日経平均先物と釣り人と桃太郎(タイトル)
日経平均先物と釣り人と桃太郎のTOPへ

2017/05

◆ 桃太郎

2017/05/31(水) 18:18
 
640円と695円の持ち合いなのかもしれません。

25MAと9MAとなります。しかし、620・680円のボックスが続きますね・・・

どちらかに離れるのか見ていきます。

ユーロドルは、一時高かったですが、失業率が予想より悪く持ち合い。1.120付けず。
原油、49.11ドル持ち合い。VIX 10.19 +3.87%
NYCFD -15ドル

変化なければ、一回、22:00過ぎ最終コメントします。


◆ 大引け概況

2017/05/31(水) 15:25
 
■日経平均      19,650.57(-27.28)

■東証1部出来高    20.18億株

■東証1部売買代金   3.01兆円

■日経平均先物    19,660(-10)

■TOPIX        1,568.37(-4.30)

■騰落        上昇622/下落1,282

■マザーズ指数    1,104.81(+2.83)

■日経JQ       3,168.54(+12.27)

■ドル円       110.98

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は連休明けの米国市場の影響を受け売り優勢でしたが、5月の中国製造業購買担当者景気指数が市場予想を上回ったことで下げ幅を縮め、相場を下支えしました。
 後場も売り継続。月末要因と本日は日銀のETFの買いが入っていないとの見方が強く、加えて週末に米国5月雇用統計の発表が控えていることもあり、全体に様子見となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、パルプ・紙、銀行業でした。一方、値上がり上位は、保険業、化学、不動産業となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
後場も小幅持ち合いとなり推移。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.19ドル、-0.12%でした。


◆ ご案内

2017/05/31(水) 14:46
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/31(水) 14:02
 
■日経平均      19,627.06(-50.79)

■日経平均先物    19,630(-40)

■TOPIX先物      1,566.50(-5.50)

■騰落        上昇577/下落1,317

■日経JQ       3,164.94(+8.67)

■マザーズ指数    1,102.08(+0.10)

■ドル円       111.00

■NYダウ夜間先物  ±0

■上海総合指数後場の寄り付き 3,112.66 前日比+2.60 +0.08%

■指数大型      現値1,427.44  前日比-5.85

■指数中型      現値1,896.32  前日比-8.32

■指数小型      現値2,947.61  前日比-8.53


◆ 桃太郎

2017/05/31(水) 12:49
 
日経コア30の銘柄に、引け大量クロスが入りそうです。

代表銘柄の三菱UFJ(8306)現在、700万株の引け買い注文が入ってます。

引けまで様子見します。月末要因で、多分本日も買い支えなのかもしれません。


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/31(水) 12:34
 
ランチバスケットは41件、340.09億円。
差引き50億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/31(水) 12:03
 
■日経平均      19,660.63(-17.22)

■東証1部出来高    6.94億株

■東証1部売買代金   0.98兆円

■日経平均先物    19,670(±0)

■TOPIX        1,569.24(-3.43)

■騰落        上昇720/下落1,131

■マザーズ指数    1,104.85(+2.87)

■日経JQ       3,162.78(+6.51)

■ドル円       111.16

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落。朝方は連休明けの米国市場が売り優勢だったことや長期金利の低下を受け、輸出関連株、金融株の売りが膨らみました。その後5月の中国製造業購買担当者景気指数が51.2と市場予想をわずかに上回り、中国関連銘柄などが下げ幅を縮め、相場を下支えし前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、その他金融業でした。一方、値上がり上位は、倉庫運輸関連、情報・通信業、化学となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は下げる場面もありましたが、切り返しから持ち合いとなった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.02ドル、-0.22%と下落。


◆ 中国5月財新製造業PMI 51.2

2017/05/31(水) 10:34
 
中国5月財新製造業PMIは51.2
市場予想をわずかに上回る。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.49%

2017/05/31(水) 10:28
 
上海総合指数 3,125.33 前日比 +15.27 +0.49%


◆ 10時の概況

2017/05/31(水) 10:04
 
■日経平均      19,652.24(-25.61)

■日経平均先物    19,650(-20)

■TOPIX先物      1,570.50(-1.50)

■騰落        上昇844/下落981

■日経JQ       3,160.86(+4.59)

■マザーズ指数    1,108.77(+6.79)

■ドル円       110.95

■NYダウ夜間先物  +3

■指数大型      現値1,430.09  前日比-3.20

■指数中型      現値1,902.27  前日比-2.37

■指数小型      現値2,959.20  前日比+3.06


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/31(水) 09:10
 
おはようございます。
日経平均は正にもみ合いの中、新興市場はしっかりした展開ではなかろうか。
皆様にお伝えしたように素直に強い新興市場はますます人気化し強い相場展開が期待できるだろうし、そろそろ新興市場の出遅れ的な銘柄をマークしても良いと思われる。
その中、国策として「待機児童ゼロ」問題であるが..
残念ながら目標は達成できず、隠れ待機児童を含むと日本には約7万人の待機児童が存在するそうだ。
そうなるとここから「骨太の方針」から待機児童解消加速は本格的なものになると予想され、国策からの待機児童解消関連銘柄は本格的な恩恵かつ株価の変動が期待される...

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/05/31(水) 08:51
 
 31日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り820万株、買い550万株で、差し引き270万株の売り越し。売り越し2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、機械、陸運、食品、保険、ゲーム、精密など。
 買いセクターに、商社、化学、電機、その他製品、食品、通信、サービスなど」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/31(水) 08:49
 
■国内(31日)
4月鉱工業生産(8:50)
4月住宅着工件数(14:00)

《決算発表》
はてな、トリケミカル、パーク24、ACCESS

■海外(31日)
中国5月製造業PMI(10:00)
中国5月非製造業PMI(10:00)
中国財新5月製造業PMI(10:45)
ユーロ圏4月失業率(18:00)
米5月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
ベージュブック
ブラジル中銀政策金利発表

《米決算発表》
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ 釣り人

2017/05/31(水) 08:48
 
日経平均先物の現在の気配は19630
前日比40円安のところ。

ドル円110.77
大きなドル安ではないですが気持ち円高気味という感覚です。

ニューヨークダウ50ドル安で終わりました。
プラスの状況で動けば踏み上げもあるかと期待しましたが、それでもちょい押しで終わっているという感じ。
ナスダックも同様です。

本日の市場ですがニューヨークが安いため積極的な買いは入りづらい、ただ押し目は日銀の買いが入りやすいというのはいつものことです。
下振れは大きくはないでしょうが日経平均は模様眺めが基本となるでしょう。


◆ おはようございます

2017/05/31(水) 08:41
 
■30日の中国・台湾は龍舟節の祝日で休場です。

■NYダウ
 21,029.47 -50.81
■ナスダック
 6,203.19 -7.01
■CME225(円建て)
 19,625 -45(大証比)
■ドイツDAX
 12,598.68 -30.27
■ドル円
 110.87

 30日のNY市場は小幅に下落しました。ダウ平均は3月の最高値に100ドル弱と迫る場面もありましたが、新規材料に乏しく利益確定売りに押される展開となりました。しかし一部の高成長銘柄は堅調で、米企業業績の改善への期待は根強く下値は限られました。
 セクター別では、通信、公益、テクノリジーが上昇する一方でエネルギー、金融、不動産などが下落しました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ホンダ<7267>が上昇。半面、オリックス<8591>、野村<8604>、などが下落しました。
 


◆ おはようございます

2017/05/31(水) 08:33
 
■NYダウ
 21,029.47 -50.81
■ナスダック
 6,203.19 -7.01
■CME225(円建て)
 19,625 -45(大証比)
■ドイツDAX
 12,598.68 -30.27
■上海総合指数
 3,110.06 +2.23
■ドル円
 110.87

 30日のNY市場は小幅に下落しました。ダウ平均は3月の最高値に100ドル弱と迫る場面もありましたが、新規材料に乏しく利益確定売りに押される展開となりました。しかし一部の高成長銘柄は堅調で、米企業業績の改善への期待は根強く下値は限られました。
 セクター別では、通信、公益、テクノリジーが上昇する一方でエネルギー、金融、不動産などが下落しました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ホンダ<7267>が上昇。半面、オリックス<8591>、野村<8604>、などが下落しました。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/31(水) 08:16
 


おはようございます。

現在、日経CFD、19633円 -45円

NYは、ダウ平均は50.81ドル安の21029.47、ナスダックは7.00ポイント安の6203.19で取引を終了した。原油相場の下落を受けて、売りが先行。北朝鮮による新たなミサイル発射実験で地政学リスクが高まったほか、トランプ大統領の娘婿がロシア政府との接触を疑われ、FBIの捜査対象となっていることが明らかとなり、政権運営への先行き不透明感から軟調推移となった。先週の株価上昇を受けて利益確定の動きも相場の重しとなった。

日経ですが、昨日も下支えから下げ幅縮小となった。
本日も買い支えから下値も限定的なのか見ていきます。
為替推移にはリンク薄であり、ドル換算ベースは、崩れずしっかりである。

想定レンジ、為替、110.82円 175ドルから178ドル

 19393円から19725円


◆ 各国債券利回り

2017/05/31(水) 07:45
 
2017/5/31  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.210% (前日比-0.037%)     1.284% (前日比-0.010%)
英国     0.994% (前日比-0.018%)     0.083% (前日比-0.011%)
ドイツ     0.292% (前日比-0.006%)     -0.706% (前日比+0.010%)
ポルトガル 3.109% (前日比-0.044%)     0.264% (前日比+0.036%)
イタリア    2.180% (前日比-0.002%)     -0.146% (前日比+0.019%)
ギリシャ   6.058% (前日比+0.075%)       -
スペイン    1.528% (前日比-0.027%)     -0.292% (前日比+0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/30(火) 15:31
 
■日経平均      19,677.85(-4.72)

■東証1部出来高    13.26億株

■東証1部売買代金   1.87兆円

■日経平均先物    19,670(-10)

■TOPIX        1,572.67(+2.46)

■騰落        上昇1,092/下落751

■マザーズ指数    1,101.98(+4.97)

■日経JQ       3,156.27(+3.81)

■ドル円       110.95

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は売り先行で始まり、円相場の強含みを受け徐々に下げ幅を拡大しました。その後も欧米市場の動向を見極めたいとする様子見ムードが強く、安値圏での推移となりました。
 後場は買いが先行。円高一服をきっかけとし日経平均先物が下げ幅を縮め、日銀買いの思惑もあり下値は堅く、前日終値近辺まで戻し取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、金属製品、情報・通信業でした。一方、値下がり上位は、パルプ・紙、水産・農林業、倉庫運輸関連となりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数も続伸しました。

■桃太郎
後場は良くわかりませんが、買い支えから買戻しとなり下げ幅縮小。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.41ドル、+0.33%と続伸となった。
指数は、相変わらず為替にリンク薄である。


◆ ご案内

2017/05/30(火) 14:43
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/30(火) 14:02
 
■日経平均      19,660.68(-21.89)

■日経平均先物    19,650(-30)

■TOPIX先物      1,570.50(+0.00)

■騰落        上昇962/下落886

■日経JQ       3,153.27(+0.81)

■マザーズ指数    1,098.34(+1.33)

■ドル円       110.89

■NYダウ夜間先物  -11

■30日(火)の中国本土市場は龍舟節の祝日のため休場

■指数大型      現値1,431.02  前日比-0.26

■指数中型      現値1,902.57  前日比-0.08

■指数小型      現値2,952.15  前日比+8.01


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/30(火) 12:35
 
ランチバスケットは17件、184.77億円。
差引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/30(火) 11:45
 
■日経平均      19,576.19(-106.38)

■東証1部出来高    6.38億株

■東証1部売買代金   0.9兆円

■日経平均先物    19,580(-100)

■TOPIX        1,563.23(-6.98)

■騰落        上昇474/下落1,397

■マザーズ指数    1,092.01(-5.00)

■日経JQ       3,151.22(-1.24)

■ドル円       110.87

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。寄り付きから売り先行で始まり、円相場の強含みを受け徐々に下げ幅を拡大。売り一巡後も戻りは鈍く、29日の海外主要市場の休場やギリシャ債務問題など欧州リスクへの警戒感から、欧米市場の動向を見極めたいとする様子見ムードが強く安値圏での推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、パルプ・紙、水産・農林業でした。一方、値上がり上位は、空運業、海運業、情報・通信業となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数も反落しました。

■桃太郎
前場は多少のリスク回避の動きから為替分下落となり、下値も限定的となって推移。
後場も調整色が出るか見ていきます。

ドル換算ベースは、176.55ドル、-0.16%としっかりである。


◆ 上海総合指数

2017/05/30(火) 10:27
 
本日の上海市場は休場です。


◆ 10時の概況

2017/05/30(火) 10:02
 
■日経平均      19,628.67(-53.90)

■日経平均先物    19,630(-50)

■TOPIX先物      1,568.00(-2.50)

■騰落        上昇830/下落949

■日経JQ       3,155.98(+3.52)

■マザーズ指数    1,096.96(-0.05)

■ドル円       110.98

■NYダウ夜間先物  -9

■指数大型      現値1,428.54  前日比-2.74

■指数中型      現値1,899.51  前日比-3.14

■指数小型      現値2,946.06  前日比+1.92


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/30(火) 09:07
 
おはようございます。
東京市場は手掛かり材料難の中、何度もお伝えしているように資金は新興市場に向かっている。
第2幕まだまだ初期段階!
ようやく山の麓から出発したばかりだ。
また皆様も明らかに資金は新興市場に向かっていることは分かるだろう。
大きな流れをしっかり掴みマーケットに参加することを皆様にお勧めしたい。


本日の先物レンジは...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/05/30(火) 08:39
 
日経平均先物現在の気配は19670。
前日比10円安のところです。
昨晩のイブニングにおいて主要国の市場が休みだった為、ほとんど先物の動きはありませんでした。
ドル円111.27。

今晩のニューヨークどう動いていくのか大いに注目されるところです。
6日続伸の後2ドル安で21080ドル。
上値を取るとなると3月の高値21169ドルを抜く可能性が出てきます。
私はどちらかというとしっかりとするのではなかろうかと考えているわけですが、蓋をあけてみないと分かりません。

それでは本日よろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/05/30(火) 08:29
 
 30日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り570万株、買い620万株で、差し引き50万株の買い越し。買い越し2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、保険、化学、空運、食品、小売、電機など。
 買いセクターに、自動車、化学、食品、精密、機械、陸運、鉄鋼など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/30(火) 08:14
 
■国内(30日)
4月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
4月家計調査(8:30)
2年国債入札

《決算発表》
スリープロ、菱洋エレク、ナガノ東

■海外(30日)
米4月個人所得・個人支出(21:30)
米3月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米5月CB消費者信頼感指数(23:00)
米5月ダラス連銀製造業活動(23:30)

休場:香港(ドラゴンボートフェスティバル)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/30(火) 08:11
 
■29日のNY市場はメモリアルデーの祝日で休場、中国・台湾は龍舟節の祝日で休場です。

■ドイツDAX
 12,628.95 +26.77
■ドル円
 111.23


◆ ドル建て 日経225

2017/05/30(火) 08:07
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19678円 -5円

NYは、休場。

日経ですが、昨日は持ち合いでの推移となった。
本日は、海外動向も休場でありドル円は変わらず当たりでの推移となっているので持ち合いとなるのか見ていきます。
ユーロドルは今朝から弱含みとなってきた。イタリアは、-2%安となっている。

想定レンジ、為替、111.25円 175ドルから178ドル

 19468円から19802円


◆ 各国債券利回り

2017/05/30(火) 07:51
 
2017/5/30  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.247% (前日比+0.000%)     1.294% (前日比+0.000%)
英国     1.012% (前日比+0.000%)     0.094% (前日比+0.000%)
ドイツ     0.298% (前日比-0.033%)     -0.716% (前日比-0.033%)
ポルトガル 3.153% (前日比+0.009%)     0.228% (前日比-0.066%)
イタリア    2.182% (前日比+0.082%)     -0.165% (前日比+0.013%)
ギリシャ   5.983% (前日比+0.015%)       -
スペイン    1.555% (前日比+0.012%)     -0.300% (前日比-0.028%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/29(月) 15:21
 
■日経平均      19,682.57(-4.27)

■東証1部出来高    12.74億株

■東証1部売買代金   1.79兆円

■日経平均先物    19,680(-30)

■TOPIX        1,570.21(+0.79)

■騰落        上昇933/下落942

■マザーズ指数    1,097.01(+2.56)

■日経JQ       3,152.46(+5.84)

■ドル円       111.27

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は北朝鮮をめぐる地政学リスクの高まりなどから一旦下げましたが、押し目買いが入りプラス圏に浮上。その後積極的な売買は手控えられもみ合う展開となりました。
 本日は海外の主要市場が休場ということもあり、後場も引き続き膠着感の強い値動きとなりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、海運業、鉱業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、食料品、小売業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
後場も小動きとなった。
方向感出ずでした。

ドル換算ベースは、176.83ドル、+0.08%と小幅切り返し。


◆ ご案内

2017/05/29(月) 14:46
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/29(月) 14:02
 
■日経平均      19,699.74(+12.90)

■日経平均先物    19,700(-10)

■TOPIX先物      1,571.50(+0.00)

■騰落        上昇1,029/下落843

■日経JQ       3,153.98(+7.36)

■マザーズ指数    1,101.79(+7.34)

■ドル円       111.30

■NYダウ夜間先物  +4

■29日(月)の中国本土市場は休場

■指数大型      現値1,432.81  前日比+1.32

■指数中型      現値1,904.02  前日比+4.58

■指数小型      現値2,948.40  前日比+5.66


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/29(月) 12:37
 
ランチバスケットは32件、308.28億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/29(月) 11:40
 
■日経平均      19,717.56(+30.72)

■東証1部出来高    6.39億株

■東証1部売買代金   0.9兆円

■日経平均先物    19,730(+20)

■TOPIX        1,573.64(+4.22)

■騰落        上昇1,114/下落708

■マザーズ指数    1,105.44(+10.99)

■日経JQ       3,155.25(+8.63)

■ドル円       111.35

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発。朝方は小高く始まりましたが、北朝鮮をめぐる地政学リスクの高まりなどから下げに転じました。売り一巡後は押し目買いが入りプラス圏に浮上しましたが、積極的な売買は手控えられその後もみ合う展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、サービス業、食料品でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、鉱業、海運業となりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、下値も限定的の持ち合いとなった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、176.82ドル、+0.07%と小幅切り返し。


◆ 上海総合指数

2017/05/29(月) 10:31
 
本日の上海市場は休場です。


◆ 10時の概況

2017/05/29(月) 10:03
 
■日経平均      19,697.42(+10.58)

■日経平均先物    19,700(-10)

■TOPIX先物      1,571.50(+0.00)

■騰落        上昇1,106/下落707

■日経JQ       3,151.70(+5.08)

■マザーズ指数    1,101.71(+7.26)

■ドル円       111.36

■NYダウ夜間先物  +7

■指数大型      現値1,433.61  前日比+2.12

■指数中型      現値1,903.97  前日比+4.53

■指数小型      現値2,951.21  前日比+8.47


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/29(月) 09:15
 
おはようございます。
東京市場は一言!
もみ合いの時間軸に入った。
マーケットは不安材料を抱えながらも強気派、弱気派が対立し価格形成されるが、ここは素直に投資を。
明らかに感じる値動きを大切にするべきであり、日経平均がもみ合うならば我々が皆様にお伝えしたように、ここは素直に新興市場に目を向けるべきではなかろうか。
第2幕は緩やかに始まりどこかで資金集中の動きに入るだろうと我々は予想している。
そこで気になるのは2週間前にもお伝えした...

~以下会員ページ~


◆ 今週の予定

2017/05/29(月) 08:44
 
■国内(29日)
《決算発表》
アイ・ケイ・ケイ、プラネット、東和フード、大和コン、タカショー

■海外(29日)
休場:米(メモリアルデー)、英(バンクホリデー)、中国、台湾(~5/30、龍舟節)

■国内(30日)
4月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
4月家計調査(8:30)
2年国債入札

《決算発表》
スリープロ、菱洋エレク、ナガノ東

■海外(30日)
米4月個人所得・個人支出(21:30)
米3月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米5月CB消費者信頼感指数(23:00)
米5月ダラス連銀製造業活動(23:30)

休場:香港(ドラゴンボートフェスティバル)

■国内(31日)
4月鉱工業生産(8:50)
4月住宅着工件数(14:00)

《決算発表》
はてな、トリケミカル、パーク24、ACCESS

■海外(31日)
中国5月製造業PMI(10:00)
中国5月非製造業PMI(10:00)
中国財新5月製造業PMI(10:45)
ユーロ圏4月失業率(18:00)
米5月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
ベージュブック
ブラジル中銀政策金利発表

《米決算発表》
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ

■国内(6月1日)
1-3月期法人企業統計(8:50)
5月自動車販売台数(14:00)
10年国債入札

《決算発表》
伊藤園、ダイサン、不二電機、アルチザ、ピープル

■海外(6月1日)
米5月ADP雇用統計(21:15)
米4月建設支出(23:00)
米5月ISM製造業景況指数(23:00)

《米決算発表》
ダラー・ゼネラル

■国内(2日)
5月マネタリーベース(8:50)
5月消費者動向調査(14:00)

《決算発表》
モロゾフ、クリムゾン、ナトコ、共和工業、ゼネパッカー、巴工業、ハイレックス、ファースト住

■海外(2日)
米5月雇用統計(21:30)
米4月貿易収支(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ 釣り人

2017/05/29(月) 08:38
 
日経平均先物の現在の気配は19700
動きはありません。

ドル円111.29
北朝鮮のミサイル発射のニュースが今朝流れましたが、為替も安定しているというところ。
特別、先物の寄り付きで思うところはありません。

ザラ場中色々と書いていきます。


◆ 外資系の注文動向

2017/05/29(月) 08:29
 
 29日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り410万株、買い400万株で、差し引き10万株の売り越し。売り越し12営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、食品、銀行、自動車、保険など。
 買いセクターに、ゴム、その他製品、化学、サービス、電機、自動車、食品など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/29(月) 08:20
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19718円 +31円

朝の為替状況も今朝発射された北朝鮮、ミサイルの影響なく111円台前半での小動き。
本日も下値は限定的となって、推移するのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.24円 175ドルから178ドル

 19467円から19800円


◆ おはようございます

2017/05/29(月) 08:16
 
■NYダウ
 21,080.28 -2.67
■ナスダック
 6,210.19 +4.93
■CME225(円建て)
 19,705 -5(大証比)
■ドイツDAX
 12,602.18 -19.54
■上海総合指数
 3,110.06 +2.23
■ドル円
 111.23

 26日のNY市場はまちまち。連休を控えた利益確定売りや手じまい売りが優勢となりましたが、経済指標が予想を上回り、それを好感した買いが入るなど下値は固く相場を支えました。
 セクター別では、自動車・自動車部品やメディアが上昇する一方で不動産や医薬品・バイオテクノロジーが下落しました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>が堅調。半面、任天堂<7974>、SUBARU<7270>、日鉄住金<5401>、味の素<2802>が小安いなど、対東証比較(1ドル111.33円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/05/29(月) 07:42
 
2017/5/29  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.247% (前日比-0.009%)     1.294% (前日比+0.000%)
英国     1.012% (前日比-0.025%)     0.094% (前日比+0.006%)
ドイツ     0.331% (前日比-0.031%)     -0.683% (前日比-0.009%)
ポルトガル 3.144% (前日比-0.049%)     0.294% (前日比-0.003%)
イタリア    2.100% (前日比-0.019%)     -0.178% (前日比+0.001%)
ギリシャ   5.968% (前日比-0.078%)       -
スペイン    1.543% (前日比-0.041%)     -0.272% (前日比+0.009%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/05/28(日) 16:44
 
先週末のNYダウは2ドル安6連騰で途切れる・ナスダック4ポイント高相変わらず上値追いドル円111.30 日本時間夜8時過ぎ110.85までの円高を見ましたが引けは戻して少しの円高気味で終わっています。CME225円高を嫌気し夜8時過ぎ売られる場面はありましたが19705-5で終わっています。

ドル円が112円前後で膠着していますので日経平均先物は動きずらい日々となっています。釣り人は先物の短期売買を伝えていますが、膠着相場はすごく取りずらいです。30円50円のロスカットがかかり、100円取ろうにも値幅が動かない状況で厄介であります。

さて今週の展開ですがまず明日はNYメモリアルデーで休場イギリス中国も休み・・為替も日経もあまり動かずでしょうG7も終わり日経の解説を読んでみるとまずはテロ対策・開かれた市場の維持これに関してトランプ大統領が難色を示したため不公正な貿易は良くないと加えた・・。こんな感じです。

週末は米国雇用統計これは大きなポイントです。6月の利上げに対して内容で大きく取り上げられ議論されることになります。

今週の展望ですが読みづらいです。日経が20000円付けるか?19500円割れるか?どちらもすぐなりそうですがそれがどっちなのか?・・今現在はわかりません。場中思いがありましたら書いていきます。まずは個別株上がる株下がる株2極化が見えます。良い株の押し目狙いましょう~株のページではたくさん書きます。明日注目銘柄一つ増やす予定です。

先物は先ほど書いた通り苦労する小動きです。あまり長く続くとオプション(プレミアム)の売りでも始めたい感じです。

話は変わって最近株式用語で「テンバーガー」と言う言葉がはやっています。
もともとホームランバッターは4つのベースを取ることになりますから4バーガー・ベースはハンバーガーに似ている?これになぞって10倍になる株をテンバーガーと米国の運用担当者か投資家が名付けたというのが始まりみたいです。
良く日本ではかなり前のガンホー株にたとえられますが・・たぶんガンホー株の一番の出だしを書いたのは私だったと記憶してますが・・これでノルウエーとオーストラリアに住居をかまえた会員さんがいましたね。

さて日経に関しては様子見から始めます。個別株はまだまだ買い銘柄探していきます。

今週もよろしくお願いします。


◆ 大引け概況

2017/05/26(金) 15:33
 
■日経平均      19,686.84(-126.29)

■東証1部出来高    15.63億株

■東証1部売買代金   2.15兆円

■日経平均先物    19,710(-90)

■TOPIX        1,569.42(-9.00)

■騰落        上昇379/下落1,538

■マザーズ指数    1,094.45(+3.76)

■日経JQ       3,146.62(-0.82)

■ドル円       111.43

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は寄り付きから利益確定売りによる売り優勢となりました。円相場の小幅な値動きから売り一巡後の戻りも鈍く、安値圏でのもみ合いが続く展開となりました。
 後場に入ってからも新規材料が乏しく週末を控えたポジション調整売りが続くなど小動きとなりましたが、引けにかけて下げ幅を拡大し取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、パルプ・紙、水産・農林業。一方、値上がりしたのは、その他製品のみとなりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
後場は、利益確定の動きもあり引けにかけて下げ幅拡大となった。
今週は陽線で終わりました、引き続き来週も上昇できるのか見ていきます。

ドル換算ベースは、176.69ドル、-0.45%と下落となった。


◆ ご案内

2017/05/26(金) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/26(金) 14:02
 
■日経平均      19,745.54(-67.59)

■日経平均先物    19,720(-80)

■TOPIX先物      1,572.50(-5.00)

■騰落        上昇477/下落1,414

■日経JQ       3,145.43(-2.01)

■マザーズ指数    1,096.09(+5.40)

■ドル円       111.46

■NYダウ夜間先物  -17

■上海総合指数後場の寄り付き 3,111.69 前日比+3.85 +0.12%

■指数大型      現値1,435.40  前日比-2.86

■指数中型      現値1,903.68  前日比-8.57

■指数小型      現値2,949.87  前日比-17.13


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/26(金) 12:38
 
ランチバスケットは33件、414億円。
差引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/26(金) 11:48
 
■日経平均      19,762.11(-51.02)

■東証1部出来高    7.60億株

■東証1部売買代金   1.01兆円

■日経平均先物    19,730(-70)

■TOPIX        1,573.97(-4.45)

■騰落        上昇483/下落1,390

■マザーズ指数    1,092.24(+1.55)

■日経JQ       3,142.80(-4.64)

■ドル円       111.62

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。寄り付きから利益確定売りが優勢、円相場の小幅な値動きを受け、売り一巡後の戻りも鈍く小幅な値動きとなりました。その後も安値圏でのもみ合いが続き、午前の取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、パルプ・紙、水産・農林業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、鉄鋼、非鉄金属となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、下値も限定的な持ち合いとなった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.02ドル、-0.26%と小幅下落となった。
高値圏である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.21%

2017/05/26(金) 10:26
 
上海総合指数 3,101.29 前日比 -6.54 -0.21%


◆ 10時の概況

2017/05/26(金) 10:02
 
■日経平均      19,768.93(-44.20)

■日経平均先物    19,770(-30)

■TOPIX先物      1,574.50(-3.00)

■騰落        上昇509/下落1,309

■日経JQ       3,143.22(-4.22)

■マザーズ指数    1,086.53(-4.16)

■ドル円       111.80

■NYダウ夜間先物  -17

■指数大型      現値1,436.68  前日比-1.58

■指数中型      現値1,904.14  前日比-8.11

■指数小型      現値2,952.93  前日比-14.07


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/26(金) 09:10
 
おはようございます。
日経平均はもみ合い継続と予想している。
我々の相場レンジとして19×○○~19○○×円。このレンジ内でもみ合っていればトレンドからも問題ないと思っており、仮に1×○○×円を割り込むようならばそこは買い場と思っている。
ここではともかく新興市場であることを我々は予想しており8月くらいまでは第2幕継続と考えている。


本日の先物レンジ
19○○○~19×○○円
テーマ株や小型株相場は続く!


◆ 釣り人

2017/05/26(金) 08:38
 
日経平均先物現在の気配19780。
前日比20円安のところ。

ドル円111.71。
昨晩は円安に振れたんですが今現在は動かずのところ。

ニューヨークダウ70ドル高、6日連続高。
ナスダック新高値の42ポイント高の新高値。
もう一つ日本株が上値が重い感じ。
年金や事業法人が買い越しになってきているわけですが、イブニングでの上げも微々たるものでした。

さて、週末です。
なんとか頑張って良い週末を迎えましょう。
それではよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/26(金) 08:33
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19783円 -30円

NYは、ダウ平均は70.53ドル高の21082.95、ナスダックは42.23ポイント高の6205.26で取引を終了した。複数の主要小売決算が好感され、買いが先行。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、昨日のFOMC議事録を受けて、急激な金融引き締めに対する警戒感が後退し、終日堅調推移となった。S&P500、ナスダック総合指数が最高値を更新した。

日経ですが、昨日は海外動向を好感して続伸となった。
本日も海外動向に反応して買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.72円 175ドルから178ドル

 19551円から19886円


◆ 各国債券利回り

2017/05/26(金) 08:19
 
2017/5/26  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.255% (前日比+0.005%)     1.294% (前日比+0.012%)
英国     1.037% (前日比-0.035%)     0.088% (前日比-0.011%)
ドイツ     0.362% (前日比-0.041%)     -0.674% (前日比-0.020%)
ポルトガル 3.193% (前日比-0.037%)     0.297% (前日比-0.034%)
イタリア    2.119% (前日比-0.018%)     -0.179% (前日比+0.053%)
ギリシャ   6.046% (前日比-0.015%)       -
スペイン    1.584% (前日比-0.026%)     -0.281% (前日比-0.023%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 外資系の注文動向

2017/05/26(金) 08:16
 
 26日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り770万株、買い820万株で、差し引き50万株の買い越し。買い越し11営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、食品、陸運、小売、電機、銀行、化学、石油など。
 買いセクターに、小売、食品、情報通信、機械、建設、自動車、商社など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/26(金) 08:13
 
■国内(26日)
4月消費者物価指数(8:30)
4月企業向けサービス価格指数(8:50)

《決算発表》
DyDo、ウチダエスコ、内田洋、エイチ・アイエス

■海外(26日)
G7シチリア・サミット(~5/27)
米1-3月期GDP改定値(21:30)
米4月耐久財受注(21:30)

《米決算発表》
コストコホールセール、DXC・テクノロジー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/26(金) 08:10
 
■NYダウ
 21,082.95 +70.53
■ナスダック
 6,205.26 +42.24
■CME225(円建て)
 19,810 +10(大証比)
■ドイツDAX
 12,621.72 -21.15
■上海総合指数
 3,107.83 +43.75
■ドル円
 111.78

 25日のNY市場は上昇。複数の小売決算が好感され買い先行で始まりました。S&P500とナスダック総合指数が史上最高値を更新したことで相場全体の勢いを押し上げ、終日堅調推移となりました。
 セクター別では、運輸や小売が上昇する一方でエネルギーや自動車・自動車部品が下落しました。
 ADRの日本株は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ソニー<6758>など、対東証比較(1ドル111.83円換算)で全般小じっかりとなりました。


◆ 大引け概況

2017/05/25(木) 15:22
 
■日経平均      19,813.13(+70.15)

■東証1部出来高    16.77億株

■東証1部売買代金   2.22兆円

■日経平均先物    19,800(+60)

■TOPIX        1,578.42(+3.31)

■騰落        上昇817/下落1,039

■マザーズ指数    1,090.69(+2.59)

■日経JQ       3,147.44(+0.30)

■ドル円       111.67

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は小動きが続きましたが、先物に断続的な買いが入り、買い材料が出た銘柄や好業績が期待できる内需関連銘柄に買いが集まり底堅い動きとなりました。
 午後の取引は前場の終値から値を下げて始まり、その後は膠着感の強い値動きとなりました。
 
 業種別では、値下がり上位は、鉱業、鉄鋼、石油石炭製品。一方、値上がり上位は、電気・ガス業、倉庫運輸関連、情報・通信業となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数も続伸しました。

■桃太郎
後場は、小幅持ち合いとなり推移。
為替推移はドル安傾向であるが、日経はしっかりな展開。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.48ドル、+0.65%と切り返した。


◆ ご案内

2017/05/25(木) 14:49
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/25(木) 14:03
 
■日経平均      19,819.20(+76.22)

■日経平均先物    19,820(+80)

■TOPIX先物      1,579.00(+4.50)

■騰落        上昇918/下落958

■日経JQ       3,147.12(-0.02)

■マザーズ指数    1,089.57(+1.47)

■ドル円       111.65

■NYダウ夜間先物  +65

■上海総合指数後場の寄り付き 3,078.25 前日比+14.18 +0.46%

■指数大型      現値1,439.00  前日比+3.93

■指数中型      現値1,913.27  前日比+5.98

■指数小型      現値2,970.78  前日比+3.59


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/25(木) 12:38
 
ランチバスケットは17件、570.23億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/05/25(木) 11:51
 
■日経平均      19,849.10(+106.12)

■東証1部出来高    8.50億株

■東証1部売買代金   1.13兆円

■日経平均先物    19,840(+100)

■TOPIX        1,581.84(+6.73)

■騰落        上昇1,009/下落821

■マザーズ指数    1,087.89(-0.21)

■日経JQ       3,149.44(+2.30)

■ドル円       111.65

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は前日終値近辺でのもみ合いが続きましたが、株価指数先物に断続的な買いが入ったことから現物株にも買いが入り上げ幅を拡大しました。個別の買い材料が出た銘柄や堅調な業績が期待できる内需関連銘柄に買いが続き底堅い動きとなりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、情報・通信業、倉庫運輸関連、電気・ガス業でした。一方、値下がり上位は、鉱業、鉄鋼、食料品となりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎
前場は、持ち合いから買戻しかわかりませんが上昇となった。
為替推移には、リンク薄である。

ドル換算ベースは、177.79ドル +0.83%と切り返し。
アベノミクスの高値付近となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.29%

2017/05/25(木) 10:26
 
上海総合指数 3,055.34 前日比 -8.74 -0.29%


◆ 10時の概況

2017/05/25(木) 10:01
 
■日経平均      19,752.11(+9.13)

■日経平均先物    19,740(±0)

■TOPIX先物      1,576.00(+1.50)

■騰落        上昇866/下落968

■日経JQ       3,151.70(+4.56)

■マザーズ指数    1,088.65(+0.55)

■ドル円       111.60

■NYダウ夜間先物  +6

■指数大型      現値1,434.91  前日比-0.16

■指数中型      現値1,909.06  前日比+1.77

■指数小型      現値2,971.08  前日比+3.89


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/25(木) 09:14
 
おはようございます。
日経平均は想定の範囲内でのもみ合い。25日の騰落レシオが気になる投資家も多いだろうが下がりそうで下がらない(笑)
我々的に多少の調整はあるだろうが誤差の範囲内での調整を想定しており、日経平均は6月高値となるだろうと思っている。
そして暫く調整し年末にかけてまた高値をとるような気がしてならない。

さて、ここでのもみ合いから投資家達は新興市場などの小型株に資金を向けると予想している。
そこで新興市場から面白そうな銘柄候補としては...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/05/25(木) 08:39
 
日経平均先物現在の気配は19730。
前日比10円安のところ。

ドル円111.56。
昨晩気持ち円高に振れましたが大した値動きではありません。

ニューヨークダウ5連騰。
利上げがあるかないか、ないとすれば買いとでるのでしょうか?
あるとすればそれでも買いとでるのでしょうか。
大したものです。

日本市場、減収でも利益が高まっているということが日経新聞に大きく書かれています。
独自で強い株価となる日がくればありがたいことです。

本日も材料株相場となります。
釣り人は9時から11時まで社用で外出します。
どうぞよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/25(木) 08:23
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19745円 変わらず。

NYは、ダウ平均は74.51ドル高の21012.42、ナスダックは24.31ポイント高の6163.02で取引を終了した。朝方は買いが先行したものの、FOMC議事録の発表を午後に控えて上値の重い展開となった。FOMC議事録では、関係者の多くが年内のバランスシート縮小を支持したほか、早期の追加利上げが適切との見方を示したことが明らかとなった。発表後は、バランスシートの縮小ペースが比較的緩やかであることが好感され上昇した。S&P500が最高値を更新。

日経ですが、昨日は為替の下支えもあり戻り高値持ち合いとなった。
本日は、議事録後、ドル安傾向となっているが高値持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.60円 175ドルから178ドル

 19530円から19864円


◆ 外資系の注文動向

2017/05/25(木) 08:17
 
25日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り660万株、買い1150万株で、差し引き490万株の買い越し。買い越し10営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、REIT、機械、電機、化学、空運、小売、陸運など。
買いセクターに、小売、サービス、電機、通信、精密、食品、自動車、銀行、保険、薬品、情報通信、その他製品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/25(木) 08:15
 
■国内(25日)
40年国債入札

■海外(25日)
英1-3月期GDP改定値(17:30)
石油輸出国機構(OPEC)総会(ウィーン)
北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(ブリュッセル)
米7年国債入札

《米決算発表》
ダラーツリー、ベストバイ、ホーメルフーズ、パターソン

休場:アルゼンチン、インドネシア、スイス、オーストリア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/25(木) 08:12
 
■NYダウ
 21,012.42 +74.51
■ナスダック
 6,163.02 +24.31
■CME225(円建て)
 19,725 -15(大証比)
■ドイツDAX
 12,642.87 -16.28
■上海総合指数
 3,064.08 +2.13
■ドル円
 111.61

 24日のNY市場は上昇。買い先行で始まりましたが、FOMC議事録を発表を控え主要指数は前日終値水準で揉み合いの動き。FOMC議事録発表後は、緩やかに利上げやFRBの資金圧縮が進むとの見方が強まり、期待感から上昇となりました。
 セクター別では、消費者・サービスやメディアが上昇する一方で電気通信サービスやエネルギーが下落しました。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、ソニー<6758>、ファーストリテイ<9983>、日鉄住金<5401>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、日東電<6988>が冴えないなど、対東証比較(1ドル111.53円換算)で高安まちまちでした。


◆ 各国債券利回り

2017/05/25(木) 08:06
 
2017/5/25  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.250% (前日比-0.030%)     1.282% (前日比-0.021%)
英国     1.072% (前日比-0.010%)     0.099% (前日比-0.008%)
ドイツ     0.403% (前日比-0.007%)     -0.654% (前日比-0.009%)
ポルトガル 3.230% (前日比+0.059%)     0.331% (前日比+0.015%)
イタリア    2.137% (前日比+0.015%)     -0.232% (前日比+0.000%)
ギリシャ   6.061% (前日比+0.275%)       -
スペイン    1.610% (前日比-0.008%)     -0.258% (前日比-0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/24(水) 15:28
 
■日経平均      19,742.98(+129.70)

■東証1部出来高    17.28億株

■東証1部売買代金   2.22兆円

■日経平均先物    19,740(+100)

■TOPIX        1,575.11(+9.89)

■騰落        上昇1,427/下落466

■マザーズ指数    1,088.10(+10.22)

■日経JQ       3,147.14(+19.27)

■ドル円       111.96

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は米国株高や長期金利上昇を好感した円安ドル高を受け買いが先行。その後は円下げ渋りで買いの勢いが鈍り上げ幅を縮小し、膠着感の強い相場展開となりました。
 後場は午前の流れを引き継ぎ小幅もみ合いとなりました。新規の手掛かり材料に乏しく、海外の重要イベントを控えていることもあり積極的な売買を見送るムードとなりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、海運業、証券商品先物。一方、値下がりしたのは、医薬品、情報・通信業のみとなりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
後場は、ドル高傾向ですが小動きとなった。
今晩のFOMC議事録後の展開次第。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、176.34ドル、-0.22%と下落となった。


◆ ご案内

2017/05/24(水) 14:47
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/24(水) 14:03
 
■日経平均      19,715.40(+102.12)

■日経平均先物    19,720(+80)

■TOPIX先物      1,572.50(+4.50)

■騰落        上昇1,281/下落588

■日経JQ       3,143.63(+15.76)

■マザーズ指数    1,088.05(+10.17)

■ドル円       111.85

■NYダウ夜間先物  -13

■上海総合指数後場の寄り付き 3,051.20 前日比-10.75 -0.35%

■指数大型      現値1,433.15  前日比+6.99

■指数中型      現値1,903.78  前日比+8.35

■指数小型      現値2,962.40  前日比+15.37


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/24(水) 12:33
 
ランチバスケットは40件、469.14億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/24(水) 11:42
 
■日経平均      19,707.87(+94.59)

■東証1部出来高    8.62億株

■東証1部売買代金   1.05兆円

■日経平均先物    19,720(+80)

■TOPIX        1,572.85(+7.63)

■騰落        上昇1,284/下落557

■マザーズ指数    1,085.41(+7.53)

■日経JQ       3,140.05(+12.18)

■ドル円       111.82

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。寄り付きから23日の米国株高や長期金利上昇を好感した円安ドル高を受け買いが先行、輸出関連株を中心に業績改善を期待した買いが膨らみました。その後は円下げ渋りで買いの勢いが鈍り上げ幅を縮小、内需銘柄に買いが集まり午前の取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、海運業、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、情報・通信業、金属製品、建設業となりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は高寄り後利益確定の動きもあり、上げ幅縮小。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、176.29ドル、-0.25%と下落


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.47%

2017/05/24(水) 10:26
 
上海総合指数 3,047.57 前日比 -14.38 -0.47%


◆ 10時の概況

2017/05/24(水) 10:02
 
■日経平均      19,725.32(+112.04)

■日経平均先物    19,720(+80)

■TOPIX先物      1,572.50(+4.50)

■騰落        上昇1,370/下落474

■日経JQ       3,141.37(+13.50)

■マザーズ指数    1,084.00(+6.12)

■ドル円       111.84

■NYダウ夜間先物  -11

■指数大型      現値1,433.24  前日比+7.08

■指数中型      現値1,905.53  前日比+10.10

■指数小型      現値2,960.77  前日比+13.74


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/24(水) 09:12
 
おはようございます。

東京市場は我々の目には上手に調整しているようにみえる。
確かに25日の騰落レシオはやや過熱感はあるが中身が素晴らしい!
調整するものは調整し、内需関連にシフトしたりと我々としては資金循環は良好に見える。
また新興市場第2幕はゆっくり着実に進んでおり、この調子ならばそろそろどこかでアクセルを踏む日が来るだろう!
その中核となる銘柄が何になるのか?非常に興味深いものがある。


本日の先物レンジ..

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/05/24(水) 08:40
 
日経平均先物の現在の気配は19750。
前日比110円高のところです。

ドル円111.88。
昨晩のドル高円安を引き継いでいます。

ニューヨークダウ4日続伸。
予想していたより堅調です。
米国の10年国債2.2%と上昇しドル高円安に向かったわけですが、今日しっかり終わると日経平均の2週間の連続下落はないかもしれないという状況になります。
5月18日の安値19450円あたりを起点とした上げが始まるのか、考えていくこととなります。

それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/24(水) 08:18
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19760ドル +146円

NYは、ダウ平均は43.08ドル高の20937.91、ナスダックは5.09ポイント高の6138.71で取引を終了した。3月マークイット米国製造業PMIや4月新築住宅販売件数が予想を下回り、寄付き後から上げ幅を縮小したものの、米国債利回りの上昇が好感され金融セクターに買いが集まった。しかし、明日のFOMC議事録を見極めたいとの思惑や、英国で発生したテロへの警戒感などから上値は限られた。

日経ですが、昨日は持ち合いでの推移となった。
本日は、ドル高からギャップアップから始まり買い進まれるのか見ていきます。
下げたくない相場が続いている。

想定レンジ、為替、111.80円 175ドルから178ドル

 19565円から19904円


◆ 外資系の注文動向

2017/05/24(水) 08:14
 
 24日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り770万株、買い1320万株で、差し引き550万株の買い越し。買い越し9営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、自動車、食品、精密、不動産、情報通信、小売、化学など。
 買いセクターに、自動車、電機、小売、化学、食品、陸運、機械、精密など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/24(水) 08:11
 
■国内(24日)
日銀は国際コンファランスを開催。黒田総裁が挨拶、バーナンキ前FRB議長が講演(~5/25)

■海外(24日)
米3月FHFA住宅価格指数(22:00)
米4月中古住宅販売件数(23:00)
5月2・3日開催のFOMC議事録(5/25 3:00)
米5年国債入札

《米決算発表》
ティファニー、ロウズ・カンパニーズ、HP、ネットアップ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/24(水) 08:07
 
■NYダウ
 20,937.91 +43.08
■ナスダック
 6,138.71 +5.09
■CME225(円建て)
 19,770 +130(大証比)
■ドイツDAX
 12,659.15 +39.69
■上海総合指数
 3,061.95 -13.73
■ドル円
 111.8

 23日のNY市場は上昇しました。3月マークイット米国製造業PMIや4月新築住宅販売件数が予想を下回り、寄付き後から上げ幅を縮小したものの、米長期金利の上昇を受け収益が改善するとの見方から金融株に買いが集まりました。しかし英国で発生したテロへの警戒感などから上値は限られました。
 セクター別では、銀行や保険が上昇する一方で小売や半導体・半導体製造装置が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、SUBARU<7270>、三井住友<8316>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル111.78円換算)で全般堅調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/05/24(水) 07:50
 
2017/5/24  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.280% (前日比+0.026%)     1.303% (前日比+0.021%)
英国     1.082% (前日比-0.006%)     0.107% (前日比+0.003%)
ドイツ     0.410% (前日比+0.013%)     -0.645% (前日比+0.029%)
ポルトガル 3.171% (前日比+0.019%)     0.316% (前日比+0.000%)
イタリア    2.122% (前日比-0.016%)     -0.232% (前日比+0.004%)
ギリシャ   5.786% (前日比+0.134%)       -
スペイン    1.618% (前日比-0.005%)     -0.252% (前日比+0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/23(火) 15:23
 
■日経平均      19,613.28(-65.00)

■東証1部出来高    15.43億株

■東証1部売買代金   2兆円

■日経平均先物    19,640(-30)

■TOPIX        1,565.22(-2.43)

■騰落        上昇978/下落904

■マザーズ指数    1,077.88(+4.17)

■日経JQ       3,127.87(+2.32)

■ドル円       111.03

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は売りが先行。前日の米国株高や原油高が支えになり下値は限られましたが、英国の爆発報道を受け小動きが続く展開となりました。
 後場は円相場が111円台前半で鈍い動きとなるなど積極的な売買を見送るムードとなりましたが、引けにかけて徐々に下げ幅を広げました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、空運業、保険業でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、その他金融業、その他製品となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
後場はリスク回避の動きもあり、引けにかけては下げ幅拡大となった。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、176.73ドル、+0.14%と続伸。


◆ ご案内

2017/05/23(火) 14:44
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/23(火) 14:02
 
■日経平均      19,660.85(-17.43)

■日経平均先物    19,660(-10)

■TOPIX先物      1,568.00(+1.50)

■騰落        上昇1,092/下落754

■日経JQ       3,130.16(+4.61)

■マザーズ指数    1,077.40(+3.69)

■ドル円       111.16

■NYダウ夜間先物  -3

■上海総合指数後場の寄り付き 3,071.74 前日比-3.93 -0.13%

■指数大型      現値1,428.61  前日比-1.44

■指数中型      現値1,899.83  前日比+3.58

■指数小型      現値2,952.02  前日比+9.73


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/23(火) 12:34
 
ランチバスケットは23件、321.33億円。
差引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/23(火) 11:48
 
■日経平均      19,653.96(-24.32)

■東証1部出来高    7.56億株

■東証1部売買代金   0.97兆円

■日経平均先物    19,650(-20)

■TOPIX        1,567.98(+0.33)

■騰落        上昇1,073/下落785

■マザーズ指数    1,077.21(+3.50)

■日経JQ       3,132.55(+7.00)

■ドル円       111.11

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。寄り付き直後から売りが先行。22日の米国株高や原油高が支えとなり下値は限られましたが、英コンサート会場での爆発報道が心理的な重荷となり上値の重い展開になりました。前日の終値近辺での小動きが続き、午前の取引を終えました。
 
 業種別では、値上がり上位は、食料品、その他金融業、水産・農林業。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、空運業、保険業となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数も続伸しました。

■桃太郎
前場は下値も限定的の持ち合い。
小動きとなってます。

ドル換算ベースは、176.85ドル、+0.21%続伸。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.20%

2017/05/23(火) 10:27
 
上海総合指数 3,069.39 前日比 -6.29 -0.20%


◆ 10時の概況

2017/05/23(火) 10:02
 
■日経平均      19,677.72(-0.56)

■日経平均先物    19,680(+10)

■TOPIX先物      1,569.00(+2.50)

■騰落        上昇1,077/下落735

■日経JQ       3,128.09(+2.54)

■マザーズ指数    1,076.62(+2.91)

■ドル円       111.15

■NYダウ夜間先物  -18

■指数大型      現値1,429.35  前日比-0.70

■指数中型      現値1,901.79  前日比+5.54

■指数小型      現値2,953.35  前日比+11.06


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/23(火) 09:09
 
おはようございます。

東京市場はどうも投資家達が様々なリスクを気にしているようだ。
いや、我々には少し気にし過ぎにも思われるが・・・・
またOPEC総会などイベントを前に売買を控えているようで昨日の売買代金は今月最低の2兆円割れ。
方向感乏しいマーケットとなっているが、意外と高値更新銘柄も存在し先日もお伝えしたが「森をみるより木」の相場になっているのは明白である。
トレンドを大事に業績に裏付けがあるような銘柄や、テーマ株はまだまだ始まったばかりに思われる。

さてここで私が信頼しているマーケット関係者から...

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/05/23(火) 08:43
 
日経平均先物現在の気配は19650
高く始まれば三空の上げとなったわけですが、安く始まりますからそうはなりません。
寄り付きで過熱感が途切れるということです。

ドル円110.96。
ここ2、3日4月のドル安、5月上旬のドル高の半値押し辺りで小動きとなっております。

ニューヨークダウ89ドル高。
3日続伸、昨日も反落の可能性を伝えたわけですが、外れてそこそこ高い値段となりました。
ドル安ですからハイテク株に買いが入ったみたいです。
4日続伸があるかどうか気になるところですが、それは後場にします。

本日も個別株勝負、どうぞよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/05/23(火) 08:13
 
 23日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り570万株、買い800万株で、差し引き230万株の買い越し。買い越し8営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、精密、電機、自動車、情報通信、陸運、食品、機械など。
 買いセクターに、食品、サービス、自動車、小売、機械、電機、証券、薬品、精密など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/23(火) 08:11
 
■国内(23日)
3月全産業活動指数(13:30)

■海外(23日)
独5月Ifo景況感指数(17:00)
米5月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米4月新築住宅販売(23:00)
米4月北米半導体製造装置BBレシオ(5/24 7:00)
米2年国債入札

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/05/23(火) 08:10
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19663円 -16円

NYは、ダウ平均は89.99ドル高の20894.83、ナスダックは49.92ポイント高の6133.62で取引を終了した。原油相場の上昇を受けて買いが先行。トランプ大統領が外遊先のサウジアラビアで約1100億ドル相当の兵器売却で合意し、防衛関連株を中心に買いが広がり、終日堅調推移となった。

日経ですが、昨日は切り返しから終始小動きの高値持ち合いとなった。
本日は、ユーロ高からドル安傾向ですが持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.10円 174ドルから178ドル

 193334円から19775円


◆ おはようございます

2017/05/23(火) 08:08
 
■NYダウ
 20,894.83 +89.99
■ナスダック
 6,133.62 +49.92
■CME225(円建て)
 19,685 +15(大証比)
■ドイツDAX
 12,619.46 -19.23
■上海総合指数
 3,075.68 -14.95
■ドル円
 111.06

22日のNY市場は上昇しました。原油相場の上昇を受けて買いが先行。トランプ大統領が外遊先のサウジアラビアへ約1100億ドル相当の兵器を売却することに合意し、恩恵を受ける防衛関連株を中心に買いが広がり堅調推移となりました。
セクター別では、半導体・半導体製造装置や自動車・自動車部品が上昇する一方でエネルギーや医薬品・バイオテクノロジーが下落しました。
ADRの日本株はトヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ルネサス<6723>が冴えない他は、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル111.29円換算)で全般小じっかりとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/05/23(火) 07:53
 
2017/5/23  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.254% (前日比+0.019%)     1.283% (前日比+0.012%)
英国     1.088% (前日比-0.005%)     0.104% (前日比-0.011%)
ドイツ     0.397% (前日比+0.029%)     -0.674% (前日比+0.003%)
ポルトガル 3.152% (前日比-0.031%)     0.316% (前日比-0.003%)
イタリア    2.138% (前日比+0.001%)     -0.236% (前日比+0.003%)
ギリシャ   5.652% (前日比-0.043%)       -
スペイン    1.623% (前日比+0.044%)     -0.260% (前日比+0.017%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/22(月) 15:28
 
■日経平均      19,678.28(+87.52)

■東証1部出来高    14.67億株

■東証1部売買代金   1.92兆円

■日経平均先物    19,670(+70)

■TOPIX        1,567.65(+7.92)

■騰落        上昇1,354/下落531

■マザーズ指数    1,073.71(+16.26)

■日経JQ       3,125.55(+30.24)

■ドル円       111.50

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は買い先行で始まりましたが、依然として決着のついていない米大統領とロシアの不透明な関係のリスクを見極めたいと徐々に上昇幅を縮めました。
 後場は新規の手掛かり材料が乏しく、上値の重い展開となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、その他金融業、不動産業。一方、値下がりしたのは、海運業、医薬品のみとなりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数も続伸しました。

■桃太郎
後場も持ち合いとなりトレンドレスであった。
ポイントの範囲内での推移が長い。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、続伸の176.49ドル、+0.36%であった。


◆ ご案内

2017/05/22(月) 14:42
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/22(月) 14:03
 
■日経平均      19,669.93(+79.17)

■日経平均先物    19,670(+70)

■TOPIX先物      1,566.00(+6.50)

■騰落        上昇1,366/下落518

■日経JQ       3,124.41(+29.10)

■マザーズ指数    1,070.19(+12.74)

■ドル円       111.52

■NYダウ夜間先物  +26

■上海総合指数後場の寄り付き 3,083.69 前日比-6.94 -0.22%

■指数大型      現値1,428.45  前日比+6.44

■指数中型      現値1,894.89  前日比+5.70

■指数小型      現値2,941.78  前日比+16.83


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/22(月) 12:36
 
ランチバスケットは21件、211.59億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/05/22(月) 11:50
 
■日経平均      19,649.24(+58.48)

■東証1部出来高    7.24億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    19,640(+40)

■TOPIX        1,565.19(+5.46)

■騰落        上昇1,295/下落573

■マザーズ指数    1,070.01(+12.56)

■日経JQ       3,120.63(+25.32)

■ドル円       111.52

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。週末の米国株高が投資家心理の改善につながり買いが先行しましたが、トランプ大統領とロシアの不透明な関係を巡る政治の混乱で、リスクを見極めたいとの思惑から上昇幅を縮めました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、保険業、その他金融業でした。一方、値下がり上位は、海運業、医薬品、繊維製品となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数も続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後持ち合い。
相変わらずザラバはトレンドレスとなっている。

ドル換算ベースは、続伸の176.16ドル、+0.17%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.11%

2017/05/22(月) 10:26
 
上海総合指数 3,087.17 前日比 -3.46 -0.11%


◆ 10時の概況

2017/05/22(月) 10:02
 
■日経平均      19,632.95(+42.19)

■日経平均先物    19,630(+30)

■TOPIX先物      1,562.50(+3.00)

■騰落        上昇1,041/下落796

■日経JQ       3,120.10(+24.79)

■マザーズ指数    1,068.33(+10.88)

■ドル円       111.48

■NYダウ夜間先物  +13

■指数大型      現値1,426.48  前日比+4.47

■指数中型      現値1,890.16  前日比+0.97

■指数小型      現値2,929.92  前日比+4.97


◆ 4月の貿易収支、黒字4817億円 黒字は3ヶ月連続

2017/05/22(月) 09:25
 
財務省が22日発表した4月の貿易収支は4817億円の黒字となった。
貿易黒字は3ヶ月連続。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/22(月) 09:10
 
おはようございます。

日経平均は20000円に接近にして調整局面、我々的にはマーケットは素直に調整しているように思われる。
株式投資をしていると買ったら直ぐに上昇して欲しいだろうし、空売りすれば直ぐに下がって欲しいものだ。
しかし、マーケットは自分が描くストリー通りに動く訳はない。
今朝は、我々の所に○○×○(東○:○○××)の今後の行方について意見を求められた。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/05/22(月) 08:41
 
おはようございます、今週もよろしくお願い致します。
日経平均先物の現在の気配は19680円。
CME225終値通りの寄り付きとなりそうです。

ドル円111.30。
日本時間に入り少し円安に振れてます。
今のところ北朝鮮の昨日夕方のミサイル発射は影響しておりません。
ただ日経平均の上値追いは大きくないものと考えます。
個別株勝負という感じでしょう。

それでは1週間スタッフ一同頑張っていきます、よろしくお願い致します。


◆ 今週の予定

2017/05/22(月) 08:25
 
■22(月)
【国内】
4月貿易統計(8:50)

《決算発表》
アジア開発

【海外】
米4月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)

《米決算発表》
アジレント・テクノロジー
休場:カナダ

■23(火)
【国内】
3月全産業活動指数(13:30)

【海外】
独5月Ifo景況感指数(17:00)
米5月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米4月新築住宅販売(23:00)
米2年国債入札

■24(水)
【国内】
日銀は国際コンファランスを開催。黒田総裁が挨拶、バーナンキ前FRB議長が講演(~5/25)
5月月例経済報告

【海外】
米3月FHFA住宅価格指数(22:00)
米4月中古住宅販売件数(23:00)
5月2・3日開催のFOMC議事録(5/25 3:00)
米5年国債入札

《米決算発表》
ティファニー、ロウズ・カンパニーズ、HP、ネットアップ

■25(木)
【国内】
40年国債入札

【海外】
英1-3月期GDP改定値(17:30)
石油輸出国機構(OPEC)総会(ウィーン)
北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(ブリュッセル)
米EU首脳会談、米仏首脳会談(ブリュッセル)
米7年国債入札

《米決算発表》
ダラーツリー、ベストバイ、ホーメルフーズ、パターソン

《中国決算発表》
レノボ・グループ
休場:アルゼンチン、インドネシア、スイス、オーストリア

■26(金)
【国内】
4月消費者物価指数(8:30)
4月企業向けサービス価格指数(8:50)

《決算発表》
DyDo、ウチダエスコ、内田洋、エイチ・アイエス

【海外】
G7シチリア・サミット(~5/27)
米1-3月期GDP改定値(21:30)
米4月耐久財受注(21:30)

《米決算発表》
コストコホールセール、DXC・テクノロジー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ 外資系の注文動向

2017/05/22(月) 08:14
 
 22日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り350万株、買い550万株で、差し引き200万株の買い越し。買い越し7営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、機械、小売、不動産、薬品、電力、ガス、情報通信、自動車など。
 買いセクターに、不動産、食品、自動車、機械、精密、建設、商社、電機、銀行など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/22(月) 08:08
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19673円 +82円

現在、為替推移は、多少北朝鮮問題でリスク回避の動きから円高傾向。
本日も買い支えから買戻しとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.17円 175ドルから178ドル

 19454円から19788円


◆ おはようございます

2017/05/22(月) 08:06
 
■NYダウ
 20,804.84 +141.82
■ナスダック
 6,083.70 +28.57
■CME225(円建て)
 19,685 +85(大証比)
■ドイツDAX
 12,638.69 +48.63
■上海総合指数
 3,090.63 +0.49
■ドル円
 111.26

 19日の米国株式相場は上昇。原油相場が1バレル50ドルを超す上昇となり買いが先行しました。政治の混迷を嫌気した株売りがかさむ場面もありましたが、司法省がロシアへの情報漏洩疑惑に関する捜査指揮に特別検察官を任命したことを受け、終日堅調推移となりました。
 セクター別では医薬品・バイオテクノロジーを除いて全面高となり、資本財やエネルギーの上昇が目立った。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>、京セラ<6971>、資生堂<4911>など、対東証比較(1ドル111.26円換算)で全般堅調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/05/22(月) 08:03
 
2017/5/22  7時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.235% (前日比+0.005%)     1.270% (前日比+0.002%)
英国     1.093% (前日比+0.035%)     0.115% (前日比+0.008%)
ドイツ     0.368% (前日比+0.025%)     -0.677% (前日比+0.018%)
ポルトガル 3.183% (前日比-0.020%)     0.319% (前日比-0.005%)
イタリア    2.137% (前日比-0.011%)     -0.239% (前日比+0.008%)
ギリシャ   5.695% (前日比-0.060%)       -
スペイン    1.579% (前日比+0.012%)     -0.277% (前日比+0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/05/21(日) 11:09
 
週末のNYダウは141ドル高・真近高値と安値のほぼ半値戻しナスダック28ポイント高これも半値戻し ドル円11.26 ドル円に関しては円安に振れたわけではありませんがNY高でCME225・19685+85

先週日経平均は当初の予測通り300円近い下落となりました。4週連続の上げそして上げのピッチが速すぎる・・との解説をしました。ところが火曜日の大幅高で迷いが発生し良くない解説となりました・・残念です。
良くテクニカルとファンダメンタルどちらが指標として先行きの売買に有効か?!!との問いがずーと昔から議論されています。

私は短期的にはテクニカルが有利・長期はファンダメンタルである・と考えます。それでは長期とはどのくらいを指すのか?1週間じゃないでしょう~3か月それとも1年なのか?あるいは5年??10年?人さまざまです。

ちょっと話がそれますが、長期で見ると日本株かなり高いと考えます。それは国の方針であり証券会社やその他の金融機もそれに沿った対応となっていくからです。イギリスや米国どうして個人投資家が投信にせよ個別株にせよ市場を意識した生活をほとんどの国民が送っているのか?日本より半強制的に市場に向き合う仕組みができてるからです。年金に対しての意識改革がかなり日本は遅れているわけです。NISAの更なる税制優遇・401k(確定拠出年金)などはさらに浸透していくでしょう。

話を戻して東証1部銘柄のチャートをいつものようにすべて見るのですが、今週は本決算の発表後の週ということで日経平均が少しくらい上に下にぶれようが決算内容の良し悪しで個別株大いに動いています。日経平均の下落に関係なく棒上げしている銘柄沢山あります。棒下げもあります・・・
そういう意味では個別株勝負の先週でした。

さて日本を取り巻くファンダメンタル(今回は外部要因が主)沢山ありすぎるほどです。トランプ政権月末以降には前FBI長官の議会証言がありそうです。米国利上げの可能性が危うくなってきて円安の動きは止まっています・・・
チャートからの私の予想は月曜日高寄りしそうですが、今週も週足陰線と考えます。ただ19400を割るような下げが来ると反発し下髭となり次の展開を待つ週となる。個別株にそれほど影響するような下げはない・・・こんな想像です。

場中色々書いていきます。どうぞご覧ください。個別株はある意味中長期(週足での解説)、先物売買は極端に短期売買となります。五分足での解説であります。


◆ 大引け概況

2017/05/19(金) 15:28
 
■日経平均      19,590.76(+36.90)

■東証1部出来高    19.08億株

■東証1部売買代金   2.4兆円

■日経平均先物    19,600(+30)

■TOPIX        1,559.73(+4.72)

■騰落        上昇1,090/下落804

■マザーズ指数    1,057.45(+0.27)

■日経JQ       3,095.31(+25.34)

■ドル円       111.34
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は高く寄り付きましたが米政権への不透明感が払拭されず下げに転換、マイナス圏で推移しました。
 後場は日銀によるETF買いが入ったとの観測が広がり上昇に転じましたが、週末前で様子見ムードが強く小動きとなりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、保険業、証券商品先物、鉱業でした。一方、値下がり上位は、サービス業、電気・ガス業、その他製品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数も反発しました。

■桃太郎
後場は、買戻しからプラス圏まで上昇した。
4週連続陽線から今週はリスク回避の動きから陰線となった。
来週も上値は重いのか見ていきます。

ドル換算ベースは、175.86ドル、+0.05%となった。


◆ ご案内

2017/05/19(金) 14:48
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/19(金) 14:02
 
■日経平均      19,582.94(+29.08)

■日経平均先物    19,580(+10)

■TOPIX先物      1,560.00(+3.50)

■騰落        上昇986/下落869

■日経JQ       3,091.28(+21.31)

■マザーズ指数    1,056.06(-1.12)

■ドル円       111.39

■NYダウ夜間先物  +4

■上海総合指数後場の寄り付き 3,087.94 前日比-2.20 -0.07%

■指数大型      現値1,422.27  前日比+7.71

■指数中型      現値1,887.15  前日比-3.17

■指数小型      現値2,922.41  前日比+2.84


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/19(金) 12:35
 
ランチバスケットは15件、151.94億円。
差し引き50億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/19(金) 11:45
 
■日経平均      19,523.27(-30.59)

■東証1部出来高    8.90億株

■東証1部売買代金   1.08兆円

■日経平均先物    19,530(-40)

■TOPIX        1,553.85(-1.16)

■騰落        上昇752/下落1,110

■マザーズ指数    1,065.13(+7.95)

■日経JQ       3,090.44(+20.47)

■ドル円       111.16

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。18日の米国株高や円高一服を支えに高く寄り付きましたが、米大統領選を巡る問題から景気刺激策の実施が遅れるのではと下げに転換。その後は円下げ渋りもありマイナス圏で推移しました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気・ガス業、倉庫運輸関連、サービス業でした。一方、値上がり上位は、保険業、証券商品先物、鉱業となりました。

 TOPIXは続落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は、昨日の範囲内の持ち合いとなった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、175.64ドル、-0.07%である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.11%

2017/05/19(金) 10:26
 
上海総合指数 3,086.71 前日比 -3.43 -0.11%


◆ 10時の概況

2017/05/19(金) 10:01
 
■日経平均      19,517.11(-36.75)

■日経平均先物    19,520(-50)

■TOPIX先物      1,550.00(-6.00)

■騰落        上昇638/下落1,217

■日経JQ       3,087.08(+17.11)

■マザーズ指数    1,063.62(+6.44)

■ドル円       111.30

■NYダウ夜間先物  -6

■指数大型      現値1,413.70  前日比-0.86

■指数中型      現値1,879.85  前日比-10.47

■指数小型      現値2,910.97  前日比-8.60


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/19(金) 09:39
 
おはようございます。

トランプ大統領への不信感からマーケットは荒れた!
ただ問題となっている特別検察官に任命されたモラー氏から決定的な証拠が出てくるかが焦点であるが・・・・・
我々としては極めて難しいのではないかと思っている。
日本株は良好なファンダメンタルズが日経平均を支えてくるのではなかろうか。
さて、ここで4月末にお伝えした...

~以下会員ページ~


◆ 2017年4月首都圏マンション発売戸数、38.6%増 3ヶ月連続増

2017/05/19(金) 09:24
 
不動産経済研究所(東京・新宿)が18日発表した2017年4月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比38.6%増の2741戸だった。3カ月連続で前年実績を上回った。
契約戸数は1817戸で、月間契約率は0.1ポイント低下の66.3%だった。17年5月の発売戸数は3000戸前後の見通し。(5/18 16:23)


◆ 釣り人

2017/05/19(金) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19570。
前日比変わらずの所です。

昨晩のイブニングの先物は大きく揺れました。
ドル円111.36。
4月の安値、そして5月の高値の半値押しあたりで米ドルは推移しています。
ニューヨークダウ小反発で56ドル高。
ナスダックも反発、43ポイント高。

さて19300円タッチでイブニングは戻ったわけですが、日経平均の押し目は止まるのか。
週末ですがそのあたりで思いを書いていきます。
どうぞご覧下さい。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/19(金) 08:23
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19598円 +44円

NYは、ダウ平均は56.09ドル高の20663.02、ナスダックは43.89ポイント高の6055.13で取引を終了した。朝方はトランプ政権を巡る先行き不透明感からもみ合う展開となったが、週間新規失業保険申請件数や4月景気先行指数が堅調な内容となり上昇。ハイテク株が選好されたほか、昨日の株価急落を受けた買い戻しも入り、上げ幅を拡大した。

日経ですが、昨日も買い支えが入り下値は限定的に推移した。
本日もドル高から高寄り後、戻すことができるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.39円 173ドルから177ドル

 19270円から19716円


◆ 外資系の注文動向

2017/05/19(金) 08:12
 
 19日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り680万株、買い1220万株で、差し引き540万株の買い越し。買い越し6営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、サービス、自動車、銀行、証券、情報通信、薬品など。
 買いセクターに、自動車、電機、サービス、REIT、精密、機械、建設など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/19(金) 08:10
 
■国内(19日)
4月訪日外客数

《決算発表》
光通信、東京海上、東北新社、TYK、チヨダウーテ、フリージアマク、アンドール、テクノセブン、アイレックス、シダックス、SOMPOHD、MS&AD

■海外(19日)
《米決算発表》
ディア、フット・ロッカー

休場:トルコ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/19(金) 08:07
 
■NYダウ
 20,663.02 +56.09
■ナスダック
 6,055.13 +43.89
■CME225(円建て)
 19,605 +35(大証比)
■ドイツDAX
 12,590.06 -41.55
■上海総合指数
 3,090.14 -14.30
■ドル円
 111.49

 18日のNY市場は上昇しました。朝方はトランプ政権を巡る先行き不透明感からもみ合う展開となりましたが、18日発表の米経済指標が軒並み市場予想を上回ったことで安心感を誘い、ハイテク株や株価急落の買い戻しが入るなど上げ幅を拡大しました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や食品・生活必需品小売が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や耐久消費財・アパレルが下落しました。
 ADRの日本株は任天堂<7974>、味の素<2802>が小安い他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>など、対東証比較(1ドル111.5円換算)で全般小じっかりとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/05/19(金) 07:41
 
2017/5/19  6時59分現在

         10年債                      2年債
米国     2.229% (前日比+0.005%)     1.268% (前日比+0.022%)
英国     1.058% (前日比-0.010%)     0.107% (前日比-0.013%)
ドイツ     0.343% (前日比-0.035%)     -0.695% (前日比-0.013%)
ポルトガル 3.203% (前日比-0.008%)     0.324% (前日比+0.014%)
イタリア    2.148% (前日比-0.007%)     -0.247% (前日比-0.004%)
ギリシャ   5.755% (前日比+0.055%)       -
スペイン    1.567% (前日比+0.003%)     -0.283% (前日比+0.023%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/18(木) 15:33
 
■日経平均      19,553.86(-261.02)

■東証1部出来高    21.84億株

■東証1部売買代金   2.71兆円

■日経平均先物    19,570(-200)

■TOPIX        1,555.01(-20.81)

■騰落        上昇370/下落1,574

■マザーズ指数    1,057.18(-9.70)

■日経JQ       3,069.97(-18.60)

■ドル円       111.25

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は米大統領をめぐっての政治不安の高まりから売りが先行。後場に入り下げ幅を広げる場面もありましたが、今後の米国株の動向を見極めたいとして投資家のリスク回避姿勢から膠着感が強まり、その後は小動きとなり本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、銀行業、証券商品先物でした。一方、値上がり上位は、海運業、食料品、陸運業となりました。

 TOPIXは続落、マザーズ指数も続落しました。

■桃太郎
後場は、引けにかけて買戻しから下げ幅縮小。
明日は落ち着くのか見ていきます。

ドル換算ベースは、175.77ドル、-0.24%となった。


◆ ご案内

2017/05/18(木) 15:01
 

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/18(木) 14:03
 
■日経平均      19,509.73(-305.15)

■日経平均先物    19,510(-260)

■TOPIX先物      1,552.50(-20.50)

■騰落        上昇259/下落1,695

■日経JQ       3,064.07(-24.50)

■マザーズ指数    1,056.33(-10.55)

■ドル円       111.15

■NYダウ夜間先物  +42

■上海総合指数後場の寄り付き 3,099.07 前日比-5.37 -0.17%

■指数大型      現値1,412.57  前日比-24.00

■指数中型      現値1,886.26  前日比-24.15

■指数小型      現値2,915.50  前日比-32.52


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/18(木) 12:34
 
ランチバスケットは31件、635.51億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/18(木) 11:45
 
■日経平均      19,529.70(-285.18)

■東証1部出来高    11.50億株

■東証1部売買代金   1.42兆円

■日経平均先物    19,510(-260)

■TOPIX        1,554.34(-21.48)

■騰落        上昇207/下落1,734

■マザーズ指数    1,051.51(-15.37)

■日経JQ       3,059.92(-28.65)

■ドル円       111.11

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。寄り付きからトランプ大統領とロシアの不透明な関係を巡る問題が意識され、輸出関連銘柄を中心に売りが膨らみました。
 2017年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は前期比年率で2.2%増となりましたが、影響は限定的で安値圏でのもみ合いが続き午前の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、証券商品先物、銀行業。一方、値上がりしたのは、電気・ガス業のみとなりました。

 TOPIXは続落、マザーズ指数も続落しました。

■桃太郎
前場は下値も限定的に推移した、後場も見ていきます。
昨年、9月以降の下げ幅となってます。

ドル換算ベースは、175.69ドル、-0.29%としっかりです。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.71%

2017/05/18(木) 10:30
 
上海総合指数 3,082.33 前日比 -22.11 -0.71%


◆ 10時の概況

2017/05/18(木) 10:04
 
■日経平均      19,472.69(-342.19)

■日経平均先物    19,460(-310)

■TOPIX先物      1,549.00(-24.00)

■騰落        上昇144/下落1,827

■日経JQ       3,058.76(-29.81)

■マザーズ指数    1,048.48(-18.40)

■ドル円       110.90

■NYダウ夜間先物  +19

■指数大型      現値1,410.20  前日比-26.37

■指数中型      現値1,883.04  前日比-27.37

■指数小型      現値2,905.63  前日比-42.39


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/18(木) 09:24
 
おはようございます。

機密情報漏洩問題炸裂!
想定外のトランプ問題をマーケットはどう捉えるのか?
為替や債券は素直に反応し東京市場も今朝は売り物先行だろう。
しかし、昨日もお伝えしたが騰落レシオからも丁度良い押し目場面とお伝えしたが。
誤算だったのか?トランプ大統領への政治不安!
こちらの新聞、メディアなども大きく告げているが、我々の想定ではトランプ大統領の危機とまでは思っていない。

ともかくここは久しぶりの急落!
ここで大事なのは好業績銘柄がどんな展開となるか注目したい。

本日先物レンジ
19○×○○~19××○円
良い調整局面になることを信じている。


◆ 1-3月期実質GDP(速報値)年率2.2%増

2017/05/18(木) 09:05
 
内閣府が18日発表した2017年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.5%増、年率換算では2.2%増だった。プラスは5四半期連続。


◆ 釣り人

2017/05/18(木) 08:43
 
日経平均先物の現在の気配は19450。
前日比320円安のところ。

ドル円111.03。
日本時間が始まり少し戻していますが、前日から比べると大幅な円高です。
ニューヨークダウ372ドル安。
もみあいから大きく下離れとなりました。
トランプ大統領の信任が問われる状況に至ってきたわけですが、短期的には波乱となりますが問題は経済であります。
米国は9年間に及ぶ景気拡大、長すぎるのではないかという見方。
16日に発表された住宅着工件数が少し減ったことが警戒感をだしております。
米国10年債利回り、桃さんがいつも書き込んでおりますが2.224。
6月のFOMCで果たして利上げがあるのかどうか、ちょっと疑心暗鬼になる債券上昇であります。

さて、前日書いておりましたが1万9500円近辺までの下落はあってもおかしくない。
そこまで下がってもまだトレンドは右肩上がり。
ただ1万9300円を割り始めると「?」が点灯し始めるという話を書きました。
その水準に達してきましたので本日の相場、どう対応するのか思いを書いていきます。

昨日日銀の買い付けは700億入っております、当然本日も入ってくるでしょう。
私は先物を寄り付き後買い付けるつもりでいます。
あくまでも短期的かもしれません。


◆ 桃太郎

2017/05/18(木) 08:30
 
◆ 桃太郎 2017/05/18(木) 08:28
昨日は、-20円

昨晩は、+172円
955円 3枚売り持ち・485円 3枚買い持ち(+282円)



◆ ドル建て 日経225

2017/05/18(木) 08:17
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19463円 -352円

NYは、ダウ平均は372.82ドル安の20606.93、ナスダックは158.63ポイント安の6011.24で取引を終了した。トランプ大統領が、ロシア外相に機密情報を漏洩したとの疑惑や、ロシア高官との接触が疑われたフリン前大統領補佐官に関する捜査終了をFBIに求めたことなどを巡り、弾劾される可能性が浮上し売りが先行。減税法案など重要法案の成立に懐疑的な見方が広がり、終日軟調推移となった。

日経ですが、昨日は下支えから下値も限定的となった。
本日もリスク回避の動きが強まりギャップダウンから始まり下支えから下値も限定的か見ていきます。

想定レンジ、為替、110.85円 173ドルから176ドル

 19177円から19509円


◆ 外資系の注文動向

2017/05/18(木) 08:14
 
 18日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り790万株、買い930万株で、差し引き140万株の買い越し。買い越し5営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、情報通信、小売、化学、空運、鉄鋼、機械、不動産、石油、保険など。
 買いセクターに、精密、機械、薬品、サービス、小売、通信、電機など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/18(木) 08:10
 
■国内(18日)
1~3月期GDP(8:50)
4月首都圏新規マンション発売(13:00)

《決算発表》
旭コンクリ、イチケン、大同信、ニレコ、ニュートンFC、うかい、光陽社

■海外(18日)
米5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
米4月CB景気先行総合指数(23:00)

《米決算発表》
ウォルマート・ストアーズ、ラルフローレン、アプライド・マテリアルズ、ギャップ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/18(木) 08:07
 
■NYダウ
 20,606.93 -372.82
■ナスダック
 6,011.24 -158.64
■CME225(円建て)
 19,455 -315(大証比)
■ドイツDAX
 12,631.61 -172.92
■上海総合指数
 3,104.44 -8.52
■ドル円
 110.91

 17日のNY市場は大幅に下落。トランプ大統領がロシア側に機密情報を漏洩したとの疑惑や、ロシア高官との不透明な関係が疑われたフリン前大統領補佐官に関する捜査終了をFBIに求めたことなどを巡り、弾劾される可能性が浮上。米政治の混乱で景気刺激策の実施が遅れるとの警戒感が株式売りを誘い、終日軟調推移となりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や不動産が上昇する一方で銀行や半導体・半導体製造装置が下落しました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル110.79円換算)で全般軟調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/05/18(木) 08:01
 
2017/5/18  7時13分現在

         10年債                      2年債
米国     2.224% (前日比-0.101%)     1.246% (前日比-0.053%)
英国     1.068% (前日比-0.063%)     0.120% (前日比-0.019%)
ドイツ     0.378% (前日比-0.057%)     -0.682% (前日比-0.024%)
ポルトガル 3.211% (前日比-0.088%)     0.310% (前日比-0.025%)
イタリア    2.155% (前日比-0.082%)     -0.243% (前日比-0.038%)
ギリシャ   5.700% (前日比-0.009%)       -
スペイン    1.563% (前日比-0.065%)     -0.306% (前日比-0.036%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/17(水) 15:33
 
■日経平均      19,814.88(-104.94)

■東証1部出来高    19.64億株

■東証1部売買代金   2.49兆円

■日経平均先物    19,770(-110)

■TOPIX        1,575.82(-8.41)

■騰落        上昇630/下落1,287

■マザーズ指数    1,066.88(-3.73)

■日経JQ       3,088.57(+0.66)

■ドル円       112.37

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は円高ドル安が嫌気され売りが先行。売り一巡後に持ち直しましたが、米政権への不透明感が重しとなり戻りは限定されました。
 後場は昼休みの時間帯に円高ドル安が進んだことから下げ幅を広げ始まりました。その後は一進一退の値動きで終わりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、海運業、保険業でした。一方、値上がり上位は、食料品、電気・ガス業、その他製品となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数も反落しました。

■桃太郎
後場はもち合いでの推移となった。
為替リンク度は薄くトレンドレスとなっている。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、176.19ドル +0.39%と続伸となった。


◆ ご案内

2017/05/17(水) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/17(水) 14:03
 
■日経平均      19,799.26(-120.56)

■日経平均先物    19,790(-90)

■TOPIX先物      1,575.50(-6.50)

■騰落        上昇581/下落1,321

■日経JQ       3,086.51(-1.40)

■マザーズ指数    1,065.70(-4.91)

■ドル円       112.55

■NYダウ夜間先物  -123

■上海総合指数後場の寄り付き 3,110.36 前日比-2.60 -0.08%

■指数大型      現値1,435.62  前日比-9.73

■指数中型      現値1,909.38  前日比-10.16

■指数小型      現値2,947.53  前日比-8.67


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/17(水) 12:36
 
ランチバスケットは13件、174.14億円。
差し引き50億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/17(水) 11:45
 
■日経平均      19,822.19(-97.63)

■東証1部出来高    10.06億株

■東証1部売買代金   1.21兆円

■日経平均先物    19,810(-70)

■TOPIX        1,576.43(-7.80)

■騰落        上昇571/下落1,315

■マザーズ指数    1,071.18(+0.57)

■日経JQ       3,087.42(-0.49)

■ドル円       112.55

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。朝方は円高ドル安が嫌気され売りが先行。売り一巡後は持ち直していますが、米株価指数先物安や政権への不透明感が重しとなり戻りは限定されました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、保険業でした。一方、値上がり上位は、電気・ガス業、その他製品、食料品となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は下値も限定的に推移。
上値持ち合いが続いてます。

ドル換算ベースは、176.08ドル、+0.32%と3日続伸となっている。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.17%

2017/05/17(水) 10:27
 
上海総合指数 3,107.80 前日比 -5.16 -0.17%


◆ 10時の概況

2017/05/17(水) 10:03
 
■日経平均      19,828.37(-91.45)

■日経平均先物    19,830(-50)

■TOPIX先物      1,576.50(-5.50)

■騰落        上昇503/下落1,381

■日経JQ       3,084.24(-3.67)

■マザーズ指数    1,069.86(-0.75)

■ドル円       112.65

■NYダウ夜間先物  -131

■指数大型      現値1,438.50  前日比-6.85

■指数中型      現値1,908.86  前日比-10.68

■指数小型      現値2,944.75  前日比-11.45


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/17(水) 09:21
 
おはようございます。
今朝は、やや為替が円高基調となり調整するには丁度良いのではなかろうか。
この要因はトランプ大統領の国家機密漏洩であり株式市場より為替は素直だった。
また25日の騰落レシオも145%まで上昇したからには短期的には・・・・・

~以下会員ページ~


◆ 3月機械受注:前月比1.4%増

2017/05/17(水) 09:03
 
内閣府が17日発表した3月機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比1.4%増の8623億円だった。


◆ 釣り人

2017/05/17(水) 08:42
 
日経平均先物の現在の気配は19790円、ストンとした安寄りで始まります。
ドル円112.68、昨日の安値は113.79。
そこからみますと1円程のドル安円高となっています。

米国で住宅が売れていないという指標がでて、更にトランプ大統領の漏洩問題、そして米国10年国債は伸びがないということで安寄りすることになります。
ニューヨークダウ2ドル安の横の動き。
昨日の日銀の買い付けは入っておりません。
しっかりとはじまったからです。

さて本日は入るでしょうか。
そんなことを考えながら、市場の先行きをスタッフ一同解説していきます。


◆ 日経ドル建て225

2017/05/17(水) 08:19
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19793円 -127円

NYは、ダウ平均は2.19ドル安の20979.75、ナスダックは20.20ポイント高の6169.87で取引を終了した。原油相場の上昇が好感され、買いが先行したものの、原油相場の下落に伴い上げ幅を縮小し、結局下落に転じた。ハイテク株が選好されたものの、トランプ大統領がロシアに機密情報を漏洩したとの報道を受けて、政権運営の先行き不透明感が再燃し、上値の重い展開となった。

昨日の日経ですが、20000円手前まで買われたが、利益先行もあり高値持ち合いとなった。本日は、ドル安傾向となってますが下値も限定的に推移するか見ていきます。

想定レンジ、為替、112.76円 173ドルから176ドル

 19507円から19845円


◆ 外資系の注文動向

2017/05/17(水) 08:19
 
 17日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1070万株、買い1390万株で、差し引き320万株の買い越し。買い越し4営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、情報通信、小売、鉄鋼、自動車、建設、薬品、電機、陸運など。
 買いセクターに、自動車、食品、商社、通信、機械、電機、薬品、小売、精密、輸送用機器など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/17(水) 08:14
 
■国内(17日)
3月機械受注(8:50)

《決算発表》
フジプレアム、相模ゴム

■海外(17日)
《米決算発表》
シスコシステムズ、ターゲット、シノプシス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/17(水) 08:07
 
■NYダウ
 20,979.75 -2.19
■ナスダック
 6,169.87 +20.20
■CME225(円建て)
 19,855 -25(大証比)
■ドイツDAX
 12,804.53 -2.51
■上海総合指数
 3,112.96 +22.73
■ドル円
 112.82

 16日のNY市場はまちまち。原油相場の上昇が好感され買いが先行しましたが、原油相場の下落に伴い上げ幅を縮小し、その後下落に転じました。ハイテク株が選好されましたがトランプ大統領がロシアに機密情報を漏洩したとの報道を受け、政策運営に対する不透明感を強め市場心理を冷やし、上値の重い展開となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが上昇する一方で耐久消費財・アパレルや食品・生活必需品小売が下落しました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル113.1円換算)で全般小安推移でした。


◆ 各国債券利回り

2017/05/17(水) 07:46
 
2017/5/17  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.326% (前日比-0.018%)     1.299% (前日比+0.000%)
英国     1.131% (前日比-0.007%)     0.139% (前日比+0.004%)
ドイツ     0.435% (前日比+0.015%)     -0.658% (前日比+0.016%)
ポルトガル 3.299% (前日比-0.080%)     0.335% (前日比-0.024%)
イタリア    2.237% (前日比-0.040%)     -0.205% (前日比-0.049%)
ギリシャ   5.709% (前日比+0.036%)       -
スペイン    1.628% (前日比-0.004%)     -0.270% (前日比-0.018%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/16(火) 15:28
 
■日経平均      19,919.82(+49.97)

■東証1部出来高    21.74億株

■東証1部売買代金   2.66兆円

■日経平均先物    19,880(-10)

■TOPIX        1,584.23(+4.23)

■騰落        上昇1,130/下落767

■マザーズ指数    1,070.61(+6.71)

■日経JQ       3,087.91(+9.66)

■ドル円       113.33

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は米国株高や原油価格の上昇で買いが先行しましたが、一気に節目越えとはならず2万円を目前に徐々に上げ幅を縮小しました。
 後場は買い先行に強含んで始まりましたが、買い気は鈍く、1万9900円近辺で小幅もみ合いが続きそのまま引けとなりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、パルプ・紙、石油石炭製品、食料品でした。一方、値下がり上位は、鉱業、不動産業、保険業となりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
後場は、トレンドレスの持ち合いとなり推移。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、175.51ドル、+0.15%と続伸となった。


◆ ご案内

2017/05/16(火) 14:50
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/16(火) 14:04
 
■日経平均      19,907.51(+37.66)

■日経平均先物    19,900(+10)

■TOPIX先物      1,582.00(-0.50)

■騰落        上昇991/下落876

■日経JQ       3,087.26(+9.01)

■マザーズ指数    1,069.39(+5.49)

■ドル円       113.48

■NYダウ夜間先物  -17

■上海総合指数後場の寄り付き 3,079.78 前日比-10.45 -0.34%

■指数大型      現値1,443.93  前日比+2.38

■指数中型      現値1,916.74  前日比+2.52

■指数小型      現値2,950.77  前日比+2.29


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/16(火) 13:06
 
ランチバスケットは40件、298.85億円。
差引き60億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/16(火) 11:46
 
■日経平均      19,876.27(+6.42)

■東証1部出来高    10.82億株

■東証1部売買代金   1.31兆円

■日経平均先物    19,880(-10)

■TOPIX        1,580.95(+0.95)

■騰落        上昇893/下落956

■マザーズ指数    1,066.74(+2.84)

■日経JQ       3,085.82(+7.57)

■ドル円       113.48

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。米国株高や原油価格の上昇で買いが先行、その後は節目の2万円を目前に一進一退の展開となりましたが、徐々に上げ幅を縮小し午前の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、食料品、パルプ・紙、石油石炭製品でした。一方、値下がり上位は、鉱業、不動産業、保険業となりました。

 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後上昇しましたが上値が重く、
前引けにかけては持ち合いの水準まで下落した。

ドル換算ベースは、175.18ドル -0.05%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.24%

2017/05/16(火) 10:28
 
上海総合指数 3,082.87 前日比 -7.36 -0.24%


◆ 10時の概況

2017/05/16(火) 10:02
 
■日経平均      19,962.13(+92.28)

■日経平均先物    19,960(+70)

■TOPIX先物      1,588.00(+5.50)

■騰落        上昇1,033/下落802

■日経JQ       3,084.49(+6.24)

■マザーズ指数    1,069.08(+5.18)

■ドル円       113.71

■NYダウ夜間先物  -11

■指数大型      現値1,449.42  前日比+7.87

■指数中型      現値1,921.28  前日比+7.06

■指数小型      現値2,949.94  前日比+1.46


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/16(火) 09:45
 
おはようございます。

日経平均は我々の想定内で推移。多くのマーケット関係者は騰落レシオなどから調整があってもと・・・・・
そこで我々の想定の話であるが現状世界的なマーケットは
リスクONとなっており、先日も少しお伝えしたが日経平均は今回押しは浅いイメージでいる。
ならば20000円を超えどんどん上がるのか?
それに関してであるがここから一気にはいかないだろうが20000円を超える実力はあると思っている。
またここでは「森をみるより木」。即ち、個別銘柄勝負となるだろう。
さて、米国市場のマーケット関係者も今回のサイバー攻撃であるが、今後ますます悪質で巧妙な手口となるだろうと。
これは大きな世界的な危機でもあり昨日の米国市場でもサイバーセキュリティ関連は大きく上昇した。
それを考慮すると日本株の「サイバーセキュリティ関連株」も今後大きな成長となるだろう。
そこで今朝は私から「セキュリティ関連」から日本株で出遅れ感あり・・・。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/05/16(火) 08:41
 
日経平均先物現在の気配は19940
前日比50円高のところです。

ドル円113.59、大きな動きではありません。
しばらく持ち合いに転じそうなチャートにみえます。

ニューヨークダウ5日目にして反発、85ドル高。
ナスダックは上への変化、28ポイント高。
S&P500も高値更新。

19500円あたりまでの調整はあってもよかろうと考えていましたが、修正しなければならないかもしれません。
昨日日銀のETFの買い付けは行われていません。
それでもしっかりと推移した指数は下値に対してかなり買い意欲があると考えます。
さて2万円に本日到達するのか、それとも失速するのか、なんとなく動きはなさそうな気はしますが...

それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/05/16(火) 08:22
 
 16日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1200万株、買い1630万株で、差し引き430万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、銀行、繊維、化学、商社、小売、その他金融、鉄鋼、自動車、電機、機械など。
 買いセクターに、電機、通信、薬品、建設、サービス、精密、その他製品、化学、ゴム、小売など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/16(火) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19943円 +73円

NYは、ダウ平均は85.33ドル高の20981.94、ナスダックは28.44ポイント高の6149.67で取引を終了した。サウジアラビアとロシアが9か月間の原油減産延長に合意し、原油相場の上昇で買いが先行。北朝鮮が新たなミサイル発射実験を行うなど、地政学リスクへの警戒感が強まる中、世界的に発生したサイバーテロ攻撃を受けて、情報セキュリティー株に買いが広がり、終日堅調推移となった。S&P500指数及びナスダック総合指数は過去最高値を更新した。

日経ですが、昨日も下値は限定的となり引けにかけても買戻しから小幅安となった。
ドル換算ベースでは、調整気味から昨日は反発した。
本日は、原油の上昇もありリスク回避の動きは緩み買戻しが入るか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.67円 173ドルから176ドル

 19664円から20005円


◆ 本日の予定

2017/05/16(火) 08:16
 
■国内(16日)
「MSCI指数」の定期見直し発表(早朝)(見直し実施は5月31日引け後)
3月第三次産業活動指数(13:30)

《決算発表》
住友化、広栄化、住精化、旭ダイヤ、アバール、ムサシ、シャクリーGG

■海外(16日)
独5月ZEW景況指数(18:00)
米4月住宅着工件数・建設許可件数(21:30)
米4月鉱工業生産指数・設備稼働率(22:15)

《米決算発表》
ホーム・デポ、TJXカンパニーズ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/16(火) 08:09
 
■NYダウ
 20,981.94 +85.33
■ナスダック
 6,149.67 +28.44
■CME225(円建て)
 19,945 +55(大証比)
■ドイツDAX
 12,807.04 +36.63
■上海総合指数
 3,090.23 +6.72
■ドル円
 113.65

 15日のNY市場は上昇。サウジアラビアとロシアが原油減産延長に合意し原油相場の上昇で買いが先行しました。北朝鮮のミサイル発射による地政学リスクが強まる中、世界的に発生したサイバーテロ攻撃によりセキュリティ関連銘柄へ買いが広がり終日堅調推移しました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や各種金融が上昇する一方でメディアや電気通信サービスが下落しました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル113.59円換算)で全般堅調でした。


◆ 各国債券利回り

2017/05/16(火) 07:48
 
2017/5/16  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.326% (前日比-0.062%)     1.290% (前日比-0.044%)
英国     1.086% (前日比-0.073%)     0.109% (前日比-0.009%)
ドイツ     0.391% (前日比-0.041%)     -0.675% (前日比-0.006%)
ポルトガル 3.373% (前日比-0.018%)     0.359% (前日比+0.009%)
イタリア    2.252% (前日比-0.042%)     -0.148% (前日比+0.002%)
ギリシャ   5.683% (前日比+0.049%)       -
スペイン    1.627% (前日比-0.020%)     -0.250% (前日比+0.022%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/15(月) 15:26
 
■日経平均      19,869.85(-14.05)

■東証1部出来高    21.55億株

■東証1部売買代金   2.65兆円

■日経平均先物    19,890(+10)

■TOPIX        1,580.00(-0.71)

■騰落        上昇854/下落1,057

■マザーズ指数    1,063.90(+3.47)

■日経JQ       3,078.25(+4.31)

■ドル円       113.46

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は円強含みや北朝鮮リスクを嫌気した売りが先行しましたが、不動産株や好業績銘柄に買いが集まり徐々に下げ幅を縮めました。
 後場は利益確定売りと押し目買いが交錯する中、日銀のETF買いの思惑が下支えとして意識され、下げ幅を縮小し本日の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、鉱業、石油石炭製品でした。一方、値上がり上位は、不動産業、水産・農林業、建設業となりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
後場も持ち合いとなり小幅安となった。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、175.26ドル、+0.29%と反発した。


◆ ご案内

2017/05/15(月) 15:02
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/15(月) 14:03
 
■日経平均      19,842.92(-40.98)

■日経平均先物    19,840(-40)

■TOPIX先物      1,577.50(-3.50)

■騰落        上昇749/下落1,150

■日経JQ       3,074.84(+0.90)

■マザーズ指数    1,059.91(-0.52)

■ドル円       113.36

■NYダウ夜間先物  +13

■上海総合指数後場の寄り付き 3,092.63 前日比+9.12 +0.30%

■指数大型      現値1,438.88  前日比-4.21

■指数中型      現値1,909.97  前日比-1.75

■指数小型      現値2,944.42  前日比-11.21


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/15(月) 12:37
 
ランチバスケットは14件、146.1億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/15(月) 11:48
 
■日経平均      19,842.15(-41.75)

■東証1部出来高    11.02億株

■東証1部売買代金   1.31兆円

■日経平均先物    19,840(-40)

■TOPIX        1,576.88(-3.83)

■騰落        上昇734/下落1,176

■マザーズ指数    1,059.42(-1.01)

■日経JQ       3,071.52(-2.42)

■ドル円       113.32

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方から円強含みや北朝鮮リスクを嫌気した売りが先行。その後は不動産株や好業績銘柄に買いが集まり、下げ幅を縮め前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、不動産業、パルプ・紙、サービス業となりました。

 TOPIXは続落、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
前場は、安寄り後戻す展開となりトレンドレスとなった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、175.09ドル、+0.19%と切り返しとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.08%

2017/05/15(月) 10:26
 
上海総合指数 3,078.17 前日比 -2.36 -0.08%


◆ 10時の概況

2017/05/15(月) 10:02
 
■日経平均      19,826.11(-57.79)

■日経平均先物    19,830(-50)

■TOPIX先物      1,578.00(-3.00)

■騰落        上昇635/下落1,263

■日経JQ       3,065.69(-8.25)

■マザーズ指数    1,061.69(+1.26)

■ドル円       113.41

■NYダウ夜間先物  +9

■指数大型      現値1,437.84  前日比-5.25

■指数中型      現値1,908.38  前日比-3.34

■指数小型      現値2,940.95  前日比-14.68


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/15(月) 09:27
 
おはようございます。

日経平均は4週間続伸した。
しかし、また挑発行動が北朝鮮から。改めて「彼等は居場所のない孤立した国家」を自ら選んでおり、正直!何を望んでいるのか全く理解できない。
ただこれ以上挑発行動が続けばタダでは済まないだろう。
さて、ここで地政学的リスクやサイバーテロが投資家の脳裏を過るだろうが、逆に仮にここで調整があればそこは良い買い場になると予想している。
またここでの日経平均のテクニカルであるが大きな流れに変化が起きている!
我々的に今年は日経平均の飛躍の年と考えている。

本日の先物レンジ
~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/05/15(月) 08:40
 
日経平均先物の現在の気配は19780
前日比100円安のところです。

ドル円113.27
少しドル安円高。

気になるところは先週末わずかに下がって始まったのですが、日銀のETFの買いつけ700億が入っています。
2日続落目ですからおそらく本日も買い付けが行われるでしょう。

簡単に安いところは売れない。
切り返すとすれば11時過ぎでしょうか、その辺りで見極めます。
それまでどれ程日経平均が下押しするのか、そんなことを考えながら本日も挑みます。
株に関しては、昨日お伝えした通りまず新興市場、2日目の下げですから指数的には3日目の下げまで眺めるという考えを持ちますが、セキュリティ関連、注目されそうです。

それでは今週もよろしくお願いいたします。

日経平均先物の動きに関しては、日経225先物と釣り人で無料公開しております。


◆ 外資系の注文動向

2017/05/15(月) 08:27
 
 15日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り760万株、買い1500万株で、差し引き740万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、電機、非鉄、空運、REIT、金属など。
 買いセクターに、電機、通信、薬品、サービス、自動車、情報通信、銀行、精密、陸運など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/15(月) 08:19
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19780円 -104円

朝の為替状況も大きな変化なく、113円台前半での推移。
大きなリスク回避の動きは見られてはいない。
本日も調整気味となるとは思うが、下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.33円 173ドルから176ドル

 19606円から19946円


◆ 今週の予定

2017/05/15(月) 08:17
 
■15(月)
【国内】
4月国内企業物価指数(8:50)
3月工作機械受注(15:00)

《決算発表》
大正薬HD、味の素、ソニーFH、テンプHD、アサヒ、電通、出光興産、日郵政、かんぽ、ゆうちょ、メディパル、あおぞら、オリックス、T&DHD、NTT、三菱Uリース、飯田GHD、洋缶HD、三菱UFJ、三住トラスト、第一生命、みずほ、三井住友、グリコ、近鉄GHD、DIC

【海外】
中国4月鉱工業生産高
中国4月小売売上
米5月ニューヨーク連銀製造業景気指数(21:30)
米5月NAHB住宅価格指数(23:00)


■16(火)
【国内】
「MSCI指数」の定期見直し発表(早朝)(見直し実施は5月31日引け後)
3月第三次産業活動指数(13:30)

《決算発表》
住友化、広栄化、住精化、旭ダイヤ、アバール、ムサシ、シャクリーGG

【海外】
独5月ZEW景況指数(18:00)
米4月住宅着工件数・建設許可件数(21:30)
米4月鉱工業生産指数・設備稼働率(22:15)
《米決算発表》
ホーム・デポ、TJXカンパニーズ


■17(水)
【国内】
3月機械受注(8:50)

《決算発表》
フジプレアム、相模ゴム

【海外】
《米決算発表》
シスコシステムズ、ターゲット、シノプシス


■18(木)
【国内】
1~3月期GDP(8:50)
4月首都圏新規マンション発売(13:00)

《決算発表》
旭コンクリ、イチケン、大同信、ニレコ、ニュートンFC、うかい、光陽社

【海外】
米5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
米4月CB景気先行総合指数(23:00)
《米決算発表》
ウォルマート・ストアーズ、ラルフローレン、アプライド・マテリアルズ、ギャップ


■19(金)
【国内】
4月訪日外客数

《決算発表》
光通信、東京海上、東北新社、TYK、チヨダウーテ、フリージアマク、アンドール、テクノセブン、アイレックス、シダックス、SOMPOHD、MS&AD

【海外】
《米決算発表》
ディア、フット・ロッカー
休場:トルコ


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/15(月) 08:07
 
■NYダウ
 20,896.61 -22.81
■ナスダック
 6,121.23 +5.27
■CME225(円建て)
 19,815 -65(大証比)
■ドイツDAX
 12,770.41 +59.35
■上海総合指数
 3,083.51 +22.01
■ドル円
 113.3

 12日のNY市場はまちまち。主要小売決算や市場予想を下回る米経済指標を受け売りが先行。4月小売売上高が予想を下振れたほか、4月消費者物価指数が前年同月比で伸び悩んだことで米景気鈍化の懸念が拡大した。一方で、ハイテク大型株が選好され、アップル(AAPL)やアマゾン(AMZN)が過去最高値を更新したことで下値は限られました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や公益事業が上昇する一方で食品・生活必需品小売や自動車・自動車部品が下落した。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル113.38円換算)で全般冴えませんでした。


◆ 各国債券利回り

2017/05/15(月) 07:54
 
2017/5/15  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     2.326% (前日比-0.062%)     1.290% (前日比-0.044%)
英国     1.086% (前日比-0.073%)     0.109% (前日比-0.009%)
ドイツ     0.391% (前日比-0.041%)     -0.675% (前日比-0.006%)
ポルトガル 3.373% (前日比-0.018%)     0.359% (前日比+0.009%)
イタリア    2.252% (前日比-0.042%)     -0.148% (前日比+0.002%)
ギリシャ   5.683% (前日比+0.049%)       -
スペイン    1.627% (前日比-0.020%)     -0.250% (前日比+0.022%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人」

2017/05/14(日) 16:02
 
週末のNYダウは22ドル安、持合いから4日連続安・・ナスダックは5ポイント高、高値持合いの様相です。為替113.32気持ちドル安・円高 CME225 19815-65

 先週を振り返りながら今週の予想となるわけですが、日経平均先物は月曜日大きな上げで始まり火・水と持合い木曜日に20000円タッチが高値で金曜日下落となりました。週足チャートでは4週連続の上昇この4週連続の上昇に対して1週間くらいの押しが入るかどうか??私は上げピッチが速すぎるだから押しが入るはずだと先週から警戒を伝えていましたが、やっと一押しとなる週になるのか?警戒して失敗した株もあるでしょうが・・ジャスダックとナスダックの2日連続下げを見る限り撤退していてよかった株もあります。

まず日経平均(先物)について、月足で三段上げに入っていると考えます。つまり今回警戒している下げにおいて19300円どころを割り込むほどの下げを考えているわけではありません。19600円あたりになれば、買いの目で見始める予定です。銘柄は    ~会員ページ~
チャートブックを眺めていますと個人投資家好みの銘柄にあまり勢いがありません。鉄建より大成建設の方がしっかりと上昇しました。個人投資家が売りに回り海外投資家の買いが大型株に入って行ったとみて取れます・・。何はともあれ今週日経が下げれば、買いの目で入る予定です。(すぐ変更もいつも通りあります。)

それでは全体相場に対して気になるとこいくつか・・
11日財務省経常黒字リーマンショック前に回復黒字幅は過去3番目
あるアナリストの記事で「ドル円は今後1ッ月は110~115」 5円の違いはFXを売買にしている投資家には天と地・それでもオプションの売りをメインにしている投資家には大きなよりどころ・・かな?この記事を読んで短期先物売買には為替の動きの予測を毎分ごとにしていかなければ・・と・・たいへんです。

日曜日の日経一面「空飛ぶ車!」大手自動車メーカーどこもあり得る未来ということで力を入れてきている様子が書かれています。昔々のマンガの世界が現実味を色々と帯びてきています。子供や孫の時代どんな時代??良い時代であること祈ります。
新興国米利上げでも株・債券・通貨ともトリプル高 米国利上げでお金が出ていくと予想したアナリスト今のところ大外れ
6月の米国利上げ7割があると予想・・つまりあるであろうと予測しポジションを組んでいたらそうでなかった場合波乱が起きるということ
ウォーレンバフェットの株主総会 米国の繁栄とともに理解できる優良企業への投資から新しいハイテク企業への投資をもう少しするべきだったと反省している内容 株のページ「海と風」では若手の堀田が新しい会社の発掘で注力。

さて米国企業の決算発表8割がた終わりました。日本もほとんど終わりに近づきました。じっくりゆっくりそして素早く行動しましょう~


◆ 大引け概況

2017/05/12(金) 15:37
 
■日経平均      19,883.90(-77.65)

■東証1部出来高    22.48億株

■東証1部売買代金   2.96兆円

■日経平均先物    19,880(-80)

■TOPIX        1,580.71(-6.15)

■騰落        上昇734/下落1,140

■マザーズ指数    1,060.43(-8.72)

■日経JQ       3,073.94(-7.84)

■ドル円       113.79

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米国株安や円強含みが重しとなり売りが先行、利益確定売りもあり上値の重い動きとなりました。
 後場は好業績株に買いが入り徐々に下げ幅を縮め、1万9800円台後半でのもみ合いが続きました。決算発表のピークで週末要因もあり、様子見気分が尾を引いた相場展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、非鉄金属、不動産業、ガラス土石製品でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、サービス業、小売業となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
後場は、本日安値持ち合いから引けにかけて800円後半まで戻す展開となり、4週連続高となった。
今週の展開でのコメント通りの高値あたりまでありましたが、ボックスの動きとなった。

ドル換算ベースは、174.75ドル -0.04%と4日続落となった。

下値は限定的でもある。


◆ ご案内

2017/05/12(金) 14:46
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/12(金) 14:04
 
■日経平均      19,856.36(-105.19)

■日経平均先物    19,860(-100)

■TOPIX先物      1,579.00(-8.50)

■騰落        上昇584/下落1,319

■日経JQ       3,074.07(-7.71)

■マザーズ指数    1,061.87(-7.28)

■ドル円       113.68

■NYダウ夜間先物  -32

■上海総合指数後場の寄り付き 3,075.09 前日比+13.59 +0.44%

■指数大型      現値1,440.45  前日比-9.35

■指数中型      現値1,909.18  前日比-6.99

■指数小型      現値2,951.07  前日比-17.57


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/12(金) 12:44
 
ランチバスケットは24件、364.42億円。
差引き70億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/12(金) 11:59
 
■日経平均      19,823.28(-138.27)

■東証1部出来高    11.81億株

■東証1部売買代金   1.57兆円

■日経平均先物    19,840(-120)

■TOPIX        1,575.53(-11.33)

■騰落        上昇512/下落1,385

■マザーズ指数    1,060.30(-8.85)

■日経JQ       3,073.77(-8.01)

■ドル円       113.69

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。米国株安や円強含みが重しとなり売りが先行。
その後も利益確定売りがでやすく下げ幅を拡大し午前の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、非鉄金属、輸送用機器、ガラス土石製品でした。一方、値上がり上位は、電気・ガス業、サービス業、小売業となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
前場はSQ後調整ぎみとなり、じり安となった。
為替推移も多少リスク回避の動きもあり113円台後半後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、174.36ドル -0.26%と続落となっている


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.24%

2017/05/12(金) 10:26
 
上海総合指数 3,054.11 前日比 -7.39 -0.24%


◆ 10時の概況

2017/05/12(金) 10:06
 
■日経平均      19,895.35(-66.20)

■日経平均先物    19,900(-60)

■TOPIX先物      1,581.50(-6.00)

■騰落        上昇527/下落1,377

■日経JQ       3,076.66(-5.12)

■マザーズ指数    1,063.69(-5.46)

■ドル円       113.88

■NYダウ夜間先物  -26

■指数大型      現値1,443.15  前日比-6.65

■指数中型      現値1,910.71  前日比-5.46

■指数小型      現値2,950.72  前日比-17.92


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/12(金) 09:34
 
おはようございます。

ここでの日経平均は短期的に外国人投資家が買っていることが伺えるが、マーケットは過熱感が意識され高値警戒感を伝えるマーケット関係者も少なくない。
しかし、需給はまあまあなイメージで皆様にはお伝えしているが我々としては恐らく押し目は浅いイメージでいる。
また本日はSQでもあるのと、決算発表のピークを向かえ来週も楽しみなマーケットを予想している。


本日の先物レンジ

~以下会員ページ~


◆ 5月限SQ概算値は19,991.27円(暫定値)

2017/05/12(金) 09:30
 
5月限SQ概算値は19,991.27円(暫定値)


◆ 釣り人

2017/05/12(金) 08:38
 
日経平均先物の現在の気配は19860
前日比100円安のところです。
ドル円113.76
昨日から少し円高に振れています。
この為替については、会員ページでコメントしたかと思います。
あまり円安にはなりづらいと話をしました。
連騰が続いていた日経平均先物ですが、安寄りという状況が発生します。私は本日も戻り売りと思っております。

NYダウ3日連続安。
これに対して今晩戻りが発生するかどうか五分五分です。
そんなことを考えながら本日の解説行っていきます。
どうぞご覧ください。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/12(金) 08:33
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19853円 -109円

NYは、ダウ平均は23.69ドル安の20919.42、ナスダックは13.18ポイント安の6115.96で取引を終了した。主要小売決算が嫌気され、同セクターを中心に売りが先行。原油相場の上昇に加えて、4月生産者物価指数が予想を上振れたほか、週間新規失業保険申請件数が堅調な内容となり、午後にかけて下げ幅を縮小したものの相場を押し上げるには至らなかった。
6日ぶりにナスダックはマイナスとなった。

日経ですが、昨日も終始高値持ち合いとなり推移した。
為替リンク度は薄く、ドル換算ベースは、3日調整となっていた。
本日は、米国下落や多少のドル安もあり、113円台後半での推移もあり、持ち合うことができるか、SQ後、見ていきます。

想定レンジ、為替、113.77円 173ドルから176ドル

 19682円から20023円


◆ 外資系の注文動向

2017/05/12(金) 08:22
 
 12日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り960万株、買い1250万株で、差し引き290万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、薬品、自動車、機械、不動産、通信、銀行、小売、精密など。
 買いセクターに、情報通信、食品、その他製品、サービス、電機、機械、精密、電力など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/12(金) 08:16
 
■国内(12日)
4月マネーストック(8:50)
東京ディズニーシーに新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」オープン
オプションSQ

《決算発表》
ユニチャーム、鹿島、王子HD、大塚HD、JXTG、大成建、ヤクルト、三菱ケミHD、SMC、ルネサス、東急、阪急阪神、国際帝石、カルビー、明治HD、博報堂DY、日清食HD、ネクソン、日ペイントH、関西ペ、資生堂、昭和シェル、住友電、リクルートHD、アマダHD、日立、コンコルディア、いすゞ、スズキ、ヤマハ発、大日印、りそなHD、三井不

■海外(12日)
米4月小売売上高(21:30)
米4月消費者物価(21:30)
米3月企業在庫(23:00)
米5月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/12(金) 08:12
 
■NYダウ
 20,919.42 -23.69
■ナスダック
 6,115.96 -13.18
■CME225(円建て)
 19,865 -95(大証比)
■ドイツDAX
 12,711.06 -46.40
■上海総合指数
 3,061.50 +8.71
■ドル円
113.78

 11日のNY市場は下落。主要小売決算が嫌気され同セクターを中心に売りが先行。原油相場の上昇に加えて、4月生産者物価指数が予想を上振れたほか、週間新規失業保険申請件数が堅調な内容となり午後にかけて下げ幅を縮小したものの、米政権の政策運営に対する不透明感、政治リスクも意識され相場を押し上げるには至りませんでした。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や食品・生活必需品小売が上昇する一方で小売や銀行が下落しました。
 ADRの日本株はブリヂストン<5108>、ソフトバンクG<9984>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、SUBARU<7270>が下落など、対東証比較(1ドル113.82円換算)で全般冴えません。


◆ 各国債券利回り

2017/05/12(金) 07:58
 
2017/5/12  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.387% (前日比-0.027%)     1.335% (前日比-0.020%)
英国     1.159% (前日比-0.007%)     0.118% (前日比-0.015%)
ドイツ     0.432% (前日比+0.010%)     -0.669% (前日比-0.007%)
ポルトガル 3.391% (前日比-0.005%)     0.350% (前日比-0.011%)
イタリア    2.294% (前日比+0.044%)     -0.150% (前日比-0.016%)
ギリシャ   5.634% (前日比-0.006%)       -
スペイン    1.647% (前日比+0.041%)     -0.272% (前日比+0.021%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/05/11(木) 21:00
 
◆ 桃太郎 2017/05/11(木) 20:51

英中銀は金融政策を予想通り据え置き。金利は7対1での据え置き、フォーブス委員が引き続き利上げを主張した。資産買入枠は全員一致で据え置き。インフレ報告では、インフレ見通しが2017年は2.7%に引き上げられたが、2018年2.6%、2019年2.2%といずれも引き下げられており、ポンド売りを誘った形。

ポンドル下落からドル安傾向となってます。

今回の上昇の始まりは、英国前倒しで選挙からポンドルの巻き戻し、
逆の目が出てくるか見ていきます。

920円 別口 5枚新規に売りました。

980円 2枚
920円 5枚 新規売り。

また連絡します



◆ 大引け概況

2017/05/11(木) 16:00
 
■日経平均      19,961.55(+61.46)

■東証1部出来高    22.92億株

■東証1部売買代金   2.79兆円

■日経平均先物    19,960(+60)

■TOPIX        1,586.86(+1.67)

■騰落        上昇979/下落877

■マザーズ指数    1,069.15(-5.72)

■日経JQ       3,081.78(-1.72)

■ドル円       114.08

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方から円安を好感し買い優勢でスタート。ただ年初来高値を更新したこともあり、売りが出易く高値水準でもみ合う展開になりました。
 後場は明日のSQを控えての思惑的な買いや好業績銘柄に買いが入り上げ幅を拡大。その後は2万円を前に利益確定売りに押され上値の重い展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、金属製品、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、非鉄金属、銀行業、情報・通信業となりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎
後場は、じり高となり一時20000円を付けた。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、174.82ドル、-0.03%と3日
調整となっている


◆ ご案内

2017/05/11(木) 14:55
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 4月景気ウォッチャー調査-現状判断DIは0.7ポイント上昇 改善は5カ月ぶり

2017/05/11(木) 14:18
 
11日に内閣府は4月の景気ウォッチャー調査を発表した。現状判断DIは48.1で、前の月に比べて0.7ポイント上昇。改善は5カ月ぶり。


◆ 14時の概況

2017/05/11(木) 14:03
 
■日経平均      19,967.09(+67.00)

■日経平均先物    19,970(+70)

■TOPIX先物      1,588.00(+2.50)

■騰落        上昇941/下落943

■日経JQ       3,082.71(-0.79)

■マザーズ指数    1,068.17(-6.70)

■ドル円       114.22

■NYダウ夜間先物  -25

■上海総合指数後場の寄り付き 3,033.85 前日比-18.93 -0.62%

■指数大型      現値1,448.99  前日比+2.23

■指数中型      現値1,918.35  前日比+0.60

■指数小型      現値2,968.05  前日比+2.25


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/11(木) 12:35
 
ランチバスケットは、17件、504.98億円。
差し引き60億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/11(木) 11:54
 
■日経平均      19,929.27(+29.18)

■東証1部出来高    10.85億株

■東証1部売買代金   1.26兆円

■日経平均先物    19,940(+40)

■TOPIX        1,584.34(-0.85)

■騰落        上昇830/下落1,007

■マザーズ指数    1,065.54(-9.33)

■日経JQ       3,083.13(-0.37)

■ドル円       114.13

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方から円安を好感し買い優勢で始まりましたが、その後は年初来高値を更新したことからも利益確定売りの圧力から上値が重い状況となりました。そのまま高値水準でもみ合い前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、不動産業、金属製品でした。一方、値上がり上位は、鉱業、精密機器、ゴム製品となりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数も反落しました。

■桃太郎
前場は、トレンド出ず高値持ち合いが続いている。
為替推移にはリンク薄であり、ドル換算ベースは
3日調整となっている。

ドル換算ベースは、174.62ドル、-0.15%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.52%

2017/05/11(木) 10:28
 
上海総合指数 3,036.79 前日比 -16.00 -0.52%


◆ 10時の概況

2017/05/11(木) 10:06
 
■日経平均      19,920.94(+20.85)

■日経平均先物    19,920(+20)

■TOPIX先物      1,584.00(-1.50)

■騰落        上昇768/下落1,056

■日経JQ       3,085.34(+1.84)

■マザーズ指数    1,072.18(-2.69)

■ドル円       114.21

■NYダウ夜間先物  -17

■指数大型      現値1,444.45  前日比-2.31

■指数中型      現値1,916.60  前日比-1.15

■指数小型      現値2,962.00  前日比-3.80


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/11(木) 10:02
 
おはようございます。

日経平均はもみ合いに入り我々の想定される値動きとなってきた。
過熱感がマーケット関係者から聞こえてくればくるほどマーケットはここから「まさかの相場」が発生するだろう。

我々は現状!強気継続。
特に新興市場を期待したいと皆様にお伝えしたい。
第2幕は始まったばかりだ。
そこで先日も友人で非常に銘柄探検に優れている方から紹介された×××××××も順調に値上がりしており彼はまだまだここからですねと。そこでまた面白そうな銘柄はないのかと質問すると。
×××××××が面白そうだと。

同社は・・・。

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/05/11(木) 09:03
 
 11日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り870万株、買い860万株で、差し引き10万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、精密、機械、商社、不動産、電機、化学、銀行、情報通信、小売など。
 買いセクターに、機械、小売、電機、電力、ガス、銀行、ゴムなど」(外資系証券)という。


◆ 3月国際収支―2兆9077億円の黒字 33カ月連続黒字

2017/05/11(木) 08:59
 
財務省が11日発表した国際収支状況(速報)によると、経常収支は2兆9077億円だった。黒字は33カ月連続。


◆ 本日の予定

2017/05/11(木) 08:21
 
■国内(11日)
3月国際収支(8:50)
4月都心オフィス空室率(11:00)
4月景気ウォッチャー調査
30年国債入札

《決算発表》
日揮、雪印メグ、日清紡HD、コナミHD、小野薬、クラレ、旭化成、大日住薬、第一三共、HOYA、清水建、大和ハウス、フジHD、DeNA、SUMCO、日立化成、日本新薬、楽天、コニカミノルタ、ブリヂストン、太平洋セメ、三菱マ、住友鉱、日産自、島津製、ニコン、イオンFS、住友不、西武HD、JR九州、KDDI、セコム、サンドラッグ、ミスミG、ユー・エス・エス、パナソニック、スクエニHD

■海外(11日)
BOE金融政策委員会
G7財務相・中央銀行総裁会議(~5/13 イタリア)
米4月生産者物価(21:30)
米30年国債入札

《米決算発表》
メーシーズ、コールズ、ノードストロム

休場:インドネシア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/05/11(木) 08:18
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19938円

NYは、ダウ平均は32.67ドル安の20943.11、ナスダックは8.56ポイント高の6129.14で取引を終了した。トランプ大統領がFBI長官を解任したことで、政権運営への不透明感が強まり売りが先行。原油相場の上昇に伴い株式相場も緩やかに上昇したものの、上値の重い展開となった。4月輸入物価指数が予想を上振れたが、相場への影響は限定的だった。

日経ですが、昨日も高値持ち合いとなった。
本日は、ドル高傾向から114円台前半、買戻しが入るのか見ていきます。

想定レンジ、為替、114.31円 172ドルから176ドル

 19661円から20118円


◆ おはようございます

2017/05/11(木) 08:16
 
■NYダウ
 20,943.11 -32.67
■ナスダック
 6,129.14 +8.55
■CME225(円建て)
 19,950 +50(大証比)
■ドイツDAX
 12,757.46 +8.34
■上海総合指数
 3,052.79 -27.74
■ドル円
 114.29

 10日のNY市場はまちまち。トランプ大統領がFBI長官を解任したことで、米政局の先行き不透明感から売りが先行。その後は、原油相場の上昇が下支えとなったもののウォルト・ディズニーや航空機のボーイングなど大型株の下げが拡大したことなども重しとなり、上値の重い展開となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置やエネルギーが上昇する一方でメディアや医薬品・バイオテクノロジーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソニー<6758>、TDK<6762>が冴えない他は、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>など、対東証比較(1ドル114.34円換算)で全般しっかりとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/05/11(木) 08:02
 
2017/5/11  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.414% (前日比+0.016%)     1.355% (前日比+0.014%)
英国     1.166% (前日比-0.036%)     0.133% (前日比-0.028%)
ドイツ     0.422% (前日比-0.008%)     -0.662% (前日比+0.008%)
ポルトガル 3.396% (前日比-0.041%)     0.361% (前日比+0.001%)
イタリア    2.250% (前日比-0.031%)     -0.134% (前日比-0.014%)
ギリシャ   5.640% (前日比-0.006%)       -
スペイン    1.606% (前日比-0.015%)     -0.293% (前日比-0.010%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/05/10(水) 21:34
 
指数は、持ち合いが続いてます。

良くわかりませんが、日経指数は思いのほかしっかり、為替リンク度は薄く推移。

NYCFD -81ドル 欧州まちまち 原油 46.40ドル 凪状態
ドルインデックス 上昇の99.61 リスクオン状態は継続。

短期トレンドはまだ、調整となってますが、長期トレンドは、リスクオンと感じます。

22:30あたりで入ることがあれば連絡します。

一応、985円 2枚新規に売り指値と、20035円 3枚新規に売り指値は入れときます。

ロスカットととして、20135円 5枚新規に逆指値で買いを入れときます。

変更があれば、連絡することとします。


◆ 大引け概況

2017/05/10(水) 15:43
 
■日経平均      19,900.09(+57.09)

■東証1部出来高    21.69億株

■東証1部売買代金   2.77兆円

■日経平均先物    19,900(+10)

■TOPIX        1,585.19(+3.42)

■騰落        上昇1,044/下落805

■マザーズ指数    1,074.87(+13.79)

■日経JQ       3,083.50(+14.74)

■ドル円       113.82
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は円相場が円安・ドル高基調となったことを受け買い優勢で始まりました。
その後は一旦伸び悩む場面もありましたが持ち直しました。
 後場は昼休みの時間帯に円相場が対ドルでやや下げ渋るとともに先物が弱含んだ流れを受け売りが先行、ただ下値は限定され先物主導で大引けにかけて持ち直し、8日に付けた年初来高値を更新して取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、その他製品、情報・通信業でした。一方、値下がり上位は、繊維製品、ガラス土石製品、金属製品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場も小幅持ち合いとなった。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、174.87ドル -0.11%と続落である。


◆ ご案内

2017/05/10(水) 14:55
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/10(水) 14:03
 
■日経平均      19,886.21(+43.21)

■日経平均先物    19,890(±0)

■TOPIX先物      1,584.50(+0.00)

■騰落        上昇954/下落920

■日経JQ       3,080.06(+11.30)

■マザーズ指数    1,074.43(+13.35)

■ドル円       113.81

■NYダウ夜間先物  -63

■上海総合指数後場の寄り付き 3,089.50 前日比+8.97 +0.29%

■指数大型      現値1,445.55  前日比+2.19

■指数中型      現値1,914.58  前日比-0.51

■指数小型      現値2,963.21  前日比+7.65


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/10(水) 12:33
 
ランチバスケットは57件、497.69億円。
差し引き100億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/10(水) 12:07
 
■日経平均      19,903.06(+60.06)

■東証1部出来高    10.81億株

■東証1部売買代金   1.29兆円

■日経平均先物    19,890(±0)

■TOPIX        1,585.34(+3.57)

■騰落        上昇1,037/下落800

■マザーズ指数    1,072.35(+11.27)

■日経JQ       3,079.59(+10.83)

■ドル円       113.76

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は円相場が一時1ドル=114円台を付けるなど円安・ドル高基調となったことを受け買い優勢で始まりました。
 その後2万円の大台を前に利益確定売りが入り一旦伸び悩む場面もありましたが、もちなおし高値圏で堅調に推移しました。
 
 業種別では、値上がり上位は鉄鋼、情報・通信業、非鉄金属でした。一方、値下がり上位は水産・農林業、金属製品、ガラス土石製品となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、高値持ち合い小幅推移となった。
後場も動きが出るか見ていきます。
ドル換算ベースは、174.91ドル、-0.09%と続落となっている。


◆ 10時の概況

2017/05/10(水) 10:03
 
■日経平均      19,888.47(+45.47)

■日経平均先物    19,900(+10)

■TOPIX先物      1,585.50(+1.00)

■騰落        上昇898/下落913

■日経JQ       3,079.60(+10.84)

■マザーズ指数    1,069.35(+8.27)

■ドル円       113.86

■NYダウ夜間先物  -72

■指数大型      現値1,446.05  前日比+2.69

■指数中型      現値1,915.45  前日比+0.36

■指数小型      現値2,959.38  前日比+3.82


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/10(水) 09:27
 
おはようございます。

確率と統計からここは円安進行を追い風にマーケット関係者が少し強気になるところだ。
そこで個別銘柄は別であるが指数は少し調整して欲しいと我々も思っている。
即ち、指数絡みの銘柄で高い買値を保有している部分については少し外し、押し目買いの好機を狙いたい。
ただここから素直にマーケットは押してくれるのか?
売り方の観点からならば、ここは騰落レシオなどから1度売りたくなる水準。
既に下がるのを待っているのかもしれない。
そう考えると押しは浅いのかもしれなく非常に困惑する相場となるだろう。

ただここで調整局面ならぬもみ合い相場が始まれば、必然的に新興市場に資金が回ってくるだろう。
マザーズ指数は我々が第2幕の始まりとお伝えしてからまだ僅か5%程度しか上昇していない。
地政学的リスクの再燃さえなければまだまだ始まったばかりと思っている?


本日の先物レンジ

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/05/10(水) 08:50
 
 10日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1240万株、買い900万株で、差し引き340万株の売り越し。売り越しは5営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、銀行、機械、精密、不動産、薬品、小売、自動車、食品、情報通信など。
 買いセクターに、小売、サービス、輸送用機器、電機、機械、食品、商社、銀行、電力、ガスなど」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/10(水) 08:43
 
■国内(10日)
3月景気動向指数(14:00)
日銀政策委員会・金融政策決定会合の主な意見(4/26~27 開催分)
統合型リゾート施設(IR)業界のフォーラム「第2回ジャパン・ゲーミング・コングレス」(~5/11)

《決算発表》
エーザイ、ミツコシイセタン、東レ、塩野義、東ソー、三菱ガス、田辺三菱、大林組、ミクシィ、マクドナルド、JT、昭電工、大陽日酸、武田、参天薬、テルモ、ディスコ、クボタ、日精工、TDK、横河電、シスメックス、カシオ、トヨタ、アコム、菱地所、京急、NTTデータ、ソフトバンクG、ダイキン

■海外(10日)
中国4月消費者物価・生産者物価(10:30)
米4月輸入物価(21:30)
米4月財政収支(5/11 3:00)
米10年国債入札

《米決算発表》
21世紀フォックス、シマンテック、バルカン・マテリアルズ、ホールフーズ・マーケット、コティ

休場:シンガポール、マレーシア、タイ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ 釣り人

2017/05/10(水) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19910
前日比20円高
ドル円113.74
今朝がたも114円台にのる場面がありましたが、そこから見ますと円高となり、CME225の終値19955より安寄りしそうです。

NYダウ36ドル安。
持ち合いからちょっと下がれば少し不安になります。
ナスダック新高値17ポイント高。

昨日の日経平均先物の終値は19890ですから、それより高く始まれば四空の上げとなります。三空・四空を気にする私にとっては強気に見れない過熱感となっています。あくまでも日経平均のことですが、そんな思いを持ちながら本日の市場を解説していきます。

それではドンドンと下がるとかそういうことではありません。
一服場面があっても良いタイミングに差し掛かっている、こんな思いを伝えるものであります。あくまでも日経平均の話です。

それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ おはようございます

2017/05/10(水) 08:22
 
■NYダウ
 20,975.78 -36.50
■ナスダック
 6,120.59 +17.93
■CME225(円建て)
 19,955 +65(大証比)
■ドイツDAX
 12,749.12 +54.57
■上海総合指数
 3,080.53 +1.92
■ドル円
 113.77

 9日のNY市場はまちまち。複数の主要企業決算が好感されたほか、欧州の政治リスクが後退したことが好感され買いが先行。その後はエネルギー関連株に原油安を嫌気した売りがかさみ、上げ幅を縮小。また北朝鮮が6回目の核実験を計画していると伝わったことも利益確定売りを誘いました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや消費者・サービスが上昇する一方でエネルギーや公益事業が下落しました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、キヤノン<7751>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、三菱電<6503>、京セラ<6971>、日東電<6988>、TDK<6762>など対東証比較(1ドル114.03円換算)で全般堅調となりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/10(水) 08:17
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19918円

NYは、ダウ平均は36.50ドル安の20975.78、ナスダックは17.93ポイント高の6120.59で取引を終了した。複数の主要企業決算が好感されたほか、欧州の政治リスクが後退したことが好感され買いが先行。ハイテク株を中心に買いが広がるも、原油相場の下落で上げ幅を縮小する展開となった。ナスダックは最高値を更新した。

日経ですが、昨日は為替リンク度も薄く小幅安となった。
本日は、ドル高傾向から昨晩は114円台となったが、現在は、113円後半での推移。
買戻しも入るのか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.74円 173ドルから177ドル

 19677円から20131円


◆ 各国債券利回り

2017/05/10(水) 08:04
 
2017/5/10  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.398% (前日比+0.011%)     1.341% (前日比+0.010%)
英国     1.202% (前日比+0.055%)     0.161% (前日比+0.006%)
ドイツ     0.430% (前日比+0.012%)     -0.670% (前日比-0.007%)
ポルトガル 3.437% (前日比+0.033%)     0.360% (前日比-0.010%)
イタリア    2.281% (前日比+0.038%)     -0.120% (前日比-0.005%)
ギリシャ   5.646% (前日比-0.031%)       -
スペイン    1.621% (前日比+0.033%)     -0.283% (前日比-0.012%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/09(火) 15:37
 
■日経平均      19,843.00(-52.70)

■東証1部出来高    19.90億株

■東証1部売買代金   2.61兆円

■日経平均先物    19,890(+20)

■TOPIX        1,581.77(-4.09)

■騰落        上昇918/下落950

■マザーズ指数    1,061.08(+1.22)

■日経JQ       3,068.76(+14.16)

■ドル円       113.36

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。円安基調を支えに朝方は買いが先行。買い一巡後は、前日に3連騰して年初来高値を更新したこともあり、利益確定売りが出やすくマイナスに転換。
 後場は売りが先行。その後は新規の手掛かり材料に乏しく、小安い水準でもみ合う展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、輸送用機器、鉄鋼、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、空運業、金属製品、建設業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場も昨日まで急伸してましたので、為替にはリンク薄に推移、高値持ち合いとなった。明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、175.06ドル -0.75%と調整となった。


◆ ご案内

2017/05/09(火) 14:44
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/09(火) 14:03
 
■日経平均      19,876.05(-19.65)

■日経平均先物    19,890(+20)

■TOPIX先物      1,584.00(+0.00)

■騰落        上昇898/下落982

■日経JQ       3,067.60(+13.00)

■マザーズ指数    1,062.67(+2.81)

■ドル円       113.30

■NYダウ夜間先物  -12

■上海総合指数後場の寄り付き 3,079.03 前日比+0.42 +0.01%

■指数大型      現値1,444.69  前日比-4.14

■指数中型      現値1,915.67  前日比-2.09

■指数小型      現値2,955.34  前日比+1.12


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/09(火) 12:36
 
ランチバスケットは33件、760.09億円。
差し引き120億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/09(火) 11:42
 
■日経平均      19,879.98(-15.72)

■東証1部出来高    9.42億株

■東証1部売買代金   1.16兆円

■日経平均先物    19,880(+10)

■TOPIX        1,583.94(-1.92)

■騰落        上昇906/下落940

■マザーズ指数    1,062.64(+2.78)

■日経JQ       3,069.77(+15.17)

■ドル円       113.24
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。円安基調を支えに朝方は買いが先行。買い一巡後は、前日に3連騰して年初来高値を更新したこともあり、利益確定売りが出やすくマイナスに転換。そのまま小安い水準でもみ合い前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、海運業、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、空運業、金属製品となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、高値持ち合いとなりしっかり。
上昇スピードも速いが下値は限定的となった。後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、175.56ドル -0.47%で調整している。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.45%

2017/05/09(火) 10:26
 
上海総合指数 3,064.85 前日比 -13.76 -0.45%


◆ 10時の概況

2017/05/09(火) 10:04
 
■日経平均      19,868.71(-26.99)

■日経平均先物    19,870(±0)

■TOPIX先物      1,584.50(+0.50)

■騰落        上昇794/下落1,063

■日経JQ       3,065.99(+11.39)

■マザーズ指数    1,063.46(+3.60)

■ドル円       113.30

■NYダウ夜間先物  -13

■指数大型      現値1,445.45  前日比-3.38

■指数中型      現値1,915.57  前日比-2.19

■指数小型      現値2,953.88  前日比-0.34


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/09(火) 09:13
 
おはようございます。

先ず、今朝は!
ここでの上昇により東京市場は売り方の窮地はまだまだ暫く続くと思っている。
その理由に、昨日の売買代金が急増したことで明らかに空売りの買い戻しだけではない事が想定されること。
また昨日、日経平均は年初来高値となったが、3月の時よりここまでの決算を見るとEPSは+5%、PERは15.6倍と割高感が消えた!
そして、本来ならばここでマーケット関係者から強気派が続々と出てくるはずであるが、我々の元に入ってくる話は決して強気のコメントが増えるどころか日経平均の20000円は重いなど意外と強気派は少ない。
これは何を意味するかを想像するに、恐らくここでの地政学的リスクなどによりポジションが売りに傾いていたことが予想されるからだ。
さて、今朝も我が社の若手から自信があるような口調で、近年の業績も・・・。

~以下会員ページ~

本日の先物レンジ
×××××~×××××円
マーケットは明らかに上を向いている。

最後に我々のボスから
日本はインバウンド需要がまだまだ伸びるだろうと関連銘柄を忘れないことだと。詳しくはまたよく聞いておく。


◆ 外資系の注文動向

2017/05/09(火) 08:38
 
 9日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1220万株、買い1610万株で、差し引き390万株の買い越し。買い越しは4営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、鉄鋼、電機、保険、化学、不動産など。
 買いセクターに、サービス、電機、小売、証券、情報通信、陸運など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/09(火) 08:36
 
■国内(9日)
3月毎月勤労統計調査(9:00)
10年国債入札

《決算発表》
リンナイ、帝人、ALSOK、三菱重、三井物、三菱商、日通、ニチレイ、IHI、丸紅、住友商、特殊陶、コムシスHD、協エクシオ、日本ハム、トレンド、ライオン、タカラバイオ、住友重、ブラザー、ミネベアミツミ、三菱自、アシックス、テレ朝HD、ベネッセHD、宝HD、スクリン、静岡銀、旭硝子、SUBARU

■海外(9日)
韓国次期大統領選挙の投開票日
米3月卸売在庫(23:00)
米3月卸売売上高(23:00)
米3年国債入札

《米決算発表》
ウォルト・ディズニー、マイクロチップ・テクノロジー、エレクトロニック・アーツ、プライスライン・グループ、エヌビディア、デューク・エナジー、ペリゴ、センプラ・エナジー

休場:韓国

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/09(火) 08:23
 
■NYダウ
 21,012.28 +5.34
■ナスダック
 6,102.66 +1.90
■CME225(円建て)
 19,915 +45(大証比)
■ドイツDAX
 12,694.55 -22.34
■上海総合指数
 3,078.61 -24.43
■ドル円
 113.25

 8日のNY市場は上昇。仏大統領選の決選投票でマクロン氏が勝利したものの決選投票前からマクロン氏の優勢は伝わっており、予想通りの結果で利益確定目的の売りが優勢に。また複数の大型買収(M&A)が好感されたものの、相場を押し上げるには至りませんでした。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や耐久消費財・アパレルが上昇する一方で素材や医薬品・バイオテクノロジーが下落。
 ADRの日本株は任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>が堅調。半面、日東電<6988>、ソニー<6758>、菱地所<8802>が小安いなど、対東証比較(1ドル113.27円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/09(火) 08:08
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19908円 +12円

NYは、ダウ平均は5.34ドル高の21012.28、ナスダックは1.90ポイント高の6102.66で取引を終了した。仏大統領選の決選投票で欧州連合(EU)との協調路線をとるマクロン氏が勝利したが、予想通りの結果となり、相場への影響は限定的。寄り付き後から上値の重い展開となった。複数の大型買収(M&A)が好感されたものの、相場を押し上げるには至らなかった。

日経は、昨日も大きく買戻しから続伸。
本日もスピード感はあるがドル高から買戻しが入るか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.24 173ドルから177ドル

 19590円から20043円


◆ 各国債券利回り

2017/05/09(火) 07:43
 
2017/5/9  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.387% (前日比+0.038%)     1.330% (前日比+0.020%)
英国     1.147% (前日比+0.030%)     0.155% (前日比+0.020%)
ドイツ     0.418% (前日比+0.000%)     -0.663% (前日比+0.013%)
ポルトガル 3.404% (前日比+0.014%)     0.370% (前日比-0.069%)
イタリア    2.243% (前日比+0.078%)     -0.115% (前日比+0.011%)
ギリシャ   5.677% (前日比-0.161%)       -
スペイン    1.588% (前日比+0.030%)     -0.271% (前日比+0.016%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/05/08(月) 15:26
 
■日経平均      19,895.70(+450.00)

■東証1部出来高    24.08億株

■東証1部売買代金   3.44兆円

■日経平均先物    19,870(+390)

■TOPIX        1,585.86(+35.56)

■騰落        上昇1,875/下落108

■マザーズ指数    1,059.86(+18.32)

■日経JQ       3,054.60(+42.18)

■ドル円       112.72
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。円安進行や前日の欧米株高を好感し、朝方は買いが先行。また、仏大統領選の決選投票でマクロン氏が大勝したことも買い安心感に繋がり、上げ幅を拡大しました。
 後場は、前場の好地合いを引き継ぎ、買い先行でスタート。その後は、先物主導で上げ幅を広げ、一段高に。そのまま高値圏で堅調に推移して本日の取引を終えました。

 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、化学、鉱業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、続伸となり一時、19900円台となった。
為替推移は、動きは緩慢ですので、指数は買戻しかもしれません。
ドル換算ベースは、176.39ドル +1.59%と大幅高となった。


◆ ご案内

2017/05/08(月) 14:50
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/08(月) 14:01
 
■日経平均      19,882.85(+437.15)

■日経平均先物    19,890(+410)

■TOPIX先物      1,585.50(+31.00)

■騰落        上昇1,859/下落114

■日経JQ       3,051.30(+38.88)

■マザーズ指数    1,058.87(+17.33)

■ドル円       112.72

■NYダウ夜間先物  -10

■上海総合指数後場の寄り付き 3,073.91 前日比-29.13 -0.94%

■指数大型      現値1,448.15  前日比+30.91

■指数中型      現値1,913.02  前日比+39.97

■指数小型      現値2,946.54  前日比+60.69


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/08(月) 12:44
 
ランチバスケットは48件、461.98億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/08(月) 11:43
 
■日経平均      19,795.19(+349.49)

■東証1部出来高    11.82億株

■東証1部売買代金   1.62兆円

■日経平均先物    19,800(+320)

■TOPIX        1,579.11(+28.81)

■騰落        上昇1,835/下落128

■マザーズ指数    1,055.93(+14.39)

■日経JQ       3,047.55(+35.13)

■ドル円       112.75
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。円安進行や前日の欧米株高を好感し、朝方は買いが先行。また、仏大統領選の決選投票の結果、EU中道系独立候補のマクロン氏が大勝したことも買い安心感に繋がり、上げ幅を拡大。取引時間中の年初来高値を大きく更新して前場取引を終えました。

 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、空運業、保険業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、リスクオン継続となり高値付近での持ち合いとなった。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、175.55ドル +1.11%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.42%

2017/05/08(月) 10:25
 
上海総合指数 3,090.07 前日比 -12.97 -0.42%


◆ 10時の概況

2017/05/08(月) 10:01
 
■日経平均      19,785.21(+339.51)

■日経平均先物    19,780(+300)

■TOPIX先物      1,579.50(+25.00)

■騰落        上昇1,831/下落120

■日経JQ       3,042.63(+30.21)

■マザーズ指数    1,050.37(+8.83)

■ドル円       112.74

■NYダウ夜間先物  +4

■指数大型      現値1,443.50  前日比+26.26

■指数中型      現値1,907.00  前日比+33.95

■指数小型      現値2,935.47  前日比+49.62


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/08(月) 09:07
 
おはようございます。

皆さんはGWをしっかり楽しんだか!
我々は残念ながら通常通り仕事だった。
ただマーケットは想定の範囲内で推移しており、予想通りGWは心配なく通過したのではなかろうか。
そこで日経平均はトレンドからだと20300円が弾き出され良好な外部環境が壊れない限り堅調な展開が見込まれそうだ。
さて、4月26日に我々は新興市場の第2幕をお伝えしているが、現状は全体相場の回復とともにジリジリ温まりつつある。
そこで日本を分析するなかで、「働き方改革」を安倍内閣は推進しているが、これからの世代を担う若手はまだまだ認知不足。
自分には関係無いと思っている若者が多いようにおもわれるが現状の環境を考えると、ネットで若年層の拡大を図っており、近年同社の業績を見ていると増収増益傾向を見ると・・・。

~以下会員ページ~

本日の先物レンジ
売り方を嘲笑うのは失礼だろうが実に愉快な朝を迎えそうだ。

×××××円~×××××円
サポートラインを上方修正の朝をむかえた!
また明日にでも詳しく。
新興市場はこれから面白くなるだろう。


◆ 外資系の注文動向

2017/05/08(月) 08:28
 
 8日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1270万株、買い1410万株で、差し引き140万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、食品、不動産、自動車、小売、化学、機械、空運、電機、建設、銀行など。
 買いセクターに、電機、小売、機械、その他金融、サービス、輸送用機器、陸運、建設、食品など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/05/08(月) 08:25
 
■8(月)
【国内】
4月消費者態度指数(14:00)
衆院予算委員会で安部首相が出席し集中審議

《決算発表》
LIXIL G、リンテック、スターツ、マルハニチロ、アース製薬、ニチアス、ホトニクス、全国保証、三菱食品、ドンキホーテH、Uアローズ、ケーズHD、東建物、ベネ・ワン、扶桑化学、パイロット、OBARA-G

【海外】
中国4月貿易収支
米4月労働市場情勢指数(23:00)

《米決算発表》
シスコ、マリオット・インターナショナル、AES、テソロ

休場:ロシア(~5/9)


■9(火)
【国内】
3月毎月勤労統計調査(9:00)
10年国債入札
参院予算委員会で安部首相が出席し集中審議

《決算発表》
リンナイ、帝人、ALSOK、三菱重、三井物、三菱商、日通、ニチレイ、IHI、丸紅、住友商、特殊陶、コムシスHD、協エクシオ、日本ハム、トレンド、ライオン、タカラバイオ、住友重、ブラザー、ミネベアミツミ、三菱自、アシックス、テレ朝HD、ベネッセHD、宝HD、スクリン、静岡銀、旭硝子、SUBARU

【海外】
韓国次期大統領選挙の投開票日
米3月卸売在庫(23:00)
米3月卸売売上高(23:00)
米3年国債入札

《米決算発表》
ウォルト・ディズニー、マイクロチップ・テクノロジー、エレクトロニック・アーツ、プライスライン・グループ、エヌビディア、デューク・エナジー、ペリゴ、センプラ・エナジー

休場:韓国


■10(水)
【国内】
3月景気動向指数(14:00)
日銀政策委員会・金融政策決定会合の主な意見(4/26~27 開催分)
統合型リゾート施設(IR)業界のフォーラム「第2回ジャパン・ゲーミング・コングレス」(~5/11)

《決算発表》
エーザイ、ミツコシイセタン、東レ、塩野義、東ソー、三菱ガス、田辺三菱、大林組、ミクシィ、マクドナルド、JT、昭電工、大陽日酸、武田、参天薬、テルモ、ディスコ、クボタ、日精工、TDK、横河電、シスメックス、カシオ、トヨタ、アコム、菱地所、京急、NTTデータ、ソフトバンクG、ダイキン

【海外】
中国4月消費者物価・生産者物価(10:30)
米4月輸入物価(21:30)
米4月財政収支(5/11 3:00)
米10年国債入札

《米決算発表》
21世紀フォックス、シマンテック、バルカン・マテリアルズ、ホールフーズ・マーケット、コティ

休場:シンガポール、マレーシア、タイ


■11(木)
【国内】
3月国際収支(8:50)
4月都心オフィス空室率(11:00)
4月景気ウォッチャー調査
30年国債入札

《決算発表》
日揮、雪印メグ、日清紡HD、コナミHD、小野薬、クラレ、旭化成、大日住薬、第一三共、HOYA、清水建、大和ハウス、フジHD、DeNA、SUMCO、日立化成、日本新薬、楽天、コニカミノルタ、ブリヂストン、太平洋セメ、三菱マ、住友鉱、日産自、島津製、ニコン、イオンFS、住友不、西武HD、JR九州、KDDI、セコム、サンドラッグ、ミスミG、ユー・エス・エス、パナソニック、スクエニHD

【海外】
BOE金融政策委員会
G7財務相・中央銀行総裁会議(~5/13 イタリア)
欧州委員会(EU)が春の経済見通し公表(18:00)
米4月生産者物価(21:30)
米30年国債入札

《米決算発表》
メーシーズ、コールズ、ノードストロム

休場:インドネシア


■12(金)
【国内】
4月マネーストック(8:50)
東京ディズニーシーに新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」オープン
オプションSQ

《決算発表》
ユニチャーム、鹿島、王子HD、大塚HD、JXTG、大成建、ヤクルト、三菱ケミHD、SMC、ルネサス、東急、阪急阪神、国際帝石、カルビー、明治HD、博報堂DY、日清食HD、ネクソン、日ペイントH、関西ペ、資生堂、昭和シェル、住友電、リクルートHD、アマダHD、日立、コンコルディア、いすゞ、スズキ、ヤマハ発、大日印、りそなHD、三井不

【海外】
米4月小売売上高(21:30)
米4月消費者物価(21:30)
米3月企業在庫(23:00)
米5月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/05/08(月) 08:15
 


おはようございます。

現在、日経CFD、19775円

現在は、フランス大統領が決まりリスクオン継続からユーロドル高く、ドル円は安定から112円台後半での推移。本日も寄り後も買い戻されるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、112.83円 172ドルから176ドル

 19406円から19858円


◆ おはようございます

2017/05/08(月) 08:07
 
■NYダウ
 21,006.94 +55.47
■ナスダック
 6,100.76 +25.42
■CME225(円建て)
 19,705 +225(大証比)
■ドイツDAX
 12,716.89 +69.11
■上海総合指数
 3,103.04 -24.33
■ドル円
 112.91

 5日のNY市場は上昇。4月雇用統計で非農業部門雇用者数が21.1万人増と予想を大きく上振れたほか、失業率が約10年ぶりの低水準に改善したことから、買いが先行。原油など商品先物相場の持ち直しを受けて石油や素材株が買われ相場を押し上げ、取引終了にかけて上げ幅拡大。この日の高値で取引を終えました。
 セクター別では、エネルギーや電気通信サービスが上昇する一方で銀行や医薬品・バイオテクノロジーが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、SUBARU<7270>、オリンパス<7733>が冴えない他は、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、キヤノン<7751>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル112.94円換算)で全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/05/08(月) 07:51
 
2017/5/8  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.349% (前日比-0.005%)     1.310% (前日比+0.004%)
英国     1.117% (前日比+0.001%)     0.135% (前日比+0.029%)
ドイツ     0.418% (前日比+0.024%)     -0.676% (前日比+0.023%)
ポルトガル 3.390% (前日比-0.033%)     0.439% (前日比+0.065%)
イタリア    2.165% (前日比-0.088%)     -0.126% (前日比-0.020%)
ギリシャ   5.838% (前日比-0.130%)       -
スペイン    1.558% (前日比-0.042%)     -0.287% (前日比-0.002%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/05/07(日) 14:19
 
連休も終わり明日から休養十分で市場に向かうことになるわけですが、警戒を伝えこの連休を見てしまったことを反省します。

さて連休中NYダウ下振れをほとんど起こさず週末高値引けの21006ドル・ナスダックにおいても堅調 雇用統計も市場予想を上回り米国の景気腰折れの警戒感が和らぎドル高・円安の動きが顕著に表れ113台に乗る場面もありました。6月の米国利上げがまずあるだろうとの見方で・・それで明日先物は買い気配で来るでしょう・・・

4月半ばの下落時においては、18500円がおそらく下げのメドだと伝え、さらに下がった場面では苦しい状況でしたが日足で連続陰線9本目と18300円を割る場面でもリバウンドするはずだ・・と伝えましたがここまで速いピッチで戻りが続くのは予想外でした。去年の暮れからの19000円前後での持ち合い(4か月)その後の下落そして今回の急騰劇・・為替がある程度動いたからという理由以上に驚きの値動きであります。

さて明日日経平均は年初来高値を抜く寄り付きとなりそうです。為替次第となるでしょうが節々をすんなり抜けていく強さを否定できません。
きちんとロスカットを決めて持ちを減らした個別株買いを増していきます。(個別株の解説は「海と風」のみ)株と言えば日経で有名な投資信託社長の見方が解説されていました。内容は急落に備えてキャシュポジションを高めたが、もう一つ大型株がぐんぐん上がるようになれば、小型株専門では運用成績が振るわなくなるので備えた意味もあるとのことであります。私も中・大型が上がると考えれば注力するつもりです。

後気になるところは本日のフランス選挙・今回はマサかはないと思いますが・あとVIX指数(恐怖指数)が10年ぶりの10.11という低水準10年ぶりということはその後リーマンショックが起きたということも頭の片隅に置いておきます。

弊社は株と先物のページを運営していますが、この二つについて投資することに対して私が思うことを一言書きます。

株は絶対的に上げ相場が有利であります。先物は上げも下げも関係なく先の読み勝負であります。特に万馬券は下げ相場で当たることが多いです。
特にオプションの買いは大穴狙いとなります。あっという間に2倍3倍どころではありません、何十倍にもなったりします。
今回を見てみましょう~

5月限ですが190プット4月の下げで何とか2倍・・下げた値幅は1000円幅でまずまずでしたが期間が少し長めでありました・・変わって190コール4月半ばの安値で買うことができたら5倍になっています。
いままで株と違う税金の関係もありなじみずらいという読者の方もいたと思いますがこちらにも少し力を入れていきます。
中長期な見方は桃太郎の「日経先物&FX 桃太郎」
殆ど当日決済の「日経225先物と釣り人」(しばらく無料でページ公開)となります。勿論株情報も今まで以上にしっかりと書いていきます。

「上げ相場は株で取れ!下げ相場は先物の売りで取れ!」こんな感じです。相場は簡単ではありませんがどうぞ私たちの解説ご覧ください。
今週もよろしくお願いします。


◆ 桃太郎

2017/05/05(金) 21:50
 
ドル安傾向となり、ユーロドル高値圏からユーロ円も戻り高値圏
ドル円は、ユーロ円持ち合いから、動きは低下。

NY次第とフランス大統領選挙次第。

そのまま。終わります。

NYCFD -2ドル 原油 45.42ドル VIX 10.29 -1.63%

日経CFD 19620円 


◆ 桃太郎

2017/05/05(金) 21:38
 
平均時給は、前年比低下、+2.5%
製造業雇用者数は、低下 予想より 4千人減、トランプさんうるさそう・・・
で、金利は上昇せず。


◆ 桃太郎

2017/05/05(金) 21:34
 
予想は、19万人 結果 21万1千人

失業率 低下 4.4%

動きは緩慢。


◆ 桃太郎

2017/05/05(金) 13:26
 
個人的に思う材料は、原油 大幅下落 44.17ドル
NYCFD -65ドル
上海 -0.68%「金利の上昇基調が警戒され、売り圧力が継続。また、原油価格の下落や金融当局の監督強化スタンスなども圧迫材料となっている」

ドルインデックス 98.74

ユーロドルは上昇が止まってません。

ドル円は、112.16円と50pipsは、利益となりますので、リスクある方はお願いします。今晩は、雇用統計となります。

持ち分の111.68円ロング分の 5万ドルは、112.28円で利益だししました。
+60pips

FX,117.86円ショートもち
117.86円(35万)。111.68ロングもち(5万),112.68円 5万ショートもち
ユーロ円、121.00円(5万).115.80(10万)ショートもち、122.80円(10万)ロングもち

米国タイムは、連絡します。


◆ 桃太郎

2017/05/04(木) 21:12
 
ユーロ高が、止まりません。

NYCFDもプラス41ドル
日経CFD 19636円とほぼ全値もどりとリスクオン
ただ、原油は、かなり下落に見え、インフレは抑制。


様子見ます


◆ 桃太郎

2017/05/03(水) 21:37
 
ボラを高める為か、急上昇。

112,35円

FOMC次第後のコメント


◆ 紋太郎

2017/05/03(水) 21:23
 
米国の4月ADP雇用統計は+17万7000人となった。予想は+17万5000人。

予想通り

ドル安 112.08

NYCFD -37ドル
日経CFD 19457円


◆ 大引け概況

2017/05/02(火) 15:35
 
■日経平均      19,445.70(+135.18)

■東証1部出来高    18.62億株

■東証1部売買代金   2.26兆円

■日経平均先物    19,480(+170)

■TOPIX        1,550.30(+10.53)

■騰落        上昇1,487/下落436

■マザーズ指数    1,041.54(+7.43)

■日経JQ       3,012.42(+15.18)

■ドル円       112.07
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、好業績株物色を支えに買いが先行。円相場がやや弱含んだこともあり、先物主導で上げ幅を拡大しました。
 後場は、前場に引き続き好業績株物色は根強いものの、明日からの大型連休を控えて利益確定売りも出やすく、売買が交錯する展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、不動産業、石油石炭製品、証券商品先物。一方、値下がりしたのは、海運業、水産・農林業、食料品のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場も高値持ち合いとなった。
欧州タイムからはユーロの巻き戻しも入り、ユーロドル上昇からドル円も上昇となった。来週明けも見ていきます。
ドル換算ベースは、173.63ドル +0.46%


◆ ご案内

2017/05/02(火) 14:46
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/05/02(火) 14:01
 
■日経平均      19,433.07(+122.55)

■日経平均先物    19,430(+120)

■TOPIX先物      1,551.00(+12.00)

■騰落        上昇1,501/下落413

■日経JQ       3,009.70(+12.46)

■マザーズ指数    1,037.62(+3.51)

■ドル円       111.88

■NYダウ夜間先物  +20

■上海総合指数後場の寄り付き 3,147.80 前日比-6.86 -0.22%

■指数大型      現値1,417.35  前日比+8.91

■指数中型      現値1,872.79  前日比+13.92

■指数小型      現値2,887.03  前日比+23.37


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/02(火) 12:41
 
ランチバスケットは14件、117.48億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/02(火) 11:41
 
■日経平均      19,446.18(+135.66)

■東証1部出来高    9.05億株

■東証1部売買代金   1.07兆円

■日経平均先物    19,440(+130)

■TOPIX        1,551.53(+11.76)

■騰落        上昇1,579/下落325

■マザーズ指数    1,037.66(+3.55)

■日経JQ       3,007.11(+9.87)

■ドル円       111.87
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、好業績株物色を支えに買いが先行。円相場がやや弱含んだこともあり、先物主導で上げ幅を拡大。その後も高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、不動産業、証券商品先物、ガラス土石製品。一方、値下がりしたのは、水産・農林業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、買戻しから上昇。為替の安定も下支え。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、173.81ドル +0.57%。


◆ なぎさ

2017/05/02(火) 11:10
 
釣り人さんのミニ先物短期売買。リアルタイムで書きこまれています。よろしかったらご覧下さい。

■日経225先物と釣り人
http://d-umihe.com/nikkei225/


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.24%

2017/05/02(火) 10:26
 
上海総合指数 3,147.23 前日比 -7.43 -0.24%


◆ 10時の概況

2017/05/02(火) 10:01
 
■日経平均      19,453.18(+142.66)

■日経平均先物    19,450(+140)

■TOPIX先物      1,553.00(+14.00)

■騰落        上昇1,553/下落336

■日経JQ       3,006.84(+9.60)

■マザーズ指数    1,037.00(+2.89)

■ドル円       111.88

■NYダウ夜間先物  +41

■指数大型      現値1,419.21  前日比+10.77

■指数中型      現値1,875.08  前日比+16.21

■指数小型      現値2,887.17  前日比+23.51


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/02(火) 09:54
 
おはようございます。

東京市場はGWど真ん中!
取引参加者は少ない中でも戻りを試す展開となっている。
またGW中に米国では経済指標の発表が相次ぐことから投資家の多くはは取引を手控えるだろう。

しかし、我々としては北朝鮮の行動以外は特に問題はないと考えている。
そこでだが、先ず今朝は東京市場を分析している若手からこの銘柄は自信があるような口調で、信用取引において売り残が残りテーマ性や成長から××××××に関してはここから×××円方向の株価が期待できそうだと。

そして、もう1つは新興市場からであるが、私が東京市場の動向を聞いている友人で非常に銘柄探検に優れている方から、たまたま昨夜連絡を頂き面白そうな銘柄はないのか?と質問したところ×××××××××を伝えてきた。同社は介護付き老人ホームを始めリゾート事業などやアジア地域での富裕層向けが特徴で、昨日から民放でCMが始まり日本、中国などの高齢化社会からならと。また最近急騰している×××××××××と比較しても時価は割安にみえここから面白そうだなと。

本日の先物レンジ
GW中は特に問題はないだろうと考えている。
×××××~×××××円
個別銘柄は強い動きを示すだろう。


◆ 外資系の注文動向

2017/05/02(火) 08:24
 
 2日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り470万株、買い660万株で、差し引き190万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、自動車、陸運、ガラス、小売、サービスなど。
 買いセクターに、小売、商社、その他製品、不動産、情報通信、電機、機械など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/05/02(火) 08:22
 
■国内(2日)
4月マネタリーベース(8:50)
3月15・16日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨

《決算発表》
伊藤忠、中部飼、夢真HD、夢テクノロジ、ダイナック、ジョイ本田、アイスタイル、プロシップ、多木化、長府製、三井海洋、JUKI、TOA、JIA、オリンパス、ブラインド、福田組、EPS、ITFOR、長瀬産、スパークスG、太陽HD、アクシアル

■海外(2日)
豪州準備銀行理事会
ユーロ圏3月失業率(18:00)
米FOMC(~5/3)
米4月自動車販売台数
中国4月財新製造業PMI(10:45)

《米決算発表》
コーチ、マスターカード、アップル、モンデリーズ・インターナショナル、ウエスタンユニオン・カンパニー、WECエナジー・グループ、メルク、ファイザー、ギリアド・サイエンシズ、モザイク、アフィリエーテッド・マネジャーズ・グループ、フィディリティ・ナショナルインフォメーション・サービス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/05/02(火) 08:20
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19353円 +42円

NYは、ダウ平均は27.05ドル安の20913.46、ナスダックは44.00ポイント高の6091.60で取引を終了した。米議会の与野党幹部が9月末までの会計予算案で合意し、政府機関閉鎖への懸念後退から買いが先行。ハイテク株を中心に買いが広がったものの、原油安に加えてインフレ指標の一つであるPCEコア指数が前月から減少し、4月ISM製造業景況指数が予想を下振れた。また、明日から開催される連邦公開市場委員会(FOMC)での発表内容を見極めたいと思惑から手控えムードとなり、終日上値の重い展開となった。ナスダック総合指数は最高値を更新した。

日経ですが、昨日もしっかりした展開となり引けまで買戻しが続いた。
本日は、米国経済指標が良くないですが、ドルは朝方は安定から買戻しが続くか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.82円 170ドルから174ドル

 19004円から19456円


◆ おはようございます

2017/05/02(火) 08:17
 
■NYダウ
 20,913.46 -27.05
■ナスダック
 6,091.60 +43.99
■CME225(円建て)
 19,345 +35(大証比)
■欧州、中国本土市場はメーデーにつき休場
■ドル円
 111.94

 1日のNY市場はまちまち。米議会の与野党が9月までの連邦予算案で合意し、政府機関の閉鎖は避けられる可能性が高まったことで買い安心感が広がり買いが先行。主力のハイテク株が軒並み上げ、買いが広がったものの、原油安に加えてPCEコア指数が前月から減少し、4月ISM製造業景況指数が予想を下振れたことが相場の重しとなりました。
 また、明日から開催されるFOMCでの発表内容を見極めたいと思惑から手控えムードとなり、終日上値の重い展開となりました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や銀行が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや電気通信サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル111.91円換算)で全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り一覧

2017/05/02(火) 08:07
 
2017/5/2  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.318% (前日比+0.038%)     1.274% (前日比+0.012%)
英国     1.085% (前日比+0.000%)     0.075% (前日比+0.000%)
ドイツ     0.317% (前日比+0.000%)     -0.733% (前日比+0.000%)
ポルトガル 3.545% (前日比+0.000%)     0.434% (前日比+0.000%)
イタリア    2.282% (前日比+0.000%)     -0.077% (前日比+0.000%)
ギリシャ   6.344% (前日比+0.000%)       -
スペイン    1.648% (前日比+0.000%)     -0.257% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ ご案内

2017/05/01(月) 15:46
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 大引け概況

2017/05/01(月) 15:43
 
■日経平均      19,310.52(+113.78)

■東証1部出来高    17.60億株

■東証1部売買代金   2.21兆円

■日経平均先物    19,310(+110)

■TOPIX        1,539.77(+7.97)

■騰落        上昇1,337/下落571

■マザーズ指数    1,034.11(+3.65)

■日経JQ       2,997.24(+18.69)

■ドル円       111.70

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は、前週末の米国株安が重しとなり、売り先行で始まりました。寄り付き直後は1万9144円62銭(前週末比52円12銭安)まで下げましたが売り一巡後は、好業績銘柄への物色を支えに上げに転じ、日経先物買いを交えて堅調に推移。後場も堅調な地合いが続き、日経平均は大引けにかけて上げ幅を拡大しました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気機器、ガラス土石製品、卸売業でした。一方、値下がり上位は、空運業、石油石炭製品、海運業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数と共に反発しました。

■桃太郎
後場も引けにかけて続伸となりしっかりな展開となった。明日も見ていきます。ドル換算ベースは、172.83ドル +0.08%でした。


◆ 14時の概況

2017/05/01(月) 14:02
 
■日経平均      19,287.40(+90.66)

■日経平均先物    19,290(+90)

■TOPIX先物      1,537.00(+7.00)

■騰落        上昇1,181/下落697

■日経JQ       2,996.32(+17.77)

■マザーズ指数    1,034.29(+3.83)

■ドル円       111.63

■NYダウ夜間先物  +16

■上海総合指数後場の寄り付き 2,966.33 前日比+1.63 +0.06%

■指数大型      現値1,406.50  前日比+5.14

■指数中型      現値1,855.36  前日比+5.92

■指数小型      現値2,857.78  前日比+12.28


◆ 釣り人

2017/05/01(月) 13:46
 
■釣り人
日経平均は静かな動きです。「日経225先物と釣り人」全くページは完成してませんが時折書きこんでいきます。こちらのページをご覧なって見て下さい。

■日経225先物と釣り人
http://d-umihe.com/nikkei225/


◆ お昼のバスケット取引

2017/05/01(月) 12:50
 
ランチバスケットは19件、186.26億円。
差し引き60億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/05/01(月) 12:02
 
■日経平均      19,274.99(+78.25)

■東証1部出来高    9.05億株

■東証1部売買代金   1.13兆円

■日経平均先物    19,280(+80)

■TOPIX        1,535.81(+4.01)

■騰落        上昇1,056/下落803

■マザーズ指数    1,033.15(+2.69)

■日経JQ       2,996.37(+17.82)

■ドル円       111.67

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は、前週末の米国株安が重しとなり、売り先行で始まりましたが、寄り付き直後に1万9144円62銭(前週末比52円12銭安)まで下げましたが売り一巡後は、好業績銘柄への物色を支えに上げに転じ、日経先物買いを交えて堅調に推移しました。

 業種別では、値下がり上位は、空運業、石油石炭製品、鉱業。一方、値上がり上位は、電気機器、保険業、精密機器となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。

 TOPIX、マザーズ指数と共に反発しました。

■桃太郎
前場は、安寄り後持ち合いから業績期待もあり円の上昇から、戻り高値付近となった。後場も見ていきます。ドル換算ベースは、172.62ドル -0.04%でした。


◆ 1日(月)の中国本土市場はメーデーのため休場

2017/05/01(月) 10:24
 
1日(月)の中国本土市場はメーデーのため休場。


◆ 10時の概況

2017/05/01(月) 10:01
 
■日経平均      19,232.51(+35.77)

■日経平均先物    19,230(+30)

■TOPIX先物      1,532.50(+2.50)

■騰落        上昇921/下落917

■日経JQ       2,991.98(+13.43)

■マザーズ指数    1,031.58(+1.12)

■ドル円       111.42

■NYダウ夜間先物  -2

■指数大型      現値1,401.93  前日比+0.57

■指数中型      現値1,850.13  前日比+0.69

■指数小型      現値2,850.09  前日比+4.59


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/05/01(月) 09:17
 
おはようございます。

週末にまた北朝鮮はミサイル実験を試みたようだ。
相変わらず彼等の行動に理解できないのが現実。
ただこれ以上孤立して彼等は何を望んでいるのか?
更なる経済制裁を受け強がりにも限界が来るのは時間の問題であろうし、これ以上米国トランプ氏を甘く見ていると・・・・・・
さて、東京市場は連休の谷間!であるが、今週は世界的に経済指標が発表されマーケット関係者は動き辛いのかもしれないが我々的には普通なら時間軸からならば何の心配はない。
心配するとするならば確率はまだ低いが北朝鮮との地政学的リスクくらいだ。


本日の先物レンジ

~以下会員ページ~

・・・買い場になるだろう。


◆ 外資系の注文動向

2017/05/01(月) 08:27
 
 5月1日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り460万株、買い850万株で、差し引き390万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、ゴム、食品、空運、陸運、建設、機械など。
 買いセクターに、小売、自動車、食品、電機、情報通信、空運など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/05/01(月) 08:14
 
■5/1(月)
【国内】
4月新車販売台数(14:00)
クミアイ化学工業とイハラケミカル工業が経営統合

《決算発表》
双日、伊藤忠食、マクニカ富士、エステー、ハリマ化成G、ローム、マクロミル、セプテーニHD、CTC、ポーラオルHD、島精機、京セラ、ヤマハ、コカコーラBJI、GMOPG、ロイヤルHD

【海外】
米3月個人所得・個人支出(21:30)
米4月ISM製造業景況指数(23:00)
米3月建設支出(23:00)

《米決算発表》
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ、ロウズ、ノーブル・エナジー、カーディナルヘルス

休場:メーデー、レーバーデーにより欧州、アジア主要市場が休場


■2(火)
【国内】
4月マネタリーベース(8:50)
3月15・16日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
黒田日銀総裁が講演

《決算発表》
伊藤忠、中部飼、夢真HD、夢テクノロジ、ダイナック、ジョイ本田、アイスタイル、プロシップ、多木化、長府製、三井海洋、JUKI、TOA、JIA、オリンパス、ブラインド、福田組、EPS、ITFOR、長瀬産、スパークスG、太陽HD、アクシアル

【海外】
TPP11カ国主席交渉官会談(~3日)
豪州準備銀行理事会
ユーロ圏3月失業率(18:00)
米FOMC(~5/3)
米4月自動車販売台数
中国4月財新製造業PMI(10:45)

《米決算発表》
コーチ、マスターカード、アップル、モンデリーズ・インターナショナル、ウエスタンユニオン・カンパニー、WECエナジー・グループ、メルク、ファイザー、ギリアド・サイエンシズ、モザイク、アフィリエーテッド・マネジャーズ・グループ、フィディリティ・ナショナルインフォメーション・サービス


■3(水)
【国内】
憲法記念日

【海外】
英議会が解散
欧州委員会が英離脱の「交渉指令」を提案
ユーロ圏1-3月期GDP(18:00)
米4月ADP雇用統計(21:15)
米4月ISM非製造業景況指数(23:00)

《米決算発表》
タイムワーナー、インターコンチネンタル・エクスチェンジ、マイクロチップ・テクノロジー、フェイスブック、メットライフ、プルデンシャル・ファイナンシャル、トランスオーシャン、アメリカン・インターナショナル・グループ、デルファイ・オートモーティブ

休場:香港、韓国


■4(木)
【国内】
みどりの日
アジア開発銀行(ADB)年次総会(~5/7 横浜)

【海外】
ユーロ圏3月小売売上高(18:00)
米3月貿易収支(21:30)
米3月製造業受注(23:00)

《米決算発表》
モトローラ・ソリューションズ、ケロッグ、スクリップス・ネットワークス・インタラクティブ、ガートナー、インサイトマラソン・オイル、アクティビジョン・ブリザード


■5(金)
【国内】
こどもの日

【海外】
米4月雇用統計(21:30)
フィッシャーFRB副議長が講演(カリフォルニア州スタンフォード)
米3月消費者信用残高(5/6 4:00)

《米決算発表》
ムーディーズ、シグナ、センターポイント・エナジー、アメレン

休場:タイ、韓国

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/05/01(月) 08:11
 
■NYダウ
 20,940.51 -40.82
■ナスダック
 6,047.61 -1.33
■CME225(円建て)
 19,215 +15(大証比)
■ドイツDAX
 12,438.01 -5.78
■上海総合指数
 3,154.66 +2.47
■ドル円
 111.31

 28日のNY市場は下落。1-3月期GDP速報値が3年ぶりの低水準となり、寄付き後から下落。米議会が1週間の短期予算案を可決し、政府機関の一部閉鎖を回避したものの、今後も閉鎖リスクは残るため、好感した買いは限定的に。また、一部ハイテク大手の決算内容が嫌気され、上値の重い展開となりました。
 セクター別では、ソフトウェア・サービスやヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や耐久消費財・アパレルが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>が冴えない他は、日東電<6988>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、三菱電<6503>、日鉄住金<5401>、京セラ<6971>など対東証比較(1ドル111.49円換算)で全般堅調となりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/05/01(月) 07:56
 


おはようございます。

現在、日経CFD、19180円 -19円

朝の為替状況も多少のリスク回避の動きがみられますが、111円台前半での持ち合い。
本日も持ち合いとなりそうである。

想定レンジ、為替、111.30円 170ドルから174ドル

 18921円から19366円


◆ 各国債券利回り

2017/05/01(月) 07:28
 
2017/5/1  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.280% (前日比-0.014%)     1.262% (前日比+0.004%)
英国     1.085% (前日比+0.021%)     0.075% (前日比+0.001%)
ドイツ     0.317% (前日比+0.021%)     -0.733% (前日比+0.006%)
ポルトガル 3.545% (前日比+0.085%)     0.434% (前日比+0.072%)
イタリア    2.282% (前日比+0.038%)     -0.077% (前日比+0.005%)
ギリシャ   6.344% (前日比-0.033%)       -
スペイン    1.648% (前日比+0.022%)     -0.257% (前日比-0.012%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず