日経平均先物と釣り人と桃太郎(タイトル)
日経平均先物と釣り人と桃太郎のTOPへ

2017/02

◆ おしらせ

2017/02/28(火) 15:47
 
弊社がお世話になっておりますラジオNIKKEIさんの講演ですから、是非お近くの方はご参加下さい。
------------------------------------------------------------
ラジオNIKKEIが3月に博多で2日連続で無料セミナーを開催します!

【博多】3/11(土)CFD(株価指数証拠金取引)&3/12(日)FX

■CFD:福永博之氏(IFTA国際検定テクニカルアナリスト)
■F X:西山孝四郎氏(現役ファンドマネージャー)ほかM2J芦田智美氏、比嘉洋氏も登壇。

1日でCFD、FXの基礎から実践まで学べます!
特に初日・福永氏による日経225テクニカル分析、2日目・西山氏による経済マーケット展望は必聴です!

<申込みは今スグ>
【3/11(土)CFD】
http://market.radionikkei.jp/m2j_seminar/0311.html   
【3/12(日)F X】 
http://market.radionikkei.jp/m2j_seminar/0312.html
------------------------------------------------------------


◆ 大引け概況

2017/02/28(火) 15:23
 
■日経平均      19,118.99(+11.52)

■東証1部出来高    19.84億株

■東証1部売買代金   2.46兆円

■日経平均先物    19,130(-10)

■TOPIX        1,535.32(+1.32)

■騰落        上昇1,203/下落639

■マザーズ指数    1,059.31(+0.03)

■日経JQ       2,989.33(+2.06)

■ドル円       112.52
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反発しました。NYダウの連日高値更新や円高一服を受けて朝方は買いが先行。買い一巡後は、円相場がやや下げ渋っていることもあり伸び悩む展開となりました。
 後場は、前場終値近辺でスタート。新規の手掛かり材料に乏しく、現地28日のトランプ米大統領の議会演説を前に積極的な売買は手控えられこう着状態に。その後引けにかけて手じまい売り優勢となり、急速に上げ幅を縮めて本日の取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、海運業、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、医薬品、情報・通信業、食料品となりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、リバランスの売り買いから処分売りもあり引けにかけて上げ幅縮小となった。
来月の展開も明日から見ていきます。

ドル換算ベースは、169.98ドル -0.26%ととなった。
170ドル維持できるか来月は見ていきます。


◆ ご案内

2017/02/28(火) 14:41
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/28(火) 14:01
 
■日経平均      19,224.32(+116.85)

■日経平均先物    19,230(+90)

■TOPIX先物      1,545.00(+8.50)

■騰落        上昇1,592/下落298

■日経JQ       2,997.81(+10.54)

■マザーズ指数    1,068.15(+8.87)

■ドル円       112.58

■NYダウ夜間先物  -9

■上海総合指数後場の寄り付き 3,238.33 前日比+9.67 +0.30%

■指数大型      現値1,421.20  前日比+8.25

■指数中型      現値1,851.54  前日比+16.51

■指数小型      現値2,848.02  前日比+27.51


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/28(火) 12:33
 
ランチバスケットは35件、468.23億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/02/28(火) 11:43
 
■日経平均      19,238.74(+131.27)

■東証1部出来高    8.51億株

■東証1部売買代金   0.88兆円

■日経平均先物    19,240(+100)

■TOPIX        1,548.09(+14.09)

■騰落        上昇1,705/下落213

■マザーズ指数    1,068.69(+9.41)

■日経JQ       2,995.97(+8.70)

■ドル円       112.58
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。NYダウの連日高値更新や1ドル=112円台後半と、前日に比べて円安・ドル高に振れたことを受けて朝方は買いが先行。先物主導で上げ幅を拡大し、上げ幅は一時160円を越える場面も見られました。買い一巡後は、円相場がやや下げ渋っていることもあり伸び悩む展開となりました。

 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、海運業、鉱業となりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後は小動きと持ち合いとなった。
後場も持ち合いとなりそうである。

ドル換算ベースは、170.92ドル +0.29%と続伸となっている。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.08%

2017/02/28(火) 10:27
 
上海総合指数 3,225.97 前日比 -2.69 -0.08%


◆ 10時の概況

2017/02/28(火) 10:01
 
■日経平均      19,212.63(+105.16)

■日経平均先物    19,220(+80)

■TOPIX先物      1,545.50(+9.00)

■騰落        上昇1,607/下落284

■日経JQ       2,992.27(+5.00)

■マザーズ指数    1,067.14(+7.86)

■ドル円       112.58

■NYダウ夜間先物  -25

■指数大型      現値1,421.44  前日比+8.49

■指数中型      現値1,851.78  前日比+16.75

■指数小型      現値2,845.57  前日比+25.06


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/28(火) 09:09
 
おはようございます。

NYダウは12日連続最高値更新!
米国株の力強い動きに日本株もついてこい。
そんなイメージをもつ私だが(笑)
ただ東京市場は新興市場優位の展開が続いておりマザーズは6連騰、ジャスダックも12連騰。特定の銘柄に資金が集中しておりテーマや業績の裏付けのある銘柄にどんどん参加して欲しい。
最後に私の友人から短期的にも出遅れ感ある銘柄で新作ゲーム期待できる〇〇××辺りも面白いだろうと。


本日の先物レンジ
1〇〇××~1〇〇××円としておく。


◆ 1月の鉱工業生産は前月比0.8%低下

2017/02/28(火) 08:54
 
経済産業省が28日に発表した1月の鉱工業生産指数の速報値は前月比0.8%低下の99.8だった。低下は3カ月ぶり。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/28(火) 08:16
 
 28日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り620万株、買い890万株で、差し引き270万株の買い越し。買い越しは9営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに精密、電機、小売、サービス、銀行、不動産、保険、機械、自動車など。
 買いセクターに、電機、化学、通信、情報通信、保険、自動車、小売など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/28(火) 08:12
 
■国内(28日)
1月鉱工業生産(8:50)
1月商業動態統計(8:50)
1月自動車生産台数(13:00)
2年国債入札

《決算発表》
スリープロ、はてな、パーク24、内田洋、エイチ・アイエス

■海外(28日)
トランプ米大統領が上下両院合同会議で演説
米10-12月期GDP改定値(22:30)
米12月S&Pコアロジック/ケース・シラー住宅価格指数(23:00)
米2月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)

《米決算発表》
オートゾーン、NRGエナジー、ターゲット、セールスフォース・ドットコム、ユニバーサル・ヘルス・サービシーズ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/28(火) 08:10
 
■NYダウ
 20,837.44 +15.68
■ナスダック
 5,861.90 +16.59
■CME225(円建て)
 19,195 +55(大証比)
■ドイツDAX
 11,822.67 +18.64
■上海総合指数
 3,228.66 -24.77
■ドル円
 112.72

 27日の米国市場は上昇。トランプ大統領の議会演説を明日に控えて、発言内容を見極めたいとの思惑から売りが先行。様子見ムードから相場の上値は重かったものの原油相場の上昇に加えて、州知事との会談でインフラ投資への意欲を示したことが好感され、ダウ平均は12日連続して過去最高値を更新しました。
 セクター別では、自動車・自動車部品やエネルギーが上昇する一方で電気通信サービスや食品・生活必需品小売が下落。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、TDK<6762>が小安い他は、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>など、対東証比較(1ドル112.73円換算)で全般堅調となりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/28(火) 08:06
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19186円 +79円

NYは、ダウ平均は15.68ドル高の20837.44、ナスダックは16.59ポイント高の5861.90で取引を終了した。トランプ大統領の議会演説を明日に控えて、発言内容を見極めたいとの思惑から売りが先行。原油相場の上昇に加えて、州知事との会談でインフラ投資への意欲を示したことが好感されたものの、総じて上値の重い展開となった。

昨日は、買い支えから下値も限定的となり引けにかけては下げ幅縮小。
本日は、昨晩米国要人発言からドル高となり、112円台後半に下落。
本日も模様眺めとなるか見ていきます。

想定レンジ、為替、112.75円 169ドルから172ドル

 19054円から19393円


◆ 各国債券利回り

2017/02/28(火) 07:45
 
2017/2/28  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.365% (前日比+0.053%)     1.194% (前日比+0.052%)
英国     1.150% (前日比+0.072%)     0.095% (前日比+0.013%)
ドイツ     0.198% (前日比+0.012%)     -0.925% (前日比+0.021%)
ポルトガル 3.879% (前日比-0.056%)     0.021% (前日比+0.022%)
イタリア    2.134% (前日比-0.061%)     0.002% (前日比-0.034%)
ギリシャ   7.135% (前日比-0.036%)       -
スペイン    1.659% (前日比-0.039%)     -0.119% (前日比-0.023%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ おしらせ

2017/02/27(月) 16:03
 
長い間ご愛読いただきましたバランス投資顧問の「225先物とオプション@一目瞭然」は4月末で終了といたします。
購読申込においては2017/3/29が最終となります。(最長1ヶ月)
残る期間アドバイザーの野崎が一生懸命書きますのでどうぞご覧ください。


◆ 大引け概況

2017/02/27(月) 15:38
 
■日経平均      19,107.47(-176.07)

■東証1部出来高    18.38億株

■東証1部売買代金   2.13兆円

■日経平均先物    19,140(-130)

■TOPIX        1,534.00(-16.14)

■騰落        上昇431/下落1,458

■マザーズ指数    1,059.28(+2.60)

■日経JQ       2,987.27(+4.64)

■ドル円       112.18
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。円高・ドル安を受けて朝方は売りが先行。1ドル=111円台へ円高が進むと下げ幅を拡大し、一時19000円を割り込む場面も見られました。
 後場は、昼休みの時間帯に円高が一服し先物が下げ渋った流れを受け、買いが先行。日銀のETF買い期待が下支え要因として意識され、押し目買いや買い戻しが入り下げ幅を縮小。その後は、トランプ米大統領の議会演説を控え、上値の重い展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、鉱業、銀行業。一方、値上がりしたのは、小売業、水産・農林業のみとなりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、下げ幅縮小場面もありましたが、よりあたりでの持ち合いとなった。
明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.42ドル -0.29%と高値圏維持である。


◆ ご案内

2017/02/27(月) 14:46
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/27(月) 14:01
 
■日経平均      19,130.11(-153.43)

■日経平均先物    19,140(-130)

■TOPIX先物      1,536.50(-14.50)

■騰落        上昇471/下落1,423

■日経JQ       2,986.36(+3.73)

■マザーズ指数    1,062.49(+5.81)

■ドル円       112.26

■NYダウ夜間先物  +4

■上海総合指数後場の寄り付き 3,245.34 前日比-8.10 -0.25%

■指数大型      現値1,415.42  前日比-14.52

■指数中型      現値1,837.11  前日比-13.89

■指数小型      現値2,823.42  前日比-18.28


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/27(月) 12:36
 
ランチバスケットは18件、373.50億円。
差し引き40億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/27(月) 11:52
 
■日経平均      19,060.19(-223.35)

■東証1部出来高    9.80億株

■東証1部売買代金   1.06兆円

■日経平均先物    19,070(-200)

■TOPIX        1,532.02(-18.12)

■騰落        上昇320/下落1,592

■マザーズ指数    1,057.78(+1.10)

■日経JQ       2,978.78(-3.85)

■ドル円       112.14
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。円高・ドル安を受けて朝方は売りが先行。1ドル=111円台へ円高が進むと下げ幅を拡大。一時19000円を割り込む場面も見られました。その後は下げ渋ったものの現地28日にトランプ大統領の演説を控えていることもあり戻りは限定的となりました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、保険業、銀行業となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、リスク回避の動きもありドル安傾向から下げ幅拡大場面もありましたが、下値も限定的と推移。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、170.02ドル -0.53%となった。


◆ 【速報】トランプ政権は国連人権理事会から脱退の可能性

2017/02/27(月) 10:44
 
米政治誌「Politico」は関係者の話として、トランプ米政権は、国連人権理事会から脱退する可能性を検討していると伝えた。国連人権理事会がイスラエルの入植活動を非難する国連決議の採択に影響を及ぼした可能性があることが脱退検討の主な理由に挙げられているもよう。2017年02月27日(月)09時48分


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.13%

2017/02/27(月) 10:26
 
上海総合指数 3,249.19 前日比 -4.24 -0.13%


◆ 10時の概況

2017/02/27(月) 10:01
 
■日経平均      19,116.03(-167.51)

■日経平均先物    19,120(-150)

■TOPIX先物      1,535.00(-16.00)

■騰落        上昇419/下落1,472

■日経JQ       2,983.30(+0.67)

■マザーズ指数    1,060.12(+3.44)

■ドル円       112.18

■NYダウ夜間先物  -27

■指数大型      現値1,414.55  前日比-15.39

■指数中型      現値1,836.10  前日比-14.90

■指数小型      現値2,821.97  前日比-19.73


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/27(月) 09:22
 
おはようございます。

日経平均は米国株に遅れをとった。少し残念でならないがどうしても為替がドル安にふれると日経平均は失速。
我々としては日本企業も稼ぐ力がないとは思わないが、株を買う背中を『為替』が押す力が弱い。
我々の考えを述べさせてもらえば為替は対ドル110~115円にいれば全く問題はないように思われます。

その中、東京市場であるが我々が昨年12月12日『復活!マザーズ』ならぬ新興市場へ資金が向かうとお伝えしたが、その後着実に新興市場は賑わい2か月以上経過しここからが一番美味しい果樹の収穫を迎えそうだ。
まして日経平均はもみ合い!押せば日銀は発動され深押しは今はないと予想されますます新興市場へ資金は流れそうだ。
そこで3月は新興市場の『出遅れ株』が水準訂正に向かう月を予想したい。
そこで ~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/02/27(月) 08:30
 
 27日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り540万株、買い1280万株で、差し引き740万株の買い越し。買い越しは8営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、機械、商社、小売、REIT、薬品、サービス、保険など。
 買いセクターに、電機、サービス、不動産、薬品、商社、化学、鉄鋼など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/27(月) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19173円 -111円

朝の為替状況も112円台前半での推移から、安寄り後は、下値は限定的となりそうである。

想定レンジ、為替、112.30円 169ドルから172ドル

 18978円から19315円


◆ 今週の予定

2017/02/27(月) 08:16
 
■27(月)
【国内】
《決算発表》
ラクーン、東和フード、ウチダエスコ

【海外】
世界最大の携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス2017」(スペイン・バルセロナ、~3/2)
米1月耐久財受注(22:30)
米1月中古住宅販売仮契約(2/28 0:00)
米2月ダラス連銀製造業活動(2/28 0:30)

《米決算発表》
TEGNA、アメリカン・タワー、プライスライン・グループ、アルベマール

休場:台湾・ブラジル(~2/28)、ギリシャ


■28(火)
【国内】
1月鉱工業生産(8:50)
1月商業動態統計(8:50)
1月自動車生産台数(13:00)
2年国債入札

《決算発表》
スリープロ、はてな、パーク24、内田洋、エイチ・アイエス

【海外】
トランプ米大統領が上下両院合同会議で演説
米10-12月期GDP改定値(22:30)
米12月S&Pコアロジック/ケース・シラー住宅価格指数(23:00)
米2月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)

《米決算発表》
オートゾーン、NRGエナジー、ターゲット、セールスフォース・ドットコム、ユニバーサル・ヘルス・サービシーズ


■3/1(水)
【国内】
10-12月期法人企業統計(8:50)
1月新車販売台数(14:00)

《決算発表》
伊藤園、巴工業

【海外】
中国2月製造業PMI(10:00)
中国2月非製造業PMI(10:00)
中国財新2月製造業PMI(10:45)
米1月個人所得・個人支出(22:30)
米2月新車販売
米2月ISM製造業景況指数(3/2 0:00)
米1月建設支出(3/2 0:00)
ベージュブック

《米決算発表》
ベストバイ、ブロードコム、ロウズ


■2(木)
【国内】
2月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札

《決算発表》
アイ・ケイ・ケイ、ロックフィール、アルチザ、アインHD

【海外】
《米決算発表》
コストコホールセール、クーパー


■3(金)
【国内】
1月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
1月消費者物価指数(8:30)
1月家計調査(8:30)
2月消費者態度指数(14:00)
2月日経日本PMIサービス(14:00)
任天堂が新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」発売

《決算発表》
日駐、くらコーポ、日本スキー、ハイレックス、ファースト住、泉州電

【海外】
イエレンFRB議長 講演
フィッシャーFRB副議長 講演
米2月ISM非製造業景況指数(3/4 0:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/27(月) 08:14
 
■NYダウ
 20,821.76 +11.44
■ナスダック
 5,845.31 +9.80
■CME225(円建て)
 19,160 -110(大証比)
■ドイツDAX
 11,804.03 -143.80
■上海総合指数
 3,253.43 +2.05
■ドル円
 112.26

 24日のNY市場は上昇。連騰による高値警戒感に加え、欧州株安や弱い経済指標を受けて売りが先行。金融セクターに売りが広がったほか、原油相場の下落も相場の重しとなりました。一方で、トランプ米政権の経済政策への期待が根強く、引けにかけて上昇に転じました。
 セクター別では、公益事業や運輸が上昇する一方で銀行やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士重<7270>など、対東証比較(1ドル112.12円換算)で全般軟調となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/02/27(月) 07:49
 
2017/2/27  7時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.312% (前日比-0.060%)     1.143% (前日比-0.040%)
英国     1.078% (前日比-0.076%)     0.082% (前日比-0.002%)
ドイツ     0.186% (前日比-0.047%)     -0.946% (前日比-0.040%)
ポルトガル 3.935% (前日比-0.035%)     -0.001% (前日比-0.019%)
イタリア    2.195% (前日比-0.030%)     0.036% (前日比-0.014%)
ギリシャ   7.171% (前日比-0.155%)       -
スペイン    1.698% (前日比+0.012%)     -0.096% (前日比+0.133%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/24(金) 15:26
 
■日経平均      19,283.54(-87.92)

■東証1部出来高    21.12億株

■東証1部売買代金   2.07兆円

■日経平均先物    19,270(-90)

■TOPIX        1,550.14(-6.11)

■騰落        上昇708/下落1,144

■マザーズ指数    1,056.68(+9.72)

■日経JQ       2,982.63(+5.14)

■ドル円       112.82
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。米政権によるドル高是正への警戒感などから円高が進んだことを受け、朝方は売りが先行。その後は、円相場がやや伸び悩んだこともあり、下げ渋る展開になりました。
 後場は、売り物がちでスタート。年金など国内機関投資家の押し目買いが入ったものの円高警戒に加え、週末要因や来週28日にトランプ米大統領の議会演説を控え、利益確定売りに押され下げ幅を拡大。そのまま軟調に推移して本日の取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、機械でした。一方、値上がり上位は、その他製品、その他金融業、食料品となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は続伸しました。
  
■釣り人
毎日小動き。先物売買は難しい状況ですが、なんとか安いところを選んで買い、高いところを売りにいく。
この繰り返しです。来週もよろしくお願い致します。


◆ ご案内

2017/02/24(金) 15:02
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/24(金) 14:01
 
■日経平均      19,273.78(-97.68)

■日経平均先物    19,270(-90)

■TOPIX先物      1,550.50(-4.50)

■騰落        上昇696/下落1,158

■日経JQ       2,981.46(+3.97)

■マザーズ指数    1,055.37(+8.41)

■ドル円       112.80

■NYダウ夜間先物  -10

■上海総合指数後場の寄り付き 3,242.36 前日比-9.02 -0.28%

■指数大型      現値1,430.19  前日比-4.98

■指数中型      現値1,852.16  前日比-7.23

■指数小型      現値2,841.75  前日比-10.61


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/24(金) 12:33
 
ランチバスケットは14件、137.54億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/02/24(金) 11:49
 
■日経平均      19,340.68(-30.78)

■東証1部出来高    11.21億株

■東証1部売買代金   0.99兆円

■日経平均先物    19,340(-20)

■TOPIX        1,555.31(-0.94)

■騰落        上昇850/下落979

■マザーズ指数    1,058.04(+11.08)

■日経JQ       2,981.05(+3.56)

■ドル円       112.84
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。米政権によるドル高是正への警戒感などから円高が進んだことを受け、朝方は売りが先行。その後は、円相場がやや伸び悩んだこともあり、下げ渋る展開になりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他金融業、その他製品、食料品でした。一方、値下がり上位は、ガラス土石製品、鉄鋼、非鉄金属となりました。
  
 TOPIXも続落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■釣り人
本日は桃太郎が休みのため釣り人がコメントしておきます。
寄付きから強気のコメントをし、100円しっかりと取れて良かったです。
後場も1本入ります。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.14%

2017/02/24(金) 10:30
 
上海総合指数 3,246.86 前日比 -4.52 -0.14%


◆ 10時の概況

2017/02/24(金) 10:01
 
■日経平均      19,338.76(-32.70)

■日経平均先物    19,340(-20)

■TOPIX先物      1,556.00(+1.00)

■騰落        上昇771/下落1,027

■日経JQ       2,978.47(+0.98)

■マザーズ指数    1,055.77(+8.81)

■ドル円       112.86

■NYダウ夜間先物  -4

■指数大型      現値1,435.58  前日比+0.41

■指数中型      現値1,857.77  前日比-1.62

■指数小型      現値2,845.74  前日比-6.62


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/24(金) 09:00
 
おはようございます。

NY市場は相変わらず強含み。我々は予定通りに本拠地である米国株は連日保有株で高い買値のものは売却している。
ただ万が一!NYダウンが20800ドルをあっさり突破するようだと少し考えものだ(笑)
マーケットは生き物で我々の想定通りに動くことが理想的であるがそんな簡単なものではない。
さて、東京市場は相変わらず新興市場のマザーズ、JASDAQはしっかりした展開。
春先までは継続すると我々は考えている。


本日の先物レンジ
1〇〇××~1〇〇××円
為替をみると日経平均はもみ合い。
何度もお伝えしているがここはまだまだ個別銘柄物色。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/24(金) 08:20
 
 24日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1090万株、買い1220万株で、差し引き130万株の買い越し。買い越しは7営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、銀行、自動車、機械、化学、サービス、卸売、小売、金属など。
 買いセクターに、陸運、電機、機械、サービス、情報通信、建設など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/24(金) 08:18
 
■国内(24日)
月末の金曜日限定の消費喚起運動「プレミアムフライデー」開始

《決算発表》
プラネット

■海外(24日)
米1月新築住宅販売件数(2/25 0:00)

《米決算発表》
キャボット・オイル&ガス、ピナクル・ウェスト・キャピタル、フット・ロッカー

休場:インド

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/24(金) 08:17
 
■NYダウ
 20,810.32 +34.72
■ナスダック
 5,835.51 -25.12
■CME225(円建て)
 19,285 -75(大証比)
■ドイツDAX
 11,947.83 -50.76
■上海総合指数
 3,251.38 -9.84
■ドル円
 112.69

 23日のNY市場は高安まちまち。ムニューチン財務長官の発言を受けて近く発表される減税策への期待感が強まり、買いが先行。追加利上げ観測の拡大で、企業業績への懸念から上げ幅を縮小する場面も見られましたが、トランプ大統領が雇用増加を強調したことや原油高が好感され引けにかけて上昇しました。
 セクター別では、公益事業や電気通信サービスが上昇する一方で運輸や半導体・半導体製造装置が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士重<7270>など、対東証比較(1ドル112.67円換算)で全般冴えない展開となりました。


◆ 大引け概況

2017/02/23(木) 15:36
 
■日経平均      19,371.46(-8.41)

■東証1部出来高    19.61億株

■東証1部売買代金   2兆円

■日経平均先物    19,360(-30)

■TOPIX        1,556.25(-0.84)

■騰落        上昇1,013/下落848

■マザーズ指数    1,046.96(+13.17)

■日経JQ       2,977.49(+11.20)

■ドル円       113.26
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は小反発してスタートしたものの直ぐに下げに転換。先物にまとまった売り物が出て、下げ幅を拡大しましたが、前引けにかけて下げ幅を縮小。
 後場は、前場終値近辺でスタート。日銀のETF買い期待から下げ渋ったものの積極的に買いあがる動きとはならず、円相場が強含むと共に上値の重い展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、空運業、倉庫運輸関連でした。一方、値下がり上位は、証券商品先物、非鉄金属、鉄鋼となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
  
■桃太郎
後場は、持ち合いから引けにかけて下げ幅縮小となった。
トレンドが出るまで見ていきます。

ドル換算ベースは、171.03ドル +0.14%と高値となった。


◆ ご案内

2017/02/23(木) 14:24
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/23(木) 14:01
 
■日経平均      19,329.10(-50.77)

■日経平均先物    19,320(-70)

■TOPIX先物      1,553.00(-5.50)

■騰落        上昇896/下落969

■日経JQ       2,974.94(+8.65)

■マザーズ指数    1,042.28(+8.49)

■ドル円       113.20

■NYダウ夜間先物  -11

■上海総合指数後場の寄り付き 3,248.29 前日比-12.93 -0.40%

■指数大型      現値1,432.61  前日比-4.58

■指数中型      現値1,856.07  前日比-1.83

■指数小型      現値2,849.16  前日比-2.33


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/23(木) 12:33
 
ランチバスケットは17件、369.87億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/23(木) 11:47
 
■日経平均      19,312.07(-67.80)

■東証1部出来高    10.43億株

■東証1部売買代金   0.97兆円

■日経平均先物    19,300(-90)

■TOPIX        1,551.63(-5.46)

■騰落        上昇764/下落1,064

■マザーズ指数    1,036.95(+3.16)

■日経JQ       2,969.33(+3.04)

■ドル円       113.28
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は小反発してスタートしたものの直ぐに下げに転換。円高が進むと、先物にまとまった売り物が出て、下げ幅を拡大。下げ幅は一時100円を超える場面も見られました。その後は、やや下げ幅を縮小して前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、銀行業、証券商品先物、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、空運業、鉱業、倉庫運輸関連となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、多少リスク回避の動きから利益先行となった。
後場も下値は限定的の持ち合いとなるか見ていきます。

ドル換算ベースは、170.50ドル -0.17%と高値維持である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.07%

2017/02/23(木) 10:26
 
上海総合指数 3,258.83 前日比 -2.39 -0.07%


◆ 10時の概況

2017/02/23(木) 10:00
 
■日経平均      19,284.34(-95.53)

■日経平均先物    19,270(-120)

■TOPIX先物      1,548.00(-10.50)

■騰落        上昇684/下落1,144

■日経JQ       2,968.23(+1.94)

■マザーズ指数    1,038.28(+4.49)

■ドル円       113.28

■NYダウ夜間先物  -17

■指数大型      現値1,428.31  前日比-8.88

■指数中型      現値1,849.40  前日比-8.50

■指数小型      現値2,841.88  前日比-9.61


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/23(木) 09:03
 
おはようございます。

皆様もそろそろお気付きだろう。日経平均はもみ合いの中、東京市場は個別銘柄物色の相場。
ここにも連日、中小型株の物色だと!お伝えしているが、実際に東京市場は中小型株の物色意欲は旺盛。
月末のトランプ大統領の議会演説にマーケットは注目しており、日経平均は様子見ムードになるのは分からなくもなくその観点から東証2部、マザーズ、日経ジャスダックは上値追いの展開がまだまだ期待できそうだ。
さてその中、新興市場の中にはまだまだ同業他社に比べて割安な銘柄はあり、『〇〇××』がそれにあたり同業と比べればPER11倍、PBR0.82、配当利回り4.2%ならば最低でも500円。
これでも同業他社に比べたら安いくらいだ。
まして日本の教育事情を考えると『学習塾』は今や値段も安くないが子供の為と親は惜しまず通わせ少しでも良い進学を希望している現実。
チャートは右肩上がりを形成しており十分投資妙味あると思われる。


本日の先物レンジ
1〇〇××~1〇〇××円
近いうちに1度日経平均は19500円突破を目指すのかもしれない。


◆ 釣り人

2017/02/23(木) 08:42
 
日経平均先物の現在の気配は19330、前日比60円安のところです。
ドル円113.31、昨日のちょっとした円高をそのまま引き継いでいます。
NYダウ9日続伸。驚く上げの強さです。
八手九手の話をしましたが、九手が入ってきました。
以前、日本においても第1次利上げは買いとなる、こういうことを書いていましたが、まさにNYダウ、そのような動きとなっています。

日経平均の話ではないですが、みずほ証券によると、東証1部の企業の伸び率は、2016年度で6パーセント。
それに対して新興企業の利益は何と76パーセントも増える見込みとなっています。
日経ジャスダック、9日続伸。マザーズも賑わってきています。
上げ下げの激しい小型株ですが、リターンはそこにあると考えます。
それでは本日もよろしくお願い致します。

あと先物に関しては、寄付きのちょい安で日銀のETF買いが入るかどうか?そのあたりを気にして見ていきます。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/23(木) 08:21
 
 23日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り880万株、買い1210万株で、差し引き330万株の買い越し。買い越しは6営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、機械、卸売、自動車、電機、金属、REIT、サービス、小売、不動産など。
 買いセクターに、陸運、サービス、電機、自動車、化学、小売など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/23(木) 08:18
 


おはようございます。

日経CFD 19377円 -3円

NYは、ダウ平均は30年ぶりの9日連続32.60ドル高の20775.60、ナスダックは5.32ポイント安の5860.63で取引を終了した。原油相場の下落に加えて、昨日の株価上昇を受けた利益確定の動きが広がり、売りが先行。FOMC議事録では、関係者の多くが労働市場やインフレ動向が予想通りに改善すれば、早期の利上げが適切と考えていることが明らかとなった。追加利上げ観測の拡大を受けて、発表後に上値の重い展開となった。

日経ですが、昨日も下値は限定的に推移。持ち合いが続いている。
本日も欧州リスクが残るもののドル高傾向から持ち合いとなりそうである。

想定レンジ、為替、113.29円 169ドルから172ドル

 19146円から19485円


◆ 本日の予定

2017/02/23(木) 08:18
 
■国内(23日)
2月の月例経済報告
1月企業向けサービス価格指数(8:50)
20年国債入札

■海外(23日)
米1月シカゴ連銀全米活動指数(22:30)
米12月FHFA住宅価格指数(23:00)
米2月カンザスシティ連銀製造業活動(2/24 1:00)
米7年国債入札

《米決算発表》
アイアン・マウンテン、コールズ、ノードストロム、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、ギャップ

休場:ロシア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/23(木) 08:15
 
■NYダウ
 20,775.60 +32.60
■ナスダック
 5,860.63 -5.32
■CME225(円建て)
 19,330 -60(大証比)
■ドイツDAX
 11,998.59 +31.10
■上海総合指数
 3,261.22 +7.89
■ドル円
 113.32

 22日の米国株式市場はまちまち。化学のデュポンが大きく上昇したことに加え、米住宅指標の改善や、トランプ政権による経済政策が米景気を押し上げるとの期待も相場を支えたものの、FOMC議事録が発表されると早期の利上げ観測から上値の重い展開となりました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや公益事業が上昇する一方でエネルギーや運輸が下落。
 ADRの日本株はNTT<9432>、キヤノン<7751>、京セラ<6971>が小じっかりな半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>が小安いなど、対東証比較(1ドル113.2円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 桃太郎

2017/02/23(木) 07:53
 
■FX,117.86円ショートもち(80万)。

ユーロ円、120.75円ショートもち(30万)

■◆ 桃太郎 2017/02/22(水) 15:39

一応、ドル円は、112.38円で4/1ロング指値。

ユーロ円は、118.78円で 3/1ロング指値入れときます。

■◆ 桃太郎 2017/02/22(水) 18:42

現在、118.88円が高値で、また、10pips足りません。

指値の半分の5万ユーロだけ訂正で、118.92円でロングしてます。(+183pips)

指数は、いまいち反応薄・・・

また、連絡するかもしれません。

■◆ 桃太郎 2017/02/22(水) 19:35

118.78円は、できました。(+197pips)


明確に切れれば、117円台中盤。

117.68円で、5万ユーロ決済指値入れときます。

指数は、19185円で一応、決済指値は入れときます。
しかしリンク薄・・・

■◆ 桃太郎 2017/02/22(水) 22:03

NYCFD -48ドル

ドル円は、113.06円

ユーロ円の 118.92円分は、119.58円決済指値入れときます。

明朝、4時、FOMC議事録。

指数は、410円ロスカット、185円決済。

お疲れさまでした。


◆ 各国債券利回り一覧

2017/02/23(木) 07:47
 
2017/2/23  7時18分現在

         10年債                      2年債
米国     2.413% (前日比-0.016%)     1.216% (前日比+0.009%)
英国     1.203% (前日比-0.033%)     0.094% (前日比-0.006%)
ドイツ     0.279% (前日比-0.022%)     -0.883% (前日比-0.022%)
ポルトガル 3.965% (前日比-0.069%)     0.052% (前日比-0.020%)
イタリア    2.194% (前日比-0.053%)     0.047% (前日比+0.004%)
ギリシャ   7.290% (前日比+0.073%)       -
スペイン    1.693% (前日比+0.011%)     -0.229% (前日比-0.002%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず



◆ 大引け概況

2017/02/22(水) 15:32
 
■日経平均      19,379.87(-1.57)

■東証1部出来高    21.74億株

■東証1部売買代金   2.1兆円

■日経平均先物    19,390(+10)

■TOPIX        1,557.09(+1.49)

■騰落        上昇906/下落920

■マザーズ指数    1,033.79(+0.93)

■日経JQ       2,966.29(+7.21)

■ドル円       113.44
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反落しました。前日の米国株高を受け朝方は買いが先行。その後は、円安一服に加え上値の重さも意識され、寄り付きを高値に伸び悩みマイナスに転換。
 後場は、前場終値近辺でスタート。円相場がやや伸び悩んだこともあり、下げ渋ったものの、買いは続かず小安い水準で推移して本日の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、鉄鋼、繊維製品でした。一方、値下がり上位は、不動産業、その他金融業、パルプ・紙となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場は持ち合いとなり推移。
相変わらずトレンドでずでした。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、17079ドル +0.08%と高値維持でした。


◆ 14時の概況

2017/02/22(水) 14:01
 
■日経平均      19,371.27(-10.17)

■日経平均先物    19,360(-20)

■TOPIX先物      1,555.00(-0.50)

■騰落        上昇807/下落1,039

■日経JQ       2,963.50(+4.42)

■マザーズ指数    1,032.08(-0.78)

■ドル円       113.44

■NYダウ夜間先物  -11

■上海総合指数後場の寄り付き 3,248.76 前日比-4.56 -0.14%

■指数大型      現値1,436.38  前日比+0.92

■指数中型      現値1,856.16  前日比-0.40

■指数小型      現値2,846.86  前日比-3.88


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/22(水) 12:34
 
ランチバスケットは17件、120.37億円。
差し引き60億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/22(水) 11:50
 
■日経平均      19,345.12(-36.32)

■東証1部出来高    10.61億株

■東証1部売買代金   1.03兆円

■日経平均先物    19,320(-60)

■TOPIX        1,554.44(-1.16)

■騰落        上昇788/下落1,051

■マザーズ指数    1,033.67(+0.81)

■日経JQ       2,964.06(+4.98)

■ドル円       113.36
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株高を受け朝方は買いが先行。ただ、円安一服に加え上値の重さも意識されており、寄り付きを高値に伸び悩む展開に。前日終値を挟んでもみ合った後は、引けにかけて弱含みマイナスに転じて前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、不動産業、パルプ・紙、建設業でした。一方、値上がり上位は、鉄鋼、海運業、繊維製品となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、持ち合いから利益先行となり小幅下落。
ドル換算ベースでは、一時、高値を付けた。
後場も持ち合いか見ていきます。

ドル換算ベースは、170.66ドル +0.01%高値圏維持。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.02%

2017/02/22(水) 10:26
 
上海総合指数 3,252.69 前日比 -0.64 -0.02%


◆ 10時の概況

2017/02/22(水) 10:01
 
■日経平均      19,399.35(+17.91)

■日経平均先物    19,390(+10)

■TOPIX先物      1,557.50(+2.00)

■騰落        上昇921/下落867

■日経JQ       2,965.41(+6.33)

■マザーズ指数    1,035.97(+3.11)

■ドル円       113.63

■NYダウ夜間先物  -21

■指数大型      現値1,438.40  前日比+2.94

■指数中型      現値1,858.66  前日比+2.10

■指数小型      現値2,850.82  前日比+0.08


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/22(水) 09:08
 
おはようございます。

連休明けの米国市場は続伸!
主要3指数は史上最高値となった。
そしてNYダウは我々が皆様にお伝えしたように20800ドルに近づいて来た。
これにより我々は本日から全てを売るわけにはいかないが、本拠地米国市場にて値上がりしているものに関しては売り上がり方針。
利食い売りを出し始め、また下がった時に買い付ける資金なり、万が一休まず更なる上昇を遂げてしまった際への資金を作ることに専念。
こうなると皆様に一番大切な東京市場であるが日経平均は19500円を突破することができるのか?間違いなくマーケットの雰囲気は悪くないはず。ただ主力株の売買代金が薄商いで我々も残念でならない。
その代わりに新興市場は強い展開が垣間見れており引き続き堅調に推移するだろうし、恐らく春先までこの新興市場の流れは継続すると考えている。
そこで今朝も新興市場から非常に面白そうな銘柄で新興市場では出遅れ!2年に一回は急騰を見せる銘柄で

~以下会員ページ~


◆ ドル建て 日経225

2017/02/22(水) 08:12
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19449円 +68円

NYは、ダウ平均は8日連続118.95ドル高の20743.00、ナスダックは27.37ポイント高の5865.95で取引を終了した。複数の主要小売決算が好感され、買いが先行。目立った経済指標の発表が無い中、原油相場の上昇や、近く発表が予定される減税策への期待から終日堅調推移となった。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新した。

日経ですが、昨日はドル高傾向から上昇した。
昨晩は、米国PMIが悪かったですが、ユーロ安からドル高で、ドル円は113円台中盤と変わらずあたりであり、本日も買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.72円 169ドルから172ドル

 19218円から19559円


◆ 外資系の注文動向

2017/02/22(水) 08:10
 
 22日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り690万株、買い980万株で、差し引き290万株の買い越し。買い越しは5営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、小売、自動車、サービス、電機、保険、食品、REITなど。
 買いセクターに、陸運、電機、サービス、精密、鉄鋼、化学、情報通信など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/22(水) 08:08
 
■国内(22日)
予定はありません

■海外(22日)
独2月Ifo景況感指数(18:00)
英10-12月期GDP改定値(18:30)
米1月中古住宅販売件数(2/23  0:00)
1/31・2/1開催のFOMC議事録
米5年国債入札

《米決算発表》
TJXカンパニーズ、トランスオーシャン、リアルティ・インカム

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/22(水) 08:06
 
■NYダウ
 20,743.00 +118.95
■ナスダック
 5,865.95 +27.37
■CME225(円建て)
 19,445 +65(大証比)
■ドイツDAX
 11,967.49 +139.87
■上海総合指数
 3,253.33 +13.37
■ドル円
 113.67

 21日のNY市場は上昇。主要小売業の決算が好感され、買いが先行。原油相場の上昇や、新政権による法人税率の引き下げや財政刺激策が企業業績を一段と底上げするとの期待もあり、終日堅調推移となりました。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新。
 セクター別では全面高となり、不動産やヘルスケア機器・サービスの上昇が目立ちました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>など、対東証比較(1ドル113.66円換算)で全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/02/22(水) 07:40
 
2017/2/22  7時16分現在

         10年債                      2年債
米国     2.429% (前日比+0.014%)     1.207% (前日比+0.019%)
英国     1.236% (前日比+0.008%)     0.100% (前日比+0.001%)
ドイツ     0.301% (前日比+0.005%)     -0.861% (前日比-0.017%)
ポルトガル 4.034% (前日比+0.044%)     0.072% (前日比+0.030%)
イタリア    2.247% (前日比+0.063%)     0.043% (前日比+0.045%)
ギリシャ   7.217% (前日比-0.322%)       -
スペイン    1.682% (前日比+0.073%)     -0.227% (前日比+0.017%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/21(火) 15:30
 
■日経平均      19,381.44(+130.36)

■東証1部出来高    15.28億株

■東証1部売買代金   1.65兆円

■日経平均先物    19,380(+130)

■TOPIX        1,555.60(+8.59)

■騰落        上昇1,227/下落629

■マザーズ指数    1,032.86(+4.45)

■日経JQ       2,959.08(+10.54)

■ドル円       113.58
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。円相場がやや弱含んだことを受け朝方は買いが先行。米連銀総裁の発言を受け、円安期待から先物に買いが入ったことも相場の下支えとなり、19300円台で堅調に推移しました。
 後場は、昼休みの時間帯に先物が一段高した流れを受け、上げ幅を拡大してスタート。その後も円安・ドル高を受けて先物に断続的な買いが入り、高値圏で堅調に推移して本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、パルプ・紙、保険業、繊維製品。一方、値下がりしたのは、情報・通信業、水産・農林業のみとなりました。
  
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、本日高値付近の小幅推移となった。
為替の安定も下支え。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、170.65ドル +0.26%高値維持となった。


◆ ご案内

2017/02/21(火) 14:59
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/21(火) 14:01
 
■日経平均      19,383.70(+132.62)

■日経平均先物    19,370(+120)

■TOPIX先物      1,554.50(+7.50)

■騰落        上昇1,100/下落748

■日経JQ       2,955.15(+6.61)

■マザーズ指数    1,030.72(+2.31)

■ドル円       113.66

■NYダウ夜間先物  +24

■上海総合指数後場の寄り付き 3,248.43 前日比+8.47 +0.26%

■指数大型      現値1,435.20  前日比+7.07

■指数中型      現値1,855.01  前日比+11.61

■指数小型      現値2,846.84  前日比+4.98


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/21(火) 12:34
 
ランチバスケットは20件、196.84億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/21(火) 11:47
 
■日経平均      19,339.63(+88.55)

■東証1部出来高    7.34億株

■東証1部売買代金   0.74兆円

■日経平均先物    19,330(+80)

■TOPIX        1,552.35(+5.34)

■騰落        上昇986/下落849

■マザーズ指数    1,031.96(+3.55)

■日経JQ       2,958.13(+9.59)

■ドル円       113.52
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国市場が休場となり手掛かり材料に乏しい中、円相場がやや弱含んだことを受け買いが先行。その後は断続的に上げ幅を広げ、19300円台で堅調に推移しました。また、米連銀総裁が3月利上げを排除せずと発言したことで円安期待から先物に買いがはいったことも相場の下支えとなりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、パルプ・紙、保険業、繊維製品。一方、値下がりしたのは、情報・通信業、水産・農林業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、米地区連銀総裁の発言を受け3月利上げ観測からドル高傾向となり為替安定から、続伸となった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、170.37ドル +0.10%と高値圏を推移。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.07%

2017/02/21(火) 10:26
 
上海総合指数 3,242.22 前日比 +2.26 +0.07%


◆ 10時の概況

2017/02/21(火) 10:01
 
■日経平均      19,302.38(+51.30)

■日経平均先物    19,290(+40)

■TOPIX先物      1,550.50(+3.50)

■騰落        上昇915/下落874

■日経JQ       2,956.37(+7.83)

■マザーズ指数    1,033.62(+5.21)

■ドル円       113.42

■NYダウ夜間先物  +21

■指数大型      現値1,431.54  前日比+3.41

■指数中型      現値1,848.55  前日比+5.15

■指数小型      現値2,841.43  前日比-0.43


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/21(火) 09:54
 
おはようございます。

日経平均は為替動向にらめっこ!まして短期的な観点からだとフランス大統領選など不透明感がありもみ合い必至と思われる。
ただ東京市場を見ていると目立つのは中小型株の商いは活況。
また割安に思われる銘柄や人気株には資金が向い短期資金流入が継続しているように思われる。
そこで今朝は我が社が保有する割安リストから『〇〇××』を取り上げたい。
NYもそうだが米国以外、世界的に日本食ブームは相変わらず続いている。
同社の主力水産物販売は輸出が拡大し今後ますます世界に向けて『日本食ブーム』は拡大していくだろう。
また国内では皆さんお気付きだろうか?肉は近年日本は安くなったようだが、魚はここ数年着実に値上がりしている現実。
それらを考え同社の企業ポテンシャルを考えると200円台は割安である。


本日の先物レンジ
1〇〇××~1〇〇××円
焦る必要はないと思われる。
ますますな個別銘柄物色相場となるだろう。


◆ 釣り人

2017/02/21(火) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19250、前日比変わらずです。
ドル円113.22、気持ち円安という感覚はありますが、大きな動きではありません。
昨晩のNYダウ、休場となっております。

おそらく指数は小動きでしょう。
特別見当たるポイントもありません。
日銀の買い付けは昨日700億、予想通り入っております。
前場が安ければ基本的に入ってくるということです。今日はどうだかわかりません。
それでは今晩のNYを睨んだ動きとなってきます。本日もよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/21(火) 08:14
 
 21日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り570万株、買い900万株で、差し引き330万株の買い越し。買い越しは4営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、機械、保険、電機機器、ガラス土石、商社、情報通信、不動産など。
 買いセクターに、サービス、輸送用機器、化学など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/21(火) 08:10
 
■国内(21日)
12月全産業活動指数(13:30)

■海外(21日)
1月北米半導体製造装置BBレシオ
米2年国債入札

《米決算発表》
エコラボ、ウォルマート・ストアーズ、メーシーズ、ホーム・デポ、ニューモント・マイニング、アメリカン・ウォーター・ワークス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/21(火) 08:08
 
■20日のNY市場はプレジデンツデーの祝日で休場です
■ドイツDAX
 11,827.62 +70.60
■上海総合指数
 3,239.96 +37.88
■ドル円
 113.16


◆ ドル建て 日経225

2017/02/21(火) 08:04
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19264円 +13円

NYは、休場。

朝の為替推移も変化なく推移。
材料不足もあり本日は小幅持ち合いとなりそうである。

想定レンジ、為替、113.16円 169ドルから171ドル

 19124円から19350円


◆ 各国債券利回り

2017/02/21(火) 07:52
 
2017/2/21  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.415% (休場)           1.188% (休場)
英国     1.228% (前日比+0.017%)     0.099% (前日比+0.014%)
ドイツ     0.296% (前日比-0.006%)     -0.844% (前日比-0.034%)
ポルトガル 3.990% (前日比-0.038%)     0.042% (前日比+0.030%)
イタリア    2.184% (前日比-0.006%)     -0.002% (前日比+0.009%)
ギリシャ   7.539% (前日比-0.303%)       -
スペイン    1.609% (前日比-0.027%)     -0.244% (前日比-0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/20(月) 15:26
 
■日経平均      19,251.08(+16.46)

■東証1部出来高    14.97億株

■東証1部売買代金   1.71兆円

■日経平均先物    19,250(+50)

■TOPIX        1,547.01(+2.47)

■騰落        上昇1,057/下落783

■マザーズ指数    1,028.41(+3.60)

■日経JQ       2,948.54(+24.96)

■ドル円       113.16
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。円高を嫌気し朝方は売りが先行。19100円台でもみ合った後は、押し目買いが入り前引けにかけて下げ渋りました。
 後場は、昼休みの時間帯に先物が上げ基調となった流れを受け、プラスに転換してスタート。今晩の米国市場が休場となることから積極的に上値を追う動きは限られたものの、主力株には押し目買いが入りプラス圏で本日の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、情報・通信業、空運業でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、繊維製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。
 
■桃太郎
後場は、小動きの持ち合いとなった。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、170.21ドル +0.33%と高値維持となった。


◆ ご案内

2017/02/20(月) 14:13
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/20(月) 14:01
 
■日経平均      19,235.28(+0.66)

■日経平均先物    19,220(+20)

■TOPIX先物      1,545.50(+2.00)

■騰落        上昇888/下落950

■日経JQ       2,946.96(+23.38)

■マザーズ指数    1,026.99(+2.18)

■ドル円       113.02

■NYダウ夜間先物  -4

■上海総合指数後場の寄り付き 3,229.14 前日比+27.06 +0.85%

■指数大型      現値1,426.94  前日比+1.30

■指数中型      現値1,840.64  前日比-0.08

■指数小型      現値2,835.02  前日比-3.66


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/20(月) 12:36
 
ランチバスケットは9件、60.61億円。
差し引き40億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/20(月) 11:52
 
■日経平均      19,207.30(-27.32)

■東証1部出来高    7.91億株

■東証1部売買代金   0.83兆円

■日経平均先物    19,220(+20)

■TOPIX        1,542.48(-2.06)

■騰落        上昇708/下落1,134

■マザーズ指数    1,028.49(+3.68)

■日経JQ       2,945.10(+21.52)

■ドル円       113.16
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。円高を嫌気し朝方は売りが先行。売り一巡後は、今晩の米国市場が休場となることから積極的な売買は手控えられ、19100円台でもみ合い商状に。その後は押し目買いが入り前引けにかけて下げ渋りました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、水産・農林業、その他製品でした。一方、値上がり上位は、ゴム製品、情報・通信業、空運業となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、安寄り後は為替の安定もあり下げ幅縮小。
本日は、動きはないかと思いましたが、トランプさんの側近発言もあり、リスク回避は緩んだ。

ドル換算ベースは、169.79ドル +0.09%小動きとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.10%

2017/02/20(月) 10:26
 
上海総合指数 3,198.96 前日比 -3.12 -0.10%


◆ 10時の概況

2017/02/20(月) 10:01
 
■日経平均      19,170.85(-63.77)

■日経平均先物    19,150(-50)

■TOPIX先物      1,540.50(-3.00)

■騰落        上昇666/下落1,148

■日経JQ       2,940.79(+17.21)

■マザーズ指数    1,027.25(+2.44)

■ドル円       112.86

■NYダウ夜間先物  -22

■指数大型      現値1,422.13  前日比-3.51

■指数中型      現値1,833.25  前日比-7.47

■指数小型      現値2,831.20  前日比-7.48


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/20(月) 09:07
 
おはようございます。

為替がややドル安となっていることから日経平均はもみ合いとなりそうだ。
ただここでの決算を分析すると来期のEPSは1300円程度まで上昇する見込みとなりそうだ。この事を考えると日経平均は19500円が目先壁となっており為替が対ドル115円を超えてくると日経平均は19500円を突破してきそうだ。
ただ日経平均はここから大きく下落するのか?
そこで、我々としては日経平均が18800円を下回ってくれば買い!と予想している。
さて、そうなるとここは個別銘柄物色優勢となり、テクニカル面や材料株はますます資金が集中しやすいと思っており今朝も私の知り合いから面白そうな銘柄が続々と入って来る中、低位株でブランド力や全国80店舗、創業70年を超えた老舗ジュエリー専門的の○○××を紹介したい。
TOBにてインド系宝飾会社の子会社となったが、今期は記念配をだし、復配は濃厚から面白くなってきた。
内需株として人気化すれば以前、トリーバーチで8029ルックを紹介したようにQireiniなど高品質ジュエリーブランドも楽しみだ。

~以下会員ページ~


◆ 1月の貿易収支、赤字1兆869億円 赤字は5カ月ぶり

2017/02/20(月) 08:56
 
財務省が20日発表した1月の貿易収支は1兆869億円の赤字となった。
貿易赤字は5カ月ぶり。


◆ 釣り人

2017/02/20(月) 08:43
 
日経平均先物の現在の気配は19130、前日比70円安のところです。
ドル円112.82、じわっと円高推移ということなんですが、今月の安値114.95、高値111.61、半値押しが113.28、つまりその水準にあるということ。
円安に向かうのではなかろうか?という私の感覚が本当にそうなるとすれば、そろそろだろうなという状況です。

~会員ページ~

それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/20(月) 08:22
 
 20日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り420万株、買い610万株で、差し引き190万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(5社ベース)は売り越し。
 売りセクターに、不動産、電気機器、保険、金属、機械、サービスなど。
 買いセクターに、銀行、化学、サービス、商社、医薬品、ゴムなど」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/02/20(月) 08:19
 
■20(月)
【国内】
1月貿易統計(8:50)

《決算発表》
浜ゴム

【海外】
休場:米(プレジデンツデー)

■21(火)
【国内】
12月全産業活動指数(13:30)

【海外】
1月北米半導体製造装置BBレシオ
米2年国債入札

《米決算発表》
エコラボ、ウォルマート・ストアーズ、メーシーズ、ホーム・デポ、ニューモント・マイニング、アメリカン・ウォーター・ワークス

■22(水)
【海外】
独2月Ifo景況感指数(18:00)
英10-12月期GDP改定値(18:30)
米1月中古住宅販売件数(2/23  0:00)
1/31・2/1開催のFOMC議事録
米5年国債入札

《米決算発表》
TJXカンパニーズ、トランスオーシャン、リアルティ・インカム

■23(木)
【国内】
2月の月例経済報告
1月企業向けサービス価格指数(8:50)
20年国債入札

【海外】
米1月シカゴ連銀全米活動指数(22:30)
米12月FHFA住宅価格指数(23:00)
米2月カンザスシティ連銀製造業活動(2/24 1:00)
米7年国債入札

《米決算発表》
アイアン・マウンテン、コールズ、ノードストロム、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、ギャップ

休場:ロシア

■24(金)
【国内】
月末の金曜日限定の消費喚起運動「プレミアムフライデー」開始

《決算発表》
プラネット

【海外】
米1月新築住宅販売件数(2/25 0:00)

《米決算発表》
キャボット・オイル&ガス、ピナクル・ウェスト・キャピタル、フット・ロッカー

休場:インド


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/20(月) 08:17
 
■NYダウ
 20,624.05 +4.28
■ナスダック
 5,838.58 +23.68
■CME225(円建て)
 19,130 -70(大証比)
■ドイツDAX
 11,757.02 -0.22
■上海総合指数
 3,202.08 -27.54
■ドル円
 112.94

 17日のNY市場は上昇。連休を控え、利益確定の売りが先行。米経済指標や政策関連などの買い材料に欠き、軟調に推移。その後は、トランプ大統領が数週間以内の発表を予定している減税策への期待や、食品業界の大型買収の動きが下値を支え、引けにかけて持ち直しました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や商業・専門サービスが上昇する一方でエネルギーやヘルスケア機器・サービスが下落。
 ADRの日本株はブリヂストン<5108>、ソフトバンクG<9984>、トヨタ<7203>が堅調な他は、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>など対東証比較(1ドル112.84円換算)で全般冴えない展開となりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/20(月) 08:13
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19174円 -60円

朝の為替状況も多少戻しを入れ落着きから本日は、米国休場なので持ち合いとなりそうである。

想定レンジ、為替、112.95円 167ドルから170ドル

 18862円から19201円


◆ 各国債券利回り

2017/02/20(月) 07:53
 
2017/2/20  7時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.415% (前日比-0.032%)     1.188% (前日比-0.014%)
英国     1.211% (前日比-0.048%)     0.085% (前日比-0.014%)
ドイツ     0.302% (前日比-0.047%)     -0.810% (前日比-0.037%)
ポルトガル 4.028% (前日比+0.046%)     0.012% (前日比+0.009%)
イタリア    2.190% (前日比+0.034%)     -0.011% (前日比+0.017%)
ギリシャ   7.842% (前日比+0.057%)       -
スペイン    1.636% (前日比+0.033%)     -0.239% (前日比+0.020%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/17(金) 15:34
 
■日経平均      19,234.62(-112.91)

■東証1部出来高    20.29億株

■東証1部売買代金   2.01兆円

■日経平均先物    19,200(-130)

■TOPIX        1,544.54(-6.53)

■騰落        上昇887/下落963

■マザーズ指数    1,024.81(-1.17)

■日経JQ       2,923.58(+11.36)

■ドル円       113.38
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。米債券利回り低下を受けて1ドル=113円台前半まで円高が進行したことを受け、朝方は売りが先行。売り一巡後は、円伸び悩みや日銀のETF買い期待もあって、下げ渋る展開となりました。
 後場は、円高・ドル安を背景とした前場の軟地合いを引き継ぎ、売りが先行。その後は下げ渋ったものの新規の手掛かり材料に乏しいことに加え週末要因もあり、積極的な売買は手控えられました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、不動産業、石油石炭製品、証券商品先物でした。一方、値上がり上位は、食料品、ゴム製品、サービス業となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場も下支えから小動きとなった。来週も見ていきます。
ドル換算ベースもほぼ変わらずの169.64ドル -0.19%でした。


◆ ご案内

2017/02/17(金) 14:59
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/17(金) 14:01
 
■日経平均      19,233.38(-114.15)

■日経平均先物    19,210(-120)

■TOPIX先物      1,543.50(-8.50)

■騰落        上昇870/下落966

■日経JQ       2,919.66(+7.44)

■マザーズ指数    1,026.64(+0.66)

■ドル円       113.36

■NYダウ夜間先物  -14

■上海総合指数後場の寄り付き 3,212.63 前日比-16.99 -0.53%

■指数大型      現値1,424.45  前日比-8.81

■指数中型      現値1,840.43  前日比-5.39

■指数小型      現値2,840.08  前日比-4.88


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/17(金) 12:33
 
ランチバスケットは、7件、168.6億円。
差し引き売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/17(金) 11:53
 
■日経平均      19,237.27(-110.26)

■東証1部出来高    10.07億株

■東証1部売買代金   0.91兆円

■日経平均先物    19,230(-100)

■TOPIX        1,543.77(-7.30)

■騰落        上昇777/下落1,036

■マザーズ指数    1,027.37(+1.39)

■日経JQ       2,919.27(+7.05)

■ドル円       113.44
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。米債券利回り低下を受けて1ドル=113円台前半まで円高が進行したことを受け、売りが先行。先物にまとまった売り物が出て、下げ幅を拡大。売り一巡後は、円伸び悩みや日銀のETF買い期待もあって、下げ渋る展開となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、不動産業、鉱業、保険業でした。一方、値上がり上位は、空運業、サービス業、ゴム製品となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、下値も限定的の持ち合いとなった。
後場も動きが出るか見ていきます。

ドル換算ベースは、169.60ドル -0.21%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.06%

2017/02/17(金) 10:28
 
上海総合指数 3,227.71 前日比 -1.91 -0.06%


◆ 10時の概況

2017/02/17(金) 10:01
 
■日経平均      19,230.70(-116.83)

■日経平均先物    19,210(-120)

■TOPIX先物      1,543.00(-9.00)

■騰落        上昇696/下落1,110

■日経JQ       2,910.79(-1.43)

■マザーズ指数    1,021.88(-4.10)

■ドル円       113.42

■NYダウ夜間先物  -13

■指数大型      現値1,425.10  前日比-8.16

■指数中型      現値1,838.19  前日比-7.63

■指数小型      現値2,834.91  前日比-10.05


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/17(金) 09:24
 
おはようございます。

昨日の東京市場は米国市場など外部環境は良好だったが、為替で対ドルが113円台に進んだ円高を嫌気し軟調に推移。我々としては現状の為替は単に需給面での影響が大きいと思われ、この観点からだとドル高円安を伴わないと日経平均も伸び悩む。
ただ昨日も東京市場は240銘柄ほどが新高値更新となっておりマーケット環境は決して悪くないと思われ中小型中心にまだまだ上昇が期待できる。
その中、小型株に今後期待が持てる企業に〇〇××の存在があると。
同社は無借金経営、またここで不採算店舗はたたむ勇気などで先日発表された10~12月の経常利益は14倍に急拡大し大幅に改善。
またテクニカル的にも週足レベルからだと2段上げに突入し次の上昇余地としては150円はあり得る。
ここまであまり日の目を浴びることない同社であったが企業戦略とともに株価の飛躍を期待したい。


本日の先物レンジ
1〇〇××~1〇〇××円
指数は為替動向に注視する必要があるだろうが個別銘柄はますます飛躍するだろう。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/17(金) 08:20
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19279円 -68円

NYは、ダウ平均は7.91ドル高の20619.77、ナスダックは4.54ポイント安の5814.90で取引を終了した。1月住宅着工・建設許可件数が予想を上振れたほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したことが好感され、買いが先行。トランプ政権が発表する減税策への期待が高まるなか、S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が5営業日連続で最高値を更新しており、利益確定の動きから、上値の重い展開となった。

日経ですが、昨日は、上値の重さもありマイナス圏での推移。
本日も為替推移は、ドル安傾向から下値も限定的か見ていきます。

想定レンジ、為替、113.20円  168ドルから172ドル

 19017円から19407円


◆ 外資系の注文動向

2017/02/17(金) 08:20
 
 17日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り880万株、買い1030万株で、差し引き150万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、保険、建設、電機、化学、小売、銀行、不動産、輸送用機器など。
 買いセクターに、薬品、自動車、銀行、電機、通信、情報通信、機械、建設、REIT、不動産、小売など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/17(金) 08:17
 
■国内(17日)
《決算発表》
ブリヂストン、フィスコ

■海外(17日)
米1月CB景気先行総合指数(2/18 0:00)

《米決算発表》
ムーディーズ、ディア、スペクトラ・エナジー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/17(金) 08:13
 
■NYダウ
 20,619.77 +7.91
■ナスダック
 5,814.90 -4.54
■CME225(円建て)
 19,270 -60(大証比)
■ドイツDAX
 11,757.24 -36.69
■上海総合指数
 3,229.62 +16.63
■ドル円
 113.26

 16日のNY市場はまちまち。取引時間前に発表された米新規失業保険申請件数や米2月フィラデルフィア連銀製造業指数などの経済指標が強い結果となったことを受け、買いが先行。その後は原油価格の急落を受けたエネルギー株の下落や利益確定の動きから、上値の重い展開となりました。
 セクター別では、公益事業や保険が上昇する一方でエネルギーや耐久消費財・アパレルが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、富士重<7270>、任天堂<7974>など、対東証比較(1ドル113.24)で全般冴えない展開となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/02/17(金) 07:50
 
2017/2/17  7時6分現在

         10年債                      2年債
米国     2.447% (前日比-0.047%)     1.202% (前日比-0.045%)
英国     1.259% (前日比-0.038%)     0.099% (前日比+0.003%)
ドイツ     0.349% (前日比-0.024%)     -0.773% (前日比+0.019%)
ポルトガル 3.982% (前日比-0.105%)     0.003% (前日比-0.029%)
イタリア    2.156% (前日比-0.086%)     -0.028% (前日比+0.002%)
ギリシャ   7.785% (前日比+0.033%)       -
スペイン    1.603% (前日比-0.080%)     -0.259% (前日比+0.011%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/16(木) 15:56
 
■日経平均      19,347.53(-90.45)

■東証1部出来高    20.27億株

■東証1部売買代金   2.25兆円

■日経平均先物    19,330(-110)

■TOPIX        1,551.07(-2.62)

■騰落        上昇774/下落1,045

■マザーズ指数    1,025.98(+0.83)

■日経JQ       2,912.22(+4.90)

■ドル円       113.98
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株は上昇したものの円安一服を受け、売りが先行。小幅安水準でもみ合った後は上値の重さが意識され、下げ幅を拡大。
 後場は、前場の軟地合いを引き継ぐ形で売りものがちでスタート。その後は、日銀のETF買い期待が支えとして意識される一方、円安一服が重しとなり、こう着感が一層強まったものの引けにかけて下げ幅を縮小して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、電気・ガス業、水産・農林業でした。一方、値上がり上位は、保険業、石油石炭製品、ゴム製品となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、小幅持ち合いとなった。
ボックス内の動きとなってますので明日はトレンドが出るか見ていきます。

ドル換算ベースは、169.96ドル +0.06% でした。


◆ 14時の概況

2017/02/16(木) 14:04
 
■日経平均      19,334.37(-103.61)

■日経平均先物    19,310(-130)

■TOPIX先物      1,549.50(-5.50)

■騰落        上昇818/下落1,021

■日経JQ       2,912.82(+5.50)

■マザーズ指数    1,029.06(+3.91)

■ドル円       113.88

■NYダウ夜間先物  +26

■上海総合指数後場の寄り付き 3,214.76 前日比+7.78 +0.24%

■指数大型      現値1,431.24  前日比-4.65

■指数中型      現値1,845.95  前日比-3.16

■指数小型      現値2,845.65  前日比-1.12



◆ お昼のバスケット取引

2017/02/16(木) 12:35
 
ランチバスケットは、15件、255.6億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/02/16(木) 11:47
 
■日経平均      19,318.36(-119.62)

■東証1部出来高    10.88億株

■東証1部売買代金   1.15兆円

■日経平均先物    19,310(-130)

■TOPIX        1,547.62(-6.07)

■騰落        上昇674/下落1,172

■マザーズ指数    1,029.11(+3.96)

■日経JQ       2,910.37(+3.05)

■ドル円       113.80
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株は上昇したものの1ドル=115円手前での円安一服を受け、売りが先行。小幅安水準でもみ合った後は上値の重さや手掛かり材料の乏しさが意識され、引けにかけて下げ幅を拡大しました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、輸送用機器、サービス業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、食料品、保険業となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、上値が重く高寄り後は下げる展開となった。
為替推移も当然ながら上値が重く推移。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、169.77ドル -0.05%と高値維持である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.08%

2017/02/16(木) 10:26
 
上海総合指数 3,210.36 前日比 -2.63 -0.08%


◆ 10時の概況

2017/02/16(木) 10:00
 
■日経平均      19,407.51(-30.47)

■日経平均先物    19,390(-50)

■TOPIX先物      1,554.00(-1.00)

■騰落        上昇937/下落882

■日経JQ       2,913.01(+5.69)

■マザーズ指数    1,029.37(+4.22)

■ドル円       113.96

■NYダウ夜間先物  +20

■指数大型      現値1,436.48  前日比+0.59

■指数中型      現値1,849.27  前日比+0.16

■指数小型      現値2,850.23  前日比+3.46


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/16(木) 09:37
 
おはようございます。

米国株は史上最高値更新!
NASDAQは7日連続の最高値更新となった。
その背景には、イエレン議長の議会証言で、『利上げを過剰に長く待つことは賢明ではない』と発言。利上げしたい意思を感じた議会となった。
さて今日の東京市場も比較的しっかりな展開が予想され中、小型株で幕間つなぎや好業績株の押し目買い狙いとなりそうだ。
そこで昨日紹介した私が尊敬する投資家の1人で○○××は今後200円は軽く突破する可能性は高いと。
また昨日彼から○○××も半導体製造に必要不可欠な観点から将来的に大きな飛躍をするだろうとのことだった。
両銘柄とも今後の上昇を期待したいとのことだった。

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/02/16(木) 08:28
 
 16日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り900万株、買い1030万株で、差し引き130万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、機械、電機、薬品、建設、小売、自動車、サービス、銀行、不動産、REIT、陸運など。
 買いセクターに、銀行、情報通信、サービス、繊維、建設、薬品、商社、保険、その他製品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/16(木) 08:24
 
■国内(16日)
《決算発表》
日本リート、産業ファ、トレンド、Jエクセレント

■海外(16日)
G20外相会合
米1月住宅着工・建設許可件数(22:30)
米2月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(22:30)
米30年インフレ連動国債入札

《米決算発表》
デューク・エナジー、リパブリック・サービシーズ


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/16(木) 08:23
 
■NYダウ
 20,611.86 +107.45
■ナスダック
 5,819.44 +36.87
■CME225(円建て)
 19,415 -25(大証比)
■ドイツDAX
 11,793.93 +22.12
■上海総合指数
 3,212.99 -4.94
■ドル円
 114.25

 15日のNY市場は上昇。1月の消費者物価指数や小売売上高など発表された経済指標が総じて予想を上回ったことが好感され、買いが先行。イエレンFRB議長が議会証言でバランスシートの縮小を急がないとしたことやトランプ大統領が税制改革案を近く提出すると発言したことで景気拡大期待感から終日堅調推移となりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で保険やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はファナック<6954>、オムロン<6645>が小じっかり。半面、NTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>が小安いなど、対東証比較(1ドル114.14円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/16(木) 08:17
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19524円 +81円

NYは、ダウ平均は107.45ドル高の20611.86、ナスダックは36.87ポイント高の5819.44で取引を終了した。1月の消費者物価指数や小売売上高が予想を上振れたほか、堅調な2月NAHB住宅市場指数が好感され、買いが先行。昨日に引き続き行われたイエレン議長の議会証言では、米経済が当局の目標達成に近いとの認識を示した。またトランプ大統領が小売業界幹部との会談で、そう遠くない将来に大規模な税制案を発表すると発言したことも手伝い、終日堅調推移となった。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数は揃って連日の最高値更新となった。

日経ですが、昨日は為替分上昇での持ち合いとなった。
本日は、為替推移も114円台前半でもあり買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、114.27円 168ドルから172ドル

 19197円から19654円


◆ 各国債券利回り

2017/02/16(木) 08:06
 
2017/2/16  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.493% (前日比+0.023%)     1.247% (前日比+0.012%)
英国     1.297% (前日比-0.013%)     0.096% (前日比-0.021%)
ドイツ     0.373% (前日比+0.007%)     -0.792% (前日比+0.005%)
ポルトガル 4.087% (前日比+0.045%)     0.032% (前日比-0.015%)
イタリア    2.242% (前日比+0.009%)     -0.030% (前日比-0.006%)
ギリシャ   7.752% (前日比+0.202%)       -
スペイン    1.683% (前日比+0.016%)     -0.270% (前日比+0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/15(水) 15:29
 
■日経平均      19,437.98(+199.00)

■東証1部出来高    21.04億株

■東証1部売買代金   2.29兆円

■日経平均先物    19,440(+160)

■TOPIX        1,553.69(+14.57)

■騰落        上昇1,385/下落500

■マザーズ指数    1,025.15(+4.75)

■日経JQ       2,907.32(+1.34)

■ドル円       114.44
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米国株高や円安・ドル高を好感し、買いが先行。その後は、米長期金利上昇を受けて、利ざや改善期待から銀行株や保険株が大幅高となったほか、円相場が114円台に振れ輸出関連株にも幅広い買いが入りました。
 後場は、寄り付きから売買が交錯。前場終値近辺でもみ合った後は、戻り待ちの売りや目先の利益を確定する売りに上値を抑えられ、上げ幅は限定的となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、保険業、卸売業、銀行業でした。一方、値下がり上位は、電気・ガス業、その他製品、ゴム製品となりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、ボラも低く、40円幅での推移。本日もボックス内の動き。
明日は、トレンド出るのか見ていきます。

ドル換算ベースは、169.86ドル +0.07%でした。


◆ ご案内

2017/02/15(水) 14:55
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/15(水) 14:01
 
■日経平均      19,455.47(+216.49)

■日経平均先物    19,440(+160)

■TOPIX先物      1,554.00(+11.50)

■騰落        上昇1,376/下落495

■日経JQ       2,905.11(-0.87)

■マザーズ指数    1,022.81(+2.41)

■ドル円       114.42

■NYダウ夜間先物  +6

■上海総合指数後場の寄り付き 3,229.45 前日比+11.52 +0.36%

■指数大型      現値1,437.11  前日比+15.38

■指数中型      現値1,849.10  前日比+16.71

■指数小型      現値2,845.30  前日比+20.30


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/15(水) 12:42
 
ランチバスケットは15件、174.78億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/02/15(水) 11:55
 
■日経平均      19,473.50(+234.52)

■東証1部出来高    11.21億株

■東証1部売買代金   1.11兆円

■日経平均先物    19,470(+190)

■TOPIX        1,556.22(+17.10)

■騰落        上昇1,491/下落407

■マザーズ指数    1,023.21(+2.81)

■日経JQ       2,907.58(+1.60)

■ドル円       114.40
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米国株高や円安・ドル高を好感し、買いが先行。前日の米長期金利上昇を受けて、利ざや改善期待から銀行株と保険株が大幅高となり相場をけん引。円相場が1ドル=114円台まで円安に振れると、自動車、電機を中心に輸出関連株にも幅広い買いが入り、高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、保険業、銀行業、証券商品先物。一方、値下がりしたのは、ゴム製品のみとなりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後、小幅持ち合い。
為替分上昇となった。
後場も持ち合いとなるか見ていきます。

ドル換算ベースは、170.24ドル +0.30%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.08%

2017/02/15(水) 10:26
 
上海総合指数 3,215.46 前日比 -2.47 -0.08%


◆ 10時の概況

2017/02/15(水) 10:01
 
■日経平均      19,469.71(+230.73)

■日経平均先物    19,460(+180)

■TOPIX先物      1,555.50(+13.00)

■騰落        上昇1,564/下落316

■日経JQ       2,910.13(+4.15)

■マザーズ指数    1,026.16(+5.76)

■ドル円       114.46

■NYダウ夜間先物  -10

■指数大型      現値1,438.28  前日比+16.55

■指数中型      現値1,850.76  前日比+18.37

■指数小型      現値2,849.33  前日比+24.33


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/15(水) 09:20
 
おはようございます。

皆様にお伝えしたように我が本拠地NY市場は主要3指数が揃って史上最高値更新。
これにより東京市場も買い優勢で始まりそうだ。
東京市場は6502東芝問題はあるだろうが、結果的に東芝は損失隠しをしたように思われ暫くは次なるキーマンが現れるまでは投資対象外となるだろう。
その中、東京市場は中小型株に資金が流入しているのは明らかだ。
そこで私が小型株など銘柄選択でいつも尊敬している日本の投資家の1人で、今年に入っても新興市場などを初めとして年初から実績をあげており昨日連絡をとるなか。
面白そうな銘柄で今後も上昇余地がありそうな銘柄として○○××をあげていた。
同社はスポーツ用品の卸大手、最近は米国トレーニング製品で首位ブランドの国内独占輸入販売権を取得。
今後はカジュアルウェアなども展開予定や、日本もバスケットがプロ化、3月にはWBCを控え面白い展開が予想されると彼は語っていた。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/02/15(水) 08:44
 
日経平均先物の現在の気配は19480、前日比200円高のところです。
ドル円114.34、かなりの円安です。
昨晩のイエレン議長の発言で、今年前半の金融引き締めに意欲を感じるということが、ドル高となっております。
NYダウ、安寄りの後一挙に急伸。ナスダックも三空の上げに対して安寄りしたわけですが、その後急伸。

さて、昨日私は日経平均が寄り付き後下がるだろうということをお伝えしました。株のページでは先物を売りで入るということもお伝えしました。(昨日において決済済み)
見えるときにはそのような発言を行います。
それに対して本日チャート解説を早目に行いますのでご覧ください。質問がいくつか来ていました。

本日においては寄付き後の展開は見えづらいです。
本当ですと、今日まで下がってくれれば買いの目で入ろうかと思っていましたが、高寄りからスタートします。
少し荒れる相場となっています。それでも思いを書いていきますので、ご覧になってください。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/15(水) 08:26
 
 15日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り900万株、買い720万株で、差し引き180万株の売り越し。売り越しは7営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、電機、銀行、陸運、建設、サービス、保険、REITなど。
 買いセクターに、機械、サービス、繊維、電機、REIT、商社、小売、食品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/15(水) 08:23
 
■国内(15日)
1月訪日外客数(16:00)

《決算発表》
洋ゴム、ユニチャーム、菱鉛筆、アサヒ、シノケンG、日本ビルF、フロンティアRE、アエリア

■海外(15日)
米1月小売売上高(22:30)
米1月消費者物価(22:30)
米2月NY連銀製造業景気指数(22:30)
米1月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
米12月企業在庫(2/16 0:00)
米2月NAHB住宅市場指数(2/16 0:00)
イエレンFRB議長議会証言(米下院)

《米決算発表》
ペプシコ、シスコシステムズ 、マリオット・インターナショナル、ウィリアムズ・カンパニーズ、トリップアドバイザー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2017/02/15(水) 08:22
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19489円 +250円

NYは、朝方はイエレン議長の議会証言を見極めたいとの思惑から小動きとなった。議会証言では、イエレン議長が利上げを先送りするのは賢明でないとし、インフレ率や労働市場の改善が進めば、更なる利上げが必要になるとの認識を示した。終了後、利上げ観測の拡大を受けて米国債利回りが上昇したことで金融セクターが選好され、上げ幅を拡大した。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新した。

昨日の日経ですが、リスク回避の動きもあり下落した。
本日は、為替推移も114円台前半、為替分上昇から始まり買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、114.38円 168ドルから172ドル

 19215円から19673円


◆ おはようございます

2017/02/15(水) 08:22
 
■NYダウ
 20,504.41 +92.25
■ナスダック
 5,782.57 +18.61
■CME225(円建て)
 19,475 +195(大証比)
■ドイツDAX
 11,771.81 -2.62
■上海総合指数
 3,217.93 +1.09
■ドル円
 114.27

 14日のNY市場は上昇。FRBのイエレン議長が議会証言で年前半の追加利上げに積極的な姿勢を示したことを受けて米国債利回りが上昇。これにより金融セクターが買われ、相場全体をけん引しました。
 セクター別では、自動車・自動車部品や銀行が上昇する一方で公益事業や不動産が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル114.22円換算)で全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/02/15(水) 07:43
 
2017/2/15  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.470% (前日比+0.034%)     1.234% (前日比+0.033%)
英国     1.310% (前日比+0.017%)     0.117% (前日比+0.001%)
ドイツ     0.366% (前日比+0.035%)     -0.797% (前日比-0.007%)
ポルトガル 4.042% (前日比+0.037%)     0.047% (前日比-0.045%)
イタリア    2.233% (前日比+0.008%)     -0.024% (前日比-0.012%)
ギリシャ   7.550% (前日比+0.029%)       -
スペイン    1.667% (前日比+0.005%)     -0.278% (前日比-0.002%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ ご案内

2017/02/14(火) 15:53
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 大引け概況

2017/02/14(火) 15:42
 
■日経平均      19,238.98(-220.17)

■東証1部出来高    21.04億株

■東証1部売買代金   2.4兆円

■日経平均先物    19,280(-160)

■TOPIX        1,539.12(-15.08)

■騰落        上昇676/下落1,191

■マザーズ指数    1,020.40(+11.31)

■日経JQ       2,905.98(+2.57)

■ドル円       113.30

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は下落しました。前場は、米国市場の主要株価指数がそろって最高値を更新した流れを受け、日経平均は小幅高でスタート。一時19500円に乗せる場面も見られたが、前日までの2営業日で500円以上急騰していることもあり、利益確定売りに押されマイナスに転じ、前場取引を終えました。
 後場はトランプ米大統領側近のマイケル・フリン大統領補佐官の辞任で先行き不透明感が高まり、リスク回避目的の売りにより更に下げ幅拡大となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、非鉄金属、パルプ・紙。一方、値下がりしたのは、精密機器、医薬品、水産・農林業のみとなりました。

TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、東芝の決算報告書の延期申請やフリン米大統領補佐官、辞任の方向(トランプ大統領の就任前にロシア側と米国の対ロ制裁の協議をした疑い)などのニュースからリスク回避の動きとなり下げ幅拡大した。

明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、169.73ドル -0.81%と高値圏は維持している。


◆ 14時の概況

2017/02/14(火) 14:08
 
■日経平均      19,327.02(-132.13)

■日経平均先物    19,320(-120)

■TOPIX先物      1,022.11(+13.02)

■騰落        上昇868/下落999

■日経JQ       2,908.61(+5.20)

■マザーズ指数    1,022.13(+13.04)

■ドル円       113.44

■NYダウ夜間先物  -5

■上海総合指数後場の寄り付き 3,211.79 前日比-3.57 -0.11%

■指数大型      現値1,427.09  前日比-11.51

■指数中型      現値1,840.48  前日比-8.01

■指数小型      現値2,834.62  前日比+7.01



◆ 速報 米大統領補佐官が辞任=CNN

2017/02/14(火) 13:05
 
【ワシントン時事】米CNNテレビは13日、フリン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が辞任したと報じた。 


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/14(火) 12:35
 
ランチバスケットは16件、132.63億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/14(火) 11:50
 
■日経平均      19,427.82(-31.33)

■東証1部出来高    9.39億株

■東証1部売買代金   1.08兆円

■日経平均先物    19,420(-20)

■TOPIX        1,552.29(-1.91)

■騰落        上昇1,102/下落749

■マザーズ指数    1,019.21(+10.12)

■日経JQ       2,908.00(+4.59)

■ドル円       113.70

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。13日の米国市場でNYダウは142ドル高となり、主要株価指数がそろって最高値を更新。日経平均はこうした流れを受けて小幅円高スタート。一時19500円に乗せる場面も見られたが、前日までの2営業日で500円以上急騰していることもあり、利益確定売りが出やすく上値の重い展開となり、マイナスに転じ前場取引を終えました。

 業種別では、値上がり上位は、非鉄金属、ゴム製品、パルプ・紙。一方、値下がり上位は、精密機器、食料品、その他製品となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。

TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、高寄り上げ幅縮小。
為替リンク度も薄く推移。トレンド出ずの持ち合い。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、170.88ドル -0.14%としっかりである。


◆ 10時の概況

2017/02/14(火) 10:04
 
■日経平均      19,452.73(-6.42)

■日経平均先物    19,430(-10)

■TOPIX先物      1,554.00(+0.50)

■騰落        上昇1,228/下落601

■日経JQ       2,907.43(+4.02)

■マザーズ指数    1,012.90(+3.81)

■ドル円       113.66

■NYダウ夜間先物  +2

■指数大型      現値1,436.16  前日比-2.44

■指数中型      現値1,851.57  前日比+3.08

■指数小型      現値2,846.93  前日比+19.32


◆ 30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/14(火) 09:35
 
おはようございます。

我々の本拠地NY市場は皆様にお伝えしてきたように連日着実に上昇を遂げ、我々の目先の目標株価20800ドルへNYダウは向かっている。
その恩恵を少なからず外部環境が落ち着いて推移していることを好感し、東京市場へ資金を傾ける外国人投資家がいることを我々は耳にしている。これにより引き続き堅調に東京市場も推移するだろう。
その根拠としてはドルベース日経平均が再び170ドル台突破したことが言える。
強気姿勢に変わらない我々も皆様にこれからも期待できそうな銘柄があれば紹介したいと思っている。
成功もあれば失敗もあるが皆様のお役に立てるようにこれからも期待してほしい。


本日の先物レンジ
1○○××~1○○××円
日経平均もNYダウが我々の予想通りになれば20000円に近付くだろうし、空売りがその時に増加していれば20300円は狙えるだろう。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/14(火) 09:17
 


おはようございます。

■CME225(円建て)
 19,505 +65(大証比)

NYは、ダウ平均は142.79ドル高の20412.16、ナスダックは29.83ポイント高の5763.96で取引を終了した。トランプ政権が数週間のうちに発表を予定している減税策への期待から、アジア・欧州株が全面高となり、米国株も買いが先行。米景気への楽観的な見方もあり、米国債利回りが上昇したことで金融セクターに買いが集中し、終日堅調推移となった。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新した。

日経ですが、昨日は上昇して始まり持ち合い小動きとなった。
本日は、為替推移も113円台後半となっていることで、持ち合いとなるか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.70円 168ドルから172ドル

 19101円から19556円


◆ 外資系の注文動向

2017/02/14(火) 08:22
 
 14日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り770万株、買い1240万株で、差し引き470万株の買い越し。買い越しは6営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、電機、鉄鋼、銀行、保険、小売など。
 買いセクターに、自動車、鉱業、化学、食品、REIT、商社、銀行、機械など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/14(火) 08:18
 
■国内(14日)
1月首都圏新規マンション発売(13:00)
5年国債入札

《決算発表》
光通信、大林組、清水建、大塚HD、Tナカヤマ、DIC、東映、山崎パン、MidCity、オープンハウス、昭電工、電通、ポーラオルHD、昭和シェル、東ゼネ石、住友ゴム、日本郵政、クボタ、堀場製、かんぽ、ゆうちょ、シマノ、ゼンショーHD、東京精、ソニーFH、T&DHD、日本プラR、アサツーDK、富士ソフト、日ペイントH、サイバダイン、ペプチド、サンリオ、第一生命、東京海上、東芝、マブチ、SOMPOHD、MS&AD

■海外(14日)
中国1月消費者物価(10:30)
中国1月生産者物価(10:30)
独10-12月期GDP(16:00)
独2月ZEW景況感指数(19:00)
米1月生産者物価(22:30)
イエレンFRB議長議会証言(米上院)

《米決算発表》
アメリカン・インターナショナル・グループ、ディスカバリー・コミュニケーションズ、アジレント・テクノロジー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/14(火) 08:14
 
■NYダウ
 20,412.16 +142.79
■ナスダック
 5,763.96 +29.83
■CME225(円建て)
 19,505 +65(大証比)
■ドイツDAX
 11,774.43 +107.46
■上海総合指数
 3,216.84 +20.14
■ドル円
 113.75

 13日のNY市場は上昇。トランプ大統領の大型減税による景気拡大期待もあり、アジア・欧州株は全面高。米国株も買いが先行しました。米景気への楽観的な見方もあり、終日堅調な推移となりました。金融や資本財、テクノロジーなど幅広い銘柄が上昇し、S&P500の業種別指数は通信を除く10業種が上昇。
 セクター別では、各種金融や銀行が上昇する一方で電気通信サービスや耐久消費財・アパレルが下落した。
 ADRの日本株は任天堂<7974>が冴えない他は、NTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、キヤノン<7751>、ブリヂストン<5108>など、対東証比較(1ドル113.75円換算)で全般小じっかり。


◆ 各国債券利回り

2017/02/14(火) 07:51
 
2017/2/14  7時8分現在

         10年債                      2年債
米国     2.436% (前日比+0.028%)     1.202% (前日比+0.012%)
英国     1.293% (前日比+0.037%)     0.116% (前日比+0.023%)
ドイツ     0.331% (前日比+0.011%)     -0.790% (前日比-0.001%)
ポルトガル 4.005% (前日比-0.110%)     0.092% (前日比+0.012%)
イタリア    2.225% (前日比-0.046%)     -0.012% (前日比-0.007%)
ギリシャ   7.521% (前日比+0.132%)       -
スペイン    1.662% (前日比-0.040%)     -0.276% (前日比-0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/13(月) 15:31
 
■日経平均      19,459.15(+80.22)

■東証1部出来高    18.80億株

■東証1部売買代金   2.26兆円

■日経平均先物    19,440(+60)

■TOPIX        1,554.20(+7.64)

■騰落        上昇1,444/下落436

■マザーズ指数    1,009.09(+5.06)

■日経JQ       2,903.41(+14.84)

■ドル円       113.72
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前週末の米国株高、原油価格の上昇が好感され朝方は買いが先行。買い一巡後の上値は重かったもののその後は再び強含みました。
 後場は、寄り付きから売買が交錯。前場終値近辺でしばらくもみ合った後は、円安・ドル高が一服し、新規の手掛かり材料に乏しいこともあり、上値の重い展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、非鉄金属でした。一方、値下がり上位は、不動産業、情報・通信業、証券商品先物となりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場も高値持ち合いとなりザラバは方向感は出ませんでした。
為替推移も113円台後半で上値の重さもあるようなイメージです。明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、171.12ドル +0.41%高値続伸となった。


◆ ご案内

2017/02/13(月) 14:56
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/13(月) 14:02
 
■日経平均      19,468.25(+89.32)

■日経平均先物    19,460(+80)

■TOPIX先物      1,554.50(+5.00)

■騰落        上昇1,405/下落491

■日経JQ       2,901.57(+13.00)

■マザーズ指数    1,010.12(+6.09)

■ドル円       113.86

■NYダウ夜間先物  +42

■上海総合指数後場の寄り付き 3,218.11 前日比+21.41 +0.67%

■指数大型      現値1,439.46  前日比+6.00

■指数中型      現値1,848.21  前日比+11.91

■指数小型      現値2,824.97  前日比+18.69


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/13(月) 12:32
 
ランチバスケットは17件、340.55億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2017/02/13(月) 11:46
 
■日経平均      19,483.38(+104.45)

■東証1部出来高    9.88億株

■東証1部売買代金   1.14兆円

■日経平均先物    19,460(+80)

■TOPIX        1,556.07(+9.51)

■騰落        上昇1,440/下落443

■マザーズ指数    1,007.34(+3.31)

■日経JQ       2,897.68(+9.11)

■ドル円       113.88
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。注目された週末の日米首脳会談を無難に通過したことや前週末の米国株高、原油価格の上昇が好感され朝方は買いが先行。円安一服で、買い一巡後の上値は重かったもののその後は再び強含み高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、非鉄金属でした。一方、値下がり上位は、不動産業、電気・ガス業、繊維製品となりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後は持ち合い。
為替推移の113円台後半も下支え。
後場も持ち合いか見ていきます。

ドル換算ベースは、171.07ドル +0.38%と高値続伸。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.07%

2017/02/13(月) 10:26
 
上海総合指数 3,198.99 前日比 +2.29 +0.07%


◆ 10時の概況

2017/02/13(月) 10:01
 
■日経平均      19,437.79(+58.86)

■日経平均先物    19,420(+40)

■TOPIX先物      1,552.00(+2.50)

■騰落        上昇1,309/下落533

■日経JQ       2,895.40(+6.83)

■マザーズ指数    1,002.32(-1.71)

■ドル円       113.90

■NYダウ夜間先物  +12

■指数大型      現値1,437.64  前日比+4.18

■指数中型      現値1,843.59  前日比+7.29

■指数小型      現値2,819.51  前日比+13.23


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/13(月) 09:16
 
本日の30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)はお休みとなります。


◆ 10-12月期実質GDP(速報値)年率1.0%増

2017/02/13(月) 09:04
 
内閣府が13日発表した2016年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.2%増、年率換算では1.0%増だった。プラスは4四半期連続。


◆ 釣り人

2017/02/13(月) 08:39
 
日経平均先物の現在の気配は19380、前日比変わらずです。
週末のドル円が少し円高のため、NYダウが高値更新していても、CME225は静かな終値だったのですが、現在は113.90、円安への動きが発生しています。
それでしっかりの寄付きになりそうです。

昨日展望を書いておりますので特別ありません。
今週もどうぞよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/13(月) 08:25
 
 13日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1150万株、買い1210万株で、差し引き60万株の買い越し。買い越しは5営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、銀行、電機、化学、情報通信、サービス、非鉄など。
 買いセクターに、機械、その他金融、食品、銀行、電機、自動車、建設、REIT、証券、小売、薬品など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/13(月) 08:20
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19452円 +73円

朝の為替状況は、首脳会談の好感から113円台後半のポイントとなってます。
本日はドル換算でも上昇していくのか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.80円 168ドルから172ドル

 19118円から19573円


◆ 今週の予定

2017/02/13(月) 08:16
 
■13(月)
【国内】
10-12月期GDP(8:50)

《決算発表》
シークス、コクヨ、近鉄GHD、テンプHD、キリンHD、サントリーBF、あいHD、北越紀州、ケネディクス、楽天、三井金、リクルートHD、TPR、ミネベアミツミ、アルバック、ニコン、アシックス、伊予銀、アイフル、パイロット、Jトラスト、サッポロHD、ユー・エス・エス、ホシザキ

【海外】
OPEC月報

《米決算発表》
HCP、ノーブル・エナジー

休場:タイ


■14(火)
【国内】
1月首都圏新規マンション発売(13:00)
5年国債入札

《決算発表》
光通信、大林組、清水建、大塚HD、Tナカヤマ、DIC、東映、山崎パン、MidCity、オープンハウス、昭電工、電通、ポーラオルHD、昭和シェル、東ゼネ石、住友ゴム、日本郵政、クボタ、堀場製、かんぽ、ゆうちょ、シマノ、ゼンショーHD、東京精、ソニーFH、T&DHD、日本プラR、アサツーDK、富士ソフト、日ペイントH、サイバダイン、ペプチド、サンリオ、第一生命、東京海上、東芝、マブチ、SOMPOHD、MS&AD

【海外】
中国1月消費者物価(10:30)
中国1月生産者物価(10:30)
独10-12月期GDP(16:00)
独2月ZEW景況感指数(19:00)
米1月生産者物価(22:30)
イエレンFRB議長議会証言(米上院)

《米決算発表》
アメリカン・インターナショナル・グループ、ディスカバリー・コミュニケーションズ、アジレント・テクノロジー


■15(水)
【国内】
1月訪日外客数(16:00)

《決算発表》
洋ゴム、ユニチャーム、菱鉛筆、アサヒ、シノケンG、日本ビルF、フロンティアRE、アエリア

【海外】
米1月小売売上高(22:30)
米1月消費者物価(22:30)
米2月NY連銀製造業景気指数(22:30)
米1月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
米12月企業在庫(2/16 0:00)
米2月NAHB住宅市場指数(2/16 0:00)
イエレンFRB議長議会証言(米下院)

《米決算発表》
ペプシコ、シスコシステムズ 、マリオット・インターナショナル、ウィリアムズ・カンパニーズ、トリップアドバイザー


■16(木)
【国内】
《決算発表》
日本リート、産業ファ、トレンド、Jエクセレント

【海外】
G20外相会合
米1月住宅着工・建設許可件数(22:30)
米2月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(22:30)
米30年インフレ連動国債入札

《米決算発表》
デューク・エナジー、リパブリック・サービシーズ


■17(金)
【国内】
《決算発表》
ブリヂストン、フィスコ

【海外】
米1月CB景気先行総合指数(2/18 0:00)

《米決算発表》
ムーディーズ、ディア、スペクトラ・エナジー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/13(月) 08:14
 
■NYダウ
 20,269.37 +96.97
■ナスダック
 5,734.13 +18.95
■CME225(円建て)
 19,340 -40(大証比)
■ドイツDAX
 11,666.97 +24.11
■上海総合指数
 3,196.70 +13.52
■ドル円
 113.72

 10日のNY市場は上昇。昨日、トランプ大統領が数週間以内に減税策を発表すると発言したことで、景気回復への期待から買いが先行。素材、資本財などの景気敏感株や原油高を好感したエネルギー株のほか、公益や不動産株も上昇するなどほぼ全面高となりました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや素材が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や半導体・半導体製造装置が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>など、対東証比較(1ドル113.22円換算)で全般冴えない展開となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/02/13(月) 07:58
 
2017/2/13  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.407% (前日比+0.013%)     1.190% (前日比+0.012%)
英国     1.256% (前日比+0.010%)     0.093% (前日比-0.009%)
ドイツ     0.320% (前日比+0.008%)     -0.789% (前日比-0.014%)
ポルトガル 4.115% (前日比+0.064%)     0.080% (前日比+0.011%)
イタリア    2.271% (前日比+0.098%)     -0.005% (前日比+0.033%)
ギリシャ   7.389% (前日比-0.420%)       -
スペイン    1.702% (前日比+0.077%)     -0.268% (前日比+0.013%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2017/02/12(日) 12:35
 
週末のNYダウは96ドル高・ナスダック18ポイント高両指数とも新高値 ドル円113.19
私が伝えたことを振り返りますと、1月中旬までNYダウが丸天井の形となってきました、少し不安定ですが・大発会の高値19640(先物)では、天井形成のシグナル「売り線」が出ていない・・だから暫く大型株に見られるように週足チャートで三段上げ完了に対しての調整はあるだろうけど、その下げはそれほど大きくはなく、再上昇へ向かうであろうこと・・大体こんな感じをお伝えしました。

先週においては、仮に下がっても18500円どころであろうと週半ばお伝えしてましたが、NYダウが新高値を付けると少し違った風景になるということこの言葉も添えていました。さて今週ですが先週末の大きな上げで、19640円に近づいてきました。高値から引いた上値抵抗ラインが気になるところに達していますが近い将来抜き去る可能性が55%ではなかろうか?と考えています。先週お伝えしたトヨタの週足チャートが8本の連続陰線(十字足を含む)などから考えますと反発の週になりやすいということです。

安倍首相のトランプ大統領とのゴルフ楽しんでる様子がうかがえます。勿論すべてはこれからなんですが・・・

今日は短いですがこれまでです。先週も株・良い銘柄・が良く上がりました。今週もどうぞご覧ください。


◆ 大引け概況

2017/02/10(金) 15:41
 
■日経平均      19,378.93(+471.26)

■東証1部出来高    22.42億株

■東証1部売買代金   2.75兆円

■日経平均先物    19,380(+470)

■TOPIX        1,546.56(+33.01)

■騰落        上昇1,707/下落230

■マザーズ指数    1,004.03(-1.83)

■日経JQ       2,888.57(+7.58)

■ドル円       113.76
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。米減税期待を背景にした前日の米国株高や円安・ドル高を好感し、朝方は買いが先行。その後は上げ一服となったものの買い気は根強く高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。
 後場は、売り物がちでスタート。前場に引き続き米法人減税などの思惑を手掛かりに投資家心理は好転しているものの11日の日米首脳会談を前に積極的な売買は手控えられ、高値圏で一進一退となりました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、倉庫運輸関連、鉱業となりました。
  
 TOPIXも反発、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
後場も買戻しから緩みなく上昇となった。
本日の高値付近である。来週も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.43ドル +1.13%と高値更新であった。


◆ ご案内

2017/02/10(金) 14:52
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時2分の概況

2017/02/10(金) 14:03
 
■日経平均      19,356.11(+448.44)

■日経平均先物    19,350(+440)

■TOPIX先物      1,545.00(+30.00)

■騰落        上昇1,659/下落256

■日経JQ       2,885.52(+4.53)

■マザーズ指数    1,003.84(-2.02)

■ドル円       113.73

■NYダウ夜間先物  +43

■上海総合指数後場 3,197.26 前日比+14.08 +0.44%

■指数大型      現値1,433.27  前日比+31.31

■指数中型      現値1,833.33  前日比+37.36

■指数小型      現値2,801.19  前日比+38.84


◆ 日・12月第三次産業活動指数:前月比0.4%低下

2017/02/10(金) 13:42
 
10日発表された12月の第3次産業活動指数は前月比0.4%低下の103.8だった。


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/10(金) 13:00
 
ランチバスケットは14件、155.77億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/10(金) 12:03
 
■日経平均      19,353.98(+446.31)

■東証1部出来高    11.80億株

■東証1部売買代金   1.43兆円

■日経平均先物    19,360(+450)

■TOPIX        1,545.09(+31.54)

■騰落        上昇1,716/下落214

■マザーズ指数    1,004.89(-0.97)

■日経JQ       2,886.16(+5.17)

■ドル円       113.72
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。米減税期待を背景にした前日の米国株高や円安・ドル高を好感し、買いが先行。円安歩調とともに先物買いを交えて上げ幅を拡大。その後は上げ一服となったものの買い気は根強く高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、鉱業、輸送用機器となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後、為替推移の安定もあり上げ幅拡大した。
後場も買い進まれるのか見ていきます。
ドル換算ベースは、170.22ドル +1.00%高値圏である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.01%

2017/02/10(金) 10:27
 
上海総合指数 3,183.01 前日比 -0.17 -0.01%


◆ 10時の概況

2017/02/10(金) 10:01
 
■日経平均      19,268.19(+360.52)

■日経平均先物    19,260(+350)

■TOPIX先物      1,539.00(+24.00)

■騰落        上昇1,697/下落230

■日経JQ       2,886.04(+5.05)

■マザーズ指数    1,008.98(+3.12)

■ドル円       113.72

■NYダウ夜間先物  +16

■指数大型      現値1,426.62  前日比+24.66

■指数中型      現値1,826.76  前日比+30.79

■指数小型      現値2,796.87  前日比+34.52


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/10(金) 09:37
 
おはようございます。

NY市場は我々の想定通りにしっかりした展開。
トランプ大統領は米国1番と唱えるなら株価を下げるような展開は確率から低い。唯一、リスクがあるならば米国発信以外の悪材料がでることだろう。ましてここ最近は悪材料が今すぐ出ることは少ないだろうし仮に何か出たとしても周知の事実であり特段我々は意識しておらず、仮にとんでもない悪材料以外で下がる局面はしっかり買っていきたい。
さて東京市場であるが、今朝は為替がドル高、NY市場の株高。そして本日東京市場はSQでもあり、今シーズン最多の決算発表となり来週からまた楽しみな展開を期待したい。
その中、東京市場は指数絡みは右往左往と忙しい値動きとなり売り買い難しいのではなかろうか?
ところが新興市場は相変わらずしっかり。我々が昨年ここからは新興市場だと皆様にお伝えしてからは現状右肩上がりとなっている。
そこで今朝も今後アジア経済を考えての観点から。
○○○○××××を取りあげたい。同社は1996年、東南アジア諸国向けの・・・。

~以下会員ページ~


◆ 2月限SQ概算値は19276.09円 +368.42円(暫定値)

2017/02/10(金) 09:17
 
2月限SQ概算値は19276.09円(暫定値)
前日比 +368.42円


◆ 日・1月国内企業物価指数:前年比0.5%上昇 前月比は0.6%上昇

2017/02/10(金) 08:56
 
08:50発表の1月の国内企業物価指数は97.7で、前月比で0.6%上昇、前年同月比で0.5%上昇した。市場予想の中央値は前年比で0.0%と横ばいだった。


◆ 釣り人

2017/02/10(金) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19210、前日比300円高のところです。
ドル円113.38、大幅な円安に振れています。
NYダウ118ドル高、堂々の新高値。上への変化となっております。
ナスダックも新高値。

日経新聞に面白いコメントがあります。
トランプ大統領の発言で、「強いドルと弱いドル、米国経済にはどっちがいいんだっけ?」午前3時に側近に電話して聞いたそうです。
今までの円安に対しての発言に、迷いを生じ始めているのでしょうか?
それでは週末です。しっかりと見ていきます。
なお為替に関しては、先日もその前も、そろそろ良いところにきているのではなかろうか?ということをお伝えしていたかと思います。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/10(金) 08:19
 
 10日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り660万株、買い670万株で、差し引き10万株の買い越し。買い越しは4営業日連続。金額(5社ベース)は売り越し。
 売りセクターに、不動産、化学、小売、保険、サービス、食品など。
 買いセクターに、商社、サービス、自動車、REIT、薬品、情報通信、電機など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/10(金) 08:19
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19177円 +269円

NYは、ダウ平均は118.06ドル高の20172.40、ナスダックは32.73ポイント高の5715.18で取引を終了した。原油相場の上昇を好感し買いが先行。トランプ大統領が航空業界幹部との朝食会で規制緩和やインフラ投資を提案したほか、減税策に関する具体的な発表時期について言及したことで政策への期待感が強まった。堅調な主要企業決算に加えて、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したことも好感され、終日堅調推移となった。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新した。

日経ですが、昨日もリスク回避の動きがあるものの下値は限定的に推移した。
ドル換算ベースは、高値維持となっている。
本日は、欧州のリスク回避が緩み、ドル高から為替分上昇から買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.40円 167ドルから170ドル

 18937円から19278円


◆ 本日の予定

2017/02/10(金) 08:17
 
■国内(10日)
日米首脳会談(予定)
1月国内企業物価指数(8:50)
12月第三次産業活動指数(13:30)
オプションSQ

《決算発表》
戸田建、雪印メグ、トリドールHD、大王紙、小田急、レオパレス21、国際帝石、長谷工、五洋建、マツモトキヨシ、ネクソン、エア・ウォーター、沢井製薬、そーせい、ライオン、太平洋セメ、アマダHD、DMG森精、ダイフク、めぶきFG、カルソカンセ、第一興商、シチズン、凸版印、ヤオコー、イオンFS、三井不、東急、セイノーHD、NTT、アサヒインテック、飯田GHD、ナブテスコ、ユニバーサル、THK

■海外(10日)
中国1月貿易収支
米1月輸入物価(22:30)
米2月ミシガン大学消費者マインド指数(2/11 0:00)
米1月財政収支(2/11 4:00)

《米決算発表》
エーオン

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/10(金) 08:16
 
■NYダウ
 20,172.40 +118.06
■ナスダック
 5,715.18 +32.73
■CME225(円建て)
 19,155 +245(大証比)
■ドイツDAX
 11,642.86 +99.48
■上海総合指数
 3,183.18 +16.20
■ドル円
 113.34

 9日のNY市場は上昇。原油相場の上昇を好感し、買いが先行。トランプ大統領が減税策に関する具体的な発表時期について言及したことを受け、米景気や企業業績を押し上げるとの期待が強まり金融や消費関連など、業績が景気動向に左右されやすい銘柄を中心に買いが広がりました。また、堅調な主要企業決算に加えて、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したことも好感され、終日堅調推移となりました。
 セクター別では、銀行や食品・生活必需品小売が上昇する一方で半導体・半導体製造装置や公益事業が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、三菱商<8058>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>など、対東証比較(113.23円換算)で全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り一覧

2017/02/10(金) 07:57
 
2017/2/10  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     2.395% (前日比+0.059%)     1.177% (前日比+0.036%)
英国     1.246% (前日比+0.034%)     0.102% (前日比+0.022%)
ドイツ     0.312% (前日比+0.016%)     -0.775% (前日比+0.016%)
ポルトガル 4.051% (前日比-0.064%)     0.069% (前日比+0.014%)
イタリア    2.173% (前日比-0.073%)     -0.038% (前日比-0.018%)
ギリシャ   7.809% (前日比+0.079%)       -
スペイン    1.625% (前日比-0.071%)     -0.281% (前日比+0.009%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/09(木) 15:27
 
■日経平均      18,907.67(-99.93)

■東証1部出来高    19.33億株

■東証1部売買代金   2.24兆円

■日経平均先物    18,910(-80)

■TOPIX        1,513.55(-10.60)

■騰落        上昇659/下落1,205

■マザーズ指数    1,005.86(-4.83)

■日経JQ       2,880.99(-2.12)

■ドル円       112.20
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。円高進行を嫌気し、朝方は売りが先行。売り一巡後は、円相場が1ドル=112円台前半と円安・ドル高に推移したことで下げ渋る展開となりました。
 後場は寄り付きから上値が重く、ポジション調整売りに押され下げ幅を拡大。現地10日の日米首脳会談を前に買い手控えムードが強く、円高進行は一服したものの売り一巡後の戻りは限定的となりました。
  
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、輸送用機器、空運業、ガラス土石製品でした。一方、値上がり上位は、不動産業、鉱業、金属製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反落しました。

■桃太郎
後場は、本日安値持ち合いとなり上値は重く推移した。
下値も限定的でトレンドレス。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、168.53ドル -0.42%でした。


◆ ご案内

2017/02/09(木) 15:03
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/09(木) 14:01
 
■日経平均      18,918.43(-89.17)

■日経平均先物    18,910(-80)

■TOPIX先物      1,513.50(-9.00)

■騰落        上昇649/下落1,184

■日経JQ       2,880.82(-2.29)

■マザーズ指数    1,006.37(-4.32)

■ドル円       112.18

■NYダウ夜間先物  -10

■上海総合指数後場の寄り付き 3,178.94 前日比+11.96 +0.38%

■指数大型      現値1,402.34  前日比-10.72

■指数中型      現値1,796.84  前日比-11.18

■指数小型      現値2,762.16  前日比-7.14


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/09(木) 12:36
 
ランチバスケットは22件、618.08億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/09(木) 11:54
 
■日経平均      18,971.46(-36.14)

■東証1部出来高    8.33億株

■東証1部売買代金   1兆円

■日経平均先物    18,970(-20)

■TOPIX        1,519.60(-4.55)

■騰落        上昇861/下落964

■マザーズ指数    1,011.14(+0.45)

■日経JQ       2,884.81(+1.70)

■ドル円       112.26
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。円高進行を嫌気し、朝方は売りが先行。下げ幅は一時100円を上回る場面も見られました。売り一巡後は、円相場が1ドル=112円台前半と円安・ドル高に推移したことで下げ渋る展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、空運業、輸送用機器、ガラス土石製品でした。一方、値上がり上位は、情報・通信業、鉱業、不動産業となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、下落場面もありましたが、下値も限定的となり、引けにかけては、下げ幅縮小となった。
日米首脳会談前での動きつらさもありそうです。

ドル換算ベースは、169.02ドル -0.13%小幅安。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.07%

2017/02/09(木) 10:26
 
上海総合指数 3,164.69 前日比 -2.29 -0.07%


◆ 10時の概況

2017/02/09(木) 10:01
 
■日経平均      18,910.40(-97.20)

■日経平均先物    18,890(-100)

■TOPIX先物      1,513.00(-9.50)

■騰落        上昇563/下落1,263

■日経JQ       2,883.24(+0.13)

■マザーズ指数    1,009.84(-0.85)

■ドル円       112.04

■NYダウ夜間先物  -16

■指数大型      現値1,402.88  前日比-10.18

■指数中型      現値1,795.41  前日比-12.61

■指数小型      現値2,760.59  前日比-8.71


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/09(木) 09:00
 
おはようございます。

昨日の日経平均は中国人民元基準値が大幅な元安設定となったことから日経平均は為替とともに値を崩す場面があったようだ。
また週末の日米首脳会談を前に投資家は様子見姿勢が強い。またここで米国長期金利もやや低下から円買いに傾いてしまっているのではなかろうか?

~以下会員ページ~


◆ ドル建て 日経225

2017/02/09(木) 08:19
 


おはようございます。

現在、日経CFD 18934円 -75円

NYは、ダウ平均は35.95ドル安の20054.34、ナスダックは8.24ポイント高の5682.45で取引を終了した。原油相場の下落を受けて売りが先行。トランプ政権に対する政策実現への懐疑的な見方が強まり、米国債利回りが下落したことで金融セクターに売りが集中したが、原油相場の回復に伴い下げ幅を縮小した。

日経ですが、昨日も下値は限定的となり引けにかけてはプラス圏となった。
現在、ドル安もあり為替推移は、112円台割れとなってきてますが、本日も下値は限定的か見ていきます。

想定レンジ、為替、111.88円 167ドルから170ドル

 18683円から19019円


◆ 外資系の注文動向

2017/02/09(木) 08:17
 
 9日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り930万株、買い1070万株で、差し引き140万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、通信、薬品、自動車、商社、金属、REITなど。
 買いセクターに、化学、陸運、自動車、サービス、REIT、機械、小売など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/09(木) 08:15
 
■国内(9日)
1月マネーストック(8:50)
12月機械受注(8:50)
1月都心オフィス空室率(11:00)
30年国債入札

《決算発表》
千代建、沖縄銀、前田建、東レ、大和ハウス、住友不、熊谷組、前田道、ミクシィ、COOK、コカ・コーラEJ、マクドナルド、すかい、テルモ、関西ペ、エスケー化研、リゾートトラス、資生堂、三菱マ、平和、九州FG、ヤマハ発、大日印、日写印、ニプロ、AOKIHD、リログループ、西武HD、セコム、サンドラッグ、東急不HD、日産自、産車体

■海外(9日)
米30年国債入札

《米決算発表》
コカ・コーラ、ヤム・ブランズ、エクスペディア、エヌビディア、ニールセン・ホールディングス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/09(木) 08:13
 
■NYダウ
 20,054.34 -35.95
■ナスダック
 5,682.45 +8.23
■CME225(円建て)
 18,935 -55(大証比)
■ドイツDAX
 11,543.38 -6.06
■上海総合指数
 3,166.98 +13.89
■ドル円
 111.87

 8日のNY市場はまちまち。原油相場の下落を受けて売りが先行。トランプ政権による政策運営への懐疑的な見方が強まり、米国債利回りが下落したことで金融株に利益確定目的の売りが集中。ただ、一方で主力IT関連株の一角には買いが優勢で下げ幅は限定的となりました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや小売が上昇する一方で銀行や各種金融が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、NTT<9432>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、花王<4452>など、対東証比較(1ドル111.95円換算)で全般冴えない展開となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/02/09(木) 07:55
 
2017/2/9  7時8分現在

         10年債                      2年債
米国     2.336% (前日比-0.057%)     1.141% (前日比-0.024%)
英国     1.212% (前日比-0.077%)     0.080% (前日比-0.008%)
ドイツ     0.296% (前日比-0.054%)     -0.791% (前日比-0.015%)
ポルトガル 4.115% (前日比-0.125%)     0.055% (前日比-0.023%)
イタリア    2.246% (前日比-0.121%)     -0.020% (前日比-0.049%)
ギリシャ   7.730% (前日比-0.100%)       -
スペイン    1.696% (前日比-0.075%)     -0.290% (前日比-0.037%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/08(水) 15:25
 
■日経平均      19,007.60(+96.82)

■東証1部出来高    16.41億株

■東証1部売買代金   1.98兆円

■日経平均先物    18,990(+110)

■TOPIX        1,524.15(+8.00)

■騰落        上昇1,287/下落585

■マザーズ指数    1,010.69(+13.23)

■日経JQ       2,883.11(+7.95)

■ドル円       112.28
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米国株高や円高一服を支えに朝方は買いが先行。買い一巡後は、為替相場が円高に振れるにつれマイナスへと転じ、前日終値を挟んだもみ合いとなりました。
 後場は、昼休みの時間帯に円高が一服するとともに先物が強含んだ流れを受け、プラス圏入りしてスタート。その後は、小幅安に押し戻される場面も見られましたが、円が弱含むにつれジリジリと上げ幅を拡大。そのまま高値圏で堅調に推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ガラス土石製品、卸売業、不動産業でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、水産・農林業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。

■桃太郎
後場は、為替の安定もあり買戻しから
本日高値付近となった。
明日も見ていきます。
ドル換算ベースも169.23ドル +0.06%と後場は、変わらずまで戻す展開と高値維持となっている。
しっかりしてます。


◆ ご案内

2017/02/08(水) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/08(水) 14:01
 
■日経平均      18,959.63(+48.85)

■日経平均先物    18,940(+60)

■TOPIX先物      1,519.00(+4.50)

■騰落        上昇1,078/下落747

■日経JQ       2,878.84(+3.68)

■マザーズ指数    1,007.89(+10.43)

■ドル円       112.31

■NYダウ夜間先物  -23

■上海総合指数後場の寄り付き 3,143.18 前日比-9.91 -0.31%

■指数大型      現値1,408.54  前日比+3.00

■指数中型      現値1,803.28  前日比+4.58

■指数小型      現値2,761.96  前日比+6.73


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/08(水) 12:35
 
ランチバスケットは18件、357.25億円。
差し引き60億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/08(水) 11:55
 
■日経平均      18,875.57(-35.21)

■東証1部出来高    7.94億株

■東証1部売買代金   0.92兆円

■日経平均先物    18,860(-20)

■TOPIX        1,514.46(-1.69)

■騰落        上昇819/下落996

■マザーズ指数    1,002.69(+5.23)

■日経JQ       2,875.37(+0.21)

■ドル円       112.06
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国株高や円高一服を支えに買いが先行。買い一巡後は、好業績の個別株物色は根強いものの現地10日の日米首脳会談を控え、上値の重い展開に。為替相場が円高に振れると前場中ごろにかけてマイナスへと転じ、前日終値を挟んだもみ合いとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、水産・農林業でした。一方、値上がり上位は、ガラス土石製品、不動産業、卸売業となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は、一時為替の安定から戻す場面もありましたが、112円台前半から上げ幅縮小から小幅下落となった。
昨日の範囲内ですが、トランプ大統領との会談前で
様子見となっているイメージである。

ドル換算ベースは、168.43ドル -0.41%と下落となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.16%

2017/02/08(水) 10:26
 
上海総合指数 3,148.09 前日比 -5.00 -0.16%


◆ 10時の概況

2017/02/08(水) 10:01
 
■日経平均      18,955.75(+44.97)

■日経平均先物    18,940(+60)

■TOPIX先物      1,519.50(+5.00)

■騰落        上昇1,066/下落726

■日経JQ       2,877.13(+1.97)

■マザーズ指数    1,004.40(+6.94)

■ドル円       112.44

■NYダウ夜間先物  -27

■指数大型      現値1,408.99  前日比+3.45

■指数中型      現値1,805.76  前日比+7.06

■指数小型      現値2,759.52  前日比+4.29


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/08(水) 09:54
 
おはようございます。

昨日の日経平均は小幅反落。
方向感には欠けるが下値の堅さは伺え、相変わらず日銀のETF買い入れが下値への抑止力となっている。
こうした中、決算シーズンは佳境に入り本日も多くの企業が予定している。
また皆様にお伝えしたようにNYダウはまだまだ上昇余地はある。
我々的にはNYダウは20800ドルはあると思っているし、昨日もNASDAQの史上最高値更新しており東京市場もしっかりな展開ではなかろうか。
今朝は昨日私と部下でタクシーに乗り顧客に挨拶に行く際、車内の車載モニターを見ると○○○○××××の文字を見た(笑)
そこで会社に戻り若手が同社を調べると。割安で買えますねと。
犯罪の抑止力などや交通事故の際には十分な証拠となりうる。
今後、日本の車にも標準装備となることだろう。
北米では有名な○○○○××××!
同社も復活してくる企業として非常に割安に思われます。


本日の先物レンジ
18870~19060円


◆ 2016年12月国際収支―1兆1122億円の黒字

2017/02/08(水) 08:57
 
財務省が8日発表した2016年12月の国際収支状況(速報)によると、経常収支は1兆1122億円の黒字だった。黒字は30カ月連続。併せて発表した16年通年の経常収支は20兆6496億円の黒字だった。


◆ 釣り人

2017/02/08(水) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は18940、前日比60円高のところです。
ドル円112.34、昨晩において111円台から脱出した値動きです。
もちろんこれで円高が止まったかどうかを見極めたいという様子見がまだ続くこととなります。
NYダウ37ドル高。瞬間新高値を取りました。そして押し戻されたという感じの値動きです。
ナスダックは新高値の10ポイント高。週末のトランプ大統領と安倍首相の会談、大きな注目となっているのは当然でしょう。
指数は動きづらい状況が続くと思います。
それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/08(水) 08:27
 
 8日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1330万株、買い1480万株で、差し引き150万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、通信、機械、非鉄、保険、小売、化学など。
 買いセクターに、サービス、建設、機械、商社、証券、情報通信、化学、電機、薬品、銀行、通信など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/08(水) 08:23
 
■国内(8日)
日銀金融政策決定会合の「主な意見」(1/30~31開催分)
12月国際収支(8:50)
12月企業倒産件数(13:30)

《決算発表》
日清紡HD、クラレ、丸一管、鹿島、IIJ、東洋紡、三菱ケミHD、富士重、三井物、大成建、日本紙、日油、森永菓、DeNA、SUMCO、日本新薬、SMC、ハーモニック、荏原、ダイキン、ブラザー、ルネサス、JDI、いすゞ、ナカニシ、クレセゾン、京急、JR九州、ソフトバンクG、カネカ、空港ビル、ロート

■海外(8日)
IoT見本市「インターネット・オブ・シングス・インディア・エクスポ2017」(~2/10 ニューデリー)
米10年国債入札

《米決算発表》
タイムワーナー、プルデンシャル・ファイナンシャル


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/08(水) 08:21
 
■NYダウ
 20,090.29 +37.87
■ナスダック
 5,674.22 +10.67
■CME225(円建て)
 18,950 +70(大証比)
■ドイツDAX
 11,549.44 +39.60
■上海総合指数
 3,153.09 -3.89
■ドル円
 112.34

 7日のNY市場は上昇。堅調な主要企業決算に加えて、12月貿易収支で赤字幅が縮小したことが好感され、買いが先行。買いが一巡すると、ニューヨーク原油先物相場が2%近く下げたことを受け、売りが加速し上げ幅を縮小。また、トランプ大統領が政府と製薬会社が直接交渉することを支持していると伝わると製薬株が下げの勢いを強め、相場の重しとなりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や食品・飲料・タバコが上昇する一方で自動車・自動車部品やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はNTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、みずほG<8411>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、花王<4452>、京セラ<6971>、日東電<6988>など対東証比較(1ドル112.39円換算)で全般小じっかりとなりました。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/08(水) 08:21
 


おはようございます。

現在、日経CFD 18947円 +36円

NYは、ダウ平均は37.87ドル高の20090.29、ナスダックは10.67ポイント高の5674.22で取引を終了した。堅調な主要企業決算に加えて、12月貿易収支で赤字幅が縮小したことが好感され、買いが先行。原油相場の下落に伴い、午後にかけて上げ幅を縮小したものの、昨日にフィラデルフィア連銀総裁が米景気に楽観的な姿勢を示し、トランプ政権が打ち出す政策が経済に与える影響を議論するには時期尚早としたことが下値を支えた。ナスダック総合指数は最高値を更新した。

日経ですが、昨日はリスク回避の動きありましたが、買い支えから下げ幅縮小となった。
本日は、ある程度は安定しているので買戻しが入るのか見ていきます。
ボックス内の動きとなってますので、トレンド出るのか日々見ていきます。

想定レンジ、為替、112.34円 167ドルから170ドル

 18760円から19097円


◆ 各国債券利回り

2017/02/08(水) 08:10
 
2017/2/8  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     2.393% (前日比-0.015%)     1.165% (前日比+0.016%)
英国     1.289% (前日比-0.028%)     0.088% (前日比-0.001%)
ドイツ     0.350% (前日比-0.020%)     -0.776% (前日比-0.002%)
ポルトガル 4.240% (前日比-0.004%)     0.078% (前日比-0.004%)
イタリア    2.367% (前日比-0.009%)     0.029% (前日比-0.023%)
ギリシャ   7.830% (前日比+0.170%)       -
スペイン    1.771% (前日比-0.015%)     -0.253% (前日比-0.002%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/07(火) 15:43
 
■日経平均      18,910.78(-65.93)

■東証1部出来高    16.94億株

■東証1部売買代金   2.06兆円

■日経平均先物    18,880(-70)

■TOPIX        1,516.15(-4.27)

■騰落        上昇562/下落1,291

■マザーズ指数    997.46(-2.24)

■日経JQ       2,875.16(+2.44)

■ドル円       111.82
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の欧米株安や為替が円高に振れたことを受け売りが先行。売り一巡後は、押し目買いが入る半面、外部環境の先行き不透明感の強さなどが戻りを抑え18800円台でもみ合う展開となりました。
 後場は、寄付きから売買が交錯。その後は、円高・ドル安一服や日銀のETF買い期待を支えに、押し目買いや買い戻しを誘い、本日の高値水準となる1万8900円台後半まで持ち直す場面も見られました。一巡後は、引けにかけて弱含み戻りは限定的となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他製品、鉱業、輸送用機器でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、空運業、不動産業となりました。
  
 TOPIX、マザーズ指数も反落しました。

■桃太郎
後場は、下げ幅縮小となる場面もあり、下支えかと思われます。
為替推移は、ユーロ安から112円割れでの推移となってます。
明日もリスク回避の動きがあるのか見ていきます。

ドル換算ベースは、高値圏の169.12ドル +0.33%続伸となった。


◆ ご案内

2017/02/07(火) 14:47
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 日本2016年12月-景気動向指数:一致指数0.1ポイント上昇

2017/02/07(火) 14:16
 
2016年12月の景気動向指数(速報値)は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.1ポイント上昇の115.2だった。
数カ月先の景気を示す先行指数は2.6ポイント上昇の105.2。


◆ 14時の概況

2017/02/07(火) 14:02
 
■日経平均      18,965.35(-11.36)

■日経平均先物    18,950(±0)

■TOPIX先物      1,520.50(+2.50)

■騰落        上昇799/下落1,044

■日経JQ       2,876.29(+3.57)

■マザーズ指数    1,000.98(+1.28)

■ドル円       111.94

■NYダウ夜間先物  +2

■上海総合指数後場の寄り付き 3,145.61 前日比-11.37 -0.36%

■指数大型      現値1,409.92  前日比+1.09

■指数中型      現値1,804.22  前日比+0.59

■指数小型      現値2,764.87  前日比-6.48


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/07(火) 12:39
 
ランチバスケットは15件、113.61億円。
差し引き40億円売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/07(火) 11:55
 
■日経平均      18,891.48(-85.23)

■東証1部出来高    8.15億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    18,880(-70)

■TOPIX        1,513.89(-6.53)

■騰落        上昇556/下落1,307

■マザーズ指数    997.40(-2.30)

■日経JQ       2,872.78(+0.06)

■ドル円       111.82
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の欧米株安や為替が1ドル=111円台まで円高に振れたことを受け売りが先行。売り一巡後は、押し目買いが入る半面、外部環境の先行き不透明感の強さなどが戻りを抑え18800円台でのもみ合い商状に。その後は円高が一服すると共に下げ幅を縮めて前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、輸送用機器、その他製品でした。一方、値上がり上位は、空運業、不動産業、水産・農林業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反落しました。

■桃太郎
前場は、安寄りから為替の安定もあり下げ幅縮小。
上値は重く推移。
後場も持ち合いか見ていきます。

ドル換算ベースは、168.93ドル +0.22%と続伸
高値持ち合いである。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.08%

2017/02/07(火) 10:25
 
上海総合指数 3,154.40 前日比 -2.58 -0.08%


◆ 10時の概況

2017/02/07(火) 10:01
 
■日経平均      18,821.39(-155.32)

■日経平均先物    18,810(-140)

■TOPIX先物      1,509.50(-8.50)

■騰落        上昇475/下落1,369

■日経JQ       2,875.27(+2.55)

■マザーズ指数    994.82(-4.88)

■ドル円       111.72

■NYダウ夜間先物  -14

■指数大型      現値1,399.00  前日比-9.83

■指数中型      現値1,792.91  前日比-10.72

■指数小型      現値2,754.60  前日比-16.75


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/07(火) 09:09
 
おはようございます。

また月初から日経平均は弱含み。
日米金利差の縮小からドル安円高!
また金に関しては2ヶ月ぶりの回復。
対ドル111円台まで円高が進行。この背景は先週末の雇用統計を受けFF金利先物から見る3月利上げが低下し、長期金利も2.4%台まで低下していることが要因だろう。
しかし昨日も東京市場は指数こそ為替を睨みながらの展開が垣間見られるが、個別銘柄で賑わうものはあり、そう悲観するまでもないように思われる。
まして日経JASDAQ平均を見ると高値追いとなっており個別銘柄物色の展開は継続と思われます。
さて昨日、日経平均はやや弱含みであったが、昨日紹介した○○××はしっかりであった。
そこで今朝も東京市場の企業分析においていつも面白い銘柄を発掘している友人から。
連日、JASDAQ平均が高値追いの中、出遅れ感強く、企業経営が復活してきそうだと彼が言っているのが「○○××」。
同社はイオンが大株主。
東京だけでなく街のあらゆるところでイオンに変化している。その恩恵かつイオン以外の都市部へテコ入れしており300円割れの株価は今後。復活、挽回企業としてチャンス多き企業だと。
黒字転換も予想されることや、1株純資産も415円あれば変革期に入ったと予想されると。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2017/02/07(火) 08:40
 
日経平均先物の現在の気配は18850、前日比100円安のところです。
ドル円111.74、112円を昨晩割り込み、そのままの日本時間のスタートとなっています。
NYダウ19ドル安。ナスダック3ポイント安。
2月の中旬に向かって少し下振れ懸念が出てきました。
NYダウが余程上がっていかない限り、ちょっとした下振れは致し方ない。ただその押しは浅いであろうということ、お伝えしていることであります。
日経平均が浅い押しだとすれば、個別株、逆行高を演じるでしょう。
それでは本日も弊社のアドバイザー、解説していきます。どうぞご覧ください。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/07(火) 08:18
 
 7日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り300万株、買い410万株で、差し引き110万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)は売り越し。
 売りセクターに、銀行、証券、化学、小売、電機、保険など。
 買いセクターに、サービス、電機、通信、情報通信、建設、銀行など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/07(火) 08:17
 


おはようございます。

現在、日経CFD 18864円 -112円

NYは、ダウ平均は19.04ドル安の20052.42、ナスダックは3.21ポイント安の5663.55で取引を終了した。仏大統領選に向けた集会で、有力候補であるルペン氏が欧州連合(EU)離脱を公約に掲げたことから欧州株が全面安となり、米国株にも売りが先行。先週の雇用統計を受けた買いが一服し、利益確定の売りが広がったほか、トランプ政権下での政策運営に対する不透明感も嫌気され、軟調推移となった。

昨日の日経ですが、金利上昇から円高となり高寄り後、下落した。
本日は、ユーロ円も今年高値となりリスク回避の動きからドル円も112円割れとなっている。下値を維持できるか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.79円 166ドルから170ドル

 18557円から19004円


◆ 本日の予定

2017/02/07(火) 08:16
 
■国内(7日)
12月景気動向指数(14:00)
10年物価連動国債入札

《決算発表》
デンカ、旭化成、JX、住友商、森永乳、ニチレイ、コムシスHD、NIPPO、明治HD、アルフレッサHD、アリアケ、日清食HD、大陽日酸、参天薬、ツムラ、出光興産、旭硝子、住友鉱、リンナイ、椿本チ、東芝テック、横河電、島津製、バンナムHD、青山商、ふくおか、スルガ銀、京阪HD、名鉄、上組、テレ朝HD、NTTデータ

■海外(7日)
米12月貿易収支(22:30)
米12月消費者信用残高(2/8 5:00)
米3年国債入札

《米決算発表》
エマソン・エレクトリック、バルカン・マテリアルズ、ゼネラル・モーターズ、ウォルト・ディズニー、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、ギリアド・サイエンシズ、モンデリーズ・インターナショナル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/07(火) 08:13
 
■NYダウ
 20,052.42 -19.04
■ナスダック
 5,663.55 -3.21
■CME225(円建て)
 18,855 -95(大証比)
■ドイツDAX
 11,509.84 -141.65
■上海総合指数
 3,156.98 +16.81
■ドル円
 111.8

 6日のNY市場は下落。仏大統領選向け集会で、有力候補であるルペン氏がEU離脱を公約に掲げたことから欧州株が全面安となり、米国株にも売りが先行。また、先週の雇用統計を受けた買いが一服し、目先の利益を確定する目的の売りが出やすかったほか、トランプ米政権の移民規制強化といった政策不透明感も買いを手控える動きにつながり、軟調推移となりました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や自動車・自動車部品が上昇する一方でエネルギーや電気通信サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>など、対東証比較(1ドル111.77円換算)で全般冴えない展開となりました。


◆ 各国債券利回り

2017/02/07(火) 07:55
 
2017/2/7  7時8分現在

         10年債                      2年債
米国     2.408% (前日比-0.057%)     1.149% (前日比-0.048%)
英国     1.317% (前日比-0.035%)     0.089% (前日比-0.010%)
ドイツ     0.370% (前日比-0.042%)     -0.774% (前日比-0.032%)
ポルトガル 4.244% (前日比+0.072%)     0.082% (前日比+0.008%)
イタリア    2.376% (前日比+0.111%)     0.052% (前日比+0.038%)
ギリシャ   7.660% (前日比+0.137%)       -
スペイン    1.786% (前日比+0.104%)     -0.251% (前日比+0.022%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2017/02/06(月) 15:41
 
■日経平均      18,976.71(+58.51)

■東証1部出来高    17.97億株

■東証1部売買代金   2.18兆円

■日経平均先物    18,950(+10)

■TOPIX        1,520.42(+5.43)

■騰落        上昇1,132/下落728

■マザーズ指数    999.70(+8.75)

■日経JQ       2,872.72(+12.50)

■ドル円       112.54
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前週末の米国株高を受け、朝方は買いが先行。ただその後は、1ドル=112円台前半と円高推移していることに加え、明日発表の米貿易収支や週末には日米首脳会談が控えていることもあり、上値の重い展開となりました。
 後場寄りつきは売りが先行。円の高止まりが意識され、先物売りをきっかけに下げに転換。その後は円伸び悩みもあって、プラスに切り返したものの戻りは限定的で、小高い水準でもみ合う展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、水産・農林業、金属製品、銀行業でした。一方、値下がり上位は、その他製品、繊維製品、食料品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。

■桃太郎
後場は、為替の戻りもあり安値圏から少し戻して終わりました。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、168.56ドル +0.70%と切り返しで終始安定してます。


◆ ご案内

2017/02/06(月) 14:47
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/06(月) 14:02
 
■日経平均      18,948.25(+30.05)

■日経平均先物    18,940(±0)

■TOPIX先物      1,518.50(+1.50)

■騰落        上昇1,014/下落834

■日経JQ       2,869.18(+8.96)

■マザーズ指数    998.62(+7.67)

■ドル円       112.54

■NYダウ夜間先物  -10

■上海総合指数後場の寄り付き 3,154.55 前日比+14.38 +0.46%

■指数大型      現値1,407.97  前日比+5.58

■指数中型      現値1,800.78  前日比+0.74

■指数小型      現値2,767.32  前日比+3.27


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/06(月) 12:58
 
6日昼の立ち会い外バスケット取引は全体180億円、差し引きは30億円売り越しのもよう。


◆ 前引け概況

2017/02/06(月) 12:05
 
■日経平均      18,974.07(+55.87)

■東証1部出来高    9.26億株

■東証1部売買代金   1.08兆円

■日経平均先物    18,970(+30)

■TOPIX        1,521.61(+6.62)

■騰落        上昇1,103/下落733

■マザーズ指数    995.73(+4.78)

■日経JQ       2,867.66(+7.44)

■ドル円       112.46
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前週末の米国株高を受け、買いが先行。ただその後は、円相場が1ドル=112円台前半と円高推移していることに加え、明日発表の米貿易収支や週末には日米首脳会談が控えていることもあり、上値の重い展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、水産・農林業、銀行業、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、その他製品、電気・ガス業、食料品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後、先週末同様に金利上昇から円高傾向となり上げ幅縮小となった。
買いオペ後は、安定から戻す展開となっているが、為替推移は上値が重く、後場も持ち合いとなるか見ていきます。

ドル換算ベースは、168.76ドル +0.82%と上昇となっている。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.09%

2017/02/06(月) 10:25
 
上海総合指数 3,143.09 前日比 +2.92 +0.09%


◆ 10時の概況

2017/02/06(月) 10:01
 
■日経平均      18,937.19(+18.99)

■日経平均先物    18,930(-10)

■TOPIX先物      1,517.50(+0.50)

■騰落        上昇1,058/下落753

■日経JQ       2,866.32(+6.10)

■マザーズ指数    995.45(+4.50)

■ドル円       112.32

■NYダウ夜間先物  -33

■指数大型      現値1,407.89  前日比+5.50

■指数中型      現値1,799.85  前日比-0.19

■指数小型      現値2,767.28  前日比+3.23


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/06(月) 09:32
 
おはようございます。

マーケットを皆様はどう予想していますか?
為替だけ見ていると日本株はなかなか難しい値動きをしており、それに振り回され日経平均も右往左往!
ただ我々の本拠地でNY市場は意外とマーケットに関しては強気派が多いし、実際に株価はまだまだ上昇余地がありそうな展開が継続している。
そして昨年末に私から来年のキーは「TPP」だろう。
TRUMP.PERTMERSHIP.PROBLEMとお伝えしたはずだ!彼の言動でマーケットは揺れ動く。
しかし、彼は米国を1番に考える政治を訴え大統領となった。
そして、彼の政策が全て通るとは限らないが少なからず何らかのアクションを起こしてくる。
そのアクションがマーケットの不安、先行き不透明とマーケット関係者は唱えるが現実の株価はしっかり。
トランプ氏が米国1番と言うならばマーケットが下がる事をするか?
我々はそれは無いと思っている。
さて今年も皆様には東京市場の個別銘柄を紹介しているここまではどれも比較的しっかりしていると思っており今後もまだまだ期待している。
そして今朝、東京市場の企業分析において面白い銘柄をいつも発掘してくる友人でパフォーマンス的には優秀な方から。

~以下会員ページ~


◆ ドル建て 日経225

2017/02/06(月) 08:49
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19079円 +156円

先週末NYは、ダウ平均は186.55ドル高の20071.46、ナスダックは30.57ポイント高の5666.77で取引を終了した。1月雇用統計で非農業部門雇用者数が22.7万人増と予想を大きく上振れ、買いが先行。トランプ大統領が金融規制改革法(ドッド・フランク法)見直しの大統領令に署名したことで、金融セクターを中心に買いが広がり、終日堅調推移となった。ナスダックは最高値を更新し、ダウは再び20000ドルを突破した。

朝の為替状況も112円大中盤での推移。
米国高から下値も限定的となるか見ていきます。

想定レンジ、為替、112.60 円 167ドルから170ドル

18804円から19142円
 


◆ 釣り人

2017/02/06(月) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19080
前日比140円高のところです。
ドル円112.58
気持ち円高。
本日の寄り付きにたいして特別思うところはありません。
先物では1/18安値18630、1/27高値19480。
どちらかをブレイクする週になるのか?
本日以降考えて行くことになります。

それでは今週もよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2017/02/06(月) 08:36
 
 6日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り770万株、買い380万株で、差し引き390万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、銀行、化学、サービス、保険、機械、薬品など。
 買いセクターに、サービス、機械、その他製造、通信、電機、食品など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2017/02/06(月) 08:32
 
■6(月)
【国内】
12月毎月勤労統計調査(9:00)
榊原経団連会長会見

《決算発表》
帝人、王子HD、レンゴー、住友ベ、LIXILG、バローHD、科研薬、丸紅、芙蓉リース、マルハニチロ、博報堂DY、JT、日製鋼、DOWA、三浦工、ディスコ、グローリー、ホトニクス、太陽誘電、西日本FH、スズキ、ドンキホーテH、Uアローズ、エフピコ、千葉銀、山口FG、菱地所、東建物、GMO、コカウエスト、パーカライ、田辺三菱、セガサミーHD、トヨタ、スクリン、伊藤米久、ニチアス、スクエニHD

【海外】
《米決算発表》
シスコ、FMC

休場:メキシコ


■7(火)
【国内】
12月景気動向指数(14:00)
10年物価連動国債入札

《決算発表》
デンカ、旭化成、JX、住友商、森永乳、ニチレイ、コムシスHD、NIPPO、明治HD、アルフレッサHD、アリアケ、日清食HD、大陽日酸、参天薬、ツムラ、出光興産、旭硝子、住友鉱、リンナイ、椿本チ、東芝テック、横河電、島津製、バンナムHD、青山商、ふくおか、スルガ銀、京阪HD、名鉄、上組、テレ朝HD、NTTデータ

【海外】
米12月貿易収支(22:30)
米12月消費者信用残高(2/8 5:00)
米3年国債入札

《米決算発表》
エマソン・エレクトリック、バルカン・マテリアルズ、ゼネラル・モーターズ、ウォルト・ディズニー、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、ギリアド・サイエンシズ、モンデリーズ・インターナショナル


■8(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合の「主な意見」(1/30~31開催分)
12月国際収支(8:50)
12月企業倒産件数(13:30)

《決算発表》
日清紡HD、クラレ、丸一管、鹿島、IIJ、東洋紡、三菱ケミHD、富士重、三井物、大成建、日本紙、日 油、森永菓、DeNA、SUMCO、日本新薬、SMC、ハーモニック、荏原、ダイキン、ブラザー、ルネサス、JDI、いすゞ、ナカニシ、クレセゾン、京急、JR九州、ソフトバンクG、カネカ、空港ビル、ロート

【海外】
IoT見本市「インターネット・オブ・シングス・インディア・エクスポ2017」(~2/10 ニューデリー)
米10年国債入札

《米決算発表》
タイムワーナー、プルデンシャル・ファイナンシャル


■9(木)
【国内】
1月マネーストック(8:50)
12月機械受注(8:50)
1月都心オフィス空室率(11:00)
30年国債入札

《決算発表》
千代建、沖縄銀、前田建、東レ、大和ハウス、住友不、熊谷組、前田道、ミクシィ、COOK、コカ・コーラEJ、マクドナルド、すかい、テルモ、関西ペ、エスケー化研、リゾートトラス、資生堂、三菱マ、平和、九州FG、ヤマハ発、大日印、日写印、ニプロ、AOKIHD、リログループ、西武HD、セコム、サンドラッグ、東急不HD、日産自、産車体

【海外】
米30年国債入札

《米決算発表》
コカ・コーラ、ヤム・ブランズ、エクスペディア、エヌビディア、ニールセン・ホールディングス


■10(金)
【国内】
1月国内企業物価指数(8:50)
12月第三次産業活動指数(13:30)
オプションSQ

《決算発表》
戸田建、雪印メグ、トリドールHD、大王紙、小田急、レオパレス21、国際帝石、長谷工、五洋建、マツモトキヨシ、ネクソン、エア・ウォーター、沢井製薬、そーせい、ライオン、太平洋セメ、アマダHD、DMG森精、ダイフク、めぶきFG、カルソカンセ、第一興商、シチズン、凸版印、ヤオコー、イオンFS、三井不、東急、セイノーHD、NTT、アサヒインテック、飯田GHD、ナブテスコ、ユニバーサル、THK

【海外】
日米首脳会談
中国1月貿易収支
米12月卸売売上高(23:00)
米12月卸売在庫(23:00)
米1月輸入物価(22:30)
米2月ミシガン大学消費者マインド指数(2/11 0:00)
米1月財政収支(2/11 4:00)

《米決算発表》
エーオン

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/06(月) 08:13
 
■NYダウ
 20,071.46 +186.55
■ナスダック
 5,666.77 +30.57
■CME225(円建て)
 19,050 +110(大証比)
■ドイツDAX
 11,651.49 +23.54
■上海総合指数
 3,140.17 -19.00
■ドル円
 112.57

 3日のNY市場は上昇。1月雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を大きく上振れ、買いが先行。トランプ大統領がオバマ政権時代に金融規制改革法(ドッド・フランク法)のもとで強化した規制を抜本的に見直す大統領令に署名したことで、金融セクターを中心に買いが広がり、終日堅調推移となりました。
 セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや小売が下落。
 ADRの日本株は、三菱UFJ<8306>、シャープ<6753>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、野村HD<8604>など、対東証比較(1ドル112.61円換算)で全般堅調となりました。


◆ 週間展望 釣り人

2017/02/05(日) 15:23
 
週末のNYダウは186ドル高ナスダック30ポイント高・ドル円112.70と動きはありませんでしたが、NY高に追従しCME終値19050+110となっています。
週末トランプ大統領の米国入国制限に対して連邦地裁がが待ったをかけたというニュスが日経の1面となっています。お騒がせなツイッターはこれからも続くのでしょう~普通の人だったら市場の反応は時間が経つにつれ善し悪しの反動は小さくなるものですが・・・
 さて先週は債券市場で大揺れが起こりました。簡単に言いますと金利が上がり債券価格が下がりました。国債入札に対して日銀が予期せぬ対応だということで不安心理が銀行やその他の金融機関に瞬間大きく走り乱高下となり、日経平均先物へ売りがかさみました。最も週末は落ち着きましたが・・
 この金利ですがマイナス金利という言葉・昨年1年間続きました。これが反転へ向かうか??大きな問題です。通説は「金利が上がれば、株は下がる」上げ下げする株より金利をもらった方が得だの考え「第一次の利上げは株が上がり始める」金利が上がるということは景気が良くなる証拠その出始めは株がすごく上がり始める。儲かる企業が続出している証拠。などなどいろいろあります。
 バブルの当初(1970年~1990年)は金利もどんどん上がり株もどんどんと上がりました。サラ金で30%を超える金利をバンバンと借りて、それ以上に儲かればよいという風潮までありました・・ゴルフ会員権や株・土地の急騰です。
その後三重野ショックです・・思い出します。
 金利上昇が本当に始まるのか?日本の金利が上がれば米国との金利差で円安になってるはずなのに・・土地の値段は?リートはどうなる?こうなります。
その前に「債券が買われる時代が終わりを告げるかも?」もしそうなればこれは大転換期に差し掛かるかもしれないということ・・・「株安い時に買ってみましょうか?」これが私の基本路線であります。
 日経平均の見方は1月は陰線(これは当たりました)そして2月は更なる下振れが瞬間起こり月足で下髭を作りそこから反発(上昇)が見えてくる。この考えはぬぐいませんがNYダウが新高値を取りに行くと下振れ無しかもしれません。
明日の三菱UFJの値動き気になります。前々から言ってましたが米金利の上昇は円安となり日経全般には良いことだろうが・・米国債を大量に買っている日本の銀行は大きな損失となる・これがようやく新聞で書かれています。昨年9月末に6700億あった外国債券の含み益(大手3行)が12月末では3200億の含み損に転落・・とその差ほぼ1兆円

今週はNYダウが高値を取るのか?為替は動くのか?債券はぶれるのか?それにより日経平均はどうなのか?中小型の新興市場は強含むのか?
いつものように日々書いていきます。今週もご覧ください。


◆ 大引け概況

2017/02/03(金) 15:27
 
■日経平均      18,918.20(+3.62)

■東証1部出来高    21.16億株

■東証1部売買代金   2.62兆円

■日経平均先物    18,940(+10)

■TOPIX        1,514.99(+4.58)

■騰落        上昇996/下落854

■マザーズ指数    990.95(+2.70)

■日経JQ       2,860.22(-3.18)

■ドル円       113.00
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反発しました。前場は前日大幅安の反動で買いが先行。円高一服も支えとなり、先物買いを交えて上げ幅を拡大。その後は為替が円高・ドル安に振れ、先物主導で売られマイナスに転じて前場取引を終えました。
 後場は、日銀が国債の「指値オペ」実施を通知したことを受け、長期金利が低下して円安に傾き、先物主導で再びプラス圏に浮上しました。ただ、その後は利益確定売りに押され、引けにかけて前日終値近辺でもみ合いとなりました。週末要因に加え、米1月雇用統計を見極めたいとの空気も手控え要因となり、引けにかけて上値の重い動きとなりました。

 業種別では、値上がり上位は、非鉄金属、その他製品、銀行業。一方、値下がり上位は、空運業、ゴム製品、陸運業となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。

■桃太郎
後場は、為替の戻りもあり切り返しから
昨日の引け値あたりでの持合いとなった。
今晩は米国雇用統計となります。
来週の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、167.39ドル -0.39%となった



◆ ご案内

2017/02/03(金) 14:34
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時1分の概況

2017/02/03(金) 14:07
 
■日経平均      18,904.04(-10.54)

■日経平均先物    18,890(-40)

■TOPIX先物      1,515.00(+2.00)

■騰落        上昇1,001/下落842

■日経JQ       2,859.07(-4.33)

■マザーズ指数    985.46(-2.79)

■ドル円       113.02

■NYダウ夜間先物  -15

■上海総合指数後場の寄り付き 3,147.14 前日比-16.96 -0.54%

■指数大型      現値1,403.42  前日比+6.46

■指数中型      現値1,800.05  前日比+2.55

■指数小型      現値2,761.75  前日比+6.23


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/03(金) 12:35
 
ランチバスケットは17件、171.82億円。
差引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/03(金) 11:57
 
■日経平均      18,843.67(-70.91)

■東証1部出来高    11.19億株

■東証1部売買代金   1.32兆円

■日経平均先物    18,830(-100)

■TOPIX        1,510.93(+0.52)

■騰落        上昇816/下落1,029

■マザーズ指数    982.50(-5.75)

■日経JQ       2,862.09(-1.31)

■ドル円       112.60
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日大幅安の反動で買いが先行。円高一服も支えとなり、先物買いを交えて上げ幅を拡大し、1万9000円台を回復する場面も見られました。その後は、日銀の国債買い入れオペ(公開市場操作)通知後に長期金利が急上昇。円高・ドル安に振れ、運用リスクを回避する動きが強まり、先物主導で売られマイナスに転じて前場取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、空運業、陸運業、ゴム製品でした。一方、値上がり上位は、非鉄金属、銀行業、その他製品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
前場は、為替推移の振れで上げ幅縮小から下落となった。
後場もボラの高い展開となるか見ていきます。

ドル換算ベースは、167.37ドル -0.40%となった。


◆ 中国1月財新製造業PMI 51.0

2017/02/03(金) 10:50
 
中国1月財新製造業PMIは51.0、市場予想は51.8


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.03%

2017/02/03(金) 10:26
 
上海総合指数 3,160.08 前日比 +0.91 +0.03%


◆ 10時の概況

2017/02/03(金) 10:01
 
■日経平均      19,015.17(+100.59)

■日経平均先物    19,000(+70)

■TOPIX先物      1,520.50(+7.50)

■騰落        上昇1,373/下落461

■日経JQ       2,871.27(+7.87)

■マザーズ指数    994.87(+6.62)

■ドル円       112.98

■NYダウ夜間先物  +4

■指数大型      現値1,407.60  前日比+10.64

■指数中型      現値1,807.21  前日比+9.71

■指数小型      現値2,770.68  前日比+15.16


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/03(金) 09:23
 
おはようございます。

昨日の日経平均は反落。米国政治に対する不安!これにより為替は円高方向に。
ただ我々的には円高に対する抵抗力がジワジワ増してきており、ドルベールの日経平均は高値圏で推移している。
我々の確率と統計からならばここで過度に為替を警戒するあまり、投資機会を逃すリスクを認識しておきたい。
さて今朝もここで非常に気になる銘柄を取り上げたいが、昨年の12月の頭に東海運を取り上げその後2割程株価は上昇したがプーチン大統領の来日は北方領土の問題ではなく経済支援の目的だと我々は皆様にお伝えしたが、結果は案の定!北方領土には特段触れずに経済支援での会談で終わった。
またここで米国トランプ大統領は次期国務長官にプーチン氏と親交があるティラーソン氏を任命し、日米露では面白い展開が予想される。
そうなるとあれから東海運も12月に紹介した時とほぼ同値段で数ヶ月もみ合っており、明らかに何らかを意味するトレンドを築きあげている。
そうなると・・・

~以下会員ページ~

本日の先物レンジ
18940~19170円
指数はもみ合っているが個別銘柄は別だ。


◆ 釣り人

2017/02/03(金) 08:43
 
日経平均先物の現在の気配は19030
前日比100円高のところです。
ドル円112.82
昨晩の終値近辺での動き。
桃太郎も書いてますが、それほどの円高に向かっていくという感覚はありません。むしろ、円安への動きが月末には見えてくるのではなかろうか?つまり月中にかなりの円高があったとしもそこが高値となり、また円安を目指す。私がチャートを見る限りそんな風に思います。
つまり日経平均はお伝えしていたとおり1月は陰線でした。
そして今月更なる下振れを仮におこなったとしてもその下振れしたところが買いとなる。今月下振れすれば良い買い場になる。こんな感覚でざっくり思っています。

さて、本日週末であり。米国雇用統計を控えています。
日経平均は上にも下にも大きく振れやすくなっています。
本日の動きに対して思うことがあれば、ザラバ中書いて行きます。
良い週末にしましょう。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/03(金) 08:20
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19060円 +145円

NYは、ダウ平均は6.03ドル安の19884.91、ナスダックは6.45ポイント安の5636.20で取引を終了した。トランプ大統領がイランのミサイル実験を非難したほか、オーストラリア首相との電話会談を打ち切ったことで、強硬な外交手法への警戒感から、売りが先行。昨日のFOMCでは利上げ見通しに対する言及がなく、米景気に楽観的な見方と政治・経済情勢への慎重な見方が交錯しており、明日の雇用統計結果を見極めたいとの思惑から引けにかけて小動きとなった。

昨日は、ドル安傾向もあり引けにかけても売られる展開となった。
本日も為替推移は、112円台後半、今晩の米国雇用統計があり持合いとなりそうである。

想定レンジ、為替、112.80ドル 167ドルから170ドル

 18837円から19176円


◆ 外資系の注文動向

2017/02/03(金) 08:16
 
 3日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り800万株、買い690万株で、差し引き110万株の売り越し。売り越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、自動車、機械、化学、電機、卸売、陸運、通信、保険、建設など。
 買いセクターに、自動車、機械、通信、小売、電機、情報通信、商社など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2017/02/03(金) 07:59
 
■国内(3日)
12/19・20開催の日銀金融政策決定会合議事要旨(8:50)

《決算発表》
双日、日水、日産化、ADEKA、ニフコ、サンゲツ、セブン銀行、東センチュリー、伊藤忠、三菱ガス、キョーリンHD、三菱Uリース、京王、ニッコンHD、スズケン、協エクシオ、昭和産、キッコーマン、ジョイ本田、GMOPG、イビデン、日触媒、フジHD、ヤフー、日電硝、UACJ、古河電、ニッパツ、テクノプロHD、SANKYO、シャープ、シスメックス、コンコルディア、ホンダ、ヤマハ、ベネッセHD、洋缶HD、三菱UFJ、静岡銀

■海外(3日)
中国1月財新製造業PMI(10:45)
米1月雇用統計(22:30)
米1月ISM非製造業景況指数(2/4 0:00)
米12月製造業受注(2/4 0:00)
マティス米国防長官来日
EU非公式首脳会議(マルタ)

《米決算発表》
ウェアーハウザー、ハーシー


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ 各国債券利回り

2017/02/03(金) 07:58
 
2017/2/3  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     2.474% (前日比+0.004%)     1.205% (前日比-0.008%)
英国     1.383% (前日比-0.066%)     0.116% (前日比-0.025%)
ドイツ     0.427% (前日比-0.041%)     -0.733% (前日比-0.019%)
ポルトガル 4.122% (前日比-0.087%)     0.085% (前日比+0.001%)
イタリア    2.234% (前日比-0.079%)     0.003% (前日比-0.041%)
ギリシャ   7.557% (前日比-0.087%)       -
スペイン    1.641% (前日比-0.038%)     -0.272% (前日比-0.020%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ おはようございます

2017/02/03(金) 07:54
 
■NYダウ
 19,884.91 -6.03
■ナスダック
 5,636.20 -6.45
■CME225(円建て)
 19,040 +110(大証比)
■ドイツDAX
 11,627.95 -31.55
■中国本土市場は旧正月の連休につき休場
■ドル円
 112.86

 2日のNY市場は下落。トランプ大統領がイランのミサイル実験を非難したほか、オーストラリア首相との電話会談を打ち切るなど通商政策と外交を巡る不透明感が増し、売りが先行。その後は、明日発表の1米雇用統計の結果を見極めたいとの思惑から引けにかけて小動きとなりました。
 セクター別では、不動産や食品・飲料・タバコが上昇する一方で電気通信サービスやメディアが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、三菱電<6503>が小安い他は、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、キヤノン<7751>、ソニー<6758>、デンソー<6902>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、花王<4452>、オリンパス<7733>、日鉄住金<5401>など、対東証比較(1ドル112.79円換算)で全般堅調となりました。


◆ 大引け概況

2017/02/02(木) 15:29
 
■日経平均      18,914.58(-233.50)

■東証1部出来高    21.28億株

■東証1部売買代金   2.57兆円

■日経平均先物    18,930(-260)

■TOPIX        1,510.41(-17.36)

■騰落        上昇296/下落1,635

■マザーズ指数    988.25(-2.47)

■日経JQ       2,863.40(-7.66)

■ドル円       112.62
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日のNYダウが4日ぶりに反発したことを受け朝方は買いが先行。ただ、戻り待ちの売りに押され上値は重く、円相場の強含みとともにマイナス転換。
 後場は、寄付きから売りが先行。円高が進むとともに先物にまとまった売り物が出て、下げ幅を拡大。また、債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債利回りが0.1%台に上昇したことも、リスク回避の売りを加速させました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、鉱業、倉庫運輸関連。一方、値上がりしたのは、医薬品、卸売業のみとなりました。
 
  TOPIXも反落、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
後場は、為替のドル安傾向もあり下げ幅拡大となった。
ボックス内の動きとなっているが上下に大きく動く相場となりつつ出てきた。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、168.04ドル -0.72%と高値圏は維持。


◆ ご案内

2017/02/02(木) 14:32
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/02(木) 14:01
 
■日経平均      18,988.20(-159.88)

■日経平均先物    18,970(-220)

■TOPIX先物      1,515.00(-16.00)

■騰落        上昇407/下落1,478

■日経JQ       2,867.43(-3.63)

■マザーズ指数    990.75(+0.03)

■ドル円       112.82

■NYダウ夜間先物  -62

■中国本土市場は旧正月の連休につき休場

■指数大型      現値1,400.63  前日比-11.09

■指数中型      現値1,805.52  前日比-15.92

■指数小型      現値2,766.93  前日比-19.56


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/02(木) 12:32
 
ランチバスケットは20件、397.50億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/02(木) 11:46
 
■日経平均      19,099.93(-48.15)

■東証1部出来高    9.62億株

■東証1部売買代金   1.09兆円

■日経平均先物    19,090(-100)

■TOPIX        1,524.78(-2.99)

■騰落        上昇724/下落1,130

■マザーズ指数    1,000.55(+9.83)

■日経JQ       2,877.22(+6.16)

■ドル円       113.14
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日のNYダウが4日ぶりに反発したことを受け買いが先行。ただ、戻り待ちの売りに押され上値は重く、円相場の強含みとともにマイナスに転換。一時、下げ幅は100円近くに達する場面も見られました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、電気・ガス業、海運業でした。一方、値上がり上位は、医薬品、証券商品先物、精密機器となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は、下げ幅拡大とじり安傾向となってます。
為替推移も上値は重く推移。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、168.82ドル -0.25%高値圏維持


◆ 2月2日(木)の中国本土市場は春節(旧正月)の連休のため休場

2017/02/02(木) 10:26
 
2月2日(木)は春節(旧正月)の連休のため休場
取引は2月3日(金)頃から再開の予定となっております。


◆ 10時の概況

2017/02/02(木) 10:01
 
■日経平均      19,072.00(-76.08)

■日経平均先物    19,040(-150)

■TOPIX先物      1,521.50(-9.50)

■騰落        上昇720/下落1,086

■日経JQ       2,874.25(+3.19)

■マザーズ指数    995.45(+4.73)

■ドル円       112.98

■NYダウ夜間先物  -34

■指数大型      現値1,407.07  前日比-4.65

■指数中型      現値1,815.52  前日比-5.92

■指数小型      現値2,784.93  前日比-1.56


◆ 釣り人

2017/02/02(木) 08:43
 
日経平均先物の現在の気配は19140、前日比50円安のところ。
ドル円113.22、FOMCが終わり、利上げ無しとの結果。
そうであろうという大方の予想でしたから、小康状態というところです。
NYダウ26ドル高。特別ありません。

日経新聞で、ウォーレンバフェット氏が、トランプ大統領が決まった後、1兆3000億もの株を買い付けたということ。
確かクリントンを支持していたと記憶していますが、大統領がトランプ氏になったからと言っても、米国株には強気の見方を続けているという内容であります。
マスコミに出て、クリントンを支持していた姿を見ましたが、株は株だということ。
しっかりとした、相変わらず上手な舵取りです。
私達も負けないように、現実は現実、それでも相場はどうなのか?と考え、利益確定を狙っていきましょう。

昨日は大幅反発するだろうという予感、前日から書いておりました。
寄付き近辺が安く始まれば、という内容でしたが、それに沿った解説がはまりました。
本日においては残念ながら日経平均の方向がまだ見えません。
大きな動きはないだろうという感覚を持っておりますが、その分個別株が動けばうれしいところです。
それではよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/02(木) 08:31
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19175円 +26円

NYは、ダウ平均は26.85ドル高の19890.94、ナスダックは27.86ポイント高の5642.65で取引を終了した。携帯端末のアップル(AAPL)が好決算を発表したことに加えて、1月のADP雇用統計やISM製造業景況指数が予想を上振れたことが好感され、買いが先行した。しかしながら、FOMCの発表を控えてその後は上げ幅を縮小し小動きとなった。注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が据え置かれた。声明では米経済の拡大が示されたほか、消費者や企業の景況感の改善が指摘されたが、金利引き上げ見通しについて言及されなかったことから、発表後の相場への影響は限定的だった。

日経ですが、昨日は買い戻しからプラス圏となった。
本日も為替推移は、113えんであり、買い戻しが入るのか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.32円 168ドルから171ドル

 19037円から19377円


◆ 外資系の注文動向

2017/02/02(木) 08:25
 
 2日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り590万株、買い1430万株で、差し引き840万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、化学、小売、薬品、食品、電機、保険、その他製品、建設など。
 買いセクターに、電機、化学、情報通信、サービス、食品、その他金融、小売、銀行、証券、通信、自動車、REIT、機械など」(外資系証券)という。


◆ 各国債券利回り

2017/02/02(木) 08:19
 
2017/2/2  7時6分現在

         10年債                      2年債
米国     2.470% (前日比+0.017%)     1.213% (前日比+0.008%)
英国     1.449% (前日比+0.032%)     0.141% (前日比+0.006%)
ドイツ     0.468% (前日比+0.032%)     -0.714% (前日比-0.015%)
ポルトガル 4.209% (前日比+0.018%)     0.084% (前日比+0.017%)
イタリア    2.313% (前日比+0.051%)     0.044% (前日比+0.007%)
ギリシャ   7.644% (前日比-0.173%)       -
スペイン    1.679% (前日比+0.081%)     -0.252% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 本日の予定

2017/02/02(木) 08:00
 
■国内(2日)
1月マネタリーベース(8:50)
1月消費動向調査(14:00)
10年国債入札

《決算発表》
カカクコム、豊田織機、デンソー、エーザイ、小野薬、大正薬HD、東ソー、三井化学、ジェイテクト、三菱電、三菱重、アイシン精、豊通商、トヨタ紡織、日新製鋼、豊田合、三菱商、東武、TIS、グリー、ガンホー、ダイセル、花王、みらかHD、CTC、新日鉄住、神戸鋼、住友電、GSユアサ、OKI、ソニー、ローム、マツダ、オリンパス、丸井G、NTT都市、阪急阪神、TBSHD、日テレHD、KDDI、カゴメ、パナソニック、塩野義

■海外(2日)
《米決算発表》
メルク、フィリップ・モリス・インターナショナル、ラルフローレン、ビザ、エスティ ローダー、CMSエナジー


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/02(木) 07:57
 
■NYダウ
 19,890.94 +26.85
■ナスダック
 5,642.65 +27.86
■CME225(円建て)
 19,155 -35(大証比)
■ドイツDAX
 11,659.50 +124.19
■中国本土市場は旧正月の連休につき休場
■ドル円
 113.29

 1日のNY市場は上昇。アップルが好決算を発表したことに加え、1月のADP雇用統計やISM製造業景況指数が予想を上振れたことが好感され、買いが先行。ただ、FOMCの結果発表を前に上昇の勢いは朝方で一服。昼前には小幅ながら下げに転じる場面も見られました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で公益事業や不動産が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、オリンパス<7733>、TDK<6762>、ソニー<6758>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>が小安いなど、対東証比較(1ドル113.27円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 大引け概況

2017/02/01(水) 15:34
 
■日経平均      19,148.08(+106.74)

■東証1部出来高    20.32億株

■東証1部売買代金   2.52兆円

■日経平均先物    19,190(+210)

■TOPIX        1,527.77(+6.10)

■騰落        上昇1,162/下落694

■マザーズ指数    990.72(-3.12)

■日経JQ       2,871.06(+2.20)

■ドル円       113.20
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。トランプ米大統領による日本の為替政策批判による円高・ドル安が警戒され、売りが先行。円高進行が一服すると、下値では押し目買いが入り、プラス転換。その後は、1万9000円近辺でもみ合う展開となりました。
 後場は、昼休みの時間帯に先物が強含んだ流れを受け、買いが先行。円高一服や業績底入れ期待を支えに上げ幅を拡大。その後は、やや伸び悩む場面も見られたものの根強い買いに支えられ高値圏で堅調に推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、証券商品先物、電気・ガス業でした。一方、値下がり上位は、その他製品、銀行業、水産・農林業となりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
後場も買い戻しから上昇となりました。
ドル換算ベースも大幅高。
明日も戻すのか見ていきます。

ドル換算ベースは、169.25ドル +0.87%でした。


◆ ご案内

2017/02/01(水) 14:56
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2017/02/01(水) 14:01
 
■日経平均      19,151.36(+110.02)

■日経平均先物    19,130(+150)

■TOPIX先物      1,526.00(+9.00)

■騰落        上昇1,152/下落730

■日経JQ       2,868.61(-0.25)

■マザーズ指数    991.49(-2.35)

■ドル円       113.22

■NYダウ夜間先物  +17

■中国本土市場は旧正月の連休につき休場

■指数大型      現値1,411.00  前日比+1.96

■指数中型      現値1,821.36  前日比+13.12

■指数小型      現値2,783.29  前日比+13.69


◆ お昼のバスケット取引

2017/02/01(水) 12:40
 
ランチバスケットは14件、316.9億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2017/02/01(水) 11:56
 
■日経平均      19,040.74(-0.60)

■東証1部出来高    10.68億株

■東証1部売買代金   1.26兆円

■日経平均先物    19,010(+30)

■TOPIX        1,517.67(-4.00)

■騰落        上昇763/下落1,102

■マザーズ指数    986.63(-7.21)

■日経JQ       2,862.96(-5.90)

■ドル円       113.02
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続落しました。トランプ米大統領による日本の為替政策批判による円高・ドル安が警戒され、売りが先行。売り一巡後は、外国為替市場で1ドル=113円台に戻すなど円高進行が一服し、下値では押し目買いが入り、プラス転換。その後は、1万9000円近辺でもみ合う展開となりました。
  
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他製品、銀行業、精密機器でした。一方、値上がり上位は、鉄鋼、電気・ガス業、繊維製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続落しました。

■桃太郎
前場は、安寄り後、為替の下支えもありプラス圏となった。
後場も19000円前後の持合いとなるか見ていきます。

ドル換算ベースは、168.41ドル +0.37%高値圏維持となっている


◆ 2月1日(水)の中国本土市場は春節(旧正月)の連休のため休場

2017/02/01(水) 10:24
 
2月1日(水)は春節(旧正月)の連休のため休場
取引は2月3日(金)頃から再開の予定となっております。


◆ 10時の概況

2017/02/01(水) 10:00
 
■日経平均      19,028.75(-12.59)

■日経平均先物    19,010(+30)

■TOPIX先物      1,516.50(-0.50)

■騰落        上昇704/下落1,124

■日経JQ       2,870.40(+1.54)

■マザーズ指数    993.61(-0.23)

■ドル円       112.96

■NYダウ夜間先物  +17

■指数大型      現値1,402.47  前日比-6.57

■指数中型      現値1,807.56  前日比-0.68

■指数小型      現値2,766.98  前日比-2.62


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2017/02/01(水) 09:01
 
おはようございます。

昨日の日経平均は大幅に続落。
また昨日の米国市場トランプラリーが始まっから100ドル安以上を連日で下がったのは初めて!
トランプ氏の発言によりマーケットは揺れ動いている。
日本株も押し目買いで対処したいが、外部環境が不安定なことからディフェンジブ銘柄が優位となるだろう。
ただ景気敏感株については好決算でも相場全体の値動きには注意が必要で買い場探しとなるだろう。
しかし我々としては現状トランプ大統領のネガティヴな発言しか聞こえてこないように思われるが、彼も馬鹿ではない。
きっとこれからはポジティブな発言を言い始めるのではないだろうか。

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2017/02/01(水) 08:21
 
 2月1日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り550万株、買い900万株で、差し引き350万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、化学、小売、銀行、食品、機械、サービス、その他製品、建設など。
 買いセクターに、電機、通信、機械、化学、自動車、銀行など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2017/02/01(水) 08:18
 


おはようございます。

現在、日経CFD 18962円 -79円

NYは、ダウ平均は107.04ドル安の19864.09、ナスダックは1.07ポイント高の5614.79で取引を終了した。難民・移民の一時的な入国を制限する大統領令を巡り、トランプ大統領が同政策に反対した司法省長官代理を解任して反発を招いており、今後の政権運営への先行き不透明感から、売りが先行。本日より開催された連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑や、1月のシカゴ購買部強化景気指数や消費者信頼感指数が予想を下振れたことが嫌気されたが、引けにかけて下げ幅を縮小した。

日経ですが、昨日は決定会合後、一時戻す場面もありましたが引けにかけては下落となった。
本日は、再びトランプ大統領のドル安発言で昨晩も左右され為替分下落から始まります。戻ることが出来るか見ていきます。

想定レンジ、為替、112.77円 167ドルから170ドル

 18835円から19170円


◆ 本日の予定

2017/02/01(水) 08:18
 
■国内(1日)
《決算発表》
カルビー、東海理化、IHI、コロプラ、宇部興、武田、ノエビアHD、小林製薬、アマノ、日精工、カシオ、日立造、NOK、日ユニシス、東邦HD、カプコン、セ硝子、中外薬、キーエンス、スカパーJ

■海外(1日)
中国1月製造業PMI (10:00)
中国1月非製造業PMI (10:00)
FOMC声明文発表
米1月ADP雇用統計(22:15)
米1月ISM製造業景況指数(2/2 0:00)
米12月建設支出(2/2 0:00)
米1月新車販売台数

《米決算発表》
フェイスブック、シマンテック、メットライフ

休場:マレーシア


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2017/02/01(水) 08:15
 
■NYダウ
 19,864.09 -107.04
■ナスダック
 5,614.79 +1.08
■CME225(円建て)
 18,980 ±0(大証比)
■ドイツDAX
 11,535.31 -146.58
■中国本土市場は旧正月の連休につき休場
■ドル円
 112.7

  31日のNY市場はまちまち。トランプ米大統領の移民政策をめぐり、同政策に反対した司法省長官代理を解任して反発を招いており、今後の政権運営への先行き不透明感から、売りが先行。また、1月のシカゴ購買部協会景気指数や消費者信頼感指数が予想を下振れたことも相場の重しとなりました。ただ、本日より開催のFOMCの結果を見極めたいとの思惑から引けにかけて下げ幅を縮小しました。
 セクター別では、公益事業や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で運輸や半導体・半導体製造装置が下落。
 ADRの日本株は京セラ<6971>、日東電<6988>、TDK<6762>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>が冴えないなど、対東証比較(1ドル112.80円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り

2017/02/01(水) 08:03
 
2017/2/1  7時8分現在

         10年債                      2年債
米国     2.453% (前日比-0.035%)     1.204% (前日比-0.008%)
英国     1.417% (前日比-0.027%)     0.135% (前日比-0.011%)
ドイツ     0.436% (前日比-0.013%)     -0.699% (前日比-0.025%)
ポルトガル 4.191% (前日比-0.050%)     0.067% (前日比-0.024%)
イタリア    2.262% (前日比-0.066%)     0.037% (前日比-0.042%)
ギリシャ   7.817% (前日比+0.205%)       -
スペイン    1.598% (前日比-0.032%)     -0.252% (前日比-0.017%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず