日経平均先物と釣り人と桃太郎(タイトル)
日経平均先物と釣り人と桃太郎のTOPへ

2017/03

◆ 大引け概況

2017/03/31(金) 15:25
 
■日経平均      18,909.26(-153.96)

■東証1部出来高    22.22億株

■東証1部売買代金   2.58兆円

■日経平均先物    18,910(-160)

■TOPIX        1,512.60(-14.99)

■騰落        上昇270/下落1,677

■マザーズ指数    1,070.89(+6.27)

■日経JQ       3,045.84(+9.61)

■ドル円       111.83
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国株高や円弱含みを受け朝方は買いが先行。その後やや伸び悩む場面もありましたが、円安・ドル高を支えに堅調に推移しました。
 後場は、利益確定売りに押され上げ幅を縮小してスタート。年度末要因から機関投資家による利益出しの売りが出やすいこともあり、後場中ごろには下落に転じ、マイナス圏で本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、倉庫運輸関連、水産・農林業、鉱業。一方、値上がりしたのは、電気・ガス業のみとなりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場は、再び下げる展開となり、19000円割れとなった。
指標にしてるトヨタ(7203)は、6042円 -69円と今年最安値で引けた。
来週は、米国主要経済指標も多くなりますので見ていきます。

ドル換算ベースは、3日続落で170ドル割れ169.03ドル
-1.41%と大幅下落となった。


◆ ご案内

2017/03/31(金) 14:43
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/31(金) 14:01
 
■日経平均      19,070.20(+6.98)

■日経平均先物    19,050(-20)

■TOPIX先物      1,527.50(-1.50)

■騰落        上昇858/下落1,007

■日経JQ       3,050.34(+14.11)

■マザーズ指数    1,075.97(+11.35)

■ドル円       112.08

■NYダウ夜間先物  -30

■上海総合指数後場の寄り付き 3,220.17 前日比+9.94 +0.31%

■指数大型      現値1,403.26  前日比+1.29

■指数中型      現値1,833.55  前日比+1.49

■指数小型      現値2,844.79  前日比+0.04


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/31(金) 12:37
 
ランチバスケットは20件、174.46億円。
差引き30億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/31(金) 11:53
 
■日経平均      19,188.83(+125.61)

■東証1部出来高    8.42億株

■東証1部売買代金   0.91兆円

■日経平均先物    19,190(+120)

■TOPIX        1,538.27(+10.68)

■騰落        上昇1,380/下落503

■マザーズ指数    1,077.19(+12.57)

■日経JQ       3,050.27(+14.04)

■ドル円       112.10

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。30日の米国株高や円弱含みを受け買い優勢でスタート。その後やや伸び悩む場面もありましたが、1ドル=112円台への円安・ドル高を支えに小じっかりとした動き。終盤にはこの日の高値となる1万9210円92銭(前日比147円70銭高)まで上昇し、堅調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、電気・ガス業、建設業でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、海運業、食料品となりました。

 TOPIXは続落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は、小幅持ち合いとなり推移。
トレンドレスは続いてます。後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、171.19ドル -0.15%と続落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.12%

2017/03/31(金) 10:27
 
上海総合指数 3,206.25 前日比 -3.99 -0.12%


◆ 10時の概況

2017/03/31(金) 10:01
 
■日経平均      19,176.44(+113.22)

■日経平均先物    19,170(+100)

■TOPIX先物      1,537.00(+8.00)

■騰落        上昇1,365/下落483

■日経JQ       3,051.96(+15.73)

■マザーズ指数    1,077.96(+13.34)

■ドル円       112.08

■NYダウ夜間先物  -16

■指数大型      現値1,410.83  前日比+8.86

■指数中型      現値1,844.69  前日比+12.63

■指数小型      現値2,859.86  前日比+15.11


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/31(金) 09:17
 
本日、30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)はお休みです。


◆ 2月の鉱工業生産は前月比2.0%増加

2017/03/31(金) 09:05
 
経済産業省が31日に発表した2月の鉱工業生産指数の速報値は前月比2.0%の増加の102.2だった。
プラスは2カ月ぶり。


◆ 釣り人

2017/03/31(金) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19180、前日比110円高のところ。
ドル円111.70、昨晩円安が進んだのですが、日本時間に入り、少し円高に振れているところ。
NYダウ69ドル高。
ナスダック4日続伸、16ポイント高。
昨日後場から日経平均が崩れたわけですが、日銀によるETF買いが入らないということが、下げを強めたみたいです。
為替も後場は少し円高に振れたことが原因と思われます。
かなり不安定な状況でしたので、嫌な感じを受けたものです。
それを払拭する本日となるのか?
主体別動向を見ますと、海外投資家は6週連続の売り越し。累計1兆1000億。4月に入ると買いが入りやすいという過去の事例はありますが、果たしてどうなのか?
そのあたりを予測する本日となりそうです。
3月最終日、頑張っていきます。


◆ 外資系の注文動向

2017/03/31(金) 08:28
 
 31日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1280万株、買い1050万株で、差し引き230万株の売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、化学、電機、銀行、その他製品、金属、陸運など。
 買いセクターに、不動産、サービス、電機、通信、化学、その他製品、食品、商社など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/31(金) 08:24
 
■国内(31日)
2月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
2月家計調査(8:30)
2月消費者物価指数(8:30)
2月鉱工業生産(8:50)
2月住宅着工件数(14:00)

《決算発表》
トライステージ、トシンG、スター・マイカ、ニイタカ、日本エンタ、USEN、ミルボン、宝印刷、象印、キユソー流通、タキヒヨー

■海外(31日)
中国3月製造業PMI(10:00)
中国3月非製造業PMI(10:00)
米2月個人所得・個人支出(21:30)
米3月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/03/31(金) 08:20
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19190円 +126円

NYは、ダウ平均は69.17ドル高の20728.49、ナスダックは16.80ポイント高の5914.34で取引を終了した。堅調な10-12月期GDP確定値や、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したことが好感され、米景気への楽観的な見方が優勢となり、買いが先行。トランプ政権に対する先行き不透明感が上値を抑えたが、原油相場の上昇も好感され、終日堅調推移となった。ナスダックは5連騰となっている。

日経ですが、昨日は、14時過ぎの欧州タイムとなって下落した。ユーロ円の軟調もありそうだ。ただ、為替リンク度は薄く本日年度末要因もありそうである。
本日も持ち合いなのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.78円 170ドルから174ドル

 19002円から19449円


◆ おはようございます

2017/03/31(金) 08:19
 
■NYダウ
 20,728.49 +69.17
■ナスダック
 5,914.34 +16.79
■CME225(円建て)
 19,180 +110(大証比)
■ドイツDAX
 12,256.43 +53.43
■上海総合指数
 3,210.24 -31.07
■ドル円
 111.78

 30日のNY市場は上昇。堅調な10-12月期GDP確定値や、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したことが好感され、買いが先行。また、原油高も相場を押し上げ、終日堅調推移となりました。
 セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや公益事業が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル111.85円換算)で全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/31(金) 07:55
 
2017/3/31  7時16分現在

         10年債                      2年債
米国     2.420% (前日比+0.043%)     1.282% (前日比+0.012%)
英国     1.121% (前日比-0.029%)     0.108% (前日比-0.033%)
ドイツ     0.333% (前日比-0.011%)     -0.735% (前日比+0.010%)
ポルトガル 3.950% (前日比-0.053%)     0.613% (前日比+0.014%)
イタリア    2.148% (前日比+0.011%)     -0.063% (前日比+0.005%)
ギリシャ   6.954% (前日比+0.006%)       -
スペイン    1.649% (前日比+0.006%)     -0.191% (前日比+0.007%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/30(木) 15:26
 
■日経平均      19,063.22(-154.26)

■東証1部出来高    18.49億株

■東証1部売買代金   2.06兆円

■日経平均先物    19,070(-150)

■TOPIX        1,527.59(-14.48)

■騰落        上昇338/下落1,572

■マザーズ指数    1,064.62(-7.70)

■日経JQ       3,036.23(-3.55)

■ドル円       111.17
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株安を受けて朝方は売りが先行。手掛かり材料に乏しいことに加え、戻り待ちの売り圧力が強く、小幅安水準で軟調に推移しました。
 後場は、売りが先行。円相場が高止まりするなか、利益確定の売りに押され、先物主導で下げ幅を拡大。また、日銀のETF買い期待が後退したことも相場の重しになりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気・ガス業、パルプ・紙、陸運業。一方、値上がりしたのは、石油石炭製品、非鉄金属、鉱業のみとなりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は、持ち合いから下落となった。
19000円台は維持なのか明日以降見ていきます。
ドル換算ベースは、171.45ドル -0.84%と続落である。


◆ ご案内

2017/03/30(木) 14:46
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/30(木) 14:01
 
■日経平均      19,089.88(-127.60)

■日経平均先物    19,080(-140)

■TOPIX先物      1,530.00(-12.00)

■騰落        上昇443/下落1,451

■日経JQ       3,042.48(+2.70)

■マザーズ指数    1,068.09(-4.23)

■ドル円       111.28

■NYダウ夜間先物  +16

■上海総合指数後場の寄り付き 3,202.14 前日比+39.17 -1.21%

■指数大型      現値1,405.03  前日比-7.57

■指数中型      現値1,835.67  前日比-19.61

■指数小型      現値2,852.06  前日比-22.51


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/30(木) 12:36
 
ランチバスケットは20件、232.68億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/03/30(木) 11:39
 
■日経平均      19,169.92(-47.56)

■東証1部出来高    8.49億株

■東証1部売買代金   0.88兆円

■日経平均先物    19,160(-60)

■TOPIX        1,537.81(-4.26)

■騰落        上昇585/下落1,274

■マザーズ指数    1,076.40(+4.08)

■日経JQ       3,045.98(+6.20)

■ドル円       111.35
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株安を受けて朝方は売りが先行。寄り付き後は前日終値水準まで戻す場面も見られましたが、手掛かり材料に乏しいことに加え、戻り待ちの売り圧力が強く、小幅安水準で軟調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、水産・農林業、その他製品でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、鉱業、非鉄金属となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、小幅安、持ち合いとなった。
寄り後は、トレンドレスは続いてます。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、172.16ドル -0.43%と続落である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.19%

2017/03/30(木) 10:26
 
上海総合指数 3,235.14 前日比 -6.17 -0.19%


◆ 10時の概況

2017/03/30(木) 10:01
 
■日経平均      19,186.40(-31.08)

■日経平均先物    19,180(-40)

■TOPIX先物      1,538.50(-3.50)

■騰落        上昇559/下落1,319

■日経JQ       3,042.43(+2.65)

■マザーズ指数    1,077.90(+5.58)

■ドル円       111.35

■NYダウ夜間先物  +34

■指数大型      現値1,409.70  前日比-2.90

■指数中型      現値1,848.36  前日比-6.92

■指数小型      現値2,866.01  前日比-8.56


◆ 外資系の注文動向

2017/03/30(木) 08:18
 
 30日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1330万株、買い960万株で、差し引き370万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、機械、その他製品、サービス、建設、電力、ガス、食品、化学、REIT、情報通信、証券、陸運など。
 買いセクターに、化学、電機、機械、商社、電力、建設など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/30(木) 08:11
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19170円 -48円

NYは、ダウ平均は42.18ドル安の20659.32、ナスダックは22.41ポイント高の5897.55で取引を終了した。主要経済指標の発表がない中、昨日の上昇を受けた利益確定の動きから売りが先行。ハイテク株が選好されたほか、原油相場の上昇が好感されたものの、トランプ政権による政策実行への不透明感が上値を抑える展開となった。

昨日は、小幅高となった。
為替推移の下支えもあり小幅持ち合いとなった。
本日も下値は限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.11円 170ドルから174ドル

 18887円から19333円


◆ 本日の予定

2017/03/30(木) 08:07
 
■国内(30日)
東芝の臨時株主総会
2年国債入札

《決算発表》
夢の街、ERI HD、ストライク、マルマエ

■海外(30日)
米10-12月期GDP確定値(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/30(木) 08:05
 
■NYダウ
 20,659.32 -42.18
■ナスダック
 5,897.55 +22.41
■CME225(円建て)
 19,165 -55(大証比)
■ドイツDAX
 12,203.00 +53.58
■上海総合指数
 3,241.31 -11.64
■ドル円
 111.06

 30日のNY市場はまちまち。主要経済指標の発表がない中、昨日の上昇を受け朝方から売りが先行。ハイテク株が選好されたほか、原油相場の上昇が好感されたものの、トランプ米大統領の政権運営に対する警戒感が根強く、上値を抑える展開となりました。また、金利低下により金融株が下げたことも相場の重しとなりました。
 セクター別では、エネルギーや小売が上昇する一方で保険や銀行が下落。
 ADRの日本株は三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>、日鉄住金<5401>、京セラ<6971>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、日東電<6988>が冴えないなど、対東証比較(1ドル111.03円換算)で高安まちまち。


◆ 各国債券利回り

2017/03/30(木) 07:46
 
2017/3/30  7時15分現在

         10年債                      2年債
米国     2.377% (前日比-0.041%)     1.270% (前日比-0.032%)
英国     1.150% (前日比-0.042%)     0.141% (前日比-0.036%)
ドイツ     0.344% (前日比-0.044%)     -0.745% (前日比-0.046%)
ポルトガル 4.003% (前日比-0.068%)     0.599% (前日比-0.026%)
イタリア    2.137% (前日比-0.024%)     -0.068% (前日比-0.006%)
ギリシャ   6.948% (前日比-0.164%)       -
スペイン    1.643% (前日比-0.037%)     -0.198% (前日比+0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/03/29(水) 20:57
 
ユーロ円訂正で、119.12円決済しました。

+163pips

残りは保留。

しかし指数は、反応薄・・・


◆ 大引け概況

2017/03/29(水) 15:33
 
■日経平均      19,217.48(+14.61)

■東証1部出来高    17.51億株

■東証1部売買代金   2.15兆円

■日経平均先物    19,220(+180)

■TOPIX        1,542.07(-2.76)

■騰落        上昇716/下落1,158

■マザーズ指数    1,072.32(+27.89)

■日経JQ       3,039.78(-1.70)

■ドル円       111.14

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続伸しました。前日の米国株高や円安・ドル高を支えに朝方は買いが先行。買い一巡後は、外部環境の不透明感が強いことや配当・株主優待の権利を確定した売りが出やすいこともあり、小安く推移しました。
 後場は、新規の手掛かり材料に乏しいこともあり、様子見気分が強く小幅な上げ下げを繰り返す方向感に欠く展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、空運業、建設業、その他金融業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、電気・ガス業、鉱業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場も持ち合いが続き、引けはプラス圏での引けとなった。
明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、172.91ドル -0.38%となった。


◆ ご案内

2017/03/29(水) 14:55
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/29(水) 14:02
 
■日経平均      19,212.09(+9.22)

■日経平均先物    19,210(+170)

■TOPIX先物      1,542.50(+13.00)

■騰落        上昇669/下落1,222

■日経JQ       3,036.13(-5.35)

■マザーズ指数    1,071.00(+26.57)

■ドル円       111.16

■NYダウ夜間先物  +2

■上海総合指数後場の寄り付き 3,258.59 前日比+5.64 +0.17%

■指数大型      現値1,413.29  前日比-1.99

■指数中型      現値1,855.72  前日比-1.76

■指数小型      現値2,871.73  前日比-11.45


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/29(水) 12:40
 
ランチバスケットは8件、169.10億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/29(水) 11:46
 
■日経平均      19,197.35(-5.52)

■東証1部出来高    9.43億株

■東証1部売買代金   1.1兆円

■日経平均先物    19,190(+150)

■TOPIX        1,541.96(-2.87)

■騰落        上昇600/下落1,309

■マザーズ指数    1,066.69(+22.26)

■日経JQ       3,031.28(-10.20)

■ドル円       111.26

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反落しました。前日の米国株高や円安・ドル高を支えに朝方は買いが先行。一時3月期末配当落ち分を埋める1万9251円30銭まで上昇する場面も見られました。買い一巡後は、英国によるEU離脱手続き開始の通告などを控え、引き続き外部環境の不透明感が強いことや配当・株主優待の権利を確定した売りが出やすいこともあり、小安く推移しました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、空運業、建設業、パルプ・紙でした。一方、値上がり上位は、電気・ガス業、石油石炭製品、鉱業となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後は、持ち合いとなった。
寄り後のトレンドレスは続いている。後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、172.56ドル -0.58%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.00%

2017/03/29(水) 10:26
 
上海総合指数 3,252.87 前日比 -0.08 -0.00%


◆ 10時の概況

2017/03/29(水) 10:01
 
■日経平均      19,194.46(-8.41)

■日経平均先物    19,190(+150)

■TOPIX先物      1,540.50(+11.00)

■騰落        上昇551/下落1,344

■日経JQ       3,025.15(-16.33)

■マザーズ指数    1,062.22(+17.79)

■ドル円       111.12

■NYダウ夜間先物  -4

■指数大型      現値1,411.23  前日比-4.05

■指数中型      現値1,853.60  前日比-3.88

■指数小型      現値2,865.62  前日比-17.56


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/29(水) 09:13
 
おはようございます。

昨日の日経平均は配当再投資がマーケットを支えていたように思われる。
また為替も以前皆様にはお伝えしただろうが、目先我々の想定していた対ドル110円台までの調整が行われたことから暫くは落ち着いた環境だと思われる。
そこで今日は、配当落ち分を吸収して堅調な展開となるのか?に注目だろう。
その中、米国の半導体指数SOXは高値圏で推移しており日本株の半導体関連銘柄は押し目買いには良さそうなイメージを持っている。
そこでだがまだまだ出遅れ感があり先月に1度160円台で紹介した・・・。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/03/29(水) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19170前日比130円高のところです。ドル円111.19、昨日の円安の流れを引き継いでおります。NYダウ150ドル高の大幅高。八手九手の話を良くしますが八本の連続下落。売り方は当然いつ買い戻そうかとタイミングを見計らうものです。その限界が八本目九本目買ってるとき八日連続高していたら売ってみるのも一つの方法でしょう。さて、本日より大多数の企業は新営業年度となります。新たな気持ちで向かっていきます。売り越しに転じていた外国人投資家が買いに入ってくるか!?明日から大いに気になることろであります。個別株、配当落ちや分割銘柄色々とあります。落ち後の値動き予想していきます。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/29(水) 08:24
 


おはようございます。

日経CFD 19185円 

NYは、ダウ平均は150.52ドル高の20701.50、ナスダックは34.77ポイント高の5875.14で取引を終了した。朝方はトランプ政権への懸念が根強く、小動き。原油相場の上昇や、2月卸売在庫、3月消費者信頼感指数が予想を上振れたことが好感され、堅調推移となった。連日の株価下落で買い戻しも広がった。

昨日は、買戻しから高く推移した。
為替リンク度薄く、期末の動きかと思う。
本日も111円台前半での推移となっていることで、下値も限定的に買い戻されるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.18円 171ドルから174ドル

 19011円から19345円


◆ 外資系の注文動向

2017/03/29(水) 08:23
 
 29日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1960万株、買い1380万株で、差し引き580万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、銀行、小売、電気機器、電力ガス、建設、輸送用機器、化学、鉄鋼、サービス、陸運など。
 買いセクターに、電気機器、医薬品、その他金融、機械、繊維など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/29(水) 08:09
 
■国内(29日)
2月商業販売統計(8:50)

■海外(29日)
米2月中古住宅販売仮契約(23:00)
米7年国債入札
英国が欧州連合(EU)に離脱を通知

《米決算発表》
ペイチェックス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/29(水) 08:07
 
■NYダウ
 20,701.50 +150.52
■ナスダック
 5,875.14 +34.77
■CME225(円建て)
 19,185 +145(大証比)
■ドイツDAX
 12,149.42 +153.35
■上海総合指数
 3,252.95 -14.01
■ドル円
 111.17

 28日のNY市場は上昇。前日まで約6年ぶりに8日続落していた反動に加え、原油相場の上昇や、2月卸売在庫、3月消費者信頼感指数が予想を上振れたことが好感され、堅調推移となりました。アップルが株式分割考慮後の上場来高値を更新するなどハイテク株に買いが続いたことも相場を支えました。
 セクター別では医薬品・バイオテクノロジーを除いて全面高となり、自動車・自動車部品や運輸の上昇が目立ちました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、三菱商<8058>、ファーストリテ<9983>が堅調。半面、NTT<9432>、任天堂<7974>、富士重<7270>、エーザイ<4523>が冴えないなど、対東証比較(1ドル111.08円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/29(水) 07:52
 
2017/3/29  7時12分現在

         10年債                      2年債
米国     2.418% (前日比+0.040%)     1.302% (前日比+0.049%)
英国     1.192% (前日比+0.025%)     0.177% (前日比+0.009%)
ドイツ     0.388% (前日比-0.014%)     -0.699% (前日比+0.009%)
ポルトガル 4.071% (前日比-0.006%)     0.625% (前日比+0.002%)
イタリア    2.161% (前日比-0.036%)     -0.062% (前日比-0.006%)
ギリシャ   7.112% (前日比-0.149%)       -
スペイン    1.680% (前日比-0.008%)     -0.201% (前日比+0.007%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/28(火) 15:25
 
■日経平均      19,202.87(+217.28)

■東証1部出来高    19.00億株

■東証1部売買代金   2.41兆円

■日経平均先物    19,040(+230)

■TOPIX        1,544.83(+20.44)

■騰落        上昇1,804/下落153

■マザーズ指数    1,045.73(+15.04)

■日経JQ       3,043.18(+8.12)

■ドル円       110.69
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。円高・ドル安一服を受け、朝方は買いが先行。その後は3月期末配当の権利付き最終売買日ということもあり、配当取りの動きや配当再投資に伴う買い需要が意識され、高値圏で堅調に推移しました。
 後場は、買い先行でスタート。一時、前場高値を上回る場面も見られました。その後はやや伸び悩んだものの堅調に推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、ゴム製品、ガラス土石製品。一方、値下がりしたのは、石油石炭製品のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。

■桃太郎
後場も小幅推移となり持ち合いとなった。
明日から新年度入りの相場も見ていきます。
ドル換算ベースは、173.56ドル +0.80%と高値圏である。


◆ ご案内

2017/03/28(火) 14:23
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/28(火) 14:01
 
■日経平均      19,175.99(+190.40)

■日経平均先物    19,040(+230)

■TOPIX先物      1,528.50(+20.00)

■騰落        上昇1,680/下落248

■日経JQ       3,040.73(+5.67)

■マザーズ指数    1,046.06(+15.37)

■ドル円       110.57

■NYダウ夜間先物  +28

■上海総合指数後場の寄り付き 3,256.87 前日比-10.09 -0.31%

■指数大型      現値1,412.77  前日比+15.31

■指数中型      現値1,853.06  前日比+20.25

■指数小型      現値2,869.00  前日比+33.95


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/28(火) 12:34
 
ランチバスケットは39件、283.25億円。
差し引き10億円の飼い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/28(火) 11:40
 
■日経平均      19,189.39(+203.80)

■東証1部出来高    8.65億株

■東証1部売買代金   1.03兆円

■日経平均先物    19,040(+230)

■TOPIX        1,543.01(+18.62)

■騰落        上昇1,737/下落201

■マザーズ指数    1,041.38(+10.69)

■日経JQ       3,041.55(+6.49)

■ドル円       110.66
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。円高・ドル安一服を受け、朝方は買いが先行。3月期末配当の権利付き最終売買日ということもあり、配当取りの動きや国内機関投資家による配当再投資に伴う先物買いへの期待も支えとなり、上げ幅を拡大。そのまま高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、ガラス土石製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。

■桃太郎
前場は、リスク回避が緩み買戻しから切り返しの動きとなった。
後場も続くのか見ていきます。
ドル換算ベースは、173.40ドル +0.70%と高値圏となっている。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.04%

2017/03/28(火) 10:27
 
上海総合指数 3,265.63 前日比 -1.33 -0.04%


◆ 10時の概況

2017/03/28(火) 10:00
 
■日経平均      19,172.20(+186.61)

■日経平均先物    19,030(+220)

■TOPIX先物      1,527.50(+19.00)

■騰落        上昇1,724/下落198

■日経JQ       3,042.54(+7.48)

■マザーズ指数    1,042.18(+11.49)

■ドル円       110.67

■NYダウ夜間先物  +24

■指数大型      現値1,411.16  前日比+13.70

■指数中型      現値1,853.56  前日比+20.75

■指数小型      現値2,866.73  前日比+31.68


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/28(火) 09:20
 
おはようございます。

昨日の日経平均は、オバマケア代替法案を撤回したトランプ大統領の政策懸念から、朝からドル安が進み対ドルは一時110円前半まで進行。
今日は3月期決算銘柄の権利付き最終日で需要はある。
そこで今週をどうマーケットが動くかに注目。
そこで好業績銘柄や半導体関連銘柄が東京市場を支えることができるのか?
そして3週間前に新興市場は権利取りまで調整とお伝えしたがここからどんな展開となるのかこれまた注目であり、また皆様に我々の投資戦術が
決まったら報告したい。

本日の先物レンジ

~以下会員ページ~


◆ ドル建て 日経225

2017/03/28(火) 08:17
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19155円 +169円

NYは、ダウ平均は45.74ドル安の20550.98、ナスダックは11.64ポイント高の5840.37で取引を終了した。オバマケア代替法案が撤回され、トランプ大統領の政権運営能力に懐疑的な見方が広がったことから、アジア・欧州株が全面安となり、米国株も売りが先行。その後、ハイテク株を中心に下げ幅を縮小した。

日経ですが、リスク回避からの動きで、下支えから下値は限定的であるが下げた。
現在は、多少リスク回避が緩み為替推移も110円台中盤。権利付き最終日から本日も下値は限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.69円 170ドルから174ドル

 18817円から19260円


◆ 外資系の注文動向

2017/03/28(火) 08:07
 
 28日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1350万株、買い1530万株で、差し引き180万株の買い越し。買い越しは6営業日ぶり。金額(5社ベース)は売り越し。
 売りセクターに、その他製品、商社、電機、食品、銀行、自動車など。
 買いセクターに、自動車、電機、化学、サービス、薬品、機械など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/28(火) 08:04
 
■国内(28日)
働き方改革実現会議が実行計画を決定
配当・優待権利付き最終売買日

《決算発表》
ハニーズHLD、ライトオン、ヒマラヤ、アークランド、ニトリHD

■海外(28日)
米1月S&Pコアロジックケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米3月CB消費者信頼感指数(23:00)
米3月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米5年国債入札

《米決算発表》
ダーデン・レストランツ

休場:インドネシア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/28(火) 08:02
 
■NYダウ
 20,550.98 -45.74
■ナスダック
 5,840.37 +11.63
■CME225(円建て)
 18,980 +170(大証比)
■ドイツDAX
 11,996.07 -68.20
■上海総合指数
 3,266.96 -2.49
■ドル円
 110.6

 27日のNY市場はまちまち。アジア・欧州株が全面安となり、米国株も売りが先行。トランプ米大統領が前週末に医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案を撤回したのを受け、米政策運営の不確実性を警戒した売りが優勢となりました。
 セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーや素材が上昇する一方で各種金融や電気通信サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル110.63円換算)で全般しっかりとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/28(火) 07:51
 
2017/3/28  7時10分現在

         10年債                      2年債
米国     2.378% (前日比-0.034%)     1.253% (前日比-0.004%)
英国     1.167% (前日比-0.029%)     0.168% (前日比-0.001%)
ドイツ     0.402% (前日比-0.001%)     -0.708% (前日比+0.033%)
ポルトガル 4.077% (前日比-0.055%)     0.623% (前日比-0.001%)
イタリア    2.197% (前日比-0.027%)     -0.056% (前日比+0.008%)
ギリシャ   7.261% (前日比-0.149%)       -
スペイン    1.688% (前日比-0.005%)     -0.208% (前日比-0.004%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/03/27(月) 20:33
 
米国タイム過ぎても時間軸の調整。

明日版の展開を見たいので、ロスカットは、045円に値上げしておきます。
お疲れさまでした。


◆ 大引け概況

2017/03/27(月) 15:27
 
■日経平均      18,985.59(-276.94)

■東証1部出来高    17.62億株

■東証1部売買代金   2.03兆円

■日経平均先物    18,810(-330)

■TOPIX        1,524.39(-19.53)

■騰落        上昇252/下落1,671

■マザーズ指数    1,030.69(-19.98)

■日経JQ       3,035.06(-5.92)

■ドル円       110.29

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。NYダウの続落や円高・ドル安を受けて、朝方は売りが先行。リスク回避の売りに上値を押さえられ軟調に推移して前場取引を終えました。
 後場は、日銀のETF買い期待を支えに買いが先行。ただ、トランプ米大統領の政策の先行き不透明感が嫌気され、買いは続かず上値の重い展開となりました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、証券商品先物、保険業、不動産業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反落しました。
  
■桃太郎
後場も安値持ち合いが続き下値は限定的でした。
現物の19000円を意識した展開かと感じます。
明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、172.19ドル -0.36%と小幅安となった。


◆ 14時の概況

2017/03/27(月) 14:01
 
■日経平均      18,980.05(-282.48)

■日経平均先物    18,840(-300)

■TOPIX先物      1,510.50(-21.00)

■騰落        上昇280/下落1,637

■日経JQ       3,036.91(-4.07)

■マザーズ指数    1,036.98(-13.69)

■ドル円       110.42

■NYダウ夜間先物  -76

■上海総合指数後場の寄り付き 3,274.13 前日比+4.68 +0.14%

■指数大型      現値1,397.05  前日比-18.50

■指数中型      現値1,833.07  前日比-23.53

■指数小型      現値2,838.07  前日比-29.63


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/27(月) 12:43
 
ランチバスケットは13件、125.59億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/27(月) 11:46
 
■日経平均      18,970.79(-291.74)

■東証1部出来高    9.33億株

■東証1部売買代金   0.98兆円

■日経平均先物    18,850(-290)

■TOPIX        1,522.84(-21.08)

■騰落        上昇255/下落1,658

■マザーズ指数    1,038.65(-12.02)

■日経JQ       3,036.48(-4.50)

■ドル円       110.36
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。NYダウの続落や円高・ドル安を受けて、朝方は売りが先行。先物売りを交えて下げ幅を拡大した後もトランプ米大統領の政策の先行き不透明感が嫌気され、リスク回避の売りに上値を押さえられ軟調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、証券商品先物、不動産業となりました。 
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反落しました。
 
■桃太郎
前場は、リスク回避の動きもあり円が買われ下落したが、下値も限定的に推移。
後場も安値持ち合いとなるのか見ていきます。
ドル換算ベースは、171.87ドル -0.54%と170ドル台はキープ。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.02%

2017/03/27(月) 10:28
 
上海総合指数 3,268.92 前日比 -0.53 -0.02%


◆ 10時の概況

2017/03/27(月) 10:01
 
■日経平均      18,983.36(-279.17)

■日経平均先物    18,850(-290)

■TOPIX先物      1,510.50(-21.00)

■騰落        上昇265/下落1,637

■日経JQ       3,038.51(-2.47)

■マザーズ指数    1,038.76(-11.91)

■ドル円       110.34

■NYダウ夜間先物  -95

■指数大型      現値1,396.57  前日比-18.98

■指数中型      現値1,833.18  前日比-23.42

■指数小型      現値2,838.66  前日比-29.04


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/27(月) 09:00
 
おはようございます。

先ず、マーケット関係者ならば注目していただろう米国のオバマケアの代替法案成立を巡る審議。
結果は米議会下院の共和党指導部は24日に法案を取り下げた。
これによりトランプ政権が他の政策課題を実行する能力があるのか?が問われるだろう。
これにより東京市場で為替がどう反応するのか?これもまた注目である。
そこで我々の分析からだと「時間軸、そして確率と統計」からだとここからの押し目は買い。
また個別銘柄で面白そうな銘柄は逆行高の相場はまだまだ続くだろうし、マーケットの鉄則で全体が不安定の中上昇する銘柄には資金が集中するであろう。
そこで今朝、我が社の若手が日本株で上昇波動入りが予想される銘柄を見付ける為にスクーリニングを掛けたところ・・・。

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/03/27(月) 08:18
 
 27日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り670万株、買い610万株で、差し引き60万株の売り越し。売り越しは5営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、保険、ゴム、食品、電機、建設、不動産、REIT、商社、機械、自動車など。
 買いセクターに、電機、機械、精密、化学、サービス、通信、銀行、農林水産、商社、自動車など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/27(月) 08:13
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19095円 -168円

現在の為替推移は、高値更新して持ち合い。
リンク度も薄いので下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.60円 168ドルから173ドル

 18588円から19133円


◆ 今週の予定

2017/03/27(月) 08:12
 
■27(月)
【国内】
2月企業向けサービス価格指数(8:50)
日銀政策委員会・金融政策決定会合の主な意見(3/15~16開催分)
17年度予算案が成立

《決算発表》
大光

【海外】
独3月Ifo景況感指数(17:00)
米3月ダラス連銀製造業活動(23:30)
米2年国債入札


■28(火)
【国内】
働き方改革実現会議が実行計画を決定
配当・優待権利付き最終売買日

《決算発表》
ハニーズHLD、ライトオン、ヒマラヤ、アークランド、ニトリHD

【海外】
米1月S&Pコアロジックケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米3月CB消費者信頼感指数(23:00)
米3月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米5年国債入札

《米決算発表》
ダーデン・レストランツ

休場:インドネシア


■29(水)
【国内】
2月商業販売統計(8:50)

【海外】
米2月中古住宅販売仮契約(23:00)
米7年国債入札
英国が欧州連合(EU)に離脱を通知

《米決算発表》
ペイチェックス


■30(木)
【国内】
東芝の臨時株主総会
2年国債入札

《決算発表》
夢の街、ERI HD、ストライク、マルマエ

【海外】
米10-12月期GDP確定値(21:30)


■31(金)
【国内】
2月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
2月家計調査(8:30)
2月消費者物価指数(8:30)
2月鉱工業生産(8:50)
2月住宅着工件数(14:00)

《決算発表》
トライステージ、トシンG、スター・マイカ、ニイタカ、日本エンタ、USEN、ミルボン、宝印刷、象印、キユソー流通、タキヒヨー

【海外】
中国3月製造業PMI(10:00)
中国3月非製造業PMI(10:00)
米2月個人所得・個人支出(21:30)
米3月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/27(月) 08:10
 
■NYダウ
 20,596.72 -59.86
■ナスダック
 5,828.74 +11.05
■CME225(円建て)
 19,095 -45(大証比)
■ドイツDAX
 12,064.27 +24.59
■上海総合指数
 3,269.45 +20.90
■ドル円
 110.77

 24日のNY市場はまちまち。取引終了前に下院会議でオバマケア代替法案の採決が見送られると伝わると、ナスダックは一時上昇に転じる場面も見られましたが、米政権の政策運営の先行きを見極めたいとの慎重姿勢から、売り優勢の展開となりました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや消費者・サービスが上昇する一方で素材やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、三菱商<8058>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、富士重<7270>が小安いなど、対東証比較(1ドル111.34円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/27(月) 07:41
 
2017/3/27  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.412% (前日比-0.007%)     1.257% (前日比+0.005%)
英国     1.196% (前日比-0.033%)     0.169% (前日比+0.013%)
ドイツ     0.403% (前日比-0.028%)     -0.741% (前日比-0.006%)
ポルトガル 4.132% (前日比-0.063%)     0.624% (前日比-0.045%)
イタリア    2.224% (前日比-0.048%)     -0.064% (前日比-0.022%)
ギリシャ   7.410% (前日比+0.016%)       -
スペイン    1.693% (前日比-0.038%)     -0.204% (前日比-0.001%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/03/26(日) 13:14
 
週末のNYダウは59ドル安・ナスダックは反発し11ポイント・高為替は111.33
CME225  19095-45
 まずNYダウですが7日続落3月1日を高値とした下げ潮の流れにあります・この見方はある程度予想通りであります。オバマケアの決議先送りトランプ大統領の支持率37%が物語っています。それでは経済政策はどうなんだ?これも?マークが当然ついてきますがIMF(国際通貨基金)では2017年世界経済見通し3.4%中でも成長を支えるのは米国経済であるという見方であります。あくまでも今のところでありますがそうなんだろう・・と肯定する考えのもと日本市場を見ていきます。
 更なるNYダウの下落は在りうるのか?ですが私はまだ下がりそうだなと感じています。PER18倍は高い・・かどうかはわかりませんが週足チャートを見てもトレンドは下げ潮の中であろうと感じるものです。最も短期的には連続安7日目ですからあと一日安くなれば「八手九手目は反対の動きが出やすい」という感覚は持ちます。
 ドル円の為替は八本連続円高の後反転しましたね。問題は為替が先週末の円安で流れが変わるかどうか?今のところこれまた何とも言えません。2月に形成したダブル底111.61を明確に上抜いた円高へと移行しているからです。この為替についても評論家の多くの方が円高と円安二つの見方に分かれています。それでは日経平均ですが仮にある態度・NYダウが下がっても円高がもう少し進んでもあまり下がらいだろうと漠然と考えています。勿論日銀によるETFの買い付けの変更が今のところ見えないからであります。
 桃太郎が毎日お届けしているドル建てチャートは円高により日経平均が下がっても海外投資家から見れば下がっていません。そのため利益確定売りも出ています。そして信託銀行の売り越しを見てもおそらくクジラと呼ばれる年金も上値では売りを入れてるのでしょう・・と想像されます。
 次に個人の信用買い残2兆5500億一昨年の3兆5800億までまだ1兆円も少ない数字です。危険水域は3兆円超え。裁定取引の残高は2兆円をまだ下回っています。これも3兆円超えが一つのめどであります。つまりよほどの外部要因の悪化・あるいはまさかの国内の政変がない限り押したところはまた切り返すであろうと考えています。
長々と書きましたが付け加えますと黒田日銀総裁の任期はあと1年ですが市場関係者の多くが続投の可能性を予測しています。

さて中・長期の見通しより今週の展開や個別株の動きが私達には大事であります。年金資金運用しているわけではないですから・・・

個別株は~会員ページ~まずは期末の権利落ち後の銘柄そして4月から外人買いが戻るかどうかが?要注目。日経平均が下がったとしてもその下がり方が緩やかだとすれば値幅を取ろうとする投資家は健在であります。

先物に関しては値動きが小さくなりつつありますがポイントと考えるときにその思いを伝えます。

今週もどうぞよろしくお願いします。


◆ 桃太郎

2017/03/24(金) 20:49
 
ドル円、110.58円で、5万ドル決済指値も入れときます。

ユーロ円は、119.08円で、10万ユーロ決済指値も入れときます。

指数は、strangeなので、見送りします。(3末動向もあるのかもしれません)


◆ 大引け概況

2017/03/24(金) 15:33
 
■日経平均      19,262.53(+177.22)

■東証1部出来高    18.21億株

■東証1部売買代金   2.14兆円

■日経平均先物    19,140(+210)

■TOPIX        1,543.92(+13.51)

■騰落        上昇1,559/下落351

■マザーズ指数    1,050.67(+6.54)

■日経JQ       3,040.98(+15.12)

■ドル円       111.46
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、円高・ドル安歩調が重しとなり、売りが先行。売り一巡後、円相場が対ドルで下げに転じると、幅広い銘柄に買いが入り、プラスに転じました。
 後場寄り付きは、昼休みの時間帯に先物が伸び悩んだ流れを受け、上げ幅を縮小してスタート。先物にまとまった売り物が出て、押し戻される場面もありましたが、売り一巡後は、円高一服を支えに持ち直し、高値圏で堅調に推移しました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、パルプ紙、電気・ガス業、銀行業。一方、値下がりしたのは、石油石炭製品、海運業、鉱業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場も緩むところはありましたが、引けにかけては本日高値付近となり、先物は転換線あたりまでリバンド局面となった。明日も買戻しが入るのか見ていきます。
ドル換算ベースは、172.81ドル +0.87%と高値付近である。


◆ ご案内

2017/03/24(金) 14:57
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時1分の概況

2017/03/24(金) 14:03
 
■日経平均      19,245.03(+159.72)

■日経平均先物    19,110(+180)

■TOPIX先物      1,529.50(+14.50)

■騰落        上昇1,496/下落407

■日経JQ       3,037.71(+11.85)

■マザーズ指数    1,046.55(+2.42)

■ドル円       111.34

■NYダウ夜間先物  +43

■上海総合指数後場の寄り付き 3,245.70 前日比-2.85 -0.09%

■指数大型      現値1,414.76  前日比+11.06

■指数中型      現値1,854.66  前日比+16.04

■指数小型      現値2,862.61  前日比+17.75


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/24(金) 12:37
 
ランチバスケットは36件、1059.81億円。
差し引き40億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/24(金) 11:44
 
■日経平均      19,275.18(+189.87)

■東証1部出来高    9.05億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    19,140(+210)

■TOPIX        1,545.73(+15.32)

■騰落        上昇1,630/下落280

■マザーズ指数    1,046.90(+2.77)

■日経JQ       3,038.55(+12.69)

■ドル円       111.40
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、円高・ドル安歩調が重しとなり、売りが先行。売り一巡後、円相場が対ドルで下げに転じると、幅広い銘柄に買いが入り、プラス転換。先物買いを交えて一段高し、一時上げ幅は200円を超える場面も見られました。その後も高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、パルプ・紙、銀行業、ゴム製品。一方、値下がりしたのは、鉱業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、為替のリバンドも買い支えとなり買戻しが入った。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、173.07ドル +1.02%と高値圏となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.04%

2017/03/24(金) 10:26
 
上海総合指数 3,247.35 前日比 -1.20 -0.04%


◆ 10時の概況

2017/03/24(金) 10:01
 
■日経平均      19,214.49(+129.18)

■日経平均先物    19,080(+150)

■TOPIX先物      1,529.00(+14.00)

■騰落        上昇1,571/下落308

■日経JQ       3,035.04(+9.18)

■マザーズ指数    1,050.50(+6.37)

■ドル円       111.36

■NYダウ夜間先物  +66

■指数大型      現値1,413.33  前日比+9.63

■指数中型      現値1,855.06  前日比+16.44

■指数小型      現値2,864.89  前日比+20.03


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/24(金) 09:20
 
おはようございます。

東京市場はリスク回避ではなく「様子見相場」となっていそうだ。
株価が下がれば日銀の関与、また権利取りも近く買う人も売る人も試行錯誤しているように思われる。
そしてこうなると資金は材料株や好業績銘柄に向かいやすくなり、ますます人気銘柄や、やや割高感あるが買われている銘柄には資金が向かうだろう。
またここで日本ではモリトモ学園問題が話題となっているようだが。
この件に関してだがマーケットへの大きな波乱はないだろう。

来週から景色が変わるか我々は注目している。


本日の先物レンジ

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/03/24(金) 08:27
 
 24日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り880万株、買い630万株で、差し引き250万株の売り越し。売り越しは4営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、自動車、薬品、情報通信、サービス、陸運、電機、食品、通信など。
 買いセクターに、電機、陸運、サービス、化学、REIT、卸売など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/24(金) 08:17
 


おはようございます。

現在、日経CFD、19070円 -15円

NYは、ダウ平均は4.72ドル安の20656.58、ナスダックは3.95ポイント安の5817.69で取引を終了した。朝方は、今晩に実施される医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案成立を巡る投票結果を見極めたいとの思惑から小動きとなった。その後は、投票結果への楽観的な予想が広がり上昇する場面もあったが、引けにかけて下落した。

日経ですが、昨日も連続下支えから持ち合いとなった。
本日も為替推移には変化なく。米湖市場の軟弱もあり持ち合いとなるか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.95円 168ドルから173ドル

 18639円から19194円


◆ 本日の予定

2017/03/24(金) 08:12
 
■国内(24日)
予定はありません

■海外(24日)
米2月耐久財受注(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/24(金) 08:09
 
■NYダウ
 20,656.58 -4.72
■ナスダック
 5,817.69 -3.95
■CME225(円建て)
 18,900 -30(大証比)
■ドイツDAX
 12,039.68 +135.56
■上海総合指数
 3,248.55 +3.33
■ドル円
 111.05

 23日のNY市場は下落。米下院でトランプ米政権が最優先とする医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の審議が難航しているのを嫌気した売りが優勢となりました。ただ、今後の協議進展や結果を見極めたいとして様子見ムードが強く、下値は限定的となりました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや不動産が上昇する一方で運輸や自動車・自動車部品が下落。
 ADRの日本株は任天堂<7974>、NTTドコモ<9437>、三井物<8031>が堅調な他は、トヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、日鉄住金<5401>など対東証比較(1ドル110.98円換算)で全般小安くなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/24(金) 07:47
 
2017/3/24  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.419% (前日比+0.014%)     1.252% (前日比+0.004%)
英国     1.229% (前日比+0.053%)     0.156% (前日比+0.041%)
ドイツ     0.431% (前日比+0.023%)     -0.735% (前日比+0.034%)
ポルトガル 4.195% (前日比+0.040%)     0.669% (前日比+0.041%)
イタリア    2.272% (前日比+0.010%)     -0.042% (前日比-0.021%)
ギリシャ   7.394% (前日比-0.009%)       -
スペイン    1.731% (前日比-0.006%)     -0.203% (前日比-0.002%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/03/23(木) 20:34
 
ユーロ円、120.75円分の 10万ユーロ

可能性があるので、118.28円で決済指値入れときます。


◆ 桃太郎

2017/03/23(木) 19:53
 
イエレンさんの講演は、21時

20時の米国タイム過ぎは、しっかり。

指数のロスカットは、985円とします。
一応、新規に 3枚買い指値入れときます。
ならければ、持越しします。

変化あれば、また、コメントします。


◆ 桃太郎

2017/03/23(木) 18:57
 
先日みたいに、萎えて売らないとタラレバも嫌なので、

880円 3枚だけ新規に売りました。

111円割れでもstrangeですね・・・



◆ 大引け概況

2017/03/23(木) 15:36
 
■日経平均      19,085.31(+43.93)

■東証1部出来高    17.59億株

■東証1部売買代金   2.19兆円

■日経平均先物    18,930(+20)

■TOPIX        1,530.41(+0.21)

■騰落        上昇824/下落1,037

■マザーズ指数    1,044.13(+10.71)

■日経JQ       3,025.86(+2.01)

■ドル円       111.36
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は前日比プラスでスタート。ただ、参院予算委員会で森友学園・籠池理事長の証人喚問もあり前日終値を挟んでもみ合う展開となりました。
 後場は、円相場が一時強含んだこともあり、1万9000円を一時下回る場面も見られましたが、日銀買い観測を背景とした思惑買いや国内機関投資家の押し目買いなどを支えに、持ち直し、プラスに転じて本日の取引を終えました。ただ、米現地23日に医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案の採決を控えていることもあり、小動きとなりました。

 業種別では、値上がり上位は、石油石炭製品、鉱業、不動産業。一方、値下がり上位は、その他製品、海運業、銀行業となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。
 
■桃太郎
後場も持ち合いから本日の高値付近となった。
明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、171.32ドル +0.37%


◆ ご案内

2017/03/23(木) 14:59
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/23(木) 14:01
 
■日経平均      19,062.55(+21.17)

■日経平均先物    18,930(+20)

■TOPIX先物      1,515.50(+0.00)

■騰落        上昇812/下落1,056

■日経JQ       3,023.99(+0.14)

■マザーズ指数    1,044.01(+10.59)

■ドル円       111.30

■NYダウ夜間先物  +11

■上海総合指数後場の寄り付き 3,255.88 前日比+10.66 +0.33%

■指数大型      現値1,402.43  前日比+0.22

■指数中型      現値1,837.80  前日比-2.38

■指数小型      現値2,843.37  前日比-7.31


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/23(木) 12:43
 
ランチバスケットは30件、468.09億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/03/23(木) 11:58
 
■日経平均      19,068.22(+26.84)

■東証1部出来高    8.61億株

■東証1部売買代金   1.08兆円

■日経平均先物    18,920(+10)

■TOPIX        1,529.29(-0.91)

■騰落        上昇807/下落1,036

■マザーズ指数    1,038.40(+4.98)

■日経JQ       3,025.67(+1.82)

■ドル円       111.48
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は前日比プラスでスタート。ただ、参院予算委員会で森友学園・籠池理事長の証人喚問もあり前日終値を挟んでもみ合い商状に。その後一時マイナスに転じる場面も見られましたが、切り返し、プラス圏で推移して前場取引を終えました。

 業種別では、値上がり上位は、石油石炭製品、電気・ガス業、鉱業。一方、値下がり上位は、その他製品、銀行業、ゴム製品となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
  
 TOPIXは続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、持ち合いとなり推移。
後場もトレンドレスか見ていきます。
ドル換算ベースは、171.06ドル +0.21%でした。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.02%

2017/03/23(木) 10:26
 
上海総合指数 3,245.81 前日比 +0.59 +0.02%


◆ 10時の概況

2017/03/23(木) 10:02
 
■日経平均      19,032.93(-8.45)

■日経平均先物    18,890(-20)

■TOPIX先物      1,513.00(-2.50)

■騰落        上昇702/下落1,124

■日経JQ       3,026.79(+2.94)

■マザーズ指数    1,036.39(+2.97)

■ドル円       111.51

■NYダウ夜間先物  +14

■指数大型      現値1,399.70  前日比-2.51

■指数中型      現値1,836.41  前日比-3.77

■指数小型      現値2,842.22  前日比-8.46


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/23(木) 09:10
 
おはようございます。

昨日の東京市場は米国株安や円高進行を嫌気し大幅安で取引を終えた。
中身を見ると米国株同様に金融セクターから銀行、証券、保険株は厳しい局面をみたようだ。
ここで日本株にとって一番気になるのは為替。金利低下に加え米国の政局や日本国内では「モリトモ学園問題」で本日は証人喚問があるらしくマーケット関係者の関心が向かいそうだ。
ただ昨日の下げは久しぶりに投資家を驚かせたのか、狼狽売りにも見えた。
しかし我々の分析からだと業績の良い銘柄には資金は向かっていたように見えた。

~以下会員ページ~


◆ ドル建て 日経225

2017/03/23(木) 08:37
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19080円 +39円

NYは、ダウ平均は6.71ドル安の20661.30、ナスダックは27.82ポイント高の5821.64で取引を終了した。明日に採決が行われる医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案に対して、共和党内から法案通過を阻止する動きがあり、減税法案など重要法案の審議にも遅れが生じるとの見方から、終日上値の重い展開となった。原油安や英国で発生したテロ事件を嫌気したリスク回避の動きも広がった。

日経ですが、昨日は買い支えがあるものの下落となり75MAを切った。
本日は、為替推移も変化なく戻ることができるか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.30円 168ドルから172ドル

 18698円から19143円


◆ 外資系の注文動向

2017/03/23(木) 08:27
 
 23日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1110万株、買い980万株で、差し引き130万株の売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、自動車、化学、電機、その他金融、不動産、食品、機械、REIT、サービス、銀行、保険など。
 買いセクターに、サービス、情報通信、化学、建設、食品、機械、電機、石油、小売、REITなど」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/23(木) 08:09
 
■国内(23日)
《決算発表》
オプトエレクト

■海外(23日)
米2月新築住宅販売件数(23:00)
米10年インフレ連動国債入札

《米決算発表》
アクセンチュア、マイクロン・テクノロジー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/23(木) 08:08
 
■NYダウ
 20,661.30 -6.71
■ナスダック
 5,821.64 +27.81
■CME225(円建て)
 18,915 +5(大証比)
■ドイツDAX
 11,904.12 -58.01
■上海総合指数
 3,245.22 -16.39
■ドル円
 111.24

 22日のNY市場はまちまち。オバマケアの修正法案の議会通過が危ぶまれ、減税法案など重要法案の審議にも遅れが生じるとの見方が相場の重しとなり、終日上値の重い展開となりました。また、原油安や英国で発生したテロ事件を嫌気したリスク回避の動きも広がりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや電気通信サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、花王<4452>がしっかり。半面、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、富士重<7270>が小安いなと、対東証比較(1ドル111.24円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/23(木) 08:01
 
2017/3/23  7時6分現在

         10年債                      2年債
米国     2.405% (前日比-0.012%)     1.248% (前日比-0.012%)
英国     1.176% (前日比-0.077%)     0.115% (前日比-0.028%)
ドイツ     0.408% (前日比-0.051%)     -0.769% (前日比-0.026%)
ポルトガル 4.155% (前日比-0.058%)     0.628% (前日比-0.010%)
イタリア    2.262% (前日比-0.057%)     -0.021% (前日比-0.002%)
ギリシャ   7.403% (前日比-0.059%)       -
スペイン    1.737% (前日比-0.078%)     -0.201% (前日比-0.030%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2017/03/22(水) 23:34
 
110.78円できました。

+708pips

何度もコメントしてますが、為替は正直です。
管理相場は、どうかな・・・


◆ 桃太郎

2017/03/22(水) 23:16
 
110.88円は、出来ました。

+698pips

指数、785円できました。

+60円


◆ 桃太郎

2017/03/22(水) 22:24
 
凪状態となってます。

19000円分は、決済指値なしで持越しします。


◆ 桃太郎

2017/03/22(水) 20:14
 
米国タイムになって、戻り歩調となってます。

株価にとっては、1000円安を期待したいところですが・・・

指数は、7枚売り持ちは、18955円ロスカットとします。

ドル円は、ポイントの111.68円で逆指値の決済で、10万ドル別口決済します。

変化あれば、22:30あたりは、コメントします。

リンク度薄く残念なイメージ。うんうん・・


◆ 桃太郎

2017/03/22(水) 18:09
 
麻生財務相が衆院財務金融委で答弁。

・自由貿易の重要性はG20で共有されている
・為替相場、過剰な変化起き過ぎると経済への影響大きい
・為替は市場で上がったり下がったりする
・日米経済対話で米が為替圧力の懸念、との指摘は当たらない

ユーロ円、120円割れ。
ドル円、111.15円

指数、785円で、後、2枚決済指値入れときます(935円分)

21時あたりはコメントします。
少し休みます。



◆ 桃太郎

2017/03/22(水) 17:54
 
為替リンク度薄く、

訂正で、855円で決済。

+45円

19000円 5枚、18935円 2枚 売り持ち。

後は、米国タイムとします。


◆ 桃太郎

2017/03/22(水) 17:07
 
ドル円決済指値を

110.88円 5万ドル、110.78円 5万ドル
110.24円 5万ドル、110.08円 5万ドル。

計、20万ドル 入れときます。


◆ 大引け概況

2017/03/22(水) 15:20
 
■日経平均      19,041.38(-414.50)

■東証1部出来高    20.55億株

■東証1部売買代金   2.65兆円

■日経平均先物    18,910(-400)

■TOPIX        1,530.20(-33.22)

■騰落        上昇107/下落1,854

■マザーズ指数    1,033.42(-21.13)

■日経JQ       3,023.85(-24.54)

■ドル円       111.56
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。前日の米国株安や円高進行を嫌気し、朝方は売りが先行。いったん持ち直す場面も見られましたが、戻りは鈍く再度軟化。
 後場寄り付きは買いが先行し、下げ幅をやや縮小してスタート。買い一巡後は、円高一服や日銀のETF買い期待が下支えとはなったものの積極的に買い進む動きとはならず上値の重い展開となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、証券商品先物、海運業。一方、値上がりしたのは、その他製品のみとなりました。 

 TOPIXも続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は、小幅推移の持ち合いとなり推移。
下値も限定的でした。明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.70ドル -1.04%となった。


◆ ご案内

2017/03/22(水) 14:47
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/22(水) 14:00
 
■日経平均      19,090.95(-364.93)

■日経平均先物    18,950(-360)

■TOPIX先物      1,521.00(-28.00)

■騰落        上昇152/下落1,801

■日経JQ       3,030.51(-17.88)

■マザーズ指数    1,040.94(-13.61)

■ドル円       111.64

■NYダウ夜間先物  -28

■上海総合指数後場の寄り付き 3,239.39 前日比-22.22 -0.68%

■指数大型      現値1,406.47  前日比-27.94

■指数中型      現値1,846.46  前日比-30.95

■指数小型      現値2,861.22  前日比-44.19


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/22(水) 12:33
 
ランチバスケットは36件、617.99億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/03/22(水) 11:52
 
■日経平均      19,065.37(-390.51)

■東証1部出来高    11.06億株

■東証1部売買代金   1.32兆円

■日経平均先物    18,930(-380)

■TOPIX        1,533.90(-29.52)

■騰落        上昇135/下落1,825

■マザーズ指数    1,043.01(-11.54)

■日経JQ       3,028.20(-20.19)

■ドル円       111.52
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。前日の米国株が大幅安となったことや1ドル=111円台への円高進行を嫌気し、売りが先行。いったん持ち直す場面も見られましたが、戻りは鈍く再度軟化。その後も外部環境の不透明感から安値水準での推移となりました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、証券商品先物、海運業となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は、安寄り後戻す展開もありましたが、リスク回避の
動きもあり、下げ幅拡大。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.94ドル -0.89%と現在は、高値持ち合い。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.47%

2017/03/22(水) 10:25
 
上海総合指数 3,246.22 前日比 -15.39 -0.47%


◆ 10時の概況

2017/03/22(水) 10:01
 
■日経平均      19,145.81(-310.07)

■日経平均先物    19,010(-300)

■TOPIX先物      1,525.50(-23.50)

■騰落        上昇151/下落1,796

■日経JQ       3,034.79(-13.60)

■マザーズ指数    1,047.40(-7.15)

■ドル円       111.68

■NYダウ夜間先物  -16

■指数大型      現値1,409.75  前日比-24.66

■指数中型      現値1,853.64  前日比-23.77

■指数小型      現値2,870.06  前日比-35.35


◆ 2月の貿易収支、黒字8134億円 黒字は2カ月ぶり

2017/03/22(水) 08:57
 
財務省が22日発表した2月の貿易収支は8134億円の黒字となった。
貿易黒字は2カ月ぶり。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/22(水) 08:15
 


おはようございます。

現在、日経CFD、19085円 -371円

NYは、ダウ平均は237.85ドル安の20668.01、ナスダックは107.70ポイント安の5793.83で取引を終了した。原油相場の上昇や主要ハイテク株の上昇を受けて買いが先行。しかしながら、昨日にFBI長官がロシアによる米大統領選介入疑惑を巡り、トランプ政権との繋がりを捜査していることを認めた。また、オバマケアの廃止を含む医療保険関連法案で、共和党内の調整が難航していることも嫌気され、今後の政権運営への先行き懸念から午後にかけて大きく下落し軟調推移となった。

昨日の日経ですが、為替リンク度薄く持ち合いでの推移となった。
本日は、米国も益出しのタイミングから大きく下落となってることもあり、下値も限定的なのか見ていきます。本日は、期末もまじかであり買い支えが入るのかも見ていきます。

想定レンジ、為替、111.54ドル 169ドルから173ドル

 18850円から19296円(現物)


◆ 外資系の注文動向

2017/03/22(水) 08:13
 
 22日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1650万株、買い1160万株で、差し引き490万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、情報通信、自動車、精密、薬品、電機、ETF、機械、不動産、通信など。
 買いセクターに、サービス、電機、銀行、商社、薬品、化学など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/22(水) 08:11
 
■国内(22日)
2月貿易統計(8:50)
1月全産業活動指数(13:30)
日銀金融政策決定会合議事要旨(1/30~31開催分)
40年国債入札

《決算発表》
石井表記

■海外(22日)
米1月FHFA住宅価格指数(22:00)
米2月中古住宅販売件数(23:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/22(水) 08:10
 
■NYダウ
 20,668.01 -237.85
■ナスダック
 5,793.83 -107.70
■CME225(円建て)
 18,970 -340(大証比)
■ドイツDAX
 11,962.13 -90.77
■上海総合指数
 3,261.61 +10.80
■ドル円
 111.52

 21日のNY市場は下落。原油相場の上昇や主要ハイテク株の上昇を受けて買いが先行。ただ、FBI長官がロシアによる米大統領選介入疑惑を巡り、捜査していることを認めたほか、トランプ米政権の税制改革や規制緩和の先行き不透明感も利益確定売りを誘い、午後にかけて大きく下落し軟調推移となりました。
 セクター別では、公益事業や食品・飲料・タバコが上昇する一方で銀行や自動車・自動車部品が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、富士重<7270>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル111.7円換算)で全般軟調となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/22(水) 07:44
 
2017/3/22  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.418% (前日比-0.043%)     1.260% (前日比-0.029%)
英国     1.253% (前日比+0.019%)     0.143% (前日比+0.057%)
ドイツ     0.459% (前日比+0.019%)     -0.743% (前日比+0.032%)
ポルトガル 4.213% (前日比-0.024%)     0.638% (前日比-0.026%)
イタリア    2.319% (前日比-0.044%)     -0.019% (前日比-0.030%)
ギリシャ   7.462% (前日比-0.016%)       -
スペイン    1.815% (前日比-0.032%)     -0.171% (前日比-0.027%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/21(火) 15:24
 
■日経平均      19,455.88(-65.71)

■東証1部出来高    15.97億株

■東証1部売買代金   2.03兆円

■日経平均先物    19,310(-40)

■TOPIX        1,563.42(-2.43)

■騰落        上昇991/下落862

■マザーズ指数    1,054.55(+19.93)

■日経JQ       3,048.39(+20.84)

■ドル円       112.78

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は、円高・ドル安が重しとなり、利益確定売りが先行。売り一巡後は、円高が一服したことや根強い先高観を背景に押し目買いが入り下げ渋る展開となりました。
 後場は、寄り付から売買が交錯。円相場が強含み、円高を警戒した国内投資家などの利益確定売りが出て上値の重い展開となりました。また、18日開催のG20で米国の保護主義的政策への警戒感が強まり、海外投資家が買いを手控えたことも相場の重しとなりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、証券商品先物、倉庫運輸関連、保険業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、食料品、水産・農林業となりました。
  
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場も下値は限定的となり小幅推移となった。明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、172.48ドル +0.18%と本日は終始プラス圏での推移となった。


◆ 14時の概況

2017/03/21(火) 14:01
 
■日経平均      19,451.96(-69.63)

■日経平均先物    19,320(-30)

■TOPIX先物      1,555.00(+2.00)

■騰落        上昇1,014/下落827

■日経JQ       3,045.09(+17.54)

■マザーズ指数    1,054.64(+20.02)

■ドル円       112.68

■NYダウ夜間先物  +39

■上海総合指数後場の寄り付き 3,259.13 前日比+8.33 +0.26%

■指数大型      現値1,433.96  前日比-4.21

■指数中型      現値1,878.29  前日比+0.00

■指数小型      現値2,905.91  前日比+4.10


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/21(火) 12:34
 
ランチバスケットは18件、365.40億円。
差し引き20億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/21(火) 11:44
 
■日経平均      19,469.62(-51.97)

■東証1部出来高    8.39億株

■東証1部売買代金   1.06兆円

■日経平均先物    19,330(-20)

■TOPIX        1,564.34(-1.51)

■騰落        上昇1,023/下落830

■マザーズ指数    1,044.16(+9.54)

■日経JQ       3,039.11(+11.56)

■ドル円       112.62
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は、円高・ドル安歩調が重しとなり、利益確定売りが先行。その後は、米国の保護主義政策も懸念され、先物にまとまった売り物が出て下げ幅を拡大。売り一巡後は、円高が一服したことや根強い先高観を背景に押し目買いが入り下げ幅を縮小。また、日銀のETF買い期待も相場の下支えとなり、下げ渋る展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、倉庫運輸関連、保険業、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、その他製品、水産・農林業、食料品となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、下値も限定的で買い戻された。
為替リンク度も薄い。
ドル換算ベースは、終始プラス圏で172.89ドル +0.42%


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.02%

2017/03/21(火) 10:26
 
上海総合指数 3,250.25 前日比 -0.56 -0.02%


◆ 10時の概況

2017/03/21(火) 10:01
 
■日経平均      19,374.24(-147.35)

■日経平均先物    19,240(-110)

■TOPIX先物      1,544.50(-3.50)

■騰落        上昇749/下落1,086

■日経JQ       3,034.70(+7.15)

■マザーズ指数    1,040.63(+6.01)

■ドル円       112.40

■NYダウ夜間先物  +15

■指数大型      現値1,428.72  前日比-9.45

■指数中型      現値1,872.00  前日比-6.29

■指数小型      現値2,900.14  前日比-1.67


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/21(火) 09:01
 
おはようございます。

先週の日経平均は週間ベースでは久しぶりに反落。
日本は3連休前とあってか多少なりポジション整理があったのではないだろうか?
またここで若干のドル安。
これは多少なりとも日本の政権不安定があるだろ。
ただこの程度のドル安は何ら問題ないと思われる。
しかし、日本の国会では「モリトモ学園問題」の証人喚問を控え様子見となりそうだ。
また先週の東京市場は新興市場が調整局面に入ったことは手に取るように分かり、便りにていち早く新興市場からの撤収を皆様にお伝えできたことはそれなりに良かったと我々は思っている。
しかし、ここからは業績、成長、安定、材料性高い銘柄は新興市場、東証1部、2部でも関係なく買える銘柄には資金が向かうだろう。
楽しみな銘柄が出て来そうだ。
また先週末に四季報や会社情報が発売されたので、今週は沢山ある銘柄で今後買えるであろう銘柄を紹介したいが、
その1つが

~以下会員ページ~


◆ ドル建て 日経225

2017/03/21(火) 08:18
 


おはようございます。

現在、日経CFD、19388円 -133円

NYは、ダウ平均は8.76ドル安の20905.86、ナスダックは0.53ポイント高の5901.53で取引を終了した。朝方は原油相場の下落を嫌気し、もみ合う展開となった。先週のG20財務相・中銀総裁会議で米国が強硬姿勢を示したことで先行き不透明感も広がり、小幅な値動きに終始する展開となった。

日経ですが、昨日は休場。
本日は、リスク回避の円買いから112円台中盤。
リンク度も薄く、下値は限定的となるのか押し幅が出るのか見ていきます。

想定レンジ、為替、112.47円 169ドルから173ドル

 19007円から19457円


◆ 外資系の注文動向

2017/03/21(火) 08:14
 
 21日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1150万株、買い1100万株で、差し引き50万株の売り越し。売り越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、情報通信、不動産、小売、鉄鋼、電機、通信、自動車、REITなど。
 買いセクターに、その他製品、食品、自動車、サービス、ゲーム、不動産、銀行、薬品など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/03/21(火) 08:12
 
■21(火)
【海外】
米10-12月期経常収支(21:30)

《米決算発表》
レナー、ナイキ、ゼネラルミルズ、フェデックス

休場:南ア


■22(水)
【国内】
2月貿易統計(8:50)
1月全産業活動指数(13:30)
日銀金融政策決定会合議事要旨(1/30~31開催分)
40年国債入札

《決算発表》
石井表記

【海外】
米1月FHFA住宅価格指数(22:00)
米2月中古住宅販売件数(23:00)


■23(木)
【国内】
《決算発表》
オプトエレクト

【海外】
米2月新築住宅販売件数(23:00)
米10年インフレ連動国債入札
イエレン米FRB議長 講演

《米決算発表》
アクセンチュア、マイクロン・テクノロジー


■24(金)
【海外】
米2月耐久財受注(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/21(火) 08:03
 
■NYダウ
 20,905.86 -8.76
■ナスダック
 5,901.53 +0.53
■CME225(円建て)
 19,270 -80(大証比)
■ドイツDAX
 12,052.90 -42.34
■上海総合指数
 3,250.81 +13.36
■ドル円
 112.52

 20日のNY市場はまちまち。朝方は原油相場の下落を嫌気し、売りが先行。トランプ政権による経済政策や先行きの利上げ時期を巡る不透明感も広がり、小幅な値動きに終始する展開となりました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で自動車・自動車部品や銀行が下落。
 ADRの日本株は任天堂<7974>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、富士重<7270>、京セラ<6971>、富士フイルム<4901>、日東電<6988>など対東証比較(1ドル112.57円換算)で全般冴えない展開となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/21(火) 07:58
 
2017/3/21  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.461% (前日比-0.040%)     1.288% (前日比-0.026%)
英国     1.244% (前日比-0.005%)     0.086% (前日比-0.003%)
ドイツ     0.440% (前日比+0.005%)     -0.775% (前日比-0.002%)
ポルトガル 4.237% (前日比-0.049%)     0.664% (前日比-0.003%)
イタリア    2.363% (前日比+0.006%)     0.011% (前日比-0.002%)
ギリシャ   7.478% (前日比+0.084%)       -
スペイン    1.847% (前日比-0.034%)     -0.144% (前日比-0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/17(金) 15:28
 
■日経平均      19,521.59(-68.55)

■東証1部出来高    20.13億株

■東証1部売買代金   2.45兆円

■日経平均先物    19,350(-90)

■TOPIX        1,565.85(-6.84)

■騰落        上昇742/下落1,116

■マザーズ指数    1,034.62(-17.22)

■日経JQ       3,027.55(-4.60)

■ドル円       113.38
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。3連休前とあって朝方は利益確定売りが先行。下げ幅は一時100円を超える場面も見られました。その後は、円高・ドル安の進行が一服し、下げ渋る展開となりました。
 後場は、売り物がちでスタート。売り一巡後は、日銀のETF買い期待が下支えとなり、前場終値近辺でもみ合う展開となりました。新規の手掛かり材料に乏しいことに加え、週末・3連休を控えて終日積極的な売買は手控えられました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、石油石炭製品、電気・ガス業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、パルプ・紙、証券商品先物となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反落しました。
 
■桃太郎
後場も持合いが続き小幅推移となった。
連休までの模様眺めとなり推移。
ドル換算ベースは、172.17ドル -0.41%でした。


◆ ご案内

2017/03/17(金) 15:26
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/17(金) 14:01
 
■日経平均      19,520.27(-69.87)

■日経平均先物    19,380(-60)

■TOPIX先物      1,552.50(-4.50)

■騰落        上昇604/下落1,230

■日経JQ       3,024.18(-7.97)

■マザーズ指数    1,032.64(-19.20)

■ドル円       113.42

■NYダウ夜間先物  -9

■上海総合指数後場の寄り付き 3,261.27 前日比-7.67 -0.23%

■指数大型      現値1,437.82  前日比-7.31

■指数中型      現値1,878.99  前日比-8.70

■指数小型      現値2,896.22  前日比-4.86


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/17(金) 12:37
 
ランチバスケットは30件、210.86億円。
差引き210億円の売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/03/17(金) 11:47
 
■日経平均      19,523.27(-66.87)

■東証1部出来高    8.31億株

■東証1部売買代金   0.91兆円

■日経平均先物    19,400(-40)

■TOPIX        1,565.24(-7.45)

■騰落        上昇533/下落1,321

■マザーズ指数    1,035.27(-16.57)

■日経JQ       3,029.20(-2.95)

■ドル円       113.46
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。手掛かり材料に乏しいことに加え、3連休前とあって利益確定売りが先行。下げ幅は一時100円を超える場面も見られました。その後は、円高・ドル安の進行が一服し、下げ渋る展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、電気・ガス業、医薬品。一方、値上がりしたのは、証券商品先物、パルプ・紙のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反落しました。
 
■桃太郎
前場は、安寄りから持合いでの推移となった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、172.07ドル -0.48%でした。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.09%

2017/03/17(金) 10:27
 
上海総合指数 3,271.87 前日比 +2.93 +0.09%


◆ 10時の概況

2017/03/17(金) 10:01
 
■日経平均      19,537.10(-53.04)

■日経平均先物    19,410(-30)

■TOPIX先物      1,553.50(-3.50)

■騰落        上昇567/下落1,233

■日経JQ       3,036.28(+4.13)

■マザーズ指数    1,048.86(-2.98)

■ドル円       113.42

■NYダウ夜間先物  +6

■指数大型      現値1,438.88  前日比-6.25

■指数中型      現値1,880.03  前日比-7.66

■指数小型      現値2,897.30  前日比-3.78


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/17(金) 09:04
 
おはようございます。

昨日の日経平均は小反発。
イベント通過から安心感。
最近の東京市場はイベントを糧に意外と強い展開。
ただ為替であるが、米国から通過安競争の回避を盛り込むよう強く主張しているもようなのか為替は小動き。ただこの為替水準は問題ない。
そして東京市場であるが個別銘柄はここから益々な発展が期待できると我々は考えており材料性高い銘柄は今後も投資家が驚く株価となる銘柄が出てくるだろうし、先日も我が社の若手が今後成長株として6772コスモス電機を紹介したが、同社はトヨタ自動車から車載フィルムヒーターを受注し予防安全支援装置に装着。運転席のカメラの曇り止めや凍結を防ぐ。
これにより視野を十分に確保し衝突防止ブレーキシステムを正確に補助する。
同社にトヨタが興味を持ったことは大きく、先日お伝えした時株価は230円であったがここで375円まであり我が社の若手の分析によると

~以下会員ページ~

本日の先物レンジ
19280~19470円
焦らずいこう。
個別銘柄で強い銘柄は更に進化するだろう。


◆ 釣り人

2017/03/17(金) 08:40
 
日経平均先物の現在の気配は19320、前日比120円安のところ。
ドル円113.32
米国雇用統計が発表され、ストンと115円前後から1円70銭程円高の局面にありますが、その後市場の動きはありません。私はかねてから円安に向かうとお伝えしてましたが、このあたりが踏ん張りどころとなっています。
間近高値と安値の中値あたりでの推移です。
NYダウ15ドル安。特別思うことはありません。
本日も安寄り後、毎度のことながら切り返すだろうと考えております。ただその切り返す幅がいかほどのものなのか?為替の動きで大きく変わってきます。
昨日もETFの買い付けは予想通り行われています。本日もそうでしょう。
このように海外勢の売りは吸収されています。
需給の観点から見ても良好になりつつあると考えております。
それでは3連休前の週末です。納得の1日にするように頑張りましょう。


◆ 外資系の注文動向

2017/03/17(金) 08:25
 
 17日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1030万株、買い1140万株で、差し引き110万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、陸運、サービス、不動産、保険、ガラス、電機、通信、情報通信、薬品など。
 買いセクターに、その他金融、商社、自動車、電機、銀行、建設、通信など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/17(金) 08:21
 
■国内(17日)
《決算発表》
ベステラ、カイカ、サンバイオ、オハラ、TASAKI、アルデプロ

■海外(17日)
G20財務相・中央銀行総裁会議(~3/18 ドイツ)
米2月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米2月CB景気先行総合指数(23:00)
米3月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)

《米決算発表》
ティファニー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/17(金) 08:14
 
■NYダウ
 20,934.55 -15.55
■ナスダック
 5,900.76 +0.71
■CME225(円建て)
 19,340 -100(大証比)
■ドイツDAX
 12,083.18 +73.31
■上海総合指数
 3,268.94 +27.18
■ドル円
 113.33

 16日のNY市場はまちまち。昨日のFOMC結果発表を受けて買いが先行。その後は、新たな材料を欠くなか、前日に大きく上げた反動で利益確定を目的とした売りが優勢となりました。ただ、日銀や英イングランド銀行が政策金利を据え置いたほか、オランダ下院選で中道右派の自由民主党が第1党を維持したことで、アジア・欧州株がほぼ全面高となったことから下値は限定的となりました。
 セクター別では、各種金融や銀行が上昇する一方で公益事業や医薬品・バイオテクノロジーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、富士重<7270>など対東証比較(1ドル113.29円換算)で全般冴えない展開となりました。


◆ 大引け概況

2017/03/16(木) 15:26
 
■日経平均      19,590.14(+12.76)

■東証1部出来高    17.96億株

■東証1部売買代金   2.15兆円

■日経平均先物    19,440(-10)

■TOPIX        1,572.69(+1.38)

■騰落        上昇1,235/下落630

■マザーズ指数    1,051.84(+16.05)

■日経JQ       3,032.15(+19.44)

■ドル円       113.24
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。利上げペース加速観測の後退に伴う円高を嫌気して売りが先行。売り一巡後は、先物にまとまった買いものが入り、プラスに転じる場面も見られました。
 後場寄り付きから買いが先行。日銀のETF買い期待から再びプラス浮上し、この日の高値を付ける場面も見られました。ただ、その後の上値は重く前日終値近辺で推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、非鉄金属、鉱業でした。一方、値下がり上位は、保険業、銀行業、食料品となりました
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。
 
■桃太郎
後場も決定会合後も高値持ち合いでの推移となった。
明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、172.89ドル +1.39%と高値付近となった。


◆ 14時の概況

2017/03/16(木) 14:01
 
■日経平均      19,610.31(+32.93)

■日経平均先物    19,470(+20)

■TOPIX先物      1,560.50(+3.50)

■騰落        上昇1,074/下落762

■日経JQ       3,027.58(+14.87)

■マザーズ指数    1,047.86(+12.07)

■ドル円       113.42

■NYダウ夜間先物  +17

■上海総合指数後場の寄り付き 3,264.07 前日比+22.31 +0.69%

■指数大型      現値1,446.26  前日比+0.50

■指数中型      現値1,888.57  前日比+4.85

■指数小型      現値2,896.42  前日比+8.65


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/16(木) 12:36
 
ランチバスケットは10件、200.07億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/03/16(木) 12:07
 
■日経平均      19,551.58(-25.80)

■東証1部出来高    8.84億株

■東証1部売買代金   0.98兆円

■日経平均先物    19,420(-30)

■TOPIX        1,569.21(-2.10)

■騰落        上昇875/下落918

■マザーズ指数    1,039.93(+4.14)

■日経JQ       3,023.53(+10.82)

■ドル円       113.40
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。利上げペース加速観測の後退に伴う円高を嫌気して売りが先行。売り一巡後は、先物にまとまった買いものが入り、下げ幅を縮小。アク抜け感から前日終値近辺まで値を戻した後は、プラスに転じる場面も見られました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、水産・農林業、鉱業でした。一方、値下がり上位は、保険業、食料品、銀行業となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、決定会合前もあり安寄りから戻す展開となった。押すところは押さないと限界はありそうだ。
ドル換算ベースは、172.42ドル +1.11%と大きく切り返しとなった。


◆ 10時の概況

2017/03/16(木) 10:01
 
■日経平均      19,491.09(-86.29)

■日経平均先物    19,350(-100)

■TOPIX先物      1,551.00(-6.00)

■騰落        上昇715/下落1,085

■日経JQ       3,020.02(+7.31)

■マザーズ指数    1,044.36(+8.57)

■ドル円       113.24

■NYダウ夜間先物  +3

■指数大型      現値1,438.90  前日比-6.86

■指数中型      現値1,878.14  前日比-5.58

■指数小型      現値2,884.93  前日比-2.84


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/16(木) 09:07
 
おはようございます。

イベントは特に問題視するような内容になっておらずマーケットには問題ないだろう。
一応、FRBの今後の利上げ見通しは年3回を予定しているようでマーケット関係者が勝手に目論んだ年4回利上げ説は否定された。
これにより為替は対ドルにおいてややドル安に推移しているが特段問題ない水準に思われる。
さて、昨日我々が想定していたように新興市場にやや調整の兆しが指数に見られここは想定内であり予定通りの調整局面が起これば我々の筋書き通りとなり皆様にまたチャンスのお知らせができるのではないかと思っております。
さて、その中いよいよ株価の浮上が見られそうなのが

~以下会員ページ~

本日の先物レンジ
19260~19410円
焦る必要はない。


◆ 外資系の注文動向

2017/03/16(木) 08:25
 
 16日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り930万株、買い1090万株で、差し引き160万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)は売り越し。
 売りセクターに、電機、不動産、銀行、鉄鋼、REIT、証券、ゴム、サービス、薬品、小売など。
 買いセクターに、サービス、不動産、化学、自動車、陸運、電機、保険など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/16(木) 08:20
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19501円 -77円

NYは、ダウ平均は112.73ドル高の20950.10、ナスダックは43.23ポイント高の5900.05で取引を終了した。原油相場が上昇し買いが先行。堅調な2月の消費者物価指数や小売売上高、3月NAHB住宅市場指数も好感されたが、FOMCの発表を控えて小動きとなった。注目のFOMCでは大方の予想通り、賛成多数で政策金利が引き上げられた。年内の追加利上げ見通しも残り2回と据え置かれ、先行き不透明感の解消から発表後に上げ幅を拡大した。

日経ですが、昨日の下値は限定的の持ち合い。
本日は、ドル安傾向もありますが、決定会合もあり為替分下落までいかずに、持ち合いとなるか見ていきます。昨日終値、170.53ドル 113.41で19339円

想定レンジ、為替、113.41円 169ドルから173ドル

 19166円から19619円


◆ 本日の予定

2017/03/16(木) 08:19
 
■国内(16日)
黒田日銀総裁会見

《決算発表》
モロゾフ、丸善CHI、稲葉製作、OS映、ドーム

■海外(16日)
BOE金融政策委員会
米2月住宅着工件・建設許可件数(21:30)
米3月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)

《米決算発表》
アドビ・システムズ、ダラー・ゼネラル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/16(木) 08:15
 
■NYダウ
 20,950.10 +112.73
■ナスダック
 5,900.05 +43.23
■CME225(円建て)
 19,365 -85(大証比)
■ドイツDAX
 12,009.87 +21.08
■上海総合指数
 3,241.76 +2.43
■ドル円
 113.4

 15日のNY市場は上昇。原油相場が上昇し買いが先行。堅調な経済指数が好感されたが、FOMCの発表を控えて小動きとなった。注目のFOMCでは大方の予想通り、賛成多数で政策金利が0.25%ポイント引き上げられた。為替市場ではドルが売られ、米国債は買い戻された。ドル円は114円台半ばから113円台前半まで急落し、米10年債利回りは前日の2.60%から2.49%へと急低下。原油相場は急反発。米原油在庫の減少やドル安が好感され、NY原油先物は2.39%高と大幅反発なりました。
 セクター別では、エネルギーや不動産が上昇する一方で銀行や各種金融が下落した。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983
>、ブリヂストン<5108>、任天堂<7974>、富士重<7270>など、対東証比較(1ドル113.47円換算)で全般小安い


◆ 各国債券利回り

2017/03/16(木) 08:02
 
2017/3/16  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.493% (前日比-0.107%)     1.299% (前日比-0.077%)
英国     1.211% (前日比-0.013%)     0.043% (前日比-0.027%)
ドイツ     0.415% (前日比-0.030%)     -0.820% (前日比-0.011%)
ポルトガル 3.992% (前日比+0.026%)     0.014% (前日比+0.021%)
イタリア    2.302% (前日比-0.039%)     -0.021% (前日比-0.039%)
ギリシャ   7.333% (前日比+0.045%)       -
スペイン    1.839% (前日比-0.032%)     -0.170% (前日比-0.047%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/15(水) 15:23
 
■日経平均      19,577.38(-32.12)

■東証1部出来高    16.50億株

■東証1部売買代金   1.67兆円

■日経平均先物    19,450(-30)

■TOPIX        1,571.31(-3.59)

■騰落        上昇420/下落1,461

■マザーズ指数    1,035.79(-36.38)

■日経JQ       3,012.71(-29.71)

■ドル円       114.80

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国株安や円強含みを受け、朝方は売りが先行。売り一巡後は、円伸び悩みもあって、いったん下げ渋ったものの戻りは限定的となりました。
 後場は、買いが先行。日銀のETF買い期待が下支えとなり戻す場面も見られました。その後はFOMC結果発表を前に積極的に買い進む動きとはならず、上値の重い展開となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、電気・ガス業、鉱業でした。一方、値上がり上位は、海運業、保険業、その他製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続落しました。
 
■桃太郎
後場も相変わらずトレンド出ず持ち合いとなった。
今晩の重要イベント待ちの展開となり明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、17053ドル -0.12%となった。


◆ ご案内

2017/03/15(水) 14:33
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/15(水) 14:01
 
■日経平均      19,552.31(-57.19)

■日経平均先物    19,430(-50)

■TOPIX先物      1,556.00(-5.00)

■騰落        上昇369/下落1,535

■日経JQ       3,015.70(-26.72)

■マザーズ指数    1,038.80(-33.37)

■ドル円       114.78

■NYダウ夜間先物  +40

■上海総合指数後場の寄り付き 3,242.24 前日比+2.91 +0.09%

■指数大型      現値1,443.37  前日比-3.44

■指数中型      現値1,882.27  前日比-8.71

■指数小型      現値2,887.26  前日比-18.86


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/15(水) 12:35
 
ランチバスケットは20件、135.36億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/15(水) 11:47
 
■日経平均      19,551.72(-57.78)

■東証1部出来高    7.56億株

■東証1部売買代金   0.72兆円

■日経平均先物    19,420(-60)

■TOPIX        1,569.22(-5.68)

■騰落        上昇420/下落1,408

■マザーズ指数    1,060.62(-11.55)

■日経JQ       3,032.28(-10.14)

■ドル円       114.82
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国株安を受け、売りが先行。また、円強含みも重しとなり、下げ幅を拡大し、一時19503.74円をつける場面も見れました。売り一巡後は、円伸び悩みもあって、いったん下げ渋ったものの戻りは限定的。FOMC結果発表やオランダ議会選挙を前に手控えムードが強く、上値の重い展開となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、海運業、その他製品、小売業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続落しました。
 
■桃太郎
前場は、安寄り後、小幅推移となった。このところ寄り後は動きが出ません。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.29ドル -0.26%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.12%

2017/03/15(水) 10:26
 
上海総合指数 3,235.40 前日比 -3.93 -0.12%


◆ 10時の概況

2017/03/15(水) 10:01
 
■日経平均      19,540.03(-69.47)

■日経平均先物    19,410(-70)

■TOPIX先物      1,554.50(-6.50)

■騰落        上昇398/下落1,454

■日経JQ       3,034.33(-8.09)

■マザーズ指数    1,066.22(-5.95)

■ドル円       114.82

■NYダウ夜間先物  +18

■指数大型      現値1,441.55  前日比-5.26

■指数中型      現値1,881.31  前日比-9.67

■指数小型      現値2,892.97  前日比-13.15


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/15(水) 09:14
 
おはようございます。

先ず我々のここでのマーケットの予想であるが、ここでマーケットは4つの重要イベントを見据えているようだ。
1.アメリカの債務上限問題
2.米 FRBによる政策金利の引上げ
3.英国のEU離脱の正式通告
4.オランダ総選挙
であるが基本的に特に問題視する必要はないと思っており特段気にしていません。
仮にマーケットが何かを嫌気して売られるようならば、その押し目は買いであると思っている。
さて、東京市場でありますがここで狙いたいセクターに『建設株』をあげたい。
理由としては消去法でまだまだ実需を考えるのと採算コストを考えると利益はあがる。
そこで我が社の若手資料からここで面白そうな建設株に○○××をあげたい。
同社は、旭化成ホーム、長谷工との協力関係を築き受注拡大を図っており今後は益々な発展が期待できそうな中、時価は割安に見える。
我々の見解からだと200円以下は買いに見え今後楽しみな銘柄となりそうだ。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/03/15(水) 08:40
 
日経平均先物の現在の気配は19420、前日比60円安のところです。
ドル円114.62、気持ち円高で推移しております。
NYダウ44ドル安。たらたらとする日が多くなっています。
陰線で9本と見えます。陰線とは寄付き高くて終値が安いということです。
本日お伝えしてますとおり、オランダ議会選挙、そしてイエレン議長の会見となります。
それを控えた東京市場、どんな動きとなるのか?解説していきます。

昨日私は、上離れの可能性もあると考えたんですが、あえなく失速し、ちょい損で先物は手仕舞っています。
多分今日も押し目のところは買いを入れると思うんですが、もう一つ上値の重さを感じざるを得ません。
こんな感じですが、どうぞよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/15(水) 08:22
 


おはようございます。

現在、日経CFD、19540円 -69円

NYは、ダウ平均は44.11ドル安の20837.37、ナスダックは18.97ポイント安の5856.82で取引を終了した。2月にサウジアラビアが原油の減産基準を緩和したことが報じられ、原油相場が下落し売りが先行。しかし、本日は米北東部への猛吹雪で閑散取引となったほか、明日のFOMC結果発表や、イエレン議長による追加利上げ見通しへの見解を見極めたいとの思惑から下値も限られた。

昨日の日経ですが、小幅上値持ち合いでの推移となった。
本日は、多少リスク回避の動きから114円台中盤での推移。
明日未明のFOMCやオランダ選挙の行方などイベントがあり持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、114.75円 168ドルから171ドル

 19278円から19622円(現物)


◆ 外資系の注文動向

2017/03/15(水) 08:19
 
 15日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り2140万株、買い1670万株で、差し引き470万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、陸運、通信、化学、ゴム、薬品、輸送用機器、機械、小売、不動産など。
 買いセクターに、不動産、電機、繊維、機械、情報通信、自動車など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/15(水) 08:18
 
■国内(15日)
日銀金融政策決定会合(~3/16)
2月訪日外客数
春闘集中回答日

《決算発表》
三井ハイテ、ジェネパ、バロック、クスリのアオキ、エニグモ、トリケミカル、ACCESS、3Dマトリックス、楽天地

■海外(15日)
オランダ議会選挙
イエレンFRB議長会見(経済見通し)
米3月ニューヨーク連銀製造業景気指数(21:30)
米2月消費者物価指数(21:30)
米2月小売売上高(21:30)
米3月NAHB住宅市場指数(23:00)
米1月企業在庫(23:00)
米1月対米証券投資(3/16 5:00)
TPP閣僚会合(チリ)

《米決算発表》
オラクル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/15(水) 08:16
 
■NYダウ
 20,837.37 -44.11
■ナスダック
 5,856.82 -18.96
■CME225(円建て)
 19,430 -50(大証比)
■ドイツDAX
 11,988.79 -1.24
■上海総合指数
 3,239.33 +2.31
■ドル円
 114.7

 14日のNY市場は下落。2月にサウジアラビアが原油の減産基準を緩和したことが報じられ、原油相場が下落し売りが先行。ただ、米北東部への猛吹雪で航空機の欠航が相次ぐなど荒天により閑散取引となったほか、FOMCの結果発表を15日に控えて様子見ムードが強まり下値も限定的となりました。
 セクター別では、自動車・自動車部品やメディアが上昇する一方で運輸やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はシャープ<6753>、リコー<7752>、ファーストリテ<9983>が堅調な他は、トヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、ブリヂストン<5108>、任天堂<7974>など対東証比較(114.75円換算)で全般小安い展開となりました。


◆ IRセミナーは本日です!ご参加予定の方はお早めに!!

2017/03/15(水) 08:15
 
弊社の長島が本日東京の日本橋で開催されます「個人投資家向けIRセミナー&株式講演会」に出演いたします。
数々の大化け株を昨年、選出した弊社のアドバイザーが
『来2018年3月期を見据えた銘柄選び』についてお話します。
関東近郊の方はご来場下さい。
------------------------------------------------------------
【日程】平成29年3月15日(水)13時開演

【会場】東洋経済新報社9階ホール
      (東京都中央区日本橋本石町1-2-1)

【料金】入場無料先着順 定員(230名)

▼詳しくはコチラから
http://media-ir.com/news/?p=34115
------------------------------------------------------------


◆ 各国債券利回り

2017/03/15(水) 07:44
 
2017/3/15  7時9分現在

         10年債                      2年債
米国     2.600% (前日比-0.026%)     1.376% (前日比+0.004%)
英国     1.224% (前日比-0.023%)     0.070% (前日比-0.026%)
ドイツ     0.445% (前日比-0.026%)     -0.809% (前日比-0.001%)
ポルトガル 3.966% (前日比-0.049%)     -0.007% (前日比-0.079%)
イタリア    2.341% (前日比-0.022%)     0.018% (前日比-0.017%)
ギリシャ   7.288% (前日比+0.082%)       -
スペイン    1.871% (前日比-0.035%)     -0.123% (前日比-0.049%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず



◆ 大引け概況

2017/03/14(火) 15:31
 
■日経平均      19,609.50(-24.25)

■東証1部出来高    17.58億株

■東証1部売買代金   1.78兆円

■日経平均先物    19,480(-40)

■TOPIX        1,574.90(-2.50)

■騰落        上昇899/下落945

■マザーズ指数    1,072.17(-2.68)

■日経JQ       3,042.42(+2.81)

■ドル円       114.88
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。対ドルでの円弱含みが支えとなり、朝方は小幅高でスタート。その後は、直近の上昇に対する利益確定売りが出やすい一方、押し目買いも根強く小安い水準でのもみ合いとなりました。
 後場は、新規の手掛かり材料に乏しいことに加えFOMCの結果発表など重要イベントを控え、前場に引き続き小安い水準でもみ合う展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、不動産業、鉄鋼、サービス業でした。一方、値上がり上位は、鉱業、水産・農林業、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
後場も指数は動きなし。明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.73ドル -0.27%と下落となった。


◆ ご案内

2017/03/14(火) 15:21
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/14(火) 14:01
 
■日経平均      19,621.67(-12.08)

■日経平均先物    19,500(-20)

■TOPIX先物      1,562.50(-4.50)

■騰落        上昇907/下落921

■日経JQ       3,041.54(+1.93)

■マザーズ指数    1,071.87(-2.98)

■ドル円       114.90

■NYダウ夜間先物  -9

■上海総合指数後場の寄り付き 3,241.16 前日比+4.14 +0.13%

■指数大型      現値1,447.58  前日比-2.64

■指数中型      現値1,892.67  前日比-0.31

■指数小型      現値2,907.02  前日比+4.38


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/14(火) 12:38
 
ランチバスケットは19件、311.43億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/03/14(火) 11:42
 
■日経平均      19,619.14(-14.61)

■東証1部出来高    8.17億株

■東証1部売買代金   0.82兆円

■日経平均先物    19,490(-30)

■TOPIX        1,575.06(-2.34)

■騰落        上昇821/下落976

■マザーズ指数    1,069.07(-5.78)

■日経JQ       3,036.45(-3.16)

■ドル円       114.80
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。対ドルでの円弱含みが支えとなり、朝方は小幅高でスタートしたものの直後にマイナス転換。直近の上昇に対する利益確定売りが出やすい一方、押し目買いも根強く小安い水準でのもみ合いとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、サービス業、不動産業、陸運業でした。一方、値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、水産・農林業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
前場は、70円幅の小動きとなった。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.91ドル -0.16%と小幅下落。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.05%

2017/03/14(火) 10:26
 
上海総合指数 3,235.25 前日比 -1.77 -0.05%


◆ 10時の概況

2017/03/14(火) 10:01
 
■日経平均      19,624.65(-9.10)

■日経平均先物    19,500(-20)

■TOPIX先物      1,562.50(-4.50)

■騰落        上昇662/下落1,164

■日経JQ       3,037.04(-2.57)

■マザーズ指数    1,072.44(-2.41)

■ドル円       114.84

■NYダウ夜間先物  -15

■指数大型      現値1,447.83  前日比-2.39

■指数中型      現値1,891.70  前日比-1.28

■指数小型      現値2,898.62  前日比-4.02


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/14(火) 09:11
 
おはようございます。

昨日、緊急告知として新興市場の調整をお伝えしたが。
新興市場の連騰は予定通りにストップした。ただ過熱感があったから皆様に今月末までの調整を予想した訳ではない。
今回の新興市場の上昇は個人投資家の力ではなく、外国人投資家の関与であり彼等の時間軸が仮に私がイメージする
時間軸と同じならばここは休む可能性があるからだ。
本来ならば春先まで新興市場はと思っていたが、今回の新興市場はここで休めば秋までの相場が続くだろう。
だからはここは素直に調整してもらいたい。
しかし、マーケット環境は悪くなく強い銘柄は強いだろう。
さてそうなると、東証1部、2部の小型で業績に安定性がある銘柄には買い需要はある。
そこで今朝は、我が社の若手が持つ資料の中から割安な銘柄として○○××を紹介したい。
配当利回り3%で採算改善。
今期は、電機、建材、建機も堅調に推移。
この観点からならばこの300円前半は割安に思われる。
400円を超える株価があっても普通だ。

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/03/14(火) 08:28
 
 14日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1030万株、買い770万株で、差し引き260万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、自動車、通信、不動産、建設、小売、REIT、食品、機械など。
 買いセクターに、サービス、電機、銀行、化学、自動車、小売、建設、銀行、石油など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/14(火) 08:26
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19695円

NYは、ダウ平均は21.50ドル安の20881.48、ナスダックは14.06ポイント高の5875.78で取引を終了した。本日は主要経済指標の発表が無く、明日から開催される連邦公開市場委員会(FOMC)での発表内容を見極めたいと思惑から手控えムードとなり、終日上値の重い展開となった。トランプ大統領が検討する新制度を巡る先行き不透明感から、ヘルスケア・セクターに売りが広がった。

昨日の日経ですが、高値持ち合いの小幅推移となった。
本日も材料不足もあり持ち合いとなりそうです。

想定レンジ、為替、114.94円 169ドルから172ドル

 19424円から19769円(現物)


◆ 本日の予定

2017/03/14(火) 08:21
 
■国内(14日)
2月首都圏新規マンション発売(13:00)
20年国債入札

《決算発表》
ファーマフーズ、トーエル、ツルハHD、ファーストロジ、ヤーマン、スバル興

■海外(14日)
中国2月小売売上高(11:00)
中国2月都市部固定資産投資(11:00)
中国2月鉱工業生産(11:00)
独3月ZEW景況感指数(19:00)
FOMC(~3/15)
米2月生産者物価(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/14(火) 08:19
 
■NYダウ
 20,881.48 -21.50
■ナスダック
 5,875.78 +14.06
■CME225(円建て)
 19,540 +20(大証比)
■ドイツDAX
 11,990.03 +26.85
■上海総合指数
 3,237.02 +24.26
■ドル円
 114.94

 13日のNY市場はまちまち。主要経済指標の発表も無く、明日から開催される結果公表を控え、終日上値の重い展開となりました。また、原油先物相場が軟調に推移し、石油関連株が下げたことも相場の重しとなりました。
 セクター別では、自動車・自動車部品や素材が上昇する一方で運輸や医薬品・バイオテクノロジーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三井住友<8316>、ブリヂストン<5108>、任天堂<7974>が小安い。半面、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>がしっかりなど、対東証比較(1ドル114.85円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/14(火) 08:00
 
2017/3/14  7時13分現在

         10年債                      2年債
米国     2.626% (前日比+0.051%)     1.372% (前日比+0.019%)
英国     1.247% (前日比+0.016%)     0.096% (前日比+0.003%)
ドイツ     0.471% (前日比-0.014%)     -0.808% (前日比+0.023%)
ポルトガル 4.015% (前日比-0.041%)     0.072% (前日比-0.004%)
イタリア    2.363% (前日比-0.004%)     0.035% (前日比+0.002%)
ギリシャ   7.206% (前日比+0.018%)       -
スペイン    1.906% (前日比+0.017%)     -0.074% (前日比-0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/13(月) 15:30
 
■日経平均      19,633.75(+29.14)

■東証1部出来高    14.71億株

■東証1部売買代金   1.77兆円

■日経平均先物    19,520(+50)

■TOPIX        1,577.40(+3.39)

■騰落        上昇998/下落849

■マザーズ指数    1,074.85(-11.78)

■日経JQ       3,039.61(-24.62)

■ドル円       114.70
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、円安・ドル高一服を受け利益確定売りが先行。寄り付き直後は下押す場面もありましたが、売り一巡後は円伸び悩みもあって上げに転換。プラス圏を保って前場取引を終えました。
 後場は、内需関連株を中心に買いが入る一方、為替の円高・ドル安で輸出関連株が値下がりしたため、相場全体の方向感が定まらず、日経平均株価は小動き。FOMCが14、15日に予定されていることもあり膠着感強い相場となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気・ガス業、空運業、陸運業でした。一方、値下がり上位は、証券商品先物、鉄鋼、海運業となりました。

TOPIXも続伸、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎
後場も高値持ち合いとなった。
明日は、動きが出るのか見ていきます。
ドル換算ベースは、171.18ドル +0.78%と本日高値で引けた。


◆ ご案内

2017/03/13(月) 14:48
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/13(月) 14:02
 
■日経平均      19,612.85(+8.24)

■日経平均先物    19,490(+20)

■TOPIX先物      1,563.50(+3.00)

■騰落        上昇950/下落895

■日経JQ       3,052.48(-11.75)

■マザーズ指数    1,085.28(-1.35)

■ドル円       114.70

■NYダウ夜間先物  -6

■上海総合指数後場の寄り付き 3,226.65 前日比+13.89 +0.43%

■指数大型      現値1,448.30  前日比+1.80

■指数中型      現値1,891.42  前日比+2.72

■指数小型      現値2,902.93  前日比-1.49


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/13(月) 12:37
 
ランチバスケットは37件、293.16億円。
差し引き20億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/13(月) 12:03
 
■日経平均先物    19,510(+40)

■TOPIX        1,577.37(+3.36)

■騰落        上昇1,062/下落756

■マザーズ指数    1,091.25(+4.62)

■日経JQ       3,057.92(-6.31)

■ドル円       114.86

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、円安・ドル高一服を受け利益確定売りが先行。NY原油先物安も重しとなり、寄り付き直後は下押す場面もありましたが、売り一巡後は円伸び悩みもあって上げに転換。先物買いを交えて一時1万9656円48銭まで上昇しました。前引けにかけてプラス圏を保って前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、情報・通信業、サービス業、空運業でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、証券商品先物、海運業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。

■桃太郎
前場は、下値も限定的となり、小幅高、高値持ち合いとなった。
為替推移は、114円台後半での持ち合い。
後場も持ち合いか見ていきます。
ドル換算ベースは、171.02ドル +0.68%と2日切り返しとなった。


◆ 10時の概況

2017/03/13(月) 10:01
 
■日経平均      19,610.03(+5.42)

■日経平均先物    19,490(+20)

■TOPIX先物      1,562.50(+2.00)

■騰落        上昇1,014/下落807

■日経JQ       3,064.56(+0.33)

■マザーズ指数    1,093.01(+6.38)

■ドル円       114.83

■NYダウ夜間先物  -11

■指数大型      現値1,447.26  前日比+0.76

■指数中型      現値1,890.73  前日比+2.03

■指数小型      現値2,906.00  前日比+1.58


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/13(月) 09:12
 
■釣り人
30億の便りは、新興市場や東証1部の銘柄が本日銘柄に対しての対応の仕方が詳しく書かれています。
会員ページのみとなります。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/13(月) 08:32
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19553円 -52円

現在、為替推移は、114円台後半での推移。
本日も持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、114.77円 168ドルから171ドル

 19281円から19625円(現物)


◆ 外資系の注文動向

2017/03/13(月) 08:23
 
13日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1020万株、買い1150万株で、差し引き130万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、電機、化学、建設、鉱業、海運、不動産、通信、小売、REITなど。
 買いセクターに、機械、通信、化学、保険、電機、自動車など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/03/13(月) 08:18
 
■13(月)
【国内】
2月国内企業物価指数(8:50)
1月機械受注(8:50)
1月第三次産業活動指数(13:30)

《決算発表》
JPNミート、ポールHD、シーズHD、萩原工業、正栄食

【海外】
休場:インド

■14(火)
【国内】
2月首都圏新規マンション発売(13:00)
20年国債入札

《決算発表》
ファーマフーズ、トーエル、ツルハHD、ファーストロジ、ヤーマン、スバル興

【海外】
中国2月小売売上高(11:00)
中国2月都市部固定資産投資(11:00)
中国2月鉱工業生産(11:00)
独3月ZEW景況感指数(19:00)
FOMC(~3/15)
米2月生産者物価(21:30)

■15(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~3/16)
2月訪日外客数
春闘集中回答日

《決算発表》
三井ハイテ、ジェネパ、バロック、クスリのアオキ、エニグモ、トリケミカル、ACCESS、3Dマトリックス、楽天地

【海外】
オランダ議会選挙
イエレンFRB議長会見(経済見通し)
米3月ニューヨーク連銀製造業景気指数(21:30)
米2月消費者物価指数(21:30)
米2月小売売上高(21:30)
米3月NAHB住宅市場指数(23:00)
米1月企業在庫(23:00)
米1月対米証券投資(3/16 5:00)
TPP閣僚会合(チリ)

《米決算発表》
オラクル

■16(木)
【国内】
黒田日銀総裁会見

《決算発表》
モロゾフ、丸善CHI、稲葉製作、OS映、ドーム

【海外】
BOE金融政策委員会
米2月住宅着工件・建設許可件数(21:30)
米3月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)

《米決算発表》
アドビ・システムズ、ダラー・ゼネラル

■17(金)
【国内】
《決算発表》
ベステラ、カイカ、サンバイオ、オハラ、TASAKI、アルデプロ

【海外】
G20財務相・中央銀行総裁会議(~3/18 ドイツ)
米2月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米2月CB景気先行総合指数(23:00)
米3月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)

《米決算発表》
ティファニー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/13(月) 08:08
 
■NYダウ
 20,902.98 +44.79
■ナスダック
 5,861.73 +22.92
■CME225(円建て)
 19,445 -25(大証比)
■ドイツDAX
 11,963.18 -15.21
■上海総合指数
 3,212.76 -3.99
■ドル円
 114.83

 10日のNY市場は上昇。2月雇用統計で非農業部門雇用者数が23.5万人増と予想を上回る強い結果となり、来週のFOMCでの利上げ見通しがさらに強まりました。原油相場の下落で、午後にかけて上げ幅を縮小する展開となったが、引けにかけて再び上昇しました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で銀行やメディアが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、任天堂<7974>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル114.74円換算)で全般冴えない。


◆ 各国債券利回り

2017/03/13(月) 07:44
 
2017/3/13  7時9分現在

         10年債                      2年債
米国     2.575% (前日比-0.031%)     1.353% (前日比-0.019%)
英国     1.231% (前日比+0.006%)     0.093% (前日比-0.012%)
ドイツ     0.485% (前日比+0.059%)     -0.831% (前日比+0.023%)
ポルトガル 4.056% (前日比+0.028%)     0.076% (前日比+0.026%)
イタリア    2.367% (前日比+0.055%)     0.033% (前日比+0.014%)
ギリシャ   7.188% (前日比-0.014%)       -
スペイン    1.889% (前日比+0.050%)     -0.066% (前日比+0.043%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/03/12(日) 11:55
 
週末のNYダウは44ドル高・ドル円114.70円安場面はありましたが、週末とほぼ変わらずかほんの少し円高という感じ・CME225円安の伸びがないため19445-25

15日のイエレン議長の利上げほぼ90%と想像できそれが市場に織り込まれた動きになってきました・・仮にそうであるということを前提にするとどう?米国株・為替は動くでしょうか?それを考える週となります。しばらく前から為替は円安に向かいNYダウは3月1日の棒上げは売り方の買戻しと見ることができ、その後失速気味となる・・という見方は当たっていたと考えます。

さてこれから日経平均はどう動くのか?トレンドは上向きだと考えますが。2週連続での上昇後の週となります。新高値を更新続けるのか?先読みが難しいところです。あるリサーチ会社によれば米国の国境税が20%となれば車大手の北米での売れ行きは半分に落ち4割減益もあり得るという不安定な話もあります。仮にそうなったら・・・は何ともわからないところです。

基本的にはそれでも日経平均は大きな下げ相場へ向かうという感じは今のところありません。押し目を作ることはあってもです。個別株においては輸出関連がそういうことで買いづらく資金は新興市場へ回っているわけですが仮に新興市場が少し休みに入っても例えば1部銘柄の建設とか船とかがにぎわい始めるという循環買いが続くでしょう~公的資金が使います信託銀行の売買動向は5週連続売り越しです。この売りが大型株の上値を少なからず抑えていました。いつまでこれが続くのか?注意深く見ていき先行きを解説していきます。

今週もどうぞご覧ください。


◆ 大引け概況

2017/03/10(金) 15:26
 
■日経平均      19,604.61(+286.03)

■東証1部出来高    22.67億株

■東証1部売買代金   2.94兆円

■日経平均先物    19,470(+300)

■TOPIX        1,574.01(+19.33)

■騰落        上昇1,563/下落341

■マザーズ指数    1,086.63(+6.00)

■日経JQ       3,064.23(+0.21)

■ドル円       115.40
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の円安・ドル高を好感し、買いが先行。先物の大口買いを交えて上げ幅を拡大。その後も高値圏で堅調に推移しました。
 後場は、前場の好地合いを引き継ぐ形で買い物がちでスタート。伸び悩む場面も見られましたが、円相場がやや弱含むとともに上げ幅を拡大し、19600円台を回復して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、保険業、証券商品先物、空運業。一方、値下がりしたのは、鉄鋼、海運業のみとなりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は反発しました。
  
※本日は桃太郎が休みのためコメントはありません。


◆ ご案内

2017/03/10(金) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/10(金) 14:01
 
■日経平均      19,598.76(+280.18)

■日経平均先物    19,470(+300)

■TOPIX先物      1,560.00(+20.50)

■騰落        上昇1,505/下落383

■日経JQ       3,062.51(-1.51)

■マザーズ指数    1,086.73(+6.10)

■ドル円       115.34

■NYダウ夜間先物  +65

■上海総合指数後場の寄り付き 3,216.84 前日比+0.10 +0.00%

■指数大型      現値1,445.82  前日比+18.24

■指数中型      現値1,887.01  前日比+21.03

■指数小型      現値2,900.81  前日比+20.96


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/10(金) 12:34
 
ランチバスケットは35件、203.91億円。
差引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/10(金) 11:42
 
■日経平均      19,575.34(+256.76)

■東証1部出来高    13.73億株

■東証1部売買代金   1.76兆円

■日経平均先物    19,450(+280)

■TOPIX        1,571.68(+17.00)

■騰落        上昇1,534/下落352

■マザーズ指数    1,088.89(+8.26)

■日経JQ       3,065.55(+1.53)

■ドル円       115.24
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の円安・ドル高を好感し、買いが先行。先物の大口買いを交えて上げ幅を拡大し、19500円台を回復。その後も高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、保険業、医薬品でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、海運業、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
※本日は桃太郎が休みのためコメントはありません。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.09%

2017/03/10(金) 10:26
 
上海総合指数 3,213.73 前日比 -3.02 -0.09%


◆ 10時の概況

2017/03/10(金) 10:02
 
■日経平均      19,521.93(+203.35)

■日経平均先物    19,390(+220)

■TOPIX先物      1,556.50(+17.00)

■騰落        上昇1,577/下落302

■日経JQ       3,067.47(+3.45)

■マザーズ指数    1,084.73(+4.10)

■ドル円       115.15

■NYダウ夜間先物  +43

■指数大型      現値1,441.00  前日比+13.42

■指数中型      現値1,883.55  前日比+17.57

■指数小型      現値2,901.33  前日比+21.48


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/10(金) 09:28
 
おはようございます。

やや為替がドル高方向に推移しているが、原油安が少し気になるところだ。
さて、我々の本拠地NYダウは明日の雇用統計を控え様子見ムードだった。
その環境下、東京市場は相変わらず皆様にお伝えしたように個別銘柄物色の強い相場。
日経平均はもみ合いならば仕方がないのは言うまでもない。
そこで今朝は『ITセキュリティ関連』から○○××を
紹介したい。
業績は増収増益基調で配当も年々上積み。
地味な会社に見えるが毎年同株は急騰を演じる場面があるので面白そうだ。
ともかく我々が皆様にお伝えできる相場の予想であるが、春先まで新興市場などの小型株はまだまだ強気姿勢で良いと思われる。


~以下会員ページ~



◆ 3月限SQ概算値は19434.30円(暫定値)

2017/03/10(金) 09:10
 
3月限SQ概算値は19434.30円(暫定値)
前日比 +115.72円


◆ 釣り人

2017/03/10(金) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19310、前日比140円高のところです。
昨日の終値と変わらない水準ではないかと思うかもしれないですが、3月物から6月物に限月交代をしまして、解説することになります。
3月物は本日のSQで終了となり、取引されません。
ドル円115.13、お伝えしてますとおり、円安のほうへ進んでおります。
NYダウは2ドル高ですが、まだリバウンドという形も見えません。

さて、本日米国雇用統計という一大イベント。問題がない数字が出るだろうという予測で、米国市場の金利そして為替も推移しております。
たらたらとした決算売りも、このSQを通過することによって、一段落するのかどうか?
本日の動き、しっかりと見ていきます。

解説することはないかと思いますが、個別株225採用銘柄、寄付きに大きな売りと大きな買いが入っています。SQ当日というのはこのようになります。
それでは週末です。よろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/03/10(金) 08:11
 
 10日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1380万株、買い1030万株で、差し引き350万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、化学、電機、銀行、不動産、商社、陸運、サービス、その他製品、機械、情報通信、REITなど。
 買いセクターに、銀行、化学、電機、サービス、保険、繊維、自動車、機械など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/10(金) 08:08
 
■国内(10日)
1-3月期法人企業景気予測調査(8:50)
2月国内企業物価指数(8:50)
メジャーSQ算出日

《決算発表》
カナモト、テンポス、Hamee、鳥貴族、ADR、シーアールイー、モルフォ、エイチーム、ソフトウェアサー、フリービット、gumi、アイリッジ、神島化、イトクロ、サムコ、アイモバイル、コーセル、トーホー、日本ロジ、シーイーシー

■海外(10日)
米2月雇用統計(22:30)
米2月財政収支(3/11 4:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/10(金) 08:07
 
■NYダウ
 20,858.19 +2.46
■ナスダック
 5,838.81 +1.26
■CME225(円建て)
 19,415 +105(大証比)
■ドイツDAX
 11,978.39 +11.08
■上海総合指数
 3,216.75 -23.91
■ドル円
 115.09

 9日のNY市場は上昇。ECBが政策の据え置きを発表し、一時上昇したものの原油相場が50ドルの大台を割り込んだほか、為替相場のドル高進行や米国債利回りの大幅上昇が嫌気され、下落。ただ、明日の米2月雇用統計を見極めたいとの思惑から引けにかけて再び上昇に転じました。
 セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやエネルギーが上昇する一方で不動産や自動車・自動車部品が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>が小安い他は、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、任天堂<7974>、富士重<7270>など、対東証比較(1ドル114.97円換算)で全般堅調となりました。


◆ 大引け概況

2017/03/09(木) 15:29
 
■日経平均      19,318.58(+64.55)

■東証1部出来高    15.95億株

■東証1部売買代金   1.87兆円

■日経平均先物    19,310(+60)

■TOPIX        1,554.68(+4.43)

■騰落        上昇1,216/下落625

■マザーズ指数    1,080.63(-0.22)

■日経JQ       3,064.02(+13.48)

■ドル円       114.54
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米国株高を好感して朝方は買いが先行。朝方よりやや円安が進むと、自動車関連など輸出株を中心に買い入り、一時1万9350円20銭まで上昇する場面もみられました。
 後場は、前場終値近辺でスタート。しばらくもみ合った後、円相場が弱含んだことを受け持ち直したものの米雇用統計の発表などを控え、積極的に買い進む動きとはならず上値は限定的となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、精密機器、ガラス土石製品でした。一方、値下がり上位は、鉱業、鉄鋼、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場も小動きの持ち合いとなった。
為替推移は、しっかりである。
明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、168.67ドル -0.34%でした。


◆ ご案内

2017/03/09(木) 14:26
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/09(木) 14:01
 
■日経平均      19,310.53(+56.50)

■日経平均先物    19,310(+60)

■TOPIX先物      1,554.30(+3.30)

■騰落        上昇1,191/下落624

■日経JQ       3,062.87(+12.33)

■マザーズ指数    1,080.61(-0.24)

■ドル円       114.52

■NYダウ夜間先物  +1

■上海総合指数後場の寄り付き 3,213.47 前日比-27.19 -0.84%

■指数大型      現値1,427.46  前日比+1.66

■指数中型      現値1,865.10  前日比+8.66

■指数小型      現値2,878.68  前日比+13.28


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/09(木) 12:42
 
ランチバスケットは19件、566.68億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/09(木) 11:49
 
■日経平均      19,283.10(+29.07)

■東証1部出来高    7.99億株

■東証1部売買代金   0.87兆円

■日経平均先物    19,290(+40)

■TOPIX        1,552.45(+2.20)

■騰落        上昇1,145/下落661

■マザーズ指数    1,082.16(+1.31)

■日経JQ       3,060.54(+10.00)

■ドル円       114.42
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米国株高を好感して朝方は買いが先行。朝方よりやや円安が進みと、自動車関連など輸出株を中心に買い入り、一時1万9350円20銭まで上昇する場面もみられました。買い一巡後は週末の米雇用統計の発表などを控えて様子見気分も強く、上値の重い展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、精密機器、海運業でした。一方、値下がり上位は、鉱業、鉄鋼、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り利益確定の動きから上げ幅縮小。
為替推移の下支えもありますが持ち合いとなった。
ドル換算ベースは、168.54ドル -0.41%と続落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.21%

2017/03/09(木) 10:26
 
上海総合指数 3,233.70 前日比 -6.96 -0.21%


◆ 10時の概況

2017/03/09(木) 10:01
 
■日経平均      19,323.04(+69.01)

■日経平均先物    19,320(+70)

■TOPIX先物      1,555.00(+4.00)

■騰落        上昇1,206/下落586

■日経JQ       3,062.64(+12.10)

■マザーズ指数    1,081.13(+0.28)

■ドル円       114.58

■NYダウ夜間先物  +9

■指数大型      現値1,428.26  前日比+2.46

■指数中型      現値1,865.00  前日比+8.56

■指数小型      現値2,876.36  前日比+10.96


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/09(木) 09:08
 
おはようございます。

日経平均はもみ合い。
現状、我々の予測としては東京市場も急落はないと思われる。
世界的にマーケットは落ち着いているだろう。
その中、東京市場であるが新興市場や中小型株はまだまだ活況な状況でますます楽しみな展開が期待できそうだ。
さて、今朝は私の知人で東京市場に精通している方から面白そうな銘柄があると言われたのが○○××。
我が社の分析チームが少し調べたが、建設コンサルで道路、橋などで世界的に著名な企業であり、また鉄道などのインフラ、そして自動運転への取り組みなど興味深く業績も増益基調となり大きな転換期を向かえたと思われる。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/03/09(木) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19330、前日比80円高のところ。
ドル円114.45、米国債券の金利上昇、来週の利上げ間違いないだろうということで、昨晩円安に振れ始めています。
NYダウ69ドル安。そろそろ一度戻っても良さそうだと思っておりますが、基本的には模様眺めが続きそうです。

かねてからお伝えしてますとおり、為替の円安トレンドは続くのではなかろうか?
NYダウはどちらかと言うと軟調であろうということ。
一つの好材料と一つの悪材料の中で、日経平均はどう動いていくのか?
今のところ弱気ではないということ。
こんな感じです。
それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/03/09(木) 08:29
 
 9日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り520万株、買い960万株で、差し引き440万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、化学、通信、電機、精密、紙パ、サービス、小売など。
 買いセクターに、自動車、サービス、建設、化学、薬品、その他製品、電機、機械、通信など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/09(木) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19328円 +73円

NYは、ダウ平均は69.03ドル安の20855.73、ナスダックは3.62ポイント高の5837.55で取引を終了した。朝方は堅調な2月ADP雇用統計が好感され、買いが先行したものの、追加利上げ観測の拡大が意識され、揉みあう展開となった。原油安が嫌気されたほか、昨日発表された医療保険制度改革法(オバマケア)の代替案に対して共和党内から懐疑的な見方が出ていることで政策運営への懸念が広がったが、週末の雇用統計結果を見極めたいとの思惑から小動きに終始した。

昨日の日経ですが、雇用統計前、為替のポジションも整理も重なり持ち合いの水準から下落となった。
本日は、昨晩為替推移も先週末あたりまで戻り推移してることもあり、高寄り後、持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、114.45ドル 167ドルから170ドル

 19113円から19456円


◆ 本日の予定

2017/03/09(木) 08:16
 
■国内(9日)
2月マネーストック(8:50)
2月都心オフィス空室率(11:00)
2月工作機械受注(15:00)
5年国債入札

《決算発表》
積水ハウス、ミライアル、クミアイ化、日ビュホテル、鎌倉新書、菱洋エレク

■海外(9日)
中国2月消費者物価・生産者物価(10:30)
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)
EU首脳会議(~3/10)
米2月輸入物価(22:30)
米30年国債入札

《米決算発表》
シグネット・ジュエラーズ、アルタ・ビューティ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/09(木) 08:14
 
■NYダウ
 20,855.73 -69.03
■ナスダック
 5,837.55 +3.62
■CME225(円建て)
 19,320 +70(大証比)
■ドイツDAX
 11,967.31 +1.17
■上海総合指数
 3,240.66 -1.75
■ドル円
 114.44

 8日のNY市場はまちまち。朝方は堅調な2月ADP雇用統計が好感され、買いが先行。その後は原油安が嫌気されたほか、昨日発表された医療保険制度改革法(オバマケア)の代替案に対して共和党内から懐疑的な見方が出ていることへの懸念から売り優勢の展開に。ただ、週末の雇用統計結果を見極めたいとの思惑から小動きとなりました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや小売が上昇する一方でエネルギーや不動産が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル114.41円換算)で全般堅調推移となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/09(木) 07:45
 
2017/3/9  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.560% (前日比+0.042%)     1.354% (前日比+0.027%)
英国     1.218% (前日比+0.025%)     0.083% (前日比-0.018%)
ドイツ     0.370% (前日比+0.051%)     -0.842% (前日比+0.029%)
ポルトガル 3.986% (前日比+0.013%)     0.041% (前日比+0.027%)
イタリア    2.254% (前日比+0.062%)     -0.017% (前日比+0.029%)
ギリシャ   7.191% (前日比-0.014%)       -
スペイン    1.811% (前日比+0.073%)     -0.124% (前日比+0.043%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/08(水) 15:24
 
■日経平均      19,254.03(-90.12)

■東証1部出来高    16.26億株

■東証1部売買代金   2.01兆円

■日経平均先物    19,250(-100)

■TOPIX        1,550.25(-4.79)

■騰落        上昇771/下落1,073

■マザーズ指数    1,080.85(+9.73)

■日経JQ       3,050.54(+6.60)

■ドル円       113.76
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国株安が重しとなり、朝方は売りが先行。その後、下げ渋る場面も見られましたが戻りは鈍く、安値圏で軟調に推移しました。
 後場は、円相場がやや強含んだこともあり、売り物がちでスタート。その後の戻りは鈍く1万9200円台前半で小幅推移。週末の米雇用統計や週明けにFOMCなど重要イベントを控え、積極的な買いは手控えられました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、証券商品先物、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、精密機器、建設業、金属製品となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場は、安値持ち合いのカ幅推移となった。
為替推移にはリンクスでの推移は続いている。
明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、169.24ドル -0.33%でした。


◆ 2月景気ウォッチャー調査-現状判断DIは1.2ポイント低下

2017/03/08(水) 15:08
 
8日に内閣府は2月の景気ウォッチャー調査を発表した。現状判断DIは48.6で、前月比1.2ポイント低下した。
悪化は2カ月連続。


◆ ご案内

2017/03/08(水) 14:39
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 日本1月-景気動向指数:一致指数は0.7ポイント低下

2017/03/08(水) 14:18
 
1月の景気動向指数(速報値)は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.7ポイント低下の114.9だった。
数カ月先の景気を示す先行指数は0.6ポイント上昇の105.5。


◆ 14時の概況

2017/03/08(水) 14:01
 
■日経平均      19,234.78(-109.37)

■日経平均先物    192,344(-116)

■TOPIX先物      1,548.50(-6.50)

■騰落        上昇673/下落1,164

■日経JQ       3,048.04(+4.10)

■マザーズ指数    1,076.03(+4.91)

■ドル円       113.72

■NYダウ夜間先物  -48

■上海総合指数後場の寄り付き 3,244.37 前日比+1.96 +0.06%

■指数大型      現値1,424.22  前日比-6.64

■指数中型      現値1,855.15  前日比-7.28

■指数小型      現値2,862.69  前日比-2.74


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/08(水) 12:35
 
ランチバスケットは27本、309.69億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/08(水) 11:46
 
■日経平均      19,246.64(-97.51)

■東証1部出来高    7.98億株

■東証1部売買代金   0.91兆円

■日経平均先物    19,250(-100)

■TOPIX        1,549.17(-5.87)

■騰落        上昇647/下落1,174

■マザーズ指数    1,077.72(+6.60)

■日経JQ       3,046.98(+3.04)

■ドル円       113.84
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国株安が重しとなり、朝方は売りが先行。先物にまとまった売り物が出たこともあり、軟化。その後、下げ渋る場面も見られましたが戻りは鈍く、安値圏で軟調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、空運業、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、精密機器、建設業、保険業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、メジャーSQ前のアノマリーもあり先物主導での利益確定の動きも見られ25Maあたりまで下落となった。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、169.07ドル -0.43%と続落。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.06%

2017/03/08(水) 10:27
 
上海総合指数 3,240.53 前日比 -1.88 -0.06%


◆ 10時の概況

2017/03/08(水) 10:00
 
■日経平均      19,275.31(-68.84)

■日経平均先物    19,280(-70)

■TOPIX先物      1,549.50(-5.50)

■騰落        上昇709/下落1,084

■日経JQ       3,048.12(+4.18)

■マザーズ指数    1,078.55(+7.43)

■ドル円       113.90

■NYダウ夜間先物  -37

■指数大型      現値1,426.47  前日比-4.39

■指数中型      現値1,856.64  前日比-5.79

■指数小型      現値2,862.98  前日比-2.45


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/08(水) 09:06
 
おはようございます。

日本株は来週にかけて重要イベントがあり様子見ムードとなりそうだ。
またNYダウも流石に調整色を見せていることも、日本株の投資家はどこかで下がるのではないかと怯えているようにも思われますが、我々の基本スタンスとしては、次なるトレンド待ちに見え現状は「弱気になる必要はない」ように思われる。
そして引き続きここは好業績銘柄、配当利回りの高い銘柄、後はテーマなり材料株はまだまだチャンスはあると思っている。
そこで、今朝!テーマなる現実投資を考えるとバラスト水処理条約に注目したい。
IMGはバラスト水規制管理条約を2004年に採択したが、
いよいよ2017年9月に条約発効要件が満たされ残り半年となった。
今年の9月8日から規制条約が発効されることとなり、世界中で約7万隻と年間約2800隻の新造船がバラスト水処理装着となりおおよそ3兆円の特需が始まる。
久しぶりに現実投資となるならば『バラスト水処理関連銘柄』は株価も反応し上昇するタイミングが来たと思われる。
そこで関連銘柄では、
6322タクミナ、7018内海造船とあるが。
低位株でバラスト水処理事業を導入し、業績変化率を考えると~以下会員ページ~


◆ 1月国際収支―655億円の黒字 31カ月連続黒字

2017/03/08(水) 08:54
 
財務省が8日発表した国際収支状況(速報)によると、経常収支は655億円の黒字だった。黒字は31カ月連続。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/08(水) 08:29
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19318円 -27円

NYは、ダウ平均は29.58ドル安の20924.76、ナスダックは15.25ポイント安の5833.93で取引を終了した。共和党下院による医療保険制度改革法(オバマケア)の代替案発表を受けて、トランプ大統領が製薬業界の競争激化や薬価引き下げに言及したことで、同セクターを中心に売りが先行。最近の株価上昇を不安視する見方から利益確定の動きも広がったが、雇用統計結果を見極めたいとの思惑もあり下値は限られた。

日経ですが、昨日も下値は限定的での推移となり小幅持ち合いとなった。
本日も模様眺めの展開となりそうである。
ドル換算ベースは、高値圏維持と現在は推移であり、次の段階で買い進まれば、16年ぶりの高値となるか週末の雇用統計やメジャーSQ後の展開となりそうである。

想定レンジ、為替、113.96円 168ドルから172ドル

 19145円から19601円



◆ 外資系の注文動向

2017/03/08(水) 08:12
 
 8日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1510万株、買い1360万株で、差し引き150万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、化学、自動車、電機、情報通信、機械、精密、小売など。
 買いセクターに、自動車、通信、サービス、小売、保険、機械、薬品、商社、陸運など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/08(水) 08:10
 
■国内(8日)
10-12月期GDP改定値(8:50)
1月国際収支(8:50)
1月景気動向指数(14:00)
2月景気ウォッチャー調査

《決算発表》
アスカネット、イハラケミカル

■海外(8日)
中国2月貿易収支
米2月ADP雇用統計(22:15)
米1月卸売在庫(3/9 0:00)
米10年国債入札

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/08(水) 08:09
 
■NYダウ
 20,924.76 -29.58
■ナスダック
 5,833.93 -15.24
■CME225(円建て)
 19,340 -10(大証比)
■ドイツDAX
 11,966.14 +7.74
■上海総合指数
 3,242.41 +8.54
■ドル円
 113.99

 7日のNY市場は下落。医療保険制度改革法(オバマケア)の代替案発表を受けて、トランプ大統領が製薬業界の競争激化や薬価引き下げに言及したことで、製薬株をを中心に売りが先行。相場は最高値圏とあって警戒感が意識されやすく利益確定を目的とした売りが優勢でしたが、雇用統計結果を見極めたいとの思惑もあり下値は限定的となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが上昇する一方で運輸やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はファナック<6954>、三菱商<8058>、任天堂<7974>、HOYA<7741>が小じっかりな半面、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、日鉄住金<5401>が小安いなど、対東証比較(1ドル113.99円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/08(水) 08:00
 
2017/3/8  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.518% (前日比+0.018%)     1.328% (前日比+0.022%)
英国     1.193% (前日比-0.020%)     0.101% (前日比-0.010%)
ドイツ     0.319% (前日比-0.023%)     -0.871% (前日比-0.054%)
ポルトガル 3.973% (前日比+0.011%)     0.014% (前日比-0.013%)
イタリア    2.192% (前日比+0.027%)     -0.046% (前日比-0.016%)
ギリシャ   7.205% (前日比+0.123%)       -
スペイン    1.738% (前日比+0.010%)     -0.167% (前日比+0.001%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/07(火) 15:36
 
■日経平均      19,344.15(-34.99)

■東証1部出来高    15.75億株

■東証1部売買代金   1.98兆円

■日経平均先物    19,350(-10)

■TOPIX        1,555.04(+0.14)

■騰落        上昇841/下落985

■マザーズ指数    1,071.12(-9.33)

■日経JQ       3,043.94(+4.08)

■ドル円       113.94
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国株安が重しとなり朝方は売りが先行。売り一巡後は、前日終値近辺まで下げ渋る場面も見られましたが、上値は重く軟調に推移しました。
 後場は、新規の手掛かり材料に乏しく、積極的な売買は手控えられ前場終値近辺で小幅にもみ合う展開に。値幅は55円04銭と2016年12月26日以来約2カ月半ぶりの小ささとなりました。ただ、小型株への物色は続いており、東証2部株価指数は連日で最高値を更新しました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、鉱業、海運業でした。一方、値下がり上位は、非鉄金属、銀行業、鉄鋼となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場も小幅推移となりました。
明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、169.80ドル -0.24%でした。


◆ ご案内

2017/03/07(火) 15:01
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/07(火) 14:01
 
■日経平均      19,346.58(-32.56)

■日経平均先物    19,350(-10)

■TOPIX先物      1,555.50(+3.00)

■騰落        上昇857/下落980

■日経JQ       3,039.05(-0.81)

■マザーズ指数    1,069.91(-10.54)

■ドル円       113.96

■NYダウ夜間先物  +12

■上海総合指数後場の寄り付き 3,232.18 前日比-1.69 -0.05%

■指数大型      現値1,430.61  前日比-0.42

■指数中型      現値1,863.19  前日比+1.91

■指数小型      現値2,865.33  前日比-1.16


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/07(火) 12:37
 
ランチバスケットは9件、290.14億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/07(火) 11:51
 
■日経平均      19,345.49(-33.65)

■東証1部出来高    7.50億株

■東証1部売買代金   0.91兆円

■日経平均先物    19,360(±0)

■TOPIX        1,555.25(+0.35)

■騰落        上昇888/下落915

■マザーズ指数    1,072.05(-8.40)

■日経JQ       3,038.08(-1.78)

■ドル円       114.00
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。北朝鮮のミサイル発射を受けた地政学リスクの高まりを受けた前日の米国株安が重しとなり売りが先行。対ドルでの円弱含みを支えに前日終値近辺まで下げ渋る場面も見られましたが、上値は重く、軟調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、石油石炭製品、鉱業でした。一方、値下がり上位は、非鉄金属、鉄鋼、ガラス土石製品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は、小動きでの推移。
為替の下支えがあるもののトレンドレスとなった。
ドル換算ベースは、169.72ドル -0.29%と下落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.02%

2017/03/07(火) 10:26
 
上海総合指数 3,233.09 前日比 -0.78 -0.02%


◆ 10時の概況

2017/03/07(火) 10:00
 
■日経平均      19,360.66(-18.48)

■日経平均先物    19,370(+10)

■TOPIX先物      1,555.90(+3.40)

■騰落        上昇932/下落855

■日経JQ       3,046.47(+6.61)

■マザーズ指数    1,081.24(+0.79)

■ドル円       114.04

■NYダウ夜間先物  -2

■指数大型      現値1,430.85  前日比-0.18

■指数中型      現値1,862.57  前日比+1.29

■指数小型      現値2,869.13  前日比+2.64


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/07(火) 09:08
 
おはようございます。

米国株はしっかりした展開だったが、朝方北朝鮮によるミサイル発射報道でやや円高となり日経平均はやや弱含みとなったが週末のSQ絡みもあり小動きの展開。
我々的に現状の日経平均は弱気になる必要はなく、現状は次なるトレンドが発生するだろう春先までは小型株で対応し新興市場など活況な銘柄には注目。
その先は恐らく優良株でにも資金が向かうと思われます。
さて、まだまだ新興市場に資金は向かい易い中、我が社の若手から米国でも買われているトランプ銘柄!
その観点から

~以下会員ページ~



本日の先物レンジ
1〇〇××~1〇〇××円
小動きを予想している。
ただ個別銘柄は別だ。


◆ 外資系の注文動向

2017/03/07(火) 08:26
 
 7日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り510万株、買い660万株で、差し引き150万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、薬品、電機、建設、自動車、機械、商社、通信など。
 買いセクターに、ゴム、自動車、小売、その他製品、食品、薬品、銀行、電機など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/07(火) 08:15
 
■国内(7日)
30年国債入札

《決算発表》
ガレージ、不二電機

■海外(7日)
米1月貿易収支(22:30)
米1月消費者信用残高(3/8 5:00)
米3年国債入札

《米決算発表》
ブラウン・フォーマン、アーバン アウトフィッターズ、H&Rブロック

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/07(火) 08:14
 
■NYダウ
 20,954.34 -51.37
■ナスダック
 5,849.17 -21.58
■CME225(円建て)
 19,370 +10(大証比)
■ドイツDAX
 11,958.40 -68.96
■上海総合指数
 3,233.87 +15.56
■ドル円
 113.98

 6日のNY市場は下落。北朝鮮の弾道ミサイル発射で「地政学リスク」の高まりを警戒した売りが先行。金融株を中心に目先の利益を確定する目的の売りが出たことや、トランプ政権の新たな移民規制策に対する警戒感も広がり軟調推移となりましたが、引けにかけて下げ幅を縮小しました。
 セクター別では、エネルギーやメディアが上昇する一方で自動車・自動車部品や保険が下落。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、キヤノン<7751>、三菱商<8058>、任天堂<7974>が堅調。トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、富士重<7270>、ファーストリテ<9983>が冴えない等、対東証比較(1ドル113.89円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/07(火) 08:05
 


◆ 各国債券利回り

2017/03/07(火) 07:57
 
2017/3/7  7時5分現在

         10年債                      2年債
米国     2.500% (前日比+0.022%)     1.305% (前日比+0.000%)
英国     1.213% (前日比+0.028%)     0.111% (前日比+0.019%)
ドイツ     0.342% (前日比-0.014%)     -0.817% (前日比-0.017%)
ポルトガル 3.962% (前日比+0.023%)     0.027% (前日比-0.026%)
イタリア    2.165% (前日比+0.065%)     -0.030% (前日比+0.008%)
ギリシャ   7.082% (前日比+0.037%)       -
スペイン    1.728% (前日比+0.050%)     -0.168% (前日比+0.019%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/06(月) 15:28
 
■日経平均      19,379.14(-90.03)

■東証1部出来高    14.08億株

■東証1部売買代金   1.72兆円

■日経平均先物    19,360(-110)

■TOPIX        1,554.90(-3.15)

■騰落        上昇916/下落930

■マザーズ指数    1,080.45(+6.60)

■日経JQ       3,039.86(+15.31)

■ドル円       113.90
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。円高・ドル安が重しとなり、朝方は売りが先行。先物にまとまった売り物が出たこともあり、一時1万9340円32銭まで下げる場面も見られました。
 後場寄付きは売り物がちでスタート。売り一巡後は、ドル・円が小動きにとどまるなど新規の手掛かり材料に乏しく様子見気分が強まり前場終値をはさんでもみ合う展開となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、電気・ガス業、陸運業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、鉄鋼、その他製品となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は続伸しました。
  
■桃太郎
後場も買い支えから下値も限定的の小幅推移。
明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.21ドル -0.13%でした。


◆ ご案内

2017/03/06(月) 14:41
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/06(月) 14:01
 
■日経平均      19,375.67(-93.50)

■日経平均先物    19,374(-96)

■TOPIX先物      1,555.80(-3.20)

■騰落        上昇918/下落906

■日経JQ       3,038.31(+13.76)

■マザーズ指数    1,079.29(+5.44)

■ドル円       113.88

■NYダウ夜間先物  -66

■上海総合指数後場の寄り付き 3,230.85 前日比+12.54 +0.39%

■指数大型      現値1,431.93  前日比-3.06

■指数中型      現値1,862.09  前日比-1.87

■指数小型      現値2,867.51  前日比+2.18


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/06(月) 12:35
 
ランチバスケットは35件、231.27億円。
差し引き50億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/06(月) 11:50
 
■日経平均      19,370.47(-98.70)

■東証1部出来高    6.62億株

■東証1部売買代金   0.79兆円

■日経平均先物    19,380(-90)

■TOPIX        1,553.73(-4.32)

■騰落        上昇906/下落911

■マザーズ指数    1,077.24(+3.39)

■日経JQ       3,039.42(+14.87)

■ドル円       113.86
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。1ドル=113円台後半への円高・ドル安が重しとなり、朝方は売りが先行。先物にまとまった売り物が出たこともあり、一時1万9340円32銭まで下げる場面も見られました。売り一巡後は、下げ渋ったものの戻りは鈍く19300円台後半の狭いレンジで推移し、前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、電気・ガス業、陸運業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、鉄鋼、その他製品となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、北朝鮮のミサイルから多少リスク回避の動きもあり、円が買われ安寄りから持ち合いとなった。
為替推移は、ポイントの113.80円付近となっている。
ドル換算ベースは、170.22ドル -0.12%高値圏維持である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.03%

2017/03/06(月) 10:25
 
上海総合指数 3,217.33 前日比 -0.98 -0.03%


◆ 10時の概況

2017/03/06(月) 10:01
 
■日経平均      19,363.93(-105.24)

■日経平均先物    19,364(-106)

■TOPIX先物      1,551.50(-7.50)

■騰落        上昇743/下落1,073

■日経JQ       3,037.79(+13.24)

■マザーズ指数    1,070.98(-2.87)

■ドル円       113.76

■NYダウ夜間先物  -81

■指数大型      現値1,428.17  前日比-6.82

■指数中型      現値1,857.65  前日比-6.31

■指数小型      現値2,862.61  前日比-2.72


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/06(月) 09:09
 
おはようございます。

我々の日本株の見方であるが、現状、日経平均は19500円を挟んだ値動きをしたがっている。
そして、ここから上昇する可能性はあるのか?
この答えは『ある』と予想しているが。
それには為替の更なる円安が必要と多くの投資家は考えているのではなかろうか?
ただ我々の日本企業の分析をすると、ここから為替が仮に対ドル100円付近までの円高にならなければ日本企業は稼げる体制はあると考えている。
またここで多くのマーケット関係者は米国の利上げが3月に行われたらとドル高期待をしているようだが、我々の為替分析によると緩やかなドル高はあるだろうがここからは一気に為替が変動することは4月中旬まではないように思われる。
ただ米国株の高値警戒があると感じるだろうが、現場からの声は大きな下げならぬ調整は現状少ないのではなかろうか。
ともかくここは個別銘柄中心にマーケットに取り組むのが良さそうだ。

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/03/06(月) 08:27
 
 6日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1110万株、買い970万株で、差し引き140万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、保険、銀行、化学、精密、不動産、サービスなど。
 買いセクターに、化学、自動車、サービス、電機、陸運、その他製品、商社、情報通信など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/03/06(月) 08:22
 
■6(月)
【国内】
《決算発表》
日ハウスHD、学情、DyDo、フジコーポ、ピジョン

【海外】
米1月製造業受注(3/7 0:00)
非公式のEU首脳会議


■7(火)
【国内】
30年国債入札

《決算発表》
ガレージ、不二電機

【海外】
米1月貿易収支(22:30)
米1月消費者信用残高(3/8 5:00)
米3年国債入札

《米決算発表》
ブラウン・フォーマン、アーバン アウトフィッターズ、H&Rブロック


■8(水)
【国内】
10-12月期GDP改定値(8:50)
1月国際収支(8:50)
1月景気動向指数(14:00)
2月景気ウォッチャー調査

《決算発表》
アスカネット、イハラケミカル

【海外】
中国2月貿易収支
米2月ADP雇用統計(22:15)
米1月卸売在庫(3/9 0:00)
米10年国債入札


■9(木)
【国内】
2月マネーストック(8:50)
2月都心オフィス空室率(11:00)
2月工作機械受注(15:00)
5年国債入札

《決算発表》
積水ハウス、ミライアル、クミアイ化、日ビュホテル、鎌倉新書、菱洋エレク

【海外】
中国2月消費者物価・生産者物価(10:30)
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)
EU首脳会議(~3/10)
米2月輸入物価(22:30)
米30年国債入札

《米決算発表》
シグネット・ジュエラーズ、アルタ・ビューティ


■10(金)
【国内】
1-3月期法人企業景気予測調査(8:50)
2月国内企業物価指数(8:50)
メジャーSQ算出日

《決算発表》
カナモト、テンポス、Hamee、鳥貴族、ADR、シーアールイー、モルフォ、エイチーム、ソフトウェアサー、フリービット、gumi、アイリッジ、神島化、イトクロ、サムコ、アイモバイル、コーセル、トーホー、日本ロジ、シーイーシー

【海外】
米2月雇用統計(22:30)
米2月財政収支(3/11 4:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/03/06(月) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19473円 +3円

朝の為替推移は、先週末あたりでの推移で変わりは出てません。
下値も限定的の持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.99円 168ドルから173ドル

 19150円から19720円


◆ おはようございます

2017/03/06(月) 08:19
 
■NYダウ
 21,005.71 +2.74
■ナスダック
 5,870.75 +9.53
■CME225(円建て)
 19,460 -10(大証比)
■ドイツDAX
 12,027.36 -32.21
■上海総合指数
 3,218.31 -11.72
■ドル円
 114.06

 3日のNY市場は上昇。原油相場の上昇が好感され、買いが先行。イエレンFRB議長が雇用とインフレが継続して改善するならば、緩やかな利上げが適切となると発言したことを受けて金利上昇に伴う利ざや拡大期待から金融銘柄が買われ、引けにかけて小幅上昇。ただ、相場上昇が急速に進んだ後とあって目先の利益を確定する目的の売りも出て、上値の重い展開となりました。
 セクター別では、運輸や銀行が上昇する一方で食品・生活必需品小売や耐久消費財・アパレルが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>が小じっかり。半面、三井住友<8316>、ブリヂストン<5108>、花王<4452>、ホンダ<7267>が小安いなど、対東証比較(1ドル114.04円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/06(月) 07:56
 
2017/3/6  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.478% (前日比+0.000%)     1.305% (前日比-0.003%)
英国     1.185% (前日比-0.027%)     0.092% (前日比-0.032%)
ドイツ     0.356% (前日比+0.039%)     -0.800% (前日比+0.027%)
ポルトガル 3.939% (前日比-0.012%)     0.053% (前日比+0.001%)
イタリア    2.100% (前日比-0.039%)     -0.038% (前日比-0.034%)
ギリシャ   7.045% (前日比+0.007%)       -
スペイン    1.678% (前日比-0.024%)     -0.187% (前日比-0.064%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/03/05(日) 17:16
 
週末のNYダウは大幅安の後の小反発で2ドル高・113.99 
イエレン議長は3月利上げを予告しその可能性を80%読み始めているとのこと、判断は10日発表の米国雇用統計

日経平均の予想はたぶん上であろうと考えています。まず伝えたいのは、「「売り線」がまだ何も出ていないこと・・米国が利上げに向かうとすればかねてから伝えています、円安ドル高この動きが鮮明になる・・そうなれば1円の円安でだいたい200円近い日経平均上昇が見込まれるので117円が近づけば日経平均2万円も見えてきます。問題はNYダウの動きです、高値警戒が広がること気になるところです。NY売りの日本買いとなれば、よろしいのですが・・

明日の寄り付きですが・CMEの終値は19460-10と金曜日の終値とほとんど変わりません。日本時間に入りさらに為替が動くのか?それにより寄付き値段は変わりそうです。

~会員ページでは、明日の寄り付きからの思いを書いています。月足でなく週間単位で市場に向かう心構えです~

例えば今年の1月月足で三か月連続で大きな陽線となっていますから1月は月足で陰線となる可能性が高い・と伝えました。そうなっていますね。あくまでも絶対はなく確率論です。ですが確率の高い方に賭けていく!投資を行う上では当たり前の方法です。一発勝負の時はイルカの「売り線」・「買い線」で戦いましょう~

今日はここまでです。
今週もご覧ください。


◆ 大引け概況

2017/03/03(金) 15:24
 
■日経平均      19,469.17(-95.63)

■東証1部出来高    17.17億株

■東証1部売買代金   2.18兆円

■日経平均先物    19,470(-150)

■TOPIX        1,558.05(-6.64)

■騰落        上昇617/下落1,256

■マザーズ指数    1,073.85(+2.77)

■日経JQ       3,024.55(+8.28)

■ドル円       114.20
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株安を受け、朝方は売りが先行。早期の米利上げ観測の強まりを背景にした円安・ドル高が支えとなり、プラスに転じる場面も見られましたが、上値は重く再び弱含みました。
 後場は、昼休みの時間帯に先物が弱含んだ流れを受け、売りが先行。円安・ドル高一服や週末要因に加え、現地3日のイエレンFRB議長の講演を控えていることや日銀のETF買いが入っていないとの見方もあり、利益確定売りの圧力が強まり下げ幅を拡大。売り一巡後は下げ渋ったものの戻りは限定的となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、建設業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、海運業、水産・農林業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、下げる場面もありましたが引けにかけては
下げ幅縮小、下値は限定的となった。
ドル換算ベースは、170.43ドル -0.66%高値圏維持となった。


◆ ご案内

2017/03/03(金) 14:47
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ IRセミナーのおしらせ

2017/03/03(金) 14:32
 
弊社の長島が3/15(水)東京の日本橋で開催されます「個人投資家向けIRセミナー&株式講演会」に出演いたします。
数々の大化け株を昨年、選出した弊社のアドバイザーが
『来2018年3月期を見据えた銘柄選び』についてお話します。
関東近郊の方はご来場下さい。
------------------------------------------------------------
【日程】平成29年3月15日(水)13時開演

【会場】東洋経済新報社9階ホール
      (東京都中央区日本橋本石町1-2-1)

【料金】入場無料先着順 定員(230名)

▼詳しくはコチラから
http://media-ir.com/news/?p=34115
------------------------------------------------------------


◆ 14時の概況

2017/03/03(金) 14:01
 
■日経平均      19,436.94(-127.86)

■日経平均先物    19,430(-190)

■TOPIX先物      1,555.00(-14.00)

■騰落        上昇558/下落1,316

■日経JQ       3,021.03(+4.76)

■マザーズ指数    1,069.59(-1.49)

■ドル円       114.12

■NYダウ夜間先物  -58

■上海総合指数後場の寄り付き 3,217.47 前日比-12.56 -0.39%

■指数大型      現値1,432.02  前日比-8.56

■指数中型      現値1,860.73  前日比-13.13

■指数小型      現値2,862.90  前日比-11.36


◆ おしらせ

2017/03/03(金) 13:46
 
弊社がお世話になっておりますラジオNIKKEIさんの講演ですから、是非お近くの方はご参加下さい。
------------------------------------------------------------
ラジオNIKKEIが3月に博多で2日連続で無料セミナーを開催します!

【博多】3/11(土)CFD(株価指数証拠金取引)&3/12(日)FX

■CFD:福永博之氏(IFTA国際検定テクニカルアナリスト)
■F X:西山孝四郎氏(現役ファンドマネージャー)ほかM2J芦田智美氏、比嘉洋氏も登壇。

1日でCFD、FXの基礎から実践まで学べます!
特に初日・福永氏による日経225テクニカル分析、2日目・西山氏による経済マーケット展望は必聴です!

<申込みは今スグ>
【3/11(土)CFD】
http://market.radionikkei.jp/m2j_seminar/0311.html   
【3/12(日)F X】 
http://market.radionikkei.jp/m2j_seminar/0312.html
------------------------------------------------------------


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/03(金) 12:43
 
ランチバスケットは18件、333.18億円。
差引き90億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/03(金) 11:45
 
■日経平均      19,537.58(-27.22)

■東証1部出来高    7.60億株

■東証1部売買代金   0.92兆円

■日経平均先物    19,540(-80)

■TOPIX        1,561.92(-2.77)

■騰落        上昇795/下落1,021

■マザーズ指数    1,076.39(+5.31)

■日経JQ       3,028.28(+12.01)

■ドル円       114.28
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株安を受け、売りが先行。早期の米利上げ観測の強まりを背景にした円安・ドル高が支えとなり、プラスに転換する場面も見られましたが、現地3日のイエレンFRB議長の講演を見極めたいとの思惑から上値の重い展開となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、建設業でした。一方、値上がり上位は、海運業、その他製品、水産・農林業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、下板も厚く下支えから小動きとなった。
後場も持ち合いなのか見ていきます。
ドル換算ベースは、170.99ドル -0.34%でした。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.34%

2017/03/03(金) 10:30
 
上海総合指数 3,219.20 前日比 -10.83 -0.34%


◆ 10時の概況

2017/03/03(金) 10:01
 
■日経平均      19,537.84(-26.96)

■日経平均先物    19,540(-80)

■TOPIX先物      1,561.50(-7.50)

■騰落        上昇746/下落1,063

■日経JQ       3,024.82(+8.55)

■マザーズ指数    1,081.28(+10.20)

■ドル円       114.28

■NYダウ夜間先物  -11

■指数大型      現値1,437.85  前日比-2.73

■指数中型      現値1,868.92  前日比-4.94

■指数小型      現値2,871.79  前日比-2.47


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/03(金) 09:02
 
おはようございます。

昨日の日経平均は3日続伸。
NYダウの史上最高値を更新、対ドルも3月利上げが有望視されドル高の追い風は好材料だろう。
さて今朝は昨日お伝えしたようにまず今年に入って1月に
この便りに掲載した銘柄のリバランスとして残念ならが排除銘柄だけお伝えしておく。

~~~~~~~~

以下会員ページ

~~~~~~~~
同社にトヨタが興味を持ったことは大きい材料で業績にも貢献されるだろう。


本日の先物レンジ
1〇〇××~1〇〇××円
週末要因もあるだろうが、為替からならばもみ合いだろう。
個別銘柄中心に変わりない。


◆ 外資系の注文動向

2017/03/03(金) 08:20
 
 3日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り500万株、買い480万株で、差し引き20万株の売り越し。売り越しは12営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、小売、自動車、精密、銀行、サービス、化学、その他製品など。
 買いセクターに、その他製品、通信、サービス、化学、不動産、電機、食品、小売など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/03(金) 08:19
 
■国内(3日)
1月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
1月消費者物価指数(8:30)
1月家計調査(8:30)
2月消費者態度指数(14:00)
2月日経日本PMIサービス(14:00)
任天堂が新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」発売

《決算発表》
日駐、くらコーポ、日本スキー、ハイレックス、ファースト住、泉州電

■海外(3日)
イエレンFRB議長 講演
フィッシャーFRB副議長 講演
米2月ISM非製造業景況指数(3/4 0:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/03(金) 08:17
 
■NYダウ
 21,002.97 -112.58
■ナスダック
 5,861.22 -42.81
■CME225(円建て)
 19,555 -65(大証比)
■ドイツDAX
 12,059.57 -7.62
■上海総合指数
 3,230.03 -16.90
■ドル円
 114.36

 2日のNY市場は下落。昨日の大幅な株価上昇を受けた利益確定の動きから、幅広い銘柄に売りが先行。週間の米新規失業保険申請件数が市場予想に反して前週から減少し、雇用環境の改善が続いているとの見方から下げ渋る場面も見られましたが、引けにかけて下げ幅を拡大しました。
 セクター別では、公益事業や自動車・自動車部品が上昇する一方で銀行や運輸が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>が堅調。半面、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>が小安いなど、対東証比較(1ドル114.4円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/03(金) 08:16
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19535円 -30円

NYは、ダウ平均は112.58ドル安の21002.97、ナスダックは42.81ポイント安の5861.22で取引を終了した。昨日の大幅な株価上昇を受けた利益確定の動きから、売りが先行。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、連日、連銀高官が利上げに積極的な姿勢を示していることで米景気への楽観的な見方から下げ渋る場面もあったが、引けにかけて下げ幅を拡大した。

日経ですが、昨日は早期米国利上げ観測からドル高が下支えとなり大きく続伸。
先物は、1ティック上の19680円まで上昇した。その後は高値持ち合い。
ドル換算ベースでも安部のミックスの高値更新となっている。
本日も為替推移は安定から114円台前半。続伸できるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、114.43円 169ドルから173ドル

 19338円から19796円


◆ 各国債券利回り

2017/03/03(金) 07:48
 
2017/3/3  7時6分現在

         10年債                      2年債
米国     2.478% (前日比+0.025%)     1.308% (前日比+0.024%)
英国     1.212% (前日比+0.018%)     0.124% (前日比+0.013%)
ドイツ     0.317% (前日比+0.035%)     -0.827% (前日比-0.002%)
ポルトガル 3.951% (前日比+0.015%)     0.052% (前日比+0.003%)
イタリア    2.139% (前日比+0.015%)     -0.004% (前日比+0.014%)
ギリシャ   7.038% (前日比+0.134%)       -
スペイン    1.702% (前日比+0.011%)     -0.123% (前日比+0.004%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/02(木) 15:33
 
■日経平均      19,564.80(+171.26)

■東証1部出来高    22.10億株

■東証1部売買代金   2.53兆円

■日経平均先物    19,620(+230)

■TOPIX        1,564.69(+11.60)

■騰落        上昇1,457/下落421

■マザーズ指数    1,071.08(+1.32)

■日経JQ       3,016.27(+11.83)

■ドル円       114.08
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国株高を好感し、買いが先行。円相場の下落も好感され、一時昨年来高値を更新する場面も見られました。
 後場は、売りが先行。新規の手掛かり材料に乏しく、前場に昨年来高値を更新したこともあり、いったん利益を確定する動きに傾きましたが、ドル・円が1ドル=114円前後で落ち着いていることで下値は限定的となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、非鉄金属、証券商品先物、ガラス土石製品でした。一方、値下がり上位は、その他製品、パルプ・紙、サービス業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
  
■桃太郎
後場は、持ち合いとなり推移。
高値圏は維持した。明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、171.57ドル +0.36%でした。


◆ ご案内

2017/03/02(木) 14:34
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/02(木) 14:01
 
■日経平均      19,576.20(+182.66)

■日経平均先物    19,580(+190)

■TOPIX先物      1,566.00(+12.50)

■騰落        上昇1,339/下落515

■日経JQ       3,014.18(+9.74)

■マザーズ指数    1,072.35(+2.59)

■ドル円       114.02

■NYダウ夜間先物  -19

■上海総合指数後場の寄り付き 3,247.99 前日比+1.06 +0.03%

■指数大型      現値1,442.65  前日比+12.34

■指数中型      現値1,873.19  前日比+14.39

■指数小型      現値2,870.95  前日比+17.25


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/02(木) 12:37
 
ランチバスケットは21件、379.75億円。
差し引き100億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/03/02(木) 11:45
 
■日経平均      19,643.62(+250.08)

■東証1部出来高    12.27億株

■東証1部売買代金   1.29兆円

■日経平均先物    19,640(+250)

■TOPIX        1,571.55(+18.46)

■騰落        上昇1,493/下落369

■マザーズ指数    1,078.66(+8.90)

■日経JQ       3,018.33(+13.89)

■ドル円       114.06
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国株高を好感し、買いが先行。円相場の下落も好感され、一時昨年来高値を更新する場面も見られました。その後は円が下げ渋るのと共に利益確定売りが出てやや上値の重い展開となりました。

 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、非鉄金属、保険業、証券商品先物となりました。

 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■釣り人
為替が円安へ向かい大きな上昇となり、年初来高値を更新しました。
大発会の1/4の高値19640をつけた日なんですが、この日に私は「イルカのジャンプ(売り線)」は出ていないとお伝えしました。
つまり新高値を取る可能性がおいいにありうるということ。
その後押した場面でもお伝えしていました。
さて、これからです。いろいろと道案内していきます。ご覧下さい。

■桃太郎
前場は、高寄り後、持ち合いとなった。
後場も動きが出るのか見ていきます。

ドル換算ベースは、172.23ドル +0.74%高値更新となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.11%

2017/03/02(木) 10:26
 
上海総合指数 3,250.52 前日比 +3.59 +0.11%


◆ 10時の概況

2017/03/02(木) 10:01
 
■日経平均      19,611.81(+218.27)

■日経平均先物    19,620(+230)

■TOPIX先物      1,569.50(+16.00)

■騰落        上昇1,501/下落362

■日経JQ       3,014.77(+10.33)

■マザーズ指数    1,075.30(+5.54)

■ドル円       113.98

■NYダウ夜間先物  -9

■指数大型      現値1,446.33  前日比+16.02

■指数中型      現値1,876.03  前日比+17.23

■指数小型      現値2,876.05  前日比+22.35


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/02(木) 09:00
 
おはようございます。

NYダウは我々が想定していた20800ドル台を大きく上抜けた!
また皆様も気になるだろう米国の3月の利上げであるが我々の予想では68%の確率で利上げは実行されるだろう。
これにより日米の金利格差拡大が予想され肝心な為替は一段のドル高にはならないだろうがドル安懸念は薄らぐだろう。
これにより日経平均は久しぶりに恩恵はあるだろうし、先日もお伝えしたように日経平均20000円を試す動きがあってもおかしくない。
ただ日経平均はまだまだ一喜一憂するだろうから、ここは個別銘柄中心にマーケットと向き合う必要があるだろう。
そして、春先までは新興市場は有利な状況継続と思っている。
そこで今朝も新興市場から、~以下会員ページ~

そして最後に皆様にだけお伝えするが日経平均が上がると新興市場などがもたつくと思われるがそれはない。
ますます新興市場は高くなるだろう。


◆ なぎさ

2017/03/02(木) 08:54
 
日経平均先物は19650+260
この値段は年初来高値です。

月曜日の寄付きは19120、なんとなく嫌な感じの始まりでした。
それでも釣り人さんは、これからまた日経平均は上がるでしょう、と書かれていました。
その値段からあっと言う間の500円幅です。
どうしてその安い時に、買いだと伝えられるのでしょうか?

日経レバ(東1:1570)やその他のブル型投信、ベア型投信で運用されているお客様も、弊社の会員様には幾人もいらっしゃいます。
釣り人さんの助言は大きな手助けとなっているみたいですよ。


◆ 外資系の注文動向

2017/03/02(木) 08:28
 
 2日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り720万株、買い1710万株で、差し引き990万株の買い越し。買い越しは11営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、銀行、小売、卸売、化学、ゴム、サービスなど。
 買いセクターに、電機、不動産、機械、サービス、保険、小売など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/02(木) 08:20
 
■国内(2日)
2月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札

《決算発表》
アイ・ケイ・ケイ、ロックフィール、アルチザ、アインHD

■海外(2日)
《米決算発表》
コストコホールセール、クーパー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/02(木) 08:16
 
■NYダウ
 21,115.55 +303.31
■ナスダック
 5,904.03 +78.59
■CME225(円建て)
 19,565 +175(大証比)
■ドイツDAX
 12,067.19 +232.78
■上海総合指数
 3,246.93 +5.20
■ドル円
 113.94

 1日のNY市場は上昇。トランプ大統領の議会演説を受けて大型インフラ投資による景気拡大期待が再び高まり、買いが先行。また昨日に複数の連銀総裁が追加利上げに積極的な姿勢を示したことから、3月利上げ見通しが一段と高まり、金融セクターを中心に上昇。終日堅調推移となりました。
 セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で公益事業や不動産が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、富士重<7270>、任天堂<7974>など、対東証比較(1ドル113.73円換算)で全般堅調となりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/02(木) 08:15
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19623円 +229円

NYは、ダウ平均は303.31ドル高の21115.55、ナスダックは78.59ポイント高の5904.03で取引を終了した。昨日のトランプ大統領の議会演説が融和的な内容となり、減税やインフラ投資への意欲を示したことも好感され、買いが先行。昨日に複数の連銀総裁が追加利上げに積極的な姿勢を示したことから、利上げ観測の拡大を受けて金融セクターを中心に上昇し、終日堅調推移となった。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新した。

昨日日経ですが、買戻しから切り返しとなった。
本日も為替推移の下支えから買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、114.00円 169ドルから173ドル

 19266円から19722円


◆ 各国債券利回り

2017/03/02(木) 07:49
 
2017/3/2  7時11分現在

         10年債                      2年債
米国     2.453% (前日比+0.063%)     1.284% (前日比+0.024%)
英国     1.194% (前日比+0.043%)     0.111% (前日比+0.011%)
ドイツ     0.282% (前日比+0.074%)     -0.825% (前日比+0.074%)
ポルトガル 3.936% (前日比+0.059%)     0.049% (前日比+0.028%)
イタリア    2.124% (前日比+0.038%)     -0.018% (前日比-0.003%)
ギリシャ   6.904% (前日比-0.242%)       -
スペイン    1.691% (前日比+0.036%)     -0.127% (前日比-0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/03/01(水) 15:30
 
■日経平均      19,393.54(+274.55)

■東証1部出来高    19.93億株

■東証1部売買代金   2.38兆円

■日経平均先物    19,390(+260)

■TOPIX        1,553.09(+17.77)

■騰落        上昇1,426/下落456

■マザーズ指数    1,069.76(+10.45)

■日経JQ       3,004.44(+15.11)

■ドル円       113.46
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。円安を好感して朝方は買いが先行。その後トランプ大統領の演説が始まると円安が一服し、伸び悩む展開となりました。
 後場は、昼休みの時間帯にトランプ米大統領の議会演説が無事終了し、再び円安・ドル高方向に振れたことを受け買いが先行。円弱含み推移とともに徐々に上げ幅を拡大。そのまま高値圏で堅調に推移して本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、機械、保険業、証券商品先物。一方、値下がりしたのは、パルプ・紙のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、切り返して終わった。明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.96ドル +0.59%


◆ ご案内

2017/03/01(水) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/03/01(水) 14:01
 
■日経平均      19,389.33(+270.34)

■日経平均先物    19,390(+260)

■TOPIX先物      1,552.50(+18.50)

■騰落        上昇1,312/下落560

■日経JQ       2,999.76(+10.43)

■マザーズ指数    1,068.69(+9.38)

■ドル円       113.58

■NYダウ夜間先物  +40

■上海総合指数後場の寄り付き 3,254.80 前日比+13.06 +0.40%

■指数大型      現値1,429.50  前日比+18.28

■指数中型      現値1,857.11  前日比+15.79

■指数小型      現値2,848.92  前日比+14.46


◆ お昼のバスケット取引

2017/03/01(水) 12:33
 
ランチバスケットは2件、14.36億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/03/01(水) 11:51
 
■日経平均      19,222.56(+103.57)

■東証1部出来高    10.02億株

■東証1部売買代金   1.12兆円

■日経平均先物    19,230(+100)

■TOPIX        1,540.96(+5.64)

■騰落        上昇859/下落974

■マザーズ指数    1,054.89(-4.42)

■日経JQ       2,983.60(-5.73)

■ドル円       112.86
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。円安を好感して朝方は買いが先行。一時上げ幅は200円を超える場面も見られました。買い一巡後は、トランプ大統領の議会演説を控え上げ幅を縮小。その後トランプ大統領の演説が始まると円安が一服し、伸び悩む展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、保険業、機械、石油石炭製品でした。一方、値下がり上位は、海運業、鉱業、その他金融業となりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は、期待感もあり為替のドル高から上昇。
演説後は、利益先行から幅幅縮小ですが大きな
振れは今のところ出てないイメージ。後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、170.26ドル +0.18%と高値圏維持。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.05%

2017/03/01(水) 10:26
 
上海総合指数 3,240.07 前日比 -1.66 -0.05%


◆ 10時の概況

2017/03/01(水) 10:01
 
■日経平均      19,319.93(+200.94)

■日経平均先物    19,320(+190)

■TOPIX先物      1,547.00(+13.00)

■騰落        上昇1,162/下落647

■日経JQ       2,990.21(+0.88)

■マザーズ指数    1,061.88(+2.57)

■ドル円       113.14

■NYダウ夜間先物  +29

■指数大型      現値1,424.53  前日比+13.31

■指数中型      現値1,851.71  前日比+10.39

■指数小型      現値2,839.87  前日比+5.41


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/03/01(水) 09:01
 
おはようございます。

昨日の日経平均は5営業日ぶりに反発。
本日行われるトランプ大統領の議会演説を見極めたかったのだろう。
本日、日本時間11時より行われるトランプ氏の議会演説の内容に東京市場は一喜一憂するのかもしれない。
ただ注目される演説の内容で、法人税率や経済対策の規模、政策の詳細。税制改革、インフラ投資、オバマケアの代替案、国境税、為替の言及の有無が注目ですね。
それでは皆様3月も頑張りましょう。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/03/01(水) 08:39
 
日経平均先物の現在の気配は19190、前日比60円高のところです。
ドル円112.98、円安の方に振れております。
NYダウ25ドル安。12連騰で一旦終了となるわけですが、さてこれからの展開となります。

今日の朝11時からトランプ大統領の演説、テレビで見ながら昼の時間も過ごすことになると思いますが、大きな動きがあるのでしょうか?
私は意外とないのではなかろうか?と考えております。
身構えている方には肩透かしとなるような無難な演説、なんとなくの話ですが、そのように思います。
さて、そう伝えても気を引き締めて見ていく一日となります。

2月相場を振り返れば、日経平均はさほどの上昇とはなりませんでしたが、新興市場を中心の銘柄紹介、まずまずだったのではなかろうか?と思います。
3月相場も大いに儲けていきたいところです。どうぞよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2017/03/01(水) 08:16
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19220円 +101円

NYは、トランプ大統領の議会演説を控えて利益確定の売りも散見され、朝方からもみあう展開となった。原油相場の下落に伴い、株式相場も下落したが、減税やインフラ投資に関する経済政策発表への期待感が下値を支える展開となった。

日経ですが、昨日も下値は限定的となり推移した。引けにかけては利益先行場面もでた。本日は、日本時間11時よりトランプ大統領の議会演説ががあります。
上下に振れる場面もありますので、注視していきましょう。

想定レンジ、為替、112.92円 166ドルから172ドル

 18744円から19422円

 


◆ 外資系の注文動向

2017/03/01(水) 08:14
 
 3月1日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り860万株、買い1290万株で、差し引き430万株の買い越し。買い越しは10営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、小売、自動車、サービス、電機、銀行、保険、紙パ、ガラス、金属など。
 買いセクターに、薬品、電機、精密、商社、自動車など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/03/01(水) 08:12
 
■国内(1日)
10-12月期法人企業統計(8:50)
1月新車販売台数(14:00)

《決算発表》
伊藤園、巴工業

■海外(1日)
中国2月製造業PMI(10:00)
中国2月非製造業PMI(10:00)
中国財新2月製造業PMI(10:45)
米1月個人所得・個人支出(22:30)
米2月新車販売
米2月ISM製造業景況指数(3/2 0:00)
米1月建設支出(3/2 0:00)
ベージュブック

《米決算発表》
ベストバイ、ブロードコム、ロウズ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/03/01(水) 08:10
 
■NYダウ
 20,812.24 -25.20
■ナスダック
 5,825.44 -36.46
■CME225(円建て)
 19,180 +50(大証比)
■ドイツDAX
 11,834.41 +11.74
■上海総合指数
 3,241.73 +13.07
■ドル円
 112.84

 28日のNY市場は下落。トランプ大統領の議会演説を控え目先の利益確定を目的とした売りが広がりました。ただ、減税やインフラ投資に関する経済政策発表への期待感を根強く下値を支えました。
 セクター別では、公益事業や食品・飲料・タバコが上昇する一方で自動車・自動車部品や耐久消費財・アパレルが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、NTT<9432>、ソフトバンク<9984>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル112.8円換算)で全般小じっかりとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/03/01(水) 07:48
 
2017/3/1  7時8分現在

         10年債                      2年債
米国     2.390% (前日比+0.025%)     1.260% (前日比+0.066%)
英国     1.151% (前日比+0.001%)     0.100% (前日比+0.005%)
ドイツ     0.208% (前日比+0.010%)     -0.899% (前日比+0.026%)
ポルトガル 3.877% (前日比-0.002%)     0.021% (前日比+0.000%)
イタリア    2.086% (前日比-0.048%)     -0.015% (前日比-0.017%)
ギリシャ   7.146% (前日比+0.011%)       -
スペイン    1.655% (前日比-0.004%)     -0.124% (前日比-0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず