日経平均先物と釣り人と桃太郎(タイトル)
日経平均先物と釣り人と桃太郎のTOPへ

2016/12

◆ 大引け概況

2016/12/30(金) 15:28
 
■日経平均      19,114.37(-30.77)

■東証1部出来高    16.67億株

■東証1部売買代金   1.71兆円

■日経平均先物    19,090(+20)

■TOPIX        1,518.61(+0.22)

■騰落        上昇1,071/下落768

■マザーズ指数    943.58(+12.14)

■日経JQ       2,740.89(+14.24)

■ドル円       116.70
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続落しました。前日の米国株安や円高推移を受けて朝方は売りが先行。その後は、年末年始の連休を控え、1万9000円近辺で小幅にもみ合う展開となりました。
 後場寄り付きは買いが先行。昼休みの時間帯に円が弱含むとともに先物主導で下げ幅を縮小。日銀のETF買い期待も支えとなり、プラスに転換した後は前日終値を挟んで一進一退の小動きとなっていましたが、引けにかけて少し下げマイナス圏で本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気・ガス業、鉱業、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、医薬品、精密機器となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は共に反発しました。

■桃太郎
今年もお世話になりありがとうございました。

後場も引け際まで、年末動向もありしっかりでした。
来年はどう動いていくのか見ならいきましょう。

ドル換算ベースは、163.81ドル -0.15%と4日続落となった。


◆ ご案内

2016/12/30(金) 14:40
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 年末のご挨拶(なぎさ)

2016/12/30(金) 14:12
 
本年は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

来年も釣り人をはじめとした弊社スタッフが、皆様に喜んでいただける情報提供が出来るように誠心誠意努力する所存ですので、来年も変わらぬご愛顧を賜りますようスタッフ一同心よりお願い申し上げます。

尚、当社の年末年始の休業期間は以下の通りです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
■年末年始休業期間:2016/12/31(土)~ 2017/1/3(火)

年末の営業は本日までとなります。年明けは1月4日(水)より通常通り営業させて頂きます。
休業期間中に頂くお電話やメールでのお問い合わせにつきましては、1月4日(水)以降に順次回答させて頂きます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解承りますようよろしくお願い申し上げます。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

※何かございましたら、下記釣り人モバイルまでご連絡下さい。
【釣り人モバイル】080-3222-7887


◆ 14時の概況

2016/12/30(金) 14:01
 
■日経平均      19,140.82(-4.32)

■日経平均先物    19,130(+60)

■TOPIX先物      1,519.50(+4.50)

■騰落        上昇1,001/下落815

■日経JQ       2,739.13(+12.48)

■マザーズ指数    944.74(+13.30)

■ドル円       116.74

■NYダウ夜間先物  +33

■上海総合指数後場の寄り付き 3,099.37 前日比+3.27 +0.11%

■指数大型      現値1,403.50  前日比-1.08

■指数中型      現値1,813.67  前日比+1.84

■指数小型      現値2,749.80  前日比+5.64


◆ 桃太郎

2016/12/30(金) 13:40
 
指数は、切り返しで、昨年度末より高く終わらせたい日銀さんです。
これで、5年連続となります。

為替推移も116円台後半での推移。

ドル換算ベースは、164.06ドルと昨日の引けでの推移に戻りました。


◆ 前引け概況

2016/12/30(金) 11:44
 
■日経平均      19,067.74(-77.40)

■東証1部出来高    8.06億株

■東証1部売買代金   0.73兆円

■日経平均先物    19,050(-20)

■TOPIX        1,513.06(-5.33)

■騰落        上昇700/下落1,169

■マザーズ指数    939.22(+7.78)

■日経JQ       2,730.59(+3.94)

■ドル円       116.45

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国株安や円高推移を受けて売り先行でスタート。その後は、年末年始の連休を控え、手じまい目的の売りが出ていることや円相場が高止まりしていることが重しとなる一方、1万9000円近辺の水準では押し目買いが入っており小幅にもみ合う展開となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、その他金融業。一方、値上がりしたのは、水産・農林業、医薬品、石油石炭製品のみとなりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
年度末もあり前場は安寄り後、小幅推移。
市場参加者も少なく後場も持合いか見ていきます。

ドル換算ベースは、163.79ドル -0.16%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.04%

2016/12/30(金) 10:25
 
上海総合指数 3,097.35 前日比 +1.25 +0.04%


◆ 10時の概況

2016/12/30(金) 10:01
 
■日経平均      19,023.44(-121.70)

■日経平均先物    19,010(-60)

■TOPIX先物      1,510.00(-5.00)

■騰落        上昇467/下落1,396

■日経JQ       2,726.58(-0.07)

■マザーズ指数    934.09(+2.65)

■ドル円       116.27

■NYダウ夜間先物  +4

■指数大型      現値1,396.92  前日比-7.66

■指数中型      現値1,802.91  前日比-8.92

■指数小型      現値2,730.88  前日比-13.28


◆ 桃太郎

2016/12/30(金) 09:58
 
指数は、軟調。

為替推移は、116円台前半での持合い。

ドル換算ベースは、163.56ドル -0.30%と4日続落。

年度末もあり19000円をキープして行くのか見ていきます。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/30(金) 09:03
 
おはようございます。

大納会を迎え今年も我々の確率と統計論にお付き合い頂きありがとうございました。
皆様の今年の投資成績はいかがでしたか?我々は米国株高の恩恵もあり2016年も無事に終わりました。
さて来年のキーは「TPP」だろう。
TRUMP.PERTMERSHIP.PROBLEMと我々は考えている。
米国大統領トランプがどんな事をしてくるのか?非常に楽しみな2017年となりそうだ。
彼は選挙選以後も米国経済を1番に考えて行動すると。
これがマーケットにどれくらい影響してくるのか?興味深い。
そして皆様には肝心な東京市場であるが、昨年の今頃!我々はこんな予想を皆様にお伝えしたが覚えているだろうか?
以下の文面が我々の予想だった。
「まず結論!
アベノミクスのゴールは再来年と考えており来年は再来年のゴールを前にしての小休止。
ただ米国株次第では予想以上に上がるだろうし、予想以上に下がるかもしれないのでその点だけは注意して欲しい。
そしてここからだが。
大方の予想を不安にさせているのがコモディティ価格の軟調地合い。
原油安から始まり、これを起点に日本株には痛い円高へ。
安全資金として日本円の流れ。
そう考えると我々の予想からすれば
先ず来年も「内需株主導は不変」でありある意味消去法から選ばざる得ない。
そうなると小売業のウェートは高まるし
原油安からも恩恵があるからだ。
ただ外需企業も米国で利益を稼ぐウェートの高い企業は恩恵がある筈だけにここだけは頭の中にいれておこう。
そして最後に
来年の日経平均高値は22300
安値は16800円としておく。」
残念ながら高値は大幅に間違えた事を謝りたい。
ただゴールならぬ相場は来年となる。
即ち、来年酉年!羽を大いに広げ高く飛んで欲しい。
そして来年こそ昨年皆様にお伝えしたこの高値を目指して欲しい。


本年最後の先物レンジ
18880~19140円
調整の範囲内だと思っている。


◆ NY市場は今晩がありまして、来年は1月3日からのスタート

2016/12/30(金) 08:59
 
NY市場は今晩がありまして、来年は1月3日からのスタートなります。


◆ 釣り人

2016/12/30(金) 08:44
 
日経平均先物の現在の気配は19000
前日比70円安のところです。
ドル円116.48
動きはありません。

NYダウ13ドル安
日足を見ますと丸天井の様相を感じるものでありますが、まだ定かではありません。週足チャートを見ますと、一服があってもおかしくない週だと感じます。過度の悲観論はちょっとまだ早いかなという感じ。

昨日も連絡がありましたが、12/21の寄り付き高値19520。
これを起点とした下げとなっていますが、大きいのかそうではないのか?考える本日となります。日足で二空の投げの始まりです。

それでは最終日です。よろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/30(金) 08:36
 
1



おはようございます。

ドル建て3月限 19090 +20 19395 19395 18990
 円建て3月限 19025  -45 19320  19330 18925

NYは、 ダウ平均は13.90ドル安の19819.78、ナスダックは6.47ポイント安の5432.09で取引を終了した。前日の下落を受けて買いが先行。閑散取引が続くなか節税目的の売りが広がったほか、原油安も嫌気され、上げ幅を縮小し下落に転じた。

日経ですが、昨日も買い支えが入りましたが、ある程度の調整局面となった。
本日は、為替推移も昨日あたりでの推移となっていることや年度末であることから持合いとなるか見ていきます。

想定レンジ、為替、116.50円 162ドルから166ドル

 18873円から19339円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/30(金) 08:17
 
 30日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り640万株、買い540万株で、差し引き100万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、自動車、情報通信、証券、建設など。
 買いセクターに、通信、サービス、建設、小売など」(外資系証券)という。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/30(金) 08:16
 
2016/12/30  7時21分現在

         10年債                      2年債
米国     2.475% (前日比-0.033%)     1.212% (前日比-0.042%)
英国     1.235% (前日比-0.062%)     0.063% (前日比+0.002%)
ドイツ     0.175% (前日比-0.020%)     -0.775% (前日比+0.031%)
ポルトガル 3.754% (前日比-0.017%)     0.075% (前日比-0.124%)
イタリア    1.795% (前日比-0.017%)     -0.188% (前日比-0.003%)
ギリシャ   7.115% (前日比+0.009%)       -
スペイン    1.326% (前日比-0.016%)     -0.296% (前日比+0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 本日の予定

2016/12/30(金) 08:15
 
■国内(30日)
大納会

■海外(30日)
米12月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)

休場:フィリピン、韓国


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/30(金) 08:12
 
■NYダウ
 19,819.78 -13.90
■ナスダック
 5,432.09 -6.47
■CME225(円建て)
 19,025 -45(大証比)
■ドイツDAX
 11,451.05 -23.94
■上海総合指数
 3,096.10 -6.14
■ドル円
 116.53

 29日のNY市場は下落。前日の下落を受けて買いが先行。金価格の上昇を好感し、産金株などが大幅上昇したものの節税目的の売りが広がったほか、原油安も嫌気され、マイナスに転じて取引を終えました。
 セクター別では、公益事業や不動産が上昇する一方で銀行や各種金融が下落。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、コマツ<6301>、ANA<9202>、日鉄住金<5401>が小じっかりな他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、富士重<7270>、ブリヂストン<5108>など対東証比較(116.56円換算)で全般冴えない展開となりました。


◆ 大引け概況

2016/12/29(木) 15:26
 
■日経平均      19,145.14(-256.58)

■東証1部出来高    22.49億株

■東証1部売買代金   2.07兆円

■日経平均先物    19,070(-360)

■TOPIX        1,518.39(-18.41)

■騰落        上昇342/下落1,571

■マザーズ指数    931.44(-7.08)

■日経JQ       2,726.65(-11.01)

■ドル円       116.70

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。前日の米国株安を受けて、朝方は売りが先行。その後は、ドル・円が円高に振れると利益確定の売りに押され下げ幅を広げました。
 後場は、引き続き利益確定売り優勢の展開に。低調な商いの中、円強含み推移もあり先物主導で下げ幅を拡大し、トランプ・ラリーが始まった11月10日以降で最大の下げ幅となる場面も見られました。売り一巡後は、いったん下げ渋ったっものの戻りは鈍く安値圏で軟調に推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、鉄鋼、銀行業。一方、値上がりしたのは、食料品のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は共に反落しました。

■桃太郎
後場は、下げ幅拡大。
明日も調整色が濃くなるか見ていきます。

ドル換算ベースは、164.06ドル -0.61%
3日続落となった。


◆ 桃太郎

2016/12/29(木) 14:15
 
指数は、後場も一時下げ幅拡大。

為替推移は、116円台中盤での推移、115.78円あたりはキーポイント。
いつもより為替予約は、先月プレミアムを付けての先取が入っていたので、今年は少ないでしょう。
指数に対しては、ETF買い資金は潤沢なので、一日の戻りはあるでしょう。

ドル換算ベースは、164.00ドル -0.65%


◆ 14時の概況

2016/12/29(木) 14:01
 
■日経平均      19,158.68(-243.04)

■日経平均先物    19,140(-280)

■TOPIX先物      1,518.50(-23.00)

■騰落        上昇197/下落1,728

■日経JQ       2,727.64(-10.02)

■マザーズ指数    926.64(-11.88)

■ドル円       116.74

■NYダウ夜間先物  +10

■上海総合指数後場の寄り付き 3,111.12 前日比+8.88 +0.29%

■指数大型      現値1,405.23  前日比-17.48

■指数中型      現値1,811.34  前日比-20.93

■指数小型      現値2,737.68  前日比-34.50


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/29(木) 12:31
 
ランチバスケットは13件、148.25億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/12/29(木) 11:47
 
■日経平均      19,210.93(-190.79)

■東証1部出来高    12.34億株

■東証1部売買代金   0.95兆円

■日経平均先物    19,190(-240)

■TOPIX        1,521.23(-15.57)

■騰落        上昇293/下落1,624

■マザーズ指数    927.34(-11.18)

■日経JQ       2,729.62(-8.04)

■ドル円       116.84
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国株安を受けて、朝方は売りが先行。その後は、ドル・円が1ドル=116円台と円高に振れると利益確定の売りに押され下げ幅を拡大。年末で売買取引が減る中、巨額の減損見通しを示した東芝が商いを伴って急落したことも相場の重しとなり、安値圏で軟調に推移して前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、海運業、銀行業。一方、値上がりしたのは、食料品のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は共に反落しました。

■桃太郎
前場は、利益確定の動きもあり下落幅拡大。
後場も調整色が濃くなるか見ていきます。

ドル換算ベースは、164.41ドル -0.39%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.21%

2016/12/29(木) 10:25
 
上海総合指数の現在の気配は-0.21%


◆ 桃太郎

2016/12/29(木) 10:21
 
指数は、利益確定の動きもあり下振れ。

為替推移も指摘してる116.88円付近となって来てます。

ドル換算べー社、164.52ドル -0.34%、3日続落場面。
例年通り個人的には、1月中旬までは調整と思ってます。(下げだすと結構調整幅も出るであろうとイメージはしてます。ドル換算でもXXドルあたりの値幅調整)
相場格言も酉年、今年同様に波乱。


◆ 10時の概況

2016/12/29(木) 10:01
 
■日経平均      19,243.95(-157.77)

■日経平均先物    19,230(-200)

■TOPIX先物      1,524.00(-17.50)

■騰落        上昇276/下落1,620

■日経JQ       2,731.65(-6.01)

■マザーズ指数    925.21(-13.31)

■ドル円       116.98

■NYダウ夜間先物  +8

■指数大型      現値1,409.48  前日比-13.23

■指数中型      現値1,818.95  前日比-13.32

■指数小型      現値2,747.25  前日比-24.93


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/29(木) 09:51
 
おはようございます!

来年は大きな変化が起きそうな株式市場と我々は予想している。
こんな書き方をすると下がるのか?と思うかもしれないが、株価に大きな変化が訪れチャンスが訪れると思っている。

さて来年に向けそろそろ面白そうな銘柄探しとなるが、今年最後に来年以降さらなる飛躍として「自動運転技術」など自動車には欠かせないセンサー!
これにより数年は業績拡大期に入る企業が目立つと思われ、その観点から○○××を今年最後の銘柄。
来年以降非常に興味深く株価的に割安。そして来年株価の大きな上昇を期待を込めて紹介しておきたい。
同社を含めこの技術を扱う会社は数社あるが飛躍するセクターとなるだろう。


~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2016/12/29(木) 08:43
 
日経平均先物の現在の気配は19310前日比120円安のところです。ドル円117.04。NYダウ111ドル安。ちょっと押しました。危険な兆候なのか?それとも日本株にとっては良い押し目をつくるという形となるのか?しっかりと見ていきます。昨日の日銀によるETFの買い付けはありませんでした。本日は買ってくるでしょう。それではよろしくお願い致します。


◆ 2016年を振り返って~株式情報ページ「デイトレの海と風」より

2016/12/29(木) 08:19
 
日経平均、週足

マザーズ指数、週足

■釣り人
上記チャートは今年1年間の日経平均とマザーズ指数の値動きです。
いろんな戦いがありました。
上手くいった解説、そして銘柄。外した解説、失敗した銘柄、ありました。
良かったお話だけするのは恐縮ですが、よろしければご覧になってみてください。
弊社のメンバー、みんな1年間頑張った軌跡です。

まず日経平均に関して12月の上旬から大崩れが発生しました。
5000円幅もの下落です。
それでもその時、それ程損をおかけしたという感じはあまり持ちませんでした。
と言うのも11月の上旬においてイルカの売り線、そして三空の上げに対する警戒、それに沿った解説を行ったと思います。
左で見るチャート紹介で、今年の1月のヒットは、住友不(東1:8830)の警戒、三菱UFJ(東1:8306)の警戒、そして11月10日からのソフトバンクG(東1:9984)の空売りをお伝えしていたことが見て取れます。

---------------------------------------------

ソフトバンクG(東1:9984)日足

---------------------------------------------

そして私が、イルカの買い線が出たというのが1月の後半で、そしてすぐさま戻り売りの売り線が発動しました。
これもチャートを掲載します。
これも2月9日での掲載チャートを添付します。

---------------------------------------------

日経平均先物)日経平均先物(日足)

■なぎさ
イルカのプログラムを知らないで株の売買を入れていくのは
なんだか怖い状況となりましたね。


---------------------------------------------

こんな感じで、東証1部の急落を逃れ、80点の相場解説、できたかと思います。
面白いのは、その後のマザーズ指数です。
マザーズ銘柄が面白くなると書き、弊社の会員ページでは大化け株が続出しました。スタッフの大当たり銘柄、いくつかご覧になってください。
良い株を当てましたよ。

2016年バランス投資顧問の大当たり銘柄


◆ ドル建て 日経225

2016/12/29(木) 08:15
 


おはようございます。

ドル建て3月限 19390 -40 19480 19535 19360
 円建て3月限 19325 -105 19390 19470 19300

NYは、ダウ平均は111.36ドル安の19833.68、ナスダックは48.89ポイント安の5438.56で取引を終了した。原油相場の上昇を好感し、買いが先行。株価動意材料に乏しく利益確定の売りも広がるなか、本日はトランプ大統領が経済政策を発表することもあり、次期政権への期待が一服したことで上げ幅を縮小、下落に転じた。

昨日の日経もしっかりとなり高値持合いとなった。
本日は、若干のドル安となり117円台前半。
持合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、117.05円 163ドルから167ドル

 19079円から19547円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/29(木) 08:05
 
 29日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り550万株、買い610万株で、差し引き60万株の買い越し。買い越しは7営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、電機、繊維、保険、倉庫、建設など。
 買いセクターに、その他製造、化学、電機、通信、小売など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/29(木) 07:59
 
■国内(29日)
12/19-20開催の日銀金融政策決定会合「主な意見」

《決算発表》
アダストリア

■海外(29日)
米7年国債入札

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/29(木) 07:57
 
■NYダウ
 19,833.68 -111.36
■ナスダック
 5,438.56 -48.88
■CME225(円建て)
 19,325 -105(大証比)
■ドイツDAX
 11,474.99 +2.75
■上海総合指数
 3,102.24 -12.42
■ドル円
 117.04

 28日のNY市場は下落。原油相場の上昇を好感し、買いが先行。買い一巡後は、株価動意材料に乏しく幅広い銘柄に利益確定の売りが広がり、下げに転換。また、トランプ次期大統領が経済政策を発表することもあり、次期政権への期待が一服したことも上値を抑えました。
 セクター別では全面安となり、特に半導体・半導体製造装置や自動車・自動車部品の下落が目立ちました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、富士重<7270>、任天堂<7974>、京セラ<6971>など、対東証比較(117.18)で全般冴えない展開となりました。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/29(木) 07:55
 
2016/12/29  7時25分現在

         10年債                      2年債
米国     2.560% (前日比+0.022%)     1.227% (前日比+0.025%)
英国     1.345% (前日比+0.000%)     0.070% (前日比+0.000%)
ドイツ     0.207% (前日比-0.014%)     -0.806% (前日比-0.018%)
ポルトガル 3.814% (前日比+0.064%)     0.252% (前日比+0.015%)
イタリア    1.846% (前日比+0.024%)     -0.163% (前日比+0.003%)
ギリシャ   7.221% (前日比-0.097%)       -
スペイン    1.391% (前日比+0.014%)     -0.254% (前日比+0.014%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/12/28(水) 16:12
 
■日経平均      19,401.72(-1.34)

■東証1部出来高    13.11億株

■東証1部売買代金   1.55兆円

■日経平均先物    19,430(+90)

■TOPIX        1,536.80(+0.58)

■騰落        上昇1,411/下落474

■マザーズ指数    938.52(+11.34)

■日経JQ       2,737.66(+14.18)

■ドル円       117.58
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反落しました。12月配当落ち日ということもあり、朝方は売り先行でスタート。円相場がやや弱含むとプラスに転換し、その後は、前日終値をは挟んでの小動きとなりました。
 後場寄付きは前場終値とほぼ変わらずでスタート。その後は、一時マイナスに転じたものの先物買いをきっかけに再度プラス浮上。買い一巡後は利益確定売りに小幅安に押し戻され、総じて上値の重い展開となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、非鉄金属、鉄鋼、機械でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、繊維製品、食料品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
後場も高値持合いとなり推移。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、165.06ドル -0.20%と連続安となった。


◆ ご案内

2016/12/28(水) 14:49
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 2016年を振り返って~株式情報ページ「デイトレの海と風」より

2016/12/28(水) 14:07
 
日経平均、週足

マザーズ指数、週足

■釣り人
上記チャートは今年1年間の日経平均とマザーズ指数の値動きです。
いろんな戦いがありました。
上手くいった解説、そして銘柄。外した解説、失敗した銘柄、ありました。
良かったお話だけするのは恐縮ですが、よろしければご覧になってみてください。
弊社のメンバー、みんな1年間頑張った軌跡です。

まず日経平均に関して12月の上旬から大崩れが発生しました。
5000円幅もの下落です。
それでもその時、それ程損をおかけしたという感じはあまり持ちませんでした。
と言うのも11月の上旬においてイルカの売り線、そして三空の上げに対する警戒、それに沿った解説を行ったと思います。
左で見るチャート紹介で、今年の1月のヒットは、住友不(東1:8830)の警戒、三菱UFJ(東1:8306)の警戒、そして11月10日からのソフトバンクG(東1:9984)の空売りをお伝えしていたことが見て取れます。

---------------------------------------------

ソフトバンクG(東1:9984)日足

---------------------------------------------

そして私が、イルカの買い線が出たというのが1月の後半で、そしてすぐさま戻り売りの売り線が発動しました。
これもチャートを掲載します。
これも2月9日での掲載チャートを添付します。

---------------------------------------------

日経平均先物)日経平均先物(日足)

■なぎさ
イルカのプログラムを知らないで株の売買を入れていくのは
なんだか怖い状況となりましたね。


---------------------------------------------

こんな感じで、東証1部の急落を逃れ、80点の相場解説、できたかと思います。
面白いのは、その後のマザーズ指数です。
マザーズ銘柄が面白くなると書き、弊社の会員ページでは大化け株が続出しました。スタッフの大当たり銘柄、いくつかご覧になってください。
良い株を当てましたよ。

2016年バランス投資顧問の大当たり銘柄


◆ 14時の概況

2016/12/28(水) 14:01
 
■日経平均      19,437.59(+34.53)

■日経平均先物    19,430(+90)

■TOPIX先物      1,540.00(+7.50)

■騰落        上昇1,426/下落463

■日経JQ       2,737.82(+14.34)

■マザーズ指数    938.92(+11.74)

■ドル円       117.68

■NYダウ夜間先物  +9

■上海総合指数後場の寄り付き 3,106.51 前日比-8.16 -0.26%

■指数大型      現値1,424.90  前日比-0.72

■指数中型      現値1,835.12  前日比+7.66

■指数小型      現値2,772.70  前日比+21.70


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/28(水) 12:34
 
ランチバスケットは14件、117.23億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/28(水) 12:00
 
■日経平均      19,409.34(+6.28)

■東証1部出来高    6.33億株

■東証1部売買代金   0.68兆円

■日経平均先物    19,400(+60)

■TOPIX        1,537.14(+0.92)

■騰落        上昇1,298/下落563

■マザーズ指数    939.22(+12.04)

■日経JQ       2,732.86(+9.38)

■ドル円       117.68
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続伸しました。12月配当落ち日ということもあり、朝方は売り先行でスタートしたものの前日の米国株高が支えとなり、下値は限定的に。円相場がやや弱含むとプラスに転換し、その後は、前日終値をは挟んでの小動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、非鉄金属、鉄鋼、海運業でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、食料品、医薬品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、下値も限定的でうねりのない相場展開が続いてます。
後場も持合いなのか見ていきます。

ドル換算ベースは、164.97ドル -0.26%でした。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.03%

2016/12/28(水) 10:25
 
上海総合指数 3,113.77 前日比 -0.89 -0.03%


◆ 桃太郎

2016/12/28(水) 10:13
 
指数は、9MAを意識した推移。

為替推移は、117円台中盤でのしっかりした展開。

ドル換算ベースは、164.98ドル -0.26%

為替の円安推移には敏感に反応・・・
様子見します


◆ 10時の概況

2016/12/28(水) 10:01
 
■日経平均      19,386.67(-16.39)

■日経平均先物    19,380(+40)

■TOPIX先物      1,535.50(+3.00)

■騰落        上昇1,119/下落689

■日経JQ       2,730.25(+6.77)

■マザーズ指数    935.37(+8.19)

■ドル円       117.60

■NYダウ夜間先物  -4

■指数大型      現値1,422.45  前日比-3.17

■指数中型      現値1,828.95  前日比+1.49

■指数小型      現値2,759.32  前日比+8.32


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/28(水) 09:13
 
おはようございます。

昨晩の米国市場ではNASDAQが史上最高値更新となった。東京市場の日経平均は終値でなかなか調整してこない。ただここ数日は値下がり銘柄数の方が多く我々としては多少調整局面入りしている感覚でいる。
ただここで短期での騰落レシオは過熱感が冷め状態的には良い感じの調整局面だと感じてならない。
そして東京市場も年末高に向けて上昇するのであれば景気敏感株や輸出株となる。ただ昨年は1月の大発会から下落。ならばまた同じような事が起きてしまうかもしれないのでその事を考慮するならば内需株の買いを進めたい!
そこで今朝は来期以降面白いと思われる銘柄で○○××を挙げておきたい。
ここ最近住宅向けが伸長、業績面で増額基調であり、株主に同業他社の○○××もいるが同社も業績好調の観点。またテクニカル、チャート妙味もあり10月の高値264円を再度狙い2012年の高値298円を伺う可能性があると思われ期待している。
それでは皆様!年末高を期待して頑張って下さい。

~以下会員ページ~


◆ 11月の鉱工業生産は前月比1.5%上昇

2016/12/28(水) 09:00
 
経済産業省が28日発表した11月の鉱工業生産指数の速報値は前月比1.5%上昇の99.9だった。上昇は4カ月連続。


◆ 釣り人

2016/12/28(水) 08:45
 
日経平均先物の現在の気配は19400
前日比60円高のところです。
ドル円117.52
気持ち円安に向いています。

NYダウ11ドル高。
ほとんど動きがないという範疇でしょう。
出来高不足は明らかです。
ナスダックは薄商いの中高値更新。
24ポイント高で終わっています。

昨日の午前中早く日経平均はマイナスの場面があったわけですが、日銀のETF買いは行われていません。方向感のない本日の日経平均と考えられます。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/28(水) 08:29
 


おはようございます。

ドル建て3月限 19450 +110 19420 19505 19385
 円建て3月限 19390  +50 19360 19440 19325

NYは、 ダウ平均は11.23ドル高の19945.04、ナスダックは24.75ポイント高の5487.44で取引を終了した。原油相場の上昇を受けて、買いが先行。年末で閑散取引となったものの、10月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数が市場予想を上振れたほか、ハイテク株に買いが広がった。

日経ですが、昨日も小幅持合いでの推移となった。
本日も為替の安定もあり持合いとなるか見ていきます。

想定レンジ、為替、117.51円 163ドルから167ドル

 19154円から19624円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/28(水) 08:28
 
 28日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り610万株、買い330万株で、差し引き280万株の売り越し。売り越しは6営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、小売、保険、倉庫、化学など。
 買いセクターに、建設、その他製造、電機、ガラス、繊維など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/28(水) 08:12
 
■国内(28日)
11月商業動態統計(8:50)
11月鉱工業生産(8:50)

《決算発表》
トライステージ、夢の街、ハローズ、トシンG、宝印刷、天満屋ス

■海外(28日)
米11月中古住宅販売仮契約(12/29 0:00)
米5年国債入札


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/28(水) 08:10
 
■NYダウ
 19,945.04 +11.23
■ナスダック
 5,487.44 +24.75
■CME225(円建て)
 19,390 +50(大証比)
■ドイツDAX
 11,472.24 +22.31
■上海総合指数
 3,114.66 -7.91
■ドル円
 117.52

 27日のNY市場は続伸。原油相場の上昇を受けて、買いが先行。米12月消費者信頼感指数が市場予想を大きく上振れるなど良好な住宅や消費関連の経済指標が好感され幅広い銘柄に買いが広がりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や小売が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や自動車・自動車部品が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>が堅調な一方、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、キヤノン<7751>、任天堂<7974>が冴えないなど、対東証比較(1ドル117.46円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/28(水) 08:03
 
2016/12/28  7時20分現在

         10年債                      2年債
米国     2.560% (前日比+0.022%)     1.227% (前日比+0.025%)
英国     1.345% (前日比+0.000%)     0.070% (前日比+0.000%)
ドイツ     0.207% (前日比-0.014%)     -0.806% (前日比-0.018%)
ポルトガル 3.814% (前日比+0.064%)     0.252% (前日比+0.015%)
イタリア    1.846% (前日比+0.024%)     -0.163% (前日比+0.003%)
ギリシャ   7.221% (前日比-0.097%)       -
スペイン    1.391% (前日比+0.014%)     -0.254% (前日比+0.014%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/12/27(火) 15:23
 
■日経平均      19,403.06(+6.42)

■東証1部出来高    17.49億株

■東証1部売買代金   1.83兆円

■日経平均先物    19,340(+20)

■TOPIX        1,536.22(-1.92)

■騰落        上昇781/下落1,076

■マザーズ指数    927.18(+6.64)

■日経JQ       2,723.48(+6.34)

■ドル円       117.32
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反発しました。欧米主要市場が休場となり、手掛かり材料難のなか、朝方は利益確定売りが先行。円相場が対ドルでやや弱含んだことや前日まで3日続落したこともあって出遅れた国内の機関投資家の押し目買いが入り、プラス圏入りして前場取引を終えました。
 後場寄り付きは買いが先行。買い一巡後は、利益確定売りに押され、再びマイナスに転じる場面も見られました。その後は、今晩米国などの主要市場でクリスマス休暇後初めての取引を控えているとあって、投資家の間では様子見ムードが広がっており、前日終値を挟んでの小動きとなりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、その他金融業、海運業でした。一方、値下がり上位は、不動産業、パルプ・紙、建設業となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
後場も持合いとなりプラス圏での引けとなり下値も限定的であった。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、165.40ドル -0.12%でした。


◆ ご案内

2016/12/27(火) 14:53
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/27(火) 14:01
 
■日経平均      19,404.37(+7.73)

■日経平均先物    19,370(+50)

■TOPIX先物      1,535.00(+1.00)

■騰落        上昇755/下落1,119

■日経JQ       2,720.16(+3.02)

■マザーズ指数    928.06(+7.52)

■ドル円       117.36

■NYダウ夜間先物  -12

■上海総合指数後場の寄り付き 3,122.60 前日比+0.03 +0.00%

■指数大型      現値1,426.17  前日比-1.98

■指数中型      現値1,827.30  前日比-0.97

■指数小型      現値2,751.20  前日比-1.60


◆ 桃太郎

2016/12/27(火) 13:44
 
指数は、9MAを意識した展開が続き高値持合いとなってます。

為替推移は、117円台前半での推移。

ドル換算ベースは、165.33ドル -0.16%と持合い。

NYCFD 19922ドル -11ドル
原油 5313ドル
ドルインデックス 103.09

様子見します


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/27(火) 12:33
 
ランチバスケットは21件、75.5億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/12/27(火) 11:58
 
■日経平均      19,451.87(+55.23)

■東証1部出来高    8.71億株

■東証1部売買代金   0.85兆円

■日経平均先物    19,430(+110)

■TOPIX        1,541.81(+3.67)

■騰落        上昇1,095/下落742

■マザーズ指数    926.56(+6.02)

■日経JQ       2,721.78(+4.64)

■ドル円       117.38
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。欧米主要市場がクリスマスの振り替え休日で休場となり、手掛かり材料難のなか、寄り付きは利益確定売りが先行。円相場が対ドルでやや弱含んだこともあり、先物買いを交えてプラス圏入りした後は前日終値を挟んでのもみ合い商状に。その後は、前日まで3日続落したこともあって出遅れた国内の機関投資家の押し目買いが入り上げ幅を拡大。そのままプラス圏で前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、銀行業、その他金融業、医薬品でした。一方、値下がり上位は、不動産業、空運業、パルプ・紙となりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、切り返す展開となり高値持合いとなった。
後場も持合いなのか見ていきます。

ドル換算ベースは、165.73ドル +0.08%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.17%

2016/12/27(火) 10:26
 
上海総合指数 3,117.39 前日比 -5.18 -0.17%


◆ 10時の概況

2016/12/27(火) 10:01
 
■日経平均      19,419.35(+22.71)

■日経平均先物    19,390(+70)

■TOPIX先物      1,538.00(+4.00)

■騰落        上昇890/下落954

■日経JQ       2,721.64(+4.50)

■マザーズ指数    923.71(+3.17)

■ドル円       117.44

■NYダウ夜間先物  -13

■指数大型      現値1,429.15  前日比+1.00

■指数中型      現値1,831.40  前日比+3.13

■指数小型      現値2,753.65  前日比+0.85


◆ 桃太郎

2016/12/27(火) 09:57
 
指数は、持合い。フライト(3753)やメッタプス(6172)などに見られるように上昇した銘柄に年内換金売りも見られてます。

為替推移は、117円台前半での持合い。

ドル換算ベースは、165.49ドル -0.06%このところは小動き。

様子見します。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/27(火) 09:19
 
おはようございます。

昨日、ベガスからNYに戻ったが明日からはロスへ、年末年始はロスで過ごそうかと考えている。
何故ならNYは寒いからただ単にそれだけ(笑)
さて昨日の東京市場は小動きだったようだ。
マーケット関係者からはここから日経平均は上がるのか?いや、また下がるのではないかとの声も囁かれているようだが。
私の所にも日本で活躍している投資家仲間から数人同じような質問を受けた。
そしてその質問の答えとしては、「多少の調整はあるだろうが、我々的には確率と統計的に来春までは意外と強い展開を予想している」と答えている。
またその理由の1つに肝心な為替であるがこの日米の金利格差を考えると我々の試算によると対ドルは130円付近まではドル高がありそうだ。ただ日銀黒田氏は対ドル125円を付けた時に彼は行き過ぎと答えていたがデフレ脱却にはそれなりの円安が必要なのかもしれない。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2016/12/27(火) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19340
前日比20円高のところです。
ドル円117.15
なんとなくここ4、5日円高推移。その程度の感覚でしょうか?
NYが休みのためほとんど動きがありませんでした。
日経平均は本日も特別な動きというのは見えそうもありません。

それではよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2016/12/27(火) 08:14
 
 27日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り420万株、買い410万株で、差し引き10万株の売り越し。売り越しは5営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、通信、その他製品、保険、倉庫など。
 買いセクターに、商社、機械、情報通信、電機、薬品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/27(火) 08:11
 
■国内(27日)
11月失業率・有効求人倍率(8:30)
11月家計調査(8:30)
11月消費者物価(8:30)
11月住宅着工件数(14:00)
2年国債入札

《決算発表》
高島屋、Jフロント、WNIウェザー、ライトオン、DCM、ナガイレーベ、三益半、平和堂、UCS

■海外(27日)
米10月S&Pコアロジック/ケースシラー住宅価格指数(23:00)
米12月消費者信頼感指数(12/28 0:00)
米11月リッチモンド連銀製造業指数(12/28 0:00)
米11月ダラス連銀製造業活動(12/28 0:30)
米2年国債入札

休場:英、加、香港、豪、NZ、南ア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/27(火) 08:07
 
26日の米国市場はクリスマスの振替祝日で休場

■上海総合指数
 3,122.57 +12.42
■ドル円
 117.24


◆ ドル建て 日経225

2016/12/27(火) 08:06
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19381円

NYは休場。

日経ですが、昨日も買い支えから下値は限定的となった。
本日も持ちあうのか見ていきます。

想定レンジ、為替、117.21円 163ドルから167ドル

 19105円から19574円


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/27(火) 08:01
 
昨日は、休場です。


◆ 大引け概況

2016/12/26(月) 15:25
 
■日経平均      19,396.64(-31.03)

■東証1部出来高    14.41億株

■東証1部売買代金   1.63兆円

■日経平均先物    19,320(-40)

■TOPIX        1,538.14(-5.68)

■騰落        上昇848/下落1,040

■マザーズ指数    920.54(+15.23)

■日経JQ       2,717.14(+14.23)

■ドル円       117.14
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。円強含みが重しとなり、前場は利益確定売り優勢の展開に。ただ、日銀によるETF買い期待や出遅れた国内の投資家の買いが支えとなり下値は限定的となりました。
 後場は、やや下げ渋ってスタート。小安い水準でもみ合った後は、円伸び悩みもあって一時上げに転じる場面も見られました。その後は、年末年始の休暇を控え、新規の手掛かり材料も乏しい中、利益確定売りに抑えられ、再びマイナスに転じて本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、輸送用機器、石油石炭製品、鉱業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、精密機器、医薬品となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
後場も小動きで持合いとなった。
円高傾向でのリンク薄と動き出ず。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、165.60ドル +0.29%でした。


◆ ご案内

2016/12/26(月) 14:03
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/26(月) 14:02
 
■日経平均      19,417.60(-10.07)

■日経平均先物    19,380(+20)

■TOPIX先物      1,537.50(-2.00)

■騰落        上昇907/下落979

■日経JQ       2,717.08(+14.17)

■マザーズ指数    919.77(+14.46)

■ドル円       117.20

■NYダウ夜間先物  -18

■上海総合指数後場の寄り付き 3,086.12 前日比-24.03 -0.77%

■指数大型      現値1,428.92  前日比-7.81

■指数中型      現値1,830.57  前日比+1.64

■指数小型      現値2,755.09  前日比+1.05


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/26(月) 12:33
 
ランチバスケットは16件、592.19億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/12/26(月) 11:43
 
■日経平均      19,410.43(-17.24)

■東証1部出来高    6.90億株

■東証1部売買代金   0.75兆円

■日経平均先物    19,380(+20)

■TOPIX        1,539.36(-4.46)

■騰落        上昇925/下落937

■マザーズ指数    915.29(+9.98)

■日経JQ       2,715.22(+12.31)

■ドル円       117.16

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前週末の米国株は反発したものの、円強含みが重しとなり、朝方は利益確定売りが先行。その後は、年末年始の休暇を控えてポジション整理の売りが出ている一方、日銀によるETF買い期待や出遅れた国内の投資家の買いが支えとなり下値は限定的となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、輸送用機器、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、その他製品、精密機器、サービス業となりました。

 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は、小幅推移となり動きが出ませんでした。
後場も持合いかと思います。

ドル換算ベースは、165.71ドル +0.36%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.47%

2016/12/26(月) 10:26
 
上海総合指数 3,095.58 前日比 -14.57 -0.47%


◆ 10時の概況

2016/12/26(月) 10:01
 
■日経平均      19,391.14(-36.53)

■日経平均先物    19,360(±0)

■TOPIX先物      1,537.50(-2.00)

■騰落        上昇884/下落978

■日経JQ       2,713.05(+10.14)

■マザーズ指数    910.25(+4.94)

■ドル円       117.10

■NYダウ夜間先物  -18

■指数大型      現値1,428.92  前日比-7.81

■指数中型      現値1,829.83  前日比+0.90

■指数小型      現値2,756.67  前日比+2.63


◆ 桃太郎

2016/12/26(月) 09:59
 
指数は、寄り後も小動きでの持合い。

為替推移は、117円台前半での推移。

ドル換算ベースは、165.44ドル +0.20%と持合いが続いている。

円高に振れてきてますが、やはり下値も限定的と・・・

様子見します


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/26(月) 08:59
 
おはようございます!

2016年も残り僅か。私はこれからNYに戻り明日の仕事に備える。
さてマーケットは世界的に落ち着きを取り戻したのは良いがこれからどうなるのか?と最近良く聞かれることが多くなった。
日本株にとって1番のキーは為替!
米国の利上げと日本の金利操作によりこのままならば必然的にゆっくり円安方向に向かうことはありえる。ただトランプ大統領は大統領選の演説で数々の日本をパッシングしてきた!
我々的には様々な発言はある意味パフォーマンスだと思っているが、具体的に彼がこれから権力を発生するのは来年秋頃。それまではある意味オバマ政権下の終演でありこの相場は来年の秋くらいまでは堅調に推移するのではないかと思われる。ただ相場は生き物であり確率と統計的には来年の春までは強気姿勢でと我々は思っている。
お陰様で我々の今年の日本株の買い付けポジションは日経平均16500~16800円付近に集中しており高い買値はほぼなくなっているのが現状だ。
その他、ロングで保有している銘柄もあるがこれは万が一ここからの投資で失敗した際の損失分の穴埋めに使う(笑)
そうならないことが1番嬉しいが。
そして、ここからいかに立ち回るかはまた皆様にお伝えできればと思っている。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2016/12/26(月) 08:41
 
日経平均先物の現在の気配は19350
前日比10円安のところです。
ドル円117.33
先週末とほとんど動きはありません。

NYダウに関しては先日伝えたとおりですが、横の動きに変化しております。ナスダックも同様。

本日の日経平均先物は先週の木曜日からの3日続落となるのかどうか?それとも切り返すのか?このあたりを見ていくことになります。
そして個別株は、大型株が動かず、中小型株が動く地合いになるのか?このあたりも興味深いところであります。

それでは今年最後の1週間です。どうぞよろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2016/12/26(月) 08:28
 
 26日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り700万株、買い580万株で、差し引き120万株の売り越し。売り越しは4営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、自動車、倉庫、保険、小売、情報通信、電機、通信など。
 買いセクターに、商社、不動産、小売、薬品、機械、電機、化学など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/26(月) 08:24
 


おはようございます。

ドル建て3月限 19460 +100 19440 19500 19410
 円建て3月限 19400 +40 19385 19440 19350

朝の為替状況も変動幅なく、凪状態。
今晩は、米国休場もあり高値持合いとなりそうである。

想定レンジ、為替、117.28円 163ドルから167ドル

 19116円から19585円


◆ 今週の予定

2016/12/26(月) 08:24
 
■26(月)
【国内】
黒田日銀総裁が講演
11月企業向けサービス価格指数(8:50)
10/31・11/1開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
安倍首相はオバマ大統領と共に米ハワイ真珠湾を訪問(~12/27)

《決算発表》
しまむら、象印、ストライク、ヒマラヤ、ハイデ日高、オークワ、タキヒヨー

【海外】
欧米アジア各国クリスマスの振替休場


■27(火)
【国内】
11月失業率・有効求人倍率(8:30)
11月家計調査(8:30)
11月消費者物価(8:30)
11月住宅着工件数(14:00)
2年国債入札

《決算発表》
高島屋、Jフロント、WNIウェザー、ライトオン、DCM、ナガイレーベ、三益半、平和堂、UCS

【海外】
米10月S&Pコアロジック/ケースシラー住宅価格指数(23:00)
米12月消費者信頼感指数(12/28 0:00)
米11月リッチモンド連銀製造業指数(12/28 0:00)
米11月ダラス連銀製造業活動(12/28 0:30)
米2年国債入札

休場:英、加、香港、豪、NZ、南ア


■28(水)
【国内】
11月商業動態統計(8:50)
11月鉱工業生産(8:50)

《決算発表》
トライステージ、夢の街、ハローズ、トシンG、宝印刷、天満屋ス

【海外】
米11月中古住宅販売仮契約(12/29 0:00)
米5年国債入札


■29(木)
【国内】
12/19-20開催の日銀金融政策決定会合「主な意見」

《決算発表》
アダストリア

【海外】
米7年国債入札


■30(金)
【国内】
大納会

【海外】
米12月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)

休場:フィリピン、韓国

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/26(月) 08:20
 
■NYダウ
 19,933.81 +14.93
■ナスダック
 5,462.69 +15.27
■CME225(円建て)
 19,400 +40(大証比)
■ドイツDAX
 11,449.93 -6.17
■上海総合指数
 3,110.15 -29.41
■ドル円
 117.25

 23日のNY市場は上昇。米11月新築住宅販売件数が市場予想を上回り、ほぼ9年ぶりの高い伸びとなったほかミシガン大学消費者景況感指数が予想を上振れたものの反応は限定的。クリスマス休暇を控えた薄商いのなか、ポジション調整の売買も散見され、上値の重い展開となりました。
 セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやヘルスケア機器・サービスが上昇する一方で小売や耐久消費財・アパレルが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、富士重<7270>、任天堂<7974>が冴えない一方、トヨタ<7203>、三井住友<8316>、東京海上HD<8766>、花王<4452>が小じっかりなど、対東証比較(1ドル117.33円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/26(月) 07:47
 
2016/12/26  7時12分現在

         10年債                      2年債
米国     2.537% (前日比-0.014%)     1.202% (前日比+0.009%)
英国     1.345% (前日比-0.027%)     0.070% (前日比-0.004%)
ドイツ     0.221% (前日比-0.039%)     -0.787% (前日比-0.010%)
ポルトガル 3.750% (前日比-0.053%)     0.237% (前日比+0.006%)
イタリア    1.822% (前日比-0.030%)     -0.166% (前日比-0.016%)
ギリシャ   7.318% (前日比+0.013%)       -
スペイン    1.377% (前日比-0.024%)     -0.268% (前日比-0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 週間展望 釣り人

2016/12/24(土) 18:26
 
今年最後の週間展望となります。
週末のNYダウは14ドル高 為替117.30 CME19400+40
今年も残すところ今週いっぱいです。なんとか日経平均の行へそして個別株と当てたいところです。まず日経平均ですが、為替の円安の動きが止まりつつあります。米国長期金利は1.8%から2.5%に上昇そして日本の長期金利はマイナス金利からプラス圏に転じています。日銀黒田総裁は「海外金利が上がったとしても国内長期金利も上昇していいとは考えていない。」とのことつまり今の米国金利から考えると117円台が落ち着くところであろう・・との為替推移となっていると思われます。仮に為替がしばらく落ち着くとなると日経平均自体も動きが小さくなる可能性が出てきます。円高になればドル建てチャートは上昇するわけですから海外勢の利益確定が出やすくなります。(朝一番の桃のドル建てチャート参照)ドル建てチャートを見たらあまり上がっていない・・日経平均は上がっているのに・・と感じることができるでしょう~
 話は飛びますが国の2017年度の予算案が決まりました。過去最大の97兆円です。子育て・介護・羽田空港・整備新幹線・環状道路・防衛・原子力・人工知能・ロボット・年金 などの文字が並びます。お金が足りない・・・さてどうしようか?という状況が誰が見ても見えます。だれかが「株を上げるしかないだろう~」と頭に描いてもおかしくありません。実際そのような政策の下で日銀・年金基金は動いていますね。
さてそうは言ってもNYダウの下駄を外されるような下げが訪れそうで・・あまりに高くなっているから・・これまた心情でしょう。去年の年末から日経平均は大崩れへと動きました。日経平均は4000円近く下がりましたがその時株で損しました?勿論厳しい下げだと感じた方はいたでしょうがマザーズ銘柄など中小の個別株が2月に入るとぐんぐんと上昇し始め5月の連休辺りまで大化け株が続出したのではないでしょうか?私の運用成績も株においては最もダイナミックな面白い春でした!これが再現されるのではなかろうかと考えています。つまり日経はそんなに上がらないとしても大型株から中小型株への資金シフトが始まるということです。大型株に入っていた資金は巨大です。その1部が入ったとしても中小型株へのインパクトはすごく大きいでしょう。そんな観点から資金ポジションの割合を考えながら攻めていきます。話を戻してNYはどうなのか?日経平均はまだ上がるのか?これに関してはなにせ相手が「トランプ」と名の付く新大統領です。キングが出るのか?ハートなのか?ジョーカーというカードが出るのか?今は手探りこれは米国本土においてもそうでしょうトランプ氏は金融の専門家を大事な部署に配置しています。どんな将来を意図してくるのか?しっかり見ていきましょう~

今日はここまでです。ザラバ色々解説入れていきます。どうぞご覧ください。
※先物のページでは株の解説はありません。「デイトレの海と風」よろしくです。


◆ 新春キャンペーン!!残り3日!!

2016/12/22(木) 16:18
 
新春キャンペーン!!残り3日!!下の画像をクリック!!

バランス投資顧問からのご案内



◆ 大引け概況

2016/12/22(木) 15:46
 
■日経平均      19,427.67(-16.82)

■東証1部出来高    18.71億株

■東証1部売買代金   2.15兆円

■日経平均先物    19,360(-70)

■TOPIX        1,543.82(-1.12)

■騰落        上昇852/下落990

■マザーズ指数    905.31(-13.20)

■日経JQ       2,702.91(-3.75)

■ドル円       117.74
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続落しました。前日の欧米株安を受け、朝方は売りが先行。売り一巡後は、日銀のETF買い期待もあり19400円近辺まで値を戻しました。
 後場は、昼休みの時間帯に先物が弱含んだ流れを受け、寄り付きから売りが先行。3連休を控え持ち高調整の売りが出やすく19300円台でこう着状態に。ただ、国内投資家を中心に押し目買いも入っており引けにかけて下げ幅を縮小して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、値下がり上位は、その他製品、保険業、精密機器。一方、値上がり上位は、金属製品、鉱業、繊維製品となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続落しました。

■桃太郎
後場は、引けにかけて戻しを入れる相場が続いてます。
来週も高値持合いとなるか見ていきます。

ドル換算ベースは、165.12ドル -0.09%でした。


◆ ご案内

2016/12/22(木) 14:50
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 桃太郎

2016/12/22(木) 14:04
 
指数は、持合いでの推移。小幅で動きが出ない。

為替推移は、117円台中盤での推移。

ドル換算ベースは、164.84ドル -0.26%

NYCFD -29ドル
原油 52.63ドルなぎ。
ドルインデックス 102.98


◆ 14時の概況

2016/12/22(木) 14:01
 
■日経平均      19,384.69(-59.80)

■日経平均先物    19,340(-90)

■TOPIX先物      1,539.50(-4.50)

■騰落        上昇704/下落1,145

■日経JQ       2,702.25(-4.41)

■マザーズ指数    904.15(-14.36)

■ドル円       117.60

■NYダウ夜間先物  -27

■上海総合指数後場の寄り付き 3,132.14 前日比-5.29 -0.17%

■指数大型      現値1,433.88  前日比-4.46

■指数中型      現値1,825.69  前日比-3.26

■指数小型      現値2,750.61  前日比-5.09


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/22(木) 12:38
 
ランチバスケットは31件、628.72億円。
差引き50億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/22(木) 11:56
 
■日経平均      19,413.44(-31.05)

■東証1部出来高    9.33億株

■東証1部売買代金   1兆円

■日経平均先物    19,370(-60)

■TOPIX        1,541.80(-3.14)

■騰落        上昇705/下落1,156

■マザーズ指数    907.33(-11.18)

■日経JQ       2,703.84(-2.82)

■ドル円       117.64
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続落しました。前日の欧米株安を受け、朝方は売りが先行。3連休を控え持ち高調整の売りも出て一時下げ幅は100円を超える場面も見られました。売り一巡後は、日銀のETF買い期待もあり19400円近辺まで値を戻して前場取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、銀行業、精密機器でした。一方、値上がり上位は、鉱業、繊維製品、ガラス土石製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続落しました。

■桃太郎
前場は、下落する場面もありましたが引けにかけては下げ幅縮小と高値持合いが続いてます。
後場も買い戻されるのか見ていきます。

ドル換算ベースは、165.03ドル -0.14%と小幅推移


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.17%

2016/12/22(木) 10:28
 
上海総合指数 3,132.16 前日比 -5.27 -0.17%


◆ 桃太郎

2016/12/22(木) 10:04
 
指数は、先物9MAを意識した展開。割れてもすぐ戻るイメージで、下支えもあるかもしれません。

為替推移は、117円台中盤での持合い。昨晩も117円割り込むかと思いましたがリバンド。

ドル換算ベースは、164.84ドル -0.25%とボックス内。しっかり。


◆ 10時の概況

2016/12/22(木) 10:02
 
■日経平均      19,385.60(-58.89)

■日経平均先物    19,350(-80)

■TOPIX先物      1,538.50(-5.50)

■騰落        上昇527/下落1,349

■日経JQ       2,702.57(-4.09)

■マザーズ指数    906.74(-11.77)

■ドル円       117.60

■NYダウ夜間先物  -10

■指数大型      現値1,433.08  前日比-5.26

■指数中型      現値1,824.85  前日比-4.10

■指数小型      現値2,743.71  前日比-11.99


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/22(木) 09:13
 
おはようございます。

クリスマス目前となり皆様はどのようにお過ごしですか?
私は今日から10年ぶり位になるかなぁ?ハッキリ覚えてはいないが。
これからラスベガスに何故か移住した友人宅に遊びに行ってこようかなと思っている。友人宅はラスベガスのダウンタウン近郊に住み、そこから車でグランドキャニオンやエンターテイメントではシルクドソレイユを観たりしてこようかなと思っている。
さて、今年も来週を残すだけとなった。
日本は三連休前とあり様子見ムードとなりそうであるが、最近の東京市場は下がりそうで下がらない。
我々が皆様にお伝えしたように押し目を待っている投資家が沢山いる現実!
されどこう下がらないと高所恐怖症のようなもので下がったらどうすると思い悩む現実。
ともかくまだ営業日は来週もある。
来週また頑張りましょう!


~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2016/12/22(木) 08:44
 
日経平均先物の現在の気配は19400。前日比30円安のところです。ドル円117.54。今週は瞬間大きな安値を付けたところがありましたが、その後は膠着となっております。週足でも円安に対する一服感がでそうな雰囲気です。最も為替は明日も取引ありますので、その辺りは分かりませんが・・・。NYダウ32ドル安、二日続伸の後のちょい安であります。こちらも今週においては比較的、静かな動きです。昨日の後場もししっかりで終わっていればイルカの売り線がでてたわけですが、そうではなくその手前で反落。いつもながらの動きです。海外投資家や日銀そしてETFと大きなクジラがバタバタと動く東京市場。いつものチャートとは違う値動きが発生し、やりずらいところではありますがそれらの動きを組み立て予想し、年末まで頑張り、そして来年を考えていくことになります。それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ NY債券・21日=反発だが値動きは乏しい

2016/12/22(木) 08:42
 
◆10年債利回り:2.535% -0.023
◆Tボンド先物:148-30  +17/32
◆10年Tノート先物:132-23 +12/32

 米長期債は反発(利回り低下)。米長期債利回りは2.535%まで低下した。米週間石油在庫統計を手がかりに原油に売りが入ったことから、物価上昇率の加速見通しが後退し米長期債利回りはやや下げたが、クリスマス休暇に入る市場参加者が多く値動きは限られた。11月の米中古住宅販売件数は2007年以来の高水準だったが、反応は乏しかった。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/22(木) 08:21
 


おはようございます。

ドル建て3月限 19470 +40 19610 19615 19395
 円建て3月限 19410  -20  19555 19555 19335

NYは、 ダウ平均は32.66ドル安の19941.96、ナスダックは12.51ポイント安の5471.43で取引を終了した。欧州株がほぼ全面安となったことで寄付き後から下落した。医薬品・バイオセクターに売りが広がったほか、相場動意材料にも乏しく終日軟調推移となったが、次期政権への政策期待から下値は限られた。

日経ですが、昨日は利益確定の動きもあり下落場面もあったが引けにかけては戻す展開。本日も為替推移は安定してるので買い支えから高値持合いか見ていきます。

想定レンジ、為替、117.52円 163ドルから167ドル

 19155円から19625円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/22(木) 08:06
 
 22日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1170万株、買い740万株で、差し引き430万株の売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、機械、その他製品、自動車、倉庫、保険など。
 買いセクターに、その他製品、通信、電機、小売、薬品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/22(木) 08:04
 
■国内(22日)
《決算発表》
ニトリHD、あさひ

■海外(22日)
米7-9月期GDP確報値(22:30)
米11月シカゴ連銀全米活動指数(22:30)
米10月FHFA住宅価格指数(23:00)
米11月CB景気先行総合指数(12/23 0:00)
米5年インフレ連動国債入札

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/22(木) 08:02
 
■NYダウ
 19,941.96 -32.66
■ナスダック
 5,471.43 -12.51
■CME225(円建て)
 19,410 -20(大証比)
■ドイツDAX
 11,468.64 +3.90
■上海総合指数
 3,137.43 +34.55
■ドル円
 117.48

 21日のNY市場は下落。欧州株がほぼ全面安となったことで寄付き直後から下落。特段の買い材料に欠けたとの見方があり、持ち高をひとまず調整する目的の売りが優勢となりました。一方、トランプ次期米政権の経済政策への期待感や、足元の景気に対する明るい見方などから下値は限定的となりました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや食品・飲料・タバコが上昇する一方で不動産や医薬品・バイオテクノロジーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、富士重<7270>、任天堂<7974>が冴えない。半面、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、ソニー<6758>、花王<4452>がしっかりなど、対東証比較(1ドル117.55円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 大引け概況

2016/12/21(水) 15:21
 
■日経平均      19,444.49(-50.04)

■東証1部出来高    21.02億株

■東証1部売買代金   2.41兆円

■日経平均先物    19,430(-70)

■TOPIX        1,544.94(-7.42)

■騰落        上昇471/下落1,417

■マザーズ指数    918.51(-9.76)

■日経JQ       2,706.66(-5.78)

■ドル円       117.64
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反落しました。前日の欧米株高を受け朝方は買いが先行。買い一巡後は、年末に向けたポジション整理の動きもあり、19500円台でこう着感の強い展開となりました。
 後場は、上げ幅をやや縮小してスタート。その後いったん持ち直したものの年末を控えた国内機関投資家の利益確定売りに押され、マイナス転換。その後も先物主導で下げ幅を拡大し、一時19400円を割り込む場面も見られました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、精密機器、その他製品、電気・ガス業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、パルプ・紙、卸売業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反落しました。
 
■桃太郎
後場は、前場今年高値を付け、利益先行となりマイナスで引けた。
明日は、また、買い支えから高値持合いとなるのか見ていきます。

ドル換算ベースは、165.26ドル -0.23%とボックス内である。


◆ ご案内

2016/12/21(水) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/21(水) 14:01
 
■日経平均      19,410.53(-84.00)

■日経平均先物    19,380(-120)

■TOPIX先物      1,541.50(-12.00)

■騰落        上昇397/下落1,509

■日経JQ       2,708.54(-3.90)

■マザーズ指数    919.45(-8.82)

■ドル円       117.50

■NYダウ夜間先物  -13

■上海総合指数後場の寄り付き 3,135.00 前日比+32.12 +1.04%

■指数大型      現値1,437.16  前日比-6.40

■指数中型      現値1,827.35  前日比-13.49

■指数小型      現値2,752.72  前日比-20.79


◆ 桃太郎

2016/12/21(水) 13:40
 
指数は、今年高値を付け、後場は調整気味での推移。

為替推移は、117円台中盤での持合い。

ドル換算ベースは、165.67ドル +0.01%と小幅推移。

全体的には、休憩してもとイメージはしてます。
かれこれ、コメントしてから1カ月経ちますが、しっかりな相場は続いてます。
トランプさんとなって、不透明感あると思いますが、・・・
米国期末の動きもあるのでしょう・・・


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/21(水) 12:44
 
ランチバスケットは28件、575.56億円。
差引き190億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/21(水) 11:45
 
■日経平均      19,522.80(+28.27)

■東証1部出来高    10.09億株

■東証1部売買代金   1.09兆円

■日経平均先物    19,490(-10)

■TOPIX        1,552.35(-0.01)

■騰落        上昇673/下落1,163

■マザーズ指数    926.57(-1.70)

■日経JQ       2,714.98(+2.54)

■ドル円       117.64
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続伸しました。前日の欧米株高を受け買いが先行。ジリジリと上げ幅を広げ一時19600円に迫る場面も見られました。その後は、利益確定売りや年末に向けたポジション整理の動きもあり、19500円台でこう着感の強い展開となりました。
 
 業種別では、値下がり上位は、精密機器、その他製品、空運業。一方、値上がり上位は、輸送用機器、卸売業、保険業となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は共に反落しました。

■桃太郎
前場は、寄り後、小幅推移となった。
為替推移も117円台後半での推移。
後場も高値持合いと維持できるか見ていきます。

ドル換算ベースは、165.96ドル +0.19%続伸となった。


◆ 桃太郎

2016/12/21(水) 10:31
 
指数は、寄り後は小幅推移。しっかりはしてます。

為替推移は、117円台後半での持合い。

ドル換算ベースは、165.95ドル +0.18%ボックス内の動き。

動き出ず。様子見します


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.14%

2016/12/21(水) 10:26
 
上海総合指数 3,107.24 前日比 +4.36 +0.14%


◆ 10時の概況

2016/12/21(水) 10:01
 
■日経平均      19,569.77(+75.24)

■日経平均先物    19,530(+30)

■TOPIX先物      1,553.00(-0.50)

■騰落        上昇836/下落976

■日経JQ       2,716.34(+3.90)

■マザーズ指数    930.78(+2.51)

■ドル円       117.94

■NYダウ夜間先物  -8

■指数大型      現値1,447.27  前日比+3.71

■指数中型      現値1,842.36  前日比+1.52

■指数小型      現値2,774.94  前日比+1.43


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/21(水) 08:58
 
おはようございます。

世界的に株高となっている2016年!
NYダウは20000ドルに迫った!まぁある意味20000ドル到達したと思っても良いだろう。
そして東京市場も負けじと日経平均は19500円となり急回復したマーケットで皆様も難しかっただろうと思うがマーケット環境は良好と現実を受け止めることも重要だろう。
さて我が社もクリスマス休暇であるが、意外と社員達は休日返上で出社してきており休日を取るのはいつでも出来ると米国市場の上昇にて戦っているようだ(笑)
さて、ここからのマーケットであるが来期の業績を見ていくことも大事になってきそうで東京市場で来期増益期待のある銘柄物色が大切となりそうだ。
そこで我が社若手のホープに来期増益期待で面白いのはあるか?と聞くと米国でも名前を聞いたことある人工関節など整形外科器具を輸入している○○××辺りはここからさらなる飛躍がありそうで株価も1000円は超えるのではないかと。
売上、営業、経常益が伸びておりある意味成長企業として面白そうだと語っていた。まだまだ沢山の来期増益期待銘柄はあるようで少しずつ紹介したい。

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2016/12/21(水) 08:42
 
日経平均先物の現在の気配は19520。前日比20円高のところです。この寄付きに対して、特別お伝えすることはありません。ドル円117.82、前日の終値と変わりません。NYダウ91ドル高で新高値、下ではなかろうかと思っておりましたが、上昇となっております。本日の日経新聞で日銀のETFとは違い、年金のGPIFの投資動向に対して書かれています。GPIFは個人投資家と同じような動きと行い、高くなってくれば持ち株を外し、安くなってくれば買い増しに動く。というのが通常だった訳ですが、先週を見るにあたって、どうやら上値を順張りで買っているという内容です。これはGPIFの剰余金が発生しているとのこと。その金額は計画を上回る資金流入のため、買わざるえないという状況になっているということです。騰落レシオなどから見ても、いくらなんでもという投資家は売りに回り、辛い状況が続いています。このことは、売って損している投資家だけでなく売却した後もじりじりと上昇する株価に対して、困ったなという状況も当然同じであります。さて、そのような中でどういう投資行動が良いのか本日も考えていくこととなります。


◆ 外資系の注文動向

2016/12/21(水) 08:24
 
 21日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り630万株、買い490万株で、差し引き140万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、銀行、倉庫、保険、紙パ、電気機器、機械、サービスなど。
 買いセクターに、サービス、電機機器、情報通信、機械、輸送用機器、その製品、小売など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/21(水) 08:18
 


おはようござます。

ドル建て3月限 19595 +95 19435 19680 19390
 円建て3月限 19540 +40 19360 19615 19325

NYは、ダウ平均は91.56ドル高の19974.62、ナスダックは26.50ポイント高の5483.94で取引を終了した。企業買収などが好感され、欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。経済指標の発表が無いなか、次期政権への政策期待から金融株が選好され、終日堅調推移となった。原油相場も上昇し、好感された。ダウ平均は2万ドルの大台まで約25ドルに迫った。

日経ですが、昨日は決定会合後、為替の下支えもあり続伸して高値で引けた。
本日も為替推移の安定やリスクオンから買われていくのか見ていきますが、短期上昇から一服感も欲しいところとは思う。

想定レンジ、為替、117.83円 163ドルから167ドル

 19206円から19677円


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/21(水) 08:11
 
2016/12/21  8時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.559% (前日比+0.020%)     1.216% (前日比-0.006%)
英国     1.407% (前日比+0.008%)     0.077% (前日比-0.015%)
ドイツ     0.269% (前日比+0.022%)     -0.784% (前日比+0.018%)
ポルトガル 3.744% (前日比-0.014%)     0.239% (前日比-0.004%)
イタリア    1.839% (前日比+0.020%)     -0.139% (前日比-0.004%)
ギリシャ   7.304% (前日比+0.108%)       -
スペイン    1.337% (前日比-0.026%)     -0.258% (前日比-0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 本日の予定

2016/12/21(水) 08:01
 
■国内(21日)
12月月例経済報告
10月全産業活動指数(13:30)
11月訪日外客数(16:00)

《決算発表》
日ヘルスケア

■海外(21日)
米11月中古住宅販売件数(12/22 0:00)

《米決算発表》
ベッド・バス・アンド・ビヨンド、レッド・ハット、アクセンチュア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/21(水) 08:00
 
■NYダウ
 19,974.62 +91.56
■ナスダック
 5,483.94 +26.50
■CME225(円建て)
 19,540 +40(大証比)
■ドイツDAX
 11,464.74 +38.04
■上海総合指数
 3,102.88 -15.20
■ドル円
 117.86

 20日のNY市場は上昇。イタリアなど欧州株式市場で金融株を中心に買いが入りほぼ全面高となったことを受けて、米国株にも買いが先行。金融株に加え、これまで出遅れていた銘柄にも買いが入り終日堅調推移となりました。
 セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で食品・飲料・タバコやエネルギーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、任天堂<7974>が上昇。半面、みずほFG<8411>、花王<4452>、日鉄住金<5401>、ルネサス<6723>が冴えないなど、対東証比較(1ドル117.86円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 大引け概況

2016/12/20(火) 15:31
 
■日経平均      19,494.53(+102.93)

■東証1部出来高    19.29億株

■東証1部売買代金   2.33兆円

■日経平均先物    19,500(+130)

■TOPIX        1,552.36(+3.30)

■騰落        上昇1,230/下落626

■マザーズ指数    928.27(+8.26)

■日経JQ       2,712.44(+10.49)

■ドル円       117.80
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。トルコでロシア大使が銃殺されるなど地政学的リスクが意識されるとともに円強含みが重しとなり、朝方は利益確定売りが先行。その後は、売買が交錯し、前日終値近辺でもみ合う展開となりました。
 後場は、日銀金融政策決定会合の結果発表で現状維持だったということを受け、買いが先行。その後は、利益確定売りに押し戻される場面もありましたが、根強い買いに支えられ、ジリジリと上げ幅を拡大。そのまま高値圏で堅調に推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、陸運業、水産・農林業、不動産業でした。一方、値下がり上位は、鉱業、保険業、銀行業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。

■桃太郎
後場は、決定会合後、為替の円安となり高値付近となった。
明日も出尽くし感なく上昇するのか見ていきます。

ドル換算ベースは、165.65ドル +0.11%続伸となった。


◆ ご案内

2016/12/20(火) 14:36
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 桃太郎

2016/12/20(火) 14:12
 
指数は、決定会合後、出尽くし感もなく為替分続伸となっている。

為替推移も117円台中盤での持合い。

ドル換算ベースは、165.83ドル +0.22%

NYCFD 19901ドル +18ドル
原油 52.95ドル 持合い。
ドルインデックス 103.25 しっかり。


◆ 14時の概況

2016/12/20(火) 14:01
 
■日経平均      19,504.16(+112.56)

■日経平均先物    19,460(+90)

■TOPIX先物      1,550.50(+2.50)

■騰落        上昇1,182/下落692

■日経JQ       2,711.21(+9.26)

■マザーズ指数    928.65(+8.64)

■ドル円       117.56

■NYダウ夜間先物  +18

■上海総合指数後場の寄り付き 3,103.29 前日比-14.80 -0.47%

■指数大型      現値1,444.12  前日比+2.68

■指数中型      現値1,841.75  前日比+5.32

■指数小型      現値2,772.45  前日比+13.47


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/20(火) 12:33
 
ランチバスケットは25件、488.30億円。
差引き20億円の売り越しとの観測。


◆ 日銀、現状維持

2016/12/20(火) 12:10
 
日銀、現状維持
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k161220a.pdf



◆ 前引け概況

2016/12/20(火) 11:48
 
■日経平均      19,386.37(-5.23)

■東証1部出来高    8.60億株

■東証1部売買代金   0.99兆円

■日経平均先物    19,370(±0)

■TOPIX        1,545.84(-3.22)

■騰落        上昇899/下落954

■マザーズ指数    922.13(+2.12)

■日経JQ       2,706.58(+4.63)

■ドル円       117.20
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続落しました。トルコでロシア大使が銃撃されて死亡するなど地政学的リスクが意識されるとともに円強含みが重しとなり、朝方は利益確定売りが先行。売り一巡後は、米国株高が支えとなり、根強い買いに上げへ転換。その後は、売買が交錯し、前日終値近辺でもみ合う展開となりました。 
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、証券商品先物、保険業でした。一方、値上がり上位は、陸運業、水産・農林業、不動産業となりました。
 
 TOPIXも続落、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は、決定会合前で動き出ず。
高値持合いが続いている。
決定会合後の動きを見ていきます。

ドル換算ベースは、165.43ドル -0.02%でした。


◆ 日銀発表時間について

2016/12/20(火) 11:26
 
■なぎさ
参考までにこれまでの日銀発表時間を掲載いたします。

------------------------------------------------------------
決定事項と結果発表の時間(市場に伝わった時間)

【2016年】
11月 1日 現状維持(7対2)、11時55分(経済・物価情勢の展望レポート)
9月21日 長短金利操作付き量的・質的金融緩和を導入(7対2、項目によってばらつき有)、13時18分
7月29日 ETF買入枠の拡大(7対2)、12時44分(経済・物価情勢の展望レポート)
6月16日 現状維持(8対1、項目によって7対2)、11時45分
4月28日 現状維持(8対1、項目によって7対2)、12時01分(経済・物価情勢の展望レポート)
3月15日 現状維持(8対1、項目によって7対2)、12時35分
1月29日 マイナス金利導入(5対4)、12時38分(経済・物価情勢の展望レポート)


【2015年】
12月18日 現状の金融政策に対する保管措置を発表(新たなETF買入れは6対3)、12時50分
11月19日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時17分
10月30日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時22分(経済・物価情勢の展望レポート)
10月 7日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時00分
9月15日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時07分
8月 7日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時18分
7月15日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時18分
6月19日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時04分
5月22日 現状維持(木内委員のみ反対)、11時49分
4月30日 現状維持(木内委員のみ反対)、13時04分(経済・物価情勢の展望レポート)
4月 8日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時36分
3月17日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時04分
2月18日 現状維持(木内委員のみ反対)、11時49分
1月21日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時29分


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.07%

2016/12/20(火) 10:26
 
上海総合指数 3,115.90 前日比 -2.18 -0.07%


◆ 10時の概況

2016/12/20(火) 10:01
 
■日経平均      19,395.02(+3.42)

■日経平均先物    19,360(-10)

■TOPIX先物      1,545.50(-2.50)

■騰落        上昇781/下落1,055

■日経JQ       2,705.16(+3.21)

■マザーズ指数    920.31(+0.30)

■ドル円       117.26

■NYダウ夜間先物  +15

■指数大型      現値1,439.55  前日比-1.89

■指数中型      現値1,833.45  前日比-2.98

■指数小型      現値2,757.87  前日比-1.11


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/20(火) 09:20
 
おはようございます。

昨日の東京市場は10連騰とはならなかったがここまで上昇してきた割には、日経平均は9円安(笑)
我々としては正直笑ってしまった。
あれだけ軟弱だった東京市場もやれば出来るイメージ。
さて今年のマーケットもカウントダウンとなり東京市場には外国人投資家もここはクリスマス休暇。
ならばここは個別銘柄物色となりそうであるがどんな展開となるか非常に興味深い。
そこで今朝、テクニカル面からと材料株的な銘柄で割り切り投資となるがひょつとしたらさらなる飛躍がありそうな銘柄の1つとして、××××。今年の4月に180円で皆様に紹介後株価は一時急騰し1320円まで上昇し200円台まで下落したが現状は670円と高値の半値の位置。
ここからの押し目場面は年末、年始ラリーがあればもう一度高値を見に行く展開がありそうな場面があるのかもしれなく次に700円を超える相場が始まれば確率と統計的に面白い場面がありそうな予感がする。


~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2016/12/20(火) 08:39
 
 20日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り770万株、買い660万株で、差し引き110万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、通信、機械、建設、電機、商社、紙パ、化学、その他製品など。
 買いセクターに、サービス、電子機器、REIT、化学、鉄鋼、機械、精密、自動車、電機、商社など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/20(火) 08:22
 
■国内(20日)
黒田日銀総裁会見

《決算発表》
アークランド、SJI

■海外(20日)
《米決算発表》
ナイキ、フェデックス、カーマックス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/20(火) 08:20
 
■NYダウ
 19,883.06 +39.65
■ナスダック
 5,457.44 +20.28
■CME225(円建て)
 19,375 +5(大証比)
■ドイツDAX
 11,426.70 +22.69
■上海総合指数
 3,118.08 -4.90
■ドル円
 117.12

 19日のNY市場は上昇。米景気拡大への期待を背景に投資家のリスク選好姿勢が強まっており、買いが先行。イエレン議長の講演で具体的な金融政策への言及はなく相場への影響は限定的となりました。一方で、トルコでロシア大使が殺害されたほか、ドイツでの死亡事故のニュースが伝わり地政学的リスクが意識されたことも重しとなり、引けにかけて上げ幅をやや縮小する展開となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や電気通信サービスが上昇する一方でヘルスケア機器・サービスやエネルギーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、富士重<7270>、任天堂<7974>、日鉄住金<5401>など対東証比較(1ドル117.15円換算)で全般小安い。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/20(火) 08:14
 


おはようございます。

ドル建て3月限 19445 +75 19350 19480 19315
 円建て3月限 19375 +5 19275 19420 19245

NYは、ダウ平均は39.65ドル高の19883.06、ナスダックは20.28ポイント高の5457.44で取引を終了した。米景気拡大への期待を背景に投資家のリスク選好姿勢が強まっており、買いが先行。その後はイエレン議長の講演を午後に控えて上げ幅を縮小した。講演でイエレン議長は労働市場が過去10年で最も堅調に推移しつつあるとの認識を示したものの、具体的な金融政策への言及はなく相場への影響は限られた。一方で、トルコでのロシア大使の銃撃事件やドイツでのトラック突入事件を受けて、引けにかけて上げ幅をやや縮小する展開になった。

日経ですが、昨日も買い支えから高値持合いとなった。
為替推移は調整色も出ているものの指数にはリンク薄である。
本日は日銀決定会合であり支えから持合いとなるか見ていきます。

想定レンジ、為替、117.15円 163ドルから167ドル

 19095円から19564円


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/20(火) 07:43
 
2016/12/20  7時22分現在

         10年債                      2年債
米国     2.538% (前日比-0.053%)     1.222% (前日比-0.030%)
英国     1.399% (前日比-0.039%)     0.092% (前日比-0.036%)
ドイツ     0.247% (前日比-0.067%)     -0.802% (前日比-0.006%)
ポルトガル 3.758% (前日比-0.044%)     0.243% (前日比-0.027%)
イタリア    1.819% (前日比-0.054%)     -0.135% (前日比-0.004%)
ギリシャ   7.196% (前日比-0.013%)       -
スペイン    1.363% (前日比-0.061%)     -0.250% (前日比+0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/12/19(月) 15:45
 
■日経平均      19,391.60(-9.55)

■東証1部出来高    17.37億株

■東証1部売買代金   2.14兆円

■日経平均先物    19,370(-10)

■TOPIX        1,549.06(-1.61)

■騰落        上昇856/下落1,022

■マザーズ指数    920.01(-7.01)

■日経JQ       2,701.95(+5.69)

■ドル円       117.32
--------------------------------------------------
日経平均株価は小反落しました。為替は中国海軍が米国の水中ドローンを奪取したとの報道などから1ドル=117円台と円高方向へ。またクリスマス休暇に入る海外投資家が多いことや、テクニカル的な過熱感が意識され上値の重い展開となりました。後場は日銀によるETF買入れ期待を背景に下げ幅を縮小しましたが、円安一服が嫌気され利益確定の売りに押された格好となりました。

■桃太郎
後場も下値は限定的に推移。
明日の日銀決定会合後の動きを
見ていきます。

ドル換算ベースは、165.45ドル +0.70%となった。


◆ 14時の概況

2016/12/19(月) 14:03
 
■日経平均      19,380.91(-20.24)

■日経平均先物    19,340(-40)

■TOPIX先物      1,548.38(-2.29)

■騰落        上昇714/下落1,169

■日経JQ       2,700.34(+4.08)

■マザーズ指数    919.80(-7.22)

■ドル円       117.28

■NYダウ夜間先物  +42

■上海総合指数後場の寄り付き 3,122.95 前日比-0.00 ±0.00%

■指数大型      現値1,441.59  前日比-1.85

■指数中型      現値1,834.95  前日比-1.62

■指数小型      現値2,754.94  前日比-9.74


◆ 桃太郎

2016/12/19(月) 13:44
 
指数は、下げ幅限定的の持合い。動きは小さいです。

為替推移は、117円台前半と円高。指数に対してはリンク薄。

ドル換算ベースは、165.16ドル +0.52%と続伸。


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/19(月) 12:36
 
ランチバスケットは24件、325.08億円。
差引き60億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/19(月) 11:52
 
■日経平均      19,357.67(-43.48)

■東証1部出来高    8.47億株

■東証1部売買代金   0.99兆円

■日経平均先物    19,320(-60)

■TOPIX        1,546.41(-4.26)

■騰落        上昇602/下落1,286

■マザーズ指数    919.73(-7.29)

■日経JQ       2,698.45(+2.19)

■ドル円       117.60

-----------------------------------------------------------
日経平均株価は小反落しました。為替は「中国海軍が米国の水中ドローンを奪取した」との報道などから1ドル=117円台と円高方向に振れており、週明けの日経平均はこうした流れを受けて小幅安でスタート。クリスマス休暇に入る海外投資家が多く、また、手掛かり材料に欠ける中、テクニカル的な過熱感が意識され幅広い銘柄に利益確定売りが出ており、上値の重い動きとなりました。

業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、その他製品、非鉄金属でした。一方、値上がり上位は、医薬品、鉱業、電気・ガス業となりました。

TOPIXは反落、マザーズ指数は続落となりました。

■桃太郎
前場は、下値も限定的に推移。
高値持合いが続いてます。
後場も動きが出るのか見ていきます。

ドル換算ベースは、164.73ドル +0.26%と続伸。


◆ 桃太郎

2016/12/19(月) 10:28
 
指数は、下値も限定的での推移。

為替推移は、117円台中盤まで調整色も濃くなりつつ来てます。

ドル換算ベースは、164.48ドル +0.11%と続伸。

為替リンク度薄く、様子見します


◆ 10時4分の概況

2016/12/19(月) 10:06
 
■日経平均      19,346.95(-54.20)

■日経平均先物    19,310(-70)

■TOPIX先物      1,545.48(-5.19)

■騰落        上昇684/下落1,165

■日経JQ       2,700.49(+4.23)

■マザーズ指数    923.78(-3.24)

■ドル円       117.58

■NYダウ夜間先物  +41

■指数大型      現値1,438.71  前日比-4.73

■指数中型      現値1,831.53  前日比-5.04

■指数小型      現値2,754.87  前日比-9.81


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/19(月) 09:12
 
おはようございます。

いよいよクリスマス週間となり我が社も今週は閑散とした職場となりそうだ。
1年の締め括りであるが米国市場はトランプラリーの恩恵もあり最高の2016年であったように思われる。また日経平均も今年はどうなるかと?思ったが、不思議なものでまさかの展開が11月から始まり意外と悪くない年となったような実感。ただ今年は苦しみもありなかなか難しい年ではなかっただろうか?
多くの投資家は迷い、避難したり、また突然流れが変わればなかなかついて行けず困惑していると最後に日経平均がここまで伸びてくるとは・・・・。
ただ我がファンドも若手の成長に嬉しく感じてならない。我々は常に儲かって当たり前と思われるが、投資家の皆様ならばそう簡単にマーケットにて勝ち続けることが容易ではないと百も承知だろう。
しかしながら我々は皆様にお伝えしているように確率と統計を長年信じ毎年戦い続けており今年もお陰様でまあまあな収益を叩き出す事に成功した。
そして我々の考えがいつも正しい訳ではないが皆様に少しでも参考になるならばと私の後輩のお願いもあり長い事このレターを投稿している。
そして皆様の投資生活に少しでもお役に立てればと言う思いはこれからも変わらずいきたい。
今週は外国人投資家は小休止だろうが、ここはJapanm moneyの活躍の場!
材料株相場の動きを注目してみてはどうだろうか?業績など考えたら買えない、売れない銘柄は沢山ある。しかしマーケットは1に人気だ!
これによってマーケットは動く。
諦めず果敢に攻め頑張って欲しい。


本日の先物レンジ
多少の調整はあっても何ら不思議ではない。ただ頭の片隅に入れておかねばならないのが買えてない投資家が沢山いること。
19140~19470円
もみ合いで良い。


◆ 11月の貿易収支、黒字1525億円 黒字は3カ月連続

2016/12/19(月) 08:57
 
財務省が19日発表した2016年11月の貿易収支は1525億円の黒字となった。貿易黒字は3カ月連続。


◆ 外資系の注文動向

2016/12/19(月) 08:26
 
 19日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り800万株、買い1200万株で、差し引き400万株の買い越し。買い越しは7営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、化学、自動車、機械、薬品、建設、保険、小売、その他製品、その他金融など。
 買いセクターに、サービス、通信、保険、電機、機械、情報通信、薬品、陸運など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/19(月) 08:11
 


おはようございます。

現在、日経CFD 19311円 -90円

為替推移も現在、117円台後半での推移。
本日も下値は限定的で上値持合いとなっていくのか見ていきます。

想定レンジ、為替、117.75円 163ドルから167ドル

 19193円から19664円


◆ 今週の予定

2016/12/19(月) 08:09
 
■19(月)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~12/20)
11月貿易統計(8:50)
11月日本製半導体製造装置BBレシオ

《決算発表》
ツルハHD

【海外】
イエレンFRB議長講演
独12月Ifo景況感指数(18:00)

《米決算発表》
レナー


■20(火)
【国内】
黒田日銀総裁会見
《決算発表》
アークランド、SJI

【海外】
《米決算発表》
ナイキ、フェデックス、カーマックス


■21(水)
【国内】
12月月例経済報告
10月全産業活動指数(13:30)
11月訪日外客数(16:00)

《決算発表》
日ヘルスケア

【海外】
米11月中古住宅販売件数(12/22 0:00)
《米決算発表》
ベッド・バス・アンド・ビヨンド、レッド・ハット、アクセンチュア


■22(木)
【国内】
《決算発表》
ニトリHD、あさひ

【海外】
米7-9月期GDP確報値(22:30)
米11月シカゴ連銀全米活動指数(22:30)
米10月FHFA住宅価格指数(23:00)
米11月CB景気先行総合指数(12/23 0:00)
米5年インフレ連動国債入札


■23(金)
【国内】
天皇誕生日

【海外】
米11月新築住宅販売件数(12/24 0:00)
米11月ミシガン大学消費者マインド(12/24 0:00)


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/19(月) 07:59
 
■NYダウ
 19,843.41 -8.83
■ナスダック
 5,437.16 -19.69
■CME225(円建て)
 19,305 -75(大証比)
■ドイツDAX
 11,404.01 +37.61
■上海総合指数
 3,122.98 +5.30
■ドル円
 117.89

 16日のNY市場は下落。トランプ政権への政策期待から買いが先行しましたが、オプションや先物の決済日が重なるクアドプル・ウィッチングで出来高が膨らんだほか、中国が米国の無人潜水艦を接収したとの報道も嫌気され、引けにかけて上げ幅を縮小し下落する展開となりました。
 セクター別では、不動産や公益事業が上昇する一方で運輸や半導体・半導体製造装置が下落した。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル117.93円換算)で全般冴えない。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/19(月) 07:52
 
2016/12/19  7時6分現在

         10年債                      2年債
米国     2.592% (前日比-0.005%)     1.252% (前日比-0.021%)
英国     1.438% (前日比-0.050%)     0.128% (前日比-0.017%)
ドイツ     0.314% (前日比-0.051%)     -0.796% (前日比-0.018%)
ポルトガル 3.802% (前日比+0.028%)     0.270% (前日比-0.007%)
イタリア    1.873% (前日比+0.047%)     -0.131% (前日比+0.013%)
ギリシャ   7.209% (前日比-0.113%)       -
スペイン    1.424% (前日比+0.003%)     -0.256% (前日比+0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 展開。

2016/12/18(日) 15:10
 
週末のNYダウは-8.83ドル・ナスダック -19.69P・ドル円117.92・原油 53.09ドル
ドルインデックス 102.80

日経CFD 19354円 ドル換算ベース、164.30ドル

先週末の米国市場は、ダウ平均も2万ドルを目指す動きも見られていたが、昼前に中国海軍が米小型無人潜水機(ドローン)を南シナ海の公海上で摂取したと伝わり、米中間の緊張の高まりを警戒して売りが強まった。
今週は、米国もトランプ氏の大統領就任前で具体策が見えていない中では行き過ぎとの見方も出ている。そのような中、米中間の緊張の高まりを示すニュースに敏感に反応したものと思われる。

■今週の予定
19日(月)日本貿易収支(11月)独Ifo景況感指数(12月)イエレンFRB議長、講演 20日(火)日銀金融決定会合結果、黒田日銀総裁会見 22日(木)ECB経済報告 米GDP確報値(第3四半期)米耐久財受注(11月)米新規失業保険申請件数(17日までの週)23日(金)米新築住宅販売(11月)天皇誕生日祝日で休場 英株式市場短縮取引 米債券市場短縮取引

日経ですが、先週も堅調に推移して19000円台固めつつある。
IMM通貨先物12月13日主要国通貨 円の売り越しが急増 円 63429枚の売り越し29492枚の売り越し増と為替の下支えもある。ドル換算ベースは、以前ボックス内の動きとなっている。
今週は、日銀決定会合となるが、現状維持と思う。ETF買い支えは続きそうである。

リスク回避の動きが見えない週が続いてますが、シリア・中国外貨準備高の減少などがあり、米国・日本と高い位置に現在は推移してるので日々見ながらの展開となりそうである。

今週もよろしくお願いします





















◆ 釣り人 週間展望

2016/12/17(土) 13:52
 
NYダウは反落為替も昨晩は円安に振れずの117.97それでcme225は19305-75伸び悩みの週となるのか?注目されます。ロシア問題は特別日経平均株価には影響なさそうです。今回の上げで売り方は喉が渇いています。一杯の水を飲むことができるのか?下がれば当然の如くETFの買い付けが出て来ます。これが悩ましいところであります。今週もよろしくお願いします。


◆ 大引け概況

2016/12/16(金) 15:22
 
■日経平均      19,401.15(+127.36)

■東証1部出来高    23.10億株

■東証1部売買代金   2.9兆円

■日経平均先物    19,380(+90)

■TOPIX        1,550.67(+7.95)

■騰落        上昇1,208/下落656

■マザーズ指数    927.48(-3.63)

■日経JQ       2,696.91(+12.34)

■ドル円       118.06
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の欧米株高や円安・ドル高進行を好感し、買いが先行。買い一巡後は円下げ渋りもあり、上値の重い展開となりました。
 後場は、売り優勢でスタート。週末要因や短期的な過熱感から利益確定売りが出やすかったものの積極的に売り込む動きとはならず1万9400円近辺でもみ合う展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、金属製品、水産・農林業、銀行業でした。一方、値下がり上位は、その他製品、保険業、情報・通信業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
後場は、小幅持合いで動きが出ず。
高値持合いが続いてます。
来週の展開も日々見ていきます。

ドル換算ベースは、164.30ドル +0.19%でした。


◆ ご案内

2016/12/16(金) 14:34
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時10分の概況

2016/12/16(金) 14:12
 
■日経平均      19,412.77(+138.98)

■日経平均先物    19,380(+90)

■TOPIX先物      926.84(-4.27)

■騰落        上昇1,113/下落761

■日経JQ       2,693.67(+9.10)

■マザーズ指数    927.14(-3.97)

■ドル円       118.24

■NYダウ夜間先物  +27

■上海総合指数    3,116.39 前日比-1.39 -0.04%

■指数大型      現値1,442.89  前日比+4.48

■指数中型      現値1,835.36  前日比+13.66

■指数小型      現値2,762.08  前日比+12.99


◆ 桃太郎

2016/12/16(金) 14:06
 
指数は、小幅での推移。高値持合いが続いてます。

為替推移も118円台での持合い。

ドル換算ベースは、164.12ドル +0.07%

小幅推移での持合い。もう少し様子見します。

NYCFD +30ドル 原油 52.30ドル
ドルインデックス 103.06


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/16(金) 12:40
 
ランチバスケットは23件、308.47億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/16(金) 11:50
 
■日経平均      19,405.61(+131.82)

■東証1部出来高    11.22億株

■東証1部売買代金   1.32兆円

■日経平均先物    19,370(+80)

■TOPIX        1,550.54(+7.82)

■騰落        上昇1,210/下落661

■マザーズ指数    927.60(-3.51)

■日経JQ       2,694.39(+9.82)

■ドル円       118.28
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の欧米株高や円安・ドル高進行を好感し、買いが先行。買い一巡後は円下げ渋りもあって利益確定売りに押されじりじりと上げ幅を縮小。その後は、前引けにかけてやや値を戻し19400円を回復して前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、銀行業、ガラス土石製品、金属製品でした。一方、値下がり上位は、その他製品、保険業、情報・通信業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後、小動きとなった。
高値持合いが続いている。後場も持合いか見ていきます。

ドル換算ベースは、164.12ドル +0.08%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.20%

2016/12/16(金) 10:26
 
上海総合指数 3,111.51 前日比 -6.17 -0.20%


◆ 10時の概況

2016/12/16(金) 10:01
 
■日経平均      19,385.83(+112.04)

■日経平均先物    19,350(+60)

■TOPIX先物      1,547.50(+1.50)

■騰落        上昇1,182/下落640

■日経JQ       2,692.60(+8.03)

■マザーズ指数    928.86(-2.25)

■ドル円       118.22

■NYダウ夜間先物  +16

■指数大型      現値1,443.54  前日比+5.13

■指数中型      現値1,833.64  前日比+11.94

■指数小型      現値2,761.35  前日比+12.26


◆ 桃太郎

2016/12/16(金) 09:59
 
指数は、先物で、昨日コメントした410円あたりでの寄りとなり上げ幅縮小。
上値の重さも出てきたイメージですが、14時過ぎの動きとなりそうである。
今晩は、米国クアドルプル・ウィッチングとなる。

為替推移は、118円台前半での推移。

ドル換算ベースは、164.13ドル +0.07%ボックス内の動き。

様子見します


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/16(金) 09:03
 
おはようございます。

一段と進む為替の円安!
いやドル高。海外は金融株買いがトランプラリーの象徴となっている。
今年も東京市場は残り10営業日となったが、年末ラリーとも言える現象に投資家は喜び反面、この日経平均の上昇に恐らくついて行けてないのではなかろうか?
しかし不思議なものですね。
これだけ上がってきてもなかなか買い向かえない投資家。我々も困惑しながらも我々が1番辛いのはこの流れに乗り遅れてはいけない対処。
そんな事から、我々も今週はクリスマス休暇を社員達も交代で休みをとるはずであったが、あまりにも米国株も強く!多くの社員達は休日返上でマーケットに参加している(笑)
流石に来週は休暇をとるだろうが。
今回の上昇は米国の10年債利回りが3%を目指す動きに為替がドル高に向かっているのが大きな要因ではなかろうか。
しかし今年も最後の最後にこんな大きな変化が起きるとは!
マーケット関係者も驚いているだろうし来年も良い相場になることを願いたい。
とりあえず来年の春までは強気でみたい。

~以下会員ページ~


◆ ドル建て 日経225

2016/12/16(金) 08:34
 


おはようございます。

■CME225(円建て)
 19,440 +150(大証比)

NYは、ダウ平均は59.71ドル高の19852.24、ナスダックは20.18ポイント高の5456.85で取引を終了した。ニューヨーク及びフィラデルフィア連銀がそれぞれ発表した12月の製造業景気指数が予想を上振れたほか、12月NAHB住宅市場指数が堅調な内容となり、買いが先行。昨日のFOMCによる発表を受けて長期金利が上昇したことで金融株が選好され、終日堅調推移となった。一方で、為替相場でドル高が進行したほか、来年の金利引き上げ見通しが上方修正されたことへの警戒感もあり、上値は限られた。

日経ですが、昨日も出尽くし感もあり下落する場面もありましたが、引けにかけて買い戻された。
本日もドル高から118円台での推移となっていることでギャップアップから買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、118.27円 161ドルから166ドル

 19041円から19632円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/16(金) 08:26
 
 16日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り880万株、買い690万株で、差し引き190万株の売り越し。売り越しは6営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、不動産、機械、小売、水産、保険、食品など。
 買いセクターに、化学、ガラス、自動車、銀行、電機、機械、サービス、証券など」(外資系証券)という。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/16(金) 08:22
 
2016/12/16  7時13分現在

         10年債                      2年債
米国     2.597% (前日比+0.026%)     1.274% (前日比+0.006%)
英国     1.488% (前日比+0.102%)     0.145% (前日比+0.026%)
ドイツ     0.365% (前日比+0.064%)     -0.778% (前日比-0.007%)
ポルトガル 3.774% (前日比-0.001%)     0.277% (前日比-0.003%)
イタリア    1.826% (前日比+0.031%)     -0.144% (前日比+0.001%)
ギリシャ   7.322% (前日比+0.219%)       -
スペイン    1.421% (前日比+0.019%)     -0.259% (前日比+0.026%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 本日の予定

2016/12/16(金) 08:07
 
■国内(16日)
日露首脳共同記者会見(予定)

《決算発表》
イハラケミカル、クミアイ化、西松屋チェ

■海外(16日)
米11月住宅着工件数(22:30)
米11月建設許可件数(22:30)

休場:南ア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ご案内

2016/12/16(金) 08:05
 
■なぎさ
明日の「やっぱり株が好き!」~新時代幕開け相場の株式投資~に弊社長島が出演いたします!!注目銘柄を紹介しますので、お聴き逃しのないように!!!

■2016年12月16日(金)18:15~19:45
『ラジオNIKKEIリスナー感謝WEEK!』の中核を為す株式個別銘柄情報番組。早見雄二郎、長島和弘、向後はるみ、遠藤雅幸、別府孝男(以上、出演順)の5人の銘柄マスターが2017年相場を展望し渾身の注目銘柄解説を披露。今後の投資スタンスを決める上でぜひご参考に!
なおラジオNIKKEIでは12/12(月)~16(金)各日18:15~20:00にマーケット関連番組を合計8時間45分オンエアする『ラジオNIKKEIリスナー感謝WEEK!』を実施。
同特番では日経平均株価当てクイズを実施。iPad mini4(Wi-Fi/16GB)、商品券1万円分、その他銘柄マスターの個別銘柄レポート最新号など素敵な景品が合計100名様に当たる!
※『やっぱり株が好き!』のポッドキャスト/オンデマンド配信は2017年1月3日までの期間限定です。お聴き逃しなく!!!
http://market.radionikkei.jp/kabusuki/


◆ おはようございます

2016/12/16(金) 08:04
 
■NYダウ
 19,852.24 +59.71
■ナスダック
 5,456.85 +20.18
■CME225(円建て)
 19,440 +150(大証比)
■ドイツDAX
 11,366.40 +121.56
■上海総合指数
 3,117.68 -22.85
■ドル円
 118.18

 15日のNY市場は上昇。ニューヨーク連銀とフィラデルフィア連銀がそれぞれ発表した12月の製造業景気指数はともに前月比で上昇し予想を上振れたほか、12月NAHB住宅市場指数も堅調な内容となり、買いが先行。前日のFOMCの発表を受け長期金利が上昇したことで利ざや拡大が収益改善につながるとの見方から金融株が選好され、終日堅調推移となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や銀行が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや不動産が下落しました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、富士重<7270>、京セラ<6971>など対東証比較(1ドル118.18円換算)で全般堅調となりました。


◆ なぎさ

2016/12/15(木) 15:53
 
■なぎさ
明日の「やっぱり株が好き!」~新時代幕開け相場の株式投資~に弊社長島が出演いたします!!注目銘柄を紹介しますので、お聴き逃しのないように!!!

■2016年12月16日(金)18:15~19:45
『ラジオNIKKEIリスナー感謝WEEK!』の中核を為す株式個別銘柄情報番組。早見雄二郎、長島和弘、向後はるみ、遠藤雅幸、別府孝男(以上、出演順)の5人の銘柄マスターが2017年相場を展望し渾身の注目銘柄解説を披露。今後の投資スタンスを決める上でぜひご参考に!
なおラジオNIKKEIでは12/12(月)~16(金)各日18:15~20:00にマーケット関連番組を合計8時間45分オンエアする『ラジオNIKKEIリスナー感謝WEEK!』を実施。
同特番では日経平均株価当てクイズを実施。iPad mini4(Wi-Fi/16GB)、商品券1万円分、その他銘柄マスターの個別銘柄レポート最新号など素敵な景品が合計100名様に当たる!
※『やっぱり株が好き!』のポッドキャスト/オンデマンド配信は2017年1月3日までの期間限定です。お聴き逃しなく!!!
http://market.radionikkei.jp/kabusuki/


◆ 大引け概況

2016/12/15(木) 15:22
 
■日経平均      19,273.79(+20.18)

■東証1部出来高    23.24億株

■東証1部売買代金   2.81兆円

■日経平均先物    19,290(+110)

■TOPIX        1,542.72(+4.03)

■騰落        上昇1,115/下落745

■マザーズ指数    931.69(-0.99)

■日経JQ       2,684.72(+1.61)

■ドル円       117.52
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続伸しました。米長期金利の上昇を受け、対ドルで円安が進んだことから、朝方は買いが先行。買い一巡後は、利益確定の売りに押され、マイナスに転じて前場取引を終えました。
 後場は、前場終値近辺でスタート。利益確定売りに押され、1万9200円を割り込む場面も見られましたが、先物買いを交えて持ち直し再度プラス圏入り。また、欧州勢が取引に参加する時間に入り、米利上げペースの加速などを手掛かりとした買いが断続的に入ったとの見方も強く、ジリジリと上げ幅を拡大。引けにかけて押し戻されたものの小幅プラスで本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、輸送用機器、精密機器でした。一方、値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、建設業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
後場は、相変わらず戻す展開となった。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、163.99ドル -1.91%でした。


◆ ご案内

2016/12/15(木) 14:18
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/15(木) 14:01
 
■日経平均      19,355.41(+101.80)

■日経平均先物    19,320(+140)

■TOPIX先物      1,545.50(+10.50)

■騰落        上昇1,127/下落721

■日経JQ       2,684.42(+1.31)

■マザーズ指数    930.91(-1.77)

■ドル円       117.44

■NYダウ夜間先物  +67

■上海総合指数後場の寄り付き 3,131.67 前日比+8.86 -0.28%

■指数大型      現値1,443.10  前日比+7.66

■指数中型      現値1,826.41  前日比+10.80

■指数小型      現値2,750.01  前日比+10.83


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/15(木) 12:33
 
ランチバスケットは25件、476.04億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/15(木) 11:44
 
■日経平均      19,225.24(-28.37)

■東証1部出来高    12.17億株

■東証1部売買代金   1.36兆円

■日経平均先物    19,150(-30)

■TOPIX        1,538.99(+0.30)

■騰落        上昇880/下落981

■マザーズ指数    931.33(-1.35)

■日経JQ       2,685.28(+2.17)

■ドル円       117.34
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反落しました。米長期金利の上昇を受け、対ドルで円安が進んだことから、輸出関連株を中心に買いが先行。買い一巡後は、利益確定の売りに押され、上値の重い展開に。その後は引けにかけて急激に下げ、マイナスに転じて前場取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、電気・ガス業でした。一方、値上がり上位は、輸送用機器、精密機器、小売業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
前場は、大きく上昇する場面もありましたが、利益確定の動きもあり上げ幅縮小となりマイナス圏となった。

ドル換算ベースは、163.87ドル -1.98%と大きく下落である。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.47%

2016/12/15(木) 10:26
 
上海総合指数 3,125.76 前日比 -14.77 -0.47%


◆ 10時の概況

2016/12/15(木) 10:01
 
■日経平均      19,314.00(+60.39)

■日経平均先物    19,280(+100)

■TOPIX先物      1,543.00(+8.00)

■騰落        上昇1,129/下落680

■日経JQ       2,688.81(+5.70)

■マザーズ指数    933.79(+1.11)

■ドル円       117.74

■NYダウ夜間先物  +42

■指数大型      現値1,440.76  前日比+5.32

■指数中型      現値1,823.01  前日比+7.40

■指数小型      現値2,747.33  前日比+8.15


◆ 桃太郎

2016/12/15(木) 09:56
 
指数は、続伸。3日足の肩の部分の19410円まで、ラージは付けてからの少し調整。個人的には、目先良いところとイメージ。

為替推移も先日コメントした、117円台中盤まで上昇。
まだ何とも言えませんが個人的には目先達成とは思います。

ドル換算ベースは、164.13ドル -1.82%と大幅下落。
指数と為替リンク度は大きく差が出てるところ。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/15(木) 09:24
 
おはようございます。

米国FOMCは想定の範囲内の利上げを決めた!これにより昨日のNY市場は下落したが「利上げは景気回復の現れ」。
これにより為替市場はドル高を再認識!
この便りを読まれている投資家達は対ドル117円を見てどう感じるかだ。
利上げを考えると金融株は今後さらなる飛躍はあり得るし、この為替水準ならば日本株に有利に働く可能性は高い。
そしてここ最近、我々は出遅れ銘柄と「復活!マザーズ」だとお伝えしており、先週末に我が社の若手が8423アクリーティブは割安だとお伝えしたが、芙蓉リースがTOBを実施してしまい、我が社の若手は「ヤハリと(笑)もし私がこの会社を評価するならば早くTOBをした方が良い」だろうなと語っていた。
そして次なる我々が考える投資戦略としては「成長期待」がある商品、技術などを持った企業を投資対象としたいが、そこで今朝もうちの若手のホープに面白いなと感じる企業があるかと聞くと。
○○××辺りはどうだろうかと。マザーズから東証2部へ鞍替えしたがここでの決算を見るとバイオメディカル事業での研究開発費がかさんだだけで面白い会社になりそうな気がしてならないと。
彼曰く、将来的には今の値段は安かったと思う日があるのではなかろうかと。


本日の先物レンジ
19260~19470円
買わざる投資家が焦りをあらわに。


◆ 釣り人

2016/12/15(木) 08:43
 
日経平均先物の現在の気配は19320
前日比140円高のところです。
ドル円117.22
利上げは0.25と決まったわけですが、その時の書き足しで来年は3度ほどの利上げの可能性が読み取れる内容であったと市場が反応し、大きく円安に振れました。
来年のことなど新大統領になってそう分かるものではないですが、市場はそう反応したということです。

NYダウは「新値八手九手は売り上手」ということで、118ドル安とストンと下がったわけですが、大幅な円安によりCME225の日経平均先物は急伸し、私は途中でロスカットとなっています。
安いのはNYだけでなくヨーロッパもほとんど安いです。
その中で新高値をとる日経平均をどう考えていくのか?
思いを書いて行きます。

それでは本日もよろしくお願い致します。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/15(木) 08:32
 


おはようございます。

ドル建て3月限 19410 +230 19340 19480 19185
 円建て3月限 19340 +160 19265 19425 19115

NYは、ダウ平均は118.68ドル安の19792.53、ナスダックは27.16ポイント安の5436.67で取引を終了した。朝方は小売売上高が予想を下振れた一方で、生産者物価指数(PPI)が堅調となるなど、経済指標に強弱が入り混じる展開となったが、FOMCの発表を控えて小動きとなった。注目のFOMCでは大方の予想通り、賛成多数で政策金利が引き上げられた。しかし、来年の金利引き上げ見通しが年3回に上方修正されたことが嫌気され、発表後に下落した。

日経ですが、昨日も買い支えから上値持合いとなった。
本日は、ドル高から寄り後、買われるか見ていきます。

想定レンジ、為替、117.20円 163どるから168ドル

 19103円から19689円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/15(木) 08:23
 
 15日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り810万株、買い570万株で、差し引き240万株の売り越し。売り越しは5営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、機械、建設、電機、自動車、商社、サービス、化学など。
 買いセクターに、通信、電機、サービス、食品、建設、保険、機械など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/15(木) 08:20
 
■国内(15日)
プーチン・ロシア大統領来日(~11/16)
安倍首相、プーチン・ロシア大統領と首脳会談(山口)
20年国債入札

《決算発表》
クスリのアオキ、パーク24、ドーム、神戸物産

■海外(15日)
トランプ次期米大統領記者会見(延期)
BOE金融政策委員会
EU首脳会議(~12/16)
米12月NY連銀製造業景気指数(22:30)
米7-9月期経常収支(22:30)
米11月消費者物価指数(22:30)
米12月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(22:30)
米12月NAHB住宅市場指数(12/16 0:00)
メキシコ中銀金融政策決定会合

《米決算発表》
アドビ・システムズ、カーニバル・コーポレーション

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/15(木) 08:18
 
■NYダウ
 19,792.53 -118.68
■ナスダック
 5,436.67 -27.16
■CME225(円建て)
 19,340 +160(大証比)
■ドイツDAX
 11,244.84 -39.81
■上海総合指数
 3,140.53 -14.51
■ドル円
 117.20

 14日のNY株式相場は反落。来年のFRBによる利上げペースが速まるとの警戒感が売りを誘いました。FOMCでは市場予想通り0.25%ポイントの利上げが決定されましたが、メンバーのFF金利見通しが引き上げられ来年3回の利上げ予想となりました。ドル高や在庫増加を嫌気した原油価格の大幅下落を受けてエネルギー株が大幅に値下がりしたほか、金利先高観を受けて公益や不動産も売られた。ダウ平均は20000ドルの大台を目前に反落。S&P500、NASDAQ総合指数もそれぞれ0.81%安、0.50%安とともに反落しました。
 セクター別騰落率の上位3セクターはテクノロジー(-0.25%)、ヘルスケア(-0.42%)、金融(-0.57%)となった。一方、下位3セクターはエネルギー(-2.12%)、公益(-2.04%)、不動産(-1.92%)となりました。
 ADRの日本株はオリックスやソニーが大幅安。キヤノンやNTT、トヨタも下落。野村と三井住友FGは上昇。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/15(木) 07:53
 
2016/12/15  7時16分現在

         10年債                      2年債
米国     2.571% (前日比+0.099%)     1.267% (前日比+0.104%)
英国     1.386% (前日比-0.055%)     0.119% (前日比-0.017%)
ドイツ     0.301% (前日比-0.059%)     -0.771% (前日比-0.027%)
ポルトガル 3.775% (前日比+0.015%)     0.280% (前日比+0.009%)
イタリア    1.795% (前日比-0.079%)     -0.145% (前日比-0.007%)
ギリシャ   7.103% (前日比+0.306%)       -
スペイン    1.402% (前日比-0.029%)     -0.285% (前日比+0.009%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/12/14(水) 15:24
 
■日経平均      19,253.61(+3.09)

■東証1部出来高    20.45億株

■東証1部売買代金   2.54兆円

■日経平均先物    19,180(-20)

■TOPIX        1,538.69(-1.56)

■騰落        上昇695/下落1,165

■マザーズ指数    932.68(-8.59)

■日経JQ       2,683.11(-2.72)

■ドル円       115.20
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続伸しました。前日の欧米株高を受け、朝方は買いが先行。買い一巡後は円安一服が重しとなり、利益確定売りに押されマイナスに転じました。
 後場は、前場終値近辺でスタート。円伸び悩みもあり根強い買いに支えられ再びプラス圏入りしたものの引けにかけて利益確定の売りに上値を抑えられ、小幅プラスで本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、不動産業、石油石炭製品、卸売業でした。一方、値上がり上位は、ゴム製品、情報・通信業、精密機器となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は共に反落しました。

■釣り人
日経平均先物は20円安。
さすがに今晩といいますか明日の朝4時過ぎに発表されるFOMCに対する警戒が出たのか?夕方からのイブニング様々な思惑で売り買いされることになるでしょう。私はロスカットを設定して売りで向かうことになると思います。
さて、昨日からお年玉キャンペーンのバナーをページに貼っております。申込最終は3連休後の26日、午前8時まで。
たっぷりと申込期間を取っておりますが、忘れそうな人は早めに申込お願いします。毎年100人近い方が当たります。それだけ申込も多いというわけですが、ひとつ来年を占う上でも面倒くさがらずに参加の方よろしくお願い致します。
さて今晩のNY、どんなお祭りになるのでしょうか?楽しみです。
それでは失礼いたします。

■桃太郎
後場は、小動きでの推移となった。
FOMC後の動きを見ていきます。

ドル換算ベースは、167.17ドル +0.16%でした。


◆ ご案内

2016/12/14(水) 14:11
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/14(水) 14:01
 
■日経平均      19,266.76(+16.24)

■日経平均先物    19,220(+20)

■TOPIX先物      1,538.50(+1.00)

■騰落        上昇654/下落1,195

■日経JQ       2,685.11(-0.72)

■マザーズ指数    938.04(-3.23)

■ドル円       115.26

■NYダウ夜間先物  -2

■上海総合指数後場の寄り付き 3,159.18 前日比+4.14 +0.13%

■指数大型      現値1,436.85  前日比+1.08

■指数中型      現値1,817.25  前日比-1.76

■指数小型      現値2,739.56  前日比-7.91


◆ 桃太郎

2016/12/14(水) 13:55
 
指数は、後場は小動きでの推移。本日も14時過ぎから買われるのかFOMC前なので持合いなのか見ていきます。

為替推移は、115円台での小動き。

ドル換算ベースは、167.16ドル +0.15% プラス圏維持。

様子見します。


◆ 11月首都圏マンション発売戸数、22.7%減

2016/12/14(水) 13:08
 
不動産経済研究所(東京・新宿)が14日発表した11月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比22.7%減の2701戸だった。減少は2カ月連続。
契約戸数は1689戸で、月間の契約率は19.6ポイント低下の62.5%だった。
12月の発売戸数は7000戸の見通し。


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/14(水) 12:43
 
ランチバスケットは18件、228.02億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/12/14(水) 11:49
 
■日経平均      19,235.46(-15.06)

■東証1部出来高    9.74億株

■東証1部売買代金   1.13兆円

■日経平均先物    19,200(±0)

■TOPIX        1,537.90(-2.35)

■騰落        上昇577/下落1,286

■マザーズ指数    942.64(+1.37)

■日経JQ       2,683.02(-2.81)

■ドル円       115.16
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反落しました。前日の欧米株高を受け、朝方は買いが先行。買い一巡後は円安一服が重しとなり、利益確定売りに押されマイナス転換。ただ、FOMCを控え様子見気分が強く、下値も限定的となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、非鉄金属、卸売業でした。一方、値上がり上位は、ゴム製品、電気・ガス業、精密機器となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後、利益確定の動きもあり小幅安となった。
今晩の米国FOMC前で様子見となっている。

ドル換算ベースは、167.05ドル +0.09%と小動きとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.18%

2016/12/14(水) 10:26
 
上海総合指数 3,149.38 前日比 -5.66 -0.18%


◆ 10時の概況

2016/12/14(水) 10:01
 
■日経平均      19,229.54(-20.98)

■日経平均先物    19,170(-30)

■TOPIX先物      1,536.00(-1.50)

■騰落        上昇650/下落1,183

■日経JQ       2,682.67(-3.16)

■マザーズ指数    943.06(+1.79)

■ドル円       115.18

■NYダウ夜間先物  -13

■指数大型      現値1,435.13  前日比-0.64

■指数中型      現値1,818.09  前日比-0.92

■指数小型      現値2,740.94  前日比-6.53


◆ 桃太郎

2016/12/14(水) 09:57
 
指数は、高寄り後、利益確定の動きもあり小幅安。

為替推移も115円前半の持合い。

ドル換算ベースは、167.10ドル +0.11%と続伸。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/14(水) 09:08
 
おはようございます。

我が本拠地NYダウは20000ドルの背中が見えた!本日、こちらはFOMCを控えているが我々としては利上げは想定内であり特段マーケットへの影響はないと思っている。
また、昨日も少し触れたが日本株は買えていない投資家が沢山いるのは間違いない。どこかで必ず調整局面を待っているが我々の周りの外国人投資家は空売りをようやく買い戻しながら、また空売りしたり銘柄によっては新規買いを入れ始めた。
ただ買い始めたばかりで全然買えていないことは間違いない。

さて東京市場は出遅れ銘柄が少しずつマーケットを賑わい始めている。
我々としては「復活!マザーズ市場」と位置付けマザーズの出遅れを皆様に投資したらどうだろうかと思っているが。
我々が掲げた「復活!マザーズ」として業績もV字回復しこの復活に当てはまる銘柄として○○××を取り上げたい。
太陽電池モジュールの製造装置では世界首位で、再生エネルギーとしても注目できる。
そして来期の業績予想も5倍弱とV字回復するならば時価は投資妙味あり株価の予想を考えると成長含め300円前後を期待したい。



本日の先物レンジ
19140~19360円
投資妙味は出遅れ!
焦らずゆっくりいこう。



◆ 12月の日銀短観、大企業製造業DIはプラス10、6期ぶりに改善

2016/12/14(水) 09:00
 
 日銀が14日に発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は大企業・製造業がプラス10。前回9月調査調査を4ポイント上回り、6期ぶりに改善しました。改善は6四半期ぶり。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/14(水) 08:17
 



おはようございます。

ドル建て3月限 19340 +140 19135 19370 19075
 円建て3月限 19275 +75 19055 19305 19010

NYは、ダウ平均は114.78ドル高の19911.21、ナスダックは51.29ポイント高の5463.83で取引を終了した。伊大手行のウニクレディトが大規模な増資計画を発表したことで、欧州株が全面高となり、米国株にも買いが先行。ハイテク株が選好されたほか、連邦公開市場委員会(FOMC)でも大方の予想通り利上げが実施される可能性が高く、イベント通過が間近に迫っていることへの期待感から堅調推移となった。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新した。

日経ですが、昨日は買い支えから引けにかけて戻る相場展開となった。
本日も下値は限定的で高値持合いか見ていきます。

想定レンジ、為替、115.23円 164ドルから169ドル

 18897円から19473円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/14(水) 08:12
 
 14日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1080万株、買い840万株で、差し引き240万株の売り越し。売り越しは4営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、機械、建設、電機、銀行、商社、食品、化学、銀行など。
 買いセクターに、自動車、商社、食品、電機、その他製品、精密、保険、機械、情報通信など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/14(水) 08:10
 
■国内(14日)
12月調査日銀短観(8:50)
11月首都圏新規マンション発売(13:00)

《決算発表》
アスクル、サンバイオ、コーセル、フジコーポ

■海外(14日)
米11月小売売上高(22:30)
米11月生産者物価(22:30)
米11月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
イエレンFRB議長会見(景気見通し改定)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/14(水) 08:09
 
■NYダウ
 19,911.21 +114.78
■ナスダック
 5,463.83 +51.29
■CME225(円建て)
 19,275 +75(大証比)
■ドイツDAX
 11,284.65 +94.44
■上海総合指数
 3,155.04 +2.07
■ドル円
 115.24

 13日のNY市場は上昇。伊大手行が大規模な増資計画を発表し、欧州株が全面高となったことを受け米国株も買いが先行。また、ティラーソンCEOの国務長官就任の可能性が伝えられたエクソン・モービルが上昇するなどトランプ・ラリーが継続。FOMCでも大方の予想通り利上げが実施される可能性が高く、イベント通過が間近に迫っていることへの期待感から堅調推移となりました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で資本財や素材が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、任天堂<7974>が上昇する一方で、三菱UFJ<8306>、NTT<9432>、ファナック<6954>、三井住友<8316>が冴えないなど、対東証比較(1ドル115.18円換算)で高安まちまちとなりました。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/14(水) 07:57
 
2016/12/14  7時38分現在

         10年債                      2年債
米国     2.471% (前日比+0.000%)     1.164% (前日比+0.023%)
英国     1.441% (前日比-0.026%)     0.136% (前日比+0.016%)
ドイツ     0.360% (前日比-0.039%)     -0.744% (前日比-0.002%)
ポルトガル 3.760% (前日比-0.071%)     0.271% (前日比+0.046%)
イタリア    1.874% (前日比-0.121%)     -0.138% (前日比-0.026%)
ギリシャ   6.797% (前日比+0.076%)       -
スペイン    1.431% (前日比-0.068%)     -0.294% (前日比-0.011%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/12/13(火) 15:32
 
■日経平均      19,250.52(+95.49)

■東証1部出来高    23.13億株

■東証1部売買代金   2.83兆円

■日経平均先物    19,200(+10)

■TOPIX        1,540.25(+8.82)

■騰落        上昇1,395/下落493

■マザーズ指数    941.27(+19.23)

■日経JQ       2,685.83(+16.21)

■ドル円       115.34
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。円高・ドル安などを受け朝方は利益確定売りが先行。売り一巡後は、円伸び悩みもあって一時プラスに転じたものの再び下げに転じて前場取引を終えました。
 後場は、利益確定の売りが出ている半面、内需株には買いも入るなど寄付きから売買が交錯。前場終値近辺でもみ合った後は、先物にまとまった買いが入りプラス浮上。その後は根強い買いに支えられ、1万9200円台を回復して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、水産・農林業、医薬品、情報・通信業でした。一方、値下がり上位は、その他製品、機械、保険業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。

■桃太郎
後場は、本日も引けにかけて買われ19200円台となった。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、166.90ドル +0.70%でした。


◆ ご案内

2016/12/13(火) 14:55
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/13(火) 14:02
 
■日経平均      19,194.48(+39.45)

■日経平均先物    19,150(-40)

■TOPIX先物      1,534.00(-2.00)

■騰落        上昇1,223/下落652

■日経JQ       2,682.65(+13.03)

■マザーズ指数    939.55(+17.51)

■ドル円       115.14

■NYダウ夜間先物  -8

■上海総合指数後場の寄り付き 3,134.05 前日比-18.92 -0.60%

■指数大型      現値1,431.21  前日比+0.89

■指数中型      現値1,814.52  前日比+10.40

■指数小型      現値2,740.48  前日比+19.34


◆ 桃太郎

2016/12/13(火) 13:57
 
指数は、下値も限定的となりプラス圏での推移。
このところ先物は、14時過ぎから上値を取ってくるので、本日も200円台と行くのかどうか?

為替推移は、一時、115円割れまでありましたが、現在は115円台前半。

ドル換算ベースは、166.83ドル +0.66%切り返しの動きとなってます。

しっかり過ぎて、入ること出来ず。様子見します。


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/13(火) 12:35
 
ランチバスケットは25件、296.05億円。
差し引き60億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/13(火) 11:44
 
■日経平均      19,125.57(-29.46)

■東証1部出来高    11.19億株

■東証1部売買代金   1.3兆円

■日経平均先物    19,100(-90)

■TOPIX        1,530.13(-1.30)

■騰落        上昇901/下落972

■マザーズ指数    927.52(+5.48)

■日経JQ       2,675.70(+6.08)

■ドル円       115.18
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。円高・ドル安や連日の年初来高値更新の反動で朝方は利益確定売りが先行。先物売りを交えて軟化し、一時1万9100円を割り込む場面も見られました。売り一巡後は、円伸び悩みもあってプラスに転換。ただ、その後は再びマイナスに転換して前場取引を終えました。
 
 業種別では、値下がり上位は、機械、海運業、保険業。一方、値上がり上位は、水産・農林業、医薬品、情報・通信業となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続伸しました。

■桃太郎
前場は、安寄り後、下げ幅縮小。
昨日の安値は切れませんでした。
後場も持合いなのか見ていきます。

ドル換算ベースは、166.09ドル +0.21%切り返しの動きとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.44%

2016/12/13(火) 10:26
 
上海総合指数 3,138.99 前日比 -13.98 -0.44%


◆ 10時の概況

2016/12/13(火) 10:01
 
■日経平均      19,143.29(-11.74)

■日経平均先物    19,100(-90)

■TOPIX先物      1,529.00(-7.00)

■騰落        上昇838/下落1,019

■日経JQ       2,671.38(+1.76)

■マザーズ指数    923.48(+1.44)

■ドル円       115.06

■NYダウ夜間先物  -11

■指数大型      現値1,429.17  前日比-1.15

■指数中型      現値1,805.48  前日比+1.36

■指数小型      現値2,720.19  前日比-0.95


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/13(火) 09:15
 
おはようございます。

日経平均は19000円台となり我々としてもここでの急ピッチな上昇にやや困惑しているが、お陰様であの苦しい場面で若手が日本株買いではないかの提案が今となってはボスの心も動かしなかなかのパフォーマンスを描けたことに喜びを感じている。
しかし、面白いもので私の友人達のファンド筋から今頃になって「儲かってますねと(笑)社交辞令なのか?何だか理解できない電話が頻繁に掛かってくる」。
そこで彼等の日本株に対する意識がここに来てようやく開花し始めてきた。
即ち、ある意味ここまでの上昇過程で押し目を待っていた挙句、全く買えていない現象に追い込まれているようだ。
我々が今年のスタートラインは日経平均は16500円だとずっと言い続けていたが正直、なかなか信用してもらえなかったのかもしれない。
そして、今頃になってファンド筋は少し焦りをあらわに。
ここから万が一さらなる飛躍!
日経平均20000円を試す動きが出たら焦って買ってくることは忘れないで欲しい。そう考えると押し目には大量の買いの手が待っているとも言える現実。
マーケットとは実に愉快!
面白いものだ。
さて昨日、「復活!マザーズ市場」と提案し○○××を紹介したがここからジワジワ上がっていく可能性は十分にありえると思っているが、続々と紹介したいとお伝えしたので、今朝もマザーズ銘柄で面白いと我が社の若手が挙げていた銘柄で毎年売上高を順調に伸ばしており子会社など連結化に踏み切ることも可能となった「○○××」同社の東京ショールームにての販売形態が顧客に評価されていることや正に成長企業ならぬ新興企業の1つと言えると。
また今年に入り台湾への進出などさらなる飛躍が期待でそうな会社の1つだと。


本日の先物レンジ
18960~19180円
日経平均はもみ合いで十分
新興市場に目を向けたい。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/13(火) 08:30
 


おはようございます。

ドル建て3月限 19135 -55 19275 19335 19085
 円建て3月限 19065  -125  19205 19270 19015

NYは、 ダウ平均は39.58ドル高の19796.43、ナスダックは31.96ポイント安の5412.54で取引を終了した。ロシアなどOPEC(石油輸出国機構)非加盟国が減産に同意したことを受けて原油相場が上昇し、買いが先行。目立った経済指標の発表が無いなか、前週に主要株価指数が連日で過去最高値を更新したことで、利益確定の動きが広がり上値の重い展開となった。ダウは最高値を更新した。

日経ですが、昨日も下値は限定的に推移して引けは戻り高値で引けた。
本日は、為替状況もドル安から安く始まり下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替114.87円 163ドルから167ドル

 18727円から19183円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/13(火) 08:26
 
13日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1040万株、買い700万株で、差し引き340万株の売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、銀行、機械、保険、食品、サービス、化学、ガラス、保険など。
 買いセクターに、化学、不動産、商社、情報通信、サービス、電機、機械、銀行など」(外資系証券)という。
 


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/13(火) 08:16
 
2016/12/13  7時16分現在

         10年債                      2年債
米国     2.471% (前日比+0.004%)     1.141% (前日比+0.008%)
英国     1.467% (前日比+0.014%)     0.120% (前日比-0.021%)
ドイツ     0.399% (前日比+0.034%)     -0.742% (前日比+0.011%)
ポルトガル 3.831% (前日比-0.016%)     0.225% (前日比-0.032%)
イタリア    1.995% (前日比-0.045%)     -0.112% (前日比-0.018%)
ギリシャ   6.721% (前日比+0.025%)       -
スペイン    1.499% (前日比-0.015%)     -0.283% (前日比-0.034%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 本日の予定

2016/12/13(火) 08:05
 
■国内(13日)
5年国債入札

《決算発表》
東建コーポ

■海外(13日)
中国11月鉱工業生産(11:00)
中国11月小売売上高(11:00)
中国11月都市部固定資産投資(11:00)
独12月ZEW景況感指数(19:00)
FOMC(~12/14)
米11月輸入物価(22:30)
米30年国債入札

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/13(火) 07:58
 
■NYダウ
 19,796.43 +39.58
■ナスダック
 5,412.54 -31.96
■CME225(円建て)
 19,065 -125(大証比)
■ドイツDAX
 11,190.21 -13.42
■上海総合指数
 3,152.97 -79.91
■ドル円
 114.86

 12日のNY市場はまちまち。ロシアなどOPEC非加盟国が減産に同意したことを受けて原油相場が上昇しました。目立った経済指標の発表が無いなか、為替市場でもドル円が2月以来となる116円台まで円安が進みましたが、FOMCを前にポジション調整ムードが高まり、金融株やテクノロジー、一般消費財株も売り優勢となりました。ダウは最高値を更新しました。
 セクター別では、電気通信サービスや公益事業が上昇する一方で自動車・自動車部品や銀行が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、日東電<6988>が堅調。半面、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>が冴えないなと、対東証比較(1ドル115.07円換算)で高安まちまち。


◆ 大引け概況

2016/12/12(月) 15:23
 
■日経平均      19,155.03(+158.66)

■東証1部出来高    29.55億株

■東証1部売買代金   3.31兆円

■日経平均先物    19,190(+200)

■TOPIX        1,531.43(+6.07)

■騰落        上昇1,119/下落773

■マザーズ指数    922.04(+17.09)

■日経JQ       2,669.62(+6.25)

■ドル円       115.60
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前週末の米国株高や為替市場の円安・ドル高を好感し、朝方は買いが先行。買い一巡後は、上げ一服商状ながらも高値圏で堅調に推移しました。
 後場は、昼休みの時間帯に先物が伸び悩んだ流れを受け、売りが先行。短期的な上昇ピッチの速さに対する警戒感から利益確定売りに押され上げ幅縮小。ただ、売り一巡後は、円相場が再び弱含んだこともあり、持ち直し1万9000円台を回復して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、食料品、水産・農林業、サービス業でした。一方、値下がり上位は、海運業、証券商品先物、鉄鋼となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。

■桃太郎
後場は、上げ幅縮小場面もありましたが、下値は限定的となり引けにかけてはポイントの110円あたりまで戻る展開となった。為替推移には相変わらずリンク薄である。
明日も上昇相場が続くのか見ていきます。

ドル換算ベースは、165.74ドル -0.15%と3日続伸にはならずでした。


◆ ご案内

2016/12/12(月) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/12(月) 14:01
 
■日経平均      19,177.58(+181.21)

■日経平均先物    19,140(+150)

■TOPIX先物      1,529.50(+5.00)

■騰落        上昇998/下落898

■日経JQ       2,669.53(+6.16)

■マザーズ指数    923.03(+18.08)

■ドル円       115.56

■NYダウ夜間先物  +44

■上海総合指数後場の寄り付き 3,163.58 前日比-69.30 -2.14%

■指数大型      現値1,431.12  前日比+5.04

■指数中型      現値1,803.65  前日比+10.45

■指数小型      現値2,715.29  前日比+3.29


◆ 桃太郎

2016/12/12(月) 13:59
 
指数は、上げ幅縮小場面もありましたが、現在は戻り歩調で思いのほかしっかり。為替推移にはリンク薄が続いてます。

為替推移も先日コメントした、115円台前半から中盤。明確に越えてくると半値の112.50円から5円ほど上昇の117円台前半から中盤もあり得ます。
先日、113円台前半で押さえられ、まだ円売りポジション継続は見られている場面となってます。

ドル換算ベースは、ボックス内の動き、現在は、165.78ドル -0.13%での推移。


◆ 日・10月第三次産業活動指数:前月比0.2%上昇

2016/12/12(月) 13:34
 
12日発表された2016年10月の第3次産業活動指数は前月比0.2%上昇の104.1だった。


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/12(月) 12:34
 
ランチバスケットは24件、342.25億円。
差し引き80億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/12(月) 11:48
 
■日経平均      19,142.82(+146.45)

■東証1部出来高    15.58億株

■東証1部売買代金   1.64兆円

■日経平均先物    19,110(+120)

■TOPIX        1,528.43(+3.07)

■騰落        上昇968/下落924

■マザーズ指数    924.06(+19.11)

■日経JQ       2,671.45(+8.08)

■ドル円       115.26
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前週末の米国株高や為替市場の円安・ドル高を好感し、朝方は買い優勢でスタート。原油高も支えとなり、先物買いを交えて上げ幅を拡大し、1万9200円台前半と取引時間中では昨年12月18日以来約1年ぶりの高値をつける場面も見られました。その後は上げ一服商状ながらも高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。
 
 業種別では、値上がり上位は、食料品、水産・農林業、サービス業。一方、値下がり上位は、海運業、銀行業、証券商品先物となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後、上げ幅縮小となった。
良く上がる相場ですが、指数先物は5日続伸ですから休みも必要なのでしょう。
ドル換算ベースは、3日続伸場面となってます。

ドル換算ベース、166.10ドル +0.06%上げ幅縮小。


◆ 桃太郎

2016/12/12(月) 10:54
 
指数は、円安に敏感に推移して続伸も5日目。

為替推移も115円台中盤での推移で円安傾向。

ドル換算ベースは、166.77ドル +0.45%と3日続伸。

時間足のバンドウォークは続いてます。(19190円)

様子見します。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.02%

2016/12/12(月) 10:26
 
上海総合指数 3,233.67 前日比 +0.79 +0.02%


◆ 10時の概況

2016/12/12(月) 10:01
 
■日経平均      19,262.95(+266.58)

■日経平均先物    19,220(+230)

■TOPIX先物      1,539.50(+15.00)

■騰落        上昇1,295/下落561

■日経JQ       2,671.81(+8.44)

■マザーズ指数    915.45(+10.50)

■ドル円       115.50

■NYダウ夜間先物  +77

■指数大型      現値1,443.33  前日比+17.25

■指数中型      現値1,809.39  前日比+16.19

■指数小型      現値2,724.46  前日比+12.46


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/12(月) 09:45
 
おはようございます。

ファンド筋は慌ただしい朝を迎えそうだ。我々はNYダウの20000ドルを見たいものだと社内は盛り上がっている傍。
クリスマス休暇返上とまではいかない。ただ最近は在宅管理もある程度可能なため交代でのマーケット管理となる。
ただ多くの社員達は休日返上を余儀なくされるのかもしれない(笑)

さて今日の東京市場も為替が対ドル115円台となればハイテクセクターの変化も見物であるが。

今朝は!出遅れセクター観点から。
また皆様にだけ我が社の若手ホープとボスがこんな話を皆んなの前でしていたことをここで。
日本株の出遅れを狙う!と。
そこでだが
「復活!マザーズ市場」として出遅れ感タップリとなった今!
マザーズ市場をチャンスとして皆様にご報告したい。
そこで我が社若手ホープから。
○○××
ネット市場調査、マーケティング領域で事業展開。この事業では着実に成長過程。国内リサーチは好調でここ最近は連続増益。
マザーズ銘柄では十分な内容であり大株主に東証1部のVOYAGEを考えるとこのマーケティング事業での躍進が期待でき新興市場特有の値動きが始まればまずは2年前の高値734円は見に行くだろうと。
またマザーズ銘柄で面白そうなのがあれば続々と紹介したいと思ってます。


本日の先物レンジ
18960~19310円
大きな変化が起きている。
ただここは出遅れセクターだ。

「復活!マザーズ市場」きっと気づく筈だ。


◆ 日・11月国内企業物価指数:前年比2.2%下落 前月比は0.4%上昇

2016/12/12(月) 09:00
 
08:50発表の11月の国内企業物価指数は99.1で、前月比で0.4%上昇、前年同月比で2.2%下落した。市場予想の中心は前年比で2.3%下落だった。


◆ 10月機械受注:前月比+4.1%

2016/12/12(月) 08:56
 
内閣府が12日に発表した10月の機械受注統計(船舶、電力を除く民需)は前月比+4.1%の8783億円となった。


◆ 外資系の注文動向

2016/12/12(月) 08:28
 
 12日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り750万株、買い480万株で、差し引き270万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、化学、銀行、機械、自動車、電機、建設、通信、薬品など。
 買いセクターに、サービス、銀行、精密、商社、空運、石油、電機、機械など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/12(月) 08:25
 


おはようございます。

ドル建て3月限 19255 +265 18890  19260 18825
 円建て3月限 19185 +195 18810 19195 18760

朝の為替状況も115円台中盤とドル高傾向となってます。
現在の日経CFD 19282円 +288円と大きくギャップアップからの始まりとなりそうですが、買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、115.50円 163ドルから168ドル

 18826円から19404円


◆ 今週の予定

2016/12/12(月) 08:23
 
■12(月)
【国内】
10月機械受注(8:50)
11月国内企業物価指数(8:50)
10月第3次産業活動指数(13:30)
11月工作機械受注(15:00)

《決算発表》
くらコーポ、シーズHD、ハイレックス

【海外】
米11月財政収支(12/13 4:00)
米3年国債入札
米10年国債入札

《米決算発表》
オラクル

休場:タイ、マレーシア、インドネシア、メキシコ


■13(火)
【国内】
5年国債入札

《決算発表》
東建コーポ

【海外】
中国11月鉱工業生産(11:00)
中国11月小売売上高(11:00)
中国11月都市部固定資産投資(11:00)
独12月ZEW景況感指数(19:00)
FOMC(~12/14) 
米11月輸入物価(22:30)
米30年国債入札


■14(水)
【国内】
12月調査日銀短観(8:50)
11月首都圏新規マンション発売(13:00)

《決算発表》
アスクル、サンバイオ、コーセル、フジコーポ

【海外】
米11月小売売上高(22:30)
米11月生産者物価(22:30)
米11月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
イエレンFRB議長会見(景気見通し改定) 


■15(木)
【国内】
プーチン・ロシア大統領来日(~12/16)
安倍首相、プーチン・ロシア大統領と首脳会談(山口) 
20年国債入札

《決算発表》
クスリのアオキ、パーク24、ドーム、神戸物産

【海外】
トランプ次期米大統領記者会見
BOE金融政策委員会
EU首脳会議(~12/16)
米12月NY連銀製造業景気指数(22:30)
米7-9月期経常収支(22:30)
米11月消費者物価指数(22:30)
米12月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(22:30)
米12月NAHB住宅市場指数(12/16 0:00)
メキシコ中銀金融政策決定会合

《米決算発表》
アドビ・システムズ、カーニバル・コーポレーション


■16(金)
【国内】
日露首脳共同記者会見(予定)

《決算発表》
イハラケミカル、クミアイ化、西松屋チェ

【海外】
米11月住宅着工件数(22:30)
米11月建設許可件数(22:30)

休場:南ア


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/12(月) 08:20
 
 19,756.85 +142.04
■ナスダック
 5,444.50 +27.14
■CME225(円建て)
 19,185 +195(大証比)
■ドイツDAX
 11,203.63 +24.21
■上海総合指数
 3,232.88 +17.51
■ドル円
 115.51

 9日のNY市場は上昇。米国株の先高期待が週末の利益確定売りを上回り、買い優勢の展開となりました。また、ミシガン大学消費者景況感指数が予想を上振れたほか、原油相場の上昇も好感され相場を押し上げました。昨日に続き、S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新。
 セクター別では、自動車・自動車部品や食品・飲料・タバコが上昇する一方で耐久消費財・アパレルや不動産が下落。
 ADRの日本株はエーザイ<4523>、LINE<3938>が小安い他は、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士重<7270>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル115.32円換算)で全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/12(月) 08:13
 
2016/12/12  7時16分現在

         10年債                      2年債
米国     2.468% (前日比+0.060%)     1.133% (前日比+0.023%)
英国     1.382% (前日比+0.023%)     0.141% (前日比+0.032%)
ドイツ     0.365% (前日比-0.017%)     -0.753% (前日比-0.022%)
ポルトガル 3.847% (前日比+0.101%)     0.257% (前日比+0.015%)
イタリア    2.040% (前日比+0.043%)     -0.094% (前日比-0.039%)
ギリシャ   6.696% (前日比+0.042%)       -
スペイン    1.514% (前日比+0.010%)     -0.249% (前日比-0.037%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 展開

2016/12/11(日) 18:51
 
週末のNYダウは+142.04ドル・ナスダック +27.34P・ドル円115.32・原油 51.47ドル
ドルインデックス 1101.57

日経CFD 19218円 ドル換算ベース、165.99ドル

NYは、大幅続伸。トランプ期待から20000ドル目前となってきました。
商品価格の安定と好循環が続いてます。
今週は、水曜日に重要イベントのFOMCとなります。利上げ後も続伸するのか興味はあります。先々週売り越しに転じた円も先週は円33937枚の売り越し 33668枚の売り越し増円安が再びのイメージが強くなってます。
今週の主な予定、13日(火)中国小売売上高(11月)中国鉱工業生産(11月)14日(水)日銀短観(第4四半期)米小売売上高(11月)米生産者物価指数(11月FOMC声明・経済予測発表、イエレンFRB議長記者会見15日(木)日銀短観企業物価見通し 米消費者物価指数(11月)米NY連銀製造業景況指数(12月)米新規失業保険申請件数(10日までの週)日露首脳会談 EU首脳会議16日(金)米住宅着工件数(11月)日露首脳会談

今週も例年になく動きが激しい12月になりそうです。

日経ですが、米国大統領選挙後、先週末で3000円休みらしい相場は無く急上昇となり、一部市場の底上げの流れとなってます。

以下会員ページ


◆ 週間展望 釣り人

2016/12/10(土) 10:23
 
昨日のNYダウは19756の142ドル高 ナスダック27ポイント高 ドル円115.32
CME終値 19195+195
ごつい上げです。新聞ではNYダウの2000ドルが見えてきた・・・海外投資家の日本株買いはまだ始まったばかり・・・など威勢が良く更にはこれだけの円安になれば大手企業は増額修正だ!となってきています。買う株・売る株ではありますが私は明日

~~会員ページ~~

個別株に対しては当たり前ですが複雑ですから場中入り色々書いていきます。大型株の動きがすこぶる良いので買いでも空売りでも攻めていきます。
今回は簡単ですがここまでです。今週もよろしくお願いします。

この上げ相場で大きく取る投資家・ボチボチな投資家・負ける投資家・・・いつものことです。勝てる投資!頑張って応援していきます。どうぞご覧ください。
株のページ「デイトレの海と風」もどうぞご覧ください。面白いですよ。


◆ 大引け概況

2016/12/09(金) 15:22
 
■日経平均      18,996.37(+230.90)

■東証1部出来高    31.31億株

■東証1部売買代金   3.92兆円

■日経平均先物    18,990(+260)

■TOPIX        1,525.36(+12.67)

■騰落        上昇1,250/下落606

■マザーズ指数    904.95(+16.40)

■日経JQ       2,663.37(-3.88)

■ドル円       114.40
-
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の欧米株高を受け、朝方は買いが先行。その後は、先高観が強まり先物に買いが入ると現物市場にも裁定取引の買いが入り上げ幅を拡大。
 後場は、寄り付きから売買が交錯。前場終値近辺でのもみ合いの後は、根強い買いに強含み、1万9000円台を回復。日本株の先高観の強さから中長期で運用する海外投資家がまとまった規模で時価総額の大きい銘柄への買いを入れる動きが活発となり、連日で年初来高値を更新しました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、証券商品先物。一方、値下がりしたのは、機械、電気・ガス業のみとなりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
後場も続伸となり、19000円まで引け際に買われた。
来週も上昇していくのか見ていきます。

ドル換算ベースは、165.99ドル +0.48%でした。


◆ ご案内

2016/12/09(金) 14:32
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 桃太郎

2016/12/09(金) 14:09
 
指数は、続伸良く上がるイメージです。一時、19000円台とニュースでも言うのでしょう。

為替推移は、114円台中盤での持合い。

ドル換算ベースは、165.91ドル +0.41%と値幅調整とはならず大きく切り返し。160ドルあたりが現在は安値としてキープからの切り返しが続いている。

様子見。


◆ 14時1分の概況

2016/12/09(金) 14:03
 
■日経平均      18,988.57(+223.10)

■日経平均先物    18,940(+210)

■TOPIX先物      1,519.50(+7.50)

■騰落        上昇999/下落857

■日経JQ       2,661.93(-5.32)

■マザーズ指数    902.52(+13.97)

■ドル円       114.46

■NYダウ夜間先物  +17

■上海総合指数 3,239.44 前日比+24.07 +0.75%

■指数大型      現値1,423.89  前日比+11.75

■指数中型      現値1,789.14  前日比+7.72

■指数小型      現値2,701.75  前日比+3.19


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/09(金) 12:36
 
ランチバスケットは20件、295.28億円。
差引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/09(金) 12:03
 
■日経平均      18,974.09(+208.62)

■東証1部出来高    17.16億株

■東証1部売買代金   2.22兆円

■日経平均先物    18,920(+190)

■TOPIX        1,521.72(+9.03)

■騰落        上昇988/下落859

■マザーズ指数    900.71(+12.16)

■日経JQ       2,664.01(-3.24)

■ドル円       114.46
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の欧米株高を受け、買いが先行。円安・ドル高や原油高も支えとなり、1万8900円を回復。ただ週末とあって利益確定売りも出やすく、いったん伸び悩む場面も見られました。その後は、先高観が強まり先物に買いが入ると現物市場にも裁定取引の買いが入り上げ幅を拡大。節目の1万9000円にあと数十円のところまで迫って前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、その他製品でした。一方、値下がり上位は、機械、ガラス土石製品、水産・農林業となりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
前場は、為替の下支えもあり続伸。
戻り高値を更新した。
後場も続伸するか見ていきます。

ドル換算ベースは、165.76ドル +0.34%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.19%

2016/12/09(金) 10:26
 
上海総合指数 3,209.34 前日比 -6.03 -0.19%


◆ 桃太郎

2016/12/09(金) 10:10
 
指数は続伸。

為替推移は、114円台前半まで戻りボックス内の推移。

ドル換算ベースは、165.24ドル +0.02%と指数は、為替分上昇の範囲内。

ようすみします。


◆ 10時の概況

2016/12/09(金) 10:01
 
■日経平均      18,907.04(+141.57)

■日経平均先物    18,850(+120)

■TOPIX先物      1,514.00(+2.00)

■騰落        上昇759/下落1,091

■日経JQ       2,661.85(-5.40)

■マザーズ指数    901.02(+12.47)

■ドル円       114.32

■NYダウ夜間先物  +7

■指数大型      現値1,417.84  前日比+5.70

■指数中型      現値1,784.02  前日比+2.60

■指数小型      現値2,692.85  前日比-5.71


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/09(金) 09:14
 
おはようございます。

お陰様で米国株の強さが我々の収益を押し上げてくれた2016年となりそうだ。喜び反面、来年もこの調子を継続できるか少しプレッシャーだ(笑)
そして、我々はここ最近の上昇により今年の収益をほぼ確定させここからは来年どうするかを考えながらの戦略となりそうです。
ただまもなくクリスマス休暇に入る我が社!社員達も家族達と過ごす時間に費やすので来週からはノンビリとした会社になりそうだ。
さて、東京市場でありますがトレンドが転換したことは間違いない状況。
しかし面白いのが投資の主体別動向を見るとヤレヤレと個人投資家は株を売却し利益確定や損失確定をなくなく行っていそうだ。そしてその代わりに外国人投資家が空売りしていた玉の買い戻しと新規買いを入れているようで米国株同様に上昇の加速が見て取れる。
そして明らかに昨日の日経平均の上昇により売り方は完璧に一時的に敗北となった筈だ。
そこで日本株の出遅れ株を狙うのがここからの投資戦略であるが、昨日も大型株の一角で東京電力、シャープ、アイフル、東芝、富士通などが上昇しているのが分かる。
そこで我が社の若手のホープで日本株分析に詳しい彼が出遅れ感があり、今国会でカジノなるIR法案でキーとなるインバウンド需要。
インバウンド需要は国策であることは日本の人口減少に必要不可欠であることは言うまでもなくその観点から○○××が完璧に出遅れていたと語っていた。業績など成長余地を考えても若手のホープの試算だと株価600円はしてても何ら不思議ではないと。


~以下会員ページ~


◆ 12月限SQ概算値は18867.45円 +101.98円(暫定値)

2016/12/09(金) 09:12
 
12月限SQ概算値は18867.45円(暫定値)
前日比 +101.98円


◆ ドル建て 日経225

2016/12/09(金) 08:26
 


おはようございます。

ドル建て3月限 18880 +150 18675 18945 18640
 円建て3月限 18810 +80 18590 18875 18565

NYは、 ダウ平均は65.19ドル高の19614.81、ナスダックは23.59ポイント高の5417.36で取引を終了した。欧州中央銀行(ECB)理事会で、ドラギ総裁が必要に応じた量的緩和策の期間延長や規模拡大の実施に言及したことから欧州株が全面高となり、米国株にも買いが先行。その後は、原油相場の上昇に加えてトランプ政権での政策期待から金融株などが選好されたが、利益確定の売りも広がり上値を抑えた。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新した。

日経ですが、昨日も為替リンクは薄く引けにかけては大幅高となった。
本日も為替推移も114円台に戻り、戻り高値更新から始まり買い進まれるか見ていきます。

想定レンジ、為替、114.12円 161ドルから166ドル

 18373円から18943円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/09(金) 08:15
 
 9日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1930万株、買い1470万株で、差し引き460万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、機械、小売、化学、電機、精密、情報通信など。
 買いセクターに、電機、食品、通信、サービス、薬品、その他製品、機械、小売、鉄鋼、繊維、REITなど」(外資系証券)という。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/09(金) 08:08
 
2016/12/9  7時16分現在

         10年債                      2年債
米国     2.407% (前日比+0.067%)     1.110% (前日比+0.016%)
英国     1.382% (前日比+0.023%)     0.109% (前日比-0.005%)
ドイツ     0.382% (前日比+0.035%)     -0.731% (前日比-0.062%)
ポルトガル 3.746% (前日比+0.233%)     0.242% (前日比+0.060%)
イタリア    1.997% (前日比+0.110%)     -0.055% (前日比-0.040%)
ギリシャ   6.654% (前日比-0.017%)       -
スペイン    1.504% (前日比+0.080%)     -0.212% (前日比-0.024%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 本日の予定

2016/12/09(金) 08:04
 
■国内(9日)
11月マネーストック(8:50)
メジャーSQ算出

《決算発表》
エイチ・アイエス、カナモト、エイチーム、イトクロ、丹青社

■海外(9日)
中国11月消費者物価・生産者物価(10:30)
米10月卸売売上高(12/10 0:00)
米10月卸売在庫(12/10 0:00)
米12月ミシガン大学消費者マインド指数(12/10 0:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/09(金) 08:02
 
■NYダウ
 19,614.81 +65.19
■ナスダック
 5,417.36 +23.60
■CME225(円建て)
 18,810 +80(大証比)
■ドイツDAX
 11,179.42 +192.73
■上海総合指数
 3,215.37 -6.87
■ドル円
 114.03

 8日のNY市場は上昇。ECBの緩和策を好感し欧州株が全面高となり、米国株にも買いが先行。その後は、原油相場の上昇に加えてトランプ政権での政策期待から金融株などに買いが入り、4指数がそろって史上最高値を更新しました。
 セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で資本財や家庭用品・パーソナル用品が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、コマツ<6301>、日鉄住金<5401>、エーザイ<4523>など対東証比較(1ドル114.03円換算)で全般堅調となりました。


◆ 大引け概況

2016/12/08(木) 15:34
 
■日経平均      18,765.47(+268.78)

■東証1部出来高    28.18億株

■東証1部売買代金   3.39兆円

■日経平均先物    18,790(+290)

■TOPIX        1,512.69(+22.07)

■騰落        上昇1,414/下落485

■マザーズ指数    888.55(-9.37)

■日経JQ       2,667.25(-0.95)

■ドル円       113.60
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。前日の米国株高を受け、朝方は買いが先行。ソフトバンクなど値がさの大型株が物色され、日経平均の上げ幅は一時200円を上回る場面も見られました。
 後場は、昼休みの時間帯に円相場がやや強含んだこともあり、上げ幅を縮めてスタート。ただ、その後の下値は限定的で、円伸び悩みもあり根強い買いに支えられ1万8700円台を回復。ジリジリと上げ幅を拡大し、高値引けで本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気・ガス業、証券商品先物、保険業。一方、値下がりしたのは、医薬品、サービス業のみとなりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
後場は、為替リンクも薄く上昇となり高値付近となった。
良く分からない上昇となっている。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、165.20ドル +20.08%大幅上昇となった。


◆ ご案内

2016/12/08(木) 14:44
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 11月景気ウォッチャー調査-現状判断DIは52.5ポイント

2016/12/08(木) 14:15
 
8日に内閣府は11月の景気ウォッチャー調査を発表した。現状判断DIは52.5で、前月比3.2ポイント上昇(改善)した。改善は2カ月連続。


◆ 14時の概況

2016/12/08(木) 14:02
 

■日経平均先物    18,670(+170)

■TOPIX先物      1,505.90(+14.40)

■騰落        上昇1,251/下落628

■日経JQ       2,668.81(+0.61)

■マザーズ指数    891.95(-5.97)

■ドル円       113.36

■NYダウ夜間先物  -20

■上海総合指数後場の寄り付き 3,220.93 前日比-1.31 -0.04%

■指数大型      現値1,406.09  前日比+16.62

■指数中型      現値1,772.36  前日比+15.51

■指数小型      現値2,687.53  前日比+11.13


◆ 桃太郎

2016/12/08(木) 13:59
 
指数は、為替リンクも薄く下値も限定的に推移。
為替は一時、113円前半などで、ユーロの巻き戻しが終われば半値の112.50円を意識するのか見ていきます。

ドル換算ベースは、164.70ドル +1.77%移動平均線あたりまで戻る展開。

下値も限定的で良く戻します。
もう少し様子見します


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/08(木) 12:36
 
ランチバスケットは27件、544.50億円。
差引き90億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/08(木) 11:53
 
■日経平均      18,649.03(+152.34)

■東証1部出来高    13.85億株

■東証1部売買代金   1.56兆円

■日経平均先物    18,660(+160)

■TOPIX        1,502.31(+11.69)

■騰落        上昇1,086/下落758

■マザーズ指数    890.85(-7.07)

■日経JQ       2,669.05(+0.85)

■ドル円       113.56
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国株高を受け買いが先行。ソフトバンクなど値がさの大型株が物色され、日経平均の上げ幅は一時200円を上回る場面も見られました。その後は戻り待ちの売りに、やや上値が重い展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気・ガス業、情報・通信業、保険業でした。一方、値下がり上位は、医薬品、サービス業、不動産業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
前場は、高寄りから先日の戻り高値付近まで上昇。
引けにかけては利益先行から上げ幅縮小ですが下値も限定的。為替推移は一服感から下落。

ドル換算ベースは、164.27ドル +1.50%大きく切り返した。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.10%

2016/12/08(木) 10:29
 
上海総合指数 3,225.55 前日比 +3.31 +0.10%


◆ 桃太郎

2016/12/08(木) 10:07
 
指数は、戻り高値付近まで上昇での推移。
ソフトバンク(9984)だけでも70円ほど上げているのでしょう。

為替推移は、113円台中盤での推移。

ドル換算ベースは、164.16ドル +1.43%大幅上昇。

様子見します


◆ 10時の概況

2016/12/08(木) 10:01
 
■日経平均      18,687.70(+191.01)

■日経平均先物    18,690(+190)

■TOPIX先物      1,506.50(+15.00)

■騰落        上昇1,381/下落488

■日経JQ       2,671.68(+3.48)

■マザーズ指数    900.25(+2.33)

■ドル円       113.88

■NYダウ夜間先物  -25

■指数大型      現値1,406.53  前日比+17.06

■指数中型      現値1,771.93  前日比+15.08

■指数小型      現値2,691.15  前日比+14.75


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/08(木) 09:18
 
おはようございます。

トランプラリー継続!
欧米株高を背景に本日も買い優勢となりそうだ。
またみずほ銀行が日本IBMと仮想通貨を開発したようで銀行株の強い流れは継続しそうだ。
また良好な外部環境から日本株もこの追い風にのりこのままだと年内に1度日経平均19000円を試す動きがあっても何ら不思議ではない。
ただ米国の10年債利回りはやや低下し利上げを折込み始めた。また原油価格の調整などから為替も調整してもよいが投資意欲旺盛がマーケットに吹き荒れておりまだまだ楽しみ満載かなと。
押し目買いに押し目なしに見えるが、どこかでまた押し目はあるだろうから押し目には注目。
ただ強い銘柄はまだまだ値が飛びそうな環境であるのと、ここからは間違いなく出遅れ銘柄の水準訂正は始まるだろう。

~以下会員ページ~


◆ 10月国際収支―1兆7199億円の黒字、28カ月連続黒字

2016/12/08(木) 08:54
 
財務省が8日発表した国際収支状況(速報)によると、経常収支は1兆7199億円の黒字だった。黒字は28カ月連続。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/08(木) 08:21
 


おはようございます。

ドル建て12月 18625 +125 18470 18665 18415
円建て12月限 18630 +130 18460  18670 18415

NYは、 ダウ平均は297.84ドル高の19549.62、ナスダックは60.76ポイント高の5393.76で取引を終了した。アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株も買いが先行。朝方は主要経済指標の発表がない中、トランプ氏が薬価引き下げに言及したことで医薬品・バイオセクターへの警戒感が強まり、上値の重い展開となった。その後は、次期政権でのインフラ投資や減税などの政策期待を背景にした買いが広がり、上げ幅を拡大した。S&P500とダウは最高値を更新した。

日経ですが昨日もじり高となり高値持合いとなった。
本日も戻り高値を抜けてくるのか見ていきます。為替推移はトランプ相場も一服感が出てドル安傾向となって来てはいます。

想定レンジ、為替、113.66円 160ドルから165ドル

 18185円から18753円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/08(木) 08:16
 
 8日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1040万株、買い1240万株で、差し引き200万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、機械、建設、電力、ガス、サービス、小売、鉄鋼、商社、銀行、情報通信、精密、電機、通信など。
 買いセクターに、サービス、その他製造、通信、商社、電機、化学、輸送用機器、精密、証券、機械、保険など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/08(木) 08:12
 
■国内(8日)
7-9月期GDP改定値(8:50)(GDP推計方法が新基準に変更)
10月国際収支(8:50)
11月都心オフィス空室率(11:00)
11月企業倒産件数(13:30)
11月景気ウォッチャー調査
17年度与党税制改正大綱決定(予定)
30年国債入札

《決算発表》
積水ハウス

■海外(8日)
中国11月貿易収支
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)

《米決算発表》
コストコホールセール、クーパー、ブロードコム

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/08(木) 08:10
 
■NYダウ
 19,549.62 +297.84
■ナスダック
 5,393.76 +60.76
■CME225(円建て)
 18,630 +130(大証比)
■ドイツDAX
 10,986.69 +211.37
■上海総合指数
 3,222.24 +22.59
■ドル円
 113.65

 7日のNY市場は上昇。アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株も買いが先行。買い一巡後は、トランプ次期大統領が薬価引き下げの意向を示したことが嫌気され医薬品・バイオセクターへの警戒感が強まり、上値の重い展開となりました。その後は、次期政権でのインフラ投資や減税などの政策期待を背景にした買いが広がり、大幅続伸して取引を終えました。
 セクター別では、自動車・自動車部品や運輸が上昇する一方で医薬品・バイオテクノロジーやヘルスケア機器・サービスが下落。
 ADRの日本株は日鉄住金<5401>、神戸鋼<5406>が冴えない他は、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、富士通<6702>など対東証比較(1ドル113.8円換算)で全般堅調となりました。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/08(木) 08:04
 
2016/12/8  7時16分現在

         10年債                      2年債
米国     2.340% (前日比-0.049%)     1.094% (前日比-0.020%)
英国     1.359% (前日比-0.059%)     0.114% (前日比-0.021%)
ドイツ     0.347% (前日比-0.026%)     -0.669% (前日比+0.024%)
ポルトガル 3.513% (前日比-0.123%)     0.182% (前日比-0.011%)
イタリア    1.887% (前日比-0.056%)     -0.015% (前日比-0.011%)
ギリシャ   6.671% (前日比-0.067%)       -
スペイン    1.424% (前日比-0.068%)     -0.188% (前日比+0.017%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/12/07(水) 15:23
 
■日経平均      18,496.69(+136.15)

■東証1部出来高    24.00億株

■東証1部売買代金   2.69兆円

■日経平均先物    18,500(+100)

■TOPIX        1,490.62(+13.42)

■騰落        上昇1,483/下落422

■マザーズ指数    897.92(-1.02)

■日経JQ       2,668.20(+5.48)

■ドル円       114.30
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の欧米株高や円安・ドル高を受け、朝方は買いが先行。また、米国への巨額投資を明らかにしたソフトバンクが大幅に上昇したことも相場の下支えとなり18500円に迫る場面も見られました。
 後場は、寄り付きから売買が交錯。上値では利益確定売りが出ている一方、下値では国内外の機関投資家の押し目買いが入り高値圏でもみ合い商状に。根強い買いに支えられ、後場中ごろからジリジリと上げ幅を拡大し、本日のほぼ高値で取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気・ガス業、銀行業、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、医薬品、ゴム製品となりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
後場も緩むことなく高値推移となった。
明日も続くのか見ていきます。

ドル換算ベースは、161.84ドル +0.39%続伸となった。


◆ ご案内

2016/12/07(水) 14:57
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 日本10月-景気動向指数:一致指数は1.4ポイント上昇

2016/12/07(水) 14:05
 
10月の景気動向指数(速報値)は、景気の現状を示す一致指数が前月比1.4ポイント上昇の113.9だった。
数カ月先の景気を示す先行指数は1.0ポイント上昇の101.0。


◆ 14時の概況

2016/12/07(水) 14:01
 
■日経平均      18,457.17(+96.63)

■日経平均先物    18,460(+60)

■TOPIX先物      1,486.90(+6.90)

■騰落        上昇1,372/下落531

■日経JQ       2,666.27(+3.55)

■マザーズ指数    898.31(-0.63)

■ドル円       114.16

■NYダウ夜間先物  -21

■上海総合指数後場の寄り付き 3,205.04 前日比+5.39 +0.17%

■指数大型      現値1,385.91  前日比+9.29

■指数中型      現値1,753.58  前日比+11.56

■指数小型      現値2,668.37  前日比+16.83


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/07(水) 12:34
 
ランチバスケットは19件、414.85億円。
差引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/12/07(水) 11:39
 
■日経平均      18,433.79(+73.25)

■東証1部出来高    11.93億株

■東証1部売買代金   1.26兆円

■日経平均先物    18,440(+40)

■TOPIX        1,483.60(+6.40)

■騰落        上昇1,258/下落611

■マザーズ指数    896.34(-2.60)

■日経JQ       2,663.67(+0.95)

■ドル円       114.14
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の欧米株高や円安・ドル高を受け、買いが先行。また、米国への巨額投資を明らかにしたソフトバンクが大幅に上昇したことも相場の下支えとなり18500円に迫る場面も見られましたが、前場後半に差しかかり上げ幅を縮小する展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、銀行業、海運業、電気・ガス業でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、医薬品、食料品となりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後、小幅持合い。
為替の下支えから小動きとなっている。
後場も持合いか見ていきます。

ドル換算ベースは、161.52ドル +0.19%小幅続伸。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.04%

2016/12/07(水) 10:26
 
上海総合指数 3,198.47 前日比 -1.18 -0.04%


◆ 10時の概況

2016/12/07(水) 10:01
 
■日経平均      18,476.12(+115.58)

■日経平均先物    18,470(+70)

■TOPIX先物      1,487.00(+7.00)

■騰落        上昇1,421/下落428

■日経JQ       2,667.53(+4.81)

■マザーズ指数    899.57(+0.63)

■ドル円       114.26

■NYダウ夜間先物  -12

■指数大型      現値1,386.45  前日比+9.83

■指数中型      現値1,753.38  前日比+11.36

■指数小型      現値2,669.92  前日比+18.38


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/07(水) 09:12
 
おはようございます。

今朝は個別株では9984ソフトバンクに注目か?次期米大統領トランプ氏と会談し対米投資500億ドル、5万人の雇用を約束したようだ。
これは日本株には明るい材料の1つになりそうだ。
さて、米国株であるが金融株は堅調でありその流れは東京市場にも波及効果はありそうだ。
さて東京市場ですが米国のトランプ誕生から急騰し騰落レシオなどから調整してもと思っていたが調整幅は僅かで、そうそうしているうちに騰落レシオの過熱感は冷めてきた!
こうなると気がつくとまた上値余地がありそうだ。
終わり良ければ全て良しの2016年を期待したい。
来年のゴールデンウィークまでは東京市場も良さそうだ!

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2016/12/07(水) 08:43
 
日経平均先物の現在の気配は18440前日比40高のところです。ドル円114.00前日とほとんど動かずです。NYダウ35ドル高、新高値を取りました。ナスダックも続伸、驚きは昨日のイタリア株です。日経新聞では銀行に激震とかいろんなことが書かてりますが、なんと4%もの大幅高。日経平均にあてはめますと1000円高にあたるでしょうか。なんらかの不安が払しょくされると結果に関わらず暴騰が起こっています。英国や米国、そして今回のイタリアとなっております。さて、揉み合いの範疇という言葉が適切かどうかわかりませんが、少なくとも高値揉み合い。と先週からなっています。それでは本日もよろしくお願いします。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/07(水) 08:14
 


おはようございます。

ドル建て12月限 18455 +55 18420 18495 18320
 円建て12月限 18450 +50 18420 18490 18320

NYは、ダウ平均は35.54ドル高の19251.78、ナスダックは24.11ポイント高の5333.00で取引を終了した。欧州中央銀行(ECB)理事会を明日に控えて欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。昨日に最高値を更新したダウに利益確定の売りが広がったほか、原油安も相場の重しとなったが、ハイテク株が牽引し上昇した。好循環で上昇している。

日経ですが、昨日も下値は限定的となり上値持合いとなった。
本日も持合いとなっていくのか見ていきます。


想定レンジ、為替、114.01円 161ドルから163ドル

 18355円から18585円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/07(水) 08:09
 
 7日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1270万株、買い1240万株で、差し引き30万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、機械、保険、電機、金属、精密、食品、自動車、電力など。
 買いセクターに、不動産、銀行、サービス、情報通信、薬品、その他金融、機械、輸送用機器、その他製品、電機、自動車、保険、電力など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/07(水) 08:03
 
■国内(7日)
10月景気動向指数(14:00)

■海外(7日)
米10月消費者信用残高(11/8 5:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/07(水) 07:52
 
■NYダウ
 19,251.78 +35.54
■ナスダック
 5,333.00 +24.11
■CME225(円建て)
 18,450 +50(大証比)
■ドイツDAX
 10,775.32 +90.49
■上海総合指数
 3,199.65 -5.06
■ドル円
 114.02

 6日のNY市場は上昇。ECB理事会を明日に控え欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。上値を追う新たな取引材料に欠くなか、利益確定の売りに押される場面も見られました。一方で、米景気の回復期待を背景に金融株に買いが続き、相場を押し上げダウは過去最高値を更新して取引を終えました。
 セクター別では、電気通信サービスや銀行が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや公益事業が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士重<7270>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル114.03円換算)で全般小じっかりとなりました。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/07(水) 07:38
 
2016/12/7  7時18分現在

         10年債                      2年債
米国     2.389% (前日比-0.005%)     1.114% (前日比-0.006%)
英国     1.418% (前日比+0.015%)     0.135% (前日比+0.027%)
ドイツ     0.373% (前日比+0.040%)     -0.693% (前日比+0.011%)
ポルトガル 3.636% (前日比-0.067%)     0.193% (前日比-0.126%)
イタリア    1.943% (前日比-0.041%)     -0.004% (前日比-0.059%)
ギリシャ   6.738% (前日比+0.201%)       -
スペイン    1.492% (前日比-0.060%)     -0.205% (前日比-0.065%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/12/06(火) 15:28
 
■日経平均      18,360.54(+85.55)

■東証1部出来高    23.91億株

■東証1部売買代金   2.69兆円

■日経平均先物    18,400(+140)

■TOPIX        1,477.20(+10.24)

■騰落        上昇1,241/下落631

■マザーズ指数    898.94(-3.82)

■日経JQ       2,662.72(+4.00)

■ドル円       113.96
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の欧米株高を受けて買いが先行。一時上げ幅は200円を超える場面も見られました。
 後場は、昼休みの時間帯に伸び悩んだ流れを受け、上げ幅を縮めてスタート。売り一巡後は、先物にまとまった買い物が入ったのをきっかけに持ち直したもののその後は売買が交錯。1万8300円台半ばで推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、鉄鋼、非鉄金属でした。一方、値下がり上位は、食料品、陸運業、パルプ・紙となりました。
 
 TOPIXも反発、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
後場は、本日安あたりでの持合いとなった。
明日も持合いか見ていきます。

ドル換算ベースは、161.22ドル +0.09%小幅切り返しとなった。


◆ ご案内

2016/12/06(火) 14:25
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/06(火) 14:02
 
■日経平均      18,352.52(+77.53)

■日経平均先物    18,357(+97)

■TOPIX先物      1,476.10(+11.60)

■騰落        上昇1,197/下落665

■日経JQ       2,662.63(+3.91)

■マザーズ指数    899.82(-2.94)

■ドル円       113.78

■NYダウ夜間先物  -11

■上海総合指数後場の寄り付き 3,208.42 前日比+3.71 +0.12%

■指数大型      現値1,376.60  前日比+10.38

■指数中型      現値1,739.35  前日比+8.22

■指数小型      現値2,648.74  前日比+11.45


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/06(火) 12:42
 
ランチバスケットは29件、1092.85億円。
差引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/06(火) 11:57
 
■日経平均      18,370.83(+95.84)

■東証1部出来高    11.21億株

■東証1部売買代金   1.16兆円

■日経平均先物    18,370(+110)

■TOPIX        1,477.23(+10.27)

■騰落        上昇1,266/下落582

■マザーズ指数    906.95(+4.19)

■日経JQ       2,664.72(+6.00)

■ドル円       113.68
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の欧米株高を受けて買い優勢でスタート。一時上げ幅は200円を超える場面も見られました。買い一巡後は、為替相場が1ドル=113円付近とやや強含んだこともあり、伸び悩む展開となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、海運業、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、パルプ・紙、食料品、空運業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。

■桃太郎
前場は、高寄りから利益先行となり上げ幅縮小。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、161.63ドル +0.35%でした。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.08%

2016/12/06(火) 10:26
 
上海総合指数 3,202.03 前日比 -2.68 -0.08%


◆ 10時の概況

2016/12/06(火) 10:01
 
■日経平均      18,421.00(+146.01)

■日経平均先物    18,420(+160)

■TOPIX先物      11,479.00(+14.50)

■騰落        上昇1,422/下落435

■日経JQ       2,664.38(+5.66)

■マザーズ指数    910.42(+7.66)

■ドル円       113.58

■NYダウ夜間先物  -3

■指数大型      現値1,378.34  前日比+12.12

■指数中型      現値1,744.91  前日比+13.78

■指数小型      現値2,655.82  前日比+18.53


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/06(火) 09:11
 
おはようございます。

イタリア国民投票に関してであるが想定の範囲内での結果で終わったようでマーケットも折込んでいたように思われる。
また来年も欧州は大統領選が各国で開かれるが最大のイベントは来年秋のドイツの選挙くらいではなかろうか?
ただ来年秋までは時間軸がまだまだあり基本路線を変えるまでもない。
さて昨日の続きとなるが今朝は為替に関して重要な事を皆様にお伝えするが、米国大統領のトランプ誕生により現段階で為替はどの通貨に対しても「ドルが主軸」欧州問題、アジア、南米、アフリカにてもドル高基調であることを忘れてはならない。
株、不動産など様々な投資はあるが我々の勝手な分析からだと為替が1番大事であり投資するにあたり日本人が外国に投資すれば投資される国の人からすれば全て外国人にあたる。
そこで投資するにあたり為替は1番大事になることは言うまでもない。
昨日も少し触れたが過度なドル高は米国も好まないだろうが、米国の景気回復の表れが通貨の強さとなり、これまで皆様は「円高ドル安」と耳にしてきただろうが、我々からすれば「ドル安円高」であったわけで、ここからは「ドル高円安」のイメージは必要だろう。

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2016/12/06(火) 08:27
 
 6日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1300万株、買い1210万株で、差し引き90万株の売り越し。売り越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、機械、陸運、情報通信、その他製品、不動産、食品など。
 買いセクターに、サービス、不動産、自動車、機械、建設、輸送用機器、その他製品、小売、通信、保険など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2016/12/06(火) 08:21
 


おはようございます。

ドル建て12月 18400 +140 18250 18570 18235

円建て12月限 18405 +145 8250 18570 18215

NYは、 ダウ平均は45.82ドル高の19216.24、ナスダックは53.24ポイント高の5308.89で取引を終了した。憲法改正を巡るイタリア国民投票が否決され、レンツィ首相が辞任を表明した。先行き不透明感が解消したとの見方から欧州株がほぼ全面高となり米国株にも買いが先行。原油相場の上昇やISM非製造業景況指数が予想を上振れたことが好感されたが、引けにかけて上げ幅をやや縮小した。

日経ですが、昨日は買い支えもあり下値は限定的に推移した。
本日は、リスクオンから海外動向も高く戻りを試すのか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.82円 160ドルから163ドル

 18212円から18552円


◆ 本日の予定

2016/12/06(火) 08:13
 
■国内(6日)
10月毎月勤労統計調査(9:00)

■海外(6日)
米10月貿易収支(22:30)
米10月製造業受注(11/7 0:00)

《米決算発表》
オートゾーン

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/06(火) 08:09
 
■NYダウ
 19,216.24 +45.82
■ナスダック
 5,308.89 +53.24
■CME225(円建て)
 18,405 +145(大証比)
■ドイツDAX
 10,684.83 +171.48
■上海総合指数
 3,204.71 -39.13
■ドル円
 113.82

 5日のNY市場は上昇。憲法改正を巡るイタリア国民投票が否決され、先行き不透明感が解消したとの見方から欧州株がほぼ全面高となり米国株にも買いが先行。また、原油相場の上昇やISM非製造業景況指数が予想を上振れたことが好感され、ダウ平均は再び史上最高値を更新しました。
 セクター別では、耐久消費財・アパレルや銀行が上昇する一方で食品・生活必需品小売やヘルスケア機器・サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、任天堂、富士重、三井物、京セラ、日東電、TDKなど、対東証比較(1ドル113.82円換)で全般堅調。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/12/06(火) 08:08
 
2016/12/6  7時15分現在

         10年債                      2年債
米国     2.383% (前日比-0.065%)     1.096% (前日比-0.051%)
英国     1.380% (前日比-0.117%)     0.111% (前日比-0.043%)
ドイツ     0.281% (前日比-0.088%)     -0.735% (前日比-0.003%)
ポルトガル 3.697% (前日比-0.068%)     0.348% (前日比-0.022%)
イタリア    1.902% (前日比-0.148%)     0.052% (前日比-0.039%)
ギリシャ   6.494% (前日比-0.010%)       -
スペイン    1.543% (前日比-0.072%)     -0.136% (前日比-0.044%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/12/05(月) 15:43
 
■日経平均      18,274.99(-151.09)

■東証1部出来高    20.68億株

■東証1部売買代金   2.29兆円

■日経平均先物    18,260(-70)

■TOPIX        1,466.96(-11.02)

■騰落        上昇539/下落1,327

■マザーズ指数    902.76(-4.26)

■日経JQ       2,658.72(+0.52)

■ドル円       113.46
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。イタリア国民投票の結果を受けレンツィ首相が辞意を表明したことで、政局混乱や大手銀行の不良債権問題などが懸念され、円高方向に振れたことで朝方は売りが先行。売り一巡後は下げ渋ったものの戻りは限定的となりました。
 後場は、売買が交錯し、前場終値近辺でスタートしたものの先物主導で下げ幅を拡大。その後いったん下げ渋ったものの戻りは鈍く、1万8200円台半ばでもみ合い商状に。また、日銀のETF買い期待が後退したとの見方も相場の重しとなりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、銀行業、不動産業、サービス業でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、海運業、卸売業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も続落しました。

■桃太郎
後場も下値は限定的の推移。
為替推移も動きなく安定での推移でした。
明日も持合いなのか見ていきます。

ドル換算ベースは、161.07ドル -0.29%でした。


◆ ご案内

2016/12/05(月) 14:35
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/05(月) 14:01
 
■日経平均      18,262.09(-163.99)

■日経平均先物    18,270(-60)

■TOPIX先物      1,465.50(-5.50)

■騰落        上昇466/下落1,391

■日経JQ       2,657.80(-0.40)

■マザーズ指数    903.35(-3.67)

■ドル円       113.60

■NYダウ夜間先物  -32

■上海総合指数後場の寄り付き 3,202.69 前日比-41.15 -1.27%

■指数大型      現値1,364.40  前日比-12.74

■指数中型      現値1,729.18  前日比-13.92

■指数小型      現値2,633.52  前日比-20.95


◆ 桃太郎

2016/12/05(月) 13:15
 
指数は、戻り高値から500円ほど押し場面。下値も限定的に推移。
先物、直近の安値、18210円は維持の展開。

為替推移は、安定の113円台中盤。リスク回避の動きは見られず。

ドル換算ベースは、続落の160.83ドル 160ドル台維持できるか見ていってます。200MA 156ドル台を切れると転換も・・・


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/05(月) 12:35
 
ランチバスケットは11件、154.45億円。
差引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/05(月) 11:55
 
■日経平均      18,309.07(-117.01)

■東証1部出来高    10.59億株

■東証1部売買代金   1.09兆円

■日経平均先物    18,310(-20)

■TOPIX        1,467.12(-10.86)

■騰落        上昇482/下落1,383

■マザーズ指数    904.09(-2.93)

■日経JQ       2,657.83(-0.37)

■ドル円       113.66
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。イタリア国民投票で、改憲派のレンツィ首相が敗北を認め、辞意を表明。政局混乱や大手銀行の不良債権問題などが懸念されるとともに円高が重しとなり、朝方は売りが先行。一時下げ幅は140円を超える場面も見られました。その後は下げ渋ったものの戻りは限定的となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、銀行業、空運業、不動産業でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、海運業、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も続落しました。

■桃太郎
前場は、下値も限定的に推移。
先週末もETF買いが入っているので、本日も買い支えもあるのかもしれません。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、161.11ドル -0.27%となった。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/05(月) 11:11
 
おはようございます。

今朝は皆様にお約束していた我々の今後のマーケット分析を簡単にお伝えする。
先ず、結論は米国株からの観点が我々の基本路線でありますので結論としてはBUY!
今後、米国は利上げ、多少の株安!しかし押し目は買い。そして経済分野からだと回復、また利上げとなり成長の証の利上げ観点からもマーケットは安定。
ただ諸外国の不安は多少あるのかもしれない欧州、中国、アジア、ロシアなど。
ただ現段階からだと原油価格の上昇余地、コモディティ、バルチック海運指数などからも為替は大きな円安はないだろうが日銀黒田氏は対ドル125円になると嫌気した事実。
そうなると我々の対ドルに関する詠みは恐らく110円~120円この間が丁度良い。されど金利面に介入したことにより事実上金利差から為替はまだもう少し円安トレンドだと我々は考えている。
さて、そうなると大事なのは来年に向けた日経平均ならぬ日本株であるが。
先ず、ここ最近メガバンクや銀行株。
金融株の上昇が目立っているが、これは我々の勝手な分析であるが8306三菱UFJを例にするならば今、

~以下会員ページ~


◆ 上海総合指数の現在の気配は-1.23%

2016/12/05(月) 10:28
 
上海総合指数 3,203.78 前日比 -40.06 -1.23%


◆ 桃太郎

2016/12/05(月) 10:24
 
指数は、下値も限定的の持合い。先物9MA前後での推移。

為替推移は、高値から1円ほど戻り113円台後半での推移。
2日下落からのリバンド。安値持合い。

ドル換算ベースは、161.13ドル -0.26% 安値は、161.01ドル
5MA 162.59・25MA 163.62・75MA 164.00・100MA 162.45・200MA 156.11

様子見。


◆ 10時の概況

2016/12/05(月) 10:06
 
■日経平均      18,346.56(-79.52)

■日経平均先物    18,330(±0)

■TOPIX先物      1,468.50(-9.46)

■騰落        上昇412/下落1,444

■日経JQ       2,655.60(-2.60)

■マザーズ指数    907.00(-0.02)

■ドル円       113.74

■NYダウ夜間先物  -35

■指数大型      現値1,369.53  前日比-7.61

■指数中型      現値1,732.86  前日比-10.24

■指数小型      現値2,633.43  前日比-21.04


◆ 速報:イタリア国民投票 レンツィ首相が敗北認め辞任の意向

2016/12/05(月) 08:48
 
速報:イタリア国民投票 レンツィ首相が敗北認め辞任の意向


◆ ドル建て 日経225

2016/12/05(月) 08:23
 


おはようございます。

現在日経CFD 18263円 -163円
NYCFD 19109ドル -61ドル

イタリア国民投票3社の出口調査で、反対が優勢となりリスク回避の動きから円が買われ113円前後での推移から安く始まりそうであります。
その後下値も限定的か見ていきます。

想定レンジ、為替、113.08円 160ドルから163ドル

 18092円から18432円


◆ 外資系の注文動向

2016/12/05(月) 08:21
 
 5日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り740万株、買い1050万株で、差し引き310万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、銀行、電気機器、機械、金属、不動産、サービスなど。
 買いセクターに、情報通信、電気機器、機械、不動産、化学、空運、サービスなど」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2016/12/05(月) 08:18
 
■5(月)
【国内】
11月消費者態度指数(14:00)
黒田日銀総裁講演

《決算発表》
ピジョン

【海外】
米11月ISM非製造業景況指数(11/6 0:00)


■6(火)
【国内】
10月毎月勤労統計調査(9:00)

【海外】
米10月貿易収支(22:30)
米10月製造業受注(11/7 0:00)

《米決算発表》
オートゾーン


■7(水)
【国内】
10月景気動向指数(14:00)

【海外】
米10月消費者信用残高(11/8 5:00)


■8(木)
【国内】
10月国際収支(8:50)
7-9月期GDP改定値(8:50)(GDPの推計方法が新基準に変更)
11月都心オフィス空室率(11:00)
11月企業倒産件数(13:30)
11月景気ウォッチャー調査
17年度与党税制改正大綱決定(予定)
30年国債入札

《決算発表》
積水ハウス

【海外】
中国11月貿易収支
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)

《米決算発表》
コストコホールセール、クーパー、ブロードコム


■9(金)
【国内】
11月マネーストック(8:50)
メジャーSQ算出

《決算発表》
エイチ・アイエス、カナモト、エイチーム、イトクロ、丹青社

【海外】
中国11月消費者物価・生産者物価(10:30)
米10月卸売売上高(11/10 0:00)
米10月卸売在庫(11/10 0:00)
米12月ミシガン大学消費者マインド指数(11/10 0:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/05(月) 08:10
 
■NYダウ
 19,170.42 -21.51
■ナスダック
 5,255.65 +4.54
■CME225(円建て)
 18,365 +35(大証比)
■ドイツDAX
 10,513.35 -20.70
■上海総合指数
 3,243.84 -29.47
■ドル円
 113.20

 2日のNY市場はまちまち。米11月雇用統計は強弱まちまちとなり株価への影響は限られ、寄付き後から揉み合う展開となりました。また、4日に実施されるイタリアの国民投票を見極めたいとの思惑もあり、小幅な値動きとなりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や不動産が上昇する一方で自動車・自動車部品やメディアが下落。
 ADRの日本株はファーストリテ<9983>、ルネサス<6723>、ソニー<6758>が小じっかりな他は、がトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、キヤノン<7751>、デンソー<6902>、任天堂<7974>、富士重<7270>、コマツ<6301>、日東電<6988>、TDK<6762>など対東証比較(1ドル113.51円換算)で全般冴えない展開となりました。


◆ 展開 桃太郎

2016/12/04(日) 15:43
 
週末のNYダウは-21.51ドル・ナスダック +4.54P・ドル円113.52・原油 51.69ドル
ドルインデックス 100.68

日経CFD 18361円 ドル換算ベース、161.55ドル

NYは、先週高値を取る展開となりましたが、週末はトランプ相場の一服感も出て利益先行となった。雇用統計は失業率低下から2007年バブル景気まで低下となったが、金利上昇まで行かずドル高は一服。賃金下落は気になるところであるが、利上げには変化ないであろうとの観測となった。
今週は、イタリア国民投票の結果では、明日の朝の為替推移となろう。
5日(月)黒田日銀総裁、講演・中国財新サービス業PMI(11月)米ISM非製造業景況指数(11月)6日(火)豪中銀政策金利・米製造業受注(10月)8日(木)日本国際収支(10月)日本GDP 改定値(第3四半期)中国貿易統計(11月)ECB政策金利・ドラギECB総裁、記者会見 米新規失業保険申請件数(3日までの週)9日(金)中国消費者物価指数(11月)中国生産者物価指数(11月)米ミシガン大学消費者信頼感指数 速報値(12月)
主な予定も8日(木)曜日が注目されそうである。

さて日経ですが、先週は調整もと感じたが、原油減産もあり戻り高値更新となった。為替推移は、4週連続高となり、114円台後半まで一時安値を付けた。
IMM通貨先物11月29日主要国通貨 円は売り越し転じ、「円 269枚の売り越し 10900枚の買い越しから転じる」指数の下支えともなっている。

以下、会員ページ。


◆ 週間展望 釣り人

2016/12/04(日) 12:23
 
週末のNYダウは21ドル安・ナスダックは4ポイント高 113.54真近安値からは少し円高 先週の展望で目先は円高しかしながらトレンドは円安と伝えましたが
わずかに円高に振れた後は即座に円安に振れ日経平均先物は木曜日に大きく上昇する局面となりました。オペックの減産合意があったためです。さてこれからなんですがトランプ勝利の後、1兆円以上買い越している海外投資家はさらに買ってくるのか?売り越していた個人投資家はどう動くのか?こうなるわけですが、まずトランプの勝利の日・日経は大きく売られ、その後急上昇値幅では安値から2500円も上がっています。最も買っている海外投資家はさぞ儲かっているだろう・・と考えがちですがそうではありません。2%もの円安で株の上昇が帳消しとなりほとんどもうけが出ていません。これは桃太郎が毎朝チャート紹介しています。ドル建て日経平均の動きを見れば一目瞭然です。
つまり海外投資家は円高となりさらに株高となれば日本株で大きく儲けることができます。いずれ円安は止まりそれでも株高は続く・・こう考え大きく買い越しをしているかもしれません。米国金利上昇はじりじりと進んでいますが円安はあまり反応しなくなっています。
「売り線」はまだ発動してませんので押し目買いであろうと考えますが日々の動き大きくなっています。桃の解説どうぞご覧ください。
それでは今週もよろしくお願いします。


◆ 大引け概況

2016/12/02(金) 15:32
 
■日経平均      18,426.08(-87.04)

■東証1部出来高    28.33億株

■東証1部売買代金   3.01兆円

■日経平均先物    18,330(-70)

■TOPIX        1,477.98(-5.29)

■騰落        上昇700/下落1,172

■マザーズ指数    907.02(-12.96)

■日経JQ       2,658.20(-10.24)

■ドル円       114.08
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。朝方は、短期的な過熱感があることや円安一服もあり、利益確定売りが先行。先物売りを交えて下げ幅を広げ、一時下げ幅は100円を超える場面もみられました。
 後場は、寄付きから売りが先行。週末要因に加え米11月雇用統計、イタリアで憲法改正を問う国民投票など重要イベントを控え、持ち高調整の売りに押され下げ幅を拡大。その後、下げ渋ったものの戻りは限定的となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、食料品、その他製品、ゴム製品でした。一方、値上がり上位は、銀行業、証券商品先物、海運業となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続落しました。

■釣り人
昨日と同様日経平均先物は引けで売られました。
為替がそれほど振れがあったわけではないのですが、米国雇用統計とイタリアの国民投票週末にイベントがありますので一度利確しておこうということなんでしょう。
今週は上値を追うことがありましたが、日経平均は総じて動かずでありました。
来週もよろしくお願い致します。お疲れさまでした。


◆ ご案内

2016/12/02(金) 14:04
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/02(金) 14:01
 
■日経平均      18,376.28(-136.84)

■日経平均先物    18,380(-20)

■TOPIX先物      1,475.00(-7.50)

■騰落        上昇618/下落1,261

■日経JQ       2,656.19(-12.25)

■マザーズ指数    905.03(-14.95)

■ドル円       114.00

■NYダウ夜間先物  -16

■上海総合指数後場の寄り付き 3,243.54 前日比-29.77 -0.91%

■指数大型      現値1,375.01  前日比-4.96

■指数中型      現値1,741.26  前日比-13.02

■指数小型      現値2,649.15  前日比-15.52


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/02(金) 12:47
 
ランチバスケットは21件、662.72億円。
差引き30億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/12/02(金) 11:46
 
■日経平均      18,425.45(-87.67)

■東証1部出来高    13.92億株

■東証1部売買代金   1.38兆円

■日経平均先物    18,430(+30)

■TOPIX        1,480.79(-2.48)

■騰落        上昇755/下落1,113

■マザーズ指数    909.38(-10.60)

■日経JQ       2,662.21(-6.23)

■ドル円       113.88
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。朝方は、昨日年初来高値を更新し短期的な過熱感があることや円安・ドル高の一服もあり、利益確定売りが先行。先物売りを交えて下げ幅を広げ、一時下げ幅は100円を超える場面もみられました。その後は安値圏で軟調に推移して前場取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、ゴム製品、食料品、その他製品でした。一方、値上がり上位は、証券商品先物、銀行業、海運業となりました。
 
 TOPIXも反落、マザーズ指数は続落しました。

■釣り人
休日前ということもあり、そして連騰が続いている状況でしたので、全体は一服という感じの前場となっています。それでは後場もよろしくお願いします。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.10%

2016/12/02(金) 10:26
 
上海総合指数 3,270.12 前日比 -3.19 -0.10%


◆ 10時の概況

2016/12/02(金) 10:01
 
■日経平均      18,405.38(-107.74)

■日経平均先物    18,410(+10)

■TOPIX先物      1,480.00(-2.50)

■騰落        上昇668/下落1,147

■日経JQ       2,661.62(-6.82)

■マザーズ指数    914.22(-5.76)

■ドル円       113.70

■NYダウ夜間先物  +1

■指数大型      現値1,378.15  前日比-1.82

■指数中型      現値1,746.85  前日比-7.43

■指数小型      現値2,654.28  前日比-10.39


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/02(金) 09:11
 
おはようございます。

昨日、日経平均はある意味今年のスタート地点に立った。
しかしここまで凄いピッチでの上昇!
投資家も驚いたのではなかろうか?
ただ為替もここまで円安が進めば自ずと来期末は為替差益が発生してくるだろうし面白い展開が期待できるだろうとなる。
面白いものですね。
さてここで東京市場もマーケット環境良好から材料株相場も始まりだしたようだが。
そこで我が社の若手ホープからのマーケット分析によると、材料株で最後の伸びが足りないのが「ロシア関連」だと。12月15日にプーチン大統領が11年ぶりに来日する。
そこでの焦点は北方領土問題とされているが、「我々は経済分野の協力が中心」だと思っておりテーマ株ならぬ材料株は確率と統計から必ず最後に大きな上昇があって終わる。
その観点から若手から○○××は信用の取り組み妙味もあることと、ここでの調整から最後に700円前後までの相場があってもと笑っていた。
東京市場はマーケット環境り!材料株相場に入ったことは言うまでもない。


◆ 外資系の注文動向

2016/12/02(金) 08:13
 
 2日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1500万株、買い1550万株で、差し引き50万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、陸運、電機、化学、その他製品、食品など。
 買いセクターに、鉄鋼、サービス、不動産、REIT、情報通信、薬品、電機、機械、その他製品、化学、銀行、小売、証券など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/02(金) 08:11
 
■国内(2日)
11月マネタリーベース(8:50)

《決算発表》
三井ハイテ、日駐、ロックフィール

■海外(2日)
米11月雇用統計(22:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/02(金) 08:10
 
■NYダウ
 19,191.93 +68.35
■ナスダック
 5,251.11 -72.57
■CME225(円建て)
 18,440 +40(大証比)
■ドイツDAX
 10,534.05 -106.25
■上海総合指数
 3,273.31 +23.28
■ドル円
 114.14

 1日のNY株式市場は続伸。原油高が続いたほか、米長期金利の上昇でエネルギーや金融株への買いが先行。その後は、米景気の勢いを見極めるうえで重要な11月の米雇用統計の発表を控え、様子見姿勢が強く上値の重い展開となりました。
 セクター別では、自動車・自動車部品や銀行が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、味の素<2802>が小じっかりな他は、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、富士フイルム<4901>、日東電<6988>、コマツ<6301>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル114.1円換算)で全般小安い展開となりました。


◆ 日経平均先物(週足)

2016/12/01(木) 17:45
 
日経平均先物 週足

■釣り人
週足チャートですので、ざっくりとした場所に赤丸青丸を付けました。
細かい解説はページの左にあります「チャートで見る実績」をご覧になっていただければと思います。
急所を当てた時が何度も存在します。どうぞこれからもご覧になってください。

さて、まだイルカの「売り線」が出ていない状況です。
どんな波動をこれから取っていくのか?
どんどんと解説していきます。


◆ 大引け概況

2016/12/01(木) 15:50
 
■日経平均      18,513.12(+204.64)

■東証1部出来高    28.21億株

■東証1部売買代金   3.29兆円

■日経平均先物    18,400(+20)

■TOPIX        1,483.27(+13.84)

■騰落        上昇1,137/下落735

■マザーズ指数    919.98(-2.50)

■日経JQ       2,668.44(+0.35)

■ドル円       114.10

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、OPECの減産合意で原油高から為替相場でドル高・円安が進み、石油関連や輸出関連株を中心に買いが先行。買戻し一巡後も新規の買いが入り、上げ幅を広げる展開となりました。
後場は、円下げ渋りや高値警戒感から利益確定売りが先行。後場中ごろから先物主導で売られ、上げ幅を縮小。18500円近辺まで押し戻されて本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、空運業、ゴム製品、パルプ・紙となりました。
 
 TOPIXも続伸、マザーズ指数は反落しました。

■釣り人
日経平均の終値は18513。それに対して日経平均先物の終値は18400。つまり、日経平均が引けた後の15分間で先物は更に売られました。本日の先物の高値から見ますと360円もの失速となりました。為替がじりじりと円高へ振れたのも一因なんですが、今日の動きというものはいつもと違う高値の取り方でした。9時の寄付きに高く始まり、その後18600円を超えたことにより、更に上昇が行われました。つまり、売り方のたまらない買戻し、踏み上げというのですがそれが見えた一日となりました。朝方お伝えした通り、売り線はまだ発動していません。ただ、指数は高値波乱になってきた状況となります。桃さんは今日の高いところ売りで対処し、良かったです。


◆ ご案内

2016/12/01(木) 14:27
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/12/01(木) 14:01
 
■日経平均      18,603.88(+295.40)

■日経平均先物    18,600(+220)

■TOPIX先物      1,488.00(+14.00)

■騰落        上昇1,367/下落524

■日経JQ       2,672.89(+4.80)

■マザーズ指数    922.42(-0.06)

■ドル円       114.18

■NYダウ夜間先物  +41

■上海総合指数後場の寄り付き 3,268.80 前日比+18.77 +0.58%

■指数大型      現値1,383.61  前日比+18.72

■指数中型      現値1,760.77  前日比+20.20

■指数小型      現値2,672.86  前日比+20.42


◆ お昼のバスケット取引

2016/12/01(木) 12:33
 
ランチバスケットは22件、666.10億円。
差引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/12/01(木) 11:50
 
■日経平均      18,722.38(+413.90)

■東証1部出来高    14.39億株

■東証1部売買代金   1.58兆円

■日経平均先物    18,730(+350)

■TOPIX        1,496.80(+27.37)

■騰落        上昇1,583/下落319

■マザーズ指数    925.21(+2.73)

■日経JQ       2,677.07(+8.98)

■ドル円       114.50

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。朝方は、OPECの減産合意で原油高から為替相場でドル高・円安が進み、石油関連や輸出関連株を中心に買いが先行。買戻し一巡後も新規の買いが入り、上げ幅を広げる展開となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、証券商品先物。一方、値下がりしたのは、空運業、水産・農林業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。

■釣り人
大きく上昇する日経平均に対して「イルカのジャンプ(売り線)」はまだでないのですか?
という問合せが入るようになっています。
たしかにトランプ大統領の勝利が決まった当日、日経平均先物は大きく下がり16090円まで下がりました。
そこから見ますと、現在18740ですから2650円も上昇しています。
会員ページでご覧の方はお分かりだと思いますが、この上昇のピッチの早さ、そして大きな値幅ですが、まだ一度も出ておりません。ある意味これが凄いところです。
ちゃんと「売り線」が出たら会員ページで連絡します。
その時どんな対応をするのか?
このあたりについても、もちろんご連絡します。
それでは後場を見てみます。


◆ 中国11月財新メディア製造業PMIは50.9、市場予想上回る

2016/12/01(木) 10:51
 
中国11月財新製造業PMIは50.9
市場予想の50.8を上回る。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.22%

2016/12/01(木) 10:25
 
上海総合指数 3,257.03 前日比 +7.00 +0.22%


◆ 10時の概況

2016/12/01(木) 10:01
 
■日経平均      18,634.64(+326.16)

■日経平均先物    18,630(+250)

■TOPIX先物      1,492.50(+18.50)

■騰落        上昇1,418/下落451

■日経JQ       2,676.72(+8.63)

■マザーズ指数    923.26(+0.78)

■ドル円       114.43

■NYダウ夜間先物  +24

■指数大型      現値1,386.77  前日比+21.88

■指数中型      現値1,765.18  前日比+24.61

■指数小型      現値2,674.20  前日比+21.76


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/12/01(木) 09:14
 
おはようございます。

面白い展開になっちゃいましたね!
安易に空売りだけはするなと皆様にはお伝えしているが、マーケットの格言ならぬ「押し目買いに押し目なし」。
この展開1番困るのは我々のようなファンド筋。
持たざるリスク、買わざるリスクに悩む筈だ!
しかしマーケットとは面白いものだ。
急落すればリスクOFF!上げ速度が早いと短期的に買われ過ぎと(笑)
確かに我々も少し困惑していることは否めない。買うことは買ってあるがここから更に上がるとなると2倍位買い増ししないとマーケットパフォーマンスに追いつかなくなる。
仮に急がねばならないとなると我々が取る行動は先物を買わざる得ない。
面白いものですね。
さて、今週末に開かれる戦略会議の資料が私の手元に集まりつつある。これからじっくり読ませてもらうが。
キーとなりそうなのがOPECの8年ぶりの減産。恐らくこれを切っ掛けに原油価格WTIも上昇に転じるだろう。
これらを含め今週末の戦略会議をまた皆様にお伝えしたい。

本日の先物レンジ

~以下会員ページ~


◆ 釣り人

2016/12/01(木) 08:45
 
日経平均先物の現在の気配は18600
前日比220円高のところです。
新高値の寄付き値が発生しました。
そしてこの寄付き値は「売り線」発動とはなりません。
ドル円114.38
昨晩大幅な円安に振れ、そのままの値動きです。
NYダウ1ドル高。上髭が長い形となりました。
ナスダックにおいては、56ポイント安。
三段上げが完了しているのではないかとの見方を前日伝えましたが調整が入っています。つまりNYダウはさほど動きがない。全体市場を表すナスダックはそこそこ失速しているにも関わらず、為替の円安により日経平均が大きく上昇して始まる。このような寄付き値であります。

本日は桃太郎のコメントは少ないです。
その分私が思うこと少し厚めに書こうかと思っております。
よろしくお願い致します。


◆ 外資系の注文動向

2016/12/01(木) 08:12
 
 12月1日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り920万株、買い890万株で、差し引き30万株の売り越し。売り越しは4営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、通信、自動車、精密、不動産、電機、その他製品など。
 買いセクターに、証券、電機、不動産、小売、情報通信、建設、自動車、機械など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/12/01(木) 08:05
 
■国内(1日)
7-9月期法人企業統計(8:50)
11月新車販売台数(14:00)
10年国債入札

《決算発表》
伊藤園

■海外(1日)
中国11月製造業PMI(10:00)
中国11月非製造業PMI(10:00)
中国財新11月製造業PMI(10:45)
ユーロ圏10月失業率(19:00)
米10月建設支出(12/2 0:00)
米11月ISM製造業景況指数(12/2 0:00)
米11月自動車販売台数

《米決算発表》
ダラー・ゼネラル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/12/01(木) 08:03
 
■NYダウ
 19,123.58 +1.98
■ナスダック
 5,323.68 -56.24
■CME225(円建て)
 18,615 +235(大証比)
■ドイツDAX
 10,640.30 +19.81
■上海総合指数
 3,250.03 -32.89
■ドル円
 114.36

 30日のNY市場はまちまち。OPEC総会で減産合意に至ったことを受けて原油相場が大幅上昇となり買いが先行。米金融規制が緩和されるとの思惑も出てエネルギーや金融株に買いが入り上げ幅拡大。また、11月ADP雇用統計や個人所得が予想を上振れたことで、11月雇用統計への期待が強まったほか、ベージュブックでは、大半の地域で景気が引き続き拡大したとの認識が示されました。
 セクター別では、エネルギーや銀行が上昇する一方で公益事業や電気通信サービスが下落。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、NTT<9432>が小安い他は、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、三菱商<8058>、京セラ<6971>、日東電<6988>など対東証比較(1ドル114.39円換算)で全般堅調となりました。