日経平均先物と釣り人と桃太郎(タイトル)
◆釣り人のコーヒータイム 2016/07/15(Fri)

後場の寄り付きにおいても「イルカのジャンプ(売り線)」は出ておりません。
乱高下の激しい7月となっております。
幾人かの会員さんといいますか、そうじゃない方からも日中仕事をしていて忙しい売買が出きないから9時の寄り付きに買って大引けで決済。
15:15のことですが、その逆ももちろん売りで入ったら大引けで決済する。
このようなトレードができないでしょうか?との質問がちょっと昔から実はよくあります。つまり、

「日足でひげを考えず、陽線か陰線かで勝負をする。
2分の1の確率でしょうからいかがでしょうか?」

このような質問です。まず、お伝えしたいことは果たして2分の1でしょうか?
それよりもはるかに悪い成績になるのは明らかです。

例えば、寄り付き買いが16500円、ロスカット100円。大引け決済。
こうしたとしましょう。
寄り付き後100円安の16400がついた瞬間でロスカットです。
その後、大引けが16700円の+200円だったとしてもです。
このザラ場の上下でたぶん50%はひっかかると思います。
見事に寄り付き安値で買った場合は別です。
逆の寄り付き高値で売りを行った場合も別です。

そう考えますと、取れる可能性は五分五分ではなく30%を切れるのではなかろうかと思います。いくら枚数を少なくしても仮にミニ1枚だとしても、毎日100円負けが4日も5日も続けば、誰でも嫌になります。
やりたくなくなるわけです。ですので、今現在、寄り付き買い(あるいは売り)は対応することがすごく難しいと判断しています。
ちょっと横道の話ですが、サラリーマンの方でもできる、そんなシステムがあれば良いなと模索はしています。

◆釣り人の雑談 2013/07/29(Mon)
通常5枚での売買を10枚単位に変更すると値幅がその2倍、それでは15枚で売買すると3倍と書き込むのか?
つまり値幅が50円でしか取れてないのに、3倍だと150円のプラス。
これはやっぱりどう考えてもおかしいです。
枚数は気持ちを書くだけで、きちんとした値幅で成績表は書いたほうがよさそうです。
そのようにいたします。
最新の釣り人の雑談へ
2012年の釣り人の雑談へ
Copyright (C)2006 balance. All Right Reserved.