.344% (前日比-0.012%)
英国     0.995% (前日比-0.035%)     0.131% (前日比-0.044%)
ドイツ     0.262% (前日比-0.019%)     -0.650% (前日比+0.003%)
ポルトガル 2.874% (前日比+0.001%)     0.022% (前日比-0.018%)
イタリア    1.909% (前日比-0.045%)     -0.201% (前日比-0.009%)
ギリシャ   5.572% (前日比-0.060%)       -
スペイン    1.385% (前日比-0.063%)     -0.298% (前日比-0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/20(火) 15:27
 
■日経平均      20,230.41(+162.66)

■東証1部出来高    18.36億株

■東証1部売買代金   2.51兆円

■日経平均先物    20,200(+170)

■TOPIX        1,617.25(+11.18)

■騰落        上昇1,532/下落389

■マザーズ指数    1,167.30(-5.83)

■日経JQ       3,253.73(+8.16)

■ドル円       111.55

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は19日の米国株の上昇、為替の円安ドル高を受けた買い先行。ハイテク関連株、輸入関連株や金融株を中心に幅広く買われ6/2以来半月ぶりに年初来高値を更新、寄り付きから堅調に推移しました。
 後場は前場の流れを引き継ぎハイテク関連株に買いが集まりました。6/2の高値を上回っての値動きが続き、売り込みづらいとの見方が強く底堅い値動きとなりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、非鉄金属、化学でした。一方、値下がり上位は、電気・ガス業、不動産業、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は引けにかけて利益確定の動きも見られたがしっかりでの推移となった。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.30ドル +0.31%でした。


◆ ご案内

2017/06/20(火) 14:25
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/20(火) 14:01
 
■日経平均      20,292.77(+225.02)

■日経平均先物    20,260(+230)

■TOPIX先物      1,620.50(+16.50)

■騰落        上昇1,559/下落358

■日経JQ       3,255.28(+9.71)

■マザーズ指数    1,172.52(-0.61)

■ドル円       111.69

■NYダウ夜間先物  +4

■上海総合指数後場の寄り付き 3,146.42 前日比+2.05 +0.07%

■指数大型      現値1,476.86  前日比+14.05

■指数中型      現値1,967.47  前日比+19.74

■指数小型      現値3,048.72  前日比+31.76


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/20(火) 12:33
 
ランチバスケットは22件、456.72億円。
差し引き120億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/20(火) 11:43
 
■日経平均      20,287.67(+219.92)

■東証1部出来高    9.77億株

■東証1部売買代金   1.31兆円

■日経平均先物    20,270(+240)

■TOPIX        1,621.87(+15.80)

■騰落        上昇1,608/下落301

■マザーズ指数    1,174.64(+1.51)

■日経JQ       3,256.66(+11.09)

■ドル円       111.68

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。19日の米国株の上昇、為替の円安ドル高などで投資家心理が改善。輸出関連銘柄を中心に幅広く買いが入り、6/2につけた20,239円を上回り年初来高値を更新。寄り付きから堅調に推移しました。為替は1ドル111円台後半で下げ渋る展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、保険業、証券商品先物。一方、値下がりしたのは、水産・農林業、電気・ガス業、不動産業のみとなりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数も続伸しました。
 
■桃太郎
前場は為替の下支えもあり続伸。
後場も高値持ち合いとなるか見ていきます。

ドル換算ベースは、181.70ドル +0.53%と続伸となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.12%

2017/06/20(火) 10:27
 
上海総合指数 3,148.02 前日比 +3.65 +0.12%


◆ 10時の概況

2017/06/20(火) 10:01
 
■日経平均      20,269.74(+201.99)

■日経平均先物    20,240(+210)

■TOPIX先物      1,620.00(+16.00)

■騰落        上昇1,536/下落343

■日経JQ       3,257.47(+11.90)

■マザーズ指数    1,169.34(-3.79)

■ドル円       111.72

■NYダウ夜間先物  +6

■指数大型      現値1,477.23  前日比+14.42

■指数中型      現値1,964.23  前日比+16.50

■指数小型      現値3,042.35  前日比+25.39


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/20(火) 09:04
 
おはようございます。
日経平均も想定の範囲内での上昇が始まったようだ。
為替もドル高方向となり日本株にも恩恵がありそうだ。
ただ昨日辺りはまだまだ投資家のどこかに不安があるのか?売買代金は低調でこの流れについてこれていないのでは・・・・・

さて今朝は久しぶりに面白そうな銘柄を聞いたので!...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/06/20(火) 08:38
 
日経平均先物の現在の気配は20170
前日比140円高のところです。
9月物の日経平均先物の高値は20210円(6/2)、果たしてこれを狙う動きとなるのか気になるところです。
円安になるとチャート紹介し、あれからちょうど1週間ほど経ったのでしょうか。そのような動きとなってきています、111.72

本日の寄り付きで特別気になるところはありません。
ただ昨日までの3日間陽線が続いています、寄り付いては引けが高い、寄り付いては引けが高い...ということです。
本日は寄り付いた後引けはどうでしょうか?
あくまでも日経平均の話であります。

ニューヨークダウ窓をあけて大幅高、144ドル高。
ナスダックも大幅上昇87ポイント高、下げの半値戻り辺りまで上昇しています。
どちらにしても個別株は材料株全体の底上げが行われている中でも面白い銘柄を選択していきます。

先物に関しては昨晩もあわせますとよく取れました。
今日は様子見から入る感じです。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/20(火) 08:25
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20178円 +110円

NYは、ダウ平均は144.71ドル高の21528.99、ナスダックは87.25ポイント高の6239.01で取引を終了した。トランプ大統領が主要ハイテク企業経営陣と本日会談をを予定していることもあり、ハイテクセクターに買いが広がった。またNY連銀ダドリー総裁が米景気に強気の見通しを示し、金利が上昇したことで金融セクターも堅調推移となった。

日経ですが、為替の下支えもあり買戻しから20000円台となった。
本日も海外動向は堅調、米国要人発言から金利上昇となりドル高傾向となり111円台中盤から続伸するか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.68円 179ドルから182ドル

 19990円から20325円


◆ 外資系の注文動向

2017/06/20(火) 08:16
 
20日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り710万株、買い800万株で、差し引き90万株の買い越し。買い越しは5営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、電機、不動産、その他製品、電力、ガス、情報通信など。
買いセクターに、自動車、食品、機械、電機、サービス、精密、石油、化学など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/20(火) 08:13
 
■国内(20日)
《決算発表》
ツルハHD、アークランド

■海外(20日)
米1-3月期経常収支(21:30)

《米決算発表》
アドビ・システムズ、レッド・ハット

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/20(火) 08:10
 
■NYダウ
 21,528.99 +144.71
■ナスダック
 6,239.01 +87.25
■CME225(円建て)
 20,130 +100(大証比)
■ドイツDAX
 12,888.95 +136.22
■上海総合指数
 3,144.37 +21.21
■ドル円
 111.64

 19日のNY市場は上昇しました。アップルなどの主力ハイテク株が4日ぶりに大幅反発、またNY連銀のダドリー総裁が「米景気に強気」との見通しを示し、金利が上昇したことで金融株も堅調推移となりました。ダウ平均とS&P500が共に史上最高値を更新し、ナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反発。最高値まで1.31%に迫りました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や半導体・半導体製造装置が上昇する一方でエネルギーや公益事業が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>など対東証比較(1ドル111.54円換算)で全般堅調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/20(火) 07:47
 
2017/6/20  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.188% (前日比+0.036%)     1.356% (前日比+0.041%)
英国     1.030% (前日比+0.012%)     0.175% (前日比+0.019%)
ドイツ     0.281% (前日比+0.005%)     -0.653% (前日比+0.006%)
ポルトガル 2.873% (前日比-0.046%)     0.040% (前日比-0.053%)
イタリア    1.954% (前日比-0.032%)     -0.192% (前日比-0.006%)
ギリシャ   5.632% (前日比-0.048%)       -
スペイン    1.448% (前日比-0.008%)     -0.290% (前日比-0.017%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/19(月) 15:24
 
■日経平均      20,067.75(+124.49)

■東証1部出来高    14.84億株

■東証1部売買代金   1.98兆円

■日経平均先物    20,030(+90)

■TOPIX        1,606.07(+10.03)

■騰落        上昇1,414/下落508

■マザーズ指数    1,173.13(+25.17)

■日経JQ       3,245.57(+25.07)

■ドル円       111.01
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、前週末のNYダウの最高値更新を支えに買いが先行。円相場が1ドル=111円台前半まで伸びなやむと、値がさ株を中心に幅広い銘柄に買いが広がり、上げ幅を拡大。
 後場は、売買が交錯してスタート。その後はやや強含み、この日の高値となる2万87円71銭を付ける場面も見られました。ただ、新規の手掛かり材料に乏しく、買い一巡後は、伸び悩む展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、金属製品、サービス業でした。一方、値下がり上位は、海運業、石油石炭製品、保険業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、高値持ち合いとなり小幅推移となった。
明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、180.74ドル +0.74%ととなった。


◆ 14時の概況

2017/06/19(月) 14:02
 
■日経平均      20,053.11(+109.85)

■日経平均先物    20,010(+70)

■TOPIX先物      1,605.04(+9.00)

■騰落        上昇1,426/下落484

■日経JQ       3,241.03(+20.53)

■マザーズ指数    1,169.35(+21.39)

■ドル円       110.98

■NYダウ夜間先物  +27

■上海総合指数後場の寄り付き 3,146.29 前日比+23.13 +0.74%

■指数大型      現値1,461.77  前日比+6.40

■指数中型      現値1,946.49  前日比+14.01

■指数小型      現値3,016.40  前日比+23.07


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/19(月) 12:31
 
ランチバスケットは25件、91.05億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/19(月) 11:51
 
■日経平均      20,062.19(+118.93)

■東証1部出来高    7.70億株

■東証1部売買代金   0.98兆円

■日経平均先物    20,030(+90)

■TOPIX        1,605.73(+9.69)

■騰落        上昇1,436/下落462

■マザーズ指数    1,162.90(+14.94)

■日経JQ       3,237.85(+17.35)

■ドル円       110.97
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、前週末のNYダウの最高値更新を支えに買いが先行。円相場が1ドル=111円台前半まで伸びなやむと、値がさ株を中心に幅広い銘柄に買いが広がり、上げ幅を拡大。2万円台を回復して前場取り引きを終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、サービス業、金属製品でした。一方、値下がり上位は、海運業、石油石炭製品、水産・農林業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、為替の下支えもあり、20000円台と切り返した。
安定してくるのか後場も見ていきます。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.03%

2017/06/19(月) 10:26
 
上海総合指数 3,122.16 前日比 -1.01 -0.03%


◆ 10時の概況

2017/06/19(月) 10:01
 
■日経平均      20,080.48(+137.22)

■日経平均先物    20,040(+100)

■TOPIX先物      1,605.71(+9.67)

■騰落        上昇1,467/下落403

■日経JQ       3,236.72(+16.22)

■マザーズ指数    1,161.90(+13.94)

■ドル円       111.07

■NYダウ夜間先物  +32

■指数大型      現値1,463.15  前日比+7.78

■指数中型      現値1,946.69  前日比+14.21

■指数小型      現値3,015.27  前日比+21.94


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/19(月) 09:52
 
おはようございます。

東京市場であるが、日経平均はもみ合いの中相変わらず個別銘柄物色の展開は継続となっている。
ところで我々の考えと少し違う日本国内アナリストやストラテジスト達。
我々としては日経平均はいつ20000円定着してもおかしくないと思っており、皆様も自国の会社を信じてもどうだろうか。



~以下会員ページ~


◆ 5月の貿易収支、赤字2034億円 赤字は4ヶ月ぶり

2017/06/19(月) 09:06
 
財務省が19日発表した5月の貿易収支は2034億円の赤字となった。
赤字は4ヶ月ぶり。


◆ 釣り人

2017/06/19(月) 08:57
 
おはようございます。
日経平均先物の現在の気配は19940
前日比変わらずのところです。
先週の週足チャートは日経平均は70円安と終わったのですが、本当に小動きでした。
先物の短期売買、ちょっとしんどかったという感じでしょうか...
週間展望で書きました通り上を目指す可能性があると考えています。
海外の大きな材料が一段落し国内に目が移ることになりますが、内閣支持率が低下しているということが朝のニュースで流れています。
これに関しては予測し辛いわけですが、極端に即座にブレる材料ではありませんから折々と考えていきます。

個別株の底上げが続きそうです。
銘柄、選択していきます。
先物売買に関しては100円取ろうとすると、買い損じ・売り損じが発生しやすいです。
50円60円を考えていかなければいけないかも知れない、こんな感じです。

それでは今週もよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/19(月) 08:26
 
19日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り620万株、買い560万株で、差し引き60万株の売り越し。売り越しは4営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、不動産、電機、情報通信、倉庫、自動車、食品、薬品、REIT、通信など。
買いセクターに、サービス、化学、石油、商社、自動車、保険、その他製品、薬品、精密など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/19(月) 08:19
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19972円 +29円

朝の為替状況も週末あたりでの推移となってます。
110円台後半。本日も持ち合いの展開か見ていきます。

想定レンジ、為替、110.86円 178ドルから181ドル

 19733円から20065円


◆ 今週の予定

2017/06/19(月) 08:10
 
■19(月)
【国内】
5月貿易統計(8:50)

《決算発表》
サンオータス

【海外】
英国が欧州連合(EU)と離脱交渉を開始
EU外相理事会(ルクセンブルク)
中国主要70都市新築住宅価格動向

■20(火)
【国内】
《決算発表》
ツルハHD、アークランド

【海外】
米1-3月期経常収支(21:30)

《米決算発表》
アドビ・システムズ、レッド・ハット


■21(水)
【国内】
4月26・27日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
4月全産業活動指数(13:30)
5月訪日外客数(16:00)

【海外】
米5月中古住宅販売件数(23:00)

《米決算発表》
フェデックス(6/21 5:00)、オラクル

■22(木)
【国内】
6月月例経済報告

《決算発表》
オプトエレクト

【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
EU首脳会議(~6/23)
ECB拡大理事会
米連邦準備理事会(FRB)がストレステストの結果を公表
米4月FHFA住宅価格指数(22:00)
米5月CB景気先行総合指数(23:00)

《米決算発表》
アクセンチュア

■23(金)
【国内】
東京都議会議員選挙告示(7/2投開票)

《決算発表》
サツドラHD

【海外】
米5月新築住宅販売件数(23:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/19(月) 08:05
 
■NYダウ
 21,384.28 +24.38
■ナスダック
 6,151.76 -13.74
■CME225(円建て)
 19,920 -20(大証比)
■ドイツDAX
 12,752.73 +60.92
■上海総合指数
 3,123.17 -9.32
■ドル円
 110.82

 16日のNY市場はまちまちでした。米ネット通信大手アマゾンによる食料品スーパーの買収で、競争激化が懸念され小売株などが軒並み下落。相場の上値を抑えましたが、前日に約1カ月ぶりの安値を付けた原油価格の下げ止まりから石油株が買われ徐々に下げ幅を縮小する展開となりました。ダウ工業株30種平均は小幅に反発、過去最高値を更新しました。
 セクター別では、エネルギーや公益事業が上昇する一方で食品・生活必需品小売や自動車・自動車部品が下落。
 ADRの日本株は任天堂<7974>が小安い他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、資生堂<4911>、古河電<5801>など対東証比較(1ドル110.88円換算)で全般しっかりでした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/19(月) 08:01
 
2017/6/19  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.151% (前日比-0.012%)     1.315% (前日比-0.036%)
英国     1.018% (前日比-0.013%)     0.156% (前日比-0.018%)
ドイツ     0.276% (前日比-0.006%)     -0.659% (前日比-0.006%)
ポルトガル 2.919% (前日比+0.057%)     0.093% (前日比+0.041%)
イタリア    1.986% (前日比+0.019%)     -0.186% (前日比+0.005%)
ギリシャ   5.680% (前日比-0.195%)       -
スペイン    1.456% (前日比+0.040%)     -0.273% (前日比+0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/06/17(土) 12:02
 
週末のNYダウは24ドル高 しっかりしている印象それに対してハイテク株の比率が高いナスダックは13ポイント安と元気がありません。ナスダックは月半ばで下落する傾向があることは、伝えていましたが今回の調整は少し長く注意してみていく必要がありそうです。
ドル円110.84 週末より少し円高ですが週足チャートでは円安への動きを感じるのですが・・・

週末日銀の金融政策決定会合が終わり黒田総裁の会見も伝わっています。
米国経済が順調な足取りとなり利上げが少しずつ進み、円安になれば国内景気はさらに良くなりデフレからの脱却の道筋が見えてくる。これに期待する内容でした。上場投信(ETF)の買い付けにおいては金利操作の施策と連動して動かす必要はないとのこと・・

不安材料は米国経済の先行き不透明感が少しずつ感じられてきていることでしょう、金曜の夜の米国住宅データーもあまり良くなく少し金利低下・このことでドル安円高へと少し振れています。

デフレからの脱却・・・日本には他国に誇る「おもてなし」という素晴らしい国民性があります。ところがこれは収益を追求するという意味においてはガツガツしないという流れになりやすく「値上げするとお客様に申し訳ない・・」「今までお世話になっているので少し経営は厳しけれど、このままで頑張っていきます。」こうなりがちな面は否定しずらいところです。どんな国が豊かな国なのか?選択されていくのは精神論となっていきます。

さて相場ですが先物(日経平均の動き)は緩慢です。先週の週足は少し安いところで二週間前の大陽線の後先々週陰線の後での十字足となります。方向感が出ずらい動きではありましたが日足に目を転じると木曜日の安値19750円どころを割り込むより上を目指すのではなかろうかと考えています。最も先週の大きな円安に対してやれやれの少し円高を迎える時間帯はあるでしょうが・・
色々今細かく書いてもしょうがないので、日々折々書いていきます。

低位の材料株相場まだまだ始まったばかり大型が動きずらいのでこちらに資金が回るのは当たり前今週も飛び出す銘柄スタッフがたくさん書くでしょう~
勿論私も書きます。

どうぞ今週もバランス投資顧問のページ購読お願いします。


◆ 桃太郎

2017/06/16(金) 22:52
 
ダウ・ナスダックも小幅マイナスでの推移。

ドル安からドル円は、110.89円

3日足からのドル換算ベースは、19640円なんですが為替リンク度薄く、19900円台での推移。

ロスカット、決済は先ほどので上がります。

今週もお疲れさまでした。


◆ 桃太郎

2017/06/16(金) 22:52
 
ダウ・ナスダックも小幅マイナスでの推移。

ドル安からドル円は、110.89円

3日足からのドル換算ベースは、19640円なんですが為替リンク度薄く、19900円台での推移。

ロスカット、決済は先ほどので上がります。

今週もお疲れさまでした。


◆ 桃太郎

2017/06/16(金) 18:41
 
)【今日の欧米市場の予定】・18:00 ユーロ圏・5月消費者物価指数改定値(前年比予想:+1.4%、速報値:+1.4%)・21:30 米・5月住宅着工件数(予想:122.0万戸、4月:117.2万戸)・21:30 米・5月住宅建設許可件数(予想:124.9万戸、4月:122.8万戸)・23:00 米・6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:97.0、5月:97.1)・01:45 カプラン米ダラス連銀総裁講演・EU財務相理事会

現在は、ユーロ堅調からドル安。
ドルインデックス 低下。


◆ 大引け概況

2017/06/16(金) 15:27
 
■日経平均      19,943.26(+111.44)

■東証1部出来高    22.85億株

■東証1部売買代金   3.19兆円

■日経平均先物    19,940(+130)

■TOPIX        1,596.04(+7.95)

■騰落        上昇1,237/下落652

■マザーズ指数    1,147.96(+8.31)

■日経JQ       3,220.50(+0.67)

■ドル円       111.19

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は円相場が1ドル111円台と円安に振れたことから輸出関連株を中心に買い先行。その後は円安一服とともに小動きとなりました。
 後場は日銀が金融政策決定会合で「金融緩和策の現状維持を決定」したとの発表から上げ幅を拡大しスタート、寄り付き直後に2万円を上回りました。しかし市場予想通りの結果に加え、引け後には黒田日銀総裁の会見が控えているのもあり上値は重く、引き続き様子見ムードのまま本日の取り引きを終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、証券商品先物、情報・通信業でした。一方、値下がり上位は、電気・ガス業、水産・農林業、小売業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は大きく切り返す場面もありましたが、上値が重く引けにかけて利益確定の動きとなった。
ドル換算ベースは、179.42ドル -0.83%と下落した。


◆ ご案内

2017/06/16(金) 14:37
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/16(金) 14:02
 
■日経平均      19,977.51(+145.69)

■日経平均先物    19,940(+130)

■TOPIX先物      1,596.00(+9.00)

■騰落        上昇1,306/下落583

■日経JQ       3,217.20(-2.63)

■マザーズ指数    1,149.91(+10.26)

■ドル円       111.21

■NYダウ夜間先物  +35

■上海総合指数後場の寄り付き 3,124.36 前日比-8.13 -0.26%

■指数大型      現値1,457.51  前日比+11.50

■指数中型      現値1,934.53  前日比+7.75

■指数小型      現値2,993.86  前日比+9.85


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/16(金) 12:35
 
ランチバスケットは29件、235.59億円。
差引き40億円の売り越しとの観測。


◆ 日銀、現状維持を決済

2017/06/16(金) 12:24
 
日銀、現状維持を決済

日銀は同日、金融政策決定会合で現状維持を決定。年間80兆円程度としている資産購入ペースも維持した。


◆ 桃太郎

2017/06/16(金) 12:03
 
日銀維持。

動き出ず。
様子見します。


◆ 前引け概況

2017/06/16(金) 11:45
 
■日経平均      19,937.15(+105.33)

■東証1部出来高    8.57億株

■東証1部売買代金   1.11兆円

■日経平均先物    19,900(+90)

■TOPIX        1,596.32(+8.23)

■騰落        上昇1,257/下落609

■マザーズ指数    1,150.50(+10.85)

■日経JQ       3,218.88(-0.95)

■ドル円       111.14

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。英ポンドの急伸や米国の利上げ継続の見通しから円相場が1ドル111円台と円安に振れ、輸出関連株を中心に買いが先行、その後は円安一服とともに膠着感が強まりました。本日は日銀の金融政策発表日で、引け後には黒田日銀総裁の会見が控えているもあり様子見となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、証券商品先物、海運業、情報・通信業でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、電気・ガス業、小売業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は為替の下支えから買戻しも入り、切り返しの動きとなった。
決定会合後の動きを見ていきます。
ドル換算ベースは、179.36ドル -0.86%と下落となった。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/16(金) 11:13
 
おはようございます。
FOMCに対する評価が二分しているが。
FOMCだって一企業でありどこかで回収作業に入る。また経済情勢は彼等が語ることにより世の中の人々は錯覚を起こし誘導される(笑)
我々の日経平均の高値の予想は先日もお伝えしたが、現状は●●○○×円前後を予想しており、そこからどうなるか?はまたその値段になったら考えようと思っている。
ともかくここはまだまだ新興市場第2幕。
第2幕ようやく3号目あたりまで登ってきた。
即ち、今年はますます個別銘柄物色の展開であろう。


本日の先物レンジ
○○××○~○×○○○円
焦らずいこう。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.20%

2017/06/16(金) 10:26
 
上海総合指数 3,126.37 前日比 -6.12 -0.20%


◆ 10時の概況

2017/06/16(金) 10:02
 
■日経平均      19,914.19(+82.37)

■日経平均先物    19,880(+70)

■TOPIX先物      1,592.50(+5.50)

■騰落        上昇1,356/下落504

■日経JQ       3,220.61(+0.78)

■マザーズ指数    1,146.45(+6.80)

■ドル円       111.05

■NYダウ夜間先物  +21

■指数大型      現値1,452.81  前日比+6.80

■指数中型      現値1,933.56  前日比+6.78

■指数小型      現値2,994.99  前日比+10.98


◆ 外資系の注文動向

2017/06/16(金) 08:39
 
16日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1830万株、買い680万株で、差し引き1150万株の大幅売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
売りセクターに、薬品、電機、食品、情報通信、通信、不動産、銀行、サービス、REIT、鉱業など。
買いセクターに、サービス、精密、小売、石油、化学、その他製品、空運など」(外資系証券)という。


◆ 釣り人

2017/06/16(金) 08:34
 
日経平均先物の現在の気配は19890
前日比80円高のところです。

ドル円110.88
昨晩大きな円安となりました。
1円強の円安からのスタートです。
会員ページでは円安の可能性のチャートを週始めに掲載していましたが、一昨日の円高はイレギュラーな瞬間円高だったのではなかろうかと考えます。

ニューヨークダウ14ドル安。
一時100ドル近く安い場面がありましたが切り返して終わっています。
ナスダックも少し安いところがありましたが29ポイント安でとりあえずになりました。

個別株の物色、根強いです。
しっかりと見極め、アドバイザー4人で提案していきます。
それではよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/16(金) 08:29
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19920円 +88円

NYは、ダウ平均は14.66ドル安の21359.90、ナスダックは29.39ポイント安の6165.50で取引を終了した。欧州株の下落を受けて売りが先行。また一部でインフレ低下のリスクが指摘される中、昨日連銀が利上げを実施し、年内の利上げ見通しやインフレ目標を据え置いたことも警戒された。上昇の目立っていた大型ハイテク株に再び売りが広がったほか、原油価格の低下でエネルギー関連も軟調推移となったが、引けにかけては下げ幅をやや縮小した。

昨日の日経ですが、下支えも入り下値は限定的となった。
ドル高傾向となり本日は、決定会合、下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.90円 179ドルから182ドル

 19851円から20183円


◆ 本日の予定

2017/06/16(金) 08:14
 
■国内(16日)
黒田日銀総裁会見

《決算発表》
西松屋チェ-ン

■海外(16日)
AIIB 年次総会(~6/18韓国)
米5月住宅着工件数(21:30)
米5月建設許可件数(21:30)
米6月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)

休場:南ア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/16(金) 08:11
 
■NYダウ
 21,359.90 -14.66
■ナスダック
 6,165.50 -29.39
■CME225(円建て)
 19,870 +60(大証比)
■ドイツDAX
 12,691.81 -114.14
■上海総合指数
 3,132.49 +1.82
■ドル円
 110.88

 15日のNY市場は下落しました。欧州株の下落を受け売り先行。予想よりややタカ派的となったFOMCの結果を受け、市場への資金流入が細るとの警戒感がやや強まったことも株売りにつながり、上昇の目立っていたアップルなど主力のハイテク株へ再び売りが広がりました。原油安を嫌気したエネルギー・資源株の下落が重しとなり、ロシアゲート疑惑が再び高まったこともセンチメントの悪化につながりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や資本財が上昇する一方で食品・生活必需品小売や耐久消費財・アパレルが下落。
 ADRの日本株は任天堂<7974>が冴えないほかは、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、SUBARU<7270>、資生堂<4911>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル110.9円換)で全般堅調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/16(金) 08:11
 
2017/6/16  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.164% (前日比+0.038%)     1.351% (前日比+0.020%)
英国     1.031% (前日比+0.104%)     0.174% (前日比+0.083%)
ドイツ     0.282% (前日比+0.056%)     -0.653% (前日比+0.037%)
ポルトガル 2.862% (前日比+0.016%)     0.052% (前日比-0.018%)
イタリア    1.967% (前日比+0.028%)     -0.191% (前日比+0.080%)
ギリシャ   5.875% (前日比+0.076%)       -
スペイン    1.416% (前日比+0.034%)     -0.279% (前日比+0.014%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/06/15(木) 22:01
 
変化あれば、23時までには、連絡することとします。

お疲れさまでした。


◆ 桃太郎

2017/06/15(木) 22:00
 
経済指標良く、米10年債利回りは2.16%台へと上昇。

ドル円、110.34円 5マンドルショートしました。
この分のロスカット、110.95円

NYCFD -83ドル VIX 11.75 原油44.55ドル

ドルインデックス 97.42上昇中


◆ 桃太郎

2017/06/15(木) 20:11
 
米国タイムとなって、じり安から安値は、705円まで現在。

ドル高傾向からドルインデックスは上昇ですが、ドル円は、多少リスク回避の動きから持ち合い。109.75円

NYCFd -91ドル VIX 11.54台 原油は、44.58ドル凪。

本日ザラバは、728億かいつけでした。
明日も決定会合なので、入るのですかね。

本日ザラバの先物(ラージ)売り買いの差し引き手口は、JPモルガンが売りトップ・買い方はSBIと個人みたいです。買戻しか新規買いかはわかりませんが、参加率は高いのですね。

22時過ぎ最終コメントとします。なんとなく時間軸の持ち合いなのかもしれません。


◆ 桃太郎

2017/06/15(木) 17:48
 
890円分、625円決済指値入れときます。

710円を切れたら、追加売りするか考えます。


◆ 大引け概況

2017/06/15(木) 15:46
 
■日経平均      19,831.82(-51.70)

■東証1部出来高    18.81億株

■東証1部売買代金   2.47兆円

■日経平均先物    19,810(-70)

■TOPIX        1,588.09(-3.68)

■騰落        上昇817/下落1,063

■マザーズ指数    1,139.65(+1.10)

■日経JQ       3,219.83(-0.56)

■ドル円       109.67

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は円高ドル安の進行を嫌気し輸出関連銘柄を中心に売り先行。その後円高ドル安基調が弱まると好感する買いが入りましたが、上値は重く、方向感に欠ける展開となりました。後場は安値圏での小動き。新規の手がかり材料に乏しいこともありましたが、為替が1ドル=109円台後半で落ち着き、円高を警戒した売りが和らいだこともあり徐々に下げ幅を縮め本日の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、ゴム製品、鉄鋼、石油石炭製品でした。一方、値上がり上位は、その他製品、建設業、小売業となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は持ち合いからじり高の戻りとなった。
トレンドが出そうで出ない相場環境が続いてます。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、180.93ドル +0.12%と3日続伸となった。


◆ 2017年5月首都圏マンション発売戸数、13.3%減 4ヶ月ぶりに減少

2017/06/15(木) 15:28
 
不動産経済研究所(東京・新宿)が15日発表した2017年5月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比13.3%減の2,603戸だった。4ヶ月ぶりの減少。
契約戸数は1,880戸で、月間契約率は5.9ポイント増加の72.2%だった。17年6月の発売戸数は3,500戸前後の見通し。


◆ 桃太郎

2017/06/15(木) 14:44
 
下向きのトレンド出そうで出ない相場展開ですが、

持越しで、様子見します。

米国タイムは連絡します。


◆ ご案内

2017/06/15(木) 14:26
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/15(木) 14:02
 
■日経平均      19,814.80(-68.72)

■日経平均先物    19,780(-100)

■TOPIX先物      1,586.00(-4.50)

■騰落        上昇958/下落921

■日経JQ       3,218.23(-2.16)

■マザーズ指数    1,139.87(+1.32)

■ドル円       109.64

■NYダウ夜間先物  -35

■上海総合指数後場の寄り付き 3,127.68 前日比-3.00 -0.10%

■指数大型      現値1,445.22  前日比-5.22

■指数中型      現値1,925.55  前日比-3.49

■指数小型      現値2,987.94  前日比-0.99


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/15(木) 12:36
 
ランチバスケットは12件、363.25億円。
差し引き90億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/15(木) 11:52
 
■日経平均      19,797.46(-86.06)

■東証1部出来高    9.92億株

■東証1部売買代金   1.26兆円

■日経平均先物    19,760(-120)

■TOPIX        1,585.35(-6.42)

■騰落        上昇850/下落1,020

■マザーズ指数    1,131.00(-7.55)

■日経JQ       3,215.87(-4.52)

■ドル円       109.54

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方から円高ドル安の進行を嫌気した売り先行、輸出関連銘柄を中心に売りが膨らみました。その後円高ドル安基調が弱まると好感する買いが入りましたが、上値は重く、手掛かり難に加え日銀金融政策会合もあるため、方向感に欠ける展開となり前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、ゴム製品、保険業、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、その他製品、空運業、建設業となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は安寄り後反転場面からプラス圏となりましたが、引けにかけては下落となった。
小幅持ち合いが続くのか後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、180.70ドル +0.00%と変わらずである。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.16%

2017/06/15(木) 10:26
 
上海総合指数 3,125.59 前日比 -5.08 -0.16%


◆ 桃太郎

2017/06/15(木) 10:12
 
指数は、安寄り後、急反発。為替推移は、109円台中盤での持ち合いなのにと思う次第。このところ、先物25Maからのリバンド多く何らかの力なんでしょう。
急反発することは、急落もあるとは思います。
昨晩も1円ほどドル円の下落場面もありましたが、指数は反応薄で、200円ほどの下落。以前は300円以上となってますので、為替離れも出てきてるイメージ。

為替推移は、109円台中盤での推移、明日の決定会合後の動きとなりそうである。

ドル換算ベースは、181.44ドル +0.41%と3日続伸。

トヨタ(7203)5814円 -45円
昨日の株主総会では、M&Aを推進していく発言。
個人的に思うことは、これから電気自動車の時代となれば、自分が子供の時にプラモデルを造る時、モーターと電池でボディーは完成となります。誰でも作れる時代となっていきますので、M&Aも必要な時代なんでしょう。
新規売り持続。


◆ 10時の概況

2017/06/15(木) 10:01
 
■日経平均      19,927.09(+43.57)

■日経平均先物    19,900(+20)

■TOPIX先物      1,594.00(+3.50)

■騰落        上昇1,189/下落633

■日経JQ       3,230.30(+9.91)

■マザーズ指数    1,134.86(-3.69)

■ドル円       109.70

■NYダウ夜間先物  -34

■指数大型      現値1,453.20  前日比+2.76

■指数中型      現値1,934.44  前日比+5.40

■指数小型      現値2,997.56  前日比+8.63


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/15(木) 09:05
 
おはようございます。
昨日の東京市場はFOMCを見極めたいのか相変わらずもみ合いの展開。
中身的には、半導体関連は利食い売りに押されるが、建設株や好業績の割安株には資金が向かいしっかり。
後は相変わらずの個別銘柄物色!人気化した銘柄には資金が向かいやすい環境である。


本日の先物レンジ
○○××○~○○○○×
調整局面の中、個別銘柄物色は継続。


◆ 桃太郎

2017/06/15(木) 08:46
 
◆ 桃太郎 2017/06/15(木) 08:44
昨日は、-70円

昨晩は、+110円
935円 2枚 890円 5枚売り持ち。

FX,117.86円ショートもち
117.86円(25万)。114.00円(10万)ロングもち。

+114pips

109.58/109.68円分はできてます。-874pips明日の決定会合後に117.86円分決済予定なので、その時に差し引きで利益は掲載します。

昨晩は、米小売売上高に為替推移の反応して下落。FOMCの結果待ちには戻りを試して推移。日経指数も小幅安となっている。様子見ていきます。

前日終値、180.71ドル 109.63で19811円(現物)

上値目処、930・980・040

下値目処、710・680・620

現在、109.63

NYCFD 21356ドル -18ドル
日経CFD 19882円 -1円

9MA 19922円


◆ 釣り人

2017/06/15(木) 08:42
 
日経平均先物の現在の気配は19800
前日比80円安のところ。

ドル円109.33
この為替は動きました。
FOMCで動いた訳ではなく、その前の5月の米消費者物価指数の数字が下落したことにより、仮に日本時間早朝の利上げがあったとしてもその後の利上げは鈍るということで米長期金利が下落しました。
私も昨晩見ていたわけですが110.30辺りから一挙に109円まで1円30銭程の円高がわずか2時間で行われました。
円安の方に向かうのではないかという見方はその段階で負け、先物の売買はロスカットにかかったということです。
桃太郎の「日経先物&FX 桃太郎」においては桃さんは円高予測でしたからしっかりととれています。
あとで桃太郎の先物ページをご覧になってください。

ニューヨークダウ46ドル高の新高値。
ナスダックは25ポイント安、アップルの株がもう一つ元気がないというところです。

日銀の買い付けはここ数日入っておりません。
本日7~80円安から始まり、今日辺り入るのかな?と考えながら市場を見ていきます。
個別株色々と面白い株が続出しています。
材料株相場が続きそうです。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/15(木) 08:34
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19882円 -1円

NYは、ダウ平均は46.09ドル高の21374.56、ナスダックは25.48ポイント安の6194.89で取引を終了した。朝方は、ワシントン郊外で共和党下院議員が負傷する銃撃事件が発生したが、連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を控えて小動きとなった。注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き上げられた。イエレン議長は、足元の物価上昇ペースの減速を認めた一方で、中期的なインフレ目標の達成には楽観的な見通しを示し、残り年1回の追加利上げ見通しを維持した。年内に段階的なバランスシート縮小に着手するとしたが、詳細については言及されず、発表後に上げ幅を縮小した。

日経ですが、昨日も底堅く推移。
為替リンク度薄く、本日も下値は限定的なのかもしれません。
明日は、決定会合となる。

想定レンジ、為替、109.63円 179ドルから182ドル

 19623円から19952円


◆ 外資系の注文動向

2017/06/15(木) 08:21
 
 15日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り700万株、買い300万株で、差し引き400万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、不動産、自動車、銀行、食品、情報通信、電機、化学など。
 買いセクターに、サービス、通信、電機、自動車、精密、小売、情報通信、陸運、その他製品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/15(木) 08:18
 
■国内(15日)
日銀金融政策決定会合(~5/16)
5月首都圏新規マンション発売(13:00)

■海外(15日)
NZ1-3月期GDP(7:45)
トルコ中銀金融政策決定会合
英国金融政策発表
米5月輸出入物価(21:30)
米6月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米6月フィラデルフィア
連銀製造業景況感指数(21:30)
米5月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米6月NAHB住宅市場指数(23:00)
核兵器の法的禁止措置について交渉する国連会議(~7/7NY)

休場:ブラジル

《米決算発表》
クローガー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/15(木) 08:16
 
■NYダウ
 21,374.56 +46.09
■ナスダック
 6,194.89 -25.48
■CME225(円建て)
 19,850 -30(大証比)
■ドイツDAX
 12,805.95 +40.97
■上海総合指数
 3,130.67 -23.07
■ドル円
 109.34

 14日のNY市場はまちまち。注目されたFOMCでは市場予想通り政策金利が25bp引き上げられ、これまで通り年内あと1回の利上げ見通しが示されました。また年内に段階的なバランスシート縮小に着手すると示されましたが、詳細は言及されませんでした。ダウ平均は小幅に続伸し史上最高値を更新、S&P500とナスダック総合は反落しました。
 セクター別では、食品・生活必需品小売や食品・飲料・タバコが上昇する一方でエネルギーや素材が下落。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>が小じっかり。半面、トヨタ<7203>、キヤノン<7751>、SUBARU<7270>、日鉄住金<5401>、日東電<6988>が小安いなど、対東証比較(1ドル109.68円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/06/15(木) 07:50
 
2017/6/15  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.126% (前日比-0.085%)     1.331% (前日比-0.032%)
英国     0.927% (前日比-0.106%)     0.091% (前日比-0.050%)
ドイツ     0.226% (前日比-0.040%)     -0.690% (前日比+0.009%)
ポルトガル 2.846% (前日比-0.103%)     0.070% (前日比-0.029%)
イタリア    1.939% (前日比-0.042%)     -0.271% (前日比-0.009%)
ギリシャ   5.799% (前日比-0.038%)       -
スペイン    1.382% (前日比-0.054%)     -0.293% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/06/14(水) 23:50
 
週間石油統計、原油在庫は前週比166.1万バレル減の5.11546億バレル


◆ 桃太郎

2017/06/14(水) 23:47
 
原油も下落傾向となってきてます。

ダウも利益確定の動きとなってきました。
ただ、今週末は、クアドルプルなので、ナスダックを見ていきます。

ドル円は、決定会合もありなので・・・
先日、黒田発言の時、なんでの円高となりましたので、注視も・・・

735円も出来です。+69円(5枚換算)


◆ 桃太郎

2017/06/14(水) 23:27
 
108.88円分訂正で、109.08円で決済。

+114pips


◆ 桃太郎

2017/06/14(水) 22:03
 
ドル相場が急落している。米FOMCを前に発表された5月の米消費者物価指数は前月比-0.1%と事前予想変わらずから下振れ。前年比は+1.9%と事前予想+2.0%を下回った。さらに、5月の米小売売上高が前月比-0.3%、自動車除く前月比でも-0.3%と落ち込んだ。

 米10年債利回りは2.19%台から一気に2.15%台へと急低下。ドル相場も急落。110円台前半でジリ高の動きを示していたドル円は、発表後に一気に109.57レベルまで下落。ユーロドルは1.12ちょうど近辺から1.1260レベルまで急伸した。

■ 外出から戻り、コメント

935円 2枚 890円 5枚 850円 3枚売り持ち。

ドル円、110.22円分、108.88円決済指値。


◆ 大引け概況

2017/06/14(水) 15:18
 
■日経平均      19,883.52(-15.23)

■東証1部出来高    17.01億株

■東証1部売買代金   2.2兆円

■日経平均先物    19,880(-10)

■TOPIX        1,591.77(-1.74)

■騰落        上昇774/下落1,082

■マザーズ指数    1,138.55(+11.14)

■日経JQ       3,220.39(+1.60)

■ドル円       110.06

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は米国市場の反発を手掛かりに2万円台を回復する場面も見られましたが、買い一巡後は上値の重い展開となりました。
 後場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に積極的な売買は手控えられました。前場終値近辺での小動きが続き、先物、現物、為替市場共に目立った動きがないまま本日の取り引きを終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、陸運業、繊維製品でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、非鉄金属、保険業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は持ち合いから様子見となった。
明日朝方のFOMC後の展開かと思われます。見ていきます。

ドル換算ベースは、180.71ドル -0.07%となった。


◆ 14時の概況

2017/06/14(水) 14:01
 
■日経平均      19,941.37(+42.62)

■日経平均先物    19,900(+10)

■TOPIX先物      1,595.00(+2.00)

■騰落        上昇1,116/下落748

■日経JQ       3,221.13(+2.34)

■マザーズ指数    1,136.93(+9.52)

■ドル円       110.09

■NYダウ夜間先物  -6

■上海総合指数後場の寄り付き 3,135.42 前日比-18.32 -0.58%

■指数大型      現値1,455.48  前日比+2.41

■指数中型      現値1,933.85  前日比+5.88

■指数小型      現値2,999.43  前日比+4.07


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/14(水) 12:58
 
おはようございます。
日経平均はNYダウ高値更新をこのタイミングでどう思うかだ。
またNASDAQはモメンタム株の宝庫で株価が乱高下するのは慣れたもの。
ここからはFOMCで利上げされ日経平均はもみ合いから上値追いを予想している。
また個別銘柄を見ていると...

~以下会員ページ~


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/14(水) 12:37
 
ランチバスケットは27件、148.33億円。
差引10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/14(水) 11:46
 
■日経平均      19,919.09(+20.34)

■東証1部出来高    8.82億株

■東証1部売買代金   1.1兆円

■日経平均先物    19,870(-20)

■TOPIX        1,594.10(+0.59)

■騰落        上昇1,049/下落791

■マザーズ指数    1,137.81(+10.40)

■日経JQ       3,224.12(+5.33)

■ドル円       109.99

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。13日の米国株高を受け3日振りに反発してスタート、ここ数日売りが目立った株に買いが集まりました。一時2万円台を回復しましたが、買い一巡後は利益確定売りなどにより上値の重い展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、その他製品、陸運業でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、鉄鋼、保険業となりました。。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数も続伸しました。
 
■桃太郎
前場は戻る場面もありましたが、利益確定の動きとなり上げ幅縮小となった。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、181.12ドル +0.15%と小幅続伸


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.22%

2017/06/14(水) 10:29
 
上海総合指数 3,146.75 前日比 -6.99 -0.22%


◆ 10時の概況

2017/06/14(水) 10:01
 
■日経平均      19,978.83(+80.08)

■日経平均先物    19,930(+40)

■TOPIX先物      1,596.00(+3.00)

■騰落        上昇1,312/下落513

■日経JQ       3,231.46(+12.67)

■マザーズ指数    1,149.66(+22.25)

■ドル円       110.06

■NYダウ夜間先物  -4

■指数大型      現値1,455.20  前日比+2.13

■指数中型      現値1,937.32  前日比+9.35

■指数小型      現値3,009.62  前日比+14.26


◆ 釣り人

2017/06/14(水) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19930
前日比40円高のところです。

ドル円110.06
昨日ドル円チャートを掲載し円安への可能性を伝えたのですが、もう一つドル高円安にはなりませんでした。

ニューヨークダウは92ドル高で新高値。
ナスダックは44ポイント反発、半値押しあたりまでの上昇。
このナスダックはお伝えしました通り月半ばのアク抜けで終わるかどうか?ここしばらく目が離せません。

さて今晩のFOMCでこの為替に大きなトレンドが出るのか、ドル高なのか?ドル安なのか?それとも横々の動きとなるのか?明日には結果が見えます。
昨晩イブニングの売買は買いで挑んだわけですが~「日経225先物と釣り人」(現在無料公開中)~ニューヨークは強張るという感覚を持っていましたが、為替が思ったよりも動かなくて残念でした。
今日も日銀の買いは入らないでしょうが底堅い動きを期待しています。
それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/14(水) 08:19
 
14日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1910万株、買い1800万株で、差し引き110万株の売り越し。売り越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、化学、電機、不動産、情報通信、自動車など。
買いセクターに、小売、その他製品、商社、電機、石油、銀行、陸運、サービス、建設、精密など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/14(水) 08:16
 
■国内(14日)
《決算発表》
Hamee、丸善CHI、菊池製作、バロック、エニグモ、バリューゴルフ、サンバイオ、SAMURAI、オハラ、ファーストロジ、サクセスHD、HyAS&Co.、ウインテスト、オービス、総合商研、アルデプロ、明豊エンター、東京ドーム

■海外(14日)
イエレンFRB 議長会見(経済見通し)
中国5月鉱工業生産(11:00)
中国5月小売売上高(11:00)
中国5月都市部固定資産投資(11:00)
米5月小売売上高(21:30)
米5月消費者物価(21:30)
米4月企業在庫(23:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/14(水) 08:13
 
■NYダウ
 21,328.47 +92.80
■ナスダック
 6,220.37 +44.90
■CME225(円建て)
 19,915 +25(大証比)
■ドイツDAX
 12,764.98 +74.54
■上海総合指数
 3,153.74 +13.87
■ドル円
 110.06

 13日のNY市場は上昇しました。下落していたハイテク株の反発や金融株が規制緩和への期待から上昇するなど終日堅調推移。しかし米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控えているのもあり反応は限定的となりました。
 セクター別では、素材や小売が上昇する一方で電気通信サービスやメディアが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクGが小安い他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル110.04円換算)で全般堅調でした。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/14(水) 08:13
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19968円 +69円

NYは、ダウ平均は92.80ドル高の21328.47、ナスダックは44.90ポイント高の6220.37で取引を終了した。下落していたハイテク株に買い戻しが入り、終日堅調推移となった。ただし、明日のFOMC(連邦公開市場委員会)でのバランスシートの縮小や年内の利上げペースに関する見解を見極めたいとの思惑から上値は限られた。

日経ですが、昨日も為替リンク度薄く持ち合いとなった。
本日も小幅推移となるか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.05円 180ドルから182ドル

19809円から20029円 


◆ 各国債券利回り

2017/06/14(水) 07:50
 
2017/6/14  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.211% (前日比-0.004%)     1.363% (前日比+0.008%)
英国     1.033% (前日比+0.066%)     0.141% (前日比+0.054%)
ドイツ     0.266% (前日比+0.017%)     -0.699% (前日比+0.025%)
ポルトガル 2.949% (前日比-0.035%)     0.099% (前日比-0.033%)
イタリア    1.981% (前日比-0.039%)     -0.262% (前日比-0.016%)
ギリシャ   5.837% (前日比-0.032%)       -
スペイン    1.436% (前日比-0.009%)     -0.293% (前日比-0.016%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/06/13(火) 22:33
 
米国は、小幅切り返しでの始まり。

VIXも低下でリスク回避の緩みとは見えます。

原油は、46ドル前後で持ち合い。

ロスカットにならなければ持越しとします。

お疲れさまでした。


◆ 桃太郎

2017/06/13(火) 21:36
 
米国PPIは、横ばい。

多少ドル高に転換から少しリバンド局面。

指数は、時間軸の持ち合いでの推移。

原油は、下落の45.91ドル VIX 11.03 -3.75% NYCFD +16ドル

22:30あたりは最終コメントします。


◆ 桃太郎

2017/06/13(火) 17:16
 
ポンドの持ち直しから、ユーロ高。

ドル安となってます。

110.22円で 5マンドルショートしました。
ロスカット、110.75円


◆ 大引け概況

2017/06/13(火) 15:30
 
■日経平均      19,898.75(-9.83)

■東証1部出来高    16.14億株

■東証1部売買代金   2.11兆円

■日経平均先物    19,890(+30)

■TOPIX        1,593.51(+1.96)

■騰落        上昇1,106/下落748

■マザーズ指数    1,127.41(+2.23)

■日経JQ       3,218.79(+5.22)

■ドル円       110.04

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は米国市場の流れを引き継ぎ売り先行。ハイテク株を中心に軟調な推移となりましたが、石油・資源株や海運株の上昇が相場を支えました。
 後場は下げ幅を縮めて始まり一時はプラス圏入り。しかし上値が重く、前日終値近辺での小動きが続きました。本日からの米連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めたいとの思惑から、積極的な売買は手控えられ本日の取り引きを終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、不動産業、建設業でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、精密機器、証券商品先物となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数も反発しました。
 
■桃太郎
後場は動き無く推移。
明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、180.84ドル +0.13%小幅切り返しとなった。


◆ 14時の概況

2017/06/13(火) 14:02
 
■日経平均      19,893.52(-15.06)

■日経平均先物    19,870(+10)

■TOPIX先物      1,592.50(+4.50)

■騰落        上昇1,226/下落639

■日経JQ       3,217.12(+3.55)

■マザーズ指数    1,130.78(+5.60)

■ドル円       110.02

■NYダウ夜間先物  +14

■上海総合指数後場の寄り付き 3,152.64 前日比+12.77 +0.41%

■指数大型      現値1,454.42  前日比+2.70

■指数中型      現値1,928.23  前日比+2.86

■指数小型      現値2,997.50  前日比+9.74


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/13(火) 12:36
 
ランチバスケットは31件、269.76億円。
差引き売り買い均衡との観測。


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/13(火) 12:36
 
ランチバスケットは31件、269.76億円。
差引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/06/13(火) 11:46
 
■日経平均      19,885.72(-22.86)

■東証1部出来高    8.35億株

■東証1部売買代金   1.04兆円

■日経平均先物    19,860(±0)

■TOPIX        1,594.29(+2.74)

■騰落        上昇1,181/下落687

■マザーズ指数    1,127.39(+2.21)

■日経JQ       3,215.35(+1.78)

■ドル円       109.97
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落。12日の米国市場でナスダック総合指数が続落した流れを引き継ぎ、日本市場でもハイテク株を中心に売りが続きました。売り一巡後は出遅れ感の強い株へ資金移動が続き上げに転じる場面もありましたが、本日からの米連邦公開市場委員会(FOMC)を見極めたいとの思惑もあり戻りは限定的となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、鉱業、不動産業でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、精密機器、ゴム製品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数も反発しました。
 
■桃太郎
前場は小幅推移の持ち合いとなった。下値は限定的。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、180.81ドル +0.12%と小幅切り返しとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.19%

2017/06/13(火) 10:26
 
上海総合指数 3,134.01 前日比 -5.87 -0.19%


◆ 10時の概況

2017/06/13(火) 10:02
 
■日経平均      19,891.31(-17.27)

■日経平均先物    19,860(±0)

■TOPIX先物      1,592.50(+4.50)

■騰落        上昇1,171/下落668

■日経JQ       3,217.23(+3.66)

■マザーズ指数    1,130.99(+5.81)

■ドル円       110.01

■NYダウ夜間先物  +8

■指数大型      現値1,453.13  前日比+1.41

■指数中型      現値1,928.11  前日比+2.74

■指数小型      現値2,995.27  前日比+7.51


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/13(火) 09:31
 
おはようございます。
多くの投資家は米国株の行方が気になっているようだが。
ここで予定通りに利上げされマーケットは回復に向かうだろうと我々は予想している。
株は上がれば多少調整もあるし、下がればリバウンドが生まれ物によっては更なる高値を形成する。
またどこが高値?で安値か?
そんなものは誰にも分からない、分かれば投資家は今頃(笑)
ただトレンドには逆らわないことだ!
米国株も日本株も上がる株は暫く上がり続けるし、下がりだすと暫く低迷期がくる。
実にマーケットは分かりやすい値動きを近年するようになった。
これは逆に昔と違い情報化社会が進んだ証とも言える。
即ち、一極集中相場に発展し想定を超える値動きが発生する。
焦らず楽しみたまえ。


本日の先物レンジ。
××○×○~○×○○○円
焦らず行こう。


◆ 釣り人

2017/06/13(火) 08:38
 
日経平均先物の現在の気配は19820
前日比40円安のところです。

ドル円109.89
3日間円安に振れた後昨晩は少し円高、そして本日もその流れの寄り付き。

ニューヨークダウ36ドル安。
小さな下げであります。

ナスダック32ポイント安。
100ポイントほど安いところもありましたが、引けにかけ戻したという展開となりました。

本日の日経平均の予測ですが、前場安の後切り返す力が働きそうな感覚を持っています。
昨日日銀の買い付けはなかったのですが、寄り後の下振れがあれば入りそうな予感。つまり大崩れがなく小動き、もしかしたら少ししっかり。このような予想をしております。
ですので先物は買いの目で見ていきます。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/13(火) 08:19
 
 13日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り510万株、買い720万株で、差し引き210万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、機械、電機、化学、情報通信、薬品、自動車など。
 買いセクターに、小売、ゴム、卸売、薬品、精密、保険、石油など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/13(火) 08:17
 
■国内(13日)
4-6月期法人企業景気予測調査(8:50)
20年国債入札

《決算発表》
東建コーポ、太洋基礎、ファーマフーズ、ミサワ、ジェネレーションパス、トーエル、システムディ、ジャストプラ、TBCSCAT、ウエスコHD、石井表記、ヤーマン、コーセル、オーエムツー、MICS化学、TASAKI、ナイガイ、小林産、日本テレホン、きんえい

■海外(13日)
FOMC(~6/14)
独6月ZEW 景況感指数(18:00)
米5月生産者物価(21:30)
ゲーム見本市「E3」開催(~6/15ロサンゼルス)
米30年国債入札

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/13(火) 08:15
 
■NYダウ
 21,235.67 -36.30
■ナスダック
 6,175.46 -32.45
■CME225(円建て)
 19,810 -50(大証比)
■ドイツDAX
 12,690.44 -125.28
■上海総合指数
 3,139.88 -18.52
■ドル円
 109.84

 12日のNY市場は下落。前週末一部アナリストが主要ハイテク株への投資リスクを警告したことを受け、運用リスクを避ける目的の売りが目立つ展開となりました。しかし石油株や通信株の上昇、明日から開催される連邦公開市場委員会(FOMC)での発表内容を見極めたいとの思惑から下値は限られました。
 セクター別では、メディアや電気通信サービスが上昇する一方でテクノロジー・ハード・機器や消費者・サービスが下落しました。
 ADRの日本株は三井住友<8316>、三井物<8031>、富士通<6702>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテ9983、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル109.87円換算)で全般小安い。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/13(火) 08:13
 


おはようございます。

現在、日経CFD、19853円 -56円

NYは、ダウ平均は36.30ドル安の21235.67、ナスダックは32.45ポイント安の6175.46で取引を終了した。先週、一部アナリストが主要ハイテク株への投資リスクを警告したことを受けて、引き続きハイテクセクターに利益確定の動きが広がり、終日軟調推移となった。しかし、原油相場が上昇したほか、明日から開催される連邦公開市場委員会(FOMC)での発表内容を見極めたいとの思惑から下値は限られた。

日経ですが、昨日は下値も限定的に推移した。
本日は、リスク回避の動きからドル円も109円台であるが、下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.87円 179ドルから182ドル

 19666円から19996円


◆ 各国債券利回り

2017/06/13(火) 07:57
 
2017/6/13  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.215% (前日比+0.014%)     1.355% (前日比+0.020%)
英国     0.967% (前日比-0.038%)     0.087% (前日比-0.005%)
ドイツ     0.249% (前日比-0.015%)     -0.724% (前日比+0.005%)
ポルトガル 2.984% (前日比-0.033%)     0.132% (前日比-0.044%)
イタリア    2.020% (前日比-0.067%)     -0.246% (前日比+0.005%)
ギリシャ   5.869% (前日比-0.145%)       -
スペイン    1.445% (前日比+0.001%)     -0.277% (前日比+0.029%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/06/12(月) 17:35
 
ドル円は、ロスカットになってます。

+10pips

また、仕切り直しで考えます。


◆ 桃太郎

2017/06/12(月) 17:16
 
後場は、持ち合出の推移となり、動きが出なかった。
今晩は、経済指標もなく、米国動向なイメージである。

ドル換算ベースは、180.60ドル -0.54%と続落ですがしっかりです。


◆ 大引け概況

2017/06/12(月) 15:27
 
■日経平均      19,908.58(-104.68)

■東証1部出来高    17.85億株

■東証1部売買代金   2.31兆円

■日経平均先物    19,860(-90)

■TOPIX        1,591.55(-0.11)

■騰落        上昇896/下落980

■マザーズ指数    1,125.18(-6.97)

■日経JQ       3,213.57(-14.29)

■ドル円       110.22

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米国市場でナスダック総合指数が大幅安になったのを受け売り先行。ハイテク株を中心に売りが膨らみ、金融株の上昇が相場を下支えしました。
 後場は前場引け値から下げ幅を拡大し安値圏で推移。米株式市場の動向を見極めたいとする様子見ムードが強く小動きとなり、本日の取り引きを終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、保険業、石油石炭製品、建設業でした。一方、値下がり上位は、その他製品、電気機器、情報・通信業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数も反落しました。
 
■桃太郎
コメントは後ほど書き込みます。


◆ ご案内

2017/06/12(月) 14:37
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/12(月) 14:03
 
■日経平均      19,901.38(-111.88)

■日経平均先物    19,870(-80)

■TOPIX先物      1,589.50(+1.50)

■騰落        上昇946/下落925

■日経JQ       3,216.23(-11.63)

■マザーズ指数    1,134.41(+2.26)

■ドル円       110.29

■NYダウ夜間先物  -39

■上海総合指数後場の寄り付き 3,143.15 前日比-15.25 -0.48%

■指数大型      現値1,452.32  前日比+0.98

■指数中型      現値1,924.72  前日比-1.70

■指数小型      現値2,990.00  前日比+0.84


◆ 桃太郎

2017/06/12(月) 13:36
 
指数は、ポイント以下での持ち合いとなってます。

為替推移は、110円台前半でのトレンドレス。今晩は経済指標もなく、このあたりでの持ち合いとはなるであろう。
今晩の米国市況での変化、原油は現在のところ戻り歩調の46.10ドル
NYCFD -40ドル ドルインデックス 97.19台

ドル換算ベースは、180.36ドル -0.67%と続落ですが、180ドル台はキープとしっかり。買い支えなのかもしれません。

様子見します。


◆ 桃太郎

2017/06/12(月) 13:27
 
◆ 桃太郎 2017/06/12(月) 10:23
109.32(5万ドル)110.58円(5万ドル)ロングもち

10万ドル持ち分、110.00円ロスカット、週中で入れときます。


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/12(月) 12:52
 
ランチバスケットは36件、252.07億円。
差引30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/12(月) 11:48
 
■日経平均      19,941.80(-71.46)

■東証1部出来高    9.75億株

■東証1部売買代金   1.24兆円

■日経平均先物    19,900(-50)

■TOPIX        1,595.04(+3.38)

■騰落        上昇1,025/下落850

■マザーズ指数    1,131.34(-0.81)

■日経JQ       3,215.90(-11.96)

■ドル円       110.29

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。9日の米国市場でナスダック総合株価指数が大幅安となったのを受け、東京市場でもハイテク株を中心に売りが膨らみました。その後は金融株などに買いが入り下げ幅を縮小し午前の取り引きを終えました。内閣府が発表した4月の機械受注統計は前月比3.1%減と民間予想の中央値(1.0%減)を下回りましたが反応は限定的となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、保険業、石油石炭製品、鉄鋼でした。一方、値下がり上位は、その他製品、電気機器、情報・通信業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は一時リスク回避の動きから下落となったが、為替推移の安定から寄り値あたりまで戻る展開。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、180.83ドル -0.41%と続落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.28%

2017/06/12(月) 10:28
 
上海総合指数 3,149.53 前日比 -8.87 -0.28%


◆ 10時の概況

2017/06/12(月) 10:02
 
■日経平均      19,852.02(-161.24)

■日経平均先物    19,820(-130)

■TOPIX先物      1,584.00(-4.00)

■騰落        上昇661/下落1,181

■日経JQ       3,205.62(-22.24)

■マザーズ指数    1,120.72(-11.43)

■ドル円       110.18

■NYダウ夜間先物  -33

■指数大型      現値1,449.52  前日比-1.82

■指数中型      現値1,917.06  前日比-9.36

■指数小型      現値2,971.66  前日比-17.50


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/12(月) 09:17
 
おはようございます。
米国株はここまで急騰していた銘柄が久しぶりに調整局面に入ったようだ。
ただ誰もが認める成長分野で実際に既に皆様も知らないうちに利用していたり、これから世の中に出回るだろう技術の銘柄でありここからどんな展開となるかはマーケットのみ知り得る事実だろう。
ただ意外とマーケットはまだまだ弱気になることはできず押し目買いの好機にも見える。
肝心な東京市場であるがこうなると材料株やテーマ株が人気化しそうだ。
馬鹿にするより売り買いしてみてから考えてみたらどうだろうか。


本日の先物レンジ
○○××○~××○××円
時間軸からだと日経平均はここからズルズル下がる場面ではないと思っている。


◆ 日・5月国内企業物価指数:前年比2.1%上昇 前月比は横ばい

2017/06/12(月) 09:14
 
08:50発表の5月の国内企業物価指数は98.4で、前月比は横ばい、前年同月比で2.1%上昇した。市場予想の中心は前年比で2.2%上昇だった。


◆ 4月機械受注:前月比3.1%減

2017/06/12(月) 09:12
 
内閣府が12日発表した4月機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比3.1%減の8359億円だった。


◆ 釣り人

2017/06/12(月) 08:42
 
日経平均先物の現在の気配は19900
前日比50円安のところ。
先物は8:45にスタートします。
そしてまずインパクトがあるのは9時の寄り付き、現物株の取り引きが始まります。
ですから始めの15分間というのは現物株の動きを先取りするのか?それとも様子を見る15分になるのか?ということになります。

ドル円110.31
先週末の終値近辺でさほどの動きはありません。
ただ日足を見ますと水・木・金と円安に振れ、酒田五法で言う安値での三兵足と見ていいでしょう。
ですので今月のドル安の109.09はかなり抵抗がある値段だと考えます。
少し円高に振れた場面で売りが先行したら「買い」であろうという感覚を持ちます。

それでは1週間の始まりです。
先物の動き(日経平均)、個別株の値動き(海と風)、たくさん書いていきます。
どうぞご覧下さい、良い1週間にしましょう!


◆ 今日の株価材料

2017/06/12(月) 08:31
 
●改元へ官民始動、カレンダーやマイナンバー、更新準備急ぐ(日経)

●港湾、AIで効率運営、国交省、配置・出荷を調整、輸送コスト削減(日経)

●アジア投資銀が年次総会(16~18日)―「脱・中国」が飛躍の条件(日経)

●FOMC、米利上げ確実視―経済・金利見通し焦点(日経)

●預金ついに1000兆円、金利なくても残高最高、回らぬ経済象徴。(日経)
以上6/11


●英総選挙、与党が敗北、EU強硬離脱に影、メイ首相、続投表明(日経)

●「新しい時代」拓くものへ、天皇退位特例法成立(日経)

●WD、日米連合入り協議、東芝と再会談、なお平行線(日経)

●加計問題、官邸に誤算、文科省が文書追加調査へ、世論も批判、逃げ切れず(日経)

●英ポンドが乱高下、対円、一時1カ月半ぶり安値(日経)

●不正融資、700人で調査、商工中金、業務改善計画を提出(日経)

●骨太方針決定、「安倍1強」生かせず、アベノミクス5年、経済の力低下、社会保障・財政「落第」(日経)

●富士フイルム、過年度決算訂正も、12日に発表、会計不備の発覚続く(日経)

●AIロボ、二足歩行めざす、ソフトバンク、VB2社買収、苦手な「動き」強化(日経)

●民泊法が成立、シェア経済、ようやく前進、日本勢は仲介出遅れ(日経)

●エボラブルアジア、不動産賃貸仲介の株式10%取得(日経)

●インド新車販売、5月6%増、5ヵ月連続プラス、マルチ・スズキ、シェア拡大(日経)

●自動工場進化中、日本電産、昇降機に乗るロボ、ローム、低コストでIoT(日経)

●出光、有機EL材を増産、スマホ・TV向け需要が急拡大、苦戦の石油補う(日経)

●新日鉄住金、コークス炉改修に130億円、室蘭製鉄所で(日経)

●宅配ボックス値ごろ感、ダイケン、戸建て向け4.5万円(日経)

●住友大阪セメント、石炭輸送に自社運搬船、18億円で建造(日経)

●ファストリ、IT人材獲得に熱、柳井氏、孫氏と来月対談(日経)

●島津製作所を指名停止、防衛省、不適切修理で(日経)

●アンジェスMG、遺伝子治療薬申請へ、承認なら国内初、10月にも(日経)

●全長400メートル、コンテナ船進水、今治造船が世界最大級(日経)

●コロワイドMD、9業態集めた大型店(日経)

●三菱航空機、MRJの機体を展示(日経)

●セブン、沖縄からアジアへ、特区使いPB輸出、全国進出達成も飽和感(日経)

●企業業績、円高で減速、証券4社予想、今期2桁増益は維持、鉄鋼など値上げ業種堅調(日経)

●積水ハウス、69%増益、2~4月最終、賃貸住宅が好調(日経)

●コメダ株31%売却へ、筆頭株主ファンド、200億~300億円(日経)

●gumi、最終黒字13億円、前期(日経)

●Rフィールドが最高益、前期最終20億円(日経)

●世界が注目輝く地方企業(3)オプテクスG(滋賀)、外国人持ち株比率29%―「見張り役」防犯に工場に(日経)

●エコモット、AI活用、現場管理支援(新規公開株の横顔)(日経)

●ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス、トーホー(自社株取得枠設定)(日経)

●安定志向、相場に粘り―海外リスク避け資金流入(日経)

●レアメタル、高値続く、コバルト2倍、リチウム1割高、EV電池向け需要伸びる(日経)

●米久、総菜増産に8億円、ギョーザの種類を拡充、トンカツ3割増、中食需要に対応(日経 静岡)

●株主総会シーズンに、豊田織機、515人が出席、トヨタは14日(日経 中部)

●広島駅改札内に専門店、カルビーや不二家など、今月23日に開業(日経 中国)

●透析、効率性高く、JMS、新装置、操作性も向上(日経 中国)

●技研製作所、東証1部へ、地銀以外で高知初、33億円資金調達(日経 四国)

●工場拡張、弁当を増産、シノブフーズ、新たに100人雇用、観音寺(日経 四国)
以上6/10


●インベスターズクラウド(東1:1435)、IoT領域に強みを持つウルフと業務提携(発表)

●フルスピード(東マ:2159)、今期経常は2.1倍増で10期ぶり最高益更新へ(発表)

●フリービット(東1:3843)、今期経常は2.4倍増で9期ぶり最高益更新(発表)

●ラクーン(東1:3031)、今期営業利益は16.4%増で連続最高益更新へ(発表)

●DEAR・L(東1:3245)、日本経営承継支援と中小企業向け事業承継・M&Aサービス分野で業務提携(発表)

●AMBITION(東マ:3300)、業務提携先のエボラブルアジア(東1:6191)と新たに資本業務提携、エボラブルAを引受先とする第三者割当増資を実施(発表)

●ポールHD(東1:3657)、2-4月期(1Q)営業利益74.5%増で着地。40万株(2.18%相当)・6億8000万円を上限に自社株買いを実施(発表)

●アイリッジ(東マ:3917)、8-4月期(3Q累計)営業利益2.0倍で着地(発表)

●エイチーム(東1:3662)、今期営業利益予想を15.2%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も7円増額(発表)


◆ 外資系の注文動向

2017/06/12(月) 08:24
 
 12日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り860万株、買い1030万株で、差し引き170万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、自動車、空運、機械、薬品、倉庫、情報通信など。
 買いセクターに、化学、小売、食品、サービス、精密、機械、石油、銀行など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/06/12(月) 08:22
 
■12(月)
【国内】
4月機械受注(8:50)
5月国内企業物価指数(8:50)

《決算発表》
サトウ食品、神戸物産、ビューティガレージ、稲葉製作、日東網、ジャパンミート、ザッパラス、神島化、シーズHD、萩原工業、正栄食品、オーエス

【海外】
米5月財政収支(6/13 3:00)
米3年国債入札
米10年国債入札

休場:豪、ロシア、マレーシア、フィリピン

■13(火)
【国内】
4-6月期法人企業景気予測調査(8:50)
20年国債入札

《決算発表》
東建コーポ、太洋基礎、ファーマフーズ、ミサワ、ジェネレーションパス、トーエル、システムディ、ジャストプラ、TBCSCAT、ウエスコHD、石井表記、ヤーマン、コーセル、オーエムツー、MICS化学、TASAKI、ナイガイ、小林産、日本テレホン、きんえい

【海外】
FOMC(~6/14)
独6月ZEW 景況感指数(18:00)
米5月生産者物価(21:30)
ゲーム見本市「E3」開催(~6/15ロサンゼルス)
米30年国債入札

■14(水)
【国内】
《決算発表》
Hamee、丸善CHI、菊池製作、バロック、エニグモ、バリューゴルフ、サンバイオ、SAMURAI、オハラ、ファーストロジ、サクセスHD、HyAS&Co.、ウインテスト、オービス、総合商研、アルデプロ、明豊エンター、東京ドーム

【海外】
イエレンFRB 議長会見(経済見通し)
中国5月鉱工業生産(11:00)
中国5月小売売上高(11:00)
中国5月都市部固定資産投資(11:00)
米5月小売売上高(21:30)
米5月消費者物価(21:30)
米4月企業在庫(23:00)

■15(木)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~5/16)
5月首都圏新規マンション発売(13:00)

【海外】
NZ1-3月期GDP(7:45)
トルコ中銀金融政策決定会合
英国金融政策発表
米5月輸出入物価(21:30)
米6月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米6月フィラデルフィア
連銀製造業景況感指数(21:30)
米5月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米6月NAHB住宅市場指数(23:00)
核兵器の法的禁止措置について交渉する国連会議(~7/7NY)

休場:ブラジル

《米決算発表》
クローガー

■16(金)
黒田日銀総裁会見

《決算発表》
西松屋チェ-ン

【海外】
AIIB 年次総会(~6/18韓国)
米5月住宅着工件数(21:30)
米5月建設許可件数(21:30)
米6月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)

休場:南ア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/12(月) 08:14
 
■NYダウ
 21,271.97 +89.44
■ナスダック
 6,207.92 -113.85
■CME225(円建て)
 19,915 -35(大証比)
■ドイツDAX
 12,815.72 +102.14
■上海総合指数
 3,158.40 +8.07
■ドル円
 110.39

 9日のNY市場はまちまちでした。注目された海外の重要イベントの終了で安心感から買いが先行しました。前米連邦捜査局(FBI)長官の議会証言はトランプ政権を揺るがす発言はなかったと受け止められ、英総選挙は与党保守党の過半数割れが確実となりましたが、メイ首相は北アイルランドの右派政党と協力する方針を表明しました。
 与党共和党が提出した金融規制改革法(ドッド・フランク法)見直し法案が下院で可決。金融株に買いが広がりましたが、ハイテク株の大幅安が重荷となり上げ幅を縮小する展開となりました。
 セクター別では、エネルギーや銀行が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器が下落。
 ADRの日本株は三井住友<8316>、三菱UFJ<8306>、三菱商<8058>が小じっかりな他は、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、キヤノン<7751>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル110.32円換算)で全般冴えませんでした。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/12(月) 08:13
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19943円 -71円

朝の為替状況は、110円台前半での持ち合い。
本日は、海外動向の変調が今晩出るのか様子見ながらの展開かと思います。

想定レンジ、為替、110.34円 179ドルから182ドル

 19750円から20081円


◆ 各国債券利回り

2017/06/12(月) 07:43
 
2017/6/12  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.201% (前日比+0.012%)     1.335% (前日比+0.020%)
英国     1.005% (前日比-0.028%)     0.092% (前日比-0.026%)
ドイツ     0.264% (前日比+0.008%)     -0.729% (前日比+0.006%)
ポルトガル 3.017% (前日比-0.006%)     0.176% (前日比-0.003%)
イタリア    2.087% (前日比-0.091%)     -0.251% (前日比-0.013%)
ギリシャ   6.014% (前日比-0.053%)       -
スペイン    1.444% (前日比-0.032%)     -0.306% (前日比-0.021%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/06/10(土) 10:38
 
週末のNYダウ+89ドルで新高値 中立の考えを伝えていましたが上への変化 ナスダックはアップルの急落でー113かなり大きな下げここ3か月・月半ばにナスダックはいつも急落する今回で4回目・・・

ドル円110.33それほど大きな動きではありません10日の110.11からは緩やかな円安ドル高トレンド継続  英国ポンドは大揺れですが・ユーロはさほど動かず日経平均にはあまり関係していません。

CMEの終値19915-35それほどの動きではありません。あまり安く始まると日銀(ETF)の買いが入り戻す展開を予想・・ですから先物の当日売買は買いの目で見ます。「日経225先物と釣り人」決断をリアルタイムで書きます。

それはそうと日経によると9日で日経先物が始まって30周年を迎えたとのこと、釣り人はいつも見ていましたのでもうそんな月日がたったのか・・との感想。商い量は世界3位で日経ミニは個人の売買が盛んであると紹介されています。どうぞ釣り人の売買ご覧ください。

「上げ相場は株で取れ!下げ相場は先物の売りで取れ!」と伝えていますが、知っての通り公的資金・高値では年金の売り・少しでも安くなると日銀の買いが入りちょっと昔まで日中大きく動いていた日経先物・動く値幅が小さくなり少し不満であります。それでもその中でやっていく心構えです50円 80円を大事に・・・

個別株においては「海と風」長島がコンスタントに良い銘柄の推奨が続いています。堀田の強気銘柄アンジェス大きな材料が出ています。この銘柄去年の春先桃太郎や私が毎日書いていた銘柄であります。あの時も面白い値動きでしたが「薬の早期承認制度」となり夢を買う相場となってきています。

値嵩株で幾分品薄株から大量商いのできる低位株の流れへ・・・ますます面白くなりそうです。果敢に向かいましょう~

今日はここまでです。

   来週も「バランス投資顧問の良き三つのページ」どうぞご覧ください。


◆ 桃太郎

2017/06/09(金) 22:24
 
ドル円は、きれいに110.68円を抜けてきました。

指数のロスカットを値上げ、935円

決済指値、125円で終了します。

ドル円、110.58円で、5万ドル ロング指値入れときます。

お疲れさまでした。


◆ 桃太郎

2017/06/09(金) 21:14
 
ロスカットは、880円なので、3枚新規買い980円でしました
ドル円は、出来てます。+102pips


◆ 桃太郎

2017/06/09(金) 20:15
 
米国タイムとなって本日は、主な経済指標はありません。

為替推移は、ドルインデックスを見てもドル高傾向 97.40台

先ほどは、ギャップアップの寄り後、原油が安値を付けたことも下落要因かと思われます
現在は、反発から45.73ドルと持ち合い。
NYCFD +16ドル 欧州はプラス推移。

日経指数は、持ち合い。入ることがあれば連絡することとします。

ドル円も現在は、110.30円台の持ち合いが続き出来そうで出来ない感じ。


◆ 桃太郎

2017/06/09(金) 16:51
 
-40円

重いのかよくわからずです。簡単に付けてしまいました。
ご迷惑でした。

米国タイムで入ることがあれば連絡します。


◆ 桃太郎

2017/06/09(金) 16:47
 
ポイントの110.68円を越えることがあれば、来週は、111円中盤までの展開かとイメージしてます。

越えて、押しがあれば、考えることとして、109.32円分は保留します。

一応、現物20130円を付けるとすれば、先物100円あたりかとイメージしてますので、
095円 決済指値。

ロスカットは、19965円で様子見します。


◆ 桃太郎

2017/06/09(金) 16:33
 
ドル円 0.01pips足らず出来てません。

もう少し様子見します。

20005円 新規に5枚買いました。

米国タイムは連絡します。


◆ 大引け概況

2017/06/09(金) 15:25
 
■日経平均      20,013.26(+104.00)

■東証1部出来高    22.63億株

■東証1部売買代金   3.2兆円

■日経平均先物    19,950(+20)

■TOPIX        1,591.66(+1.25)

■騰落        上昇903/下落982

■マザーズ指数    1,132.15(+14.39)

■日経JQ       3,227.86(+3.19)

■ドル円       110.26

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は注目されていた米英の政治的イベントで大きな波乱がなかったことから、投資家心理が急速に改善し大幅高となりました。なかでも米ロボット開発会社の買収発表をしたソフトバンクG(東1:9984)が株価指数を押し上げました。
 後場は売り優勢でスタート。新規の手掛かり材料に乏しく、週末要因もあり利益確定売りと押し目買いが交錯する展開となり本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、銀行業、情報・通信業、その他製品でした。一方、値下がり上位は、陸運業、サービス業、食料品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数も反発しました。
 
■桃太郎
後場は、上値の重さもありボックス内戻り推移。
来週はFOMCとなります。為替推移を見ながらコメントします。
ドル換算ベースは、181.58ドル -0.19%と続落となった。


◆ ご案内

2017/06/09(金) 14:53
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/09(金) 14:02
 
■日経平均      19,997.89(+88.63)

■日経平均先物    19,970(+40)

■TOPIX先物      1,589.00(-1.50)

■騰落        上昇820/下落1,033

■日経JQ       3,226.86(+2.19)

■マザーズ指数    1,128.94(+11.18)

■ドル円       110.23

■NYダウ夜間先物  +15

■上海総合指数後場の寄り付き 3,153.15 前日比+2.81 +0.09%

■指数大型      現値1,449.63  前日比+2.81

■指数中型      現値1,925.18  前日比-7.02

■指数小型      現値2,988.01  前日比-2.84


◆ 日・4月第三次産業活動指数:前月比1.2%上昇

2017/06/09(金) 13:34
 
9日発表された4月の第三次産業活動指数は前月比1.2%上昇の104.8だった。


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/09(金) 12:39
 
ランチバスケットは24件、255.35億円。
差引30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/09(金) 11:47
 
■日経平均      20,089.90(+180.64)

■東証1部出来高    13.34億株

■東証1部売買代金   1.96兆円

■日経平均先物    20,050(+120)

■TOPIX        1,595.29(+4.88)

■騰落        上昇1,115/下落730

■マザーズ指数    1,127.58(+9.82)

■日経JQ       3,229.77(+5.10)

■ドル円       110.33
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。注目された英総選挙やコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の議会証言が大きな波乱なく無事終了したことから安心感が広がり買い先行、その後円相場の弱含みとともに上げ幅を拡大し午前の取り引きを終えました。米ロボット開発会社の買収発表をしたソフトバンクG(東1:9984)が株価指数を押し上げました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、銀行業、水産・農林業、その他製品でした。一方、値下がり上位は、精密機器、陸運業、医薬品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数も反発しました。
 
■桃太郎
前場は朝方、英国政治リスクからリスク回避の動きがみられましたが、為替の戻りと共に切り返しの動きからポイントの20040円あたりでの推移となった。
後場も続伸するか見ていきます。
ドル換算ベースは、182.08ドル +0.09%と少し切り返しの動きである。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.09%

2017/06/09(金) 10:26
 
上海総合指数 3,147.45 前日比 -2.88 -0.09%


◆ 10時の概況

2017/06/09(金) 10:02
 
■日経平均      19,945.04(+35.78)

■日経平均先物    19,910(-20)

■TOPIX先物      1,585.50(-5.00)

■騰落        上昇745/下落1,085

■日経JQ       3,230.49(+5.82)

■マザーズ指数    1,123.40(+5.64)

■ドル円       110.03

■NYダウ夜間先物  -19

■指数大型      現値1,445.73  前日比-1.09

■指数中型      現値1,922.74  前日比-9.46

■指数小型      現値2,988.02  前日比-2.83


◆ バランス投資顧問のツイッターはじまっています!

2017/06/09(金) 09:59
 
バランス投資顧問のツイッターをはじめました。
株の話、日経先物の情報をリアルタイムで配信しています。お気軽にご覧下さい。

■バランス投資顧問ツイッター
https://twitter.com/d_umihe


◆ 6月限SQ概算値は19,997.63円(暫定値)

2017/06/09(金) 09:30
 
6月限SQ概算値は19,997.63円(暫定値)


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/09(金) 09:19
 
おはようございます。
イベント結果はどうあれ世界株高は継続の時間軸にあると思われる。
私もマーケットに携わるようになり随分時間が経過したが、株高が終わる場合大きな現実的な出来事が起きる。
しかし戦争は短期で修正するため急落時は絶好の買い場。
またリーマンショツク、サブプライムなどは事実解明されたら株価は戻る。
ただこれらの切っ掛けはある日突然がキーであること。
聞いたことないリスクが突然世界に発信されるとその時株価は下降トレンドを築く。
そして、今!マーケットの不安材料はある程度予想がつく不安ばかりだ。
そんな時間軸で株価は下がるのか?
東京市場の場合、北朝鮮問題と為替など頭を過るが投資家は特に気にしてない。
気にしているのは頭の良い投資家だけだ。
社会に出て私を育てくれた人達は、いつも私にマーケット関係者はアホばかりだと(笑)
ただアホもアホなりにプライドがあるなら稼げであった。
これを何時も言われていたことが懐かしい。


本日の先物レンジ
○○×××~×○○×○
為替が対ドル10×円を割らない限り東京市場も大丈夫だと我々は考えている。
割れたら割れた時考えれば良いだけだ。


◆ 釣り人

2017/06/09(金) 08:40
 
日経平均先物の現在の気配は19960
前日比30円高のところ。

今日から9月ものの解説となります。
本日はSQですから日経225採用銘柄に大きな売買が入っております。
さて昨晩は2つの大きな海外材料がありました。
コミー前FBI長官の公聴会、そして英国選挙であります。
動いたのは対ユーロでありましたが、ドル円はあまり動かずしっかりとした始まりとなります。
それでは週末頑張っていきましょう!


◆ 外資系の注文動向

2017/06/09(金) 08:29
 
9日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り510万株、買い460万株で、差し引き50万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、サービス、電機、化学、小売、繊維、空運、自動車、不動産など。
買いセクターに、化学、REIT、石油、薬品、精密、サービス、食品、機械、小売、銀行など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/09(金) 08:26
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20002円 +93円

NYは、ダウ平均は8.84ドル高の21182.53、ナスダックは24.38ポイント高の6321.76で取引を終了した。FBI前長官の議会証言、英国総選挙を控えて朝方は小動き。注目の議会証言で、コミーFBI前長官はロシアによる大統領選への介入を明らかにしたものの、ロシア高官との接触が疑われたフリン前大統領補佐官の捜査を巡るトランプ大統領の司法妨害については言及を避けた。終了後は、政権運営に対する先行き懸念が後退し上昇。しかし、英国選挙結果を見極めたいとの思惑から引けにかけて上げ幅を縮小した。ナスダック総合指数が最高値を更新。

日経ですが、昨日は持ち合いから引けにかけては、リスク回避の動きも見られ下落した。
本日は、為替安定もありもSQ後の動きを見ていきます。

想定レンジ、為替、109.97円 180ドルから183ドル

 19794円から20125円


◆ 本日の予定

2017/06/09(金) 08:17
 
■国内(9日)
5月マネーストック(8:50)
4月第三次産業活動指数(13:30)
メジャーSQ算出日

《決算発表》
積水ハウス、エイチーム、カナモト、ロックフィールド、鳥貴族、gumi、丹青社、ベルグアース、ベステラ、大盛工業、フルスピード、ケア21、アスカネット、テンポス、ラクーン、ストリーム、アゼアス、アールエイジ、クロスプラス、山岡家、バルニバーヒ、シーアールイー、グッドコムA、モルフォ、ポールHD、フリービット、アイル、アイリッジ、ネオジャパン、シャノン、ミライアル、ユークス、ロングライフ、アイモバイル、インスペック、OSGコーポ、トミタ電機、ナ・デックス、ウイルコHD、精養軒

■海外(9日)
中国5月消費者物価(10:30)
中国5月生産者物価(10:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/09(金) 08:15
 
■NYダウ
 21,182.53 +8.84
■ナスダック
 6,321.76 +24.38
■CME225(円建て)
 20,030 +60(大証比)
■ドイツDAX
 12,713.58 +41.09
■上海総合指数
 3,150.33 +10.01
■ドル円
 110.02

 8日のNY市場は上昇しました。注目されたコミー氏の議会証言は、前日公表の草稿と大きく変わらず政策運営への影響は限られると受け止められ、先行き懸念が後退し上昇。その後は英国選挙結果を見極めたいとの思惑から引けにかけて上げ幅を縮小しました。ナスダック総合指数は最高値を更新しました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や銀行が上昇する一方でメディアや家庭用品・パーソナル用品が下落しました。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル109.82円換算)で全般堅調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/09(金) 08:13
 
2017/6/9  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.189% (前日比+0.016%)     1.314% (前日比+0.008%)
英国     1.033% (前日比+0.032%)     0.118% (前日比+0.005%)
ドイツ     0.256% (前日比-0.013%)     -0.735% (前日比-0.014%)
ポルトガル 3.023% (前日比-0.074%)     0.179% (前日比-0.043%)
イタリア    2.178% (前日比-0.122%)     -0.238% (前日比-0.016%)
ギリシャ   6.067% (前日比+0.026%)       -
スペイン    1.476% (前日比-0.092%)     -0.285% (前日比-0.021%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/08(木) 15:34
 
■日経平均      19,909.26(-75.36)

■東証1部出来高    19.83億株

■東証1部売買代金   2.52兆円

■日経平均先物    19,930(-20)

■TOPIX        1,590.41(-6.68)

■騰落        上昇698/下落1,198

■マザーズ指数    1,117.76(-5.36)

■日経JQ       3,224.67(+2.55)

■ドル円       109.52

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米株高や円高一服を好感した買いが先行しましたが、発表された1~3月期の国内総生産(GDP)改定値の下方修正が重石となり、その後2万円を挟んだもみ合いとなりました。北朝鮮が飛翔体を発射したとの報道がありましたが影響は限定的でした。
 後場は前場終値近辺での小動き。ECB理事会や英総選挙など重要イベントを前に積極的な売買が手控えられる展開となり、14時過ぎから下げ幅を拡大し本日の取り引きを終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、不動産業、電気・ガス業、陸運業でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、保険業、銀行業となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数も反落しました。

■桃太郎
後場は、日本銀行が異次元緩和の出口をめぐる議論について「時期尚早」としていた姿勢を改め、「市場との対話を重視する方向に修正しつつある」との発言から円高となり、引けにかけてマイナス圏となった。
下支えが入らなければ下落となる。
明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、181.92ドル -0.30%と下落した。


◆ ご案内

2017/06/08(木) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/08(木) 14:02
 
■日経平均      19,997.92(+13.30)

■日経平均先物    20,006(+56)

■TOPIX先物      1,600.00(+5.50)

■騰落        上昇1,084/下落760

■日経JQ       3,231.22(+9.10)

■マザーズ指数    1,125.65(+2.53)

■ドル円       109.71

■NYダウ夜間先物  +16

■上海総合指数後場の寄り付き 3,144.81 前日比+4.49 +0.14%

■指数大型      現値1,455.90  前日比+3.55

■指数中型      現値1,941.83  前日比-0.99

■指数小型      現値3,006.73  前日比+8.95


◆ バランス投資顧問からのお知らせ

2017/06/08(木) 13:10
 
釣り人の「日経225先物と釣り人」は7月3日から有料ページに変わります。
料金は21000円。7月中においては、新設ページということで、1万円ポッキリの値段となります。それ以降も桃太郎の先物と釣り人の先物両方購読いただきますと、セットコースとして割引となります。
いままで二人の書込みで21000円だったのが割高になり、申し訳ないと思います。どうぞご理解の程よろしくお願い致します。


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/08(木) 12:55
 
ランチバスケットは17件、664.69億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/06/08(木) 11:45
 
■日経平均      19,993.97(+9.35)

■東証1部出来高    8.37億株

■東証1部売買代金   1.02兆円

■日経平均先物    19,980(+30)

■TOPIX        1,598.21(+1.12)

■騰落        上昇1,132/下落699

■マザーズ指数    1,125.17(+2.05)

■日経JQ       3,234.47(+12.35)

■ドル円       109.87

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は前日の米株高や為替の円高ドル安一服を好感した買いが先行。その後は寄り付き前に発表された1~3月期の国内総生産(GDP)改定値の下方修正が重石となり、徐々に上げ幅を縮小。2万円を挟んだもみ合いとなりました。北朝鮮が飛翔体を発射したとの報道もありましたが、影響は限定的となり前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、不動産業、鉱業、輸送用機器でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、空運業、保険業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数も続伸しました。

■桃太郎
前場は20000円前後の持ち合いとなった。
為替推移には相変わらずリンク薄での持ち合い。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、181.94ドル -0.29%と下落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.12%

2017/06/08(木) 10:26
 
上海総合指数 3,136.47 前日比 -3.85 -0.12%


◆ 10時の概況

2017/06/08(木) 10:03
 
■日経平均      20,015.70(+31.08)

■日経平均先物    20,020(+70)

■TOPIX先物      1,599.00(+4.50)

■騰落        上昇1,018/下落781

■日経JQ       3,233.39(+11.27)

■マザーズ指数    1,124.88(+1.76)

■ドル円       109.94

■NYダウ夜間先物  -3

■指数大型      現値1,454.56  前日比+2.21

■指数中型      現値1,942.54  前日比-0.28

■指数小型      現値3,003.80  前日比+6.02


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/08(木) 09:07
 
おはようございます。
日経平均は為替とのにらみ合いのようだ。
我々は特段気にしていないが、投資家はそんな悠長なことは言っていられないのかもしれない。
ただ我々が考えていることはロングならばとりあえず好業績の押し目買い!
そしてあとはまだまだ継続すると予想しているのは新興市場の第2幕。
またテーマ株や材料株は1度人気がでれば想定を超える値段に発展することだ。
以前は東京市場も大物仕手筋とか、有名投資家などが現れ個別銘柄に空売りを巻き込み上昇していたが!今は東京市場もシステムの欧米化や株式併合などにより値幅が生まれ気が付けは株価は・・・・・・
実に愉快である。
ともかく今日は重要イベント盛り沢山のようだが。
我々としては特段気にしていないイベントである。


本日の先物レンジ
○○××○~○○○××
押し目買い好機。


◆ 4月国際収支―1兆9519億円の黒字 34カ月連続黒字

2017/06/08(木) 09:00
 
財務省が8日発表した国際収支状況(速報)によると、経常収支は1兆9519億円だった。黒字は34カ月連続。


◆ 釣り人

2017/06/08(木) 08:40
 
日経平均先物の現在の気配は20000
前日比50円高のところです。

ドル円109.83
少しドル高円安となっています。

ニューヨークダウ37ドル高。
昨日中立とお伝えしています、その見方の持続です。

さて昨日日銀のETF買いが入る可能性が55%あると伝え、予測通り上への変化が行われました。
そして20030円近辺が高値となり失速するだろうということも書込みました。そのような日経平均の動きになりました。
昨日の日銀の買い付けが700億入っております。
今日は高寄りしますので恐らく入らないでしょう。

先物の間近高値20250円。
安値19560円。
半値押し水準は19900円どころ。
昨日の安値は19910円、その値段で止まったということが確認されます。(イブニングを入れない日中足)

それではよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/08(木) 08:17
 
8日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1470万株、買い1320万株で、差し引き150万株の売り越し。売り越し6営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、電気機器、化学、機械、サービス、繊維、陸運、倉庫、機械など。
買いセクターに、小売、電気機器、化学、医薬品、機械、精密機器、サービス、石油石炭、食料品など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/08(木) 08:17
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19993円 +8円

NYは、ダウ平均は37.46ドル高の21173.69、ナスダックは22.32ポイント高の6297.38で取引を終了した。欧州中央銀行(ECB)が明日開催の理事会でインフレ見通しを引き下げるとの観測が強まり、買いが先行。原油安を受けて一時下落する場面もあったが、金融株に買いが入り下値を支えた。前FBI長官とトランプ大統領の面談内容が記載された証言原稿が公表されると不透明感がやや後退、引けにかけて堅調に推移した。

日経ですが、昨日も2日続けて買い支えから下値は限定的となった。
本日も下値は限定的に推移するのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.80円 180ドルから183ドル

 19764円から20093円


◆ 本日の予定

2017/06/08(木) 08:15
 
■国内(8日)
1-3月期GDP改定値(8:50)
4月国際収支(8:50)
5月都心オフィス空室率(11:00)
5月景気ウォッチャー調査
5年国債入札

《決算発表》
クミアイ化、鎌倉新書、シーイーシー、東京楽天地、土屋HD、コーセーアールイー、イムラ封筒、トップカルチャー、スバル興

■海外(8日)
中国5月貿易収支
英国総選挙
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/08(木) 08:13
 
■NYダウ
 21,173.69 +37.46
■ナスダック
 6,297.38 +22.32
■CME225(円建て)
 19,990 +40(大証比)
■ドイツDAX
 12,672.49 -17.63
■上海総合指数
 3,140.32 +38.19
■ドル円
 109.78

 7日のNY市場は上昇しました。欧州中央銀行(ECB)理事会がインフレ見通しを引き下げるとの見方が強まり買いが先行。金融株に買いが入り下値を支えました。前FBI長官とトランプ大統領の面談内容が過去の報道通りで新たな事実はなかったことから、目先の不透明感が後退し引けにかけて堅調に推移しました。
 セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方でエネルギーや資本財が下落しました。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル109.79円換算)で全般しっかりでした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/08(木) 08:04
 
2017/6/8  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.173% (前日比+0.028%)     1.306% (前日比+0.012%)
英国     1.001% (前日比+0.017%)     0.113% (前日比+0.020%)
ドイツ     0.269% (前日比+0.017%)     -0.721% (前日比+0.010%)
ポルトガル 3.097% (前日比+0.012%)     0.222% (前日比+0.016%)
イタリア    2.300% (前日比+0.044%)     -0.222% (前日比+0.001%)
ギリシャ   6.041% (前日比-0.024%)       -
スペイン    1.568% (前日比+0.029%)     -0.264% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/07(水) 15:31
 
■日経平均      19,984.62(+4.72)

■東証1部出来高    17.18億株

■東証1部売買代金   2.32兆円

■日経平均先物    19,950(-20)

■TOPIX        1,597.09(+0.65)

■騰落        上昇1,150/下落693

■マザーズ指数    1,123.12(+15.24)

■日経JQ       3,222.12(+11.94)

■ドル円       109.45

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は海外の重要イベントを前に売り優勢。売り一巡後は押し目買いが入り下げ幅は限定的となり全体的に手控えムードが強い相場となりました。
 後場は円高が一服したことからも買いが先行。日銀のETF買い思惑を支えに下げ幅を縮小し一時2万円台を回復する場面もありましたが、2万円の節目前後では上値の重さが目立ち本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、非鉄金属、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、建設業、小売業、その他製品となりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数も反発しました。

■桃太郎
後場は、わけわからず20000円まで上昇となった。
明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、182.47ドル +0.16%と切り返しとなった。


◆ ご案内

2017/06/07(水) 14:41
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 日本4月-景気動向指数:一致指数は3.3ポイント上昇

2017/06/07(水) 14:07
 
4月の景気動向指数(速報値)は、景気の現状を示す一致指数が前月比3.3ポイント上昇の117.7だった。
数カ月先の景気を示す先行指数は1.2ポイント低下の104.5。


◆ 14時の概況

2017/06/07(水) 14:02
 
■日経平均      19,993.92(+14.02)

■日経平均先物    19,996(+26)

■TOPIX先物      1,597.90(+0.90)

■騰落        上昇1,128/下落720

■日経JQ       3,220.83(+10.65)

■マザーズ指数    1,118.40(+10.52)

■ドル円       109.60

■NYダウ夜間先物  +32

■上海総合指数後場の寄り付き 3,133.58 前日比+31.45 +1.01%

■指数大型      現値1,452.94  前日比-0.59

■指数中型      現値1,943.07  前日比+2.89

■指数小型      現値2,996.04  前日比+10.97


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/07(水) 12:35
 
ランチバスケットは、29件、530.83億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/07(水) 11:56
 
■日経平均      19,916.85(-63.05)

■東証1部出来高    7.82億株

■東証1部売買代金   1.04兆円

■日経平均先物    19,940(-30)

■TOPIX        1,592.32(-4.12)

■騰落        上昇898/下落944

■マザーズ指数    1,118.89(+11.01)

■日経JQ       3,216.59(+6.41)

■ドル円       109.51
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。8日に実施される前FBI長官の議会証言、英総選挙、欧州中央銀行(ECB)の理事会など複数の重要イベントの前とあって持ち高調整の売りがでやすく、朝方から売り優勢となりました。売り一巡後は下げ渋り、小安い水準で推移し午前の取り引きを終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、建設業、小売業、保険業でした。一方、値上がり上位は、鉱業、証券商品先物、鉄鋼となりました。

 TOPIXは続落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は小幅安での持ち合い。
為替推移も変化なく指数も時間軸の持ち合いとなっている。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、181.89ドル -0.16%小幅続落。


◆ バランス投資顧問のツイッターをはじめました!

2017/06/07(水) 11:02
 
バランス投資顧問のツイッターをはじめました。
株の話、日経先物の情報をリアルタイムで配信していきます。お気軽にご覧下さい。

■バランス投資顧問ツイッター
https://twitter.com/d_umihe


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.01%

2017/06/07(水) 10:28
 
上海総合指数 3,101.76 前日比 -0.37 -0.01%


◆ 10時の概況

2017/06/07(水) 10:02
 
■日経平均      19,910.78(-69.12)

■日経平均先物    19,930(-40)

■TOPIX先物      1,592.90(-4.10)

■騰落        上昇740/下落1,069

■日経JQ       3,213.45(+3.27)

■マザーズ指数    1,110.48(+2.60)

■ドル円       109.47

■NYダウ夜間先物  +26

■指数大型      現値1,448.33  前日比-5.20

■指数中型      現値1,935.11  前日比-5.07

■指数小型      現値2,981.38  前日比-3.69


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/07(水) 09:13
 
おはようございます。
多少のドル安は誤差の範囲内であるがやはり東京市場は為替が少しドル安となれば一気に意気消沈。
面白いものだ。
明日は重要イベントが集中する中ジワリとドル安が進行しており不安になっているだろうが、我々として特に問題ないと思っており押し目買い好機と思っている。
好業績銘柄は...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/06/07(水) 08:47
 
日経平均先物の現在の気配は19940
前日比30円安のところです。

ドル円109.40
昨日大きな円高となりそれを引き継いでおります。
4/17の108.11にあと1円強と近付いてきました。
先日もお伝えしましたが110円を割ると黄色信号。
この108.11を完全に割り込むと日経平均の500円ほどの調整というのがありそうです。
ただそこまで円高が進むのかどうか?皆が皆警戒をすれば逆に動いたりします。来週に控えますFOMC、その辺りまでどんな動きとなるのかしっかりと見ていきます。

ニューヨークダウ47ドル安の続落。
これに関しては中立です。
ドスンとした激震を感じる下げになるだろうという感覚は今はもっていません。

昨日の日銀の買い付けは700億入っています。
それでも大幅安になったのはそれ以上の売りが出たということです。
さて今日も安寄りしますから入るでしょうか?
五分五分だと感じますが可能性としてはあるということ、先物の売りで入る場合はその辺りを上手にしないといけません。
個別株は昨日大商いした低位の銘柄が横に広がるかどうか見ていきます。
それではよろしくお願いします。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/07(水) 08:15
 
 7日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り920万株、買い1080万株で、差し引き160万株の買い越し。買い越し5営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、倉庫、陸運、小売、機械、電機、銀行、サービスなど。
 買いセクターに、銀行、化学、機械、サービス、小売、食品、電機、精密など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/07(水) 08:12
 
■国内(7日)
4月景気動向指数(14:00)

《決算発表》
くらコーポ、アルトナー、カイカ、日本駐車場開発

■海外(7日)
インド準備銀行金融政策決定会合

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/06/07(水) 08:11
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19940円 -40円

NYは、ダウ平均は47.81ドル安の21136.23、ナスダックは20.63ポイント安の6275.06で取引を終了した。主要経済指標の発表が無い中、8日に実施される前FBI長官の議会証言、英国総選挙欧州中央銀行(ECB)理事会への警戒感が強まり軟調推移となった。ただ原油相場の上昇を受けて、下値も限られた。

日経ですが、昨日はリスク回避の円買いが入り、下支えもあるものの下落となった。
ドル換算ベースは、しっかりで為替分当たりの下落となっている。
本日は、メジャーSQ前の水曜日でありアノマリーに注意しながら見ていきます。

想定レンジ、為替、109.43円 180ドルから183ドル

 19697円から20025円


◆ おはようございます

2017/06/07(水) 08:09
 
■NYダウ
 21,136.23 -47.81
■ナスダック
 6,275.06 -20.63
■CME225(円建て)
 19,940 -30(大証比)
■ドイツDAX
 12,690.12 -132.82
■上海総合指数
 3,102.13 +10.47
■ドル円
 109.37

 6日のNY市場は下落。主要経済指標の発表が無い中、8日に実施される前FBI長官の議会証言、英総選挙、欧州中央銀行(ECB)の理事会など複数の重要イベントの前とあって警戒感の強い値動きとなりました。原油高を受けエネルギー株が上昇し相場を支えました。
 セクター別では、エネルギーや素材が上昇する一方で食品・生活必需品小売や小売が下落。
 ADRの日本株は任天堂<7974>、菱地所<8802>が堅調な他は、トヨタ<7203>、NTTドコモ9437、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、ブリヂストン<5108>、SUBARU<7270>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル109.4円換算)で全般小安い。


◆ 各国債券利回り

2017/06/07(水) 07:42
 
2017/6/7  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.145% (前日比-0.037%)     1.294% (前日比-0.008%)
英国     0.984% (前日比-0.057%)     0.093% (前日比-0.010%)
ドイツ     0.252% (前日比-0.035%)     -0.731% (前日比-0.025%)
ポルトガル 3.085% (前日比+0.031%)     0.206% (前日比-0.072%)
イタリア    2.256% (前日比-0.018%)     -0.223% (前日比-0.041%)
ギリシャ   6.065% (前日比+0.022%)       -
スペイン    1.539% (前日比-0.040%)     -0.264% (前日比+0.002%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/06(火) 15:41
 
■日経平均      19,979.90(-190.92)

■東証1部出来高    17.04億株

■東証1部売買代金   2.46兆円

■日経平均先物    19,970(-180)

■TOPIX        1,596.44(-13.53)

■騰落        上昇292/下落1,635

■マザーズ指数    1,107.88(-14.76)

■日経JQ       3,210.18(-22.83)

■ドル円       109.70

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は海外の政治情勢に対する警戒感が相場の重石となり売り優勢。為替相場が円高方向へ振れると輸出関連銘柄を中心とした売りに押され、機関投資家による売りが下げを加速しました。
 後場は買いものがちに始まり手掛かりとなる材料が乏しい中、日銀のETF買いの期待が下支えとなりましたが、14時過ぎから為替が109円台後半に上昇すると下げ幅を拡大し、2万円台を割り込み本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、医薬品、海運業、機械。一方、値上がりしたのは、空運業のみとなりました。

 TOPIXは続落、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎
後場は、持ち合いから引けにかけては下落となった。
5月SQを下回り引けた。明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、小幅安の182.19ドル -0.08%としっかりである。


◆ ご案内

2017/06/06(火) 14:40
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/06(火) 14:02
 
■日経平均      20,062.08(-108.74)

■日経平均先物    20,066(-84)

■TOPIX先物      1,603.90(-4.10)

■騰落        上昇509/下落1,383

■日経JQ       3,219.67(-13.34)

■マザーズ指数    1,114.20(-8.44)

■ドル円       109.89

■NYダウ夜間先物  -11

■上海総合指数後場の寄り付き 3,085.79 前日比-5.87 -0.19%

■指数大型      現値1,459.66  前日比-4.82

■指数中型      現値1,948.37  前日比-9.97

■指数小型      現値2,999.90  前日比-17.99


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/06(火) 12:33
 
ランチバスケットは23件、437.67億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/06(火) 11:50
 
■日経平均      20,026.45(-144.37)

■東証1部出来高    8.53億株

■東証1部売買代金   1.21兆円

■日経平均先物    20,037(-113)

■TOPIX        1,600.13(-9.84)

■騰落        上昇424/下落1,481

■マザーズ指数    1,106.46(-16.18)

■日経JQ       3,214.36(-18.65)

■ドル円       109.76

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国市場の下落や中東の政治情勢に対する警戒感が相場の重荷となり、リスク回避や利益確定の売り優勢となりました。また為替相場が円高方向へ振れると輸出関連銘柄を中心とした売りに押される展開となり、上値の重さが目立ちました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、医薬品、機械、ガラス土石製品でした。一方、値上がり上位は、空運業、銀行業、保険業となりました。

 TOPIXは続落、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎
前場は、為替推移の下落から調整気味となり20000円台前半。
ポイントの20040円前後の推移となった。後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、182.47ドル +0.07%と続伸。
為替推移には依然としてリンク薄である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.23%

2017/06/06(火) 10:26
 
上海総合指数 3,084.54 前日比 -7.12 -0.23%


◆ 10時の概況

2017/06/06(火) 10:02
 
■日経平均      20,072.22(-98.60)

■日経平均先物    20,070(-80)

■TOPIX先物      1,604.00(-4.00)

■騰落        上昇480/下落1,390

■日経JQ       3,215.19(-17.82)

■マザーズ指数    1,105.81(-16.83)

■ドル円       110.17

■NYダウ夜間先物  -10

■指数大型      現値1,460.79  前日比-3.69

■指数中型      現値1,947.25  前日比-11.09

■指数小型      現値2,997.95  前日比-19.94


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/06(火) 09:08
 
おはようございます。
日経平均は20000円に乗せてのもみ合い。マーケット関係者からこれで強気派が出てくるならば我々も少し利益確定といきたいが。
何故か?今回は・・・・・
おそらくマーケット関係者はこのタイミングで日経平均があっさり20000円を乗せてくると思っていなかったのだろう。
これはここから楽しみな展開が...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/06/06(火) 08:42
 
日経平均先物の現在の気配は20120
前日比30円安のところです。

ドル円110.42
少し円高かなという感じを受けます。
為替については半値押しを割り込んでいるということをお伝えしています。

ニューヨークダウ22ドル安の小幅反落。
しっかりしていると思います。

過去何回かFOMCの利上げがあったわけですが、残念ながらその後日経平均は軟調に推移することが多いです。
日銀の買い付けは昨日は行われていません。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/06(火) 08:17
 
 6日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り230万株、買い440万株で、差し引き210万株の買い越し。買い越し4営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、小売、電機、機械、通信、自動車、サービスなど。
 買いセクターに、情報通信、商社、ゴム、建設、化学、サービス、食品、精密など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/06(火) 08:15
 
■国内(6日)
4月毎月勤労統計調査(9:00)
30年国債入札

《決算発表》
アインHD、三井ハイテック

■海外(6日)
豪州準備銀行理事会

休場:韓国

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ 釣り人

2017/06/06(火) 08:14
 
おはようございます。
「日経225先物と釣り人」の新設について
昨日お伝えしました桃太郎と釣り人の独立について、もう一度確認をします。まず、30億の便りはどちらも書き込まれます。
イルカのプログラムについては、桃太郎のページは今月末で終わりとなります。
釣り人の先物と株式の情報ページ「海と風」は書き込まれます。
松田(桃太郎)と話しあった結果、
「独自性があった方が良い!自分の力で利益を出していきたい!お客様に貢献をしていきたい!」という強い意志を持っています。
ですから私のイルカの話は必要ないということであります。
釣り人もおおいに期待していますし、自分の考えで更なる利益になるお客様への助言頑張ってくれるものと思います。
釣り人のページは出来れば月内に有料化したいと思っております。
金額は同じ21000円です。
蛇足ですが、何度もお伝えしていますが、桃太郎の方が成績が良好な時が多いです。値幅も大きく取ります。
釣り人の売買は損をしたくないので、ロスカットの設定が50円前後で、何度もロスカットにかかったりします。それでも私もやる気であります。ストレスがなくコツコツと利益を積み上げることが出来れば喜ばしいと考えております。どうぞ二つのページよろしくお願い致します。


◆ おはようございます

2017/06/06(火) 08:12
 
■NYダウ
 21,184.04 -22.25
■ナスダック
 6,295.68 -10.11
■CME225(円建て)
 20,155 +5(大証比)
■ドイツDAX
 12,822.94 +158.02
■上海総合指数
 3,091.66 -13.88
■ドル円
 110.47

 5日のNY市場は下落しました。英ロンドン中心部で発生したテロ事件や、中東主要国がカタールとの国交断絶を発表したことによる国際政治情勢の緊迫化から売りが先行しました。しかし8日に前FBI長官の議会証言、英総選挙など週内に重要イベントが相次ぐ為全体に様子見ムードの強い値動きとなりました。
 セクター別では、ソフトウェア・サービスや各種金融が上昇する一方でテクノロジー・ハード・機器やメディアが下落しました。
 ADRの日本株はファーストリテイ<9983>、ソフトバンクG<9984>が小じっかりな他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、SUBARU<7270>など対東証比較(1ドル110.5円換算)で全般に小安い展開でした。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/06(火) 08:12
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20138円 -33円

NYは、ダウ平均は22.25ドル安の21184.04、ナスダックは10.11ポイント安の6295.68で取引を終了した。英国で発生したテロ事件や、中東主要国がカタールとの国交断絶を発表したことによる地政学リスクへの警戒感から売りが先行。しかし、8日に前FBI長官の議会証言、英国総選挙、欧州中央銀行(ECB)理事会を控えて、内容を見極めたいとの思惑もあり下値は限られた。

日経ですが、昨日もリスクの動きがあるものの下値は限定的に推移としっかりである。
本日は、為替推移も変わらず当たりであるが、持ち合いとなっていくのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.45円 181ドルから184ドル

 19991円から20322円


◆ 各国債券利回り

2017/06/06(火) 07:49
 
2017/6/6  7時6分現在

         10年債                      2年債
米国     2.182% (前日比+0.023%)     1.302% (前日比+0.014%)
英国     1.041% (前日比+0.003%)     0.103% (前日比-0.007%)
ドイツ     0.287% (前日比+0.013%)     -0.706% (前日比+0.018%)
ポルトガル 3.054% (前日比+0.019%)     0.278% (前日比+0.010%)
イタリア    2.274% (前日比+0.013%)     -0.182% (前日比-0.021%)
ギリシャ   6.043% (前日比-0.023%)       -
スペイン    1.579% (前日比+0.007%)     -0.266% (前日比-0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/05(月) 15:31
 
■日経平均      20,170.82(-6.46)

■東証1部出来高    16.48億株

■東証1部売買代金   2.37兆円

■日経平均先物    20,150(-20)

■TOPIX        1,609.97(-2.23)

■騰落        上昇829/下落1,070

■マザーズ指数    1,122.64(+12.37)

■日経JQ       3,233.01(+30.71)

■ドル円       110.59

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米雇用統計の結果を受けた売りや、前週末の大幅上昇の反動による利益確定に押されましたが、押し目買いが入り2万円台を保ったまま引けを迎えました。
 後場に入ると上海・香港の株式相場の下落が嫌気され、再び安値圏へ転じる場面もありましたが、その後プラス圏に持ち直すなど売り買いの交錯する展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、輸送用機器、海運業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、小売業、食料品となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
後場は高値持ち合いでの推移となった。
相変わらず為替推移にリンク薄で買い支えなのかもしれません。
ドル換算ベースは、182.34ドル +0.86%となった。


◆ ご案内

2017/06/05(月) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/05(月) 14:03
 
■日経平均      20,203.60(+26.32)

■日経平均先物    20,205(+35)

■TOPIX先物      1,612.40(+1.90)

■騰落        上昇904/下落987

■日経JQ       3,230.52(+28.22)

■マザーズ指数    1,122.12(+11.85)

■ドル円       110.60

■NYダウ夜間先物  -6

■上海総合指数後場の寄り付き 3,090.88 前日比-14.66 -0.47%

■指数大型      現値1,465.98  前日比-3.34

■指数中型      現値1,959.67  前日比+3.70

■指数小型      現値3,021.25  前日比+7.28


◆ サウジなどアラブ4カ国、カタールと断交

2017/06/05(月) 13:29
 
サウジなどアラブ4カ国、カタールと断交。
原油が上昇。


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/05(月) 12:51
 
ランチバスケットは42件、351.47億円。
差し引き120億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/05(月) 11:50
 
■日経平均      20,205.65(+28.37)

■東証1部出来高    8.61億株

■東証1部売買代金   1.21兆円

■日経平均先物    20,200(+30)

■TOPIX        1,610.25(-1.95)

■騰落        上昇830/下落1,046

■マザーズ指数    1,125.72(+15.45)

■日経JQ       3,229.75(+27.45)

■ドル円       110.61

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。5月の米雇用統計の結果を受け輸出関連銘柄に売りが入ったほか、2015年12月以来となる2万円台を回復した前週末の大幅上昇の反動で利益確定売り優勢で始まりました。前場後半から押し目買いが入り徐々に下げ幅を縮小、プラスへ切り返し午前の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、証券商品先物でした。一方、値上がり上位は、情報・通信業、その他製品、サービス業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は下値も限定的に推移、高値水準での持ち合いとなった。
ドル換算ベースは、182.66ドル +1.04%と大幅続伸である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.11%

2017/06/05(月) 10:26
 
上海総合指数 3,102.11 前日比 -3.43 -0.11%


◆ 10時の概況

2017/06/05(月) 10:02
 
■日経平均      20,141.89(-35.39)

■日経平均先物    20,130(-40)

■TOPIX先物      1,605.90(-4.60)

■騰落        上昇626/下落1,271

■日経JQ       3,222.07(+19.77)

■マザーズ指数    1,120.50(+10.23)

■ドル円       110.46

■NYダウ夜間先物  -21

■指数大型      現値1,463.27  前日比-6.05

■指数中型      現値1,948.36  前日比-7.61

■指数小型      現値3,002.90  前日比-11.07


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/05(月) 09:04
 
おはようございます。
先週末の日経平均は更なる上昇!これによりトレンドは上昇トレンド継続。
これは頭の中にしっかり入れておくべきだろう。
週末の米国雇用統計であるがやや予想よりは数字が届かなかったことから金利、為替ともに不穏の動き。
ただ我々の考えからだと全く問題はないと予想している。
またここでの利上げは...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/06/05(月) 08:43
 
日経平均先物の現在の気配は20150
前日比20円安のところ。

ドル円110.41
週末の円高の値段で推移しております。

最も高い寄付き値が昨日の後場の20180円です。
ちょっと気になりますのでそれを抜く寄付き値が発生するかどうか?私は気にすることとなります。
日足で三空の上げとはなりませんが、寄り付き後軟調に推移するのではなかろうかと私は思っております。
日経平均のことです、個別株は別です。

日銀の買い付けが3月末でほぼ16兆円、年間6兆円のペースで買い続ければあと2年で保有額は30兆円に達します。
安い日には買うでしょうから、日経平均(先物)を売るということはいつ日銀が買いを入れるのか?を考えて行動しなければなりません。

それでは今週もよろしくお願い致します。

※8時40分の私の書込みは「日経先物&FX桃太郎」において今月末で終了致します。
週間展望においてもそうなります。
桃太郎と話し合った結果先物のページが2つありますので、完全な独立性を保ち、相場に向かっていこうということになりました。
よろしくお願いします。
イルカの「売り線」「買い線」に関しても同様であります。


◆ 外資系の注文動向

2017/06/05(月) 08:19
 
5日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り660万株、買い1030万株で、差し引き370万株の買い越し。買い越し3営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、通信、保険、自動車、空運、機械、その他製品など。
買いセクターに、建設、化学、サービス、商社、情報通信、ガラスなど」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/06/05(月) 08:17
 
■5(月)
【国内】
《決算発表》
ピジョン、日ハウスHD、泉州電、フジコーポ、学情、アマガサ、ティーライフ、エイケン工業

【海外】
米4月製造業受注(23:00)
米5月ISM非製造業景況指数(23:00)

休場:独、スイス、NZ、ギリシャ

■6(火)
【国内】
4月毎月勤労統計調査(9:00)
30年国債入札

《決算発表》
アインHD、三井ハイテック

【海外】
豪州準備銀行理事会

休場:韓国

■7(水)
【国内】
4月景気動向指数(14:00)

《決算発表》
くらコーポ、アルトナー、カイカ、日本駐車場開発

【海外】
インド準備銀行金融政策決定会合

■8(木)
【国内】
1-3月期GDP改定値(8:50)
4月国際収支(8:50)
5月都心オフィス空室率(11:00)
5月景気ウォッチャー調査
5年国債入札

《決算発表》
クミアイ化、鎌倉新書、シーイーシー、東京楽天地、土屋HD、コーセーアールイー、イムラ封筒、トップカルチャー、スバル興

【海外】
中国5月貿易収支
英国総選挙
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)

■9(金)
【国内】
5月マネーストック(8:50)
4月第三次産業活動指数(13:30)
メジャーSQ算出日

《決算発表》
積水ハウス、エイチーム、カナモト、ロックフィールド、鳥貴族、gumi、丹青社、ベルグアース、ベステラ、大盛工業、フルスピード、ケア21、アスカネット、テンポス、ラクーン、ストリーム、アゼアス、アールエイジ、クロスプラス、山岡家、バルニバーヒ、シーアールイー、グッドコムA、モルフォ、ポールHD、フリービット、アイル、アイリッジ、ネオジャパン、シャノン、ミライアル、ユークス、ロングライフ、アイモバイル、インスペック、OSGコーポ、トミタ電機、ナ・デックス、ウイルコHD、精養軒

【海外】
中国5月消費者物価(10:30)
中国5月生産者物価(10:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/06/05(月) 08:13
 


おはようございます。

現在、日経CFD 20123円 -55円

朝の為替状況も110円台中盤での推移。
本日も為替推移はリンク薄となり海外動向高から続伸するのか見ていきます。


想定レンジ、為替、110.44円 180ドルから183ドル

 19879円から20210円

 


◆ おはようございます

2017/06/05(月) 08:07
 
■NYダウ
 21,206.29 +62.11
■ナスダック
 6,305.80 +58.97
■CME225(円建て)
 20,165 -5(大証比)
■ドイツDAX
 12,822.94 +158.02
■上海総合指数
 3,105.54 +2.92
■ドル円
 110.48

 2日のNY市場は上昇。5月雇用統計非農業部門雇用者数は13.8万人増と予想を下回りましたが、失業率が低下し好調な雇用状況が続いているとの見方が大勢を占め堅調推移となりました。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も続伸、S&P500種株価指数も最高値更新となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方でエネルギーや銀行が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<>7203、ホンダ<7267>、キヤノン<7751>、任天堂<7974>、SUBARU<7270>が軟調。半面、NTTドコモ<9437>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>が堅調など、対東証比較(1ドル110.4円換算)で高安まちまちでした。


◆ 各国債券利回り

2017/06/05(月) 07:49
 
2017/6/5  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.159% (前日比-0.052%)     1.288% (前日比-0.002%)
英国     1.038% (前日比-0.035%)     0.110% (前日比-0.021%)
ドイツ     0.274% (前日比-0.031%)     -0.724% (前日比-0.016%)
ポルトガル 3.035% (前日比+0.039%)     0.268% (前日比-0.004%)
イタリア    2.261% (前日比+0.005%)     -0.161% (前日比-0.001%)
ギリシャ   6.066% (前日比-0.032%)       -
スペイン    1.572% (前日比+0.009%)     -0.261% (前日比-0.011%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/06/04(日) 16:21
 
先週末のNYダウは62ドル高で新高値・雇用統計の発表がありましたが雇用者数より失業率の低さから利上げ観測は強まっています。それはそれでいいのですが、為替が大幅な円高と反応・・為替が米国利上げに反応しない可能性が出てきました。この見方は以前少し書きました。ただ発表の時まで円高進行となれば今度は逆になったりします。CME終値20165-5 米国高も円高で相殺されいます。

先週の展望ではどう動くか?あまりに小動きで見えずらいと書きました。しかしながら週後半「日経225先物と釣り人」のページではNYダウは上がるであろうという考えのもとでイブニングで買いで押していました。(取り損じていますが・・)さて少し日経の上げピッチが早いです。

もともと解説していました月足チャートでの三段上げとなってきていますが

     ~会員ページで解説~

NYダウに関してはさらに上昇しそうです。日経に関しては、大手の上場企業が平均108円あたりでの業績予想でまだ少し余裕があるといえばそうですが4月17日の108.11を割り込む円高となれば様相が変わってきます。真近高値108.11安値114.35半値は111.23つまり半値押しを割り込んできています。為替だけを見れば黄色信号であるということです。

先物は基本的に売り目線で入る時が多くなります。(短期売買)
個別株は日経が動かないと材料株への集中投資が続きやすいです。スタッフで買い銘柄選択していきます。

今週もどうぞご覧ください。


◆ 大引け概況

2017/06/02(金) 15:25
 
■日経平均      20,177.28(+317.25)

■東証1部出来高    23.15億株

■東証1部売買代金   3.22兆円

■日経平均先物    20,170(+310)

■TOPIX        1,612.20(+26.06)

■騰落        上昇1,509/下落420

■マザーズ指数    1,110.27(-4.22)

■日経JQ       3,202.30(+8.67)

■ドル円       111.61

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は米国株の最高値更新や雇用情勢の改善を好感し買い優勢。輸出関連銘柄などを中心に買いが集まり、2015年12月以来となる2万円台を回復しました。
 後場は利益確定売りにより伸び悩む場面もありましたが、前場の好地合いを引き継ぎ高値圏で推移し取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、証券商品先物、海運業。一方、値下がりしたのは、食料品、情報・通信業、水産・農林業のみとなりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎
後場は、高値持ち合いとなり緩みはなかった。
今晩の雇用統計後の動きを見ていきます。

ドル換算ベースは、180.78ドル +1.03%ととなった。


◆ ご案内

2017/06/02(金) 14:41
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/02(金) 14:03
 
■日経平均      20,207.83(+347.80)

■日経平均先物    20,200(+340)

■TOPIX先物      1,612.00(+25.00)

■騰落        上昇1,500/下落427

■日経JQ       3,202.86(+9.23)

■マザーズ指数    1,112.36(-2.13)

■ドル円       111.57

■NYダウ夜間先物  +47

■上海総合指数後場の寄り付き 3,094.21 前日比-8.41 -0.27%

■指数大型      現値1,468.93  前日比+26.27

■指数中型      現値1,954.03  前日比+26.44

■指数小型      現値3,011.03  前日比+27.84


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/02(金) 12:34
 
ランチバスケットは32件、362.30億円。
差引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/02(金) 11:44
 
■日経平均      20,139.31(+279.28)

■東証1部出来高    10.56億株

■東証1部売買代金   1.44兆円

■日経平均先物    20,140(+280)

■TOPIX        1,606.01(+19.87)

■騰落        上昇1,437/下落465

■マザーズ指数    1,112.22(-2.27)

■日経JQ       3,202.32(+8.69)

■ドル円       111.62

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。寄り付きから米国株の最高値更新や雇用情勢の改善を好感し買い優勢となりました。また円相場の下落から輸出関連銘柄などを中心に幅広い銘柄に買いが集まり、2015年12月以来となる2万円台を回復。その後も上げ幅を拡大、高値圏での推移となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、証券商品先物、鉄鋼、銀行業。一方、値下がりしたのは、食料品、情報・通信業、水産・農林業のみとなりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎
前場は、売り方の買戻しも入り一気に20000円台となった。
早い展開が続いている。

ドル換算ベースは、180.41ドル +0.83%


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.27%

2017/06/02(金) 10:26
 
上海総合指数 3,094.23 前日比 -8.39 -0.27%


◆ 10時の概況

2017/06/02(金) 10:01
 
■日経平均      20,089.56(+229.53)

■日経平均先物    20,090(+230)

■TOPIX先物      1,601.50(+14.50)

■騰落        上昇1,444/下落435

■日経JQ       3,203.03(+9.40)

■マザーズ指数    1,113.14(-1.35)

■ドル円       111.66

■NYダウ夜間先物  +39

■指数大型      現値1,457.48  前日比+14.82

■指数中型      現値1,944.58  前日比+16.99

■指数小型      現値3,004.33  前日比+21.14


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/02(金) 09:08
 
おはようございます。
もう少しもみ合いを想定していた東京市場であるが、昨日は我々の想定内ではあるが予定より早い上値追いの展開。
新興市場は相変わらずの強い展開を形成し順調であり、我々の想定では第2幕は皆様が想定している以上に息が長い相場展開になることだろう。
また先日皆様にはお伝えしたが日経平均は6月に1度高値を付けてくるだろう。
そして個別銘柄では...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/06/02(金) 08:36
 
日経平均先物現在の気配は19940
NYダウ大幅上昇です。
昨日かなり日経は上昇してますから更なる上昇は何とも言えませんが、底堅く推移するでしょう~
週末です、頑張りましょう~!


◆ 外資系の注文動向

2017/06/02(金) 08:18
 
2日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り630万株、買い810万株で、差し引き180万株の買い越し。買い越し2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、機械、建設、空運、保険、電機、銀行、通信、薬品、電力など。
買いセクターに、商社、その他製品、自動車、化学、サービス、小売、銀行、精密、食品、保険など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/06/02(金) 08:16
 
■国内(2日)
5月マネタリーベース(8:50)
5月消費者動向調査(14:00)

《決算発表》
モロゾフ、クリムゾン、ナトコ、共和工業、ゼネパッカー、巴工業、ハイレックス、ファースト住

■海外(2日)
米5月雇用統計(21:30)
米4月貿易収支(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/06/02(金) 08:14
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19958円 +98円

NYは、ダウ平均は135.53ドル高の21144.18、ナスダックは48.31ポイント高の6246.83で取引を終了した。5月ADP雇用統計が予想を上回る堅調な内容となり、買いが先行。米国債利回りの上昇で、昨日下落した金融株に買い戻しが広がったほか、5月新車販売台数が前年同月比で横ばいとなり、数か月続いた減少に歯止めがかかったことも好感され、上げ幅を拡大した。トランプ大統領は地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱する方針を発表したが、株価への影響は限定的だった。

日経ですが、昨日は大きく切り返した。
本日もほぼ高値まで戻って始まります。20000円台まで戻るのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.40円 177ドルから180ドル

 19717円から20052円


◆ おはようございます

2017/06/02(金) 08:09
 
■NYダウ
 21,144.18 +135.53
■ナスダック
 6,246.83 +48.31
■CME225(円建て)
 19,930 +70(大証比)
■ドイツDAX
 12,664.92 +49.86
■上海総合指数
 3,102.62 -14.56
■ドル円
 111.38

 1日のNY市場は上昇。5月ADP雇用統計が市場予想を大幅に上回る内容となり買いが先行しました。下落した金融株に買い戻しが入ったほか、原油市場の反発も好感され投資家心理が上向き、幅広い業種に買いが入りました。
 トランプ大統領が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱すると発表しましたが、株価への影響は限定的でした。
 セクター別では半導体・半導体製造装置を除いて全面高となり、自動車・自動車部品やヘルスケア機器・サービスの上昇が目立ちました。
 ADRの日本株は任天堂<7974>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>など、対東証比較(1ドル111.38円換算)全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/06/02(金) 07:48
 
2017/6/2  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.211% (前日比+0.009%)     1.290% (前日比+0.008%)
英国     1.073% (前日比+0.027%)     0.131% (前日比+0.000%)
ドイツ     0.305% (前日比+0.001%)     -0.708% (前日比+0.005%)
ポルトガル 2.996% (前日比-0.064%)     0.272% (前日比-0.002%)
イタリア    2.256% (前日比+0.053%)     -0.160% (前日比+0.002%)
ギリシャ   6.098% (前日比+0.006%)       -
スペイン    1.563% (前日比+0.010%)     -0.250% (前日比+0.025%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/06/01(木) 15:37
 
■日経平均      19,860.03(+209.46)

■東証1部出来高    17.38億株

■東証1部売買代金   2.46兆円

■日経平均先物    19,860(+200)

■TOPIX        1,586.14(+17.77)

■騰落        上昇1,620/下落309

■マザーズ指数    1,114.49(+9.68)

■日経JQ       3,193.63(+25.09)

■ドル円       110.99

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は寄り付きから買いが先行、機関投資家の買いが入ったとの見方が市場心理の改善につながりました。更に為替や海外株の落ちつきが買い安心感となり、上げ幅を拡大し高値圏での推移となりました。
 後場に入っても6月からサービス・製品価格が上昇する業種に採算改善を期待した買いが続くなど、全般に堅調でした。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気・ガス業、倉庫運輸関連、金属製品。一方、値下がりしたのは、鉱業のみとなりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
後場は、ポイントの19890円まで上昇して持ち合いとなった。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、178.93ドル、+0.98%と上昇となった。


◆ ご案内

2017/06/01(木) 14:42
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/06/01(木) 14:02
 
■日経平均      19,878.93(+228.36)

■日経平均先物    19,870(+210)

■TOPIX先物      1,587.00(+17.00)

■騰落        上昇1,657/下落278

■日経JQ       3,189.93(+21.39)

■マザーズ指数    1,113.06(+8.25)

■ドル円       111.02

■NYダウ夜間先物  +17

■上海総合指数後場の寄り付き 3,100.79 前日比-16.38 -0.53%

■指数大型      現値1,443.69  前日比+14.40

■指数中型      現値1,927.62  前日比+27.85

■指数小型      現値2,982.55  前日比+35.12


◆ お昼のバスケット取引

2017/06/01(木) 12:36
 
ランチバスケットは12件、466.78億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/06/01(木) 11:46
 
■日経平均      19,854.27(+203.70)

■東証1部出来高    8.68億株

■東証1部売買代金   1.21兆円

■日経平均先物    19,860(+200)

■TOPIX        1,583.69(+15.32)

■騰落        上昇1,602/下落309

■マザーズ指数    1,111.41(+6.60)

■日経JQ       3,186.62(+18.08)

■ドル円       110.95

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発。4日続落からの押し目買いが入り寄り付きから買いが先行、1万9800円台に上昇しました。月初めとあって、機関投資家の買いが入ったのではとの見方が市場心理の改善につながりました。
 その後も為替や海外株の落ちつきが安心感となり上げ幅を拡大。高値圏で推移し午前の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気・ガス業、金属製品、その他金融業。一方、値下がりしたのは、鉱業のみとなりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、買戻しから大きく切り返した。
相変わらず為替推移にはリンク薄である。

ドル換算ベースは、179.00ドル、+1.02%とほぼ高値となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.28%

2017/06/01(木) 10:26
 
上海総合指数 3,108.42 前日比 -8.76 -0.28%


◆ 10時の概況

2017/06/01(木) 10:04
 
■日経平均      19,839.52(+188.95)

■日経平均先物    19,850(+190)

■TOPIX先物      1,582.50(+12.50)

■騰落        上昇1,641/下落247

■日経JQ       3,186.69(+18.15)

■マザーズ指数    1,112.24(+7.43)

■ドル円       110.97

■NYダウ夜間先物  +22

■指数大型      現値1,440.47  前日比+11.18

■指数中型      現値1,919.28  前日比+19.51

■指数小型      現値2,975.76  前日比+28.33


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/06/01(木) 09:11
 
おはようございます。
6月に入りマーケットはどうなるかだ。
我々としてはもう暫くもみ合いの末、日経平均は1度上値を試す日が訪れると予想している。
私も今年に入り、皆様の為に面白そうな銘柄を多数紹介しているが...

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/06/01(木) 08:49
 
6月1日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「4社ベースで、売り310万株、買い350万株で、差し引き40万株の買い越し。買い越し2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、化学、小売、銀行、不動産、自動車、建設、機械など。
買いセクターに、サービス、商社、保険、化学、食品、精密、不動産、電力、通信など」(外資系証券)という。


◆ 釣り人

2017/06/01(木) 08:44
 
日経平均先物の現在の気配は19660
前日比変わらずです。
日曜日の週間展望で先行きが見えづらい1週間であるとお伝えしましたが、なんとまぁまったく動かずの状況が続いています。

ドル円110.75
円高気味ではありますが極端な動きではないという感覚です。

ニューヨークダウ-20ドル。
小さく3日続落の日にあたりますが下ヒゲが60ドル程出現しました。

どうにもこうにも動かない日経平均先物ですが、6月相場のスタートです。
梅雨の季節に入りますが運用成績は晴天となるようにスタッフ一同助言をしていきますので、ご覧になって下さい。

少し気になる記事があります。
7月18日からですが、日経平均株価の算出がこれまでの15秒間隔から5秒間隔に短縮すると日経新聞が発表しています。
日経平均と先物の値動きを比較しながら取引するデイトレーダーの方も多いわけですから、良いことだと思います。
釣り人が株式のページでいつもお伝えするのは日経平均先物の値段でした。
そちらの動きが速いからです。
極端な話何か大事が発生した場合、先物はリアルタイムで動き日経平均は15秒も遅れるということです。
そのことを知っていましたので、ずっと先物の値段を伝えていたわけです。


◆ ドル建て 日経225

2017/06/01(木) 08:14
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19668円 +17円

NYは、ダウ平均は20.82ドル安の21008.65、ナスダックは4.67ポイント安の6198.52で取引を終了した。原油安が嫌気されたほか、米国債利回りの低下で金融株を中心に売りが広がり、軟調推移となった。地区連銀経済報告(ベージュブック)では全体的に景気が緩やかに拡大したとの認識が示されたが、個人消費が弱まったこともあり、相場への影響は限定的だった。

日経ですが、昨日も持ち合いが続き小幅推移となった。
本日もドル安や海外動向もげらくであるが、下値も限定的の持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.77円 175ドルから178ドル

 19384円から19717円


◆ 本日の予定

2017/06/01(木) 08:11
 
■国内(1日)
1-3月期法人企業統計(8:50)
5月自動車販売台数(14:00)
10年国債入札

《決算発表》
伊藤園、ダイサン、不二電機、アルチザ、ピープル

■海外(1日)
米5月ADP雇用統計(21:15)
米4月建設支出(23:00)
米5月ISM製造業景況指数(23:00)

《米決算発表》
ダラー・ゼネラル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/06/01(木) 08:09
 
■NYダウ
 21,008.65 -20.82
■ナスダック
 6,198.52 -4.67
■CME225(円建て)
 19,670 +10(大証比)
■ドイツDAX
 12,615.06 +16.38
■上海総合指数
 3,117.18 +7.12
■ドル円
 110.83

 31日のNY市場は下落しました。4~6月期の業績に慎重な見方を示した金融株を中心に売りが膨らみ、原油安がエネルギー株の売りを誘うなど市場心理が悪化し軟調推移となりました。地区連銀経済報告では景気が緩やかに拡大との認識が示されましたが、相場への影響は限定的でした。
 セクター別では、自動車・自動車部品や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で銀行やテクノロジー・ハード・機器が下落しました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、コマツ<6301>、京セラ<6971>がしっかり。半面、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>が冴えないなど、対東証比較(1ドル110.78円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/06/01(木) 07:57
 
2017/6/1  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.203% (前日比-0.007%)     1.282% (前日比-0.002%)
英国     1.046% (前日比+0.052%)     0.131% (前日比+0.048%)
ドイツ     0.304% (前日比+0.012%)     -0.713% (前日比-0.007%)
ポルトガル 3.060% (前日比-0.049%)     0.274% (前日比+0.010%)
イタリア    2.203% (前日比+0.023%)     -0.162% (前日比-0.016%)
ギリシャ   6.092% (前日比+0.034%)       -
スペイン    1.553% (前日比+0.025%)     -0.275% (前日比+0.017%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず