日経平均先物と釣り人と桃太郎(タイトル)
日経平均先物と釣り人と桃太郎のTOPへ

2016/01

◆ 展開

2016/01/31(日) 21:55
 
先週末は、決定会合で、マイナス金利導入で大幅高となった。
個人的な意見であるが、ドル換算ベースに直すと先週引け値ベースは、緩和前の戻り高値とほぼ同じ推移である。為替分上昇しただけである。

今回の緩和は、金利をいじることで、円高傾向に歯止めを取りたかった政策である。発表後は、118.60円台から121円前半となった。夜間では、121.60円台が安値であり、3円ほど上昇したが、戻りはザラ場安値あたりまで下落となった。

月曜日は、NY上昇分ギャップアップからのストーととなるが、買い進まれるかは、見てみないととイメージしてます。ドル換算ベース安値からほぼ、10ドル戻しをいれてる位置となる148ドル付近である。
円高傾向に、歯止めがかかったのであれば良いとは思うが、ヴェリタスにもコメントあるが、波乱には終止符が打たれるかは疑問とのコメントも多い。
会員ページでも昨年末からコメントしていいるが、たまたま、ジョージ・ソロス氏と同意見で、2008年相場に酷似してきたことは、頭の隅に入れとくべきであろう。

さて展開であるが、今週は、目先、面子に賭けても戻る場面は出るであろう。
GPIFは、株式組み入れ25%のうち現在は推測23%であり、あと2%は買いいれる事は出来る。2/4はTPP調印式、週末には米国雇用統計とイベントも多い事から不安材料とすれば海外動向となろう。
基本的には、為替が今週はどう動くかで変わるとイメージしてます。
ドル円は、海外からの目からも注目されるであろう。

今月も頑張って行きましょう。


◆ 【NTT工事のお知らせ】

2016/01/29(金) 15:46
 
1/31 23:00~2/1 7:00にNTTのセキュリティ工事が行われます。
そのため、この時間帯下記の現象が起こる可能性があります。
上記時間帯以降、もう一度お試しください。

・HPが見れない
・メールが届かない・送れない

また、工事に伴って下記のような現象が起きる可能性もありますので
あらかじめご了承下さい。

・ブックマークからHPを開いたがエラーになる

→(対処法)検索ページ(Yahoo!やGoogle)で「デイトレの海と風」や「日経平均先物と釣り人と桃太郎」などを検索していただいて、弊社HPを開いたらそちらを新たにブックマークし直してください。

・記憶されていたID・パスワードが消えた

→(対処法)お手数ですが、会員登録時にお送りしたID・パスワードを再度入力し直してください。予め控えを取っておくことをおすすめします。

※上記対処法をお試し頂いて、それでもページが見れないなどの現象が起きた場合は弊社までお電話にてご連絡下さい。


◆ 大引け概況

2016/01/29(金) 15:42
 
■日経平均      17,518.30(+476.85)

■東証1部出来高    41.25億株

■東証1部売買代金   4.43兆円

■日経平均先物    17,640(+580)

■TOPIX        1,432.07(+39.97)

■騰落        上昇1,721/下落186

■マザーズ指数    831.34(+7.49)

■日経JQ       2,480.55(+8.97)

■ドル円       120.56
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前場は、NY原油先物の上昇で前日の米国市場が上昇したことなどを受け買いが先行。買い一巡後は、ファナック(東1:6954)の下落などが重しとなり、寄付きを高値に上げ幅を縮めマイナス圏入りするなど軟調な展開となりました。
 後場は、日銀のマイナス金利導入報道を受けてプラス圏に急浮上してスタート。その後、日銀がマイナス金利導入を正式決定すると、円安進行とともに先物に大口買いが入り、一時1万7638円93銭まで急上昇。買い一巡後は、円下げ渋りもあって急速に下押し、再びマイナス転換するも、押し目買いに再びプラス圏入りするなど乱高下する展開となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、不動産業、証券商品先物、鉱業。一方、値下がりしたのは、銀行業のみとなりました。
 
 TOPIXは反発、日経ジャスダック平均株価は続伸しました。

■桃太郎
後場は、乱高下となりました。
先物の下落幅は、一時高値から1100円ほどの動き。
それがほんととは思いますが、面子にかけてもプラス圏と
した、イメージは残ります。来週も見て行きます。

ドル換算ベースは、145.31ドルと先日高値までの戻りですから
為替分上昇となりました。148ドルを来週はクリアできる
相場環境なのか見て行きたいと思います。


◆ ご案内

2016/01/29(金) 14:55
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/29(金) 14:01
 
■日経平均      17,234.96(+193.51)

■日経平均先物    17,250(+190)

■TOPIX先物      1,409.50(+17.50)

■騰落        上昇1,440/下落414

■日経JQ       2,465.98(-5.60)

■マザーズ指数    820.52(-3.33)

■ドル円       120.02

■NYダウ夜間先物  +57

■上海総合指数後場の寄り付き 2,716.05 前日比+60.39 +2.27%

■指数大型      現値1,295.59  前日比+13.22

■指数中型      現値1,712.12  前日比+21.72

■指数小型      現値2,473.67  前日比+34.31


◆ 釣り人

2016/01/29(金) 13:50
 
■釣り人
桃さんは本日大きな利益を会員ページで出しました。
昨日の無料ページでの紹介を今日にしておけばよかったなと思うぐらいの利益です。
とりあえず掲載いたします。
------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:34

出来ました。

様子見します。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:33

030円売り指値入れときます。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:22

17620円売りと、朝だした、16725円出来てますので、両建てになっています。

引けで決済します。

様子見します。+895円

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:20

835円出来ました。値幅 +575円

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:18

410円分、835円決済指値

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:18

935円出来ました。+440円値幅

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:11

平均、470円 3枚売り持ち

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:09

935円で、375残り決済

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:08

出来ました。 +345円値幅。

現在、375・410・620売り持ち。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:06

375円 1枚、030円

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:06

185円出来ました +150円値幅

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 13:03

電話中で遅くなりましたが、

375円で 2枚追加売りしてます。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 12:52

335円分、185円決済指値

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 12:43

平均値、455円 3枚売り持ち。


------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 12:40

620円出来ました。

少し様子見します。

系、3枚

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 12:39

335・410円出来ました。

620円 1枚売りだしました

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 12:34

-40円

様子見します

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 12:31

170円ロスカットで、130円売りました

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 12:25

-25円

様子見します。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 11:10

1枚だけ、010円売りました。

ロスカット、130円

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 10:00

835円 1枚買いは、取り消し。

118.78円割れもあり、残念です。


------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 09:57

朝の為替推移で、失敗となってしまいました。

12月の決定会合のトラウマで、タラレバとなりそうです。

様子見します。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 09:25

決定会合までは、様子見します。

売りは、335円 1枚・410円 1枚

買いは、835円 1枚・725円 1枚

入れときます。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 09:01

095円で出来ました。+55円

様子見します。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 08:50

ドル円の上昇。現在、118.93円

150円分は、210円ではロスカットします。

120円以下で寄るなら決済します。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/29(金) 08:44

18740・17150円売り持ち。
16660円買い持ち  昨晩は、なし。

FX,持ちなし。

昨晩もトレンドレスとなり、持ち合いとなった。
本日は、決定会合後の動きとなりそうである。個人的には現状維持とは思っている。ただ、政局不安もあり何かしらの手を打つ可能性が昨日の甘利さんの辞任で少し可能性がでてきてる感じはある。(個人的な意見)
昨晩の高値は、日経トリオの穴埋めあたりとなった。
為替推移は、118円台後半での持ち合いで、決定会合前の持ち合いとなっている。

前日終値、143.66ドル 118.96で 17089円

上値目処、170・270・420

下値目処、930・830・710

現在、118.89

NYCFD 16052ドル -17ドル
日経CFD 17122円 +80円

9MA 16823円


◆ 日銀、マイナス金利付き量的・質的金融緩和の導入

2016/01/29(金) 12:38
 
日銀、マイナス金利付き量的・質的金融緩和の導入


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/29(金) 12:34
 
ランチバスケットは16件、145.02億円。
差引き20億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/29(金) 11:44
 
■日経平均      16,953.09(-88.36)

■東証1部出来高    10.59億株

■東証1部売買代金   1.14兆円

■日経平均先物    16,950(-110)

■TOPIX        1,389.60(-2.50)

■騰落        上昇927/下落859

■マザーズ指数    808.70(-15.15)

■日経JQ       2,460.73(-10.85)

■ドル円       118.62
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。NY原油先物が上昇し、前日の米国市場が上昇したことや円相場がやや弱含んだことを受け、寄り付きは買いが先行。買い一巡後は、ファナック(東1:6954)の下落が重しとなっているほか、日銀の金融政策決定会合の結果を見極めたいとするムードも強く、寄り付きを高値に上げ幅を縮めマイナスに転換。一時下げ幅は144円30銭を付ける場面も見られましたが、売り一巡後は下げ幅を縮小する展開となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、その他製品でした。一方、値下がり上位は、電気機器、医薬品、空運業となりました。
 
 TOPIXは続落、日経ジャスダック平均株価は反落しました。

■桃太郎
前場は、決定会合前や政局不安もあり不安定な動きもでて、
下げ幅拡大となった。
為替推移も一時、118円後半反となったが、中盤までリスク回避の
動きもみられた。

ドル換算ベースは、2日下落の142.96ドルとなった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.11%

2016/01/29(金) 10:25
 
上海総合指数 2,652.85 前日比 -2.81 -0.11%


◆ 10時の概況

2016/01/29(金) 10:00
 
■日経平均      16,941.52(-99.93)

■日経平均先物    16,930(-130)

■TOPIX先物      1,388.50(-3.50)

■騰落        上昇919/下落837

■日経JQ       2,460.73(-10.85)

■マザーズ指数    805.66(-18.19)

■ドル円       118.80

■NYダウ夜間先物  -22

■指数大型      現値1,278.22  前日比-4.15

■指数中型      現値1,688.49  前日比-1.91

■指数小型      現値2,443.37  前日比+4.01


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/29(金) 09:32
 
おはようございます。

本日の東京市場は日銀による金融政策決定会合の結果待ちの状態。
ここからの日経平均を考えると昨日の甘利大臣の辞任により相変わらず「政治と金問題」に外国人投資家は1番嫌うネタだ。
政府の安定かつ企業業績の成長があっての投資となる。
ただ本日の日銀による金融政策決定が国内に起きた政治不安を排除くできるかが注目!
今日、何らかの追加緩和は考え辛いが環境面からだとまさかの追加緩和はあるのかもしれない。


本日の先物レンジ
16740~17230円
今日はこのレンジを上下レンジともに離れる可能性はある。


◆ 12月の鉱工業生産は前月比1.4%低下

2016/01/29(金) 08:55
 
経済産業省が29日発表した2015年12月の鉱工業生産指数の速報値は前月比1.4%低下の96.5だった。低下は2カ月連続。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/29(金) 08:29
 
2016/1/29  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     1.978% (前日比-0.021%)     0.817% (前日比-0.016%)
英国     1.670% (前日比-0.040%)     0.402% (前日比-0.023%)
ドイツ     0.404% (前日比-0.039%)     -0.449% (前日比-0.004%)
ポルトガル 2.975% (前日比+0.029%)     0.415% (前日比+0.005%)
イタリア    1.514% (前日比+0.016%)     0.010% (前日比+0.012%)
ギリシャ   9.586% (前日比+0.128%)       -
スペイン    1.622% (前日比+0.005%)     0.006% (前日比+0.009%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ ドル建て 日経225

2016/01/29(金) 08:27
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 17110 (+50) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 17075 (+15) 大阪取引所終値比

NYは、フェイスブック が急伸してハイテク株の上昇をけん引したほか原油相場の上昇を受けてエネルギー株が買われた。

日経ですが、昨日も為替の下支えもあり下値は限定的ではあったが、上値は重く、
17000円前半での持ち合いとなった。
本日は、決定会合でもあり、発表後どちらかに動くと思うので、見ながらの展開となろう。懸念材料は、政局不安となろう。

想定レンジ、為替、118.81円 141ドルから146ドル

 16752円から17346円


◆ 外資系の注文動向

2016/01/29(金) 08:25
 
 29日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1500万株、買い1470万株で、差し引き30万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、不動産、自動車、ゲーム、鉄鋼、紙パ、卸売、通信、銀行、サービスなど。
 買いセクターに、化学、電機、鉄鋼、サービス、小売、通信、不動産、情報通信、保険など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/29(金) 08:14
 
■国内(29日)
12月失業率・有効求人倍率、12月家計調査、12月消費者物価指数(8:30)
12月鉱工業生産(8:50)
日銀政策発表
黒田日銀総裁会見
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)

《決算発表》
日清粉G、グリコ、ヤクルト、ALSOK、味の素、東洋水産、ヒューリック、MonotaRO、スタートトゥ、三越伊勢丹、野村不HD、協和キリン、アステラス、第一三共、コーセー、TOTO、特殊陶、JFE、コマツ、住友重、マキタ、富士通、エプソン、ソニー、TDK、スタンレー、京セラ、村田製、日東電工、日野自、ダイハツ、HOYA、東エレク、りそなHD、みずほ、アコム、オリコ、JPX、JR各社、日通、郵船、商船三井、JAL、ANA、NTTドコモ、関西電、九州電、東京ガス、コナミなど

《株式分割》※権利取最終日
平河ヒューテ

■海外(29日)
仏10-12月期GDP(15:30)
仏1月消費者物価速報値(16:45)
ユーロ圏12月マネーサプライ(18:00)
ユーロ圏1月消費者物価速報値(19:00)
米10-12月期GDP(22:30)
米1月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)

《決算発表》
シーゲイト・テクノロジー、シェブロン、マスターカード

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/29(金) 08:12
 
■NYダウ
 16,069.64 +125.18
■ナスダック
 4,506.68 +38.51
■CME225(円建て)
 17,075 +15(大証比)
■英FT100
 5,931.78 -58.59
■上海総合指数
 2,655.66 -79.90
■ドル円
 118.82

 28日のNY市場は上昇。フェイスブックやキャタピラーなど主要企業の好決算や原油相場の上昇を受けて、買いが先行。原油相場が午後にかけて上げ幅を縮小したことで、一時下落に転じる場面も。ただ、原油価格が35ドル手前まで急伸したことを好感したエネルギー株の上昇が指数をけん引し、引けにかけて緩やかに上昇する展開となった。
 セクター別では、エネルギーやソフトウェア・サービスが上昇する一方でヘルスケア機器・サービスや医薬品・バイオテクノロジーが下落した。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ファーストリテ<9983>、エーザイ<4523>が堅調。一方でファナック<6954>、三井住友<8316>が冴えないなど、対東証比較(1ドル118.79円換算)で高安まちまち。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 22:36
 
ボックス内の動きとなってます。

一応、150円売り指値入れときます。

ロスカットなしで、持ち越しします。

お疲れ様でした。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 20:44
 
原油価格の上昇もあり、ドル円も堅調に推移。
明日の決定会合で下値も限定的とはなりそうである。

現在は、120円割れでの推移であるので、NYタイムで売るか決めます。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 18:03
 
甘利大臣、辞任しますが、あまり影響は感じません。
様子見します。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 16:38
 
ギャップアップからのスタート。

ドル円も切り返しの118.70円台。
期待値からしっかりで、119.16を目指さすか見て行きます。

30分足、60本あたりでの寄りとなっているので、下落波動では現在はありません。
基準線の160円を越えると200円台もありそうなので様子見します。

また連絡します。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 16:08
 
【ユーロ圏】
*ユーロ圏業況判断指数(1月)19:00
予想 0.40 前回 0.41

*ユーロ圏消費者信頼感指数・確報値(1月)19:00
予想 -6.3 前回 -6.3

*ドイツ消費者物価指数・速報値(1月)22:00
予想 -0.8% 前回 -0.1%(前月比)
予想 0.4% 前回 0.3%(前年比)

*ドイツ調和消費者物価指数・速報値(1月)22:00
予想 -1.0% 前回 0.0%(前月比)
予想 0.4% 前回 0.2%(前年比)

【米国】
*新規失業保険申請件数(23日までの週)22:30
予想 281千件 前回 293千件

*耐久財受注(12月)22:30
予想 -0.7% 前回 0.0%(前月比)
予想 -0.1% 前回 0.0%(輸送除くコア・前月比)

*中古住宅販売成約指数(12月)29日0:00
予想 0.9% 前回 -0.9%(前月比)

米主要企業決算
アマゾン、マイクロソフト、ビザ、キャタピラー、フォードモーター


◆ 大引け概況

2016/01/28(木) 15:41
 
■日経平均      17,041.45(-122.47)

■東証1部出来高    21.45億株

■東証1部売買代金   2.37兆円

■日経平均先物    17,060(-110)

■TOPIX        1,392.10(-8.60)

■騰落        上昇753/下落1,095

■マザーズ指数    823.85(+13.25)

■日経JQ       2,471.58(+7.44)

■ドル円       118.67
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株下落を受けて朝方は売りが先行しましたが、売り一巡後は、為替が円安方向で安定したことからプラス圏に浮上しました。後場は前場終値近辺で寄り付きましたが、買い戻しが一巡したことで100円超下げてマイナス転落。その後は再びプラス圏を回復するなど方向感に乏しい展開。本格化する主要企業の決算発表や日銀金融政策決定会合の結果発表を控えて様子見姿勢が強まり、終盤にかけて再びマイナス転落しました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、鉱業、海運業でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、食料品、空運業となりました。

 TOPIXは反落、日経ジャスダック平均株価は続伸しました。

■桃太郎
後場は、昨日の範囲内のボックスの動きとなりました。
明日の決定会合もあり下値は限定的、値動きはボラの
高さもあり、一方通行な動きを繰り返しました。

ドル換算ベースは、143.66ドルと-1%下落となりました。


◆ 釣り人

2016/01/28(木) 15:23
 
本日の無料公開、いかがでしたでしょうか?
ちょっとザラ場の売買、桃さん苦戦したみたいですね。

日銀決定会合を控え、神経質な展開となりました。
夕方から夜間、桃さんまた書き込むと思います。
どうぞご覧になってください。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 15:14
 
本日も17170円を上回って、引ける事はなかったです。

ただ、時間足の60本も割り込む形も朝だけで、すぐ切り返し、実態では割り込みませんでしたので、持ち合いなイメージとなりました。
イブニングでも同じイメージなのか見て行きます。
決定会合まで、為替推移に変化出るかも見ながらの展開となりそうです。

ひとまず、お疲れ様でした。

米国タイムはコメントするつもりです。


◆ ご案内

2016/01/28(木) 14:55
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 14:50
 
ボックス内の動きとなり、現在は結果、トレンドレス。

入る気があれば、17時あたりに連絡します。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 14:01
 
ご迷惑でした。

-90円

様子見します。


◆ 14時の概況

2016/01/28(木) 14:01
 
■日経平均      17,101.96(-61.96)

■日経平均先物    17,110(-60)

■TOPIX先物      1,398.50(-1.50)

■騰落        上昇738/下落1,087

■日経JQ       2,467.90(+3.76)

■マザーズ指数    827.35(+16.75)

■ドル円       118.69

■NYダウ夜間先物  +32

■上海総合指数後場の寄り付き 2,722.54 前日比-13.01 -0.48%

■指数大型      現値1,288.51  前日比-3.53

■指数中型      現値1,696.57  前日比-1.87

■指数小型      現値2,442.41  前日比-2.62


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 13:53
 
030円分のロスカット訂正で、120円とします。

下値も時間足の60本切れずでした。

もう少し様子見します。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 13:25
 
030円分、975円決済指値を一応入れときます。



◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 13:02
 
145円訂正で、110円で決済。-60円

030円分、180円でロスカット


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 12:46
 
195円を145円に訂正しました。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 12:40
 
195円で 170円分決済指値。

030円分ロスカット、225円


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 12:36
 
このところ、後場寄り後は、30分足、5本を切る展開が続いてます。

様子見てまた連絡します。


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/28(木) 12:33
 
ランチバスケットは24件、400.72億円。
差引き110億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/28(木) 11:51
 
■日経平均      17,196.30(+32.38)

■東証1部出来高    9.47億株

■東証1部売買代金   1.02兆円

■日経平均先物    17,170(±0)

■TOPIX        1,404.27(+3.57)

■騰落        上昇1,054/下落726

■マザーズ指数    832.93(+22.33)

■日経JQ       2,474.14(+10.00)

■ドル円       118.77
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国株下落を受けて朝方は売りが先行しましたが、売り一巡後は為替が対ドルで1ドル118円台後半と円安方向で安定していることから輸出関連株に買いが入って相場を押し上げました。中国株も小幅安にとどまったことや、日銀追加緩和期待が下支えし、日経平均はプラス圏に浮上して前場を終了しました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、食料品、ゴム製品、水産・農林業でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、海運業、電気機器となりました。

 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続伸しました。

■桃太郎
前場は、安寄り後、下げ幅拡大する場面もありましたが、
為替推移の下支えから、プラス圏となりました。

後場も緩和期待から、円安が進み指数の下支えとなるか
見て行きます。甘利大臣の会見は、夕方となりそうです。

ドル換算ベースは、144.74ドルと下落となりました。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 11:06
 
緩和期待があるのか、118円台後半です。

ドル換算ベースは、144.88ドルとマイナス圏。

後場からにします。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 10:41
 
030・170円(-140円損の両建て)

少し様子見します。

30分足、3本陽線とは、・・・


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 10:34
 
170円逆指値で、新規に買います。

130円あたりが良い所とは感じますが、ドル円上昇なので、118.78円を明確に抜ければ新たな展開も考えます。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.89%

2016/01/28(木) 10:26
 
上海総合指数 2,711.16 前日比 -24.40 -0.89%


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 10:24
 
150円以上は、一回、新規買いで損の両建てします。
連絡は、入れます。

昨日同様なイメージですね。


◆ 10時の概況

2016/01/28(木) 10:01
 
■日経平均      17,026.99(-136.93)

■日経平均先物    17,010(-160)

■TOPIX先物      1,391.50(-8.50)

■騰落        上昇614/下落1,139

■日経JQ       2,468.41(+4.27)

■マザーズ指数    821.92(+11.32)

■ドル円       118.61

■NYダウ夜間先物  -47

■指数大型      現値1,284.03  前日比-8.01

■指数中型      現値1,689.81  前日比-8.63

■指数小型      現値2,437.58  前日比-7.45


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 09:56
 
030円出来ました。

様子見します。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 09:54
 
030円まで訂正しました。


◆ 釣り人

2016/01/28(木) 09:50
 
皆さん楽しんでいただいているでしょうか?
昨晩の11時近く桃さんは売りでのオーバーナイトということで、17150を売り持ちを行い、本日の決済から入りました。
あと、060売りというのは当然17060円のことです。
920とかいう数字は16920円の事です。
会員ページでは下3桁しか書き込みません。
当然理解できることでしょうし、1秒2秒でも早く読者の方に情報を伝えたいと考えているからです。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 09:41
 
060円売り指値入れときます。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 09:22
 
昨日買い指値を入れた、920円を切れそうもない事や、

寄りから100円安である事から、入れました。

9:40分までは、様子見します。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 09:19
 
訂正で、935円で決済しました。

+75円

様子見します。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 09:14
 
885円決済指値 010円分。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 09:06
 
010円出来ました。

様子見します。9:40分あたりまで。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 09:03
 
110円訂正で、010円


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/28(木) 09:02
 
おはようございます。

米国株は少し嫌な雰囲気だ!
我々は米国株がメインであり本拠地としてマンハッタンにて仕事をしているが、2016年に関してであるが年初からポジション整理などある意味ロングポジションの整理をしておりやや不安な様相。
ただ新規に買う資金は潤沢に増加!
債券に回すのは構わないが我々はヘッジファンドとして世界のマーケットで戦うのであればやはりキャピタルゲインの追求は必要不可欠。
さて東京市場は今日から始まる日銀による金融政策決定会合にて「追加緩和」があるか?それとも「現状維持」かとなるかだが。
我々の会社ではもしかすると金融緩和があるかもしれないと思ったりもする。
更なる金融緩和があるとすれば我々来春かなと思っていたがマーケットを見渡すと半年前に比べると状況は一変!
原油価格がここまで急落するとは思わなかっただろうし、それによる新興国経済の鈍化、またこれらを理由に為替は円高になってしまいここで万が一米国株がさがるようなら間違いなく更なる円高になりかねない。
そうなると日本だけで世界経済ならぬお金の流れが変わるとは思わないが・・・・・。
日銀の黒田総裁は2%の物価目標を掲げているがこの環境からだと達成は不可能だ。
それを考えると
確率的には30%程度と低いか高いかは皆様次第だろうが。
ひょっとしたらサプライズはある。


本日の先物レンジ
流れからならまだまだ
16740~17380円
としておく。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 09:01
 
+120円

110円売り指値入れときます。

010円をきれるなら訂正します。


◆ 釣り人

2016/01/28(木) 08:59
 
日経平均先物の現在の気配は17070、前日比100円安のところです。
ドル円118.51、明日黒田さんの追加緩和に関する発言があるのかどうか?為替の担当者も緊張して様子見をしているところでしょう。
NYダウは222ドル安、前々日の上げをほとんど帳消しにする下げとなっています。不安定な値動きを感じるところであります。
日経平均はさほど動かずを予測しておりますが、強気になるのはもう少し見てからになります。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 08:54
 
150円分、

決済指値、030・ロスカット、220円で

様子見します。


◆ 桃太郎

2016/01/28(木) 08:43
 
18740・17150円 売り持ち。
16660円買い持ち。

昨晩は、なし。

FX,持ちなし。

昨晩は、下値も限定的となり、期待からNY寄り後、ドル高となり119.06円まで上昇したことで、先物推移も17390円の高値を付けた。
今朝の状況も118円台中盤である事ことから、大きなギャップダウンとならず、始まりそうである。明日の決定会合前で下値も限定的となるか見ながらの展開となろう。為替推移も118.78・119.16円の分岐点は現在は越えられずである。

前日終値、145.07ドル 118.51で17192円

上値目処、170・250・420

下値目処、010・930・830

現在、118.51

NYCFD 15927ドル -17ドル
日経CFD 17082円 -82円

9MA 16823円


◆ ドル建て 日経225

2016/01/28(木) 08:32
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 17085 (‐85) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 17055 (‐115) 大阪取引所終値比

NYは、利上げ路線の大幅な修正は読み取れないと失望感が広がり、終盤にかけて売りが強まった。さえない決算動向も下押しとなった。週間足でも先週の陽線を包むかたちで、下押し懸念も出てきている。

日経ですが、昨日は大きく上昇。為替の安定もあり買い戻し優先となった。
本日も為替動向は、決定会合前のポジション整理もあり118円台中盤である事から下値は限定的となるか見ながらの展開であろう。

想定レンジ、為替、115.52円 143ドルから146ドル

 16948円から17303円


◆ 外資系の注文動向

2016/01/28(木) 08:29
 
 28日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1800万株、買い1070万株で、差し引き730万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、化学、商社、電機、情報通信、その他金融、不動産、REIT、紙パルプなど。
 買いセクターに、サービス、化学、通信、建設、機械、保険、電機、薬品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/28(木) 08:22
 
■国内(28日)
12月小売売上高(8:50)
日銀金融政策決定会合(~29日)
2年国債入札

《決算発表》
ファナック、キーエンス、OLC、信越化、三住トラスト、大和証G、大東建、NRI、ヤマトHD、NEC、大ガス、オムロン、小糸製、積水化、川重、日立金、コニカミノルタ、SCSK、日立建、富士電機、サイバエージ、CTC、H2Oリテイル、ゼオン、カプコン、山九、九電工、エクセディ、アンリツ、日立マクセル、一休など

■海外(28日)
NZ準備銀行金融政策決定会合
英10-12月期GDP(18:30)
ユーロ圏1月消費者信頼感(19:00)
ブラジル12月失業率(20:00)
独1月消費者物価速報値(22:00)
米12月耐久財受注(22:30)
米12月中古住宅販売仮契約(29日0:00)
米7年国債入札

《決算発表》
パルト・グループ、アンダーアーマー、マイクロソフト、ビザ、ニューコア、フォード

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/28(木) 08:18
 
■NYダウ
 15,944.46 -222.77
■ナスダック
 4,468.17 -99.51
■CME225(円建て)
 17,055 -115(大証比)
■英FT100
 5,990.37 +78.91
■上海総合指数
 2,735.56 -14.23
■ドル円
 118.61

 27日のNY市場は大幅反落。主要企業の冴えない決算や前日の大幅高の反動を受けて売りが先行した。原油高を好感して一時プラス圏を回復したが、FOMCでは市場の予想通り政策金利は据え置かれたが、声明文でグローバルな市場や経済について懸念が示されたものの3月の利上げの可能性は残され、発表後に下落する展開。引けにかけて下げ幅を拡大した。
 セクター別では、電気通信サービスや銀行が上昇する一方でテクノロジー・ハード・機器やソフトウェア・サービスが下落した。
 ADRの日本株はオリックス<8591>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、アルプス<6770>など対東証比較(1ドル118.63円換算)で全般冴えない。


◆ NY時間に伝わった発言・ニュース

2016/01/28(木) 08:17
 
【経済指標】
【米国】
*MBA住宅ローン申請指数(22日までの週)21:00
結果 8.8%
予想 N/A 前回 9.0%(前週比)

*新築住宅販売件数(12月)28日0:00
結果 544千件
予想 500千件 前回 491千件(490千件から修正

*EIA週間石油在庫統計(バレル)28日0:30
原油在庫 +838万
ガソリン +346万
精製品  -406万
製油所稼働率 87.4(-3.2)(%)
(クッシング地区)
原油在庫 -77.1万

*FOMC政策金利 28日4:00
結果 0.50%
予想 0.50% 現行 0.50%

【NZ】
*NZ中銀政策金利 28日5:00
結果 2.50%
予想 2.50% 現行 2.50%

【発言・ニュース】
*FOMC声明
世界の経済と金融の動きを注視し雇用と物価の影響評価。世界情勢が経済見通しへのリスクに与える影響も評価。昨年末に経済成長は鈍化したが、労働市場は一段と改善。物価は一時的要因消え、雇用がさらに改善すれば上昇。在庫投資は減速。調査ベースのインフレ期待はほぼ変わらず。市場ベースのインフレ調整指標は一段と低下。政策決定はメンバー10人の全会一致。

*米5年債入札結果  
最高落札利回り 1.496%(予想 1.486%)
応札倍率    2.44倍(前回2.32倍)

*NZ中銀声明
今後1年に若干の追加緩和が必要になる公算。一段のNZドル下落が適切。金融政策は引き続き緩和的だろう。インフレの目標レンジ達成にはより時間要するだろう。オークランドの住宅価格の上昇リスクは安定的。消費者物価の総合指数の低下は原油安が要因。

*ロシア政府と石油会社、OPECとの協調行動めぐり協議
ロイター通信によると、ロシアのエネルギー省はロシアとOPECとの協調行動の可能性をめぐり、国内の石油会社と協議したことを明らかにしたと伝えている。また、タス通信がロシアの石油パイプライン会社トランスネフチの話として、ロシアとOPECが減産について協議する見通しだとも伝えたという。



◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/28(木) 08:14
 
2016/1/28  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     1.999% (前日比+0.005%)     0.833% (前日比-0.007%)
英国     1.710% (前日比+0.017%)     0.425% (前日比+0.008%)
ドイツ     0.443% (前日比-0.003%)     -0.445% (前日比+0.012%)
ポルトガル 2.946% (前日比-0.040%)     0.410% (前日比+0.023%)
イタリア    1.498% (前日比-0.010%)     -0.002% (前日比-0.001%)
ギリシャ   9.458% (前日比-0.239%)       -
スペイン    1.617% (前日比-0.024%)     -0.003% (前日比+0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 【緊急告知】本日桃太郎の売買を無料公開いたします!!

2016/01/28(木) 08:12
 
■なぎさ
おはようございます。
本日は昨日予告していた通り、桃太郎さんの売買実績を無料で全公開いたします。リアルタイム掲載になりますので、お見逃しのないように!!

今年に入っての桃太郎さんの成績は、昨年に引き続き絶好調です。
参考までに今月の成績を掲載致します。ご覧下さい。
2016年1月損益幅計
桃太郎+3610円幅(+180万5千円)
含み益+2080円幅


※桃太郎の売買はワンショット5枚が基本です。時には10枚売買入れたりします。

2016年桃太郎実績)2016年桃太郎実績


◆ 大引け概況

2016/01/27(水) 15:30
 
■日経平均      17,163.92(+455.02)

■東証1部出来高    22.57億株

■東証1部売買代金   2.45兆円

■日経平均先物    17,170(+510)

■TOPIX        1,400.70(+40.47)

■騰落        上昇1,831/下落78

■マザーズ指数    810.60(+22.42)

■日経JQ       2,464.14(+16.00)

■ドル円       118.36
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前場は、原油上昇や好調な企業決算などを受けて前日の米国市場が上昇した流れを引き継ぎ買いが先行。主力株の買い戻しから上げ幅を拡大した後、やや上げ幅を縮める展開となりました。
 後場は、さらに上げ幅を縮小してスタート。売り一巡後は、先物にまとまった買いが入り、上げ幅を拡大。その後は、上海総合指数が後場の取引で下げ幅を拡大したことを受けて伸び悩む場面も見られましたが、おおむね堅調に推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他金融業、パルプ・紙、銀行業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反発しました。

■桃太郎
後場は、上げ幅縮小場面もありましたが、13時半あたりから
公的と見られる買いで、昨日、始まり値17120円を上回る
動きとさせ、買い戻しから、3日足分岐点の17170円で
終わりました。明日も続伸して行けるか見て行きます。

ドル換算ベースは、145.07ドルと節のあたりまでの上昇です。


◆ ご案内

2016/01/27(水) 14:44
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/27(水) 14:01
 
■日経平均      17,132.93(+424.03)

■日経平均先物    17,150(+490)

■TOPIX先物      1,398.50(+40.00)

■騰落        上昇1,826/下落83

■日経JQ       2,461.22(+13.08)

■マザーズ指数    808.15(+19.97)

■ドル円       118.30

■NYダウ夜間先物  -118

■上海総合指数後場の寄り付き 2,660.64 前日比-89.15 -3.24%

■指数大型      現値1,289.92  前日比+36.12

■指数中型      現値1,694.92  前日比+45.04

■指数小型      現値2,439.07  前日比+56.32


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/27(水) 12:45
 
ランチバスケットは15件、103.77億円。
差引き40億円の買い越しとの観測。


◆ 明日1/28「日経平均先物と釣り人と桃太郎」で桃太郎の先物売買無料公開!

2016/01/27(水) 12:41
 
日経平均の値動き、1日で300円400円動くのは当たり前となってきました。
大きな動きに対して「やった!」と思う方、「…残念」と思う方、毎日ドラマが発生します。

株式市場において日経レバ(東1:1570)で取引される方も多くなりました。そして日経平均先物(ミニ)を取引される方も凄く多くなりました。
時代の流れなんでしょう。

さて、バランス投資顧問の「日経平均先物と釣り人と桃太郎」で明日桃さんが朝から無料公開を行います。

今回の上下で大きな値幅をしっかりと毎日のように利益を確定させています。
興味のある読者の方多いでしょう。
どんな感じで売買を入れるのか?指値はどんなふうに入れていくのか?
無料公開致しますのでご覧になってください。


◆ 前引け概況

2016/01/27(水) 11:51
 
■日経平均      17,136.23(+427.33)

■東証1部出来高    10.36億株

■東証1部売買代金   1.07兆円

■日経平均先物    17,130(+470)

■TOPIX        1,397.01(+36.78)

■騰落        上昇1,819/下落90

■マザーズ指数    807.90(+19.72)

■日経JQ       2,461.30(+13.16)

■ドル円       118.14
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。原油上昇に加え、好調な企業決算や1月消費者信頼感指数の予想上振れなどを受けて前日の米国市場が上昇した流れを引き継ぎ、日経平均は買いが先行。主力株の買い戻しから上げ幅を拡大し、一時17242.27円をつける場面も見られました。その後はやや上げ幅を縮めたものの堅調に推移して前場取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、その他金融業、情報・通信業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反発しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後、先日高値を越える動きとなり
堅調に推移。
今週末に向けてイベントも多く、後場も買い戻しが
入るか見て行きます。

ドル換算ベースは、145ドル台となってきてます。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.23%

2016/01/27(水) 10:26
 
上海総合指数 2,756.08 前日比 +6.29 +0.23%


◆ 10時の概況

2016/01/27(水) 10:01
 
■日経平均      17,190.69(+481.79)

■日経平均先物    17,190(+530)

■TOPIX先物      1,400.00(+41.50)

■騰落        上昇1,844/下落59

■日経JQ       2,463.84(+15.70)

■マザーズ指数    810.20(+22.02)

■ドル円       118.34

■NYダウ夜間先物  -60

■指数大型      現値1,293.55  前日比+39.75

■指数中型      現値1,694.30  前日比+44.42

■指数小型      現値2,436.61  前日比+53.86


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/27(水) 09:09
 
おはようございます。

日経平均だけでなく米国市場もまだまだ揺れ動くマーケット!
原油価格が少し落ち着いて来たのがマーケットにプラス要因のようだが、投資家心理からすれば下がれば強気論も出れば流れからは弱気論も増える。
ただ投資とは高くなれば更に上がるだろうと期待し高値を付けてもまだまだ上がると勘違いし売りそびれる事も多い。
また下がれば更に下がるだろうと怯え安い場面で買う事はできない。
しかし、これだけは絶対に忘れてはならないのが「安値で買って高値売る」。
これは不可能であり偶然に過ぎない。
即ち、利益確定も、損失確定も自分の許容範囲で行うこと。
自己責任と言う言葉そこから産まれ!
投資家はその範囲内で戦っている。
また投資で夢を見るのは大いに構わないが欲を出す事だけは絶対にしてはならない。
ともかくマーケット全体が落ち着いて推移するのを待つことも大事でありゆっくり全体を見渡して欲しい。


本日の先物レンジ
16820~17380円
ここは少し落ち着いてもよい場面ではなかろうか。


◆ ドル建て 日経225

2016/01/27(水) 08:28
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 17090 (+430) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 17055 (+395) 大阪取引所終値比

NYは、OPECとロシアが生産について協調する可能性も報じられており、原油が反発したことから、米株も買い戻しも入り切り返した。好決算も下支えとなった。
ドル安も好感。

日経ですが、昨日はリスク回避の動きから下落。
本日は、海外市場高や明日から始まる決定会合前まえなどで、為替推移は118円台となってる事で、ギャップアップから始まり戻しを入れて来るか見て行きます。

 想定レンジ、為替、118.36円 1412ルから145ドル

 16807円から17162円


◆ 外資系の注文動向

2016/01/27(水) 08:16
 
 27日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り360万株、買い830万株で、差し引き470万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、電機、自動車、化学、銀行、REIT、情報通信、機械など。
 買いセクターに、化学、銀行、情報通信、自動車、不動産、電機、小売、食品、ゴム、保険など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/27(水) 08:12
 
■国内(27日)
《決算発表》
キヤノン、富士フイルム、オリックス、オービック、アルプス、大日住薬、日立ハイテク、四国電、日立化成、松井証、OBC、コロプラ、アドバンテ、富通ゼネ、日立国際、大京、航空電、アトム、日ガス、ダイビル、アルパイン、日新電、ユアテック、ミルボン、メタウォーター、カワチ薬品、信越ポリなど

■海外(27日)
豪12月景気先行指数(8:30)
豪10-12月期消費者物価(9:30)
仏1月消費者信頼感(16:45)
米12月新築住宅販売件数(28日0:00)
FOMC政策発表(28日4:00)
米5年国債入札

《決算発表》
ボーイング、ユナイテッド・テクノロジーズ、テキサス・インスツルメンツ、サンディスク、イーベイ、フェイスブック、クアルコム、キャタピラー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/27(水) 08:07
 
■NYダウ
 16,167.23 +282.01
■ナスダック
 4,567.67 +49.18
■CME225(円建て)
 17,055 +395(大証比)
■英FT100
 5,911.46 +34.46
■上海総合指数
 2,749.79 -188.73
■ドル円
 118.46

 26日のNY市場は原油価格上昇や好調な決算を発表した企業への買いを背景に反発。1月消費者信頼感指数が予想を上振れたことも相場を押し上げる要因となりました。ダウは一時300ドルを超す上昇となりました。
 セクター別では全面高となり、エネルギーや銀行の上昇が目立った。
 ADRの日本株は日東電<6988>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、富士フイルム<4901>、任天堂<7974>など、対東証比較(1ドル118.49円換算)で全般堅調。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/27(水) 08:02
 
2016/1/27  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     1.994% (前日比-0.007%)     0.840% (前日比-0.017%)
英国     1.693% (前日比+0.006%)     0.417% (前日比+0.003%)
ドイツ     0.446% (前日比-0.025%)     -0.457% (前日比-0.008%)
ポルトガル 2.986% (前日比-0.052%)     0.387% (前日比+0.004%)
イタリア    1.508% (前日比-0.051%)     -0.001% (前日比+0.004%)
ギリシャ   9.697% (前日比+0.262%)       -
スペイン    1.641% (前日比-0.069%)     -0.006% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/01/26(火) 15:30
 
■日経平均      16,708.90(-402.01)

■東証1部出来高    21.57億株

■東証1部売買代金   2.11兆円

■日経平均先物    16,660(-520)

■TOPIX        1,360.23(-32.40)

■騰落        上昇148/下落1,759

■マザーズ指数    788.18(-7.32)

■日経JQ       2,448.14(-10.09)

■ドル円       118.02
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。前日の欧米株下落を受け、朝方から売りが先行。為替が円高・ドル安に動いたことや、中国・上海総合指数の下落も重しとなり、大幅に値下がりしたまま前場を終了しました。後場の日経平均も売り先行。FOMC(米連邦公開市場委員会)や日銀金融政策決定会合など重要イベントを前に見送りムードが強まり、安値圏で停滞しました。午後の上海総合指数が一段安となると、日経平均も下げ幅を拡大しました。
 
 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、鉱業、パルプ・紙となりました。

 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反落しました。

■桃太郎
後場は、いつもながら、昼過ぎから下げる展開となり、
3日足分岐点の16640円あたりまで、下落となった。

為替推移は、一時、118円を割れる展開。
今晩、リスク回避の動きが強まるか見て行きます。

ドル換算ベースは、141.52ドルと下落しました。


◆ ご案内

2016/01/26(火) 14:59
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/26(火) 14:02
 
■日経平均      16,724.68(-386.23)

■日経平均先物    16,710(-470)

■TOPIX先物      1,362.00(-35.50)

■騰落        上昇267/下落1,611

■日経JQ       2,456.85(-1.38)

■マザーズ指数    795.54(+0.04)

■ドル円       118.00

■NYダウ夜間先物  -31

■上海総合指数 2,870.48 前日比-68.04 -2.32%

■指数大型      現値1,256.65  前日比-28.80

■指数中型      現値1,655.48  前日比-30.25

■指数小型      現値2,398.83  前日比-35.90


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/26(火) 12:34
 
ランチバスケットは14件、88.55億円。
差引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/01/26(火) 11:51
 
■日経平均      16,799.97(-310.94)

■東証1部出来高    10.54億株

■東証1部売買代金   0.93兆円

■日経平均先物    16,760(-420)

■TOPIX        1,369.97(-22.66)

■騰落        上昇311/下落1,557

■マザーズ指数    794.24(-1.26)

■日経JQ       2,455.79(-2.44)

■ドル円       118.11
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。原油安を背景に前日の欧米株が下落した流れを受け、朝方から運用リスク回避の売りが先行し、下げ幅は一時400円を超す場面がありました。為替が円高・ドル安に動いたことや、中国・上海総合指数が下落したことも重しとなって買い戻す動きは鈍く、大幅に値下がりしたまま前場を終了しました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、銀行業、鉄鋼。一方、値上がりしたのは、水産・農林業のみとなりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反落しました。

■桃太郎
前場は、ギャップダウン後、下値小幅推移となりました。
為替推移は、118円台前半での小動きとなり、
リスク回避の動きも限定的なイメージです。

後場も再度売られるか見て行きます。

ドル換算ベースは、142.33ドルとなりました。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-1.05%

2016/01/26(火) 10:26
 
上海総合指数 2,907.72 前日比 -30.79 -1.05%


◆ 10時の概況

2016/01/26(火) 10:01
 
■日経平均      16,775.95(-334.96)

■日経平均先物    16,770(-410)

■TOPIX先物      1,366.00(-31.50)

■騰落        上昇205/下落1,659

■日経JQ       2,452.01(-6.22)

■マザーズ指数    788.84(-6.66)

■ドル円       118.16

■NYダウ夜間先物  -18

■指数大型      現値1,258.49  前日比-26.96

■指数中型      現値1,659.76  前日比-25.97

■指数小型      現値2,400.49  前日比-34.24


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/26(火) 09:01
 
おはようございます。

マーケットはまだまだ油断できない状態なのか?それとも先週末の日経平均16000円付近は底値となっといるのか?
現実を為替目線でみると現状は日経平均16000円付近が目先の安値になっていると思われる。
ただ少し心配になってきたことの1つに我が社の若手が漏らすのは我が本拠地であるNY市場である。
日経だけでなく今年も大寒波が到来したNY。恐らくこの調子だと少なからず米国経済に大寒波の影響が出てきそうだ。
またテクニカル面でも久しぶりに不安が過る。
日経平均もトレンド的には危ないのは我々だって分かっている。
ただ何故!我々は日本株を買ったりするか。
その答えは明白。
業績が安定しているからではない。
今や「世界最強の通貨国」だからだ。
単にそれだけであり
後はテクニカルを踏まえての売買である。


本日の先物レンジ
16680~17040円
為替をしっかり見ることだ。


◆ 外資系の注文動向

2016/01/26(火) 08:27
 
 26日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り2320万株、買い990万株で、差し引き1330万株の大幅売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、電機、商社、食品、通信、情報通信、機械、小売、海運など。
 買いセクターに、サービス、薬品、陸運、小売、電機、機械、食品、情報通信など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2016/01/26(火) 08:23
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 16870 (‐310) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 16840 (‐340) 大阪取引所終値比

NYは、サウジアラビアが石油・ガス生産能力への投資継続を表明したことで原油相場が反落し、売りが先行。FOMCは、寒波の影響で先送りも言われていたが予定通りおこなう事を決定。前での調整も出たイメージ。

日経ですが、昨日は為替の安定もあり、続伸した。
ただ、為替推移は、118.78円を明確に上回れず、寄り後は不安定となっていた。
本日は、原油安から海外市場も下落、ギャップダウンから始まり戻す事が出来るか見て行きます。為替推移は、決定会合前もあり小動きでの推移である。

想定レンジ、為替、118.33円 140ドルから144ドル
 
 16556円から17039円


◆ 本日の予定

2016/01/26(火) 08:20
 
■国内(26日)
12月企業向けサービス価格指数(8:50)

《決算発表》
エムスリー、三井住友、リコーリース、JFEコンテナ、ハウス食G、四国化、栄研化、テセック、幸楽苑HD、キヤノンMJ、セゾン情、両毛シス、ニフティ、積水樹、日アビオ、ムラキ、コメリ、ADワークス、モーニングスタ、蝶理など

《株式分割》※権利取最終日
日本スキー、ネオジャパン、バルニバーヒ、ベステラ、アイスタイル、ヒトコム

■海外(26日)
FOMC(~27日)
米11月FHFA住宅価格指数、米11月S&P ケース・シラー住宅価格指数(23:00)
米1月サービス業PMI速報値(23:45)
米1月CB消費者信頼感指数(27日0:00)
米1月リッチモンド連銀製造業指数(27日0:00)
米2年国債入札

《決算発表》
フリーポート・マクモラン、P&G、コーニング、ジョンソン・エンド・ジョンソン、VMウェア、AT&T、アップル、コーチ、3M

休場:豪、インド

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/26(火) 08:14
 
■NYダウ
 15,885.22 -208.29
■ナスダック
 4,518.49 -72.69
■CME225(円建て)
 16,840 -340(大証比)
■英FT100
 5,877.00 -23.01
■上海総合指数
 2,938.51 +21.95
■ドル円
 118.29

 25日のNY市場は反落。イラクの先月の原油生産量が過去最高に達したとの報道を受けて供給過剰感が強まり、原油価格が下落したことから欧州株が下落。これを受けて米国株も売りが先行となった。主要企業決算や連邦公開市場委員会(FOMC)を前に手控えムードが強まり、引けにかけて下げ幅を拡大した。
 セクター別では商業・専門サービスを除いて全面安となり、エネルギーや素材の下落が目立った。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、伊藤忠<8001>など、対東証比較(1ドル118.34円換算)で全般冴えない。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/26(火) 07:55
 
2016/1/26  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.001% (前日比-0.051%)     0.857% (前日比-0.012%)
英国     1.687% (前日比-0.024%)     0.414% (前日比-0.020%)
ドイツ     0.471% (前日比-0.013%)     -0.449% (前日比-0.004%)
ポルトガル 3.038% (前日比+0.003%)     0.383% (前日比-0.002%)
イタリア    1.559% (前日比-0.015%)     -0.005% (前日比-0.009%)
ギリシャ   9.435% (前日比+0.217%)       -
スペイン    1.710% (前日比-0.021%)     -0.006% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/01/25(月) 15:32
 
■日経平均      17,110.91(+152.38)

■東証1部出来高    22.91億株

■東証1部売買代金   2.41兆円

■日経平均先物    17,180(+310)

■TOPIX        1,392.63(+18.44)

■騰落        上昇1,643/下落229

■マザーズ指数    795.50(+21.63)

■日経JQ       2,458.23(+45.66)

■ドル円       118.73
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前週末の米国株上昇と為替の円安傾向を好感して朝方から買いが先行し1万7000円台を回復。戻り待ちの売りが出て一時下げ転換する場面もあったものの、前引けにかけて上げ幅を拡大しました。後場に入ると、再度戻り待ちの売りや利益確定売りに上値を抑えられ伸び悩みましたが、日欧の中央銀行が追加の金融緩和に動くとの思惑が相場を下支えし、日経平均は高値圏で堅調に推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、食料品、鉱業、その他金融業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続伸しました。

■桃太郎
後場は、切り返す場面もあり為替動向での推移となりました。
2日続伸なので、テクニカル的には明日も高くなるのか
見て行きます。

ドル換算ベースは、144.14ドルとなりました。


◆ ご案内

2016/01/25(月) 14:59
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/25(月) 14:01
 
■日経平均      17,154.46(+195.93)

■日経平均先物    17,160(+290)

■TOPIX先物      1,396.00(+31.00)

■騰落        上昇1,682/下落195

■日経JQ       2,454.76(+42.19)

■マザーズ指数    794.42(+20.55)

■ドル円       118.71

■NYダウ夜間先物  +13

■上海総合指数後場の寄り付き 2,946.74 前日比+30.18 +1.03%

■指数大型      現値1,287.97  前日比+17.20

■指数中型      現値1,689.03  前日比+28.91

■指数小型      現値2,436.53  前日比+46.28


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/25(月) 12:34
 
ランチバスケットは20件、100.9億円。
差引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/25(月) 11:48
 
■日経平均      17,194.40(+235.87)

■東証1部出来高    12.04億株

■東証1部売買代金   1.21兆円

■日経平均先物    17,170(+300)

■TOPIX        1,397.36(+23.17)

■騰落        上昇1,765/下落125

■マザーズ指数    796.06(+22.19)

■日経JQ       2,455.52(+42.95)

■ドル円       118.80
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅に続伸しました。原油高を好感した前週末の米国株上昇と為替の円安傾向を好感して朝方から幅広く買いが先行しました。取引時間中としては3営業日振りに1万7000円台を回復したことから、戻り待ちの売りが出て一時下げ転換する場面もありましたがその後は再度プラス圏に浮上し1万7000円を挟んでもみ合う展開。日銀の追加金融緩和への期待感も下支えとなり、前引けにかけて上げ幅を拡大しました。 
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、食料品、鉱業、鉄鋼となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続伸しました。

■桃太郎
前場は、為替推移の下落もあり上げ幅縮小となる場面もありましたが、
為替の安定とともに、引けにかけて切り返し戻り高値付近となってます。

後場も続伸して行けるか見てみます。

ボラの高い展開は続いてますので、気を付けての売買となりそうです。
ドル換算ベースは、144.76ドルとなりました。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.60%

2016/01/25(月) 10:26
 
上海総合指数 2,934.08 前日比 +17.52 +0.60%


◆ 10時の概況

2016/01/25(月) 10:01
 
■日経平均      16,999.70(+41.17)

■日経平均先物    16,990(+120)

■TOPIX先物      1,384.00(+19.00)

■騰落        上昇1,398/下落404

■日経JQ       2,441.57(+29.00)

■マザーズ指数    777.23(+3.36)

■ドル円       118.58

■NYダウ夜間先物  -20

■指数大型      現値1,280.25  前日比+9.48

■指数中型      現値1,673.57  前日比+13.45

■指数小型      現値2,412.52  前日比+22.27


◆ 12月貿易収支、1402億円の黒字、2ヶ月ぶり黒字

2016/01/25(月) 08:59
 
財務省が25日発表した2015年12月の貿易収支は1402億円の黒字となった。貿易黒字は2ヶ月ぶり。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/25(月) 08:58
 
おはようございます。

正直なところ先週末は上がってもらう日経平均に喜びを感じながらも現場はヘッジの巻き戻し作業は一昨日より大変な作業だったと聞く。
これはあくまで我々のポジショントークになるが先週末は一昨日の実損を更に上回るヘッジによる実損。
しかし逆に現物は利益が出ているため今日は少しそのヘッジによる実損を埋めにいく。
即ち、現物を売り現状の平均単価を更に下げる行動をとる。分かりやすく言えばポジションで高い買値で利益が発生している部分に関しては利益確定に回る。
これにより我々は日経平均で語れば16500円付近の買値単価にする行動を取りたい。
他のファンド筋が我々と同じ行動を取れているかは分からないがあくまで我々の予想からならば今朝の為替水準ならばそう焦るファンド筋は少ないだろう。
ただ我々は上記にも記載したように単価を下げる!
何故ならば最近の日経平均のボラティリティが1日にて500円上がったり下がったり、いや1000円幅すら簡単に動いてしまうからだ。


本日の先物レンジ
我々の行動が絶対ではないが。
投資家が少し安堵の気分になれる時間帯に入ってくるだろう。

この時間帯はやや強気!
ただ忘れるな突然マーケットは風向きが変わる。

16780~17380円

当面の戻りは

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2016/01/25(月) 08:25
 
 25日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1250万株、買い540万株で、差し引き710万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(6社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、小売、食品、電機、銀行、自動車、情報通信など。
 買いセクターに、銀行、サービス、薬品、機械、情報通信、小売、建設など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2016/01/25(月) 08:20
 
■25(月)
【国内】
12月貿易統計(8:50)
《決算発表》
JSR、小林製薬、カイノス、マクニカ富士、サカイ引越、さくら、コムチュア、メルコ、日置電、エンプラス、SPK、KABU.COM、ナガワ、ハチバン、GMOクリック、サクラKCS、ヤギ、三谷産、タカラレーベン、サンウッド、トランコム、KOA、岩井コスモ、アパマンショなど

【海外】
独1月Ifo景況感指数(18:00)
米1月ダラス連銀製造業活動(23:30)
《決算発表》
ハリバートン、マクドナルド、D.R.ホートン
休場:マレーシア、ブラジル


■26(火)
【国内】
12月企業向けサービス価格指数(8:50)
《決算発表》
エムスリー、三井住友、リコーリース、JFEコンテナ、ハウス食G、四国化、栄研化、テセック、幸楽苑HD、キヤノンMJ、セゾン情、両毛シス、ニフティ、積水樹、日アビオ、ムラキ、コメリ、ADワークス、モーニングスタ、蝶理など
《株式分割》※権利取最終日
日本スキー、ネオジャパン、バルニバーヒ、ベステラ、アイスタイル、ヒトコム

【海外】
FOMC(~27日)
米11月FHFA住宅価格指数、米11月S&P ケース・シラー住宅価格指数(23:00)
米1月サービス業PMI速報値(23:45)
米1月CB消費者信頼感指数(27日0:00)
米1月リッチモンド連銀製造業指数(27日0:00)
米2年国債入札
《決算発表》
フリーポート・マクモラン、P&G、コーニング、ジョンソン・エンド・ジョンソン、VMウェア、AT&T、アップル、コーチ、3M
休場:豪、インド


■27(水)
【国内】
《決算発表》
キヤノン、富士フイルム、オリックス、オービック、アルプス、大日住薬、日立ハイテク、四国電、日立化成、松井証、OBC、コロプラ、アドバンテ、富通ゼネ、日立国際、大京、航空電、アトム、日ガス、ダイビル、アルパイン、日新電、ユアテック、ミルボン、メタウォーター、カワチ薬品、信越ポリなど

【海外】
豪12月景気先行指数(8:30)
豪10-12月期消費者物価(9:30)
仏1月消費者信頼感(16:45)
米12月新築住宅販売件数(28日0:00)
FOMC政策発表(28日4:00)
米5年国債入札
《決算発表》
ボーイング、ユナイテッド・テクノロジーズ、テキサス・インスツルメンツ、サンディスク、イーベイ、フェイスブック、クアルコム、キャタピラー


■28(木)
【国内】
12月小売売上高(8:50)
日銀金融政策決定会合(~29日)
2年国債入札
《決算発表》
ファナック、キーエンス、OLC、信越化、三住トラスト、大和証G、大東建、NRI、ヤマトHD、NEC、大ガス、オムロン、小糸製、積水化、川重、日立金、コニカミノルタ、SCSK、日立建、富士電機、サイバエージ、CTC、H2Oリテイル、ゼオン、カプコン、山九、九電工、エクセディ、アンリツ、日立マクセル、一休など

【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
英10-12月期GDP(18:30)
ユーロ圏1月消費者信頼感(19:00)
ブラジル12月失業率(20:00)
独1月消費者物価速報値(22:00)
米12月耐久財受注(22:30)
米12月中古住宅販売仮契約(29日0:00)
米7年国債入札
《決算発表》
パルト・グループ、アンダーアーマー、マイクロソフト、ビザ、ニューコア、フォード、アリババ集団


■29(金)
【国内】
12月失業率・有効求人倍率、12月家計調査、12月消費者物価指数(8:30)
12月鉱工業生産(8:50)
日銀政策発表
黒田日銀総裁会見
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)
《決算発表》
日清粉G、グリコ、ヤクルト、ALSOK、味の素、東洋水産、ヒューリック、MonotaRO、スタートトゥ、三越伊勢丹、野村不HD、協和キリン、アステラス、第一三共、コーセー、TOTO、特殊陶、JFE、コマツ、住友重、マキタ、富士通、エプソン、ソニー、TDK、スタンレー、京セラ、村田製、日東電工、日野自、ダイハツ、HOYA、東エレク、りそなHD、みずほ、アコム、オリコ、JPX、JR各社、日通、郵船、商船三井、JAL、ANA、NTTドコモ、関西電、九州電、東京ガス、コナミなど
《株式分割》※権利取最終日
平河ヒューテ

【海外】
仏10-12月期GDP(15:30)
仏1月消費者物価速報値(16:45)
ユーロ圏12月マネーサプライ(18:00)
ユーロ圏1月消費者物価速報値(19:00)
米10-12月期GDP(22:30)
米1月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)
《決算発表》
シーゲイト・テクノロジー、シェブロン、マスターカード


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2016/01/25(月) 08:11
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 17250 (+380) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 17230 (+360) 大阪取引所終値比

朝の為替状況も2日続伸後の118.70円台の持ち合いで、安定推移してます。
本日は、ギャップアップからのスタートとなり、リスクオン状態が続いて行くのか
見ながらの展開となりそうである。

想定レンジ、為替、118.73円 143ドルから147ドル

 16978円から17453円


◆ おはようございます

2016/01/25(月) 08:10
 
■NYダウ
 16,093.51 +210.83
■ナスダック
 4,591.18 +119.12
■CME225(円建て)
 17,230 +360(大証比)
■英FT100
 5,900.01 +126.22
■上海総合指数
 2,916.56 +36.08
■ドル円
 118.72

 22日のNY市場は上昇。ECBと日銀の追加緩和期待を背景にアジア・欧州株が全面高となった流れを受け、買いが先行。原油高を好感してエネルギー株が上昇したほか、幅広い銘柄が上昇し、終日堅調推移となった。
 セクター別では全面高となり、エネルギーやテクノロジー・ハード・機器の上昇が目立った。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、花王<4452>、任天堂<7974>、オリックス<8591>、コマツ<6301>など、対東証比較(1ドル118.78円換算)で全般堅調。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/25(月) 07:49
 
2016/1/25  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.052% (前日比+0.021%)     0.869% (前日比+0.036%)
英国     1.711% (前日比+0.041%)     0.434% (前日比+0.006%)
ドイツ     0.484% (前日比+0.033%)     -0.445% (前日比+0.002%)
ポルトガル 3.035% (前日比-0.060%)     0.385% (前日比+0.005%)
イタリア    1.574% (前日比+0.011%)     0.004% (前日比-0.011%)
ギリシャ   9.218% (前日比-0.815%)       -
スペイン    1.731% (前日比+0.008%)     -0.006% (前日比-0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 桃太郎

2016/01/24(日) 18:08
 
先週末は、米国市場もリスクオフの緩みから続伸となった。
日本もそうであるが、大寒波がタイミング良く来て、米国WTIは、買い戻しも来たのも下支え。

日経ですが、

為替推移は、先週、20日に115円台を付けて先週末は、指摘した、118.78円で引けやっとスタートラインとなった。ただ、19日米商品先物取引委員会発表では、投機筋による円買い越し額が3万枚以上と2012年以来の高水準であり、一時的に今週末日銀決定会前での買い戻しも見える。
原油の上げ下げでは、まだ不安定な動きは続きそうである。

指数は、21日(木)前日為替推移が高値を付け戻し始めてましたが、午後から甘利大臣の参議院でコメントが出ると大きく下落。今週は、進退問題も27日の会見後決るであろうこともあり政局不安がありそうである。TPP調印式は2月4日であり、どうなるかはわかりかねる事が不安材料である。決定会合もその後であるが、個人的にはサプライズは無いであろうと思う。
結果、今週は、先物も9MA(イブニングを入れた、16940円)を上回って始まる事から目先は戻る展開と思うが、高値は限定的と感じる。
ドル換算ベースでも、先週は、木曜日に外人の分岐点の138ドルを下回り、イブニングで先物は買いで進める事が出来たが、戻りも目先、10ドル上昇すれば、148ドル台、戻りを確定出来ればの話ですが、100MA 153ドル台であろう。
為替推移の変化は出るであろうが、為替も120円戻るかどうかとは現在は思っている。

今週も頑張って行きましょう。


◆ 大引け概況

2016/01/22(金) 15:30
 
■日経平均      16,958.53(+941.27)

■東証1部出来高    26.04億株

■東証1部売買代金   2.81兆円

■日経平均先物    16,870(+870)

■TOPIX        1,374.19(+72.70)

■騰落        上昇1,920/下落8

■マザーズ指数    773.87(+46.95)

■日経JQ       2,412.57(+54.48)

■ドル円       118.14
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前場は、欧州の追加緩和期待を背景にした欧米株高や円安、原油価格の落ち着きなどを受けて買い優勢の展開となりました。
 後場寄りつきは、円相場が対ドルでやや下げ渋ったことや上海総合指数がマイナス圏で前場を終えたことなどから上げ幅を縮小したものの再び買い優勢に。その後は、目立った売りがないことに加え、日本や欧州の金融当局が追加緩和に踏み切るとの期待感や週末を前にした持ち高調整目的の買いも巻き込み、上げ幅を拡大。1万6900円台を回復して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、倉庫運輸関連、不動産業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反発しました。

■桃太郎
後場は、リスクオフが緩み為替、原油の上昇WTI 31ドルあたりと
なり、先物も買い戻しから、16990円と高値を付けました。
昨日から見ると1000円幅近く動いたことになりボラの高い展開が
続いてます。

為替推移は、118円台で明確には、118.10円付近を越えては無いですが
来週は、どうなるのか見ながらとなります。

ドル換算ベースは、143.59ドルとなりました。やはり、昨日も引けに
コメントしましたが、138ドル割れは買いとなったので、良かったですね。


◆ ご案内

2016/01/22(金) 14:11
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/22(金) 14:01
 
■日経平均      16,791.51(+774.25)

■日経平均先物    16,790(+790)

■TOPIX先物      1,361.50(+61.50)

■騰落        上昇1,913/下落14

■日経JQ       2,399.65(+41.56)

■マザーズ指数    770.26(+43.34)

■ドル円       117.92

■NYダウ夜間先物  +29

■上海総合指数後場の寄り付き 2,878.00 前日比-2.48 -0.09%

■指数大型      現値1,260.04  前日比+56.74

■指数中型      現値1,643.49  前日比+70.90

■指数小型      現値2,369.15  前日比+103.81


◆ なぎさ

2016/01/22(金) 12:52
 
昨日の日経平均先物の後場からの下げはすごかったですね。
あっという間の700円幅でした。
それはもう過去の話。
イブニングにおいては16000円割れが長くありました。
なんと桃太郎さんは会員ページでは買い指示をされたのです(メール配信も同時にされました)!
その時の内容は以下のとおりです。
------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/22(金) 08:55

18740・16660円両建て持ち。
15850・15985円 1枚 16170円 3枚持ち。

昨晩は、値幅は、+320円(+60円)

■、申し訳ないですが、17時過ぎの問い合わせがある場合、会社メールは、自分に入る事は無いので、問い合わせがある場合、携帯080-3377-2725に、ショートメールでも入れていただけたらありがたいです。言葉足らずで、申し訳ございません。

昨晩は、前半は不安定な動きもあり時間軸の調整で下が、ECB理事会後は、為替の安定などで、リスクオフが緩みじり高となった。5円足らずで持ちになってますので、様子見て行きます。

前日終値 137.14ドル 117.88で16166円

上値目処、640・830・930

下値目処、230・110・930

現在、117.88

NYCFD 15867ドル -16ドル
日経CFD 16553円

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/21(木) 22:32

170円 3枚

15985円 1枚

15850円 1枚

買い持ちです。

750・650・550は、そのまま指して置きます。

決済指値は、985円分→530円

170円分は、→ 16640円ですべて決済指値入れときます。

お疲れ様です。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/21(木) 22:21

原油は、下落傾向。

また、NY 時間で下落するかも知れません。

5枚買えればの話ですが、買い持ちで、ロスカットはしません。さて明日はどんな展開となるか、恐ろしい展開となるのか、見て行きましょう。
中国の経済対策は、過去検索で、G20後が確率は高いです。

日銀決定会合で、今月利下げが出れば、最後の日本株指数の上昇となるでしょう。個人的な意見です。

逆指値で、170円は、3枚追加新規買いします。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/21(木) 22:03

据え置きですが、為替推移に変動なし。

米国タイムです。寄りあたりに変化あれば連絡します。

現在、

18740・16660円 両建て。

15985円 1枚・15850円 1枚買い持ち。

持ち越し予定。ロスカットはなし。

950円分、17530円決済指値は入れときます。

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/21(木) 21:56

ECBは据え置き

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/21(木) 20:01

985は、できました。
様子見します

------------------------------------------------------------

◆ 桃太郎
2016/01/21(木) 17:38

また、985に買いを入れます

------------------------------------------------------------
凄い商いだとわかりますか?
本日一挙に朝の寄り付きは16590。
大幅な利益となっています。
その後、桃太郎さんがどういう判断をされているのかは会員ページです。ミニ3枚でも1日で15万以上の利益ですね。



◆ お昼のバスケット取引

2016/01/22(金) 12:35
 
ランチバスケットは14件、319.52億円。
差引き260億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/22(金) 12:02
 
■日経平均      16,592.84(+575.58)

■東証1部出来高    11.37億株

■東証1部売買代金   1.12兆円

■日経平均先物    16,570(+570)

■TOPIX        1,345.43(+43.94)

■騰落        上昇1,878/下落35

■マザーズ指数    765.79(+38.87)

■日経JQ       2,387.93(+29.84)

■ドル円       117.82
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。欧州の追加緩和期待を背景にした欧米株高や円安、原油価格の落ち着きなどを受けて買い優勢でスタート。年初からの大幅下落の反動もあり、買い戻しや自律反発狙いの買いが入り、上げ幅を拡大。買い一巡後は、16500円台で堅調に推移し、前場取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、不動産業、鉄鋼となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反発しました。

■釣り人
昨日の後場からの大幅反転となっています。
昨日は相当な売り込みが入ったことが計算値でも現れました。
そして、前から想像していました信用の評価損率、松井証券さんの日々の発表ですが、-21%という数値がでました。
大量の追証がでる数値です。大変な状況に陥っている方には申し訳ないのですが、その方達の売りが本日の寄り付きに出れば、そこが買いの急所となるというお話を昨日しました。
ところが、大幅高で始まりました。
滅多にない現象ですが、対応していかなければなりません。
もし、後場から値段が崩れるようなことがあれば、押し目買いと判断します。

■桃太郎
前場は、高寄り後、持ち合いとなってます。
昨日の高値は抜けきれず。上値の重い展開ですが、
日柄も必要な状態であり、下値も限定的となるか
後場も見て行きます。

ドル換算ベースは、140ドル台に回復。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+1.06%

2016/01/22(金) 10:26
 
上海総合指数 2,911.11 前日比 +30.63 +1.06%


◆ 10時の概況

2016/01/22(金) 10:01
 
■日経平均      16,501.67(+484.41)

■日経平均先物    16,510(+510)

■TOPIX先物      1,336.50(+36.50)

■騰落        上昇1,868/下落45

■日経JQ       2,387.86(+29.77)

■マザーズ指数    757.65(+30.73)

■ドル円       117.66

■NYダウ夜間先物  +25

■指数大型      現値1,237.62  前日比+34.32

■指数中型      現値1,610.68  前日比+38.09

■指数小型      現値2,320.26  前日比+54.92


◆ エイチ・エス証券の「新春株式セミナー」のお知らせ

2016/01/22(金) 09:31
 
バランス投資顧問がお世話になっておりますエイチ・エス証券の「新春株式セミナー」が福岡で開かれます。
この暴落場面でどんなことが話されるのか、お時間のあられる方は参加されてみてはいかがでしょうか?
1月23日(土)、H.I.S.福岡天神本店(7F会議室)で開催されます。
詳しくは、下記のリンク先をクリックしてご覧になってください。
参加費は無料ですが、事前予約制となっております。

エイチ・エス証券「新春株式セミナー」


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/22(金) 08:55
 
おはようございます。

乱高下の中を彷徨う東京市場!
正直に話すと我々も連日マーケットから目を離せず担当者からはポジション調整が大変だと(笑)
基本スタンスは現状我々に変更はないがあまりのボラティリティにリスク管理が大変で昨日の急落にて一気にまた保有株が増えたと。
これによりコストダウンとヘッジなど様々な作業にて一時的に運用損を出してみたり組換えによる利益がでたりやらでコストは現状日経平均で16780円前後までに低下した。
ここからどんな相場展開となるかまだまだ油断できないが株は「上がれば下がる、下がれば上がる」
一方通行にマーケットは動かない。
ここは下げ止まるのを待ちたいのではなく乱高下が止まるのを待ちたい。
落ち着かないと我々も疲れてしまう(笑)


本日の先物レンジ
16220~16670円としておく。
ともかく株価が落ち着くまで普通の投資家は無理をしない事だ。


◆ ドル建て 日経225

2016/01/22(金) 08:43
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 16480 (+480) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 16460 (+460) 大阪取引所終値比

NYは、ドラギ総裁の金融緩和策に関する発言を受けて欧州株が全面高となり、米国株にも買いが広がった。原油相場が大幅な回復に転じたほか、短期的には底打ちとの見方も広がり堅調推移となった。

日経ですが、昨日は戻りを試す場面もありましたが、引けにかけては急落した。
為替推移には、あまり変化ない中、不安定な動きは続いている。
本日は、リスクオフの動きは緩み為替推移は、117円台後半である事から戻りを試せるか見て行きます。

 想定レンジ、為替、117.87円 138ドルから142ドル
 
 16266円から16737円


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/22(金) 08:31
 
2016/1/22  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.031% (前日比+0.049%)     0.833% (前日比+0.012%)
英国     1.670% (前日比+0.048%)     0.428% (前日比+0.006%)
ドイツ     0.451% (前日比-0.031%)     -0.447% (前日比-0.033%)
ポルトガル 3.095% (前日比+0.169%)     0.380% (前日比+0.214%)
イタリア    1.563% (前日比-0.087%)     0.015% (前日比-0.038%)
ギリシャ   10.033% (前日比-0.118%)       -
スペイン    1.723% (前日比-0.062%)     0.000% (前日比-0.009%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 外資系の注文動向

2016/01/22(金) 08:20
 
 22日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1360万株、買い2340万株で、差し引き980万株の買い越し。買い越しは6営業日ぶり。金額(6社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、電機、サービス、空運、薬品、通信、陸運、化学、商社、精密、自動車など。
 買いセクターに、銀行、化学、サービス、精密、情報通信、薬品、ガラス、電機、小売、食品、不動産など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/22(金) 08:07
 
■国内(22日)
安倍首相施政方針演説
1月日経PMI製造業速報値(11:00)

《決算発表》
モバファク、光世証、帝国ホテル、アクシーズ、ベクター、JIEC、アジュバン、東製鉄、ジャフコ、植松商、阪急リート

■海外(22日)
仏・独・ユーロ圏1月PMI速報値(17:00~18:00)
英12月小売売上高(18:30)
米12月シカゴ連銀全米活動指数(22:30)
米1月製造業PMI速報値(23:45)
米12月中古住宅販売件数(23日0:00)
米12月CB景気先行総合指数(23日0:00)

《決算発表》
GE

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/22(金) 08:05
 
■NYダウ
 15,882.68 +115.94
■ナスダック
 4,472.06 +0.37
■CME225(円建て)
 16,460 +460(大証比)
■英FT100
 5,773.79 +100.21
■上海総合指数
 2,880.48 -96.21
■ドル円
 117.82

 21日のNY市場は上昇。欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁の金融緩和策に関する発言を受けて欧州株が軒並み上昇となり、米国株にも買いが広がった。原油先物価格が反発したほか、短期的には底打ちとの見方も広がり堅調推移となった。
 セクター別では、エネルギーや耐久消費財・アパレルが上昇する一方で銀行や各種金融が下落した。
 ADRの日本株は、ファナック<6954>、オリックス<8591>、ソフトバンクG<9984>、コマツ<6301>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル117.77円換算)で全般堅調。


◆ 大引け概況

2016/01/21(木) 15:49
 
■日経平均      16,017.26(-398.93)

■東証1部出来高    31.85億株

■東証1部売買代金   3.08兆円

■日経平均先物    16,000(-320)

■TOPIX        1,301.49(-37.48)

■騰落        上昇60/下落1,860

■マザーズ指数    726.92(-24.27)

■日経JQ       2,358.09(-50.89)

■ドル円       116.81
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅に続落しました。年初からの急落で割安感が出たことで朝方は買いが先行。円相場が円安・ドル高水準に弱含んだことや原油相場下落の一服から投資家心理がやや改善し、主力株中心に押し目買いが入り上げ幅を拡大しました。後場の寄り付き後は一時300円高まで上昇しましたが、その後下げに転じました。上値で戻り待ちの売りが増えたほか、昼頃にドイツ銀行が過去最大の赤字幅になると伝わり、国内の銀行株に売りが出たことも重しとなり、日経平均は安値引けとなりました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他金融業、不動産業、食料品となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続落しました。

■桃太郎
後場は、仕掛け的な売りが入り大きく下げました。

不安定な相場環境ですが、頑張っていきましょう。

ドル換算ベースは、137.14ドルと厳しい値段となりました。

■釣り人
本日は多くのことを書きました。上手くいったので振り返ります。

まず前場、高寄り後下押すのではなかろうか?この見解を伝えました。日経平均のことです。
という思いをなぜ伝えたのか?
それは絞り出す売りがまだ見えてなかったからです。
それなのに前引けにかけて高くなり、後場更なる高値を取りました。
その高いところで三菱UFJ銀行が下落に入ったということ、そして売りがそろそろ出てくるのではないか?という思いを伝えました。

さて日経平均先物は12時の高値から何と780円も急落し、そしてほとんど安値引け。最後まで買い付いた分、投げが出たということです。

個別株においてはどうでしょうか?
昨日の松井証券発表の信用買いの評価損率-19%、かなりの厳しい数字です。
弊社の読者の方にはそれ程ひどいという方はいないと思います。
この方達の心理状況はどうでしょうか?
前場の動きを見て助かったと思ったら一挙に後場悪化して終わった、こういう状況でしょう。
もし今晩のNYが弱含み、更なる安値を見そうだとなれば、大きな恐怖心理となります。そして投売りという行動に出ます。
これが絞り出す売りとなります。

さて明日の状況見てみましょう。

~以下会員ページ~


◆ ご案内

2016/01/21(木) 14:55
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/21(木) 14:02
 
■日経平均      16,356.86(-59.33)

■日経平均先物    16,300(-20)

■TOPIX先物      1,325.00(-9.50)

■騰落        上昇349/下落1,484

■日経JQ       2,391.81(-17.17)

■マザーズ指数    748.13(-3.06)

■ドル円       117.00

■NYダウ夜間先物  +37

■上海総合指数後場の寄り付き 2,992.12 前日比+15.42 +0.52%

■指数大型      現値1,228.84  前日比-8.27

■指数中型      現値1,603.67  前日比-14.56

■指数小型      現値2,311.63  前日比-27.30


◆ なぎさ

2016/01/21(木) 13:18
 
日経平均はマイナスまで転じました。
先物は高値16780から、なんと400円幅も失速しました。
大きな動きですね。
会員ページでは桃太郎さんを中心に短期売買が進行していますが、釣り人さんが顔を出すことが時折あります。
どんなことを書かれていたのかご紹介します。
------------------------------------------------------------
◆ 株の会員様からのお問い合わせ
2016/01/21(木) 13:05

■お問い合わせ内容
件名:
金融緩和

内容:
釣り人さん
いつも参考にさせて頂いております。
株価下落はアベノミクスの終わりを意味します。
夏の参院選もありどうしても株高を維持しなくてはなりません。
1月末の日銀決定会合で金融緩和の実施はあると思われますか?
誰にも分かりませんが、釣り人さんの見解での可能性を教えて頂けませんか?
0%、50%、100%?
よろしくお願いいたします。

■釣り人
金融緩和はあるかないかは分かりませんが、ない方がいいでしょう。
これ以上日銀に期待してはいけません。
やるだけのことをやっています。
もし絞り出して金融緩和を行ったとしても、最後だということで売られる可能性があります。
私はそう思いますがどうでしょうか。

------------------------------------------------------------
◆ 海のページから(釣り人)
2016/01/21(木) 12:56

日経平均先物、現値16610+290
マザーズ指数774.51+23.32
ドル円117.26

日経平均は高いところから130円程失速しております。
買ってもいいでしょうか?と当然メールが来たりしております。
上がる銘柄はあると思います。
ただ日経平均はもたつくと思います。
それでも幾分自然体で向かうつもりです。安くなったら買いの目という感覚は持ちます。

ご存知のように、前場高く始まった後下振れするだろうと私は考えていました。ところが上昇が続き、リスクヘッジの売り銘柄としてお伝えしていますケネディクス(東1:4321)も398+21と何と大幅反発となってしまっています。

三菱UFJ(東1:8306)617.5-3.7
再度弱含みとなってきています。

今晩のNYに対しては現在夜間取引では+114と小幅の反発となっています。
日経平均はもう一振りがあればスッキリとするのですが…。こんな感覚です。

------------------------------------------------------------
◆ 釣り人
2016/01/21(木) 11:54

先程書きましたとおり、私は微々たる枚数ですけどまだ売り持ちであります。
売買をしょっちゅう書くわけではありませんので、値段はともかく評価損となっております。
今回の下げ局面は桃さんにならってよく取れました。

さてこれからなんですが、どんどんと上がっていくでしょうか?
私はもう少しこのままで見ていようと思っています。
先程、売り持ちがあるとお伝えしましたので、書き添えておきます。

------------------------------------------------------------
◆ 釣り人
2016/01/21(木) 10:12

日経平均は本日の高値となってきました。
寄り付き後の下振れがなくての上昇ですから、イルカの「買い線」は残念ながら出そうにありません。
為替の安定が先物買いというかたちになってきています。目先の底を打った可能性はあるのですが、及び腰の値動きになっていくというのは当然そうでしょう。
私は短期売買はしておりませんが、現在のところほんのちょっとだけ先物は売り持ちがあります。

------------------------------------------------------------
◆ 釣り人
2016/01/21(木) 09:14

日経平均先物、現値16490+170
マザーズ指数760.35+9.16
ドル円117.18

寄り付き後底を打ったのではないか?ということで大きく買われたわけですが、私はその上げに関しては疑心暗鬼です。
もう一度下振れを行い始め、やっぱり駄目だの売りが出てくる。その場所が訪れるのではないか?こう考えています。
もしそうなればそこからが買い場となります。ちょっとややこしい話ですが、そういうことです。
------------------------------------------------------------
◆ 釣り人
2016/01/21(木) 08:58

日経平均先物の現在の気配は16420、前日比100円高のところです。
松井証券の信用買いの評価損率を見ますと、昨日の引けで-19%、かなりの方が追証の憂き目にあったということになります。

「まだはもうなり、もうはまだなり」と言いますが、イルカの「買い線」が完成しそうな寄り付きとなります。
前日より高く始まって、ザラ場において駄目だの売りが続く。こうなると完成します。
果たしてそうなるのかどうか?分かりません。
お伝えしたいことは、寄り後の下振れは強気で見るということです。

ドル円117.08
NYダウ、お伝えしました8月の安値15370に肉薄しました。昨日の安値は15450まででした。

場中いろいろ書きます。ご覧ください。

------------------------------------------------------------
今日はたくさんのことが書かれています。
参考にして下さい。


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/21(木) 12:33
 
ランチバスケットは23件、419.94億円。
差引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/01/21(木) 11:48
 
■日経平均      16,682.11(+265.92)

■東証1部出来高    12.61億株

■東証1部売買代金   1.27兆円

■日経平均先物    16,720(+400)

■TOPIX        1,356.63(+17.66)

■騰落        上昇1,337/下落485

■マザーズ指数    776.31(+25.12)

■日経JQ       2,412.81(+3.83)

■ドル円       117.30
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。年初からの急落で割安感が出たとの見方から、朝方から買いが先行。買い一巡後は上げ幅を縮小する場面がありましたが、円相場が円安・ドル高水準に弱含んだことや原油相場の下落が一服していることから投資家心理がやや改善し、主力株中心に押し目買いが入りました。日経平均は徐々に上げ幅を拡大して前場を終了しました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、ゴム製品、ガラス土石製品。一方、値下がりしたのは、食料品、その他金融業のみとなりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反発しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後、買い戻しもあり上げ幅拡大から本日高値あたりでの
推移。為替動向もリスクオフの緩みから117円台中盤も下支え。

ドル換算ベースは、141ドル台まで回復。

後場も16830円をクリアできるか見ていきます。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-1.42%

2016/01/21(木) 10:26
 
上海総合指数 2,934.39 前日比 -42.30 -1.42%


◆ 10時の概況

2016/01/21(木) 10:01
 
■日経平均      16,611.95(+195.76)

■日経平均先物    16,630(+310)

■TOPIX先物      1,351.50(+17.00)

■騰落        上昇1,176/下落626

■日経JQ       2,403.15(-5.83)

■マザーズ指数    765.81(+14.62)

■ドル円       117.41

■NYダウ夜間先物  +128

■指数大型      現値1,249.02  前日比+11.91

■指数中型      現値1,631.30  前日比+13.07

■指数小型      現値2,349.03  前日比+10.10


◆ 釣り人

2016/01/21(木) 08:59
 
日経平均先物の現在の気配は16420、前日比100円高のところです。
松井証券の信用買いの評価損率を見ますと、昨日の引けで-19%、かなりの方が追証の憂き目にあったということになります。

「まだはもうなり、もうはまだなり」と言いますが…

(中文、会員ページ)

ドル円117.08
NYダウ、お伝えしました8月の安値15370に肉薄しました。昨日の安値は15450まででした。

場中いろいろ書きます。ご覧ください。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/21(木) 08:52
 
おはようございます。

完璧に予想とは真逆の動きとなり我々の投資戦略においてヘッジ売りが止まらない。
正直、今回は「キツイお仕置き相場」。米国株を始めあらゆるマーケットで追いつけ、追い越すな!と現場はてんてこ舞い(笑)
仕方がないが投資家人生ならばこんな事もあるさ!と。何故かボスは笑っていると。ただ普通の投資家の皆様にはキツイ下げとなり1ヶ月余りで日経平均は4000円近くの下落となってしまった。
またこの便りを信じて強気になったりしてしまった投資家がいたのならば大変申し訳なかったと思っている。
さてマーケットの裏側では何が起きているのか?
日本株ならぬ東京市場であるが明らかに外国人投資家のリスク回避とヘッジ売りが止まらない!
これにより下がれば下がるだけヘッジしないといけない環境に追い込まれていることだろう。
まして現状の東京市場の外国人比率は恐らく80%は超えていることが予想されある意味外国人投資家がある程度売り終わるのを待たざる終えない環境なのかもしれない。
ただ我々としてはリスク回避からリスクONを取り始めたばかりで押し目買いの日々。
ここだけの話。昨日はかなりの銘柄が約定してきた為にヘッジ作業も忙しかったと聞く!
さぁ我々は投資家が恐怖の中を着実にヘッジを入れながら現物株を拾っている。
明らかに負けとなれば別であるがここからが大変な作業となることは間違いない。
現状我々のポジションを精査すると日経平均17120円でチャラのポジションだそうだが。為替を踏まえると17320円前後だろう。
そして我々のようなヘッジファンドが次に取る行動はもし戻り始めたらヘッジの巻き戻しは尋常じゃないスピードで入ると思っている。
これだけは忘れないで欲しい。
当面のヘッジ作業でキーは16540円辺りだろう。
ここでの下落が誤差の範囲となることを我々も祈っている。



本日の先物レンジ
16080~16740円
反発はいつ起きてもおかしくない。
ただ下げ止まるの待たねば簡単には戻らないだろう。

心理的に売りが売りを呼ぶ環境だろう。


◆ 外資系の注文動向

2016/01/21(木) 08:34
 
 21日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1230万株、買い680万株で、差し引き550万株の売り越し。売り越しは5営業日連続。金額(6社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、銀行、通信、小売、サービス、情報通信、保険など。
 買いセクターに、サービス、自動車、銀行、空運、ガス、保険、化学、情報通信、機械など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2016/01/21(木) 08:25
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 16375 (+55) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 16355 (+35) 大阪取引所終値比

NYは、原油相場の下落を受けて投資家心理が悪化しており、一時560ドルを超す大幅下落となったが、引けにかけては買い戻しも入った。
英蘭系石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルは、2015年10-12月期の利益が前年同期比から半減するとの見通しを明らかにしたことも押し下げ要因となった。

日経ですが、昨日は大きく下落、イブニングを含めた戻り高値からは、900円幅下落となった。本日は、為替推移も昨晩、115円台からの切り返しである。リスク回避の動きが続くのか見ていきます。

想定レンジ、為替、116.94円 137ドルから141ドル

 16020円から16488円


◆ 本日の予定

2016/01/21(木) 08:17
 
■国内(21日)
11月全産業活動指数(13:30)
20年国債入札

《決算発表》
小松ウオル、日電産、DNAチップ、総合メディ

■海外(21日)
仏1月製造業信頼感指数(16:45)
ユーロ圏12月消費者物価(19:00)
ECB理事会(金利発表、21:45)
ドラギ総裁会見(22:30)
米1月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(22:30)
米10年インフレ連動国債入札

《決算発表》
ベライゾン、スターバックス、シュルンベルジェ、アメリカン・エキスプレス、トラベラーズ・カンパニーズ、インテューイティブ・サージカル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/21(木) 08:11
 
■NYダウ
 15,766.74 -249.28
■ナスダック
 4,471.69 -5.26
■CME225(円建て)
 16,355 +35(大証比)
■英FT100
 5,673.58 -203.22
■上海総合指数
 2,976.69 -31.05
■ドル円
 116.93

 20日のNY市場は大幅反落。連日の原油相場の下落や世界経済の減速懸念から投資家心理が悪化し、ダウ平均は一時565ドル安(-3.53%)まで下落した。この日終盤に原油の下げが和らぎ、売りが弱まる場面があったものの、相場を押し上げるには至らなかった。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や耐久消費財・アパレルが上昇する一方で不動産やエネルギーが下落した。
 ADRの日本株は、三菱地所<8802>、HOYA<7741>が小じっかりのほかは、ソフトバンクG<9984>、野村<8604>、味の素<2802>など、対東証比較(1ドル116.92円換算)で全般軟調。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/21(木) 07:52
 
2016/1/21  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     1.982% (前日比-0.073%)     0.821% (前日比-0.049%)
英国     1.622% (前日比-0.077%)     0.422% (前日比-0.038%)
ドイツ     0.482% (前日比-0.067%)     -0.414% (前日比-0.019%)
ポルトガル 2.926% (前日比+0.159%)     0.166% (前日比+0.048%)
イタリア    1.650% (前日比+0.091%)     0.053% (前日比+0.032%)
ギリシャ   10.151% (前日比+0.980%)       -
スペイン    1.785% (前日比+0.081%)     0.009% (前日比+0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/01/20(水) 15:30
 
■日経平均      16,416.19(-632.18)

■東証1部出来高    25.66億株

■東証1部売買代金   2.67兆円

■日経平均先物    16,320(-740)

■TOPIX        1,338.97(-51.44)

■騰落        上昇40/下落1,886

■マザーズ指数    751.19(-45.99)

■日経JQ       2,408.98(-61.10)

■ドル円       116.80
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。前場はNY原油安や対ドルでの円強含みが重しとなり、売りが先行。その後は、中国・上海株が下げて始まったことやニューヨーク原油価格が時間外で下落したことなども嫌気され下げ幅を拡大。
 後場は、昼休みの時間帯に中国・上海総合指数が下げ基調を強めたことや対ドルで円が上昇したことなどを受け売り優勢でスタート。その後も先物主導で下げ幅を拡大し、1万6416円19銭と昨年来安値を下回って本日の取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、海運業、不動産業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反落しました。

■釣り人
大きな下げとなりました。マザーズ指数の下げも大きいです。
現在NYダウの夜間取引の数値は-304ドル。実際の今晩のNYがこの数字になるとさらに下げるでしょうか?それとも織り込んでCME225は明朝の朝少し高寄りするでしょうか?「それはわからない」そうなんです。わからないんです。ところが明日の寄り付き値は凄く大事です。会員ページでは多くを書くことになるでしょう。
そして、ズバリ判断することになるでしょう。ご覧になって下さい。

■桃太郎
後場も良く下がりました。16500円所の節を下回り
大きく下落、甘利経済相の汚職が週刊誌にでるのでは
ないかとの観測から大きく売られた感じです。

為替推移もリスク回避の動きから116円台となりました。

ドル換算ベースは、140.43ドルと140ドル台なので止まる感じは
あるのですがどうでしょう?


◆ ご案内

2016/01/20(水) 14:03
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/20(水) 14:02
 
■日経平均      16,514.78(-533.59)

■日経平均先物    16,480(-580)

■TOPIX先物      1,344.50(-45.50)

■騰落        上昇100/下落1,778

■日経JQ       2,428.24(-41.84)

■マザーズ指数    763.13(-34.05)

■ドル円       116.96

■NYダウ夜間先物  -286

■上海総合指数後場の寄り付き 2,955.44 前日比-52.30 -1.74%

■指数大型      現値1,244.74  前日比-40.51

■指数中型      現値1,629.67  前日比-50.62

■指数小型      現値2,357.90  前日比-64.12


◆ 海のページから(会員さんからのご質問)

2016/01/20(水) 13:37
 
■件名:セリクラ

■内容:
釣り人さん
いつも見てます。
今日の下げがセリクラとはならないでしょうか?
信用評価損も17%を超えてきてるでしょう。
買い向かうには未だ早いでしょうか?
よろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


■釣り人
セリングクライマックスというものは、信用で買い持ちの方が追証になって、もうダメだの投売りが出る。
そういう状況に発生しやすいのですが、お問い合わせにあるとおり私も信用の評価損率で買い方は-17%あたりかなと想像します。
その後に来るのが20%という状況です。
そのとき日経平均は700円安や800円安になる。
こんなことをイメージしております。そこが買い場となるわけですが、明日の寄り付きは大事だなと思っております。
どういう値段になるのか?寄り付き値というものは上海の終値、そしてヨーロッパの終値、最後はNYの終値、為替の状況や原油の状況が全て一巡し、そしていろんな要因を合わせて明日の寄り付き値が決まります。その寄り付き値に対して、私は毎朝コメントしているわけです。私だったらあと、1日、2日待ちます。今の状況で1日でも買い場を間違えるとあっという間に5%やられます。


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/20(水) 12:34
 
ランチバスケットは17件、553.3億円。
差引き200億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/20(水) 11:55
 
■日経平均      16,678.91(-369.46)

■東証1部出来高    10.72億株

■東証1部売買代金   1.08兆円

■日経平均先物    16,670(-390)

■TOPIX        1,361.96(-28.45)

■騰落        上昇312/下落1,533

■マザーズ指数    781.94(-15.24)

■日経JQ       2,450.10(-19.98)

■ドル円       117.24
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。NY原油安や対ドルでの円強含みが重しとなり、売りが先行。先物売りを交えて下げ幅を拡大した後、いったん切り返したものの、戻りは限定的となり再び軟化。その後は、中国・上海株が下げて始まったことやニューヨーク原油価格が時間外で下落したことなども嫌気され下げ幅を拡大。そのまま安値圏で軟調に推移して前場取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、海運業、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反落しました。

■釣り人
まず今週号の週間展望でいくつかの条件が整えば水曜日あたりは一つのポイントとなる、ということをお伝えしました。
週足チャートで三週目の大幅下落に入っていることが要因でした。
ですから月曜日の寄り付き16750(先物)。この日が最も安い日なんですが何も「買い線」がまだ発動しないと伝え昨日の上昇に関しては主力銘柄である三菱UFJ(東1:8306)が下げ止まっていないことをお伝えし、昨日の上昇に対してまだであろうということをお伝えしました。NYダウに関しては毎日書いているとおりです。上海に関しても3日続伸した日はまだないということをお伝えしてます。
さて、セーリングクライマックスは訪れるのかどうか?
それとも既に底打ち形成の動きなのか?
しっかりと思いを伝えて行きますのでご覧になって下さい。

■桃太郎
前場は、先日安値付近まで売られる展開となってます。
リスク回避の動きがいつまで続いていくのか後場も
見ていきます。

為替推移も117円台前半となってます。

ドル換算ベースは、142.29ドルとなりました。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.49%

2016/01/20(水) 10:26
 
上海総合指数 2,993.01 前日比 -14.73 -0.49%


◆ 10時の概況

2016/01/20(水) 10:01
 
■日経平均      16,904.27(-144.10)

■日経平均先物    16,900(-160)

■TOPIX先物      1,377.50(-12.50)

■騰落        上昇660/下落1,112

■日経JQ       2,467.20(-2.88)

■マザーズ指数    795.88(-1.30)

■ドル円       117.48

■NYダウ夜間先物  -68

■指数大型      現値1,272.30  前日比-12.95

■指数中型      現値1,667.80  前日比-12.49

■指数小型      現値2,409.75  前日比-12.27


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/20(水) 08:52
 
おはようございます。

我々の投資戦略に変更はない。
マーケットは段々今年に入ってからの下げを収束に向かう予感がしてきた。
今回の下げの原因は中国経済の鈍化から原油安を招き、これによる中国通過「元」の切り下げによるドル安!
これにより今や世界最強通過となった「円」。これにより円高傾向となったがここ最近は円高基調もやや緩む緩やかに円安基調となりそうだ。
さて今年に入っての世界的な株安の理由は明確となり売り手もサウジマネーならぬオイルマネーであることも伝わりここから仮にもう少し原油価格が下がったからとオイルマネーは更に売り叩いてくるのか?
我々の分析からするとここから焦って売ってくることは考え辛い。
何故なら彼等も安く売り叩いてまでの行動を取るか?と言えば。
答えはNOだ。また戻ったら売ってくるかもしれないがここから更に加速して売ることはないと予想する。
そうなると目先我々が想定していた反発局面はジワジワ近付き緩やかに暫く回復してくると予想し押し目買いに徹しているのが現状我々の投資戦略である。

即ち、この便りを読まれている投資家の皆様!
我が社のボスから
BUY宣言された。
リスク回避を伝えたのは1月6日であったが今朝ボスからリスクONの指令がなされた。



本日の先物レンジ

~以下会員ページ~


◆ 外資系の注文動向

2016/01/20(水) 08:22
 
 20日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り890万株、買い630万株で、差し引き260万株の売り越し。売り越しは4営業日連続。金額(6社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、サービス、不動産、電機、自動車、化学、薬品、卸売、情報通信、電力、通信など。
 買いセクターに、小売、化学、紙パ、薬品、サービス、通信、銀行、金属、電機、情報通信など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/20(水) 08:16
 
■国内(20日)
《決算発表》
日鋳造、スーパーツール、安川電、大和オフィス

■海外(20日)
豪1月消費者信頼感(8:30)
英12月失業率(18:30)
世界経済フォーラム(ダボス会議 ~23日)
米12月住宅着工戸数・建設許可件数(22:30)
米12月消費者物価指数(22:30)

《決算発表》
ゴールドマン・サックス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2016/01/20(水) 08:16
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 17050 (‐10) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 17030 (‐30) 大阪取引所終値比

NYは、金融株の決算が良く、アジア・欧州株の上昇で高く始まりましたが、原油再下落となり下落に転じたが引けにかけて戻しを入れた。ナスダックは続落となった。

日経ですが、昨日は大きく上下に振れたが引けにかけては買い戻しから高くなった。為替推移もポイントの118.10円を昨晩は付けたが明確には越えられず、117円台中盤となっている。
本日も中国動向なので、振れるか買い戻しが入るか見ていきます。

 想定レンジ、為替、117.64円 142ドルから147ドル

 16704円から17293円


◆ おはようございます

2016/01/20(水) 08:11
 
■NYダウ
 16,016.02 +27.94
■ナスダック
 4,476.95 -11.47
■CME225(円建て)
 17,030 -30(大証比)
■英FT100
 5,876.80 +96.88
■上海総合指数
 3,007.74 +93.90
■ドル円
 117.64

 19日のNY市場はまちまち。アジア株が上昇したことや欧州株などの上昇、米主要企業の好決算を背景に米株は寄り付きから高く始まったものの、NY原油先物相場が一時3%安となったことで下落する場面も。しかし、引けにかけて買戻しが入り、下げ幅を縮小する展開となった。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や公益事業が上昇する一方でエネルギーや素材が下落した。
 ADRの日本株は、コマツ<6301>、花王<4452>、NTT<9432>が堅調。反面、ソニー<6758>、野村<8604>、ソフトバンクG<9984>が軟調など、対東証比較(1ドル117.56円換算)で高安まちまち。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/20(水) 07:43
 
2016/1/20  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.056% (前日比+0.021%)     0.870% (前日比+0.020%)
英国     1.699% (前日比+0.007%)     0.460% (前日比-0.001%)
ドイツ     0.549% (前日比+0.012%)     -0.395% (前日比+0.002%)
ポルトガル 2.767% (前日比-0.002%)     0.118% (前日比+0.005%)
イタリア    1.559% (前日比-0.006%)     0.021% (前日比+0.004%)
ギリシャ   9.171% (前日比+0.017%)       -
スペイン    1.704% (前日比-0.039%)     0.006% (前日比-0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 12月首都圏マンション発売戸数、34.1%減

2016/01/19(火) 15:44
 
不動産経済研究所(東京・新宿)が19日発表した12月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比34.1%減の6189戸と、2カ月ぶりに減少した。
契約戸数は4013戸で、月間契約率は5.1ポイント低下の64.8%だった。1月の発売戸数は1500戸前後の見込み。


◆ 大引け概況

2016/01/19(火) 15:38
 
■日経平均      17,048.37(+92.80)

■東証1部出来高    21.73億株

■東証1部売買代金   2.19兆円

■日経平均先物    17,060(+200)

■TOPIX        1,390.41(+2.48)

■騰落        上昇861/下落948

■マザーズ指数    797.18(+12.53)

■日経JQ       2,470.08(+18.68)

■ドル円       117.77
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は4日ぶり反発しました。前日の欧州株安を嫌気して朝方は売りが先行。売り一巡後は前日終値を挟んで一進一退となりました。中国10-12月期国内総生産(GDP)が発表後、一時は買い戻しが入りましたが、改めて中国経済の減速が意識され、前引けにかけて下げ幅を拡大しました。昼休み時間帯に日経先物に買いが入ったことから、後場日経平均は前場終値を上回ってスタートし、前場で下回った17000円台を回復。後場の上海総合指数が堅調に推移したことから買い安心感が広がり、上げ幅を拡大して本日の取引を終了しました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、鉄鋼、海運業でした。一方、値下がり上位は、食料品、銀行業、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反発しました。

■桃太郎
後場は、リスク回避の動きが緩み為替の下支えから
上げ幅拡大となりました。
今晩の米国の動き次第では、目先戻りを入れていけるか
方向感も出そうです。

ドル換算ベースは、144.81ドルとプラス圏まで戻しました。


◆ ご案内

2016/01/19(火) 14:46
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/19(火) 14:04
 
■日経平均      16,939.50(-16.07)

■日経平均先物    16,930(+70)

■TOPIX先物      1,380.00(+0.50)

■騰落        上昇667/下落1,129

■日経JQ       2,459.79(+8.39)

■マザーズ指数    787.73(+3.08)

■ドル円       117.55

■NYダウ夜間先物  +132

■上海総合指数 2,978.73 前日比+64.90 +2.23%

■指数大型      現値1,276.24  前日比-6.22

■指数中型      現値1,669.34  前日比-7.74

■指数小型      現値2,411.98  前日比-12.75


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/19(火) 12:37
 
ランチバスケットは19件、197.21億円。
差引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/19(火) 11:57
 
■日経平均      16,834.13(-121.44)

■東証1部出来高    11.00億株

■東証1部売買代金   1.03兆円

■日経平均先物    16,810(-50)

■TOPIX        1,376.73(-11.20)

■騰落        上昇609/下落1,163

■マザーズ指数    783.07(-1.58)

■日経JQ       2,455.94(+4.54)

■ドル円       117.30
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の欧州株安を嫌気したほか、午前11時に中国10-12月期GDPの発表を控え、同国の経済指標に対する警戒感から売りが先行となりました。前日の下げで自律反発も意識され、売り一巡後は下げ幅を縮小してプラス転換。その後は前日終値を挟んで一進一退となりました。中国10-12月期国内総生産(GDP)が発表されると一時は買い戻しが入りましたが、改めて中国経済の減速が意識され、前引けにかけて下げ幅を拡大しました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、銀行業、食料品、その他金融業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、鉄鋼、海運業となりました。
 
 TOPIXは続落、日経ジャスダック平均株価は反発しました。

■桃太郎
前場は、戻る場面もありましたが、中国GDP後、買い戻しが入り上げ幅
拡大しましたが、売り優勢となりマイナス圏となりました。
後場も持合いなのか、米国待ちなのか見ていきます。

為替推移も117円台中盤から下落となり117.30円あたりでの推移。

ドル換算ベースは、143.51ドルとなりました。


◆ 中国10-12月期GDP(前年比)+6.8%

2016/01/19(火) 11:02
 
中国国家統計局は19日、2015年10-12月期の国内総生産(GDP)が物価変動を除く実質で前年同期比6.8%増えたと発表した。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.02%

2016/01/19(火) 10:26
 
上海総合指数 2,914.41 前日比 +0.57 +0.02%


◆ 10時の概況

2016/01/19(火) 10:01
 
■日経平均      17,039.47(+83.90)

■日経平均先物    17,030(+170)

■TOPIX先物      1,390.00(+10.50)

■騰落        上昇1,207/下落576

■日経JQ       2,459.22(+7.82)

■マザーズ指数    797.61(+12.96)

■ドル円       117.56

■NYダウ夜間先物  +69

■指数大型      現値1,286.03  前日比+3.57

■指数中型      現値1,683.99  前日比+6.91

■指数小型      現値2,435.34  前日比+10.61


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/19(火) 08:59
 
おはようございます。

油断許さぬマーケット環境の中、ここから始まる決算ラッシュ!ここにきて日経平均のEPSは東芝、キリン、三菱商事などにより昨年の中間決算より一株利益の低下。
また中国ショックや円高などによりここでのファンダメンタルに不安が脳裏を過る中現状の日経平均のPERは約14倍とこれが割安となるのか?
それとも決算により今期下方修正が相次げばこのPER自体割安とはならない。
ただここで多くのマーケット関係者は騰落レシオを口にしては下がり過ぎだと投資家に発信するも相変わらず現状の流れは変わらない。
ただ我々はその中先週末辺りから買い始め積極的に押し目買いをしている現状に至り反発を待っている。
マーケットに携わっていれば急騰もあれば急落もありそれを乗り越えたものが勝ち組となる。
我々も負け戦さをしたい訳ではないしこの便りを読まれている投資家も勝ち続けたいと切に願っているはずだ。
そして種を蒔き収穫の時が来た時に喜びを感じる。
これがマーケットでありチャンスを掴むには静まりかえったマーケットで買い様子を見ながら売るのではなく買い増す!
そして多くの投資家が安堵の気分に浸るその時にこっそり売り喜びを歯に噛む。


本日の先物レンジ
為替位置を見ると
本日は迷いの1日。
16680~17120円

我々はどこかでまた日経平均に春が見える日が来ると思っている。
目先は18000円台でこの種を蒔いた分を収穫したいと考えている。


◆ 外資系の注文動向

2016/01/19(火) 08:33
 
 19日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1370万株、買い780万株で、差し引き590万株の売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(6社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、電機、その他製品、小売、商社、建設、化学、薬品、鉄鋼、機械、サービス、空運、銀行など。
 買いセクターに、電力、ガス、薬品、輸送用機器、サービス、化学、電機、銀行、自動車、その他製品など」(外資系証券)という。


◆ 桃太郎

2016/01/19(火) 08:25
 


おはようございます。

日経CFD 16865円 (8:19)

NYは、休場。

日経ですが、昨日は安寄り後、買い戻しも多少入り下げ幅縮小。
為替推移も117円台前半での持合いも下支え。
本日は、為替変動に大きな変化なく、11:00発表の中国10-12月GDPが注目されてます。予想通りと思われますがその後の展開次第となりそうです。

想定レンジ、為替、117.40円 140ドルから145ドル

 16436円から17023円


◆ 本日の予定

2016/01/19(火) 08:21
 
■国内(19日)
12月首都圏新規マンション発売(13:00)
5年国債入札

《決算発表》
ゲンキー、ブロンコB、安川情報、プロロジス、アサヒ陶、津田駒、ネクスG、ティムコ、リーバイス

■海外(19日)
中国12月鉱工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資(11:00)
中国10-12月期GDP(11:00)
独12月消費者物価確報値(16:00)
英12月消費者物価(18:30)
独1月ZEW景況感指数(19:00)
米1月NAHB住宅市場指数(20日0:00)
米11月対米証券投資(20日6:00)

《決算発表》
バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレー、IBM、ネットフリックス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/19(火) 08:17
 
18日のNY市場はキング牧師の生誕記念の祝日で休場です。
■CME225(円建て)
 16,865 +70(大証比)
■英FT100
 5,779.92 -24.18
■上海総合指数
 2,913.84 +12.87
■ドル円
 117.41


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/19(火) 07:39
 
2016/1/19  7時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.035% (前日比+0.000%)     0.850% (前日比+0.000%)
英国     1.692% (前日比+0.030%)     0.461% (前日比+0.023%)
ドイツ     0.537% (前日比-0.003%)     -0.397% (前日比-0.003%)
ポルトガル 2.769% (前日比+0.032%)     0.113% (前日比+0.018%)
イタリア    1.565% (前日比-0.001%)     0.017% (前日比-0.001%)
ギリシャ   9.154% (前日比+0.253%)       -
スペイン    1.743% (前日比-0.009%)     0.009% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/01/18(月) 15:48
 
■日経平均      16,955.57(-191.54)

■東証1部出来高    22.30億株

■東証1部売買代金   2.24兆円

■日経平均先物    16,860(-290)

■TOPIX        1,387.93(-14.52)

■騰落        上昇258/下落1,618

■マザーズ指数    784.65(-15.94)

■日経JQ       2,451.40(-44.17)

■ドル円       117.19
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前週末の欧米株安や原油安を受けて朝方から売りが先行。円相場が一時1ドル=116円台まで上昇したことも相場の重荷となり、下げ幅は一時480円を超え昨年来安値を下回る場面がありました。昼休み時間帯に日経先物が下げ渋った流れを受けて、後場寄り付きは買いが先行。その後もみ合いが続きましたが、中国・上海総合指数が上げ基調を強めたことなどから1万7000円台に値を戻す場面もありました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、情報・通信業、不動産業、鉄鋼。一方、値上がりしたのは、ゴム製品、食料品、空運業のみとなりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続落しました。

■桃太郎
後場は、NY休場もあり下支えから17000円台まで付ける場面もあり
終始買い戻しのイメージとなりました。
明日の展開も為替推移を見ながらの見ていきます。

ドル換算ベースは、144.70ドルとなりました。


◆ 14時の概況

2016/01/18(月) 14:01
 
■日経平均      16,870.40(-276.71)

■日経平均先物    16,870(-280)

■TOPIX先物      1,381.00(-21.50)

■騰落        上昇182/下落1,716

■日経JQ       2,445.96(-49.61)

■マザーズ指数    776.78(-23.81)

■ドル円       117.15

■NYダウ夜間先物  +56

■上海総合指数後場の寄り付き 2,903.56 前日比+2.59 +0.09%

■指数大型      現値1,276.17  前日比-19.34

■指数中型      現値1,667.88  前日比-26.82

■指数小型      現値2,414.22  前日比-39.96


◆ 日・11月第三次産業活動指数:前月比0.8%の低下

2016/01/18(月) 13:36
 
18日発表された2015年11月の第3次産業活動指数は前月比0.8%低下の103.1だった。


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/18(月) 12:37
 
ランチバスケットは7件、109.75億円。
差引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/18(月) 11:48
 
■日経平均      16,814.10(-333.01)

■東証1部出来高    12.26億株

■東証1部売買代金   1.14兆円

■日経平均先物    16,770(-380)

■TOPIX        1,376.65(-25.80)

■騰落        上昇112/下落1,780

■マザーズ指数    773.75(-26.84)

■日経JQ       2,445.38(-50.19)

■ドル円       117.09
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅に続落しました。前週末の欧米株安や原油安を受けて朝方から売りが先行。外国為替市場で円相場が一時1ドル=116円台まで上昇したことも相場の重荷となり、下げ幅は一時480円を超え昨年来安値を下回る場面がありました。売り一巡後は円高の一服や大幅に値下がりした反動から押し目買いが入り、やや下げ渋りました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、情報・通信業、その他製品となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続落しました。

■桃太郎
前場は、安寄り後、3日足の節あたりまでは下げましたが
買い戻しが入り、先日安値付近まで下げ幅縮小となりました。

後場も戻ることが出来るか見ながら行きます。

ドル換算ベースは、143ドル台となりました。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-1.84%

2016/01/18(月) 10:26
 
上海総合指数 2,847.54 前日比 -53.43 -1.84%


◆ 10時の概況

2016/01/18(月) 10:01
 
■日経平均      16,834.43(-312.68)

■日経平均先物    16,820(-330)

■TOPIX先物      1,375.50(-27.00)

■騰落        上昇85/下落1,820

■日経JQ       2,435.00(-60.57)

■マザーズ指数    770.57(-30.02)

■ドル円       117.09

■NYダウ夜間先物  -5

■指数大型      現値1,271.28  前日比-24.23

■指数中型      現値1,664.20  前日比-30.50

■指数小型      現値2,407.88  前日比-46.30


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/18(月) 09:06
 
おはようございます。

緊急告知しての下げ!
ここからはやや時間軸からと短期的に売られるスピードが早いと予想した我々であったが。
現実は更なる下落。
この便りをお読みになっている投資家の皆様には大変申し訳ないと反省。
ただ我々は着実にここからは押し目買いをしていくことを皆様にはお伝えしておく。
マーケットはリスク回避から更なる下落となり投資家は怯えている事だろう。
そして今週は下手すれば阿鼻叫喚の売り!またパニック売りが発生するかもしれない。
ましてこの大荒れな環境となればなかなか買いは入り辛く想定以上の値幅が発生する可能性があるのでここは十分注意しながら参加することだ。

ただここは我々は着実に押し目買いに徹して拾っていきたい。
きっと春は来る!
蒔いた種が開花する日が来るだろう。


本日の先物レンジ
今朝は想定以上に乱高下があるかもしれない。
16480~17210円
値幅を大きく見積もった。


■釣り人
30億の便りはご存知のようにプロの海外の投資家であり、巨額のファンドを運用している担当者からの便りです。
会員ページの内容が30億の便りと違うときもあるということを認識していると想像します。
無料ページの読者の方もそのあたりは承知の上でご覧になってください。弊社はサービスで掲載をしております。
読者の方は大いに参考にしてください。そして動かしている金額が個人投資家のそれとは違います。当然売買のやり方も違います。
たくさんの方に今まで有意義な情報を提供してくれました。そしてこれからもそうでしょう。大いに期待していきます。


◆ 釣り人

2016/01/18(月) 08:54
 
日経平均先物の現在の気配は16770、前日比380円安のところです。
週足チャートでは三空の投げ、日足チャートでは一空の投げの寄り付きであるということを確認します。
松井証券の信用の評価損率は-15.8。本日更に悪化、そして追証もかなりの割合で出始めている、このようなことを想像しますし、個別株の売り物を見ますと信用の投げが始まっていることを感じるものです。

残念ながら昨日展望で書いたとおり、本日の大幅安の寄り付きでも「買い線」はなにも出ません。
今日に限ってはNYがありませんから買ってみようという気運がザラ場において起きるかもしれませんが、本日で底打ちという判断ができていない以上、基本的には様子見となります。
不安定な相場の始まりとなり誠に残念ではありますが、長いトンネルを抜ければ良いことがあると思います。
しっかりと下げ過程を見続けます。


◆ ドル建て 日経225

2016/01/18(月) 08:36
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て) 清算値 16820 (‐330)
シカゴ日経平均先物3月限(円建て)  清算値 16795 (‐355)

NYは、今晩休場

日経ですが、現在為替推移は、週末のあたりと変化なし。
ギャップダウン後買い戻してこれるか見ながらの展開。

想定レンジ、為替、116.98円 140ドルから145ドル

 16377円から16962円


◆ 外資系の注文動向

2016/01/18(月) 08:28
 
 18日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1230万株、買い770万株で、差し引き460万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(6社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、食品、機械、電機、小売、化学、情報通信、通信、自動車など。
 買いセクターに、自動車、銀行、小売、電機、通信、建設、化学、保険、電力、ガスなど」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2016/01/18(月) 08:22
 
■18(月)
【国内】
11月鉱工業生産確報値(13:30)
11月第三次産業活動指数(13:30)
さくらレポート
《決算発表》
平和RE

【海外】
中国12月70都市新築住宅価格
《イベント》
世界未来エネルギーサミット/国際水サミット(~21日アブダビ)
休場:米(キング牧師誕生日)


■19(火)
【国内】
12月首都圏新規マンション発売(13:00)
15年の訪日外国人客数
5年国債入札
《決算発表》
ゲンキー、ブロンコB、安川情報、プロロジス、アサヒ陶、津田駒、ネクスG、ティムコ、リーバイス

【海外】
中国12月鉱工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資(11:00)
中国10-12月期GDP(11:00)
独12月消費者物価確報値(16:00)
英12月消費者物価(18:30)
独1月ZEW景況感指数(19:00)
トルコ中銀金融政策決定会合(政策金利発表、21:00)
米1月NAHB住宅市場指数(20日0:00)
米11月対米証券投資(20日6:00)
《決算発表》
バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレー、IBM、ネットフリックス


■20(水)
【国内】
1月月例経済報告
《決算発表》
日鋳造、スーパーツール、安川電、大和オフィス

【海外】
豪1月消費者信頼感(8:30)
英12月失業率(18:30)
世界経済フォーラム(ダボス会議 ~23日)
米12月住宅着工戸数・建設許可件数(22:30)
米12月消費者物価指数(22:30)
カナダ銀行翌日物貸出金利(21日0:00)
ブラジル中銀政策金利発表
《決算発表》
ゴールドマン・サックス


■21(木)
【国内】
11月全産業活動指数(13:30)
20年国債入札
《決算発表》
小松ウオル、日電産、DNAチップ、総合メディ

【海外】
仏1月製造業信頼感指数(16:45)
ユーロ圏12月消費者物価(19:00)
ECB理事会(金利発表、21:45)
ドラギ総裁会見(22:30)
米1月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(22:30)
米10年インフレ連動国債入札
《決算発表》
ベライゾン、スターバックス、シュルンベルジェ、アメリカン・エキスプレス、トラベラーズ・カンパニーズ、インテューイティブ・サージカル


■22(金)
【国内】
1月日経PMI製造業速報値(11:00)
《決算発表》
モバファク、光世証、帝国ホテル、アクシーズ、ベクター、JIEC、アジュバン、東製鉄、ジャフコ、植松商、阪急リート

【海外】
仏・独・ユーロ圏1月PMI速報値(17:00~18:00)
英12月小売売上高(18:30)
米12月シカゴ連銀全米活動指数(22:30)
米1月製造業PMI速報値(23:45)
米12月中古住宅販売件数(23日0:00)
米12月CB景気先行総合指数(23日0:00)
《決算発表》
GE


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/18(月) 08:18
 
2016/1/18  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.035% (前日比-0.053%)     0.850% (前日比-0.041%)
英国     1.662% (前日比-0.069%)     0.438% (前日比-0.051%)
ドイツ     0.540% (前日比-0.034%)     -0.394% (前日比-0.011%)
ポルトガル 2.737% (前日比+0.046%)     0.095% (前日比-0.012%)
イタリア    1.566% (前日比-0.010%)     0.018% (前日比-0.001%)
ギリシャ   8.901% (前日比+0.294%)       -
スペイン    1.752% (前日比-0.029%)     0.009% (前日比-0.009%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ おはようございます

2016/01/18(月) 08:16
 
■NYダウ
 15,988.08 -390.97
■ナスダック
 4,488.42 -126.59
■CME225(円建て)
 16,795 -355(大証比)
■英FT100
 5,804.10 -114.13
■上海総合指数
 2,900.97 -106.68
■ドル円
 116.90

 15日のNY市場は反落。軟調な12月小売売上高が嫌気されたほかアジアや欧州株の下落を背景に、米国株も寄付きから大きく下落した。原油相場も30ドルを割り込む大幅下落となったことも投資家心理を悪化させた。ダウは最大で537ドル安となる場面もあり、2015年9月末以来約3カ月半ぶりに1万6000ドルの大台を割り込んだ。
 セクター別では全面安となり、特に半導体・半導体製造装置や銀行の下落が目立った。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、富士重<7270>、花王<4452>、日電産<6594>など、対東証比較(1ドル116.98円換算)で全般軟調。


◆ 釣り人

2016/01/17(日) 19:40
 
桃さんの快進撃が会員ページでは続いています。釣り人は「上げ相場は株の買いで取れ!下げ相場は先物の売りで取れ!」とよく書きますが桃さん見事な取り方です。参考にされてみてはいかがでしょうか?「値幅が大きい時に取る」先物の醍醐味です。


◆ 展開

2016/01/17(日) 18:58
 
先週末は、米国もリセッション懸念から大幅安となり、昨年9月の安値を切る場面となった。
原油価格が下げ止まり感も無く30ドルを切って終わり、リスク回避の動きも高まっている。
16000ドル割れて引けたのは、2014年始めとなります。
ナスダックの4500ポイントわらは、2014年後半となる。
今週も決済動向も注視しながらの展開であらう。

日経ですが、9日営業日中、8日下げてるので、リバンドしてもと思うが、外人売りが止まって無く、リスク回避の動きが続く可能性が止まるまでは、様子見となりそうです。
目先戻る可能性は高い位置と考えてる値は、3日足でも16500円前半と考えてる。
昨年安値を、切って今週は、始まりそうなので、切れて加速すれば近いが、公的の買いで押さえるのが個人的ですがスッキリ感が出ません。
為替推移は、比較的にしっかりしてるイメージは、出てきてるので、指数も戻る場面は近いとなるか今週は、日々見て行きましょう。


◆ 大引け概況

2016/01/15(金) 15:30
 
■日経平均      17,147.11(-93.84)

■東証1部出来高    24.48億株

■東証1部売買代金   2.49兆円

■日経平均先物    17,150(-160)

■TOPIX        1,402.45(-4.10)

■騰落        上昇723/下落1,115

■マザーズ指数    800.59(-25.11)

■日経JQ       2,495.57(-17.23)

■ドル円       117.88
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は、原油価格の上昇を受けた米国の株高や円弱含みを受けて買いが先行。買戻し一巡後は、上げ幅を縮小し、1万7300円台でもみ合う展開となりました。
後場は、昼休みの時間帯に上海総合指数が下げ幅を広げたことや円強含みも重しとなり、売り優勢でスタート。黒田日銀総裁の現時点で追加緩和をする考えはない」との発言を受け円高が進行し、下げ幅を拡大。そのまま安値圏で軟調に推移して本日の取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、証券商品先物、水産・農林業でした。一方、値上がり上位は、空運業、陸運業、小売業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続落しました。

■桃太郎
後場も上げ幅縮小からマイナス圏まで下落と上値が重い展開と
なりました。2週下落となってしまいました。
来週も見ていきましょう。

為替推移は、117円台の小幅ボックスなイメージとなってます。

ドル換算ベースは、145.50ドルとなりました。


◆ ご案内

2016/01/15(金) 14:14
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/15(金) 14:01
 
■日経平均      17,152.18(-88.77)

■日経平均先物    17,140(-170)

■TOPIX先物      1,400.00(-13.00)

■騰落        上昇786/下落1,030

■日経JQ       2,508.75(-4.05)

■マザーズ指数    811.46(-14.24)

■ドル円       117.76

■NYダウ夜間先物  -154

■上海総合指数後場の寄り付き 2,954.90 前日比-52.75 -1.75%

■指数大型      現値1,293.64  前日比-7.44

■指数中型      現値1,693.91  前日比-0.76

■指数小型      現値2,456.55  前日比-7.41


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/15(金) 12:34
 
ランチバスケットは21件、343.83億円。
差引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/15(金) 11:48
 
■日経平均      17,367.22(+126.27)

■東証1部出来高    11.57億株

■東証1部売買代金   1.1兆円

■日経平均先物    17,340(+30)

■TOPIX        1,417.03(+10.48)

■騰落        上昇1,376/下落450

■マザーズ指数    829.76(+4.06)

■日経JQ       2,523.02(+10.22)

■ドル円       118.04
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。原油価格の上昇を受けた米国の株高や円弱含みを受けて買いが先行。買戻し一巡後は、米国市場が3連休に入ることや不安定な外部環境を受けて新規の買いは進まず、上げ幅を縮小する展開となりました。その後は1万7300円台でもみ合い前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、鉱業、小売業でした。一方、値下がり上位は、証券商品先物、保険業、銀行業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反発しました。

■桃太郎
前場は、高寄り後、上値が重く買い戻し一巡後は上げ幅縮小と
なった。為替推移も118円台前半から上値が重く抜け切れずに
117円台後半となったことも指数の上昇を押さえた。

ドル換算ベースは、147.17ドル +0.41%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.65%

2016/01/15(金) 10:25
 
上海総合指数 2,988.05 前日比 -19.60 -0.65%


◆ 10時の概況

2016/01/15(金) 10:01
 
■日経平均      17,352.70(+111.75)

■日経平均先物    17,340(+30)

■TOPIX先物      1,715.50(+2.50)

■騰落        上昇1,426/下落404

■日経JQ       2,524.55(+11.75)

■マザーズ指数    825.35(-0.35)

■ドル円       118.10

■NYダウ夜間先物  -19

■指数大型      現値1,309.13  前日比+8.05

■指数中型      現値1,709.36  前日比+14.69

■指数小型      現値2,479.98  前日比+16.02


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/15(金) 09:06
 
おはようございます。

今朝は緊急告知!
この便りを見た投資家。
押し目買いに回れ。


昨日の日経平均は一時17000円を割れ。私が年末に今年の安値16800円に近づいた。
また騰落レシオやマインド低下、更に現実問題として多くの投資家は株価に怯え恐怖を感じたのではなかろうか?
ただ今朝はこの年始からの下げも暫くは落ち着きを取り戻す場面ではなかろうかと思っているのとボラティリティ低下が発生するじきではかいと予想します。
そしてここからは安易に空売りはしてはいけない場面!
昨日は安易に買うなとお伝えしたが下がる波動が1番強まる場面だとよそうしたからだ。
そうなるとここから2月の初旬くらいまでは反発場面ではないかなと。
マーケットは常に日々変わり投資家が怯えた時にチャンスはくる。
今朝は少し高く始まりそうであるが我々は押し目買いを宣言。
上値追いはまだ早いが来月のSQまではBUYサイドに入る。

我々の予想であるが日経平均18000円台に帰る日が来るはずだ!
そこで売却をお伝えするだろう。


本日の先物レンジ
17340~17610円
ボラティリティ発生する必要ない。
押したら買い。
徹底して押し目買い。


◆ 外資系の注文動向

2016/01/15(金) 08:25
 
 15日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1240万株、買い1100万株で、差し引き140万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(6社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、電機、小売、建設、食品、金属、精密、サービス、通信、商社、薬品など。
 買いセクターに、通信、自動車、ゴム、鉱業、サービス、建設、機械、情報通信、鉄鋼、石油、小売など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/15(金) 08:15
 
■国内(15日)
《決算発表》
KG情報、川崎地質、くろ工、ユナイテッドU、協和コンサ

■海外(15日)
EU財務相理事会(ブリュッセル)
米12月生産者物価・小売売上高(22:30)
米1月NY連銀製造業景気指数(22:30)
米12月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
米1月ミシガン大学消費者信頼感指数(16日0:00)

《決算発表》
U・S・バンコープ、ウェルズ・ファーゴ、シティグループ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/15(金) 08:13
 
■NYダウ
 16,379.05 +227.64
■ナスダック
 4,615.00 +88.94
■CME225(円建て)
 17,495 +185(大証比)
■英FT100
 5,918.23 -42.74
■上海総合指数
 3,007.65 +58.05
■ドル円
 118.14

 14日のNY市場は上昇。原油価格の大幅高や昨日の大幅下落を受けた買い戻しが入り、大幅上昇となった。セントルイス連銀総裁の発言を受け追加利上げ観測が後退したことや米大手金融機関の好決算が好感され、上げ幅を拡大した。ダウは一時330ドルを超す上昇となった。
 セクター別では、エネルギーや医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で耐久消費財・アパレルや自動車・自動車部品が下落した。
 ADRの日本株は、HOYA<7741>、三井住友<8316>、富士重<7270>、東京海上<8766>、住友電<5802>など、対東証比較(1ドル118.06円換算)で全般堅調。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/15(金) 07:49
 
2016/1/15  7時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.087% (前日比-0.005%)     0.891% (前日比-0.016%)
英国     1.731% (前日比-0.010%)     0.489% (前日比-0.004%)
ドイツ     0.574% (前日比+0.007%)     -0.383% (前日比+0.001%)
ポルトガル 2.691% (前日比+0.021%)     0.107% (前日比+0.011%)
イタリア    1.576% (前日比+0.019%)     0.019% (前日比+0.014%)
ギリシャ   8.607% (前日比+0.093%)       -
スペイン    1.781% (前日比+0.006%)     0.018% (前日比+0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/01/14(木) 15:29
 
■日経平均      17,240.95(-474.68)

■東証1部出来高    26.00億株

■東証1部売買代金   2.85兆円

■日経平均先物    17,310(-390)

■TOPIX        1,406.55(-35.54)

■騰落        上昇104/下落1,795

■マザーズ指数    825.70(-27.01)

■日経JQ       2,512.80(-47.70)

■ドル円       117.69
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。前日の米国株大幅安と円高進行を受けて朝方から前日比330円安と大幅に下げてスタート。寄り前発表の11月機械受注が予想を下振れたことも嫌気され、急速に下げ幅を拡大する展開でした。後場はやや下げ渋って始まりましたが、その後先物売りで一段安となり、前場で維持した1万7000円台を割り込みました。売り一巡後は後場の中国・上海総合指数が上げに転じたため、日経平均は大引けにかけて急速に下げ渋りました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、卸売業、医薬品となりました。

 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反落しました。

■桃太郎
後場は、じり安から16900円台前半まで付けましたが、買い戻しが
入り、下げ幅縮小となりました。
引け際の上昇は何も変わってないので良く分かりません。

明日も見ていきます。ドル換算ベースは、146.57ドルと2ドル強
安値から急反発となりました。


◆ ご案内

2016/01/14(木) 14:48
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/14(木) 14:02
 
■日経平均      16,999.35(-716.28)

■日経平均先物    16,990(-710)

■TOPIX先物      1,386.50(-54.50)

■騰落        上昇53/下落1,874

■日経JQ       2,494.56(-65.94)

■マザーズ指数    803.89(-48.82)

■ドル円       117.38

■NYダウ夜間先物  +18

■上海総合指数後場の寄り付き 2,917.54 前日比-32.06 -1.09%

■指数大型      現値1,282.48  前日比-52.61

■指数中型      現値1,672.34  前日比-63.65

■指数小型      現値2,436.15  前日比-83.61


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/14(木) 12:33
 
ランチバスケットは11件、236.63億円。
差引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/01/14(木) 11:47
 
■日経平均      17,068.08(-647.55)

■東証1部出来高    12.15億株

■東証1部売買代金   1.27兆円

■日経平均先物    17,080(-620)

■TOPIX        1,391.53(-50.56)

■騰落        上昇51/下落1,865

■マザーズ指数    811.44(-41.27)

■日経JQ       2,503.74(-56.76)

■ドル円       117.47
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。前日の米国株大幅安と為替の円高進行を受けて投資家心理が悪化。前日比330円安と大幅に下げて始まり、その後急速に下げ幅を拡大して全面安の展開となりました。寄り前発表の11月機械受注が予想を下振れたことも嫌気され、下げ幅は一時700円超。ただ1万7000円台の水準は維持しました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、医薬品、卸売業となりました。

 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反落しました。

■桃太郎
前場は、安寄り後、下げ幅拡大する場面もありましたが、
現在は、ザラバ商いの半値での推移。
為替推移も117円台中盤と高値更新してないのも下支え。

後場も持合いから値を戻せるか見ていきます。

ドル換算ベースは、145ドル台となって来てます。


◆ 日経平均(週足・日足)

2016/01/14(木) 11:42
 
日経平均)週足
日経平均)日足
■釣り人
上記チャートは日経平均の週足チャートです。
現在、二段下げの状況。リバウンドが発生しても三段下げがいづれ訪れるかどうか、検証が続くことになります。もちろん二段下げで上げの流れに変化することは十二分にあります。とりあえず二段下げが止まるところはどこなのか?考えていかなければいけません。その為には下段の日足の動きを追いかけることになります。
先にお伝えしたいことは、この一段下げ二段下げというものは感覚的なもので他の方が見ますと、別の解釈ができるかと思います。あくまでも私がページで書いている内容をチャートにしたものであります。日足のところで書いてますとおり昨日の大幅高は、三段下げを行っていた為、「イルカ(買い線)」は出ませんでしたが、コツンと目先の安値を付けただろうという考えをお伝えしました。
ところがそうではなかったというのが本日の動きです。
昨年9月29日の16901円に肉迫してます。
さてどうなりますか?思いをこれからも伝えて行きます。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-2.56%

2016/01/14(木) 10:26
 
上海総合指数 2,874.05 前日比 -75.55 -2.56%


◆ 10時の概況

2016/01/14(木) 10:01
 
■日経平均      17,088.90(-626.73)

■日経平均先物    17,080(-620)

■TOPIX先物      1,395.00(-46.00)

■騰落        上昇43/下落1,859

■日経JQ       2,513.71(-46.79)

■マザーズ指数    817.03(-35.68)

■ドル円       117.48

■NYダウ夜間先物  +9

■指数大型      現値1,289.83  前日比-45.26

■指数中型      現値1,683.60  前日比-52.39

■指数小型      現値2,450.90  前日比-68.86


◆ 日・12月国内企業物価指数:前年比3.4%下落 市場予想は3.5%下落

2016/01/14(木) 09:04
 
08:50発表の12月国内企業物価指数は前年同月比で3.4%下落した。
市場予想は前年比で3.5%下落だった


◆ 11月機械受注:前月比-14.4%、前月から悪化

2016/01/14(木) 09:01
 
内閣府が14日に発表した11月の機械受注統計(船舶・電力を除く民需)は、前月比-14.4%となり、前月の+10.7%から悪化した。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/14(木) 08:58
 
おはようございます。

油断できないマーケット。
一寸先は闇とは正にこの事。
我々の仲間の間ではアベノミクスではなく「アベノリスク」だと笑っている外国人すらいる。
ただこの世界的なリスク回避の流れによりますます為替が円高に向かい易くなってしまいいつの間にか現状「円」は最強通貨となってしまった。
これにより日経平均は上値を押さえられているのは明白!
ただこの流れに逆らうような対策が今直ぐ出るとは考え辛いし、現実問題として中国の景気減速は想定を超えた減速となっており暫くは様子を見ながらのマーケット参加となりそうだ。
またこの環境になると業績が良くても株価は下がる。ファンダメンタルならば買いだとしても上がり出すまでは下手に手を出さない。
これは昔から何度となくお伝えしているが安値で買おうなんて絶対に考えない。
マーケットは上がりだしてからで十分間に合う。
これだけは忘れない事だ。


本日の先物レンジ
17030~17490円
安易に買うな!
底はまだだ。


◆ 外資系の注文動向

2016/01/14(木) 08:27
 
 14日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1000万株、買い1080万株で、差し引き80万株の買い越し。買い越しは6営業日ぶり。金額(6社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、電機、小売、サービス、ゴム、その他金融、情報通信、商社、その他製品、不動産、薬品、通信など。
 買いセクターに、通信、機械、卸売、薬品、電機、銀行、サービス、自動車など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/14(木) 08:21
 
■国内(14日)
11月機械受注(8:50)
12月国内企業物価指数(8:50)

《決算発表》
ウエルシアHD、API、松竹、不二越、近鉄百、クリレスHD、ドトル日レス、ニッケ、松屋、大黒天、千代インテ、メタップス、ベクトル、アデランス、三栄建築、サーラ、古野電、キャンドゥ、モリト、柿安本店、テラスカイ、ウエストHD、サンヨーナゴヤ、ヤマダSXL、Gunosy、佐鳥電機、タマホーム、ヴィレッジV、レナウン、モバクリ

《株式分割》※権利取最終日
OSGコーポ

■海外(14日)
豪12月失業率(9:30)
BOE金融政策委員会
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
米12月輸入物価指数(22:30)
米30年国債入札

《決算発表》
JPモルガン・チェース、インテル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/14(木) 08:15
 
■NYダウ
 16,151.41 -364.81
■ナスダック
 4,526.06 -159.85
■CME225(円建て)
 17,210 -490(大証比)
■英FT100
 5,960.97 +31.73
■上海総合指数
 2,949.60 -73.26
■ドル円
 117.59

 13日のNY市場は反落。中国の12月貿易統計が予想ほど落ち込まなかったため中国の景気減速懸念が後退して原油価格が上昇。これを受けて米国株も高く始まった。しかし、原油価格の上昇が一服すると売り優勢に転じ、下げ幅を拡大する展開となった。
 セクター別では全面安となり、特に小売や運輸の下落が目立った。
 ADRの日本株は、住友電<5802>、ソニー<6758>、三菱UFJ<8306>、三菱電<6503>、野村<8604>など、対東証比較(1ドル117.72円換算)で全般軟調。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/14(木) 07:46
 
2016/1/14  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.093% (前日比-0.011%)     0.907% (前日比-0.016%)
英国     1.741% (前日比-0.006%)     0.493% (前日比-0.001%)
ドイツ     0.567% (前日比+0.034%)     -0.384% (前日比+0.000%)
ポルトガル 2.670% (前日比-0.014%)     0.096% (前日比-0.017%)
イタリア    1.557% (前日比-0.056%)     0.005% (前日比-0.001%)
ギリシャ   8.514% (前日比+0.002%)       -
スペイン    1.775% (前日比-0.058%)     0.012% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/01/13(水) 15:43
 
■日経平均      17,715.63(+496.67)

■東証1部出来高    21.39億株

■東証1部売買代金   2.49兆円

■日経平均先物    17,700(+610)

■TOPIX        1,442.09(+40.14)

■騰落        上昇1,833/下落77

■マザーズ指数    852.71(+30.60)

■日経JQ       2,560.50(+43.30)

■ドル円       118.28
-----------------------------------------------------------
日経平均株価は大幅反発しました。前場は、前日の欧米株高を受け、買いが先行。前日までの大幅続落の反動や対ドルでの円弱含み推移もあって上げ幅を拡大。 
 後場は昼休みの時間帯に上海総合指数が下げに転じたことを受けて上げ幅を縮小してスタート。ただ、その後は根強い買いに支えられ、ジリジリと上げ幅を拡大。高値圏で堅調に推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、空運業、証券商品先物となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反発しました。

■桃太郎
後場も買い戻しからじり高となり大きく戻す展開となりました。
リスクオフの状態が続くことができれば、9MAあたりの
18115円あたりは戻す展開となりそうです。
為替推移も指数の下支えですが、分岐点の118.78円を
越えることが出来るか明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、149.75ドルとなりました。


◆ 14時の概況

2016/01/13(水) 14:02
 
■日経平均      17,685.66(+466.70)

■日経平均先物    17,680(+590)

■TOPIX先物      1,440.00(+46.50)

■騰落        上昇1,852/下落71

■日経JQ       2,558.99(+41.79)

■マザーズ指数    853.49(+31.38)

■ドル円       118.32

■NYダウ夜間先物  +84

■上海総合指数後場の寄り付き 3,019.88 前日比-2.98 -0.10%

■指数大型      現値1,333.99  前日比+35.79

■指数中型      現値1,732.65  前日比+45.37

■指数小型      現値2,520.00  前日比+71.78


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/13(水) 12:39
 
ランチバスケットは34件、214.62億円。
差引き40億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/13(水) 11:47
 
■日経平均      17,682.33(+463.37)

■東証1部出来高    11.00億株

■東証1部売買代金   1.21兆円

■日経平均先物    17,680(+590)

■TOPIX        1,441.39(+39.44)

■騰落        上昇1,840/下落71

■マザーズ指数    847.05(+24.94)

■日経JQ       2,553.79(+36.59)

■ドル円       118.24
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前日の欧米株高を受け、買いが先行。前日までの大幅続落の反動や対ドルでの円弱含み推移もあって上げ幅を拡大。その後もジリジリと上げ幅を拡大し、高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、証券商品先物、輸送用機器となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に反発しました。

■桃太郎
前場は、ギャップアップから始まり、リスクオフの動きが緩み
買い戻しから上げ幅拡大しました。
6日連続安でもあったことからテクニカルリバンドしても
おかしくはない位置で下ので、後場も値幅を拡大できるか
見ていきます。

為替推移も指数の下支えとなり、118円台前半での推移。

ドル換算ベースは、149.55ドルと切り返ししました。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.60%

2016/01/13(水) 10:26
 
上海総合指数 3,041.11 前日比 +18.25 +0.60%


◆ 10時の概況

2016/01/13(水) 10:01
 
■日経平均      17,563.32(+344.36)

■日経平均先物    17,560(+470)

■TOPIX先物      1,434.00(+40.50)

■騰落        上昇1,828/下落80

■日経JQ       2,544.70(+27.50)

■マザーズ指数    842.54(+20.43)

■ドル円       117.86

■NYダウ夜間先物  +8

■指数大型      現値1,327.91  前日比+29.71

■指数中型      現値1,725.56  前日比+38.28

■指数小型      現値2,506.45  前日比+58.23


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/13(水) 08:56
 
おはようございます。

大荒れの東京市場!
短期的には反発期待のラインに到達したと予想する。
ただ目先の戻りは18500円ライン。
ここからは為替を睨みながらの投資戦略となるだろう。
一気に18500円に行く場合もあればゆっくり戻すことになるかはともかく「為替」次第となるだろう。
今朝は時間がなく便りは短いが焦らずマーケットに参加することを心掛けよう。


本日の先物レンジ
17180~17690円としておく。
ともかく焦らず、慌てないこと


◆ 外資系の注文動向

2016/01/13(水) 08:14
 
 13日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1780万株、買い1150万株で、差し引き630万株の売り越し。売り越しは5営業日連続。金額(6社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、サービス、化学、小売、自動車、薬品、金属、電機、機械、輸送用機器、不動産、通信、商社など。
 買いセクターに、自動車、小売、電機、銀行、不動産、化学、薬品、ガラスなど」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/13(水) 08:11
 
■国内(13日)
12月マネーストック(8:50)
10年物価連動国債入札

《決算発表》
ローソン、コスモス薬品、ビックカメラ、いちごHD、サイゼリヤ、竹内製作、TSIHD、SFoods、歌舞伎、トーセイ、パソナ、大庄、CSP、進和、東洋電、薬王堂、MORESCO、マルカキカイ、北興化、ワッツ、トレファク、毎コムネット、Y’S、前沢工、ライフフーズ、ケイブ、ファーマライズ

■海外(13日)
仏12月消費者物価(16:45)
ユーロ圏12月鉱工業生産(19:00)
中国12月貿易収支
米12月財政収支(14日4:00)
ベージュブック
米10年国債入札

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ ドル建て 日経225

2016/01/13(水) 08:09
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 17425 (+335) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 17390 (+300) 大阪取引所終値比

NYは、原油相場の売りが一服したことを好感し買いが先行。しかし、原油相場が下落に転じ、一時30ドルを割り込んだことから、エネルギー関連銘柄に売りが広がった。引けにかけては、アップルの上昇からナスダックが9日営業日ぶりに反発となったことから、ダウも買い戻しから上昇した。

日経ですが、連休後の売り圧力から終始じり安となった。
本日は、為替動向に変化なく、原油は安いが海外動向高からギャップアップから始まり買い戻しが入るか見ていきます。

想定レンジ、為替、117.71円  145ドルから149ドル

 17067円から17538円


◆ おはようございます

2016/01/13(水) 08:03
 
■NYダウ
 16,516.22 +117.65
■ナスダック
 4,685.92 +47.93
■CME225(円建て)
 17,390 +300(大証比)
■英FT100
 5,929.24 +57.41
■上海総合指数
 3,022.86 +6.16
■ドル円
 117.76

 12日のNY市場は上昇。中国市場が落ち着きを取り戻したこと、原油相場の売りが一服したことを好感し買いが先行。しかし、原油相場が下落に転じ、一時30ドルを割り込んだことから、エネルギー関連銘柄に売りが広がった。その後は前日終値を挟んでもみ合う展開となったものの、引けにかけて再び上昇に転じた。
 セクター別では、ヘルスケア機器・サービスや消費者・サービスが上昇する一方で、不動産や公益事業が下落した。
 ADRの日本株は、オリックス<8591>、富士重<7270>、伊藤忠<8001>、みずほ<8411>、積水ハウス<1928>など、対東証比較(1ドル117.67円換算)で全般堅調。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/13(水) 07:45
 
2016/1/13  7時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.103% (前日比-0.072%)     0.924% (前日比-0.008%)
英国     1.747% (前日比-0.030%)     0.494% (前日比-0.025%)
ドイツ     0.533% (前日比-0.008%)     -0.384% (前日比-0.001%)
ポルトガル 2.684% (前日比+0.037%)     0.113% (前日比+0.002%)
イタリア    1.613% (前日比+0.028%)     0.006% (前日比-0.003%)
ギリシャ   8.512% (前日比+0.001%)       -
スペイン    1.833% (前日比+0.032%)     0.012% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず



◆ 大引け概況

2016/01/12(火) 15:38
 
■日経平均      17,218.96(-479.00)

■東証1部出来高    26.35億株

■東証1部売買代金   2.97兆円

■日経平均先物    17,090(-600)

■TOPIX        1,401.95(-45.37)

■騰落        上昇33/下落1,890

■マザーズ指数    822.11(-52.03)

■日経JQ       2,517.20(-77.30)

■ドル円       117.50
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は、中国市場の不透明感や原油先物相場の続落を受けて、売りが先行。プラスでスタートした上海総合指数がマイナスへ転じると一段安の展開となりました。
 後場は、上海総合指数が前場取引をプラスで終えたこともあり、下げ幅を縮小してスタート。ただ、円の強含みや中国株や人民元の動向を巡る投資家の警戒感が強いほか、米原油先物の下げが時間外取引で加速していることなどが嫌気され再び下げ幅を拡大。下げ幅は500円を超え一時17200円を割り込む場面も見られました。
 
 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、海運業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続落しました。

■釣り人
歴史的な下げの連続。私も長いこと証券界にいるわけですが、
年初からの6日続落は経験がないところであります。
この不安定な市場においてこれからどう立ち向かって行くのか?
申年は荒れる。まさにそうなっておりますが、もっとも身近な言葉で猿も木から落ちるという言葉があります。木登りが得意な猿もたまには足を滑らせたりして落ちるということなんです。
問題はその後です。落ちた猿はまた木に登るでしょう。
そのことを本日はお伝えしておきたい、そのように思います。

~以下は会員ページの解説文となっています~

■桃太郎
後場は、じり安となり、500円安あたりまで売られる展開となりました。
為替推移に変化ないものの実弾売りのような展開で投げ売りも
あろうかと感じます。

ドル換算ベースは、146.50ドルと2%下落となりました。
148ドルを明確に切ってしまいましたので、昨年8月安値、140前後も
ありそうです。日々見ていきます。


◆ 12月景気ウォッチャー調査-現状判断DIは48.7ポイント 2カ月ぶり改善

2016/01/12(火) 15:13
 
12日に内閣府は12月の景気ウォッチャー調査を発表した。現状判断DIは48.7で、前月比2.6ポイント上昇した。改善は2カ月ぶり。


◆ ご案内

2016/01/12(火) 14:36
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/12(火) 14:01
 
■日経平均      17,247.50(-450.46)

■日経平均先物    17,260(-430)

■TOPIX先物      1,407.50(-39.50)

■騰落        上昇50/下落1,871

■日経JQ       2,523.63(-70.87)

■マザーズ指数    809.48(-64.66)

■ドル円       117.54

■NYダウ夜間先物  -78

■上海総合指数後場の寄り付き 3,035.83 前日比+19.13 +0.63%

■指数大型      現値1,302.80  前日比-36.49

■指数中型      現値1,692.23  前日比-50.38

■指数小型      現値2,454.88  前日比-80.27


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/12(火) 12:34
 
ランチバスケットは25件、370.95億円。
差引き10億円の売り越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/12(火) 11:56
 
■日経平均      17,322.56(-375.40)

■東証1部出来高    12.83億株

■東証1部売買代金   1.4兆円

■日経平均先物    17,330(-360)

■TOPIX        1,413.17(-34.15)

■騰落        上昇89/下落1,810

■マザーズ指数    834.98(-39.16)

■日経JQ       2,554.89(-39.61)

■ドル円       117.68
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。中国市場の不透明感や原油先物相場の続落を受けて、売り先行でスタート。先物主導で下げ幅を拡大し一時17385円11銭まで下げる場面も見られました。その後、上海総合指数がプラスでスタートしたもののマイナスへ転じたことを受けて一段安の展開に。そのまま引けにかけてジリジリと下げ幅を拡大し、375円安の1万7322円の大幅安で前場取引を終えました。
 
 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、海運業となりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続落しました。

■桃太郎
前場は、安寄り後、買い支えもあるのか持合いとなってましたが、
引けにかけては下げ幅拡大となってます。
8月急落場面では、17160円がイブニングでの安値となってますので、
一つの節かもしれません。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、147.20ドルとなりました。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.31%

2016/01/12(火) 10:26
 
上海総合指数 3,026.16 前日比 +9.46 +0.31%


◆ 10時の概況

2016/01/12(火) 10:01
 
■日経平均      17,467.16(-230.80)

■日経平均先物    17,450(-240)

■TOPIX先物      1,425.50(-21.50)

■騰落        上昇273/下落1,575

■日経JQ       2,577.00(-17.50)

■マザーズ指数    858.81(-15.33)

■ドル円       117.84

■NYダウ夜間先物  +21

■指数大型      現値1,318.89  前日比-20.40

■指数中型      現値1,720.23  前日比-22.38

■指数小型      現値2,510.06  前日比-25.09


◆ 11月国際収支-1兆1435億円の黒字、市場予想上回る

2016/01/12(火) 09:04
 
財務省が12日発表した国際収支状況(速報)によると、11月の経常収支は1兆1435億円の黒字だった。黒字は17カ月連続。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/12(火) 08:57
 
おはようございます。

大発会から5連敗により大きくトレンドに変化が起きてしまった東京市場。
これは東京市場だけに限った訳ではないが世界的なリスク回避。
皆様にはリスク回避のご報告だけはしたが我々も機械的に処理するもここまでの短期的なトレンド変化はやや想定外。
ただ想定外の表現が通用しないのが我々の世界であって呑気に株価が下がるのを大丈夫だからでは済まされない。
さてここからの想定を考えると昨年の夏に起きたチャイナショック!
まだ記憶に新しいがあの時と同じ下げ幅があるならば日経平均は16300円があっても何ら不思議ではない。
ましてパニック売りでも発生すれば同様な値動きだってありえる。
ただ仮にそこまでの下落があると現状の為替水準なり当然為替も円高方向に傾くであろうからここは冷静にマーケットを見ながらの個別銘柄勝負!
ただ忘れてはならない今期の日経平均のEPS1330円仮に為替が更なる円高に進んでも17000円を割り込むと割安になるのは間違いない。


本日の先物レンジ
17150~17690円としておく。
そろそろ1度下げ渋る場面だろう。


◆ 外資系の注文動向

2016/01/12(火) 08:52
 
 12日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1680万株、買い1660万株で、差し引き20万株の売り越し。売り越しは4営業日連続。金額(6社ベース)は買い越し。
 売りセクターに、銀行、小売、情報通信、薬品、機械、保険、ガラス、商社、サービス、ゴム、電機、その他製品、不動産、証券など。
 買いセクターに、自動車、電機、建設、機械、保険、陸運、ゴム、薬品、情報通信、食品、サービス、小売、不動産など」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2016/01/12(火) 08:36
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 17410 (‐280) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 17390 (‐300) 大阪取引所終値比

NYは、先週末にかけて大幅下落となったことで、買いが先行。しかしながら原油相場が一時30ドル台まで下落したことが重しとなり、株価は揉み合う展開となった。中国当局による株価対策への不信感などからアジア株が全面安となったことも投資家心理を悪化させた。不安定な相は続いている。

日経ですが、昨日は休場。
海外動向安からギャップダウンで始まります。為替動向は、昨日116円を付けて少しは落ち着きを取り戻してますが、本日の株価動向となりそうである。
戻すことが出来るか見ていきます。

想定レンジ、為替、117.66円  145ドルから150ドル

 17060円から17649円


◆ 今週の予定

2016/01/12(火) 08:32
 
■11(月)
【国内】
成人の日

【海外】
《決算発表》
アルコア
《イベント》
北米国際自動車ショー(~24日デトロイト)


■12(火)
【国内】
11月国際収支(8:50)
12月消費動向調査(14:00)
12月景気ウォッチャー調査
《決算発表》
東宝、OSG、クリエイトSDH、ライフコーポ、サカタのタネ、ガリバー、プレナス、パル、リンガハット、コーナン商事、明光ネット、リテールPT、住江織、ユーシン、ジャステック、リソー教育、小津産業、SHIFT、丸栄、ファーストコポ、システムインテ、サダマツ

【海外】
英11月鉱工業生産(18:30)
インド12月消費者物価指数(21:00)
米3年国債入札
オバマ米大統領が一般教書演説


■13(水)
【国内】
12月マネーストック(8:50)
10年物価連動国債入札
《決算発表》
ローソン、コスモス薬品、ビックカメラ、いちごHD、サイゼリヤ、竹内製作、TSIHD、SFoods、歌舞伎、トーセイ、パソナ、大庄、CSP、進和、東洋電、薬王堂、MORESCO、マルカキカイ、北興化、ワッツ、トレファク、毎コムネット、Y’S、前沢工、ライフフーズ、ケイブ、ファーマライズ

【海外】
インドネシア中銀の月例理事会(~14日)
仏12月消費者物価(16:45)
ユーロ圏12月鉱工業生産(19:00)
ブラジル11月小売売上高(20:00)
中国12月貿易収支
米12月財政収支(14日4:00)
ベージュブック
米10年国債入札


■14(木)
【国内】
11月機械受注(8:50)
12月国内企業物価指数(8:50)
《決算発表》
ウエルシアHD、API、松竹、不二越、近鉄百、クリレスHD、ドトル日レス、ニッケ、松屋、大黒天、千代インテ、メタップス、ベクトル、アデランス、三栄建築、サーラ、古野電、キャンドゥ、モリト、柿安本店、テラスカイ、ウエストHD、サンヨーナゴヤ、ヤマダSXL、Gunosy、佐鳥電機、タマホーム、ヴィレッジV、レナウン、モバクリ
《株式分割》※権利取最終日
OSGコーポ

【海外】
韓国中銀政策金利発表
豪12月失業率(9:30)
インド12月卸売物価(15:30)
BOE金融政策委員会
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
米12月輸入物価指数(22:30)
米30年国債入札
《決算発表》
JPモルガン・チェース、インテル


■15(金)
【国内】
《決算発表》
KG情報、川崎地質、くろ工、ユナイテッドU、協和コンサ

【海外】
EU財務相理事会(ブリュッセル)
米12月生産者物価・小売売上高(22:30)
米1月NY連銀製造業景気指数(22:30)
米12月鉱工業生産・設備稼働率(23:15)
米1月ミシガン大学消費者信頼感指数(16日0:00)
《決算発表》
U・S・バンコープ、ウェルズ・ファーゴ、シティグループ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/12(火) 08:26
 
■NYダウ
 16,398.57 +52.12
■ナスダック
 4,637.99 -5.64
■CME225(円建て)
 17,390 -300(大証比)
■英FT100
 5,871.83 -40.61
■上海総合指数
 3,016.70 -169.71
■ドル円
 117.64

 11日のNY市場はまちまち。先週末大幅安の反動から買いが先行。しかしながら原油相場が一時30ドル台まで下落したことが重しとなり、株価は揉み合う展開となった。中国当局による株価対策への不信感などからアジア株が全面安となったことも投資家心理を悪化させた。
 セクター別では、自動車・自動車部品や小売が上昇する一方でエネルギーや素材が下落した。
 ADRの日本株は、トヨタ自<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、日電産<6594>、任天堂<7974>など対東証比較(1ドル117.72円換算)で全般軟調。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/12(火) 07:51
 
2016/1/12  7時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.175% (前日比+0.060%)     0.932% (前日比-0.000%)
英国     1.777% (前日比+0.007%)     0.519% (前日比+0.005%)
ドイツ     0.541% (前日比+0.027%)     -0.383% (前日比+0.012%)
ポルトガル 2.647% (前日比+0.042%)     0.111% (前日比+0.012%)
イタリア    1.585% (前日比+0.057%)     0.009% (前日比+0.013%)
ギリシャ   8.511% (前日比-0.171%)       -
スペイン    1.801% (前日比+0.091%)     0.012% (前日比+0.012%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 展開

2016/01/11(月) 18:51
 
先週末の米国雇用統計も良く、ブラス圏もありましたが、リスク回避の動きが強く、米国は続落となりました。
リスク回避の動きで、為替推移も117円前半となり、CME17280円となりました。
現在は、昨年8月に116.35円の円高近くの116円後半まであり、117円後半と、元、規制を中国外為管理局が
発表した効果もあり落ち着きを取り戻してます。日経CFDも17452円18時33分現在。

展開ですが、年末展開では、ハイ・イールド債問題、年始は、サウジもコメントしてます。
会員ページでは、年始に2008年リーマンショクに出始めのチャートは似てることは、コメント中旬には、戻りを試すではないか、今週は、為替推移も6日続落場面からリバンドを試し始めてる雰囲気を感じますので
指数も目先戻す場面は出ると考えます。

以下、会員ページ。


◆ 週間展望 釣り人

2016/01/11(月) 15:25
 
末のNYダウは167ドル安下値抵抗ラインを割って危ない状況と伝えたのが12月半ばでありましたが・・厳しい動きが現実化しています。この下げがリーマンショックの再来へと向かうのか??もしそうだとすれば、売りで取れる相場となりますし1年ほど下がれば「最高の買場が訪れる!」と言う楽しみが出てきます。「そんな先のことを今話しても・・・」なんでしょうが、2009年にサラリーマン退職で株投資家を始めたある方が2000万を昨年までで20億にしたと新聞で小さく紹介されていました。最近は株が高くなり買いづらいとの内容でした。土地の値段にしても利回りで3%~5%の投資用物件が売買されています。
リーマンショックの時は13%台の物件がごろごろしていました。つまり値段が2倍以上にわずか8年近くで跳ね上がっています。勿論都市圏での話ではありますが・・TVでよく見ていたニュースの中にはNYの地価が上がり過ぎ家賃の急騰に耐えられない老舗の撤退が良く流れていました。上海や香港においてもそうです。お伝えしたいのは「下げが訪れてもあまり怖がらないこと・いずれチャンスが訪れると言うこと・下げ過程であまり損するのは・・考え物であると言うこと・・」などであります。読者の多くの方が年末ジャンボ宝くじを買われたでしょうが株は安いときに買う!これさえ出来れば下げは勿論喜ばしいことです。自分の力で財を築くことが出来ます。弊社の「海と風」のページでは株価が下がれば入会が多くなります。そろそろどうだろうか?のぞきに来て頂いています。これからが本領発揮で市場の行く末を当てていかなければなりません。
「損は小さく!儲けは大きく!!」であります。

桃さんが先物のページで驚異的な利益を積み重ねています。私がよく言います「上げは株の買いで取れ!下げは先物の売りで取れ!」の状況です。

さて余談が長くなりましたが・・今週は大きなポイントであります。7203トヨタの5日連続の窓明けの投売り(朝の寄り付が前日終値より安く始まる事)は異常であります。おそらく新聞で書かれている通りの外人(オイルマネーなど)の売りなんでしょう
     ~  以下会員ページ  ~

現在釣り人は先物の売買休んでいますが桃さんは期待通りしっかりとした先読みを読者の方へ伝えています・・・どうぞ購読よろしくおねがいします。


◆ 大引け概況

2016/01/08(金) 15:25
 
■日経平均      17,697.96(-69.38)

■東証1部出来高    25.91億株

■東証1部売買代金   3.2兆円

■日経平均先物    17,690(+30)

■TOPIX        1,447.32(-10.62)

■騰落        上昇377/下落1,466

■マザーズ指数    874.14(-5.67)

■日経JQ       2,594.50(-3.63)

■ドル円       118.32
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は、前日の欧米株安や対ドルでの円高を受けて売り優勢でスタート。一時、1万7509円64銭をつける場面も見られました。その後、上海総合指数が2%超の上昇で始まった後、一時下げに転じるなど荒い値動きの中国市場の動向に振らされる展開に。
 後場は、対ドルでの人民元高設定・円安転換でプラス圏入りした前場の流れを引き継ぎ、買いが先行。ただ、3連休前の週末であることや今晩発表の米雇用統計を見極めたいとの見方が広がり、その後は上値の重い展開に。午後2時過ぎには再びマイナス圏入りし、そのまま軟調に推移して本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気・ガス業、海運業、建設業。一方、値上がりしたのは、ゴム製品、精密機器、機械のみとなりました。
 
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価も共に続落しました。

■桃太郎
後場も上値の重い展開となり、昨日のあたりでの持ち合いと
なりました。
今晩は、、利上げ後初めての雇用統計となります。
一昨日のADP雇用統計は予想よりプラスでしたが、本日はどのように
なるのでしょうか。来週も頑張っていきましょう。

ドル換算ベースは、149.58ドル -0.65%でした。

■釣り人
今年一年の初めの週でありました。
長い1週間だったと感じられる方が多いでしょう。
それでもまだ、スタートです。
苦しいときや楽しいとき、いろんな事がこれから起きます。
よろしかったら今年一年弊社のページとお付き合い下さい。
それでは来週よろしくお願い致します。
週間展望会員ページでは書いておきますのでご覧下さい。
お疲れ様でした。


◆ ご案内

2016/01/08(金) 14:33
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 日本11月-景気動向指数:一致指数は1.7ポイント低下

2016/01/08(金) 14:04
 
11月の景気動向指数(速報値)は、景気の現状を示す一致指数が前月比1.7ポイント低下の111.6だった。
数カ月先の景気を示す先行指数は0.3ポイント低下の103.9。


◆ 14時の概況

2016/01/08(金) 14:01
 
■日経平均      17,796.25(+28.91)

■日経平均先物    17,800(+140)

■TOPIX先物      1,457.00(+3.50)

■騰落        上昇702/下落1,110

■日経JQ       2,595.47(-2.66)

■マザーズ指数    881.36(+1.55)

■ドル円       118.36

■NYダウ夜間先物  +150

■上海総合指数後場の寄り付き 3,209.30 前日比+84.30 +2.70%

■指数大型      現値1,347.32  前日比-0.81

■指数中型      現値1,753.03  前日比-3.14

■指数小型      現値2,550.93  前日比-10.97


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/08(金) 12:36
 
ランチバスケットは27件、392.90億円。
差引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/08(金) 11:48
 
■日経平均      17,836.90(+69.56)

■東証1部出来高    14.80億株

■東証1部売買代金   1.8兆円

■日経平均先物    17,830(+170)

■TOPIX        1,462.91(+4.97)

■騰落        上昇902/下落885

■マザーズ指数    873.37(-6.44)

■日経JQ       2,589.02(-9.11)

■ドル円       118.28
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は5日ぶりに反発しました。前日の欧米株安や対ドルでの円高を受けて売り優勢でスタート。業績予想を下方修正したファーストリテ(東1:9983)の株価下落も指数に影響し、下げ幅を拡大。一時、1万7509円64銭をつける場面も見られました。10時過ぎに人民元の基準値が元高水準に設定されたと報じられると為替が円安方向に振れ、プラスに転換。その後、上海総合指数が2%超の上昇でスタートしたのち一時下げに転じるなど荒い値動きとなっており、中国株の動向に振らされる展開となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、機械、パルプ・紙でした。一方、値下がり上位は、海運業、建設業、電気・ガス業となりました。
 
 TOPIXも反発、日経ジャスダック平均株価は続落しました。

■桃太郎
前場は、ドル換算ベースでも指摘した、148ドル台まで下落から
中国の落ち着きもあり買い戻しから、18000円に迫る動きとなりました。
為替推移も今晩の雇用統計前のポジション整理もあり118円台中盤
まで売られたことも下支え。
昼からは、韓国宣伝放送開始で、北朝鮮と緊迫も強まりますので
戻りを試せるか見て行きます。為替推移には注視も必要です。

ドル換算ベースは、150.79ドル +0.15%となった。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+2.23%

2016/01/08(金) 10:26
 
上海総合指数 3,194.63 前日比 +69.63 +2.23%


◆ 10時の概況

2016/01/08(金) 10:01
 
■日経平均      17,627.34(-140.00)

■日経平均先物    17,640(-20)

■TOPIX先物      1,448.00(-5.50)

■騰落        上昇287/下落1,525

■日経JQ       2,576.71(-21.42)

■マザーズ指数    859.07(-20.74)

■ドル円       117.80

■NYダウ夜間先物  +10

■指数大型      現値1,340.19  前日比-7.94

■指数中型      現値1,741.66  前日比-14.51

■指数小型      現値2,533.85  前日比-28.05


◆ 1月限SQ概算値は 17420.01円 -347.33円(暫定値)

2016/01/08(金) 09:18
 
1月限SQ概算値は17420.01円(暫定値)
前日比 -347.33円


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/08(金) 08:58
 
おはようございます。

リスクヘッジの大切さを知らされているマーケット!
世界的にリスク回避からここで大きく下げ東京市場も昨晩のナイトセッションでは先物は大方私の予想通り17500円付近まで下落し先物は少し回復して帰って来たが問題はここからだ。
個人的には本日の東京市場は連休前でもあるのと中国株式市場がどこまで下落するかにより現物も17500円を見に行って株価の反応を確かめる可能性があると感じている。
確かにそろそろ反発は起こってもおかしくはないが今朝は安易に買ってはならない場面。


本日の先物レンジ
とりあえず終値が
17500円を維持していれば週明けは買い目線。
これを想定するレンジは
17550~17920円

万が一ファーストリテイリングや中国株式市場などにより波乱が起こり17500円を下回る値動きを見せるならば。
17360~寄り付き上値50円程度


◆ ドル建て 日経225

2016/01/08(金) 08:29
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 17605 (‐55) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 17570 (‐90) 大阪取引所終値比

NYは、中国経済への懸念が強まる中、人民元安の進行を受けてアジア、欧州株が全面安となり、原油相場に下げ止まりの兆しが見えないことも嫌気され、終日軟調推移となった。ダウは一時440ドルを超す下落となった。

日経ですが昨日も大幅安となり4日続落となった。
本日は海外動向も下落、為替推移も昨晩は持ちなおす場面も出たがリスク回避の動きから117円台中盤である事から戻りを試せるのか見て行きます。

 想定レンジ、為替、117.54円 148ドルから152ドル
 
 17395円から17866円


◆ 外資系の注文動向

2016/01/08(金) 08:15
 
 8日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1790万株、買い1280万株で、差し引き510万株の売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(6社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、化学、銀行、小売、繊維、薬品、情報通信、ガラス、電機、鉱業など。
 買いセクターに、建設、自動車、精密、輸送用機器、銀行、陸運、ガス、サービス、食品、電機、ゴムなど」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/08(金) 08:09
 
■国内(8日)
日銀政策委員会・金融政策決定会合の主な意見(12月17~18日開催分、8:50)
11月毎月勤労統計調査(10:30)
11月景気動向指数(14:00)
オプションSQ

《決算発表》
久光薬、ユニーGHD、ディップ、チヨダ、島忠、オンワードHD、乃村工、吉野家HD、壱番屋、ベル24HD、マニー、USEN、ワキタ、三協立山、ダイト、ポケットC、コシダカHD、技研製、創通、サムティ、マルゼン、エコス、スター・マイカ、ジェイコムHD、ピックルス、ブロッコリー、キリン堂HD、ローツェ、メディ工房、フェリシモ

■海外(8日)
豪11月小売売上高(9:30)
独11月鉱工業生産・貿易収支(16:00)
仏11月鉱工業生産(16:45)
スウェーデン中銀政策金利発表(17:30)
英11月貿易収支(18:30)
米12月雇用統計(22:30)
米11月卸売在庫(9日0:00)
米11月消費者信用残高(9日5:00)

休場:ロシア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/08(金) 08:06
 
■NYダウ
 16,514.10 -392.41
■ナスダック
 4,689.43 -146.34
■CME225(円建て)
 17,570 -90(大証比)
■英FT100
 5,954.08 -119.30
■上海総合指数
 3,,125.00 -236.84
■ドル円
 117.64

 7日のNY市場は大幅下落。人民元安の進行を受けてアジア、欧州株が全面安となったことや、原油が続落し安値を更新したことなどから米国株も売りが先行。終日軟調推移となり、ダウは一時440ドルを超す下落となった。
 セクター別では全面安となり、特に自動車・自動車部品やテクノロジー・ハード・機器の下落が目立った。
 ADRの日本株は、ファーストリテ<9983>、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、富士重<7270>、任天堂<7974>など対東証比較(1ドル117.62円換算)で全般軟調。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/08(金) 07:45
 
2016/1/8  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.146% (前日比-0.025%)     0.948% (前日比-0.028%)
英国     1.803% (前日比+0.010%)     0.525% (前日比+0.005%)
ドイツ     0.539% (前日比+0.036%)     -0.382% (前日比+0.004%)
ポルトガル 2.601% (前日比+0.082%)     0.102% (前日比+0.032%)
イタリア    1.553% (前日比+0.071%)     0.009% (前日比+0.024%)
ギリシャ   8.703% (前日比+0.174%)       -
スペイン    1.740% (前日比+0.068%)     0.000% (前日比+0.024%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/01/07(木) 15:45
 
■日経平均      17,767.34(-423.98)

■東証1部出来高    23.74億株

■東証1部売買代金   2.83兆円

■日経平均先物    17,660(-520)

■TOPIX        1,457.94(-30.90)

■騰落        上昇239/下落1,647

■マザーズ指数    879.81(-0.43)

■日経JQ       2,598.13(-22.97)

■ドル円       117.81
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅に続落。外部環境を嫌気した前日の米国株大幅安を受けて、朝方から売りが先行。中国人民元の対ドル基準値が2011年3月以来の元安水準に設定されると、先物主導で日経平均は下げ幅を拡大しました。また、中国株式市場の取引開始後30分たらずでサーキットブレーカー発動により取引停止となったことも日本株の重しとなりました。後場に入ると日経平均は下げ渋りましたが、買いの勢いは続かず更に下げ幅を拡大し、安値引けとなりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、鉄鋼、精密機器。一方、値上がりしたのは、電気・ガス業のみとなりました。

 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に続落しました。

■桃太郎
後場は、為替の戻りもあり戻す場面もありましたが、
投げも出て、先物は坊主で引けました。
今晩もリスク回避の動きが強まれば、荒れた展開となりそうです。

ドル換算ベースは、150.56ドルとなり、目先とイメージしてる、148ドルに接近しました。

■釣り人
日経平均は大きな下げに見舞われております。新春から4日続落というのは27年振りとラジオで聞こえておりましたがそうなんでしょう。
昨日も日銀のETFの買い付け352億入っております。おそらく本日もそうであっただろうと思いますが、大勢は売りに拍車がかかった大きな動きを止めることはできませんでした。
予測してきた二段下げの値幅、相当良いところに来ていると思いますが、果たして明日どんな景色を見せてくれるのか?相場に聞いてみないと分かりません。
どちらにしても下げ局面で痛い含み損を持つことだけは止めましょう。そのためにどうしたらよいか?
新興市場の崩れは今のところほとんどありません。このあたりも明日以降の展開、考えることになります。
それではお疲れさまでした。


◆ ご案内

2016/01/07(木) 14:51
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/07(木) 14:01
 
■日経平均      17,773.40(-417.92)

■日経平均先物    17,770(-410)

■TOPIX先物      1,456.00(-33.00)

■騰落        上昇222/下落1,666

■日経JQ       2,599.08(-22.02)

■マザーズ指数    877.34(-2.90)

■ドル円       117.98

■NYダウ夜間先物  -171

■中国本土市場はサーキットブレーカー発動により終日取引停止

■指数大型      現値1,346.85  前日比-32.93

■指数中型      現値1,755.41  前日比-33.07

■指数小型      現値2,561.59  前日比-41.34


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/07(木) 12:35
 
ランチバスケットは42件、603.03億円。
差引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/07(木) 12:00
 
■日経平均      17,867.04(-324.28)

■東証1部出来高    12.12億株

■東証1部売買代金   1.41兆円

■日経平均先物    17,880(-300)

■TOPIX        1,464.65(-24.19)

■騰落        上昇229/下落1,645

■マザーズ指数    877.32(-2.92)

■日経JQ       2,601.36(-19.74)

■ドル円       118.03
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。北朝鮮の核実験や、中国の景気減速懸念など外部環境を嫌気し前日の米国株が大幅安となった流れを引継ぎ、朝方から売り先行となりました。10時15分頃、中国人民銀行が7日の人民元の対ドル基準値を11年3月以来の元安水準に設定したと伝わると、為替の円高・ドル安が進行し、先物主導で日経平均は下げ幅を拡大。また、中国・上海株式市場で主要株価指数が急落したことから取引停止となったことも日本株の重しとなり、およそ3ヶ月ぶりに18000円を割り込みました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、その他金融業、鉄鋼となりました。

 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に続落しました。

■桃太郎
前場は、また、10時過ぎに仕掛け的な売りが入り、リスク回避の動きから
為替も117円台まで上昇となった。
中国も本年2度目のサーキットブレーカーで終日取引停止となっている。

後場も流れが続くか、買い支えが入るか見て行きます。

ドル換算ベースは、151.37ドル -1.19%となった。

■釣り人
日経平均が週足チャートで二段下げに入ったということ、何度もお伝えしていたとおりであります。
ですからここまで下がっても特別な驚きというものは読者の方もないと思います。

去年の8月の円高は116.46、あの時は125円あたりから1週間ちょっとで8円近く一挙に円高に向かいました。
その時の日経平均の安値は17900円どころ。その後為替は120円台に戻ったのですが、9月の終わりに日経平均は17000円割れまで入り底打ちが完了した。このようなリズムでした。

さて今回はどうなるでしょうか?

~以下会員ページ~

釣り人さんの解説が続いています。


◆ 中国株式市場終日取引停止

2016/01/07(木) 11:14
 
CSI300が-7%到達で中国株式市場は全て終日取引停止と報じられています。


◆ 中国市場、サーキットブレーカー発動

2016/01/07(木) 10:47
 
中国市場、サーキットブレーカー発動と報じられています。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-1.55%

2016/01/07(木) 10:26
 
上海総合指数 3,309.66 前日比 -52.18 -1.55%


◆ 10時の概況

2016/01/07(木) 10:01
 
■日経平均      18,092.04(-99.28)

■日経平均先物    18,080(-100)

■TOPIX先物      1,481.50(-7.50)

■騰落        上昇821/下落945

■日経JQ       2,616.09(-5.01)

■マザーズ指数    890.78(+10.54)

■ドル円       118.62

■NYダウ夜間先物  +38

■指数大型      現値1,371.19  前日比-8.59

■指数中型      現値1,786.27  前日比-2.21

■指数小型      現値2,602.22  前日比-0.71


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/07(木) 08:43
 
おはようございます。

世界的に地政学的リスクからのリスクヘッジが進んでいる。
これは我々にとっても避けて通ることは出来ない。
世界的に下がる過程では外さねばならない。非常に悲しいが万が一の非常事態になった場合売っていなかったでは済まされないからだ。
これは株式市場に携わるならば避けては通れない事実。
それを最終判断するのは我が社のボスであるがここは仕方がないリスク回避。
さて東京市場は昨日の一昨日からの先物レンジに到達!
そしてここからの最悪シナリオを見ると目先最大17550円と思っており後さげても日経平均は短期的には500円かと。
ただここから仮に日経平均が500円下がるとするならば個別銘柄はマインド的には500円を超えるような下げ感覚となりそこは逆に絶好の買い場となるだろう。

ここからは余談となるが久しぶりに私は日本に帰国し連日。友人、知人と会食しているがやはり日本食は最高ですね。


本日の先物レンジ
17820~18260円
トレンドから


◆ ドル建て 日経225

2016/01/07(木) 08:30
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 18075 (‐105) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 18040 (‐140) 大阪取引所終値比

NYは、北朝鮮による水爆実験や中国人民元の中心レート引き下げを受けてアジアや欧州株が軟調となったことや原油価格の下落を受け下落となった。

日経ですが、3日続落となり軟調な展開となった。
本日も海外動向は軟調、為替推移も118円台中盤であり戻る事が出来るか見て行きます。

想定レンジ、為替、118.55円 151ドルから155ドル

 17901円から18375円


◆ 外資系の注文動向

2016/01/07(木) 08:26
 
 7日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1090万株、買い1080万株で、差し引き10万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(6社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、サービス、小売、薬品、情報通信、銀行、電機、機械、精密、自動車、電子機器など。
 買いセクターに、通信、食品、サービス、電機、自動車、精密、陸運、ガス、銀行、その他製品など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/07(木) 08:15
 
■国内(7日)
12月都心オフィス空室率(11:00)
30年国債入札

《決算発表》
キユーピー、7&I-HD、良品計画、スター精密、ファミリーマート、イズミ、ダイセキ、ファーストリテ、ダイセキソリュ、暁飯島、地域新聞、米久、ハニーズ、ワンダーCO.、オンリー、メディアドゥ、大有機、東京個別、クリーク&リバ、新星堂、三光合成、東武ストア、キユソー流通、ヤマザワ

■海外(7日)
豪11月貿易収支(9:30)
独11月製造業受注(16:00)
ユーロ圏12月消費者信頼感確報値(19:00)
ユーロ圏11月失業率・小売売上高(19:00)

《決算発表》
KBホーム、ベッド・バス・アンド・ビヨンド

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/07(木) 08:09
 
■NYダウ
 16,906.51 -252.15
■ナスダック
 4,835.77 -55.67
■CME225(円建て)
 18,040 -140(大証比)
■英FT100
 6,073.38 -63.86
■上海総合指数
 3,361.84 +74.13
■ドル円
 118.47

 6日のNY市場は下落。北朝鮮の核実験に加え、中国の景気減速懸念、人民元安誘導を受けてアジアや欧州株が軟調となり、米国株にも売りが広がった。原油価格の下落も嫌気され、終日軟調推移となった。
 セクター別では食品・飲料・タバコを除いて全面安となり、エネルギーや自動車・自動車部品の下落が目立った。
 ADRの日本株は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、キヤノン<7751>、ファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、花王<4452>など、対東証比較(1ドル118.49円換算)で全般軟調。


◆ 大引け概況

2016/01/06(水) 15:37
 
■日経平均      18,191.32(-182.68)

■東証1部出来高    20.76億株

■東証1部売買代金   2.43兆円

■日経平均先物    18,180(-180)

■TOPIX        1,488.84(-15.87)

■騰落        上昇359/下落1,493

■マザーズ指数    881.12(-16.51)

■日経JQ       2,620.52(-19.50)

■ドル円       118.76
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は、前日の欧米株式市場はまちまちながらも、中国市場の落ち着きを受けて買いが先行。その後は前日終値を挟んでのもみ合いの後、人民元安を受けて円高が進んだことで、下げ幅を広げる展開となりました。
 後場は、昼休みの時間帯に先物が一段安となった流れを受け、売り先行でスタート。その後も、円高や中東情勢、中国経済への警戒に加え、北朝鮮の水爆実験などの悪材料を受けて下げ幅を拡大。売り一巡後は、下げ渋ったものの戻りは限定的となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、その他製品。一方、値上がりしたのは、医薬品、水産・農林業、食料品のみとなりました。
 
 TOPIXも続落、日経ジャスダック平均株価は反落しました。
 
■桃太郎
後場は、前場の流れを受けて始まりましたが、為替推移の
戻しもあり、下げ幅縮小となりました。
現物安値は、1月4日のイブニングの安値付近の下落で、
18000円を割り込みませんでした。3日続落となりましたので
海外動向次第での明日となりそうです。

ドル換算ベースは、153.19ドル -0.43%と年末戻り高値から
5ドル安となってきてます。


◆ ご案内

2016/01/06(水) 14:45
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/06(水) 14:01
 
■日経平均      18,178.06(-195.94)

■日経平均先物    18,170(-190)

■TOPIX先物      1,484.50(-20.50)

■騰落        上昇346/下落1,481

■日経JQ       2,621.17(-18.85)

■マザーズ指数    880.52(-17.11)

■ドル円       118.72

■NYダウ夜間先物  -115

■上海総合指数後場の寄り付き 3,312.30 前日比+24.59 +0.75%

■指数大型      現値1,377.54  前日比-18.90

■指数中型      現値1,786.77  前日比-16.92

■指数小型      現値2,601.43  前日比-24.45


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/06(水) 12:35
 
ランチバスケットは24件、218.55億円。
差引き売り買い均衡との観測。


◆ 前引け概況

2016/01/06(水) 11:50
 
■日経平均      18,151.77(-222.23)

■東証1部出来高    10.15億株

■東証1部売買代金   1.15兆円

■日経平均先物    18,140(-220)

■TOPIX        1,486.64(-18.07)

■騰落        上昇279/下落1,542

■マザーズ指数    885.14(-12.49)

■日経JQ       2,626.36(-13.66)

■ドル円       118.58
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。前日の欧米株式市場はまちまちながらも、中国市場の落ち着きを受けて買いが先行。一巡後は、中国市場の動向を見極めたいとのムードが広がり、前日終値を挟んだもみ合いとなりました。その後、人民元安を受けて円高が進んだことで、日経平均は下げ幅を広げる展開となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、その他製品。一方、値上がりしたのは、その他金融業、医薬品のみとなりました。
 
 TOPIXも続落、日経ジャスダック平均株価は反落しました。

■桃太郎
前場は、仕掛け的な動きもあり、為替推移も118円台中盤と
なるなどリスク回避の動きが強まった。
北朝鮮の核実験の影響もあるのかもしれません。

ドル換算ベースは、153.09ドルとなった。

■釣り人
週足チャートで日経平均の二段下げが訪れるであろう。
それで、新興市場はともかく色々と株を持っている方に対して大型株の空売りを紹介したのは月曜日でした。しっかりと下がっております。
パッと見ですが、下値支持ラインというのが、17800円前後でしょうか。そのあたりまで下がれば、すっきりとした二段下げ、そしてその後のリバウンドの可能性が出てきそうです。もちろんその値段になったら弊社のいろんなシグナルが出てくるだろうと考えます。そのあたりを読み解くことなっていきます。
果たしてあと300円程度のことなのか?それとも、もうしばらく様子見を続けたほうが良いと決断しお伝えするのか?
これからの動き解説して行きます。それでは後場ご覧下さい。


◆ 上海総合指数の現在の気配は+0.11%

2016/01/06(水) 10:26
 
上海総合指数 3,291.19 前日比 +3.48 +0.11%


◆ 10時の概況

2016/01/06(水) 10:01
 
■日経平均      18,378.68(+4.68)

■日経平均先物    18,370(+10)

■TOPIX先物      1,503.50(-1.50)

■騰落        上昇910/下落843

■日経JQ       2,639.50(-0.52)

■マザーズ指数    897.06(-0.57)

■ドル円       119.08

■NYダウ夜間先物  +11

■指数大型      現値1,393.85  前日比-2.59

■指数中型      現値1,806.40  前日比+2.71

■指数小型      現値2,628.61  前日比+2.73


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/06(水) 08:45
 
おはようございます。

年明けのマーケットは不安なスタートを切った。
NY株式市場も年明け下落から始まったが個人的には年明けは意外と安く始まるイメージ。
さて昨日の東京市場であるが前日のサウジ不安や中国株式市場の急落から日経平均も大きく値を下げた反動から意外としっかり。
ただ非常に気になるのが為替!
米国経済は指標などを見ると原油価格絡みの企業は不安は隠せないがその他は軒並み良好!
本来ならば利上げ環境からなら円安に動く筈がここは何かを暗示しているような動き。
アベノミクス相場の踊り場となるだろう2016年!
ますます個別銘柄勝負となる年かなと感じている。

また今朝は
米国の部下からボスの指令により

~以下会員ページ~


◆ ドル建て 日経225

2016/01/06(水) 08:34
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 18435 (+75) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 18395 (+35) 大阪取引所終値比

NYは、まちまち。中国経済への懸念を背景とした世界経済の先行き不透明感や中東情勢の緊迫化を受けて投資家心理が悪化しており、前日終値を挟んで小動きとなった。原油は一時、35ドル台。

日経ですが、昨日はプラス圏まで戻りは出たが引けにかけては続落となった。
本日は、海外動向の落ち着きもあり戻す事が出来るか見て行きます。

想定レンジ、為替、119.12円 153ドルから155.5ドル

 18225円から18523円


◆ 外資系の注文動向

2016/01/06(水) 08:21
 
 6日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1980万株、買い1580万株で、差し引き400万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(6社ベース)も売り越し。
 売りセクターに、建設、機械、食品、電機、不動産、自動車、化学、鉄鋼、薬品、電力、ガス、鉱業など。
 買いセクターに、機械、サービス、建設、電機、自動車、陸運、小売、ゴム、化学、食品、銀行など」(外資系証券)という。


◆ 本日の予定

2016/01/06(水) 08:13
 
■国内(6日)
12月日経PMIサービス業(10:35)

《決算発表》
ABCマート、スギHD、ヨンドシーHD、フジ、アークス、わらべや、フロイント、AIT、BS11、天満屋ス、北恵

■海外(6日)
中国12月財新PMIサービス業(10:45)
仏12月消費者信頼感指数(16:45)
仏・独・ユーロ圏12月マークイットサービス業PMI確報値(17:50~18:00)
米12月ADP雇用統計(22:15)
米11月貿易収支(22:30)
米12月マークイットサービス業PMI確報値(23:45)
米12月ISM非製造業景況指数(7日0:00)
米11月製造業受注(7日0:00)
12月15・16日開催のFOMC議事録

《決算発表》
モンサント

《イベント》
家電見本市「CES2016」開催(~9日ラスベガス)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/06(水) 08:09
 
■NYダウ
 17,158.66 +9.72
■ナスダック
 4,891.43 -11.66
■CME225(円建て)
 18,395 +35(大証比)
■英FT100
 6,137.24 +43.81
■上海総合指数
 3,287.71 -8.55
■ドル円
 119.16

 5日のNY市場はまちまち。昨日の大幅下落を受けて、寄り付きは高く始まったものの、原油先物価格が売り優勢となったことや中国経済への懸念を背景とした世界経済の先行き不透明感、中東情勢の緊迫化を受けて投資家心理が悪化しており、前日終値を挟んで小動きとなった。
 セクター別では、不動産や電気通信サービスが上昇する一方で自動車・自動車部品やテクノロジー・ハード・機器が下落した。
 ADRの日本株はソニー<6758>、菱地所<8802>、HOYA<7741>、ファナック<6954>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>が冴えないなど、対東証比較(1ドル119.05円換算)で高安まちまち。


◆ 各国債券利回り一覧

2016/01/06(水) 07:56
 
2016/1/6  7時3分現在

         10年債                      2年債
米国     2.236% (前日比-0.007%)     1.014% (前日比-0.022%)
英国     1.874% (前日比-0.002%)     0.568% (前日比-0.019%)
ドイツ     0.540% (前日比-0.026%)     -0.375% (前日比-0.024%)
ポルトガル 2.512% (前日比-0.040%)     0.066% (前日比-0.019%)
イタリア    1.499% (前日比-0.050%)     -0.009% (前日比-0.013%)
ギリシャ   8.480% (前日比+0.329%)       -
スペイン    1.688% (前日比-0.030%)     -0.017% (前日比+0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/01/05(火) 15:48
 
■日経平均      18,374.00(-76.98)

■東証1部出来高    19.23億株

■東証1部売買代金   2.2兆円

■日経平均先物    18,360(-20)

■TOPIX        1,504.71(-4.96)

■騰落        上昇796/下落1,009

■マザーズ指数    897.63(+10.10)

■日経JQ       2,640.02(+1.37)

■ドル円       119.32
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の中国株急落と欧米株安の流れを受けて朝方から売りが先行。売り一巡後は小安い水準でもみ合いましたが、10時半に中国上海株が続落して始まった後急速に下げ渋り、日経平均はプラス転換して前場を終了しました。後場の日経平均は買い先行でスタート。前日終値を挟んで一進一退が続きましたが、再び上海総合指数がマイナスに転じると買いは続かず、日経平均も弱含む展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、水産・農林業、保険業、輸送用機器でした。一方、値上がり上位は、情報・通信業、電気・ガス業、陸運業となりました。
 
 TOPIXは続落、日経ジャスダック平均株価は反発しました。

■桃太郎
後場は、上値の重さもあり上げ幅縮小からマイナス圏となった。
為替推移も119円台中盤での持ち合い。
今晩の米国も3日続落後の展開が気になるところです。

ドル換算ベースは、153.85ドルとなりました。

■釣り人
日経平均は安いけれど新興市場はしっかりの展開。弊社のチェックしている銘柄からも、ストップ高が出現しております。
本日のNY、昨年末から見ますと昨日まで3日続落。4日続落という日は去年の8月にしかありません。
反発となるのか?それとも4日続落となるのか?大いに気にすることとなります。

どちらにしても気負うことなく自然体で向かい、年間を通したらまずまずの成績を目指すということになります。まずまずの成績というのはそれぞれによって違います。
2倍になってまずまずと考える方もいるでしょうし、3割増えたからまずまずという方もいらっしゃいます。
マイナスになってまずまずという方はちょっといないでしょう。
それでは明日見てみましょう。


◆ ご案内

2016/01/05(火) 14:49
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/05(火) 14:01
 
■日経平均      18,461.51(+10.53)

■日経平均先物    18,460(+80)

■TOPIX先物      1,511.50(+8.50)

■騰落        上昇1,124/下落690

■日経JQ       2,641.97(+3.32)

■マザーズ指数    899.12(+11.59)

■ドル円       119.55

■NYダウ夜間先物  +66

■上海総合指数後場の寄り付き 3,310.46 前日比+14.20 +0.43%

■指数大型      現値1,401.54  前日比-0.96

■指数中型      現値1,811.95  前日比+5.45

■指数小型      現値2,639.15  前日比+7.04


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/05(火) 12:33
 
ランチバスケットは15件、130.85億円。
差引き10億円の買い越しとの観測。


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/05(火) 12:33
 
ランチバスケットは15件、130.85億円。
差引き10億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/05(火) 11:52
 
■日経平均      18,527.35(+76.37)

■東証1部出来高    10.76億株

■東証1部売買代金   1.17兆円

■日経平均先物    18,510(+130)

■TOPIX        1,514.25(+4.58)

■騰落        上昇1,169/下落624

■マザーズ指数    893.53(+6.00)

■日経JQ       2,638.11(-0.54)

■ドル円       119.59
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の中国株急落を受けて欧米など世界同時株安が進行したことで、朝方から売りが先行。売り一巡後は割安感から買い戻され、前日終値近辺まで下げ幅を縮小する場面もありましたが、中国株式相場を見極めたいとの思惑から小安い水準での小動きが続きました。10時半に上海株が続落して始まったもののその後急速に下げ渋ったことから、日経平均はプラス転換して前場を終えました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ガラス土石製品、情報・通信業、陸運業でした。一方、値下がり上位は、保険業、水産・農林業、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIXは反発、日経ジャスダック平均株価は続落しました。

■桃太郎
前場は、為替の買い戻しからプラス圏となった。
リスク回避の一服も指数の下支えとなっているので
後場も続くか見て行きます。

ドル換算ベースは、154.95ドル +0.25%である。

■釣り人
現在の上海は-0.11、小康状態となっております。
海外市場の動きというのは為替に敏感に反応してきます。
上海が戻り始めると、ジリッとした円安となり、日経平均は買いが入ってきたというところであります。

さて昨日の大発会、日経平均の寄り付き値は18818円。キャンペーン当選の方にはメール配信を完了しました。
当たってるはずなのにメールが届いてないと思っている方は、問い合わせからご連絡ください。
平均的な予想が19300円どころでしたから、500円ものズレが発生し、今回当選された方は少なかったです。当選された方はお見事です。
また夏も「七夕キャンペーン」を行いますので次回頑張ってください。
それでは後場を見まして、弊社スタッフたくさん解説していきます。よろしくお願い致します。


◆ 上海総合指数の現在の気配は-3.02%

2016/01/05(火) 10:26
 
上海総合指数 3,196.65 前日比 -99.61 -3.02%


◆ 10時の概況

2016/01/05(火) 10:01
 
■日経平均      18,367.25(-83.73)

■日経平均先物    18,360(-20)

■TOPIX先物      1,501.00(-2.00)

■騰落        上昇535/下落1,239

■日経JQ       2,623.88(-14.77)

■マザーズ指数    873.74(-13.79)

■ドル円       119.23

■NYダウ夜間先物  +46

■指数大型      現値1,395.21  前日比-7.29

■指数中型      現値1,796.36  前日比-10.14

■指数小型      現値2,614.19  前日比-17.92


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/05(火) 08:44
 
おはようございます。

波乱の幕開けとなったマーケット!
日経平均だけではなく世界的に混乱のスタートとなった2016年。
とりあえず日経平均のバリュエーションだけは頭の片隅に入れておきたい。
今期の日経平均EPSは1330円台でありPERを昨日の引け値18450円で計算すると13.8倍。仮に18000円に日経平均が下がれば13.5倍。
そう考えると18000円割れはやや割安感が産まれる。
ただここで忘れてはならないのが昨日もお伝えしたように「為替」だ。
為替が更なる円高、いやドル安となるならば企業業績は落ち込み割安感は薄れる。
またアベノミクス相場の終焉を意味することになるが、我々の今年の日経平均安値予想は16800円としておりここまで仮に下がるとPERは12.6倍となり最高の買い場が来る。実際に昨日の引け値からだと日経平均との差は1650円あるが意外と簡単に下がる値幅しかないことだけは頭の片隅に入れておこう。
ともかく短期的にはまだまだ不安要素が残る幕開けとなったが株式投資で1番大切なのは下がれば戻る。
また絶対に安値で買おうなんて考えない事。そんな事は不可能と思っていれば良い上がりだしてからで十分マーケットでは勝てる事は忘れないこと。


本日の先物レンジ
18040~18450円としておこう。


◆ 外資系の注文動向

2016/01/05(火) 08:28
 
 5日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り1140万株、買い1590万株で、差し引き450万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(6社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、化学、通信、建設、機械、卸売、その他金融、陸運、食品、電機、自動車、小売、商社、情報通信など。
 買いセクターに、銀行、自動車、電機、サービス、建設、小売、陸運、機械、ゴム、保険、REITなど」(外資系証券)という。


◆ ドル建て 日経225

2016/01/05(火) 08:21
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 18320 (‐60)
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 18285 (‐95)

NYは、12月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)が予想を下振れ、中国株が急落、サーキットブレカーで取引停止を受け、経済悪化懸念が広がり一時400ドル下落から引けにかけては下げ幅縮小となった。

日経ですが、リスク回避の動きが強まり大きく下落。
為替推移も119円台前半まで下落から夕場は118円台中盤まで下落となった。
本日は、為替推移も昨日引けあたりである事や下支えもある事から戻る事が出来るか見て行きます。

 想定レンジ、為替、119.34円 151ドルから155ドル
 
 18020円から18497円


◆ 本日の予定

2016/01/05(火) 08:20
 
■国内(5日)
12月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札

《決算発表》
カネコ種、サンエー、ケーヨー、ベルク、アオキスーパー

■海外(5日)
韓国11月国際収支(8:00)
独12月失業者数(17:55)
ユーロ圏12月消費者物価速報値(19:00)
米12月新車販売台数

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/05(火) 08:11
 
■NYダウ
 17,148.94 -276.09
■ナスダック
 4,903.09 -104.32
■CME225(円建て)
 18,285 -95(大証比)
■英FT100
 6,093.43 -148.89
■上海総合指数
 3,296.26 -242.92
■ドル円
 119.35

 4日のNY市場は大幅続落。12月中国製造業購買担当者景況指数(PMI)の悪化から中国株が急落し、それを受けてアジア・欧州株が全面安となったことから、米国株も終日軟調推移となった。また、サウジアラビアやバーレーン、スーダンなどがイランとの国交断絶に踏み切ったことも相場を押し下げた。
 セクター別では全面安となり、特に銀行や小売の下落が目立った。
 ADRの日本株は、NTTドコモ<9437>、ANA<9202>が堅調のほかは、ルネサス<6723>、味の素<2802>、三菱商事<8058>など、対東証比較(1ドル119.39円換算)で全般軟調。


◆ 各国債券利回り

2016/01/05(火) 08:00
 
2016/1/5  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     2.243% (前日比-0.027%)     1.036% (前日比-0.012%)
英国     1.876% (前日比-0.084%)     0.587% (前日比-0.064%)
ドイツ     0.566% (前日比+0.566%)     -0.351% (前日比-0.351%)
ポルトガル 2.552% (前日比+2.552%)     0.085% (前日比+0.085%)
イタリア    1.549% (前日比+1.549%)     0.004% (前日比+0.004%)
ギリシャ   8.151% (前日比+8.151%)       -
スペイン    1.718% (前日比+1.718%)     -0.020% (前日比-0.020%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


◆ 大引け概況

2016/01/04(月) 15:28
 
■日経平均      18,450.98(-582.73)

■東証1部出来高    19.86億株

■東証1部売買代金   2.26兆円

■日経平均先物    18,380(-620)

■TOPIX        1,509.67(-37.63)

■騰落        上昇170/下落1,712

■マザーズ指数    887.53(+0.39)

■日経JQ       2,638.65(-8.95)

■ドル円       119.35
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。昨年末の米国株下落を嫌気して朝方から売りが先行。売り一巡後はやや下げ渋りましたが、中国12月財新製造業PMIが市場予想を下回ったことが嫌気され、急速に下げ幅を拡大しました。後場に入ると、中国・上海株式相場が下げ幅を拡大したことからリスク回避の売りが出て日経平均は一段安。円相場の上昇や中東情勢の緊迫化が懸念され、下値での押し目買いは手控えられました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、食料品、化学、輸送用機器。一方、値上がりしたのは、鉱業、石油石炭製品のみとなりました。

 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反落しました。

■桃太郎
後場もリスク回避の動きが強まり、2008年リーマンショック同様に
発会から下落となった。

本日は良く取れ、お年玉頂きとなった事でしょう。

ドル換算ベースは、154.56ドルと2%超下落。


◆ ご案内

2016/01/04(月) 14:54
 
バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから


◆ 14時の概況

2016/01/04(月) 14:01
 
■日経平均      18,460.98(-572.73)

■日経平均先物    18,450(-550)

■TOPIX先物      1,509.00(-36.00)

■騰落        上昇238/下落1,636

■日経JQ       2,640.22(-7.38)

■マザーズ指数    891.43(+4.29)

■ドル円       119.55

■NYダウ夜間先物  -151

■上海総合指数後場の寄り付き 3,399.79 前日比-139.39 -3.94%

■指数大型      現値1,401.89  前日比-34.97

■指数中型      現値1,808.61  前日比-45.81

■指数小型      現値2,641.47  前日比-49.38


◆ お昼のバスケット取引

2016/01/04(月) 12:39
 
ランチバスケットは13件、85.30億円。
差引き20億円の買い越しとの観測。


◆ 前引け概況

2016/01/04(月) 11:59
 
■日経平均      18,541.41(-492.30)

■東証1部出来高    9.70億株

■東証1部売買代金   1.01兆円

■日経平均先物    18,450(-550)

■TOPIX        1,515.60(-31.70)

■騰落        上昇213/下落1,640

■マザーズ指数    884.91(-2.23)

■日経JQ       2,643.45(-4.15)

■ドル円       119.69
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。昨年末の米国株下落を嫌気して売り先行で始まりました。サウジアラビアのジュベイル外相が3日イランとの外交関係を断絶すると発表したことから、中東情勢悪化の懸念も相場の重しとなりました。売り一巡後はやや下げ渋りましたが、円相場の上昇や、10時45分発表の中国12月財新製造業PMIが市場予想を下回ったことが嫌気され、急速に下げ幅を拡大して前場を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、食料品、ゴム製品、電気・ガス業。一方、値上がりしたのは、鉱業のみとなりました。

 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反落しました。

■桃太郎
前場は、戻りを試しましたが、中国12月財新製造業PMI(速報値)は48.2
市場予想は49.0を切っ掛けにドル安となり、120円を割れる展開から
指数も大幅下落となりました。

ドル換算ベースは、154.86ドル -2%となりました。

■釣り人
私が会員ページで本日の朝一番で書き込んだ内容は、日経平均は18565円を割り込み、週足チャートで二段下げに入る可能性が60%あるという内容でした。
まさか本日即座にここまで下がるとは驚きですが、下げのリズムですから甘んじて受け止め、良い買い場が来ることを期待しましょう。
新興市場に至ってはまだまだ面白くなります。
ただお分かりのように上げ下げは激しいです。短期売買で決済とする銘柄、あるいはじっくりと腰を据えてこつこつと買い進む銘柄、見定めていかなければいけません。

毎日上がるだけが良い相場ではありません。安いときに買えてしっかりとその後上昇する相場、これを取らなければ「指数は上がったけれど私の運用成績はさっぱりだわ…」となりかねません。
押し目買いの好機がどのあたりなのか?思いを伝えていきます。


◆ 中国12月財新製造業PMI(速報値)は48.2

2016/01/04(月) 10:52
 
中国12月財新製造業PMI(速報値)は48.2
市場予想は49.0


◆ 上海総合指数の現在の気配は-0.07%

2016/01/04(月) 10:26
 
上海総合指数 3,536.59 前日比 -2.59 -0.07%


◆ 10時の概況

2016/01/04(月) 10:01
 
■日経平均      18,906.49(-127.22)

■日経平均先物    18,890(-110)

■TOPIX先物      1,541.50(-3.50)

■騰落        上昇719/下落1,073

■日経JQ       2,657.34(+9.74)

■マザーズ指数    902.41(+15.27)

■ドル円       120.35

■NYダウ夜間先物  +49

■指数大型      現値1,432.19  前日比-4.67

■指数中型      現値1,844.37  前日比-10.05

■指数小型      現値2,683.37  前日比-7.48


◆ 新春(大発会)の寄り付き値は18818.58

2016/01/04(月) 09:07
 
新春(大発会)の寄り付き値は18818.58となりました。
近い値段を予想された方はおめでとうございます!
近日中、当選の通知を行いますので、ご確認ください。


◆ 30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

2016/01/04(月) 08:52
 
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて2016年のスタート!
今朝のお便りは数年ぶりから日本から発信。
年末に日本に帰国し今月半ばまでは日本に滞在する予定であるが、今年は仕事の都合から日本に帰国する機会が増えそうなので少し楽しみにしている。
さて昨年の米国株は残念ながら歴史は繰り返さなかった。大統領選挙の前年は株は上がるの神話は破れた!
ただその大きな要因でもあり歴史の分岐点から米国は利上げの年となりある意味大きな分岐点であったのかもしれない。
そして今年の東京市場はいかなるものか?
日経平均だけではないがどんな相場になるのか?
日本経済はGDP600兆円と言う大きな夢をいかに実現するのか?この夢は並大抵な目標ではない。
年換算したら最低でも4%成長!ただ今年は日本の会計上は数字マジックが起きるはず!そのカラクリは「研究開発費」。昨年までは企業の経費であったが今年から設備投資に変わる!
即ち、成長しているような国に言い方は悪いが国民をいかに騙せるか。
ただ今年は参院選があるだろうから、そこまでは何としてでも日本経済を良く見せるだろうし地方との格差を垣間見る2016年となるだろう。
そして企業業績を考えると年末皆様にお伝えした日経平均予想!
高値の22300円。これは企業業績と世界との株価を比較しての数字であり現実投資はこの数字だ。
ただアベノミクスの象徴はやはり「円安株高シナリオ」
何はともあれ「為替次第」
これは絶対である。
絶対忘れてはならない。
そしてこれは覚えておこう日経平均が昨年を上回るパフォーマンスを描く条件は対ドル123円を上回る円安誘導である。
ドル高が日経平均を変え日本の躍進となる。
多少の円高場面もあるだろうが、今年は来年へのステップとなる年を期待したい。


本日の先物レンジ
18730~18910円
今週は為替の変動に注意だ。


◆ ドル建て 日経225

2016/01/04(月) 08:36
 


おはようございます。

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)
 清算値 18805 (‐195) 大阪取引所終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 
 清算値 18760 (‐240) 大阪取引所終値比

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

朝の為替推移は、多少持ち直しからドル円は、120円台前半。
ユーロドルは、下落傾向持続となってます。
大きな変化なく、ギャップダウンから始まり、戻る事が出来るか本日は見て行きます。

想定レンジ、為替、120.33円 155ドルから158ドル

 18651円から19012円


◆ 外資系の注文動向

2016/01/04(月) 08:35
 
 東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「6社ベースで、売り710万株、買い360万株で、差し引き350万株の売り越し」(外資系証券)。
 売りセクターに、通信、銀行、化学、薬品、サービス、機械、電機、その他製品など。
 買いセクターに、サービス、自動車、電機、自動車、保険、陸運、空運、水産など」(外資系証券)という。


◆ 今週の予定

2016/01/04(月) 08:18
 
■4(月)
【国内】
大発会
通常国会召集
12月日経PMI製造業確報値(10:35)
《決算発表》
メディ一光

【海外】
中国人民銀行が上海の外国為替市場での人民元取引終了時間を繰り下げ
中国12月財新PMI確報値(10:45)
トルコ12月消費者物価(17:00)
仏・独・ユーロ圏12月マークイット製造業PMI確報値(17:50~18:00)
独12月消費者物価速報値(22:00)
米12月マークイット製造業PMI(23:45)
米12月ISM製造業景況指数(5日0:00)
米11月建設支出(5日0:00)
休場:NZ


■5(火)
【国内】
12月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札
《決算発表》
カネコ種、サンエー、ケーヨー、ベルク、アオキスーパー

【海外】
韓国11月国際収支(8:00)
独12月失業者数(17:55)
ユーロ圏12月消費者物価速報値(19:00)
米12月新車販売台数


■6(水)
【国内】
12月日経PMIサービス業(10:35)
《決算発表》
ABCマート、スギHD、ヨンドシーHD、フジ、アークス、わらべや、フロイント、AIT、BS11、天満屋ス、北恵

【海外】
中国12月財新PMIサービス業(10:45)
仏12月消費者信頼感指数(16:45)
仏・独・ユーロ圏12月マークイットサービス業PMI確報値(17:50~18:00)
米12月ADP雇用統計(22:15)
米11月貿易収支(22:30)
米12月マークイットサービス業PMI確報値(23:45)
米12月ISM非製造業景況指数(7日0:00)
米11月製造業受注(7日0:00)
12月15・16日開催のFOMC議事録
《決算発表》
モンサント
《イベント》
家電見本市「CES2016」開催(~9日ラスベガス)


■7(木)
12月都心オフィス空室率(11:00)
30年国債入札
《決算発表》
キユーピー、7&I-HD、良品計画、スター精密、ファミリーマート、イズミ、ダイセキ、ファーストリテ、ダイセキソリュ、暁飯島、地域新聞、米久、ハニーズ、ワンダーCO.、オンリー、メディアドゥ、大有機、東京個別、クリーク&リバ、新星堂、三光合成、東武ストア、キユソー流通、ヤマザワ

【海外】
豪11月貿易収支(9:30)
独11月製造業受注(16:00)
ユーロ圏12月消費者信頼感確報値(19:00)
ユーロ圏11月失業率・小売売上高(19:00)
ブラジル11月鉱工業生産(20:00)
メキシコ12月消費者物価(23:00)
《決算発表》
KBホーム、ベッド・バス・アンド・ビヨンド


■8(金)
【国内】
日銀政策委員会・金融政策決定会合の主な意見(12月17~18日開催分、8:50)
11月毎月勤労統計調査(10:30)
11月景気動向指数(14:00)
オプションSQ
《決算発表》
久光薬、ユニーGHD、ディップ、チヨダ、島忠、オンワードHD、乃村工、吉野家HD、壱番屋、ベル24HD、マニー、USEN、ワキタ、三協立山、ダイト、ポケットC、コシダカHD、技研製、創通、サムティ、マルゼン、エコス、スター・マイカ、ジェイコムHD、ピックルス、ブロッコリー、キリン堂HD、ローツェ、メディ工房、フェリシモ

【海外】
豪11月小売売上高(9:30)
独11月鉱工業生産・貿易収支(16:00)
仏11月鉱工業生産(16:45)
トルコ11月鉱工業生産(17:00)
スウェーデン中銀政策金利発表(17:30)
英11月貿易収支(18:30)
ブラジル12月消費者物価(20:00)
カナダ12月失業率(22:30)
米12月雇用統計(22:30)
メキシコ12月消費者信頼感指数(23:00)
米11月卸売在庫(9日0:00)
米11月消費者信用残高(9日5:00)
休場:ロシア


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


◆ おはようございます

2016/01/04(月) 08:11
 
■NYダウ
 17,425.03 -178.84
■ナスダック
 5,007.41 -58.44
■CME225(円建て)
 18,760 -240(大証比)
■英FT100
 6,242.32 -31.73
■上海総合指数
 3,539.18 -33.70
■ドル円
 120.30

 31日のNY市場は続落。原油の供給過剰懸念を受けて欧州株が全面安となり、米国株も前営業日比小幅安で推移。米アップルが売られて全体水準を押し下げ、引けにかけて下落幅を拡大した。
 セクター別ではエネルギーを除いて全面安となり、半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器の下落が目立った。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、みずほFG<8411>、ファーストリテ<9983>など対東証比較(1ドル120.20円換算)で全般軟調。


◆ あけましておめでとうございます。

2016/01/03(日) 18:25
 
今年は、申年で、相場格言は、「騒がしい」となりボラの高い年となりそうである。
昨年は、為替推移も1973年以来の変動場がなく、10円となった事や公的買い支えもあり世界市場では最も良いパフォーマンスとなった。米国は下落。
前の申年は、2004年(平成16年)は、世界的な株高を背景に年初は堅調なスタートを切りました。その後、当時の米連邦準備制度理事会(FRB)のグリーンスパン議長の利上げ発言等を背景に2月には安値をつけましたが、その後再び上昇しました。終わってみれば、年間の上昇率はプラス7.6%となりましたが、やはりこの年も騒がしい1年となりました。
同じように昨年末に米国利上げとなり、今週末は利上げ後の雇用統計となる。
年末は、大きくユーロが売られ、ドル円は120円前半。指数は、年末3日分の上昇を埋める大きくギャップダウンとなり75MAあたりから始まりそうである。
今年は、日本では参議院選、米国は大統領選挙の行くへ、原油安からサウジの王政の崩壊懸念と政治に振り回されそうな年でもある。
為替推移の意見も二極化で円安は、128円前後の意見・円高は110円あたりの意見と分かれてきてるのも事実であり、個人的にはリスク回避の動きも強まると思い後者の意見となる。十分、日々気を付けながらの相場展開となろう。


◆ 明けましておめでとうございます

2016/01/03(日) 10:55
 
日は3日の朝です。皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?私は三社参りも終わり、明日からの相場を楽しみに待っています。昨年を振り返りますと日経平均は4年連続の陽線、大きな下落も夏の1月半だけで大荒れの1年ではありませんでした。読者の方から「まずまずの1年だった・・」と年末のメールを頂きありがたく思いました。今年は申年騒がしく動く年といわれていますが、2004年の申年は8%の上昇と落ち着いた年でありました。今年の予測を新聞各紙から観ますと25000円を超える予測や16000円までの下落を予測する専門家と様々です。予測しがたい年というのが本当のところでしょう~。私の場合は年間予測というものは、初めから無理であると考えています。それよりも毎月の予測・来週の予測の精度を如何に高めるか?!が当然のごとく必要不可欠であると考ます。今週号のヴェリタスにマネックス証券の松本社長のインタビューが掲載されています。「投資をする上で大事なことは何でしょう~?」の質問に対して「まずは相場全体が上がるか下がるか見極めることが重要で何の銘柄の投資するとかいつ買うかとかはそれほど重要ではない」との回答でした。日経平均の高値安値を当てましょう~そして買うべきとき・売るべき時を見極めましょう~というのが釣り人の持論なのですがまさに同じであります。そして今年は「日経平均以上に個別株は動く!」とお伝えしときます。これは上がると言うことだけでなく下がる銘柄も当然あるだろうと言うことです。アベノミクスの恩恵を大きく受けて更に成長する企業!なんとなく去年まで仕事が続いたけれど・・・もう限界かもしれないという企業・・・二極化が鮮明に見える年となるでしょう~
それでは、明日から株式市場が始まります。弊社スタッフ多くの予測を読者の皆様に伝えていきます。今年もご覧ください。皆様へ良心的でまずまず当たる!良い投資顧問として頑張っていきます。本当は良く当たる投資顧問!を目指します。まずは健康!!そしてチョイと儲かる年にしましょう!!!